最終戦南二局。
 持ち点は起家から以下の通りである。

土田 19700
水巻 18100
和田 25700
小林 36500



 土田が優勝する条件は水巻をラスにして素点で3万点差つけることである。
 しかし、その土田の最後の親番が落ちた。

 水巻からしたら最も捲られる可能性のある、最も怖い親番を落としたところだ。

 この親番はよほどの手が入らない限り静かに流し、オーラスの小林の親番を落とせば勝ちである。


 しかし、勝利を諦める訳がない土田から15巡目にリーチが入る。


(南二局 北家 ドラ 一筒


 四萬五萬一筒一筒四筒五筒六筒五索六索七索七索八索九索   リーチ



 土田の宣言牌は 二索
 それを受けた水巻の手はこうである。


 六萬六萬六萬七萬八萬四筒五筒三索三索四索四索五索白



 水巻が迷うことなくこの牌を喰った。


 六萬六萬六萬七萬八萬四筒五筒三索四索五索   二索横三索四索



 土田の一発を消し、いざというときに手牌を倒せるように自身も聴牌を入れた。
 現物牌のみを押し、土田のリーチが成就しなければおそらく手牌を伏せるだろう。

 
 この鳴きによって土田のリーチの結果が変わることはなかった。
 鳴きがあろうとなかろうと彼の和了牌は山に居なかった。
 その点では水巻の策は失敗ではない。

 しかし、この鳴きによってある男に海底を回してしまったのである。
 
 西家の小林は9巡目に訪れた聴牌を崩し、更なる高みに辿り着いていた。
 そして、勝負の綾によって回ってきた僅か一枚の海底牌で奇跡を見せた。



 四萬四萬九萬九萬九萬三筒三筒九索九索九索東東東   ツモ  三筒


 
 この一撃で小林は“水巻をラスにして6万点差”という難関を満たし、400点差での優勝を果たした。


 こうして半年に亘る激闘は幕を閉じた。
 土田との点差とポイント差を考えれば、水巻が鳴く必要があったのかは判らない。

 だが、土田が二回戦で見せた強烈な印象や、首位で立ち回るという水巻のその卓越したバランス感覚がゆえに足を使わせてしまったように私には映った。

 不幸な出来事であった。
 水巻の鳴きの是非は難しいところだ。


 しかし、この出来事に対してどう受け止めて、今後「麻雀のこういった部分にどう取り組んでいくか」が土田以外の私たちにとって最大の「テーマ」であると思う。



<第一期ピンツェリーグ 前期 最終結果>

小林 剛 +187.3
水巻 渉 +186.9
土田浩翔 +132.6
和田聡子   +3.3











ブログランキング グレー
 blogランキング