ゲン爺がトップを走り、私が11000点差でそれを追いかける立場だった。
 オーラス、牌配を手にした私は一直線に萬子へ走った。

 澱みなく萬子を引き当て、手牌は六巡目で一向聴に。
 
(南四局 南家 ドラ 一筒:麻雀王国


 一萬:麻雀王国一萬:麻雀王国三萬:麻雀王国四萬:麻雀王国五萬:麻雀王国六萬:麻雀王国七萬:麻雀王国八萬:麻雀王国八萬:麻雀王国九萬:麻雀王国九萬:麻雀王国北:麻雀王国北:麻雀王国


 二萬:麻雀王国七萬:麻雀王国 が入れば、“混一色・イッツー・一盃口”で出和了りトップのテンパイだ。
 しかし、肝心の 二萬:麻雀王国 は場に三枚飛んでいる。
 そこへ、八巡目に 三萬:麻雀王国 自摸。ここで 北:麻雀王国 を切り出し、門前清一色へ向かった。


 勝負も佳境に差し迫った十三巡目、三着目のラス親からリーチが入る。


 九索:麻雀王国發:麻雀王国東:麻雀王国一索:麻雀王国三索:麻雀王国八索:麻雀王国
 六索:麻雀王国九索:麻雀王国一筒:麻雀王国三筒横:麻雀王国  リーチ
 


 実は私はそのとき逆転手の聴牌を入れていたのだが、リーチ一発目に引いてきた牌は 五筒赤:麻雀王国 だった。

 
 一萬:麻雀王国一萬:麻雀王国一萬:麻雀王国三萬:麻雀王国三萬:麻雀王国四萬:麻雀王国五萬:麻雀王国六萬:麻雀王国七萬:麻雀王国八萬:麻雀王国八萬:麻雀王国九萬:麻雀王国九萬:麻雀王国  ツモ 五筒赤:麻雀王国


(私の捨て牌)

 八筒:麻雀王国五筒:麻雀王国六筒:麻雀王国北:麻雀王国二索:麻雀王国六索:麻雀王国
 北:麻雀王国六筒:麻雀王国二筒:麻雀王国一筒:麻雀王国


 
 この牌だけは……。

 七萬:麻雀王国 は既に2枚、場に切られてしまっている。


 断腸の思いでノーチャンスの 一萬:麻雀王国 を落とす。これでこの手はジ・エンドであるが、ゲン爺だってラス親のリーチにはオリざえるをえない。親が連荘をすればまだチャンスはある。

 次巡、嫌な引っ掛かりが親指に広がった。それは 七萬:麻雀王国 だった。
 唇を噛み締めながら、もう一枚 一萬:麻雀王国 を落とす。

 次巡。
 私は持ってきた牌を卓に打ち伏せたまま、静かに最後の 一萬:麻雀王国 を横に曲げた。


 八筒:麻雀王国五筒:麻雀王国六筒:麻雀王国北:麻雀王国二索:麻雀王国六索:麻雀王国
 北:麻雀王国六筒:麻雀王国二筒:麻雀王国一筒:麻雀王国一萬:麻雀王国一萬:麻雀王国
 一萬横:麻雀王国  リーチ


 切り番となったゲン爺が、穴が開くほど私の河をしげしげと見つめている。
 どうやら共通の安全牌が無いようだ。
 そして長考の後、親の現物である 四筒:麻雀王国 を河に置いた。


 五筒赤:麻雀王国三萬:麻雀王国三萬:麻雀王国四萬:麻雀王国五萬:麻雀王国六萬:麻雀王国七萬:麻雀王国七萬:麻雀王国八萬:麻雀王国八萬:麻雀王国九萬:麻雀王国九萬:麻雀王国六筒:麻雀王国  ロン 四筒:麻雀王国



 満直で、文句無しの逆転である。
 
「あちゃー、打っちゃったか。痛い痛い」

 ゲン爺のことだから、いつものようにそんな軽口を叩いて自分の手でもひけらかすのかと思った。
 しかし、喜々としてリーチ棒を手繰り寄せる私をよそに、ゲン爺が低い声でボソっと呟いた。


「良い待ちしてやがる……」



 私は、思わずハッとしてゲン爺の、いやゲンさんの顔を見上げた。

 吐き出した煙草の煙が揺蕩う虚空を、眼を細めて見据えるゲン爺。
 その窪んだ眼窩から放たれた光は、私がこの先追い求めるやしれない勝負の鬼のそれだった。  

 おそらく、私なんかが容易に想像つかないほど激闘の年輪を重ねてきたのだろう。


 多くの幸せを放棄し、麻雀に身を委ね、今こうして雇われの身として働かなければならない事情があるのかもしれない。
 そのことをゲンさんがどう捉えているのかは、本人しか知る由はないが。


 私の視線に気付いたのか、すぐにいつものゲン爺は戻ってきた。


「いや、参ったね。一発ですか、逆転ですね」

「爺さん、どっから打ってんだよ。それじゃあ給料残んないだろ」

「ほほほ。若い人にトップを獲ってもらおうと思ってオリ打ったんですよ」


 ここにも、牌に取り憑かれし雀鬼が一人......。

 







麻雀 ブログランキングへ





lead to the next chapter...




*当物語はフィクションです