しっかり守り、しっかり攻める。
 決して現状の浮き沈みに揺れないこと。


 私はこれだけを胸に刻んで戦い続けた。

 すると3連続で二着を拾え、その次にトップも取ることが出来た。


 そうして迎えた次の半荘。
 起家の私にドラ暗刻のチャンス手が入った。


<東1局 親 ドラ 六筒:麻雀王国 >

 四萬:麻雀王国四筒:麻雀王国五筒:麻雀王国六筒:麻雀王国六筒:麻雀王国六筒:麻雀王国七筒:麻雀王国一索:麻雀王国二索:麻雀王国三索:麻雀王国四索:麻雀王国五索:麻雀王国六索:麻雀王国


 まだ4巡目である。

 萬子の二門で平和ドラ3、また三色も見える。
 そして 三筒:麻雀王国 を引いての“ 二筒:麻雀王国五筒:麻雀王国八筒:麻雀王国七筒:麻雀王国 ” 待ちの四面張。

 ソーズもタンヤオ変化や 七索:麻雀王国 あたりを引いて上への伸びもある。


 二門でテンパイをしたら、リーチをして6000オール、8000オールを狙う心算だ。
 巡目も早いし、昇り調子のここは大きく行くべきだろう。



 と、そこへ引いてきたのは想定外の牌だった。



 四萬:麻雀王国四筒:麻雀王国五筒:麻雀王国六筒:麻雀王国六筒:麻雀王国六筒:麻雀王国七筒:麻雀王国一索:麻雀王国二索:麻雀王国三索:麻雀王国四索:麻雀王国五索:麻雀王国六索:麻雀王国 ツモ 四萬:麻雀王国









麻雀 ブログランキングへ





lead to the next chapter...




*当物語はフィクションです