例の日のことが切っ掛けで私はマンション麻雀から足を洗い、ホームの雀荘へと戻っていた。

 その、ある日の一戦。

<南一局 6巡目 親番 ドラ 七筒:麻雀王国


九萬:麻雀王国九萬:麻雀王国三筒:麻雀王国三筒:麻雀王国五筒:麻雀王国七筒:麻雀王国二索:麻雀王国二索:麻雀王国三索:麻雀王国三索:麻雀王国四索:麻雀王国四索:麻雀王国東:麻雀王国   ツモ 三筒:麻雀王国



 トップの南家が一人50000点台のトップ目で、あとは私を含む下三人が20000点以下で競っていた。
 ここで親の私に上の聴牌が入る。


 ドラ表示牌待ちの3900点。まだピンズの上への伸びや、ドラの重なりが期待できる。
 リーチで蓋をせず、ダマテンを選択した。



 トップ目の南家は初巡からオタ風の 北:麻雀王国 をイチ鳴きし、ソーズへ走っている。


<南家 手牌>

裏:麻雀王国裏:麻雀王国裏:麻雀王国裏:麻雀王国裏:麻雀王国裏:麻雀王国裏:麻雀王国裏:麻雀王国裏:麻雀王国裏:麻雀王国    北:麻雀王国北横:麻雀王国北:麻雀王国


 場に見えていない役牌はダブ南:麻雀王国 と、 白:麻雀王国 と、發:麻雀王国


 トップ目のイチ鳴きだけに、南:麻雀王国南:麻雀王国南:麻雀王国 や、 白:麻雀王国白:麻雀王国發:麻雀王国發:麻雀王国 といったどちらかの形が入っている事が多いだろう。


 ただし、この南家はブラフ込みでオタ風ポンを“敢えてやってくる”男だ。



 九萬:麻雀王国九萬:麻雀王国三筒:麻雀王国三筒:麻雀王国三筒:麻雀王国五筒:麻雀王国七筒:麻雀王国二索:麻雀王国二索:麻雀王国三索:麻雀王国三索:麻雀王国四索:麻雀王国四索:麻雀王国   ツモ 七筒:麻雀王国



 八巡目、私はドラを引いて7700点のシャンポン待ちに手変わり。
 これをモノにすれば、トップ目の南家に肉薄できるところだったが……。


 手が遅そうなので、あまりマークをしていなかった北家が突如、手からダブ南:麻雀王国 を切ってきたのだ。



「ポン――」


 南家がやや上擦った声で鳴き、打 六索:麻雀王国
 
 
 さすがにホンイツの聴牌だ。
 私は内心で舌打ちをした。


 一人先行で目立たぬ7700の聴牌だったが、北家も勝負手を聴牌したようだ。
 これで私、南家、北家の三つ巴になってしまった。

 
 そんなことを思っていると、北家が一牌を持ってきて、少考。
 そして手の内から安全牌の字牌を一枚手出しした。


 ダブ南:麻雀王国 は、乾坤一擲の勝負牌ではなかったのか?

 ここで簡単に南家に一色手をアガられるようだと、しばらくワンサイドになるぞ……。


 次巡、私の手に悪魔の試練が舞い降りた。


九萬:麻雀王国九萬:麻雀王国三筒:麻雀王国三筒:麻雀王国三筒:麻雀王国七筒:麻雀王国七筒:麻雀王国二索:麻雀王国二索:麻雀王国三索:麻雀王国三索:麻雀王国四索:麻雀王国四索:麻雀王国   ツモ 二索:麻雀王国

 





 lead to the next chapter...






麻雀 ブログランキングへ






*当物語はフィクションです