2018年08月17日

売り乗せ、アンダーウェイト、・・などしゃべる

売り乗せ 〜

リスクがあるものの、短期間で利益をあげることもできる方法のひとつです。

トレンドが下げているときに、売り待ちを増やす手法です。

リスクもあるので、ムリしない範囲で行うことが大事な方法です。

予想通りうまくいったときは、素早く利益確定することもカギになるようです。






アンダーウェイト 〜

投資対象の資産配分についてのワードです。

配分の比率について、基準となる資産配分の比率より低くすることです。

対義語としてオーバーウェイトというのもあります。

ちなみにアンダーでもオーバーでもないときは、ニュートラルというようです。

投資の説明に出てくる用語です。






橋本雅邦 〜

天保生まれで、明治期に活躍した日本画家です。

芳崖とで「勝川院の二神足」とも呼ばれるなど、才能にあふれた人物だったようです。

代表作の「竜虎図」は、日本人なら誰もが知る有名な作品です。

「白雲紅樹」も有名な作品で、「竜虎図」とともに重要文化財となっています。



続きを読む

gold18 at 07:43|Permalink 投資のおしゃべり 

2018年08月12日

内出来、アセットアロケーション、・・などしゃべる

内出来 〜

マーケットの取引で一部だけ成立するような場合です。

マーケットの取引では必ずしも満額成立するとは限らないです。

ちなみに成立しないことは「不出来」といいます。

成立した分を内出来として示します。

言葉の意味を知ることが、マーケット取引をスムーズにするために大事です。






アセットアロケーション 〜

資産配分ともいいます。

投資の基本的な考え方となっています。

分散することでリスクを軽減するということですね。

資産がアセットで、ロケーションが配分です。

配分の方法にはいろいろな考え方があります。

リスクの許容度や投資目的などと照らして考えることになります。





山崎龍女 〜

江戸時代初中期に活躍されたとされる女流の浮世絵師です。

幼時から画才に富んでいたようで、十代で後世に残るような作品を描いています。

「傘持ち美人図」や「二美人駒引き図」、「遊女と客図」などが有名な作品です。

これらの落款は「山崎氏女龍十四歳筆」となっています。



続きを読む

gold18 at 06:39|Permalink 投資のおしゃべり 

2018年08月07日

売り持ち、アマウント、・・などしゃべる

売り持ち 〜

たとえば、外国為替取引などでは、ドルの値下がりを見越すと、ドル売りして、下がった時に買い戻すということを行います。

将来的な値下がりを想定した動きのひとつです。

為替取引のほかにも、信用取引、先物取引、オプション取引、商品先物取引などで行われます。





アマウント 〜

外国為替取引やCFD取引などでの取引量のことです。

取引単位(金額)のことをいうときもあります。

対象となる取引によって違うようです。

その違いを知ることも正しくこの用語を用いるポイントです。

個人が参加するマーケットと、金融機関が参加するマーケットでは、大きく異なります。






狩野芳崖 〜

幕末から明治期の日本画家です。

近代日本画の父と称される人物です。

「悲母観音」は、絵に詳しくな人にも広く知られる作品です。

代表作としては、「伏竜羅漢」「谿間雄飛図」なども有名です。

「谿間雄飛図」はボストン美術館にあります。

世界的に有名な自分なのですね。




続きを読む

gold18 at 04:34|Permalink 投資のおしゃべり 

2018年08月02日

イベントリスク、アウトパフォーム、・・などしゃべる

イベントリスク 〜

イベント、つまり突発的な出来事が、マーケットに大きな影響をあたえるりすくです。

例えば、リーマンショックは、関連して多くの脱落者を生んだみたいです。

ほかにも災害も関係したりします。

たとえば東日本大震災もそうですね。

予想が先に立たないだけに、難しい対応が必要だったりします。





アウトパフォーム 〜

アウトパフォーマンスとも呼ばれます。

投資成果を表す言葉として用いられます。

運用成績が指標を上回ることを指すようです。

その指標には、日経平均株価やTOPIXなどが参考にされます。

なお、下回る場合には、アンダーパフォームというそです。

中立な場合はニュートラルです。






田村水鴎 〜

「たむらすいおう」と読みます。

江戸時代の浮世絵師です。

江戸の人なのか、京都の人なのかも定かではないんだとか。

美人画の作が多く、残した作品には、「水辺猫を曳く美人図」や「桜下縁先美人図」「月下舟遊び美人図」などがあるようです。

他にも数々の作品があります。




続きを読む

gold18 at 05:49|Permalink 投資のおしゃべり 

2018年07月28日

イベント・ドリブン、安全資産、・・などしゃべる

イベント・ドリブン 〜

リストラや業務提携、合併や買収などのイベントに応じた投資です。

このような出来事は市場価値に歪みをもたらすようで、その歪みが解消されていく過程で利益に変えていくという考えみたいです。

なので、読みを間違えると損しちゃうこともあるのでした。

状況を正しく把握するため情報力も大事ですね。





安全資産 〜

予め将来の収益が確定されている資産のことを指して言います。

たとえば預貯金や国債などがそれにあたるそうです。

無リスク資産とも呼ばれるようです。

相場での原本の目減りのリスクが少ない資産ということです。

でもインフレなどで、はちょっとずつ実質的な価値は目減りしているのかも。





岸竹堂 〜

日本の幕末から明治時代に活躍したとされる日本画家です。

「きし・ちくどう」と読みます。

岸駒を派祖とする岸派の4代目です。

明治期の京都画壇で、3巨頭の1人として、森寛斎、幸野楳嶺とともに挙げられた画家だそうです。

「秋景図」「仁田四郎図」「竜虎図」などがあります。




続きを読む

gold18 at 05:51|Permalink 投資のおしゃべり 

2018年07月23日

インフレーションリスク、アイスバーグ注文、・・などしゃべる

インフレーションリスク 〜

物価が上昇して、相対的に貨幣の価値が下がってしまうというリスクです。

インフレリスクと短く言うこともあります。

現金で資産をもっているとインフレリスクに弱いですね。

対応策は投資です。

株式や、ETF、REIT、金などもあります。

資産の目減りはなんとしても避けたいですね。






アイスバーグ注文 〜

注文数を少量に分割して発注するアルゴリズムでの発注注文です。

なぜアイスバーグという名前なのかは、けっこう不思議ですね。

でもその由来までは見つけるとこができませんでした。

アイスバーグ注文には、相場の動きなだらかにする何かがあるみたい。

なんでしょうね。






菱川和翁 〜

江戸時代の浮世絵師で、生没年は不明とのことです。

画風からも名前からも菱川派に近いことは確かなようです。

「美人物思い図」や「花下観桜図」「秋園美人図」などの作品を残した人物です。

「美人物思い図」の遊印から、それなりの出自教養のある人物だったと推測されるようです。



続きを読む

gold18 at 04:09|Permalink 投資のおしゃべり 

2018年07月18日

インカムゲイン、アノマリー、・・などしゃべる

インカムゲイン 〜

資産運用で安定して収益を入手するにはインカムゲインがカギになります。

インカムゲインとは受取利息や、配当金、貸株料、家賃収入などのことです。

もとになるものを所有したまま利益を得る形ですね。

これとはちがって売却した差益などはキャピタルゲインと呼びます。






アノマリー 〜

ある法則や理論から考えて異常というか説明できないこと。

格言のように季節に連動したアノマリーが相場の世界にはあります。

「節分天井、彼岸底」などというのは、江戸時代からいわれているそうです。

相場が2月初旬に天井になって、3月初めの時期までは下げやすいことを言っています。





田能村直入 〜

幕末から明治時代にかけて活躍した日本画家です。

柳陰閑歩図や、花鳥図などの作品が有名です。

田能村竹田(たのむらちくでん)の養継子です。

大塩平八郎の洗心堂で陽明学も学んだ時期もあるそうです。

京都市立芸術大学の前身の京都府画学校の摂理(校長)もつとめました。



続きを読む

gold18 at 06:48|Permalink 投資のおしゃべり 

2018年07月13日

アンダーパフォーム、ATM有料化の流れ、・・などしゃべる

アンダーパフォーム 〜

運用成績の説明に関わる用語です。

運用成績がベンチマークより下回ることをいいます。

ベンチマークとしては、日経平均株価やTOPIXなどが一般的です。

ちなみに上回るときにはアウトパフォームというそうです。

そして中立の場合にはニュートラルです。

セットで覚えておきたいですね。





ATM有料化の流れ 〜

ATM有料化の流れもあります。

日銀のマイナス金利などで収益が圧迫されていることも背景にあります。

さらに、ネット取引や、電子マネーの影響もあって、ATMの存在感も薄れています。

ATMを無料にすることのめりっとが薄れているのかもしれないです。

どんどんATMの有料化は進むのかな。





古山師政 〜

江戸時代の浮世絵師で、生没年は不詳なんだとか。

同じく浮世絵師の古山師重の子とされています。

木版画で特に大判墨摺絵の「吉田街道」、紅絵の「新吉原座舗けんすもふ」などの作品で知られます。

画風は菱川派ではないようですが、菱川派の画風で父師重の代筆もしていたといわれます。





続きを読む

gold18 at 06:45|Permalink 投資のおしゃべり 

2018年07月08日

アセットクラス、レポ金利、・・などしゃべる

アセットクラス 〜

資産クラスともいわれます。

投資対象の資産グループです。

短期金融商品や国内債券、外国債券、さらに国内株式、外国株式などだけではありません。

ヘッジファンドや、プライベートエクイティ、不動産投資信託などもあります。

どれだけリターンがもらえるかは、この資産クラス選択がカギになるそうです。





レポ金利 〜

債権と現金を一定期間交換するレポ取引での金利。

これは日本での意味なんだとか。

世界的にレポ金利といえば、英国の政策金利のことなんだとか。

間違えないようにしたいです。

普通は文脈からどっちの金利についてかは分かるのでしょうが、思い込みが大きいと間違えちゃいます。






柴田是真 〜

「しばたぜしん」と読み、江戸時代末から明治中期にかけて活動した漆工家であり、絵師であった人物です。

日本の漆工分野においても重要な役割を果たした人物としても知られます。

四季花鳥図(東京国立博物館)や、鍾馗に鬼図(大英博物館)などの作品が有名です。



続きを読む

gold18 at 04:56|Permalink 投資のおしゃべり 

2018年07月03日

アンカリング、ワイヤレスイヤホンの人気、・・などしゃべる

アンカリング 〜

投資行動に与える「認知バイアス」のひとつです。

たとえば、過去の価格が印象として強く残ることで、投資行動に影響を与えることです。

必要以上にひきづられないようにしたいですが、感覚的なものもあります。

分類していくと、「安値覚え」や「高値覚え」などがあります。





ワイヤレスイヤホンの人気 〜

イヤホンの売れ筋価格が上がっているそうです。

その背景には完全ワイヤレスタイプが増えているからとのこと。

スマートホンなどの端末とも無線機で接続して使えます。

ケーブルが煩わしくないため、利用用途が広がります。

人気の商品って理由があるだけに興味もわきます。





古山師重 〜

江戸時代の浮世絵師で、菱川師宣の門人とのことです。

はじめのころは菱川の画姓を称していた時期もあるそうです。

「好色江戸紫」や「鹿の巻筆」、「好色染下地」などさまざまな作品があるようです。

長谷川町に住み、長谷川太郎兵衛と称する時期もあったのだとか。



続きを読む

gold18 at 04:43|Permalink 投資のおしゃべり