新宿「M」にて土田浩翔プロとセット。
 

 麻雀は本当に不思議なもので、スタイルや思想によって手の入り方や自摸の性質が変わってくる。
 ここ最近、自分の打ち筋にもそういった感じが顕著に出るようになってきた。

 相手の局が何局続こうがぎりぎりまで対応をし、下地を作る。 
 そして場と自摸をマッチさせて自摸和了できる局面を狙っていく。

 そんな自分のスタイルを貫きながら無数の強さや感覚を一つでも取り入れて行きたい。



 初戦、対面のS氏が親で満貫を自摸和了るも場は未だ拮抗した状態。
 ラス前でダブ南を一鳴きした私は下の一向聴。


(南三局 南家 ドラ 九筒


 六萬八萬四筒五筒六筒九筒九筒九筒七索八索        南南横南


 ドラの暗刻がついて磐石の手格好である。
 場には筒子が高く、入り目となる 六索 九索 も悪くない。
 また、全員が序盤に 八萬九萬八萬六萬 と振っており、 七萬 が秀逸な受けになっている。


 一発・裏ドラのないルールなので、仕掛けに対する相手の対応はキツい。
 出切ることならばドラを余らせずに聴牌をしたい。和了までを見据えると、 七索 乃至 八索 を重ねての聴牌が最も良いのかもしれない。


 しかし、七巡目に上家が 七萬 を自摸切った。

 此処は何とか終盤で活かしたいところであったが、手牌の値段が伴っているので多少の手バレは覚悟でチーテンを取る。


 四筒五筒六筒九筒九筒七索八索           七萬横六萬八萬  南南横南



 私の仕掛けに被せてきたのが土田プロ。
 タンヤオの二副露から、筒子のホンイツ聴牌であるS氏の切った 二筒 に声をかける。



 裏裏裏裏         二筒二筒二筒横 二萬二萬二萬横 二索二索横二索



 二艦隊の列を並べて、私の前に立ちはだかった。










ブログランキング グレー
 blogランキング  
 


















 lead to the next chapter...