2021年04月07日

#1002 We Both Believe In Love

スーパーチャージというバンドの曲です。

曲はコチラ↓
https://www.youtube.com/watch?v=PvxamEjpx4Q

このバンドは1970年代の初頭にイギリスで結成されたバンドらしいです。
リンクしたYouTubeをご覧いただければ一発で分かりますが、あの曲のオリジナル(多分、そう思います)がこちらです。
歌っているのは、ロバート・ジョン・”マット”・ランジです。
彼が書いた曲なんですよね、この曲は。
曲調はとても爽やかで良いのですが、この声はどうでしょう?

アルバム"Body Rhythm"より
  
Posted by golden_70s at 20:50Comments(0)Others 

2021年04月01日

#1001 Lights Out (ライツ・アウト)

ピーター・ウルフのヒット曲です。

今まで、このブログで紹介してきた曲は、CDを購入した、あるいは、CDをコピーしたということで、音源を所有しているものでした。
しかし、この曲の収録されているCDは見つかりません。
手に入れることができていない曲です。
契約の関係があるのだと思いますが、再発売されないんですよね。

J.ガイルズ・バンドのボーカリストとして活躍していたピーター・ウルフが1984年にリリースしたソロ・アルバムのタイトル曲です。
とにかく、ノリが良くって大好きな曲です。
『フリーズ・フレイム』の大成功の後でしたので、トップ10入りできるかなと思っていたのですが、それは叶わず残念でした。

映像はコチラ↓
https://www.youtube.com/watch?v=oSTkybe7IaE

HOT100:15週 TOP40:11週
最高位12位

アルバム"Lights Out"より  
Posted by golden_70s at 20:52Comments(2)#11〜#15 

2021年03月21日

#1000 I Will Still Love You (愛は果てしなく)

1978年、夏のヒット曲です。

残念ながら、この曲の収録されているCDは見つけられなかったので、ジャケットの画像を載せられません。
ストーンボルトという名のバンドのヒット曲です。
彼等はカナダ、バンクーバー出身のバンドです。
彼等の曲は後にも先にも、この曲1曲しか知りません。
でも、この1曲がとても記憶に残っています。
綺麗なメロディと全く癖のないボーカルがとても心地よいですね。

映像はコチラ↓
https://www.youtube.com/watch?v=JCdvn3BUX2I

HOT100:14週 TOP40:5週
最高位29位

アルバム"Stonebolt"より


このブログを2005年10月に開設以来、今回の記事が1000回目となります。
ブログを始めるにあたり、「始めたからには、1000回はやろう」と思いました。
途中、何度かあった中断期間を乗り越え、何とか目標を達成することができました。
これも、コメントをくださった皆さんのおかげです。

今後は、気が向いたら記事を投稿しようと思います。
皆さん、ありがとうございました。  
Posted by golden_70s at 20:00Comments(6)#21〜#39 

2021年03月19日

#0999 When You're In Love With A Beautiful Woman (素敵な娘に出会ったら)

大好きなアーティスト、ドクター・フックの1979年、春のヒット曲です。


Greatest Hits & More

この人たちのこと、とても好きなんです。
ほんわか、和やかな、温かい気持ちにさせてくれます。
人は見た目ではないですね。

この人たちは。たまに大きなヒット曲を出します。
6曲のトップ10入りしたヒットがあるのですが、あまり知られていないですよね。
この曲は1978年にリリースされたアルバム『悲しみの向こう側』から、2曲目のトップ10ヒットです。
なんと、イギリスのチャートでは堂々1位に輝いています。
ミリオン・セラーとなったヒット曲です。

映像はコチラ↓
https://www.youtube.com/watch?v=bCJpzpd-8us

HOT100:25週 TOP40:16週 TOP10:4週
最高位6位
1979年年間チャート13位

アルバム"Pleasure & Pain"(悲しみの向こう側)より  
Posted by golden_70s at 20:51Comments(4)#6 

2021年03月16日

#0998 My Baby Loves lovin' (恋に恋して)

ホワイト・プレインズというグループのヒット曲です。


アナザー・サイド・セブンティーズ

1970年の春にヒット・チャートに登場した曲です。
極上のポップスです。
このグループでこの曲を歌っているのはトニー・バロウズという人です(だと思います)。
このトニー・バロウズという人、この頃に、いろんなグループで歌っていて、数々のヒットを記録してます。

こんな感じの、”いかにも”というポップス、私は大好きです。
この曲もトニー・バロウズが関係したもので知っている中では、一番好きな曲です。
YouTubeでこの曲を検索していたら、若き頃のエルトン・ジョンが歌っているものがありました。

曲はコチラ↓
https://www.youtube.com/watch?v=Vl5Ov0wYRFI

HOT100:15週 TOP40:10週
最高位13位
1970年年間チャート62位  
Posted by golden_70s at 20:53Comments(0)#11〜#15 

2021年03月13日

#0997 Fly Like An Eagle (フライ・ライク・アン・イーグル)

スティーブ・ミラー・バンドの大ヒット曲です。


鷲の爪

バンドにとって9作目のスタジオ・アルバムからのシングルです。
アルバムのタイトル曲でもあります。
妖しい雰囲気の感じられる曲(私はそう感じます)ですが、でもポップです(と思います)。
私は洋楽を聴き始めた頃にヒットしていた曲で、そんなことからも記憶に残っている曲です。

この曲の収録されているアルバムと次作は、とても聞きやすいアルバムだと思います。
この当時、人気があったことも頷けます。
ミリオン・セラーとなったヒット曲です。

曲はコチラ↓
https://www.youtube.com/watch?v=6zT4Y-QNdto

HOT100:20週 TOP40:15週 TOP10:6週
最高位2位
1977年年間チャート28位

アルバム"Fly Like An Eagle"(鷲の爪)より  
Posted by golden_70s at 20:54Comments(0)#2 

2021年03月10日

#0996 Do You Believe In Love (ビリーヴ・イン・ラヴ)

1982年のちょうど今頃、チャートに登場していた曲です。


シングルス

初めて聞いた名前のバンドでした。
ボーカルの人の声が綺麗なわけでもないのに、一発で気に入ってしまった曲です。
とても爽やかな曲です。
アルバムの邦題が『ベイエリアの風』であったことも納得できます。
日本盤のLPではアルバム・ジャケットは同サイズのイラストが被せられていました。
確かに、ヒューイ・ルイスのドアップの顔写真では・・・。
私はこれ1曲でこのバンドにハマってしまいました。

映像はコチラ↓
https://www.youtube.com/watch?v=0mRCNGaMNjU

HOT100:17週 TOP40:13週 TOP10:4週
最高位7位
1982年年間チャート51位

アルバム"Picture This"(ベイエリアの風)より  
Posted by golden_70s at 20:51Comments(4)#7 

2021年03月07日

#0995 Every Breath You Take (見つめていたい)

1983年の大ヒット曲です。


synchronicity

トリオ編成のバンド、ポリスの大ヒット曲です。
彼等の5枚目のアルバムからの1stシングルです。
私はあまり聴かなかったバンドなので、今更ながらに知ったのですが、この曲の収録されている『シンクロニシティ』は彼等の最後のオリジナル・アルバムだったんですね。
ちょっと驚きました。
曲はストレートなラヴ・ソング(でいいんですよね)で、淡々とした感じで進みます。
でも、その中に思いの強さが伝わってくるような感じがします。
年間チャートでも1位となった大ヒット曲です。

映像はコチラ↓
https://www.youtube.com/watch?v=LHXIm6MaNLw

HOT100:22週 TOP40:20週 TOP10:13週
最高位1位(8週連続)
1983年年間チャート1位

アルバム"Synchronicity"(シンクロニシティ)より  
Posted by golden_70s at 20:50Comments(0)#1(8週) 

2021年03月04日

#0994 Sister Golden Hair (金色の髪の少女)

1975年の大ヒット曲です。


アメリカの歴史(ベスト)<ヨウガクベスト 1300 SHM-CD>

バンド名はアメリカですが、イギリス出身のバンドです。
この曲は彼等の5枚目のアルバムからの1stシングルです。
実に、気持ちの良いテンポ、曲調です。
そして、イントロ、間奏のエレキ・ギターの音が良いです。
彼等にとって2曲目の1位獲得曲となりました。

映像はコチラ↓
https://www.youtube.com/watch?v=3oNULFXLuMc

HOT100:16週 TOP40:12週 TOP10:4週
最高位1位(1週)
1975年年間チャート33位

アルバム"Hearts"より  
Posted by golden_70s at 20:54Comments(0)#1(1週) 

2021年03月01日

#0993 Never (ネヴァー)

1985年、復活を果たしたハートのヒット曲です。


ハート

70年代後半には結構人気のあったバンドですが、80年代に入って低迷していました。
そんなバンドの1985年にリリースされたアルバムからの2ndシングルです。
ハートの曲の中では「バラクーダ」かこの曲かというくらい好きな曲です。
アン・ウィルソンのボーカルはパワフルでとても良いです。
惜しくもトップ3入りは逃しましたが、大ヒットとなった曲です。

映像はコチラ↓
https://www.youtube.com/watch?v=zWzy5q_M5Ho

HOT100:24週 TOP40:14週 TOP10:5週
最高位4位
1986年年間チャート18位

アルバム"Heart"(ハート)より
  
Posted by golden_70s at 20:50Comments(2)#4 

2021年02月26日

#0992 Go Away Little Girl (ゴー・アウェイ・リトル・ガール)

1971年、ダニー・オズモンドの大ヒット曲です。


Best of Donny Osmond-Millennium Collection

ダニー・オズモンドをPCで検索して、画像を見ると、とてもハンサムですね。
人気があったのも頷けます。
この曲を聴いてもわかりますが、声も可愛い。
アイドルとして非の打ちどころがないように感じます。

この曲は1963年にスティーヴ・ローレンスによって1位となった曲です。
ウィキペディアによるとこの曲を最初に歌ったのはボビー・ヴィーとのことで、たくさんの人にカバーされているようです。

ダニー・オズモンドのものは、3週連続の1位を獲得し、見事、ミリオン・セラーとなりました。

映像はコチラ↓
https://www.youtube.com/watch?v=9oYrOtdlPsc

HOT100:15週 TOP40:13週 TOP10:9週
最高位1位(3週連続)
1971年年間チャート7位

アルバム"To You With Love, Donny"より  
Posted by golden_70s at 20:48Comments(0)#1(3週) 

2021年02月23日

#0991 Don't Let It End (愛の火を燃やせ)

スティクスの1983年のヒット曲です。


ミスター・ロボット

彼等の11枚目のアルバムからの2ndシングルです。
1stシングルは皆さんもよくご存じの「ミスター・ロボット」。
「ミスター・ロボット」は”ども、ありがっと・・・”と日本語で歌ってくれたので、私たちも親しみを感じられる曲でした。
打って変わって、この「愛の火を燃やせ」は、これぞデニス・デ・ヤングと思わせる曲です。
私は断然、こちらの方が好きです。
「ミスター・ロボット」が3位まで上がったので、今度はこの曲で1位を・・・、と思っていたのですが叶いませんでした。
それどころか、トップ5入りも出来ず、とても残念な思いをしました。
「永遠への航海」と並んで好きな曲です。

映像はコチラ↓
https://www.youtube.com/watch?v=UOqeuupZndg

HOT100:16週 TOP40:13週 TOP10:5週
最高位6位
1983年年間チャート60位

アルバム"Kilroy Was Here"(ミスター・ロボット)より  
Posted by golden_70s at 20:55Comments(0)#6 

2021年02月20日

#0990 One Of These Nights (呪われた夜)

1975年のイーグルスの大ヒット曲です。


呪われた夜

イーグルスの4枚目のアルバムのタイトル・トラックで1stシングルとなった曲です。
私、個人的にはこの曲がイーグルスの最高傑作と思っています。
イントロから、背中がゾクゾクするような感じがします。
そして、この曲、イーグルスだからこそ出来上がった曲なのかなと思います。

彼等にとって2曲目の1位獲得となった大ヒット曲です。

映像はコチラ↓
https://www.youtube.com/watch?v=zI2BzHWue6E

HOT100:17週 TOP40:14週 TOP10:10週
最高位1位(1週)
1975年年間チャート9位

アルバム"One Of These Nights"(呪われた夜)より  
Posted by golden_70s at 20:56Comments(0)#1(1週) 

2021年02月17日

#0989 Lonely Boy (ロンリー・ボーイ)

アンドリュー・ゴールドの1977年のヒット曲です。


自画像

この曲は彼の2枚目のアルバムからのシングルです。
ウエスト・コースト系のアーティストで、このアルバムに参加しているミュージッシャンは良く名前を目にする人たちです。

始まりの歌詞から察するところ、自叙伝的な曲かなと思います。
とてもポップな曲で、初めて聴いて、好きになった曲です。
彼にとって唯一のトップ10ヒットです。

映像はコチラ↓
https://www.youtube.com/watch?v=iq2TxnlWunw

HOT100:21週 TOP40:13週 TOP10:5週
最高位7位
1977年年間チャート50位

アルバム"What's Wrong With This Picture?"(自画像)より  
Posted by golden_70s at 20:54Comments(2)#7 

2021年02月15日

#0988 Please Mr. Postman (プリーズ・ミスター・ポストマン)

カーペンターズの1974年から75年にかけてのヒット曲です。


緑の地平線~ホライゾン

カーペンターズ、人気ありましたよね。
日本でも抜群の知名度で、知らない人はいないんじゃないかってくらいでした。

この曲は彼等の6枚目のスタジオ・アルバムに収録されましたが、発売時期からすると、先行シングルですね。
元は、60年代のガールズ・グループ、マーベレッツの1961年の1位獲得曲。
見事なアレンジでよみがえり、カーペンターズの曲も1位となりました。
ミリオン・セラーとなった大ヒット曲です。

映像はコチラ↓
https://www.youtube.com/watch?v=dcLbS0yxzdk

HOT100:17週 TOP40:12週 TOP10:5週
最高位1位(1週)
1975年年間チャート32位

アルバム"Horizon"(緑の地平線〜ホライゾン)より  
Posted by golden_70s at 20:57Comments(0)#1(1週)