プロ雀士吉田光太の横向き激闘記

最高位戦日本プロ麻雀協会 吉田光太のblog。

ピンツェリーグ

眼識(后

 
 最終戦南二局。
 持ち点は起家から以下の通りである。

土田 19700
水巻 18100
和田 25700
小林 36500



 土田が優勝する条件は水巻をラスにして素点で3万点差つけることである。
 しかし、その土田の最後の親番が落ちた。

 水巻からしたら最も捲られる可能性のある、最も怖い親番を落としたところだ。

 この親番はよほどの手が入らない限り静かに流し、オーラスの小林の親番を落とせば勝ちである。


 しかし、勝利を諦める訳がない土田から15巡目にリーチが入る。


(南二局 北家 ドラ 一筒


 四萬五萬一筒一筒四筒五筒六筒五索六索七索七索八索九索   リーチ



 土田の宣言牌は 二索
 それを受けた水巻の手はこうである。


 六萬六萬六萬七萬八萬四筒五筒三索三索四索四索五索白



 水巻が迷うことなくこの牌を喰った。


 六萬六萬六萬七萬八萬四筒五筒三索四索五索   二索横三索四索



 土田の一発を消し、いざというときに手牌を倒せるように自身も聴牌を入れた。
 現物牌のみを押し、土田のリーチが成就しなければおそらく手牌を伏せるだろう。

 
 この鳴きによって土田のリーチの結果が変わることはなかった。
 鳴きがあろうとなかろうと彼の和了牌は山に居なかった。
 その点では水巻の策は失敗ではない。

 しかし、この鳴きによってある男に海底を回してしまったのである。
 
 西家の小林は9巡目に訪れた聴牌を崩し、更なる高みに辿り着いていた。
 そして、勝負の綾によって回ってきた僅か一枚の海底牌で奇跡を見せた。



 四萬四萬九萬九萬九萬三筒三筒九索九索九索東東東   ツモ  三筒


 
 この一撃で小林は“水巻をラスにして6万点差”という難関を満たし、400点差での優勝を果たした。


 こうして半年に亘る激闘は幕を閉じた。
 土田との点差とポイント差を考えれば、水巻が鳴く必要があったのかは判らない。

 だが、土田が二回戦で見せた強烈な印象や、首位で立ち回るという水巻のその卓越したバランス感覚がゆえに足を使わせてしまったように私には映った。

 不幸な出来事であった。
 水巻の鳴きの是非は難しいところだ。


 しかし、この出来事に対してどう受け止めて、今後「麻雀のこういった部分にどう取り組んでいくか」が土田以外の私たちにとって最大の「テーマ」であると思う。



<第一期ピンツェリーグ 前期 最終結果>

小林 剛 +187.3
水巻 渉 +186.9
土田浩翔 +132.6
和田聡子   +3.3











ブログランキング グレー
 blogランキング  
 













 

眼識(検

 9本場――。

 鬼神の連荘を落としたのは小林だった。


(東四局9本場 北家 ドラ 二索


四萬六萬七萬八萬一筒二筒六筒七筒八筒二索二索二索四索


 この門前一向聴から上家の切った 六萬 をチー。
 場況と、先に仕掛けてテンパイを入れている和田への対応を含めた仕掛けである。

 この仕掛けに飛び込んだのが土田だ。


 五筒六筒六筒七筒七筒八筒二索二索二索四索   ロン  四索    六萬横七萬八萬


 こういった状態から素点を取りこぼす土田は非常に珍しい。
 それほど小林の鳴きがシャープだったということだろう。

 この放銃とその後の小林、水巻の冷静な対応が物を言い、土田は今ひとつ波に乗り切れない展開となった。


 続く三回戦は水巻トップの小林が二着。
 水巻に決勝点を献上した和田はここで脱落。

 四戦目は土田が執念でトップを捥ぎ取るも、小林二着、水巻三着と大勢を崩すには至らなかった。


 そして、迎えた最終戦。

 ここまでのポイントはこうなっている。


水巻 +230.6
土田 +161.1
小林 +110.0
和田  +8.4


 二着の土田ですらおよそ70p差。
 ウマが10-20のルールなので、自身のトップ条件プラス水巻の着順も落とさなければならない。
 水巻がほぼ目無しの和田よりも下に行くことは稀であるからかなり厳しい条件だ。


 水巻は私にとって業界の大先輩であり、公私共々気兼ねなく酒を酌み交わせる親友でもある。いつの日か白黒をつけねばならぬ好敵手であるが、私はその卓越した理論や雀力を尊敬している。


 実際、半期に亘るピンツェリーグを通して、水巻の立ち回りは見事だったと思う。
 今回も後ろで見る時間が長かったが、隙のない、崩れにくい麻雀を見せて頂いた。

 実際にミスと呼べるような局面は殆どなかった。
 しかし、最終戦の前に私には少し気になる局面があった。


 それは、三回戦に起こした仕掛けである。
 場のバランスを壊しかねない、いわゆる“軽い仕掛け”を三回ほど起こしたのだ。



 麻雀界には一流プロと若手の間に、2つの深遠なテーマがある。


 それは“目先の利だけを追った軽挙を咎める風潮”、そして“目に見えない感覚を表立って戦術に取り入れるかどうか”である。


 私はある意味、“デジタル”な打ち手だ。
 これは誰かの歓心を買う台詞ではなく、“絵合わせ”ながら年間にして6000回と言うストリートの戦いにおいてセオリーを大事にしなければ生き残れる術はない。

 強くなるために様々な思考に触れ、自分がよく判らない部分を突き詰めたいから目に見えないものを大事にしている


 水巻からしたらゴールが見えた時点で取りうる最善の選択なのかもしれない。
 これら三局の仕掛けは損得勘定でとらえたら“得”と言えなくもないだろう。

 そして、「水巻のこういった仕掛けがその後の展開に影響した」と言う気は毛頭ない。


 しかし、私がそのとき水巻の後ろで感じたのはゴールへ近づくという意識のみであり、局面が長引くことへの恐れを若干ながら感じたのである。

 確かにポイントで優位には立っている。
 そして水巻からしたらこういった仕掛けを否定される風潮を最も倦厭するだろう。
 実利をとって何が悪いのだと。


 しかし、“水巻渉”という人間はこれで最高位戦のAリーグを何十年も戦うつもりなのだろうか。
 彼は最高位戦を背負って立つ打ち手の一人である。

 本人が望むとも望まなくとも、“プロ”として水巻の麻雀を見せる義務がある。
 そして今後の長い勝利のために自らのスタイルを確立する時間や機会が必要であるはずだ。


 僭越ながら、損得や押し引きのバランス、優勝をするための戦術。全てをトータルで勘案して、そこまで優れた戦術には思えない。

 しかし、悪い戦術でもない。実際に局が落ちることや相手の優勝の種を潰すこともあるだろう。
 私が危惧したのは、その“恐れが招く一手”だった。



 そして、その危惧は最終戦に現実的なものとなり、一つのドラマを生じさせてしまった。







 lead to the next chapter...










 

ブログランキング グレー
 blogランキング  
 











 

眼識(掘

 6本場。
 今度はここから動いた。

 
(東四局6本場 東家 ドラ 二萬


五萬五萬二筒二筒七筒八筒九筒九筒八索西西發發



 下家の切った 西 をポンだという。 
 七対子の申し子のような男が一枚目のオタ風をポンだというのだ。

 そして、対面から切られた 九筒 にも飛びついた。


 五萬五萬二筒二筒七筒八筒發發       九筒九筒横九筒  西西西横


 七対子の一向聴からトイトイを目指すのは判らなくもないが、流石に残った部分がネックとなりすぎる。
 普通はそう考えるだろう。そう考えるのが正しい。


 だが、彼はここからホンイツに行くのである。


 五萬二筒二筒七筒八筒發發         九筒九筒横九筒  西西西横



 そして魔性の鳴きで引き込んだ次の自摸が 發 、間を空けずに 六筒 を静かに引き寄せる。


 二筒二筒七筒八筒發發發   ツモ  六筒       九筒九筒横九筒  西西西横



 7本場。
 完全に牌を飼い馴らしたようだ。

(東四局 東家 ドラ 八萬


 七萬一筒四筒五筒一索四索六索六索七索白白發中中


 という配牌を僅か8巡目でここまで仕上げた。


 六索六索七索七索八索八索白白白發      中横中中


 捨て牌にも隙は無く、2巡目に 一索 、7巡目に 四索 を置き、聴牌打牌となる最終手出しは 五筒 である。


 そして、次巡にはこんな形に変化を果たした。


 六索六索六索七索七索八索八索白白白     中横中中


 
 凄い男だ。
 本当に凄い男である。

 
 二巡後、安めながら直ぐに自摸和了る。


  六索六索六索七索七索八索八索白白白      ツモ  九索         中横中中



 この強烈な染め手三連発で土田の持ち点は74000点を越えた。
 順位点を含めると、首位の水巻に一気に肉薄することとなる。


 しかし、この半荘、そしてこの日の決勝戦は土田のイメージした思惑と異なる展開になった。







 lead to the next chapter...










 

ブログランキング グレー
 blogランキング  
 












眼識(供

 
 注目の緒戦は和田がトップで土田がラス。
 トータル4位の和田が先取点を挙げるが、トータル首位の水巻は固く二着に滑り込んでいる。

 和田のトップは展開が味方してのものであり、和田、水巻、小林の間に差は無いように見える。強いて言えば、水巻の繊細なバランスが光っていた。

 問題は土田である。
 はっきり言って手牌と場が全く噛み合っていない。
 
 短期決戦ではこういった齟齬をどこかで修復しにかからなければならない。
 そして、そのタイミング如何によってはその日の全てを壊しかねない。


 そんな状態で迎えた二戦目。
 またも鳴かず飛ばずだった土田が東ラスの親番で動いた。


 彼にしては珍しく形振り構わぬ聴牌や、小刻みな和了を重ねて足掻いたのである。
 相手のレベルが低ければ誰かが罠に嵌ったりミスを誘発することはあるが、そういった仕掛けに甘い対処をする面子ではない。

 そして状態の悪いときに動き、それを外したときの反動の怖さは誰よりも知っているはずだ。

 そうして向かえた東四局 5本場。
 再び土田が動いた。


(東四局5本場 東家 ドラ 三索

 一筒三筒四筒七筒七筒八筒九筒九萬西白白中中中


 四巡目、ここから小林の切った 九筒 を仕掛けたのである。


 一筒三筒四筒七筒西白白中中中   九筒横七筒八筒



 彼は別に特殊なマジックを使えるような打ち手ではない。
 そして、彼と私の間にあるのは打ち手としての客観的な情報や評価であり、麻雀に対してそれ以上の感情が入り込む余地はない。

 しかし、これは本手の仕掛けだ。
 私には、判る。


 11巡目――。
 小林の絶好の三面張リーチを掻い潜り、彼が大きな和了をものにした。


 三筒四筒北北中中中   ロン  二筒    白横白白 九筒横七筒八筒



 嗚呼、この人は…。
 どうしてくれようか…。


 溜息雑じりに感嘆の想いが溢れてくる。

 あまりにも大きなこの男を前に、私は不覚にも何度も麻雀の道を諦めそうになった。
 何度も畏怖し、何度もその強さに胸を躍らせれた。


 卓上の三者も土田の和了形と河に必死に視線を走らせている。
 そして言わずもがな、ここからは土田の時間である。





 lead to the next chapter...










 

ブログランキング グレー
 blogランキング  
 











眼識

 
 半年に亘って行われたピンツェリーグの決勝戦が開催された。

 決勝メンバーは水巻渉、小林剛、土田浩翔、和田聡子の四名で、持ち越しのポイントは以下の通りである。


水巻 +180.7
小林 +152.4
土田  +90.2
和田  +86.8



 決勝戦というのは4回乃至5回の半荘だけの戦いではない。

 そこに至るまでの予選であったり直近の調整であったり、その辺りの持って来かたも大きく物を言う。

 そして、言わずもがな、当日における体調とメンタルの管理。

 実は、戦いにおいて“体調”というのはさほど重要な要素ではない。
 これは麻雀だけに言えることではないが、本当に集中が出来ていれば過程に影響は出ないはずだ。

 むしろ手負いの方がつまらないミスは少なくなる。
 昨日、今日始めた選手ではないのだ。多少の悪条件でそこまでのブレが生じるはずはない。

 ブレが生じるのは“体調管理を怠った”という精神的な面に影響が出るからだ。


 対局前、各人の様子に目を走らせた。

 まずは現在トップを走る水巻。今年は發王を奪取し、Aリーグでも8連勝中と波に乗っている。
 だが、麻雀に対して驕りを持ったりポイントの庇護に肖るような男ではない。

 続いて小林。
 小林は表立って感情を顕にしないが、拘りや信念を強く持った男であることは誰もが知っている。
 予選でも早い仕掛けの後のクレバーな押し引きにポイント下位陣はだいぶヤラれていた感がある。

 “自分のスタイルを通して、勝利に最も近い道を探る”。

 この点において、ある意味では私と全く同じ打ち手としての人格を有している。

 そして、ピンツェリーグの発起人である土田。
 さも当然かのように決勝に残った土田だが、予選二節目以降の状態は決して良くなかったように思える。

 土田の麻雀の本質の一つに、「超打撃系の構えの裏に潜んでいる鉄壁の守備」がある。
 さすがに状態が悪いからといって見切りを誤ることはないだろうが(相手との実力差にも開きがあるので間合いも完璧に計れていたと思う)、土田本来の攻撃型の手牌が成就した回数は少なかったはずだ。

 常に自分と麻雀を試すように、常に私たちに何かを伝えるように、そんな姿勢が際立っていたと思う。

 最後に和田。
 予選を滑り込みで勝ち上がり、土田の前評判も高かった和田である。
 私は彼女の麻雀をまだあまりよく知らないが、恐らく勝つときは感性の赴くままに打って結果を残す試合が多いのではないだろうか。

 これは決して感覚派だということだけではなく、卓上での雰囲気がそちらの方が明らかに良いものになっていたからである。 


 決勝は五回戦の戦いである。
 無論、これは選手が戦う回数だ。

 今回の私は“外野”である。
 しかし、ただ単に観戦をしたり、記録を採るだけであれば打ち手でなくても出来る。
 
 この戦いを確かな目で見届け、己の糧とすることが出来れば、そこで得る経験は決勝に残った面子にも劣らない。











 lead to the next chapter...















ブログランキング グレー
 blogランキング  
 











舞台

 新たな領域に踏み込もうと、様々な試行錯誤を繰り返して戦い続けたピンツェリーグ予選最終節。

 2、2、1、2着で迎えた最終半荘。
 別卓の和田聡子プロとの着順勝負で競り負け、決勝へ進むことは出来なかった。


 結果に満足はできないが、納得はしている。
 全体を通して酷い放銃をいったい幾つ犯しただろうか。こんな麻雀を打った奴に決勝に残る資格はない。


 第一節目で近藤プロに一発で打った満貫。これは勝ち目の薄い三色聴牌で押した結果だった。
 そして次局に振った和田プロへの満貫。先行リーチを追っかけられての一気通貫であった。


 第二節で国士無双を放銃したばかりの土田プロへの門前ホンイツ。これは勝てると踏んだ三色含みのリーチの結果であったが、ドラが暗刻で12000の失点。
 そしてその次が悪かった。三者に攻め込まれてオリ打った福田プロへの親満。安易な対子落しがメンホン七対子の餌食となった。


 第三節では近藤プロに2900を放銃した次局、親リーに一枚切れのダブ東を切ったところ、これが裏三で18000の打ち込み。
 さらに、次局に連荘中の近藤プロに八巡目聴牌の門前ホンイツを放銃。
 最終の五回戦でも和田プロの門前ホンイツリーチに打ち込んで親満の失点。


 第四節も二半荘目に大きく箱を割るラス。
 水巻プロに8000オールを自摸らえた次局、土田プロの闇テン満貫に放銃。南場には手塚プロに満貫を放銃。
 最終半荘もオーラスの二着目から小林プロにリーチの2000点、五巡目のタンタオ隠れドラ暗刻の12000を打ってラス。


 第五節は初戦、近藤プロのリーチに満貫を放銃。 


 言い訳ではなく、今までと異なる読みや仕掛けを入れることによって押し引きのバランスを失っていた。そして街の勝負でも顕著に出ている通り、十年に一度の落ち目で、テキの当たり牌が集中する尋常ではないツキの無さでもあった。

 それでも稚拙で未熟の一言に尽きる。
 強者ならば、私の知るあの強者たちならば絶対にこんな麻雀にはならなかったはずだ。


 だが、勝負手を仕上げきったり、感性を活かした和了を創造できたりした局面も多々あった。そうでなければあれだけ打ち込んで浮いている訳はないのだが…。


 五年間、全てをフリーの戦いに捧げてきた。
 その後の四年、競技の門を叩き、各団体の精鋭や業界の猛者たちととことんやり合った。
 そして三年間、野に再び降り立って東風戦を飲み込もうと戦い続けた。


 そして、いま競技ルールで自分のベストのバランスを探すこと決めた。
 この試みが何年かかるかは判らない。


 ある程度納得できるもになるまでに三年から五年はかかるだろう。
 そしてそこからきっと何十年と破壊と創造、そして進化の繰り返しだ。


 常に迷い、悩み、戦い続けるはずだ。


 だが、その初陣となったこのピンツェリーグは私の中で掛け替えの無い舞台となっている。






---------------------------------------------------------------------------------------------


[ピンツェリーグ 第五節終了時 (25/30半荘)]

                              
        (今節)   (トータル)
水巻  渉     -39.5    +180.7
小林 剛     -8.1    +152.4
土田浩翔    −39.9      +90.2
和田聡子     +101.4     +86.8
吉田光太     +69.4      +32.6
福田 聡     +102.9      +29.2
手塚紗掬     -141.5     −299.1
近藤誠一    −44.7    −272.8


上位四名が決勝(第六節)へ進出


[次回 開催日時]


第6節(決勝戦) 8月28日(金)  14時00開始




[会場]

マーチャオ新宿店 4階室


*観戦は自由ですが、観戦のルールをお守り頂きます。
 また、会場が貸切ではないため充分なスペースがない場合があります。ご了承下さい。


---------------------------------------------------------------------------------------------






ブログランキング グレー
 blogランキング  
 











屹立(供

「ポン――」


 (南四局 7巡目 北家 ドラ 白


一萬二萬二萬七萬七萬一筒三筒七筒九筒二索四索白白



 私の意に反して、そう声が漏れてしまった。

 例え残る部分が悪形であろうが、満貫自摸でトップなので鳴くべきだと。するのが普通かもしれない。
 また、打ったらラスの危険を孕んでいる局面なのだから、一先ずドラを切り出してきた親の攻勢に備えるべきだという考え方もある。


 大切なのはその部分の是非ではない。
 この牌で動くのは自分の麻雀ではないし、頭も身体も動くことを否定している。

 この手が和了れるとしたら、二枚目のドラの在り処までに戦える形まで進めることが出来た場合のみだ。一枚目に声をかけるのは自分の麻雀ではない。

 一枚目をスルーして手が進まなかった場合は、退く。
 どうせ全員が前に出てくる最終局、声のかからなかった二枚目のドラを止める者は少ない。そのときだけ戦っても充分に勝機はある。


 自分に打ち克つことの出来ない私は思わず声を漏らしてしまった。
 ドラだから、満貫で逆転できるから。
 もしも、そういう御託を並べるのならば、今日までの私の麻雀は全てたまたまの産物ということになる。


 一つ失態を犯したらもう歯止めは利かない。
 絵合わせに入った私の聴牌打牌を小林プロにきっちり捕らえられた。



 一萬二萬二萬七筒九筒       七萬七萬横七萬 二筒横一筒三筒 白白白横



 次局、小林プロに早いドラ隠れ暗刻を打ち込み、ラスまで突き抜けた私は己の無力さに打ちひしがれた。


 
 ほんの少し、以前よりもほんの少しだけ麻雀が判ってきたせいで、思い通りに行かないときや負け目をみたときに大きな揺れを生じるようになった。

 良い麻雀が打てるときは強いが、街の勝負でもムラが生じ、成績に纏まりがない。
 正直、麻雀をやってきてこんなにも不甲斐ない日々を送っているのは初めてのことだ。


 辛いときや苦しいときはいつだって同じだ。
 歯を食い縛り、今までやってきたことを静かに反芻する。
 基本に忠実に、丁寧に己のフォームを取り戻すことを心掛けるのだ。


 どれだけ卓に着くのが怖くとも、絶対に逃げないし、卓上で項垂れることはしない。

 
 
 強い意志を持って卓に臨み続けるのみである。





---------------------------------------------------------------------------------------------


[ピンツェリーグ 第四節終了時 (20/30半荘)]

                              
        (今節)   (トータル)
水巻  渉     +109.6    +220.2
小林 剛     +138.1    +160.5
土田浩翔    −3.5      +130.1
和田聡子     +69.9     −14.6
吉田光太     -42.5      −36.8
福田 聡     -31.5      −73.7
手塚紗掬     -78.6     −157.6
近藤誠一    −161.5    −228.1



[次回 開催日時]

第5節 7月6日(月)  15時30開始

第6節(決勝戦) 8月28日(金)  14時00開始




[会場]

マーチャオ新宿店 4階室


*観戦は自由ですが、観戦のルールをお守り頂きます。
 また、会場が貸切ではないため充分なスペースがない場合があります。ご了承下さい。


---------------------------------------------------------------------------------------------






ブログランキング グレー
 blogランキング  
 











屹立

 牌の道で報われたい、何とかして次のステージに進みたい。
 そう考えれば考えるほど思い通りにならない結果に頭を悩ませ、さらなる迷走に迷い込んでしまう。

 こんなはずでは、という苦しい戦いと、身の回りに続く喜ばざる出来事によってここ二ヶ月ほど私はあまり良い状態ではなかった。 
 心と精神状態の“ぶれ”を誤魔化すため酒に逃げたり、無謀な押し引きの繰り返しだった。


 思わず、狼のように腹を空かせて強靭な意志で戦い続けた若い頃のことを思い出す。

 何も、持っていなかった。
 戦うことしかなかった。
 何かを手にするということはこんなにも人を弱くするのだろうか。

 私はあのときよりも格段に弱い。
 牌を握る以外の時間が増えた所為で、辛いこと以上に楽しいことがないと苦しみを乗り越えられなくなっている。



(南四局 7巡目 北家 ドラ 白


一萬二萬二萬七萬七萬一筒三筒七筒九筒二索四索白白



 とても大事な戦いの、大切なオーラスに訪れた手牌だ。
 トップの和田プロと満貫自摸で変わる二着目。
 後を追う水巻プロと小林プロも鼻差でつけている。


 七巡目、ラス親の小林プロが打ち出してきたのは初牌のドラだった。


 九索北西五萬九筒三索
 東白



 折り返し地点を過ぎたピンツェリーグの第四節。
 細かいミスを犯しながらも、ここまで2、4、1、3というぎりぎりの踏み止まりを見せていた。


 突如、打ち出されたドラ。
 私の積み重ねてきた想いや時間は、たった一つの白亜の牌で塵芥と化してしまった。









 lead to the next chapter...













ブログランキング グレー
 blogランキング  
 









佳境

 4月に開幕したピンツェリーグもいよいよ明日で第4節。
 第5節で上位四名を決定し、第6節が決勝戦となるので明日が山場となることは間違いない。

 前節は2、4、1着で迎えた四半荘目の東一局、自摸和了による攻勢に成功して53000点の爆発局を作ることが出来た。


 厳しい面子が相手だが、いま出切ることを精一杯ぶつけてこよう。

 

 6/15(月) 組み合わせ

 A卓  小林剛−福田聡−和田聡子−近藤誠一
 B卓  土田浩翔−水巻渉−吉田光太−手塚紗掬



 第5節、6節の日程が決まりましたのでお知らせいたします。
 観戦自由となっておりますので、少しの時間でも寄れるという方がいましたら是非観戦にいらして下さい。


 ・第5節 7月6日(月)  15時30開始

 ・第6節(決勝戦) 8月28日(金)  14時00開始




---------------------------------------------------------------------------------------------


[ピンツェリーグ 第三節終了時 (15/30半荘)]

                              
        (今節)   (トータル)
土田浩翔    −1.7    +133.6
水巻  渉     +40.7    +110.6
小林 剛     +17.1    +22.4
吉田光太     +49.2    +5.7
福田 聡     -31.1    −42.2
近藤誠一    −23.0    −66.6
手塚紗掬     +24.4    −79.0
和田聡子     −75.6    −84.5


[次回 開催日時]

第4節 6月15日(月)  15時30開始
*21時すぎまでの予定


[会場]

マーチャオ新宿店 4階室


*観戦は自由ですが、観戦のルールをお守り頂きます。
 また、会場が貸切ではないため充分なスペースがない場合があります。ご了承下さい。


---------------------------------------------------------------------------------------------








ブログランキング グレー
 blogランキング  
 






昇竜

 目先の利や数字を追うことだけを考えて打ってきた。
 その是非はともかく、その方法を選択せざるえなかったし、それで通用するような麻雀しか打ってこなかった。

 それでやってきた分、ちっぽけな自負や矜持がある。
 しかし、それだけでは本当のプロに成れないと悟ったいま、今までやってきた矜持のためにプライドを捨てることが出来る。

 時間がかかっても構わない。
 今は少しずつ何か“テーマ”を課して打つようにしている。


 この「ピンツェリーグ」を通して意識するようにしていることは“局に調和”するということだ。

 全ての物事には総則が存在し、各論から成り立っている。
 これは麻雀においても例外ではない。


 局に調和するために、行くべき牌を行き、退く局面は退く。
 しかし、言うは易しというやつで、まだまだ未熟な私は動かなければならない局で門前に固執したり、好調者、不調者を見極めた上で仕掛けを入れることが出来ない。

 総論のために各論が在り、各論を守れなければ総論は貫徹できない。


 今日は、目に見えるだけで4つのエラーを犯した。
 

(東四局 南家 ドラ 七萬


二萬三萬四萬五萬六萬七萬三筒三筒四筒二索二索四索六索   ツモ  三筒


ここから親の近藤プロの仕掛けに対し、 四筒 を打ったのだ。


 裏裏裏裏裏裏裏     五筒横五筒五筒 東東東横



 仕掛けた牌と手から出た牌で近藤プロの手牌の5枚は透けている。
 一筒 四筒 は残された受けの中で大本命とも言える牌だ。

 だが、前局に場イチの 東 で“リーチ・ドブ東・裏3”という手を放銃していた私は利いているはずがなかろう壁を頼りに甘い牌を打ってしまった。
 ましてや近藤プロの仕掛けに対して小林、水巻の両名が押していたのだ。

 場を壊した私は次局に近藤プロの早い門前ホンイツの闇テンに刺さり、半荘そのものを壊してしまった。



 完全に卓に調和するためには尋常ならざる集中力、そして無限の引き出しが必要となるだろう。
 だが、私の知る超一流の打ち手たちはおそらく皆その部分を最も大切にしている。


 簡単なことでないのは判っている。
 一年や二年の試行錯誤ではどうにもならないだろう。
 時間をかけて理解し、それを身につけ、さらに自分の麻雀に融合させなければならないのだ。


 場と完全に意識を共鳴させ、牌と人の流れを感じ取れるような打ち手を目指す。
 もしもいつか日の目を見ることが出来たならば、今までちっぽけな矜持に費やしてきた莫大な時間はきっとそのときの伸びしろとなるだろう。
 








ブログランキング グレー
 blogランキング  
 





---------------------------------------------------------------------------------------------


[ピンツェリーグ 第三節終了時 (15/30半荘)]

                              
        (今節)   (トータル)
土田浩翔    −1.7    +133.6
水巻  渉     +40.7    +110.6
小林 剛     +17.1    +22.4
吉田光太     +49.2    +5.7
福田 聡     -31.1    −42.2
近藤誠一    −23.0    −66.6
手塚紗掬     +24.4    −79.0
和田聡子     −75.6    −84.5


[次回 開催日時]

第4節 6月15日(月)  15時30開始


[会場]

マーチャオ新宿店 4階室


*観戦は自由ですが、観戦のルールをお守り頂きます。
 また、会場が貸切ではないため充分なスペースがない場合があります。ご了承下さい。


---------------------------------------------------------------------------------------------








QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ
プロフィール


吉田光太

吉田光太

最高位戦日本プロ麻雀協会



<獲得タイトル>

第1期オータムチャレンジカップ 優勝

第7回 野口恭一郎賞 受賞


bnr_kingdom200x200


















麻雀 ブログランキングへ







連絡先



bnr_asami





bnr_hanamura





bnr_yoshimoto





bnr_nozoe





bnr_emori





bnr_hazuki





bnr_mikoto





bnr_hinata





bnr_kuzi





bnr_ishii





bnr_sugawara





bnr_higuchi






アクセスランキング
アクセスランキング