August 20, 2013

人狼とレジスタンスアヴァロンの比較

20130820105612

最近、我々の中で稼働率が高い「レジスタンス:アヴァロン」
いわゆる人狼系と呼ばれるジャンルに当たるのだが、司会者もいらず、人数も5人から十分に遊べるとあって、本家の人狼に比べるとかなりハードルは低い。

人狼には弱点となる部分がいくつかある。
それを弱点ととらえるか、個性と捉えるかは人によるところだが。

まず最低8~9人は必要となる。
大きな定例会などならまだしも、ちょっと友だちと遊ぼうというときに8人はなかなか集まらない。
同様にみんなが輪になって座り、さらに司会が周りを歩けるスペースも必要となる。
これは日本の家屋事情を考えるとかなり厳しい。

そして脱落者の問題。
人狼では基本的に、つるしあげられたり、人狼に食べられたりすると、ゲームから脱落することになる。
以降、その人は一切ゲームに参加することができない。
アドバイスなども不可である。

テレビの人狼では別室を用意し、そこで自由にコメントをすることにより、まだゲームに携わることができる。
しかし、実際にやる場合、口出し厳禁なため、もはやそのゲームには一切タッチできなくなる。
そうなると、当然別のことをして待っているしかない。(黙ってゲームを見ていることもできるが、場合によってはその人の表情がヒントになり得る)

はじめて人狼を遊んで、何もわからないままに脱落させられれば、当然楽しみなどわかりようがないだろう。

それからメンバーの問題。
毎回全員が違うメンバーで遊ぶというのは、ほとんど現実的ではない。
多少入れ替わりがあったとしても、大半は同じメンバーで遊ぶことになるだろう。
そうすると、自然に巧拙の差が出てくる。
積極的に話し合いに参加し、うまいこと自分の有利なように誘導できる人もいれば、なかなか話し合いに参加できず、ほとんど黙ったまま脱落してしまう人も出てくる。

経験上、繰り返して遊んでいくと、うまければうまいほど不利になっていくと思う。
何度か目立った活躍をした人は、以降のゲームで優先的に犠牲になりやすい。
「今回はヒントがあまりないので、とりあえず○○をつっておこうか」
ということが頻繁に起こる。
こうなると何もできないまま、すぐに脱落させられることになり、ゲームをまったく楽しむことができなくなってしまう。

以上の理由があり、我々の会ではほとんど人狼は行われなくなった。

しかし、レジスタンス:アヴァロンはまだまだ遊ばれそうな雰囲気だ。
  • 司会者がいらないので全員がゲームに参加できる。
  • 脱落者がいないので全員が最後までゲームに参加できる。
  • 人数も5人からオーケー。
  • 特別な役職が必ず含まれているので全くのノーヒントという事態が起こりづらい。 
などなど、人狼と比べてみると、かなりの問題がクリアされている。

もちろんまったく問題がないわけではない。
たとえば、初心者が役職についてしまうとどうしていいかわからないまま、終わってしまうこともよくある。
しかし、繰り返して遊ぶことでその辺は何とかなりそうな感じである。

昨今の人狼ブームに対し、歓迎している面もあれば、不安な面もある。
人狼の楽しさは多くの人が認めるところだが、否定的な意見も少なくない。
ここを導入として多くの人がアナログゲームの魅力に気づいてくれればいいのだが、はてさてどうなることやら。
 
June 24, 2013

130622

▼参加者
踝 Miyu ZZ ゴクラクテン(自分)



 09:50 - 12:40 テラミスティカ(4人)

ZZのみが初プレイ。
踝 ウィッチ
Miyu カオスマジシャン
ZZ スォームリング
ゴクラクテン エンジニア  
踝とMiyuは以前に使ったことがあるものを使用。
自分はできるだけ一通り使ってみたいと思っているので、まだ未使用だったエンジニアに。

終始、踝がリードの展開。
途中、ゴクラクテンが追い上げるものの、得点源である橋をウィッチの住居につぶされ撃沈。
後半、Miyuが追い上げ、1点差で逆転。


踝、初勝利なるかと思われたが、惜しくも敗れる。



13:30 - 14:40 ティチュー

踝&ZZ VS Miyu&ゴクラクテン

500点マッチでプレイ。

終始Miyuペアがリードし、そのまま585点取って勝利。
久しぶりのプレイだった。



 14:50 - 15:50 リアルト橋 (4人)

踝、ZZが初プレイ。

前回ほどの盛り上がりを見せず。
やはり初回はあまりゲームの見通しがよくないようだ。

ゴクラクテンが勝利。



 16:00 - 17:45 ロウボート(4人)

こちらも2対2のペア戦。
チームはさきほどと同じ。

トリックテイキングを久しぶりにやりたいという流れだったのだが、結果的に今日一番の盛り上がりを見せた。

200点マッチでやったのだが、サンドバッグの影響が大きく、いくらやっても終わる気配がない。

得点を重ねつつサンドバッグも取っていく踝ペアに対し、サンドバッグも取らなければ点数も取らないMiyuペア(笑)

得点してはマイナス、得点してはマイナスとまったく終わる気配がない。

そろそろ切り上げようということで、14Rを最終ラウンドとした。 

それまでずっと負けていたMiyuペアだったが、最終ラウンドだけうまいこと取って逆転。
最終得点は、50対-20だった。 

 
May 25, 2013

130525

話題のテラミスティカを初プレイ。

英語版が日本に流通したくらいから盛り上がりはじめ、日本語版の発売とともに高評価をよく聞くようになった。
購入はしていたものの、なかなかプレイする機会にめぐまれず、今回ようやくプレイできた。

率直な感想をのべるならば「おもしろい」の一言。
アグリコラ以来の衝撃かもしれない。
ゲームごとに大きく異なる要素もあり、再戦欲も高まる。
こういうところもアグリコラと似ているかもしれない。

今回は3人プレイだったのだが、3連続で遊んだ。
うちのメンツでは、連続でプレイするというより、いろいろなゲームで遊ぶという傾向が強いので、これはめずらしいことだ。(すぐに終わるような軽いゲームを連続で行うことはある)

初回。

誰もが未プレイのため、説明書をにらみつつ、準備、ルールの把握をしていく。
ある程度ボドゲ経験があるメンバーなので、さほど理解に苦しむことはなかったのだが、なんといっても要素が多い。

手番にできるアクションだけで、8種類もある。

それをまず覚えなければならない。
ただ、8種類のアクションをアイコンで説明したリファレンスが入っているので、それを参考にすれば、それほど大変でもない。

そして、選択できる種族が14種類。
これも全部違う能力である。
とりあえず1回目は説明書に記載されてあるオススメ種族をそれぞれで選ぶ。
Miyu : アルケミスト
踝 : ウィッチ
ゴクラクテン : ノマド
だいたいここまでで、1時間ちょっとかかった。

そしていざゲーム開始。

さすがに最初は、どのアクションをしていいのかわからず、みんなが暗中模索の様子。
それでもだんだんとそれぞれのアクションの関連がわかりだすと、踝が「これ、マジでおもしろい」と言い出す。
確かに面白い。
ゲームが展開していくにつれ、いろいろな戦略が見えてきて、「あ、さっきの手、失敗した」とかがわかってくる。

20130525132633
 
全6ラウンドしかないのだが、終了するまでに2時間半かかった。
ちなみに準備を含めれば、3時間半。
なかなかの時間だ。
ただアクションが把握できてくれば、さほど一手にかかる時間はかからなそうなので、慣れてくればもっと高速化していきそう。


とりあえずここで休憩をはさむ。
そして、今度はそれぞれ好きな種族でやってみようということになり、14種類をそれぞれ見ていく。

というわけで、2戦目。
Miyu : カオスマジシャン
踝 : スォームリング
ゴクラクテン : オウレン
カオスマジシャンが完全孤立化。

20130525155803
 
人からのパワーを得ずに、完全自給自足。(上写真の中央の赤色)
(一手目を右下隅においたら、黄緑のオウレンにふさがれて、どうにもならなくなったので、やり直した)

2戦目はだいたい1時間半で終わった。
さすがに慣れてきて、動きもわかってきた。

続けて3戦目。
Miyu : ダークリング
踝 : マーメイド
ゴクラクテン : カルティスト
踝は水にこだわりがあるようで、連続で青色の種族を選択。

20130525173041
 
3戦目も1時間半くらい。
このメンバーで3人戦だと、1時間半が基準となるようだ。
人数が増えるとどの程度時間に違いがでるものか。

結局、この日はテラミスティカのみを6時間半ほどプレイしたということになる。
これはなかなかの時間だ。

終わってからも、種族一覧を見ながら、「これはこういう風にやるのかな」「これいいところなくね?(笑」などと、しばらく話をしていた。

とりあえず、全種族は試してみたいところ。

ゲームが終わってから、もう一度ルールを読み直してみると、やはりいくつか勘違いしていたところもあった。

・5、6ラウンドにスコップのボーナスがでたら引き直し(カオスマジシャンに恩恵もとられ、土地改良するたびに6点を連発された)
・エリアボーナスは間接も含める(街は直接だけなので混同していた)

この辺りを改め、近いうちに再戦したいところ。

ちなみに順位は3戦とも同じで、
1位 Miyu
2位 ゴクラクテン
3位 踝
だった。 
May 06, 2013

130506

・カッラーラの宮殿

資源をあつめ、建物を建てる。
割とあっさりめのプレイ感。

20130506130144 

・リアルト橋

最近話題になることが多いフェルトの作品。

ヴェネチアの支配者となるべく暗躍。
カードリソースマネージメント+エリアマジョリティといった感じ。

それほど重くなく、面白い。
ただカードによるアクションの効果を把握するまで、ちょっと時間がかかりそう。
(1位の人のボーナスなどがあるため)

 20130506150924

・アグリコラ(世界選手権デッキ)

εデッキを使ったのだが、食料に苦しめられた。
3人中3位。

20130506165417

 ・we will wok you

カードによるセットコレクション。
スターに扮した魚介類を集める。

20130506170757

 ・ボラボラ

こちらもフェルトの作品。
誰もルールを把握してないままでのスタートだったので、実際にゲームが始まるまで1時間ほどかかった。

タイルによる効果、カードによる特殊効果、ダイスによるアクション選択、建物によるエリア取得などなどこれでもかと言わんばかりに要素を詰め込んだ作品。
ある程度ボドゲ慣れした人でないと、かなり大変だろう。

20130506194931
 
・酔いどれ猫のブルース

最近リメイクされた作品。
カードを使ったセットコレクション。
マイナスカードの効果がキーとなる。

・ ペロポネソス

タイルによる文明構築。
競りの形式はあるものの、あまりバッティングしないで済むので淡々と進む。

人が増えすぎて、食料難になって、みんな死んでしまった(笑

20130506211016
 
・アウグストゥス

20130506213947
 
袋の中からトークンを引き、タイル上の対応するところにコマを置き、全部置ききったらその目的達成。
どことなくビンゴを思わせる。
軽くて、なかなかいいと思う。 
April 13, 2013

130413

▼参加者
Miyu 踝  K2 ZZ ゴクラクテン(自分)


10:10-12:15 アグリコラ(3人)世界選手権デッキ
Miyu βデッキ
踝 δデッキ
ゴクラクテン γデッキ
をそれぞれ使用。
前回、αとεを見たので、これで自分としては一通り目を通したことになる。

自分以外の2人はだいぶ久しぶりのプレイ。(踝はソロプレイはしていた)

前回の2人戦と比べ、3人戦となるとやはり資材の取り合いが俄然きつくなる。
今回は畑を中心に組み立てようと思い、暖炉をとりつつパンを焼いていく。
そして畑をつくりまくって、未使用スペースをうめた。

家畜はただマイナスを消すために、申し訳程度にとった。

結果、
ゴクラクテン 39
踝 35
Miyu 28
このデッキが面白いのか、はたまた久しぶりにやっているから面白いのか。
以前はさほど魅力に思わなかったアグリコラ3人プレイがかなり面白かった。

このデッキで5人戦をしたら、どんな感じになるのだろうか。


13:00-13:15 ごいた(4人)

途中からやってきたK2が参加。

Miyu&踝 VS K2&ゴクラクテン

組んだ瞬間に「あー、これ勝ったわ」という口プレイ。

結果、150対0で勝利(笑)

こんなに完勝するのはめずらしいな。


13:20-14:00 ヘックメック(4人)

もう一人の合流を待つため、だらだらと話ながらプレイ。
途中から、半分くらい「Order and Chaos Duesl」の話をしてた。

虫4匹で勝利してしまった。


14:05-16:00 キーフラワー(5人)

ZZが合流。
ちなみにK2だけが初プレイ。

このゲームは好きなのだが、何ともうまくいかない。
どうも途中から路線がずれてしまい、結局どっちつかずな結果になってしまう。

資源だけで40点くらい稼いでいた踝の圧勝。
踝 68
K2 52
ゴクラクテン 48
Miyu 46
ZZ 37

今日は写真を撮ることを失念していて、盤面の様子が皆無。
次回はちゃんと撮らないと。