赤牌のあるフリーや短期決戦の東風戦ではどうしても仕掛けが多くなる。
 そこで、私は彼に仕掛けに対する最低限の対応を伝えた。

 放銃をするということは実に様々なものを失う。
 点棒、祝儀、自分の手牌の可能性、残りの局。

 そして仕掛けを入れている者は防御力が半減しているので、“誰かが攻めてきたときに、仕掛けている者が振る可能性”までも逸しているのだ。

 これだけでも、トップ目の仕掛けに甘い牌を打つことがどれだけ深刻なことかお解かりいただけるだろう。


 次に仕掛けに対する待ち読みとして、“つぶし”を教えた。
 仕掛けの待ちは「鳴いた形」と「通った牌」からゾーンをつぶしていくことで絞り込むことが出来る。



(東ニ局 北家 ドラ 南:麻雀王国


 北:麻雀王国八索:麻雀王国白:麻雀王国二萬:麻雀王国二筒:麻雀王国東:麻雀王国
 八萬:麻雀王国六筒:麻雀王国南:麻雀王国四萬:麻雀王国二索:麻雀王国


 
 裏:麻雀王国裏:麻雀王国裏:麻雀王国裏:麻雀王国裏:麻雀王国裏:麻雀王国裏:麻雀王国  三索横:麻雀王国四索:麻雀王国五索:麻雀王国    六筒横:麻雀王国五筒赤:麻雀王国七筒:麻雀王国




 上掲の手牌だが、まず索子のニ門待ちは二度受け以外にない。

 少し雑だが、“3もしくは7をチーした場合はニ門待ちなし”。私は彼にこう覚えさせた。

 なぜならば、 三索:麻雀王国 をチーした時点で 一索:麻雀王国四索:麻雀王国 乃至 二索:麻雀王国五索:麻雀王国 待ちが否定される。

 この待ちになるためには、 二索:麻雀王国二索:麻雀王国三索:麻雀王国四索:麻雀王国三索:麻雀王国四索:麻雀王国四索:麻雀王国五索:麻雀王国といった形から食い延ばしが必要となる(*食い延ばしに関しては後述するものとする)。


 また、 四索:麻雀王国七索:麻雀王国五索:麻雀王国八索:麻雀王国 待ちに関しても同様のことが言える。

 したがって、索子のニ門があるとしたら 四索:麻雀王国四索:麻雀王国五索:麻雀王国五索:麻雀王国からの 三索:麻雀王国六索:麻雀王国待ちのみである。


 次に筒子だが、こちらも嵌 六筒:麻雀王国 からを喰って、ニ門待ちが残っているとしたら 三筒:麻雀王国六筒:麻雀王国 しかない(食いタンでなければ、 二筒:麻雀王国三筒:麻雀王国五筒赤:麻雀王国七筒:麻雀王国 からがあるので、一筒:麻雀王国四筒:麻雀王国 が存在する)。


 そして最後の萬子だが、こちらは 二萬:麻雀王国四萬:麻雀王国八萬:麻雀王国 と捨てており、上家の六萬:麻雀王国 も通っているのでニ面待ちはなし。


 すると、ニ門待ちに関しては 三筒:麻雀王国六筒:麻雀王国六筒:麻雀王国 を捨てているので否定。
 したがって、 三索:麻雀王国六索:麻雀王国 の一点となる。


 と、まずは晒した形と通った牌からニ門待ちを絞り込み、次に手出しの牌からシャンポンと嵌張の受けについて考察する。


 




 *東:麻雀王国六筒:麻雀王国四萬:麻雀王国二索:麻雀王国 はツモ切り

 *上家の河

 九萬:麻雀王国南:麻雀王国北:麻雀王国六筒:麻雀王国一筒:麻雀王国三索:麻雀王国
 一索:麻雀王国東:麻雀王国八筒:麻雀王国六萬:麻雀王国南:麻雀王国


 
 



 
 




 lead to the next chapter...




















ブログランキング グレー
 blogランキング