商品先物への挑戦

商品先物投資市場で、とことん勝ちにこだわった戦略をお届けいたします。

にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
にほんブログ村
商品先物投資で、億万長者も現実に、相場に苦労することなく、明るい未来を切り開く!

EU離脱通知を提出・・・これからが政局不安の本番となる?!

  
夜間、お疲れ様です。

《夜間の重要経済指標》
●米2月中古住宅販売保留件数指数(前月比) 23:00
●米EIA週間原油在庫 23:30

《FRB高官発言》
●シカゴ連銀エバンス総裁 22:20
●ボストン連銀ローゼングレン総裁 24:30
●サンフランシスコ連銀ウィリアムズ総裁 26:15

先ほど、欧州連合(EU)トゥスク大統領は「EUは、英国が提出した正式離脱通知の書簡を受理した」と述べた。
英国は、44年間に渡り加盟してきたEUに正式な通知を行った。
英メイ首相は、今晩議会で演説を行います。
これで、2019年3月のEU正式離脱が決定した訳です。
今後、EU加盟国27ヵ国との本格的な交渉に入っていきます。
忘れてはいけないことは、スコットランド議会。
EU離脱に反対するスコットランド議会は、この後英国からの独立を求めることとなりそうです。
独立の是非を問う住民投票は、69対59の賛成多数で可決となっています。
おそらく、英国の政局不安が大きくなる不安定要因を秘めてますから、波乱はこれからなのでしょう。
焦点とみるのは、EUとの交渉内容次第では海外から英国に向けての投資の減少といった問題。
今以上のポンド離れが起これば、政局不安を掻き立て政治リスクへの懸念が高まる可能性が高い。
また、2月の消費者物価指数は前年比2.3%。
インフレリスクが水面下で進行しています。
世界的大手金融機関においても、英国からの事業移転が本格化するであろう。
要注目のNY金は、1253.45ドルまで上昇となったものの、「知ったが終い」状況で1250ドル近辺で推移。
ドル円は、110.72円まで下落に。
この後のNYダウがどう出てくるかで、流れが決まってくる可能性が出てきた。
出来れば、波乱の展開を望んでいるのだが・・・


※当方投資家グループは、経験を問わない戦略を誇っています。
商品先物に特化した戦略を、ご自身で立てる術を提供します。
「変わりたい」との思いに、陰に陽に支える事を信条としています。

※真摯に商品先物投資の上達を願う方、商品先物投資にご不明点がある方は、メールでのご質問・ご相談を遠慮なくして下さい。
下記メールまで、お待ちしております。
sayasen.gold@gmail.com  (指原まで)


ランキングに参加中。毎日の1クリック応援を、是非ともよろしくお願いします。非常に励みとなっています。ありがとうございます。  
 
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
にほんブログ村   

3月相場・・・短期で利食いの繰り返しが功を成している?!

  
東京市場、お疲れ様でした。

《夜間の重要経済指標》
●米2月中古住宅販売保留件数指数(前月比)
●米EIA週間原油在庫 23:30

《FRB高官発言》
●シカゴ連銀エバンス総裁 22:20
●ボストン連銀ローゼングレン総裁 24:30
●サンフランシスコ連銀ウィリアムズ総裁 26:15

日経平均株価は、前日比14.61円高の19217.48円で引けた。
ドル円は、111円前半で推移。
高値111.32円だが、日経平均株価の動きを警戒した重さが目立った。
夜間要注目は英国EU離脱正式通知。
欧州経済不安が掻き立てられるかどうか、市場心理を追ってみたい。
米2月中古住宅販売保留件数指数も、ドル円を大きく揺らす可能性を秘めてます。
要注視といきましょう。
ドル円・株式が非常に上下しやすい状況。
短期利食いで、堅実に勝ち取っていきましょう。

※夜間は恒例の「スカイプ勉強会」を開催。
今晩は、トレンドの出やすい4月の相場展開を考察します。
いよいよ、中期で大きく取れる相場展開も予測されます。
非常に重要な内容となります。
本日すでに、リスクオフの仕掛けを配信。
相場技法に関しても、議論を交えて進めていきたいと思います。
参加しない手はないですよね・・・


※ドル円111.19円
◆金◆4453円(+7円)
東京金は上ヒゲの長いコマの陽線。
持ち合い継続といったところ。
オバマケアの代替法案の採決を控え、安全資産としての金が買われる流れは根強い状況。
ここから買い上がるには、やや材料難といったところか。
戻り待ちの売りを警戒し、買い気が盛り上がらない。
夜間の英国EU離脱正式通知が焦点。
ポイントは4465円前後。 
 
◆白金◆3404円(-36円)
東京白金は下影陰線。
テクニカル売りを誘発した格好。
とにかく白金特有の弱さが出た。
金と相反した時の白金は要警戒。
ポイントは3380円前後。  

◆原油◆35220円(+440円)
東京原油は陽線。
買い優勢の展開。
イランのザンギャネ石油相が、減産協調の延長は十分議論するに値すると示唆した。
延長が継続するとの見方が台頭し堅調に推移した。
夜間EIA週間原油在庫が焦点。
ポイントは35450円前後。


◆ゴム◆244.0円(+5.8円)
東京ゴムは上影陽線。
毛抜き底からの反発で戻り売り有利な展開だが、まだまだ上げ方向。
上海ゴムの中心限月5月限の日中の動きは、小幅プラス圏で推移。
上海銅の中心限月5月限の日中の動きは、寄り付きから下げたものの大幅プラス圏で推移。
人民元ドル基準値は6.8915元と、前日比から大幅元安設定に。
予測通りの展開で鞘に要注目・・・もちろんリアルシークレット。
 
◆とうもろこし◆21710円(+80円)
東京とうもろこしは上影陽線。
円安を背景に買い優勢の展開。
上ヒゲは気になるものの、上げ方向で観測。
31日の米農務省発表の作付面積予想・四半期在庫が焦点。
ポイントは21900円前後。


※当方投資家グループは、経験を問わない戦略を誇っています。
商品先物に特化した戦略を、ご自身で立てる術を提供します。
「変わりたい」との思いに、陰に陽に支える事を信条としています。

※真摯に商品先物投資の上達を願う方、商品先物投資にご不明点がある方は、メールでのご質問・ご相談を遠慮なくして下さい。
下記メールまで、お待ちしております。
sayasen.gold@gmail.com  (指原まで)


ランキングに参加中。毎日の1クリック応援を、是非ともよろしくお願いします。非常に励みとなっています。ありがとうございます。  
 
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
にほんブログ村   

自滅したい症候群がいっぱいだ・・・意に反した逆方向の建玉を可愛がり過ぎ!何を求めてるの?

  
おはようございます。
本日もよろしくお願いします。

《夜間の重要経済指標結果》
●米2月卸売在庫(前月比)
 前回:-0.2% 予想:+0.2% 結果:+0.4% 
●米1月S&P/ケースシラー住宅価格指数(前年比)
 前回:+5.58% 予想:+5.60% 結果:+5.73%
●米3月消費者信頼感指数 
 前回:114.8 予想:114.0 結果:125.6
●米3月リッチモンド連銀製造業指数
 前回:17 予想:15 結果:22


夜間ドル円とNYダウが大きく動きました。
NYダウは150.25ドル高で引けた。
ドル円は、米債利回り低下を背景に110.18円近辺にまで下値を拡大した。
その後、マイナス圏で寄り付いたNYダウが100ドル超高の動きをみせ、110.58円近辺にまで上昇。
米3月リッチモンド連銀製造業指数の強い結果もドル円を支援した。
2000年12月以降17年ぶりの高水準で援護射撃へ。
NY金は1247.30ドルから1258.40ドルのレンジでの動き。
原油高・ダウ高を背景に安全資産としての金は売られた格好となった。
NY原油は上昇。
リビア原油生産が一時停止との報道で上昇した。
武装集団の襲撃によるもの。
米国原油在庫積み増し観測から、積極的には手掛けにくい状況。


※ドル円111.11円
※ゴム以外AM5:30の換算値 
◆金◆4457円(+11円)
NY金は反落。1250.50ドル。
買い過剰感からの利食いに押された格好。
オバマケアの代替法案の採決を控え、安全資産としての金が買われる流れは根強い状況。
ドル建て金の割高感が生じたものの、1250ドルを維持。
ここから買い上がるには、やや材料難といったところか。
本日夜間の英国EU離脱が焦点に。
ポイントは1255ドル前後。 
 
◆白金◆3406円(-34円)
NY白金は十字線反落。957.85ドル。
テクニカル売りを誘発した格好。
金同様、ドル建て白金の割高感が生じた。
NYダウの上げは影響せず。
ポイントは953ドル前後。  

◆原油◆35030円(+250円)
NY原油は反発。48.38ドル。
反発陽線で底打ち感が出てきた。
イランのザンギャネ石油相が、減産協調の延長は十分議論するに値すると示唆した。
延長が継続するとの見方が台頭。
ただし、米国供給過剰感は根強い。
ポイントは43.60ドル前後。
本日のEIA週間原油在庫が焦点。

◆ゴム◆241.5円(+06円)※09月限238.6円(+0.4円)
東京ゴムは続伸。
上海ゴムの中心限月5月限の夜間の動きは、+185元で15975元で引けた。
上海銅の中心限月5月限の夜間の動きは、+1360元で47690元で引けた。
人民元ドル基準値を要注視。
予測通り反発局面が来た・・・もちろんリアルシークレット。
 
◆とうもろこし◆21810円(+180円)
シカゴとうもろこしは反発。357.75セント。
小麦や原油の序章に連れた格好。
ファンド筋の買戻し優勢の展開。
予測通り下げ一服となった。
そろそろある仕掛けに入る状況と判断。
31日の米農務省発表の作付面積予想・四半期在庫が焦点。
ポイントは360.50セント前後。


※当方投資家グループは、経験を問わない戦略を誇っています。
商品先物に特化した戦略を、ご自身で立てる術を提供します。
「変わりたい」との思いに、陰に陽に支える事を信条としています。

※真摯に商品先物投資の上達を願う方、商品先物投資にご不明点がある方は、メールでのご質問・ご相談を遠慮なくして下さい。
下記メールまで、お待ちしております。
sayasen.gold@gmail.com  (指原まで)


ランキングに参加中。毎日の1クリック応援を、是非ともよろしくお願いします。非常に励みとなっています。ありがとうございます。  
 
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
にほんブログ村   
livedoor プロフィール
商品先物投資の魅力を、余すことなく発信していきます。伝統ある投資法と現代的な手法を組み合わせて、負けは小さく・勝ちは大きくをモットーに、堅実的な投資を展開しています。
業界歴30年の地場筋の玄人と共に、個人投資家を応援・組織運営にも携わっています。会員の生きた情報内容を一部公開します。
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
ブログの内容には万全の注意を払っていますが、管理人の個人的な相場観をもとに所属する組織とは関係なく、個人的に情報提供の為に作成をしています。情報の正確性や安全性を保障するものではありません。売買の最終判断は、必ずご自身の責任の基で行って頂けます様、よろしくお願い致します。
ブログ内容から、個人的な判断の基で行動を示された事柄についても、一切の責任を負いかねますのでよろしくお願い致します。

fxwill.com

fxwill.com
パーツ提供:FX比較のALL外為比較





極めるFX
カテゴリー
  • ライブドアブログ