おはようございます。
今週もよろしくお願いします。 

《夜間の重要経済指標結果》 
●米2月シカゴ連銀全米活動指数
 前回:-0.05 予想:-0.05 結果:+0.34
●米USDA輸出検証高(コーン) 
 前回: 1547.02 結果:1333.06
●米USDA輸出検証高(大豆) 
 前回: 656.29 結果:737.26
●米USDA輸出検証高(小麦) 
 前回: 519.13 結果:624.33

G20後ということもあり、要注目したNYダウは8.70ドル安で引けた。
為替はドル安円高。
NY金は、3日続伸となった。
ドルが対ユーロで軟調に推移したことから、ドル建て金の割安感が生じた。
25日移動平均線を超えてきた。
日足は小さな陽線。
NY原油は、小幅反発となった。
引き続き米増産大勢には警戒が必要。
石油掘削リグ数は、前週比14基増加となっている。
日足は下ヒゲの陰線で、この辺りで底固めの様相も。


※ドル円112.69円⇒112.50円
※ゴム以外前週末AM5:30の換算値 
◆金◆4440円(-16円)
NY金は続伸。1229.95ドル⇒1233.50ドル。
引き続き、FOMCの年3回の利上げペースを据え置いたことが相場を下支えしている。
米長期金利低下を背景に上伸。
ファンド筋が買いを強めた格好。
ポイントの1232.50ドル前後を上回った。 
ここからのポイントは1237ドル前後。 
東京金は、やや上昇する可能性。
 
◆白金◆3493円(+10円)
NY白金は続伸。965.20ドル⇒972.50ドル。
NY金の上昇に連れた格好。
最近の売られ過ぎ感によるテクニカル買いが誘発された。
ただ、前日高値を抜けなかった。
ポイントの968.50ドル前後を上回った。 
ここからのポイントは977ドル前後。  
東京白金は、小高く始まりそうだ。 

◆原油◆35590円(-160円)
NY原油は小幅反発。48.71ドル⇒48.90ドル。
売り・買い交錯する展開。
米国シェールオイルの台頭懸念が相場を圧迫している。
リビアの生産拡大観測も嫌気された。
ポイントの48.90ドルにドンピシャ。
ここからは49.25ドルがポイントに。

◆ゴム◆269.5円(+1.5円)
東京ゴムは続伸。
右肩上がりの持ち合い継続。
ポイントの270円前後で跳ね返された格好。
上海ゴムの中心限月5月限の20日夜間の動きは、-150元で17915元で引けた。
18000元割れに。
上海銅の中心限月5月限の20日夜間の動きは、-260元で47800元で引けた。
48000元割れに。 
人民元ドル基準値を要警戒・・・もちろんリアルシークレット。
 
◆とうもろこし◆22520円(+10円)
シカゴとうもろこしは反落。367.50セント⇒363.75セント。
5営業日ぶりの反落となった。
韓国向けの成約を背景に上伸。
USDA輸出検証高の減少から下落に。
31日の米農務省発表の作付面積予想・四半期在庫が焦点。
ポイントは368.50セント前後。


※当方投資家グループは、経験を問わない戦略を誇っています。
商品先物に特化した戦略を、ご自身で立てる術を提供します。
「変わりたい」との思いに、陰に陽に支える事を信条としています。

※真摯に商品先物投資の上達を願う方、商品先物投資にご不明点がある方は、メールでのご質問・ご相談を遠慮なくして下さい。
下記メールまで、お待ちしております。
sayasen.gold@gmail.com  (指原まで)


ランキングに参加中。毎日の1クリック応援を、是非ともよろしくお願いします。非常に励みとなっています。ありがとうございます。