こんばんは。

《夜間の重要経済指標》
●米2月シカゴ連銀全米活動指数 21:30
●米USDA輸出検証高 24:00 

英国100・フランクフルトDAXは、ともにマイナス圏で推移。
ドル円は、112.80円近辺で推移。
NY金は、1232ドル近辺で推移。
NY白金は、967ドル近辺で推移。
NY原油は、48.70ドル近辺で推移。

ドイツで行われていたG20財務相・中央銀行総裁会議が、「米国第一主義」を掲げるトランプ政権の強硬な姿勢を背景に結束が揺らぐ展開となった。
米国主導による不均衡是正への警戒感からドル円は軟調に推移。
一時112.47円まで下落となった。
東京市場休場もあり、相場の動きとしては緩やかではあるものの、FOMC後のドル売りは継続されている。
今週は、大きな経済指標はないものの、欧州政局不安とトランプ政権の動きから要警戒が必要だと捉えてます。

NY金は、オランダ総選挙で一旦弱まった欧州不安を背景に、安全資産としての底堅い地合いを表面化させている。
日足は小さなコマの陽線が並ぶ展開。
17日の上長ヒゲを実体が上回って推移していることからも、1240ドル回復に向けての試しを入れてくるものと判断してます。

NY原油は、48ドル台と軟調に推移している。
供給過剰懸念が上値を重くしている状況。
日足は陰線が建ち並ぶ展開。
15日の十字線に近い小さなコマの陽線から動きが横ばいに。
ロシア・サウジアラビアの動向が、今後も鍵を握ることに。
EIA週間原油在庫の発表までは動きづらい展開か。


※当方投資家グループは、経験を問わない戦略を誇っています。
商品先物に特化した戦略を、ご自身で立てる術を提供します。
「変わりたい」との思いに、陰に陽に支える事を信条としています。

※真摯に商品先物投資の上達を願う方、商品先物投資にご不明点がある方は、メールでのご質問・ご相談を遠慮なくして下さい。
下記メールまで、お待ちしております。
sayasen.gold@gmail.com  (指原まで)


ランキングに参加中。毎日の1クリック応援を、是非ともよろしくお願いします。非常に励みとなっています。ありがとうございます。