小山田氏の六索 は残り二枚だが、倍満条件なので一発自摸に賭けるしかない。
 星野氏の緑発も山に二枚生き。

 金村氏と福田は“持ち持ち”のため、和了目は無し。

 
 なんと壮絶なオーラスか。
 金村氏と福田は倍満でないかぎり、自分が小山田氏に手牌を倒される可能性は低い。ある程度の牌は押すだろう。

 しかし本線は親の和了、もしくは聴牌。
 いずれにせよ次局に持越しが濃厚となった。

 
 そう思い、私が卓から目を離した刹那の出来事だった。

 いつもと変わらぬ速さの金村氏の摸打音と同時に、もう一つの音が重なった。
 誰かの手牌が倒された音だ。


 振り返ると、そこには手牌を開いている福田の姿が在った。

 何が起きたのか?海底?いや、そんな筈は…。
 

 忙しく卓上に視線を走らせた私の眼に飛び込んできたのは、片アガリの牌を引き、 中 を抜いた金村氏の手牌だった。


二萬三萬四萬四筒五筒六筒六索六索中中    ツモ六索   で打   中       四筒横五筒六筒



 こうして激闘に幕は下ろされた。
 
 

 今こうして戦いを振り返ると、あの日の戦いが鮮烈に脳裏に浮かんでくる。
 福田の終始丁寧な姿勢、金村氏の強烈な存在感、全国から集いし精鋭たちの情操…。


 あの日、勝負を分けたものはいったい何だったのであろう。

 最後の結末は金村氏の放銃で終わった。
 福田の手はトイトイか翻牌しかなかったはずだ。

 そして、場に見えていない翻牌は 中發 のみである( 南 は一巡目に一枚切れ)。
 金村氏からしたら安全牌を落とさずに聴牌を維持した一打だったのであろう。


 福田は勝利の女神に選ばれた。
 しかし、彼は単に選ばれたのではなく、ひた向きな努力と姿勢で女神を呼び込み、全国三千人の頂点に立ったのである。


 大会終了後、福田に優勝して何か変わるか、と訊いてみた。

 「今まで通り、古久根プロや土田プロの研究会に通いたい。まだまだ勉強中だから――」と返してくれた。


 勝利を呼び込む姿勢――。
 
 麻雀はやはり自分でやるものだ。
 私にも勝利の女神は微笑んでくれるだろうか。

 そんな想いに駆り立てられた私はペンを置き、足早に街へと繰り出した。

















ブログランキング グレー
 blogランキング