プロ雀士吉田光太の横向き激闘記

最高位戦日本プロ麻雀協会 吉田光太のblog。

2006年05月

リーチファイター

 
 先日行われたタイトル戦でのこと。

 南二局、トップ目の親番。三回戦しかない予選の二戦目、どうしてもトップが欲しい半荘だった。
 トップ目が一人四万点を超え、残り三者が二万点以下の競った争い。

(南二局 南家 ドラ 七索


 一萬一萬七萬七萬八萬九萬九萬一索三索七筒八筒八筒八筒  ツモ八萬


 嵌 八萬 を引き込んで一盃口の聴牌。
 
 親以外の二人は一見してソーズの一色手。ソーズが場に高い、次局が私の親番、ここは1300点で倒せればそれでいいのだろう。

 しかし――、次局をトップ目に流されるともうトップは見えない。是が非でもこの局で親との点差を詰めておきたかった。

二索 が出ないまま場は進む。

 その時、カチリと 七萬 が入ってきた。場には 一萬八萬 が一枚ずつ切れているのみ。親も萬子は使っていない。

「一気だ、一気寄せだ!」

 かなり遠いが、寄せ切る自信があった。脇はまだ染めきっていない様子、ソーズを下ろしていって喰われたとしても対抗できる。そう四暗刻ならば。

 打 一索 とした。何処からも声なし。

 下家が一つ手変わりし、すぐにこちらに 八萬 が入ってきた。打 三索

 下家が 二索四索 で開いた。

 次巡、一牌自模ってきて手を止めた。


 一萬一萬七萬七萬七萬八萬八萬八萬九萬九萬八筒八筒八筒 二筒


「曲げるとしたらここだな・・・リーチか、否か。」

 一萬九萬 は山に生きている。そして全員が自模切るハズの牌だ。親も二人に対しソーズは打てない。

 平素であればリーチといったに間違いない。しかし、脇の足を止めてしまことを恐れた。

 無論、自模っての一六・八千がベストだが、親からの満直も捨てがたい。下家は聴牌、競り負けたときのリーチ棒の支出も抑えたい。

 静かに 二筒 を捨て、闇テンに受けた。間違っているとは思わない。


 次巡、力を込めて自模ってきた牌は無常にも 六萬 ――。


 気付いたときには千点棒を放り出し 、六萬 を曲げていた。完全にポイントがズレている。

 二巡後、あっさりと下家が 八索 を引きアガって、満貫の和了。


 四索五索六索六索七索南南  ツモ八索 三索横二索四索 白白白横


 記すまでも無く、その後は軽く親番を潰され、オーラスも対面に競り負けてラス。


 最大のポイントはやはりリーチが打てなかった点だ。
 二筒 切りの時点でリーチと行っていれば一発で自模っている。


 一萬一萬七萬七萬七萬八萬八萬八萬九萬九萬八筒八筒八筒  ツモ六萬


 安目ながら、「リーチ・一発・自模・一盃口」で満貫。流石にこれは手を開く。
 親と一万二千点差を詰めて三万点弱での親番勝負――、これがベストの展開だったのだ。


「糞ゥ、リーチファイターがリー棒の出費を惜しんでどうするっ!」

 自分への戒めがまた一つ増えた。

雀豪列伝[3] 師 

 終盤、こんな手で聴牌をしていた。


 三筒三筒三筒四筒五筒六筒七筒七筒八筒八筒東東東

 
 私の河は明らかに筒子の一色手傾向、十四巡目にドラの緑発を打ち出しての聴牌だった。
 初牌の手出し、誰の目から見ても私の聴牌は明白であった。
 

 流局三巡前――、対面から放たれた牌はこれまた初牌のダブ東であった。
 

 私は改めてこの対面の顔を見た。

 シャンと背を伸ばし、無駄のない動作で繰り返される一定の模打。
 まるで慣れ親しんだ友人に電話でもかけるかのような表情で物凄い温度の牌を打ってくる。
 

 四十半ば、であろうか。実際はもう少し若いのかもしれない。
 上等そうなシャツとタイ、しかしそれでいて嫌味さが感じられないコーディネート。


 温和で、ジェネラルな内面が伝わってくる。



 私は大きく息を吐いた。敵も間違いなくド級手の聴牌。
 
 南家が海底牌を切り、ノーテン宣言。私と彼は黙って手牌を伏せた。


 取り決めあったわけではないが、私と彼は互いの手牌をあえて晒さなかった。後にも先にもこれほど相手とシンクロしたのは初めてだった。

 淡々と次の局の配牌を取る。こんな闘いがもう一週間も続いていた。 


 話は二週間前に遡る。

 当時、雀荘で働いていた私は麻雀に心血の全てを注いでいた。
 力や切れ味で周囲を圧倒し、弟子のような人間を抱え、この街で一番強いのは自分だと息巻いていた。


 そんな折、私の働く雀荘の本店に所属する統括マネージャーから呼び出しを食らった。


「どう? 店はにもう慣れた?」

「はぁ、まあボチボチです」


 呼び出されたファミレスで緊張して話を聞いていた。
 マネージャーは普段、私の働く雀荘の本店で勤務をしており、会話を交わしたことはほとんど無かった。


「実はね、本店の人手が足りなくて、君に来てもらおうかなと考えているんだ」


 落ち着いた物腰で訳を説明してくれる。
 
 本店は私の働く店と違い、繁華街のアーケードの中にあり、商店街の旦那衆や界隈の遊び人が集まる店だった。
 

 客の年齢層との兼ね合いもあって、従業員は古参の人間ばかりが勤めていた。


「麻雀に熱意があるって聞いてね、それならコッチで勉強した方が強くなれるんじゃないかと思って――」

 
 何故そんな感情になったかは忘れた。本当に青二才だった。


「別に僕はピン雀で勉強することなどありません」
 
 
 マネージャーは感情を押し殺して私の話に付き合ってくれる。


「でも、そっちの店にはそんなに強い人が居ないってきいたけどな」

「じゃあ、本店にはどれだけ強い人が居るってんですか?こっちのNO.1は僕ですよ」

「まあ、気が乗らないのなら他の人にお願いするからいいよ」


 席を立とうとした私を制して、料理を注文するマネージャー。


「うん、この話はお終いにしよう。ところで――、そっちで強い打ち手っていうと誰だい?」


 彼は上に立つ人間としてではなく、麻雀打ちの顔つきで尋ねてきた。


「××さんとか、○本サンなんかは強いと思いますけど」

「そっかそっか、う〜ん今度そっちにも遊びに行ってみるよ」


 それから一ヶ月あまり、マネージャーは特例でこちらの店に顔を出し続けた。

 店のエース 対 統括の人間、などという簡単な図式では済まなかった。
 
 何故って、彼の麻雀が私の想像よりもはるか高みにあったからだ。
 そして、麻雀に対する愛情と強さへの探究心も。


 意地の張り合いなどしている時間がもったいなかった。
 私は彼に畏敬の念を抱き、彼もまた私から何かを見出そうとしてくれた。


 それから私たちは何度も何度も打ち合い、良き好敵手となった。
 フリーでツー欠けになろうものなら我を忘れて席を確保した。
 
 彼は立場上、困った表情をしていたが、私にはまんざらでもないように見えた。



 彼の麻雀は一言で言うと「無言のプレッシャー」。
 
 正確無比な読みと洞察力。
 懐が深く、それでいてリーチの精度は天下一品。こちらは全てが見透かされているような焦燥にかられてしまう。 
 

 あれから十年、日々麻雀を打ち続けているつもりだが、こんな怪物は居ない。


「若い頃は、よくやったもんだ」


 などと言っていたが、相当な雀鬼だったに違いない。
 彼に比べると私の麻雀は荒かった。


 一度、こんなことがあった。
 その店では中堅ぐらいのレベルの客が早々に三元牌を二つ鳴いた。


 裏裏裏裏裏裏裏           中中横中   白白白横



 まだ五巡目だが緑発は場に顔を見せておらず、もう一人の客は鳴かせた責任を感じていた。


(責任を感じるってことは、こいつは緑発を持っていないな・・・・・・)


 仕掛けている客の河は一色手に偏っていない。
 私は大三元を相当に危ぶんだ。
 

 トップ目の親番である私は慎重にオリた。途中、緑発を一枚引いて来たがまだ安心は出来ない。マネージャーと脇もきっちりオリている。


 ホンイツや対々も警戒しながら三人で流局までオリた。安堵の息が漏れる。


「和了れなかったか、対々なら読み辛いと思ったんだケドな」
 
 
 男が手を開ける。


 二萬二萬一索一索一索六筒六筒    中中横中  白白白横


 やおら、マネージャがバタッと手牌を開いた。どうやら回しきって聴牌したようだ。


 一萬九萬一筒一索九索東南南西北白發中


 気付かないとかのレベルではない。こんなことは初めてだった。


 親と子ぐらい歳が離れていただろうか。
 しかし、マネージャーの負けず嫌いにはただただ感服した。


 ある時などフラっと打ちに来て三半荘オール二着。
 客が来たので席を譲ったのだが、いったん帰路についた後、どうしても納得いかない(自分の麻雀の出来に)と言って、戻ってきた途端に役満を和了ってしまう。
 

 これが普通の大人だったら驚かない。しかし彼は本当に品が良く、人格者であり、マネージャーとして店のことを第一に考えることが出来る人間だったのである。

 
 二年間ぐらい打ち合ったただろうか、そんな彼が一度だけ表情を変えたことがあった。


 東一局、彼が六巡目にドラの一索を切ってリーチをかけた。


 白三筒九索西四萬一索横  リーチ

 
 前局は二件リーチが流局し、場にリーチ棒が三本在る。
 北家が一発を消し、親が突っ張っていた。
 
 私は通ったばかりの 九萬 を切り、次巡、 東  を捨てた。


 続く巡目も私は 東 、次も手から 東 を捨てた。

 
 マネージャーの打牌は宣言牌と同じ一索 、喰いタンの北家には通る。


「ロン――」


一萬九萬一筒九筒九索東南西北白發中一筒


「32000は、32300――」


 私は自分でもビックリするような低い声で手牌を倒した。
 入れ替えたばかりの 一筒 がそのままになっていた。

 
 脇は声を失っている。
 
 その内の一人が、「最初の 東 が槓子からで、二枚目の 東 切りで聴牌か!?」と言った。
 
 その店でも技巧派で有名な佐川という客だ。
 

 周囲がざわめく中、マネージャーの指はまだ一索から離れきっていなかった。
 そして、愛でるような表情で私の河と手牌を見つめていた。


 雀荘には多くの人種が訪れる。

 麻雀で共感できない人間も居れば、招かざる客も居る。
 

 感情を押し殺せというが、実際にはそれだけでメンバー業は成り立たない。
 
 客に合わせて、精一杯自分を出し切らなければならない。
 特にマネージャーのような立場はそうだった。


 あるとき、そういった客の相手でくたびれた表情をしたマネージャーと立ち番をしていて口にした。


「どこかに――、麻雀で同じ意識をもった強い奴しかいない島とかないですかね」

「ふふ、そんなモンあるわけないじゃないか」


「だが、もしあったとしたらそれは理想郷だな――!」


 今でも、彼を知る麻雀プロと彼のことを語り合う。
 記憶の中であの一糸乱れぬ模打と神がかり的な強さは色褪せていない。
 

 誰にでも師事していた人間や恩師というのが居るのだろう。
 私は麻雀だけじゃなく、彼から多くのことを教えてもらった。

 彼が師で良かったと思う。


 ちなみに――、現在の私の横を向いて打つ姿勢は、彼のスタイルを倣っている。
 










ダイヤモンド

 白ポッチとは縁がなかった。

 何故って、アレはやはりインフレルールであって、低レートや東南戦の店にはそれほどありゃあしない。
 やはり白ポッチと言えば東風戦。そして東風戦を封してきた私は、何を隠そう雀荘の白ポッチ一発自模というものをやったことがなかった。

 先の日記に記した、嵌 三索 待ちをビックリ自模したのが実は初めての白一発体験だった。


 そして訪れた人生二度目の白ポッチは極上悦嬉の味わい・・・



 二萬三萬四萬五萬五萬赤五萬六萬八萬三筒五索五索赤五索六索  ツモ五筒赤
(5ソーは金5ソー)

 ポツンと残した 三筒 に赤がくっついた。あり余る赤牌の寄り、打 八萬 とする。

どうしても埋めたい穴がそこに一つある。

 無論、鳴かせてくれても構わない。ところが次巡、萬ソーズの七面受けを飛び越えてすんなりと 四筒 が入ってきた。


二萬三萬四萬五萬五萬赤五萬六萬三筒五筒赤五索五索赤五索六索  ツモ四筒


 何度も確認済みのハズの河を再度見渡す。私の捨て牌の第一打目には 一萬 がある。
 倒して満ニ千の闇テンなど要らぬ。問題は、どちらに受けるか。


「リーチ!」

 悩んだ挙句、ソーズの三面張でリーチをかけた。


 そして・・・
 指先に走るこの世に存在しない牌の感触・・・

「ゴリッ――!!」


二萬三萬四萬五萬五萬赤五萬三筒四筒五筒赤五索五索赤五索六索  ツモ白


 裏ドラものって親倍の六枚オール。



 ところで――、私はまだ白ポッチという牌で自模和了ったことがない。

 この店のポッチ牌は 白 の真ん中にガラスが埋め込まれている所謂「ダイヤ牌」。他の牌よりも重量感があり、盲牌をすると指先に穴枠とガラスが引っかかる。
 
 隆起したポッチが付いている訳ではない。

 詰め物は三等のガラス品だが、まぁ今のところ私にとってダイヤモンドな牌であることは間違いない。


  

二人合わせて十三年

「六〇〇〇オールの三枚!!」


 七萬八萬九萬三筒四筒五筒赤七筒八筒二索二索四索五索六索  ツモ九筒

( ドラ 五筒   裏ドラ 八萬 )

 
 小雨が降る中で友人と立ち寄ったフリー雀荘。
 ターミナル駅のそばに大規模な店舗を構え、雑誌などでも大々的に広告を行っている所謂「大型フリーチェーン店」。
 
 「常に満卓で、雑多に溢れている店内」――そんなイメージの店であったが、この日は平日の深夜ということもあってか、フリー卓が二〜三卓動いている程度。

 待ち合いで時間を潰すこと二〇分。新規に卓を立てるようで、友人と同卓に案内される。儀礼的に対面同士に座り、上家が眼鏡をかけた勤め人風、下家にメンバーが座る。

 一半荘目、親ッパネ以外にも細かく祝儀を回収する和了りが決まってトップ。連れが二着で、メンバー、務め人風の順。
 
 二半荘目は東場でメンバーに満貫を放銃してしまい、その後大きく失点したメンバーとオーラスでラス争い。

 この店員、ビシバシと強打をする捨て方で、毎巡、下家寄りに牌を放ってくる。

 (↓毎巡、こんな具合)

 北西七萬一索白二索
 一筒北    七萬

 
 下家を威嚇するような切り出しで、私はあまり好きではない。

 「まぁ、威勢がいいンだな」

 と、それ自体はさして気にならなかった。
 しかし、業界でも名の知れた大型店でこういうメンバーが居るもんだと感じた。歳は三〇前後であろうか、ふと名札を見ると主任の肩書きが記されていた。
 ショートヘアーの金髪、もしかしたら私よりいくつも若いのかもしれない。

 ラス争いは私がチートイ赤二つの満貫自模。


 五萬五萬赤八萬八萬九萬九萬一筒一筒五筒赤五筒四索六索六索  ツモ四索


 二着の勤め人風に僅かに届かず、連れ、勤め人風、私、メンバーの順。

「あ〜、ラス抜け出来なかった」
「アレッ、俺マクられてないんだ」
「ん、そこは満貫自模じゃ変わらないんじゃない」

 どうやら勤め人風はこの店の常連らしく、メンバーは彼と親密そうに言葉を交わす。
 
 実は、彼は対局中から常連相手にだけ麻雀の薀蓄や先刻の手牌がどうのと喋り倒していたのだ。当然、煩わしいと感じたが、別によくあることだと思い傍観していた。

「ラス半にする?」
「ん、そうだな」
「やっても、あと一回だしな」

 展開の長い半荘が続き、四半荘を行うと許容の時間を過ぎてしまう恐れがある。
 私は集計表の書き込みから戻ってきたメンバーに告げた。

「次、ラスハンでいいですか?」

 何故か憮然と押し黙るメンバー。プレイが短すぎるとでも言うのであろうか。

「いいですかって聞かれたら、良くはないけどー」
「はっ?でも時間があまり無いんですよ。」
「・・・・・・」
「え、何?駄目なの?」



 白南北北七萬横  リーチ


 東一局、こんな捨て牌で親リーをかけた。
 
「うわっ、何にもないよ!現物が一つもない!」

(お喋りは結構だけど、手牌に関連する情報を言うのはマズいだろ・・・字牌の生き枚数や数牌のカベが透けてしまう)

「分かンないから鳴いちゃえ、チー」

(何もないなら手牌を狭めない方が・・・いや、現物はなくて、赤かドラが在るからか)

 二巡後、食い下がった牌でメンバーが放銃。


 三萬四萬五萬五筒五筒赤六筒七筒八筒三索四索五索白白  ロン白


 次局、メンバーは点棒が無くてもやらせてくれと言った客をご案内して離席。結局、彼は私が催促するまでラスハンに対する返事をしなかった。
 その半荘は私、務め人風、連れ、ご案内された客の順。

 カウンターでチップを両替してもらい、店員からオシボリをもらう。他の卓についたのか、先ほどのメンバーの姿はない。

 
 腹が立っっていないと言えば嘘になる。しかし、残った感情の「しこり」は憤りではない。
 
 
 マナーや作法といったものは、店や地域、遊戯をする人の意識によって千差万別だ。
 例えば、都内のフリー雀荘で嫌悪される引き自模(正規の自模和了りの際に、牌を卓のへりに叩きつけること)は、地方では自模の動作の必然的な行為とされている。
 
 私もソフトに牌を打ち出す方ではないし、彼の強打を小気味良く感じるという人間もいるかもしれない。少なくとも本人はそう感じているのだから。
 また、常連とのコミュニケーションも必要だと思う。

 しかし、いずれも一見客への配慮をした上で許される行為ではなかろうか。

 ここに記したのは私の見解だけなので、もしかしたら私たちが作法に反することや彼の気に障る行動をとったのかもしれない。
 わざわざ立てた卓を三回で抜けるのは迷惑だったかとも考えた。
 それでも場所代を支払い、客として真摯な態度をとった心算だ。

 彼が店員として誠意をもって接してくれるのであればノリ接客でもオラオラ営業でも構わない。
 私たちに対する彼の態度に、人として真摯な姿勢が欠けていたことが寂しかった。

 私と、連れもメンバー業を生業としていた時間が長い。

「まぁ、行こうぜ。もう来なければいいんだろう」

 友人と足早に店を後にした。

 在宅での作業に追われる日々。先週末から風邪を患ったこともあって、どうにも部屋に居る時間が長くなる。
 
 元来、巣に篭る時間を大事にしたい人間なので、それ自体は問題とならない。

 麻雀は、確かに打ちに出たい。先週末のセットで大脇プロ・松崎プロに一本取られているので借りを返したい。どこか街に打ちに出ても良い。

 問題は、部屋に居ると食事の回数が必要以上に多くなることである。
 
 麻雀プロは打ちながら物を食する人が少ない。私も飲食物を摂らずに何時間でも打ち続けることができる。したがって、外に打ちに出ていると必然的に食事の回数が少なくなる。

 そもそも麻雀打ちという人種は小食家が多い気がする。胃弱で不摂生に運動不足な日常を送っているからだろうか?私の周りなどは呑みにいっても僅かな肴と香の物だけということが多い。
 だから稀に雀界以外の友人と食事をすると、その健啖っぷりに驚かされることがある。

 焼肉とビール、飯物を平らげた後に、冷麺――!
 チャーシュー麺にギョーザ、それと炒飯をマイト盛りで〜!

 
 何ていうか、雄として憧れてしまう。一度でいいから人にそんな姿を見せてみたい。



 「それ、喰わないんなら食べてやるよ」
 
 今度チャンスがあったら、死ぬ気でそんな台詞を言ってみようと考えている。

祭りの後

 
 雀王戦第五期リーグ戦、B競蝓璽安莪貔瓠
 一年をかけて行われる全十節の戦い。当然今年も昇級を狙う、立ち止まっていられない。

 記念すべき第一節の面子は岡本プロ、打上プロ、小倉プロ。

 初戦、手が入っていたにも関わらず攻守の押し引きがチグハグになってしまい、一人、大きく沈んでのラス。初っ端から大きいビハインドを背負う。
 
 二戦目は、東パツに十三巡目まで全て中張牌を切っての七対子を自模って親満の和了。

(東一局 東家 ドラ 白

<捨て牌>
 
 二萬八萬七索三筒五筒七筒
 八索八萬六萬八筒二索二筒
 七萬

<手牌>
 
 一索六索六索九索九索六筒六筒南南西西白白  ツモ一索


 食いタン者が二人居たので絶好の待ちであった。
 こちらの捨て牌が異様だったため出和了りは期待薄だったが、相手はこちらの手役や進行度を絞りきれない。一度、猜疑心にかられた相手は振れない牌が多いので、逆に長引いてくれたことが功を奏したのかもしれない。
 
 二戦目はこのリードを守りきってトップ。小さいトップだったが、何とか浮きに転じることができた。
 こうなってくると、やはり多少のポイントを浮いて帰りたい。

 しかし、小倉プロの起ち親で迎えた三回戦。親満で先行した小倉プロが一本場も果敢にリーチ。それを追っかけた打上プロが一発自模で手を開くと三つの暗刻と二つの対子・・・
 

 三索三索三索七索七索八索八索三筒三筒三筒九筒九筒九筒  ツモ八索


 小倉プロは親満を和了ったにも関わらず、東一局で差し引き五千点の損失。
 一転してこれまで好調だった岡本プロと小倉プロの足が止まり、打上プロのペースになる。私はオーラスで二万点以下での二着争いを制してマイナスを食い止める。


 接戦をものしてツキが転がり込んできたのか、最終戦は好調に和了を重ねる。南二局の親番が落ちて、二着と13400点、三着と18000点差をつけたトップ目。
 ペースは悪くない、残り二局を逃げ切れば第一節を六十〜七十ポイントの浮きで終わることができる。

 ところが、ここから私は全くの声無し。

 「4000オール」
 「2000・4000」
 「4000オール」

 と点棒を削られて僅かな浮きの二着で終了。四半荘のトータルで+六ポイントほど。


 協会のリーグ戦は早く回ることが多々ある。十一時に開始され、私の卓は概ね三時前に終わることが多い。
 同卓の小倉プロ、今期から協会に電撃移籍した鈴木たろうプロ、そしてロコモコプロと食事へ。

 休日の飯田橋は開いている店が少なく、飲食に不自由だ。
 何とか以前顔を出したことのあるパスタ屋に辿りつき、人心地つく。 

「どうする!?」
「対局のあとは麻雀打つ気にならないしな〜」

 口幅ったいようだが、設定された期日に照準を合わせ、集中して対局を打ちきった後は普段よりも神経が磨耗している。

「かと言って呑むには時間が早すぎるだろう」
「しかし、我々は他にできるがことがないじゃないか」
「じゃあ、転がす?」
「たまにはいいかも」


 こうして、先日の筋肉痛が癒えぬまま再びボーリングへ。
 麻雀、ボーリング、酒という新たなコンボが確立か?いや、手が痛くなるから止めておこう。


指勘

 
 降りそそぐ陽と、街行く人の波間を縫うようにして池袋へ。狭く、密集した空間に屯うからであろうか、麻雀打ちは日差しと群集が苦手だ。
 
 GWの真っただ中だが――、相も変わらず牌を握る。

「池袋S」にてセット。一発・赤有りで200-2000・6000。
 今日はセット後の目論見があるため短めの四回戦。

 ルールと回数を確認していると、下家に座った大脇プロが煽ってくる。

「少し、乗せる?」
「じゃあトータルのポイントでサシ馬をやろうか?」 
「OK 、それでいってみよう」


 初戦、一つ大きいのを和了った後、スピードと手数で他家を圧倒する。
 手組みを終え、急所を仕掛けたところで和了が狙える強い聴牌形になっている。場が良く見え、手牌の纏まりも早いので躊躇することなく前に出ることができる。

 主導権を握っているときは、積極的に前に出た方が良い結果をもたらすことが多い。
 特に、フリー麻雀ではスピードとプレッシャーで相手の和了や仕掛けを潰しにかかるスタイルが功を奏することがある。優位に立っている状況で安穏と傍観してはいけない。

 オーラスを迎えて、二着目の親との差は二万五千点弱。
 大脇プロからリーチが入るも、二着目を捲る力はなさそうだ。
 リーチの現物牌を切りつつ、手を進める。ところがノーケアで放った牌で親から声がかかる。

「ロン!」
「あっ!!」
「そこからだと変わった、かな?」

 先ほど通ったばかりで、ダブルワンチャンスの牌だった。親の手は隠れドラ暗刻の満貫。デバサイでトップが入れ替わってしまった。


 二戦目以降、ピタっと手牌のスピードが止まる。代わって先ほどトップを捲った対面が小気味良く和了を重ねる。二回戦はブラ下がりの三着、三回戦はオーラスで三つ巴の争いを制して辛くもトップ。


 最終戦、東場の親番で好配牌を手にする。

(東三局 東家 ドラ 六索 )  


 二萬三萬四萬七萬七萬八萬三筒八筒九筒三索四索六索七索八索


「セオリーからいけば打 八萬 なんだろうが・・・」

 この牌姿では、七萬七萬八萬 という部分が横のターツとして用を成さない。ダイレクトな 七筒 自模を睨みつつ、 三筒 を残してピンズの下での面子構成を考える一手だ。
 逆に、 七萬七萬八萬 を残すケースは、 ピンズの下の伸びよりも、 八筒 九筒 が重なる狙いがある場合だ。

 
 まだ一巡目――、判断材料は己の感覚のみ。


 大脇プロが序盤で大きく失点し、場は早くもトップ決定戦の様相を呈してきている。指が 三筒 を選んだ。

 ところが次巡自模は 四筒 ――。
 打 八萬 としておけば、この形


 二萬三萬四萬七萬七萬三筒四筒八筒三索四索六索七索八索


 二巡目にして親倍が見えるイーシャンテンを逃したことになる。

 八巡目に大脇プロからリーチが入り、こちらは待ち牌選択になる。


 二萬三萬四萬七萬八萬九萬二索三索四索六索七索八索八索  ツモ二萬


 萬子の下が安い、ドラ跨ぎの 五索八索 よりも、 二萬五萬 で和了りに行きたい。
 しかし、大脇プロの捨て牌はソーズが高く、 八索 が打ち辛い。 二萬 は現物、萬子の下が狙い目といっても、二萬 は残り一枚。

 ラス目のリーチにソーズを勝負せずに 五索八索 待ちで追っかけリーチを打った。

 脇がオリ、二人のめくり合い。大脇プロは親満放銃が耐えられないが、私は二着に浮上するので彼から出ても倒す。6000オールを自模るようなことがあれば、彼をトバして私がトップまで捲る。

 互いにロン牌を掴まぬまま迎えた十三巡目、指先に走る赤牌の感触――!

「 五萬赤 !! 」

 赤は赤でも萬子。大脇プロが無言で牌山に手を伸ばす、そう彼に萬子が通ることは知っている。私が 二萬五萬 待ちに取っていれば裏一枚でラストだったかもしれない・・・

 流局二巡前、彼が静かに自模った牌を手元に引き寄せた。


 二索三索四索五索六索七索白白白中中西西  ツモ西


 裏ドラが乗って倍満の和了。リーチ棒と合わせて九千点の放出。今度はこちらがトビの危険にさらされる状況になってしまった。
 サシ馬によってゲーム性の意識を損なうことはないが、やはり当面の敵のラスを自分で喰ってしまうのは好ましくない。

 東ラスと南一局は長い局になったが必死に耐えた。何とかもうワンチャンスあることを願って。
 すると、南二局で信じられないぐらい早いホンイツ手が入った。


 二索二索三索四索四索四索六索七索白白發發發


 四巡目、するりと 五索赤 が入ってきた。慎重にダマにしたのが良かったのか、すぐに大脇プロからロン牌が出て12000点の和了。


 二索三索四索四索四索五索赤六索七索白白發發發  ロン白


 何とか三着に食い込み、トータルをプラスで纏めることが出来た。


 いつもであればこのまま呑んで散会――、だが今日は祝日ということで久しぶりにボーリングへ行った。
 手首の強化と集中力のアップに役立つだろうか、などと下らないことを考えながら
三ゲームほどプレイ。
 
 汗を流し、腹を空かせたところで南池袋公園の傍にある「Na味」へ。
 山芋入りお好み焼きが絶品の店である。

 上京したての頃に見つけた店だが、変わらず美味い。翌日の筋肉痛を憂慮しながらビールをたらふく流し込んだ。

新人王戦

 二着まで4500点差の三着目。
 トップとは18000点、ラスとは9700点の開きがある。とりあえず、二着を狙いに行く状況――

 だが、事態はもっと逼迫していた。
 半荘四回戦を打って、プラスなら勝ち抜けという新人王戦の予選。初戦、フットワークを使って小さいトップをものにするも、二戦目でハコ割れ寸前の手痛いラス。
 
 ここで三着を引いてしまうと、最終戦がトップ条件になってしまう・・・
 ラス親を捲って二着に浮上すれば、最終戦を連帯条件で臨むことができる。


(南四局 北家 ドラ 四索

 一萬一萬二萬二萬六萬八萬九萬九萬九萬二索二索九索九索  ツモ四索


 六巡目――、七対子のイーシャンテンに、ドラの 四索 自模。打 六萬

 次巡、自模 五索 で打 八萬

 そして自模 九索 ――。


 一萬一萬二萬二萬九萬九萬九萬二索二索四索五索九索九索  ツモ九索


 点棒表示のボタンを押し、再度点差を確認する。

「4500点と18000点差・・・」 

 場には 二萬 が一枚切れ。

 最も手広いのは 二萬 を切っての、1300・2600自模若しくは三暗刻ドラ一の6400狙い。
 四暗刻狙いの打 五索 だとすると、対子の二枚目が切られた時はポンをして自模・直で逆転。また、 三索 を引けば自模り三暗刻の聴牌。 三萬 自模で一盃口の聴牌。これでも一応、リーチをかけて自模・直条件である。

 錯綜する思惑のなか、選んだ打牌はやはり 五索
 すぐに 三索 を引き入れて、リーチの数巡後に 一萬 を自模って満貫の和了。


 一萬一萬二萬二萬九萬九萬九萬二索三索四索九索九索九索  ツモ一萬


 連帯条件で臨んだ四回戦はトップ。

 次のトーナメント戦に進むも、即座に敗退。
 
 
 何と言うか、このところ簡単に負ける。
 
 通過率が限られているタイトル戦の予選。全勝力士は居ない。
 だが、印象や内容がどうも希薄だ。周囲や己自身に何も感銘を与えていない。
 
 そんな無力感に包まれながら、今日も敗戦記を酒の肴にした。
 もう少し旨い酒にせねばならない。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ
プロフィール


吉田光太

吉田光太

最高位戦日本プロ麻雀協会


池袋「麻雀ひろばキングダム」
に居ます
ホームページ
https://www.mahjong-kingdom.com/





第1期オータムチャンピオンシップ 優勝
第7回 野口恭一郎賞 受賞
第10回モンド21杯準優勝
VS研究会 第7期、第8期連覇中


bnr_kingdom200x200


















麻雀 ブログランキングへ







連絡先



bnr_asami





bnr_hanamura






bnr_nozoe





bnr_emori





bnr_hazuki





bnr_mikoto





bnr_hinata






bnr_ishii





bnr_sugawara





bnr_higuchi






アクセスランキング
アクセスランキング