先ずは親番で小山田氏とのリーチ合戦を制して2000オールの和了。


(南三局 東家 ドラ 西


六萬七萬八萬一筒二筒三筒四筒五筒六筒五索六索七索八索   ツモ  五索   裏ドラ  一筒



 そして続く一本場で2600オールの和了。


(南三局一本場 東家 ドラ 發


四萬四萬七萬八萬九萬四筒五筒一索二索三索六索七索八索   ツモ  三筒   裏ドラ 八萬



 この三局連続自摸和了で金村氏が福田を捲ってトップ目に立つ。 

 
 異彩なオーラから放たれる強打と力強い自摸和了。
 状態も流れも最高潮に達している金村氏が手を緩めることなく、次のリーチを放つ。


(南三局二本場 東家 ドラ 南


一萬一萬四萬五萬六萬二筒三筒四筒七筒八筒九筒二索二索   リーチ



 ここが一つのポイントになる――。
 金村氏の猛攻の間、私の視線は他の三者へと向けられていた。

 ここで処し方を誤ると勝負が決してしまうのは火を見るよりも明らかだ。
 黙っていては金村氏の自摸和了は時間の問題である。

 さりとて、甘い牌を打って放銃をすれば相手をさらに押し上げてしまう。


 予選から破竹の勢いで勝ち進んできたこのハリケーンに飲み込まれてしまうのか、はたまた踏み止まりを見せるか。

 そんな想いで見つめていた。


 この点、三者の対応は素晴らしいものだった。
 二着目の福田以下、全員が焦らず、日和らず。丁寧な打ち回しが目についた。

 この対応が生き、小山田氏が金村氏のリーチに切れない 二萬 を上手く使い切って、かわし手を成就させる。


(南三局二本場 北家 ドラ 南


 二萬三萬四筒四筒五筒六筒七筒   ロン  四萬    發發横發 北北北横 



 振ったのは金村氏。
 トップ目からの直撃で小山田氏も首の皮一枚を残した。


 そうして迎えた運命のオーラス。
 金村氏と福田は和了トップ。小山田氏は倍満条件。星野氏は6000オール一発で頂点に手が届く。








 lead to the next chapter...




















ブログランキング グレー
 blogランキング