「協会ルールっていうのは、有りと有らゆるルールの中で最も役満の価値が低いんだ――」

 そんな言葉を談笑交じりにやりとりしたことがある。
 プロ麻雀協会のルールにはウマの他に“オカ”もあるので、素点の多寡を競う他の競技ルールに比べるとトップの価値が非常に高い。親役満を一発打ったって、トップを一回取りさえすれば、それだけで帳尻が合うのだ。
 フリールールにも“ウマ”があるが、こちらは役満の祝儀や飛ばしによってトップが確定するといった特典がある。

 つまり順位獲り、もといトップ獲りゲームの要素が高い協会ルールでは役満は点数ほどの価値がないのである。


 1着、4着で迎えた雀竜位戦C級の戦い。
 先ほどの思わず首を傾げたくなるようなラスを帳消しにすべく果敢に攻め、ラス前で私はトップ目に立つことに成功していた。

 持ち点は42000点ほど。
 そしてさらに好都合なことに下位三人が2万点弱で並んでいて、その照準はトップの私よりも互同士に向けられていた。

 
 多少、楽な気で配牌をとった私は思わずどきりとした。


(南三局 東家 ドラ 四索


五筒南二萬發七筒一筒五筒四索一筒南五筒八筒一筒九萬


 色にしろ縦にしろ、大物手の片鱗が感じられる…。
 九萬 を威勢良く切り出し、すぐに 二萬 を重ねて早くも一向聴になった。


 二萬二萬一筒一筒一筒五筒五筒五筒七筒八筒四索南南


 あとは幾度となく踏んできた大物手への手順を描けば良い。
 それで、何の問題もないはずだった。

 しかし次巡、一牌を持ってきた私の手はぴたりと止まってしまった。


 二萬二萬一筒一筒一筒五筒五筒五筒七筒八筒四索南南   ツモ  四索



 漏れているんだろうな、と思った。
 半荘を終え、その日の対局も終わり、翌日の最終節の結果を反芻しながらそう思った。
 
 麻雀を始めた頃や、まだ合理的な計算も覚束ない頃だったらこんな牌は絶対に切らない。切れない。そもそも、選びようがない。
 そして勝負というものの本質や麻雀というゲームを理解し、そこに殉じきれるような器の男ならば、やはり切らない。
 今は成っておらず、いつか成る日のための肥やしなんだと思う。

 長考をした挙句、私が放ったのは 二萬 だった。
 この局のテーマは高い手を和了ることではない。
 ドラが、対子になった、翻牌も利く。
  六筒 九筒 は八枚。シャボ受けに固執する必要は、無い――。


 敬愛する書物に書いてあった言葉だが、確かに若しも私が今日この半荘を最後に麻雀を止め、若しくはこの先これ以上は人生を賭して麻雀というゲームに入り込まないというのならば、 二萬 を切っても良いのかもしれない。

 だが、そうじゃあない。
 受け入れなければならない。運命も、牌の寄りも。
 そして次巡に持ってきた 二萬 を。


 なんて言うか、受け入れられないのならば、自分が麻雀に生きることの結論を知る資格がないような気がする…。

 そもそも四巡目の長考なんてのが雀士の恥じゃないか。







ブログランキング グレー
 blogランキング