2012年10月07日

#0724 Overkill(オーバーキル)

メン・アット・ワーク、1983年のヒット曲です。
カーゴ(紙ジャケット仕様)
メン・アット・ワーク
B00273D41K


前回の記事の更新から、ほぼ1年経過してしまいました。
このブランク、コレと言った訳はありません。
つまり、サボってしまいました。

この曲についての記事をアップしようとしたところ、
sugiさんの『休業中日誌』にこの曲がアップされていて、
しばらく間を置こうと思っていたら、いつのまにか1年も・・・。
この記事↓
http://sugi00.way-nifty.com/root/2011/10/men-at-work.html

1983年の4月9日付、28位に初登場した曲です。
「ノックは夜中に」、「ダウン・アンダー」に続いて
3曲連続の1位か!、と思わせる勢いでしたが、
残念ながら3位止まりとなりました。
サックスの音、コリン・ヘイの声と
とても乾いた感じのある、特徴的なバンドです。

映像はコチラ↓
http://www.youtube.com/watch?v=Lcu7OCIqlqE

HOT100:16週 TOP40:13週
TOP10:8週 最高位3位
1983年年間チャート54位
アルバム"Cargo"(カーゴ)より

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/golden_70s/51830102
この記事へのコメント
そうですか。
連続1位だったんですね。
オーストラリアから、とても勢いのあるグループがでてきたと思ったことを思い出しました。
Posted by sugi at 2012年10月07日 19:48
★sugiさん、ありがとうございます。
 そうなんです。
 「ノックは夜中に」、「ダウン・アンダー」は
 2曲連続の1位だったんです。
 この「オーバーキル」も勢い良く登場してきたので、
 3曲連続か、と思っていたのですがね。

 1年ぶりの更新に、
 早速、コメントをいただき、ありがとうございました。
Posted by golden_70s at 2012年10月07日 21:50
メン・アット・ワークは一種独特の雰囲気を放つ個性的なバンドでしたね。
ファースト・アルバム(LP)を買いよく聞いていました。
Posted by つぼ丸 at 2012年10月08日 11:58
★つぼ丸さん、ありがとうございます。
 他にはない”個性”があるから成功を手にできるのでしょうね。
 本当に独特の雰囲気、”音”を持ったバンドでしたね。

 ファースト・アルバムも大ヒットが収録された
 ヒット・アルバムでした。

 ご無沙汰していたにもかかわらず、
 早速のコメント、本当にありがとうございます。
Posted by golden_70s at 2012年10月08日 19:12