一片の綻びが生じた公式戦。
 可及的速やかな建て直しが必要だった。

 次の半荘。遅い巡目の勝負を目論み、長い半荘をメークするように心掛け、南場の親番が落ちたときには微差のトップ目に立っていた。

 その、八巡目。

(南三局 北家 ドラ 南


 六萬八萬六筒七筒八筒二索二索二索三索四索五索七索八索


 磐石とまでは行かなくとも、局落としと打点の両方を算段できる手恰好である。
 しかし、そこへ引いてきた牌は招かざるものだった。


  六萬八萬六筒七筒八筒二索二索二索三索四索五索七索八索   ツモ  九索


 場に 八萬 は二枚切れ。とりあえずの 六萬 単騎に受けた。
 筒子の両面は場的に弱い。やはり索子にくっつきを求めるか、 五萬 引きで平和に取るのが狙いだった。序番に 八萬 をリリースしている者が二名おり、 七萬 待ちは悪くなさそうだ。

 とそこへ、目下三着目の親が牌を横に曲げてきた。


 八萬發一索二筒三筒九索
 一筒四索三萬横   リーチ


 このまま――、自摸ってみせんか。なんてことを思いながら牌山に手を伸ばすもそんなに甘くはない。持ってきた安牌をそのまま自摸切る。
 自摸と、成り行きに任せる他にないだろう。そして出来ることならば、索子の多面張で勝負がしたい。
 親は劈頭に 八萬 を置き 三萬 も切っているので、とりあえずの 六萬 は通りそうだ。

 親が一発目に持ってきた 三筒 を自摸切り、南家がそれに倣って手出しで打 三筒 。西家がそれを少考しながら 二筒四筒 の嵌張でチー。

 六索 ――。と念じて自摸ったが私に下がってきた牌は 五萬 だった。
 

 六萬六筒七筒八筒二索二索二索三索四索五索七索八索九索   ツモ  五萬


 遅すぎた 五萬 …。

 もう一度、親の河と点棒状況を検めてみた。


 二索 五索 のスジは 八索 も含めたら五枚持ち。
 暗刻スジにそこまで日和ったわけではないが、どうにも打ちづらい。
 リーチに対して仕掛けに出た上家が和了るかもしれないし、彼が放銃するかもしれない。
 ラスまでそう差がない点棒状況でトップ目の私が親に打つわけにはいかない…。

 私は 二索 の勝負を避け、 九索 を抜いた。これでもまだ 七索八索 を引けば状況によっては戦える。

 親が私の自摸るはずだった牌を自摸切った。 六索 だった。瞬間、私の頭がカッとなった。
 そして南家が山から持ってきた 一索 をそのまま自摸切る。


 仮に鳴きが入らなければ、 一索四索七索 三索六索九索 の高目を一発で捉えていたことになる。

 
 六筒七筒八筒二索二索二索三索四索五索六索七索八索九索   ロン  一索


 次巡、 五索 を引かされる。


 五萬六萬六筒七筒八筒二索二索二索三索四索五索七索八索   ツモ  五索


 私にはもう反抗する気力は残ってなかった。あまりにもちぐはぐし過ぎている。
 上家にもケアを払って中抜きを開始する。

 お約束のように、 七萬 を持ってきた。だがもうそんなことはどうでもいい。
 少しでも完璧に降りて、次局勝負を目論むだけだ。

 上家も強い仕掛けではなかったようで、直ぐにオリに回った。
 私はベタで下りていたが、最後の自摸でリーチに通っている牌がなくなった。
 だが、三人がかりでオリており、十七巡目ともなれば通りやすい牌を見つけるのはそう難しいことではない。

 ワンチャンスの筒子は腐るほどある。だが、全員が安牌を切っているにも関わらずワンチャンスにしかなっていない壁など信用できるわけがない。
 リーチに 六索 が通っており、 二索三索 がそれぞれ一枚ずつ顔を見せている。

 私の手牌には 二索 が暗刻で在る。両面も、嵌張も無い牌を放った。

「ロン――」


 二萬三萬四萬五筒六筒七筒三索三索六索七索八索南南   ロン  三索


 リーチの親が手牌を倒した。
 裏が乗って、12000だという。

 
 手詰まり放銃が悪いわけではない。抜く牌としては間違ってない。
 相手の待ちや手の都合はどうでもいい。自分が強いと思った待ちになったら、切り込んでいくのが自分の身上だった筈だ。







ブログランキング グレー
 blogランキング