どうしても和了の欲しい局面で開局早々に三者が一斉に飛び出し、私だけが一人圧倒的に出遅れていた。

(西家 ドラ 中


 一萬二萬六萬六萬七萬七萬九萬一筒二筒三筒三筒四筒四筒


 他家の三人は一段目に翻牌を叩いて、既に聴牌もしくは聴牌間近が濃厚だ。
 私はようやく有効牌である 六萬 を引いてきて、不恰好な一向聴へとたどり着いた。


 一萬二萬六萬六萬六萬七萬七萬九萬二筒三筒三筒四筒四筒


 とそこへ、南家の打った 二筒 に親がポンの声をかける。
 そしてお返しとばかりに今度は南家が親の切った 三萬 を大明槓――。

 目まぐるしく場が進み、私の欲しかった牌があっという間に姿を消す。場には 五筒 も二枚切れており、流石に和了は断念さざるをえないだろう。

 そんな諦観のムードが漂う中、南家がケツから持ってきた 七萬 を自摸切りした。
 これも、場に一枚切れの牌である。

「ポン――!」

 思い切ってポンの声をかけてみた。
 かなり無謀な仕掛けではあるが、牌が分断されたお陰で振る牌にはそう困らない。牽制も兼ねて相手にプレッシャーを与えることが目的だった。


 一萬二萬六萬六萬六萬二筒三筒三筒四筒四筒  七萬横七萬七萬


 しかし、ここから手牌が驚きの脈動を見せる。


 一萬二萬六萬六萬六萬二筒三筒三筒四筒四筒  七萬横七萬七萬  ツモ 三筒 で 打 二筒


 一萬二萬六萬六萬六萬三筒三筒三筒四筒四筒  七萬横七萬七萬  ツモ 五筒赤 で打 一萬


 二萬六萬六萬六萬三筒三筒三筒四筒四筒五筒赤  七萬横七萬七萬  ツモ 四筒 で打 二萬


 
 六萬六萬六萬三筒三筒三筒四筒四筒四筒五筒赤  七萬横七萬七萬  


 あの手が瞬く間に息を吹き返し、三筒 四筒 五筒 六筒 の四面張での聴牌となった。


 私の河にある 二筒八筒 が目に映ったのかどうかは判らないが、次から次へと手出しを繰り返す私に親が首を捻りながら 五筒 を切り出してきた。

 
 六萬六萬六萬三筒三筒三筒四筒四筒四筒五筒赤  七萬横七萬七萬  ロン 五筒


 三暗刻付きで跳満の和了である。


 上手いこと潮流に乗れたと云うべきか――。

 いや、さすがにこれは偶然が味方した和了だろう。
 たまたま仕掛けと山が噛み合ったラッキーな出来事であった。








ブログランキング グレー
 blogランキング