私が掴んだ牌は 七萬

 土田プロが最後のポンをしたときの打牌は 五萬 である。

 ただのタンヤオの二面含みでここまで 五萬 を取っておいたとは考え辛い。
 萬子のシャンポン受け、若しくは単騎への待ち変えが濃厚である。


 かつて私の受けにしたかった 七萬
 そしてまだ山に残っているであろう 七萬


 ここは危険を承知で真っ直ぐに行った。


 八索八索八索七萬      ロン     七萬        二筒二筒二筒横 二萬二萬二萬横 二索二索横二索



 対々がついて満貫の打ち込みとなったが、私の打ち込みよりも前に一つの巡りが在った。

 特筆すべきは、親で筒子のメンホンを聴牌していたにも関わらず八巡目に私のロン牌である 九索 を止めるために手を崩したI氏。
 同じくホンイツ聴牌から土田プロには 二筒 を押し、 六索 を止めたS氏。

 無論、そこで私が今度は土田プロに対して回らなくてはならないのだが、二人のファインプレーに一本取られた局である。


 そうして向かえたオーラス。
 私は目下、23000点持ちのラス目だが、素点の比重が大きいルールなので、手牌や押し引きのバランスを崩してまで着巡に固執する必要は全くない。

 牌の並びは良く、七巡目で下の二向聴。


(南四局 東家 ドラ 八萬


四萬五萬五萬六萬八萬四筒五筒五筒二索四索五索六索中   ツモ  三索


 456の三色、ドラの重なり、索子が重なりを見せたときの萬子で作る面子の数。
 様々なことをイメージしなくてはならない手牌だ。

 だが、前局に相手に上手く打たれてこちらがヤラれている。
 経験則上の戦術だが、そういうときは先ず自重を考えるようにしている。


 この手牌で言えば、ドラ表示牌の 七萬 を引いてこないことを前提に手を進める。
 無論、それは 中 を限界まで絞るためと、切り遅れが出ないように最終形以外の受けを削いでおくためだ。








 lead to the next chapter...




















ブログランキング グレー
 blogランキング