こんにちは。
社員kです。

予告通り、今回は仏像のお話です。

このほど仏像の修復のお仕事をいただきました。
それがこちら。

IMG_0822

表面の塗装が全面的に浮き上がり、元々何だったのかが分からない・・・
聞けばこれは天神様こと、菅原道真公の像ということでした。


IMG_3264

雑ですみません^^;
こんな感じで修復します。

一般的な天神様像を参考に、袖・冠・右手首・笏(シャク)の欠損を補います。
劣化した塗装を全て剥がし、木地の割れや傷をパテ等で穴埋めします。

IMG_3243 2
IMG_3244 2

それがこちら!
真新しい木の部分が作りなおした部分になります。
拳の部分は変にならないよういつも気を使います。

後から気付いたことですが、天神様のお腹の横に大きな穴があり、
「ただの損傷じゃないな・・・そうだ刀が無い!」
ということで急遽細い木材から刀を削りだしました。
完全にプロファイリングです笑

この後下地材を吹き付け、彩色の準備をしていきます。
その様子はまた次回お届けします!
お楽しみに。

IMG_3250