プロ雀士吉田光太の横向き激闘記

最高位戦日本プロ麻雀協会 吉田光太のblog。

何切る!?

設問

 
 東一局、下家の久保雄紀プロが対面から倍満を和了った次局でした。

 ドラの 九筒 を活かしたいところで引いてきた牌は 五索 。 
 場には 一索 が2枚、 四索 が3枚切れており、私は 九索 を捨てています。


 ソーズは非常に安く、 四索 を早打ちしている二人は 五索六索 を手の中に持っていなそうです。

 巡目は終盤に差し掛かった10巡目。
 皆さんだったらどうしますか?



(東二局 東家 ドラ 九筒














ブログランキング グレー
 blogランキング  
 
















設問


「モンド21 第10回モンド21杯」であった山井弘プロの手牌です。

 現在18600点持ちの三着目。
 ドラが 六萬 です。












18000点持ちの佐々木寿人プロが 二萬 を二巡目に 三萬四萬 でチーしています。


(佐々木プロ 捨て牌)

五索七索一萬四筒七筒


その他、場に見えている関連牌は 九萬 が一枚切れです。

皆さんは何を切りますか?





















ブログランキング グレー
 blogランキング  
 











舌戦

 
 麻雀プロが牌を握っている時間以外なにをしているかというと、まず酒を飲んでの麻雀談義ということになる。

 そもそもが寝ても起きても麻雀のことしか考えていないような学生や雀荘のメンバー上がりなわけで、この手の話が尽きることはない。

 あの手牌はこうだの、誰が強いだのと、麻雀というゲームが私たちの人生において最上の物であるのと同じように、仲間と過ごすこういった時間も非常に有意義である。
 もとい――、少人数の野郎のみで何十回となく同じ話を繰り返し、安酒場で金を浪費するのが有意義と言えるかは別であるが。


 この日は某barにて忘年会の二次会。
 顔を突き合わせているのは昨年、發王位に輝いた最高位戦の水巻渉プロ、プロ連盟所属、第32・33期王位の滝沢和典プロ。

 そこに公の二次会から流れてきた協会・鈴木たろうプロ、最高位戦・佐藤崇プロ、そしてプロ連盟の今里プロが合流する。

 私にとっては業界において全員先輩格であり、なかなかクセのある愉快な男たちである。

 
 深まる時間と共に酒の量もかなり嵩み、ほど良い酩酊状態になる。
 とくに先ほどから何処からともなく運ばれてくるテキーラに口をつけている私とタッキーあたりがだいぶ走っている。

 そこで誰が書いたかお決まりの“牌姿が書かれた箸袋”が登場する。
 麻雀プロ同士で飲んでいるとかなりの確率で行われる悪しき風習である。


 問題となった手牌はこうだ。


(東一局 3巡目 西家 ドラ 九萬

 
 八萬八萬九萬二筒三筒五筒五筒六筒九筒九筒二索三索發發



 一発と裏ドラはあるが、赤牌は無いルールでだ。


 先ずは私と崇の回答が 二筒 切りで一致し、固い握手を交わす。

 水巻さん、タッキーは 二索

 たろうさんとその場にいた協会の後輩である中林啓は 六筒 切りを主張。

 
「君タチ、これは受けの手牌だから対子手を第一に考え、筒子の下外しだろう。面子手になった際のロスも少ないし、重なり易いのは索子というのが判らんかね」
 と、かなり酒が回っている私と崇が講釈を垂れる。

「いやいや、安くて不安定な手構えにする気はないのだから、一色も考えたら索子外しだろ。索子が重なりやすいとか根拠が不明だし」
 こちらは水巻プロの貴重なご意見。

「ドラ含みの萬子三枚を外して一色手に行くほどの手材料がこの手に来るかね?」

「センス無いなぁ」

「何言ってるんだ。対子手の他にチャンタも考えて 六筒 切りだろ」

「チャンタは遠いでしょ」

「先刻の忘年会では 九筒八萬 切りなんていう意見もありましたよ」

「成るほど…」


 こうして、男たちの夜会は朝まで続く…。


















ブログランキング グレー
 blogランキング  
 

























 

設問

 
 先日の公式戦であった手牌です。

 四索 七索 待ちで3900を聴牌していたところに 一索 を引いてきました。

 八索 を切ると“イッツー・ドラ2”の満貫になりますが、場には 二索 が2枚切れています。


 五筒五筒一索三索四索五索五索六索六索七索七索八索九索




 四索 七索 待ちのままだと待ち牌は4枚。二面でリーチもかけられます。

 皆さんは何切り&リーチはどうしますか?




(東四局 南家 ドラ 五索
















ブログランキング グレー
 blogランキング  
 












設問

RMUリーグであった土田浩翔プロの手牌です。

ツモ 四筒 でイーシャンテンになりましたが、実は 二索 がフリテンになっています。


 現在、16000点持ちのラス目。
 トイツ王子の選択が気になるところです。



(南一局 南家 8巡目 ドラ 北




















ブログランキング グレー
 blogランキング  
 









設問

 今年の雀王リーグ戦であった手牌です。
 おおよその点棒状況は以下の通り。

  東家 36500 
  南家 22000
★西家 26000
  北家 15500


 ラス親は点棒の近い南家ですが、アガリ止めはないルールです。

 場にはやや索子が安く、南家が変則的な切り出しで遅い手を窺わせます。


 皆さんは何切りを選択しますか?



(南三局 西家 ドラ 三筒













ブログランキング グレー
 blogランキング  
 










設問

「RMUリーグ」であった古久根英孝プロの手牌です。
 南一局、目下8000点ほど浮いたトップ目。

 場に動きはなく、強いて言えば筒子が高いという状況。
 また親と下家が序盤に 四筒 を捨てており、捨て牌バランス的に筒子の上の搭子または面子を持っていそうです。

 まだ南の一局なので、“交わし”は考えなくて良いでしょう。
 和了易さと打点を念頭において何を切るか…。難しいところです。

 なお、自分の捨て牌には 二萬 が捨ててあります。
 皆さんだったらどうしますか?



(南一局7巡目 西家 ドラ 七筒















ブログランキング グレー
 blogランキング  
 








設問

 下の三色とイッツーが見える手牌。
 
 何が正解というよりも、好みによって選択が分かれると思います。


 皆さんの回答と理由を聞かせて下さい。




(東一局 東家 6巡目 ドラ 一筒













ブログランキング グレー
 blogランキング  
 










設問

 
 親番の手牌。
 ドラは 三筒 です。

 345の三色が見える手であり、聴牌を取るとなるとあくまで仮テンということになりますが…。

 皆さんだったらどうしますか?



(東一局 東家 5巡目 ドラ 三筒













ブログランキング グレー
 blogランキング  
 













設問

 平和手のイーシャンテンに 一索 を引いたところです。

 関連牌は、 九萬 が3枚場に切れています。


 皆さんは何切りを選択しますか?



(東一局 北家 八巡目 ドラ 七索

















ブログランキング グレー
 blogランキング  




 








QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ
プロフィール


吉田光太

吉田光太

最高位戦日本プロ麻雀協会


池袋「麻雀ひろばキングダム」
に居ます
ホームページ
https://www.mahjong-kingdom.com/



<獲得タイトル>

第1期オータムチャンピオンシップ 優勝

第7回 野口恭一郎賞 受賞


bnr_kingdom200x200


















麻雀 ブログランキングへ







連絡先



bnr_asami





bnr_hanamura






bnr_nozoe





bnr_emori





bnr_hazuki





bnr_mikoto





bnr_hinata






bnr_ishii





bnr_sugawara





bnr_higuchi






アクセスランキング
アクセスランキング