2020年05月31日

えりあゆ、みっちゃん…総勢72名の豪華版!宝塚OGが歌う「すみれの花咲く頃」最終章


先月からたくさんの分野でアップされてるリモート動画。
宝塚OGさんからも数々発信されてますが、こちらも続編がアップされていました。

「すみれプロジェクト」がお送りする「すみれの花咲く頃」、PART4が公開

 

今回が最終章だそうです。
特別な登録も会費もいらず、YouTubeが視聴できる環境さえあればいつでもだれでも見られるというのが本当にうれしい。たくさんのOGさんに呼びかけ、動画をひとつにまとめる作業を思うと無料でいいのでしょうか・・・
医療従事者はじめ、この事態に心を痛めるすべての人に少しでも平穏をお届けしたい・・・という趣旨だからこそこの形なんでしょうね。安らぎどころか、懐かしいお顔を発見するたびに「あの人がいるわ!!」「元気でよかった!!」と喜びが湧きあがって軒並み体温上がっちゃうんだけども

まず登場はえりたん(壮一帆)!!
いつ見てもスッキリ
現役の頃はだいぶ頬が削げてシャープだったけど、今は少しふっくらしていい具合(本人比)
カラッと朗らかな雰囲気はそのままやね・・・
そしてみっちゃん(北翔海莉)!!
幸せイッパイな奥様がきたぁぁぁぁーーーーーーー
こちらもほっぺたがふわっとして、とってもやわらかい表情。髪も長くて男役だったのがウソみたい・・・と思ったけど、豊潤な歌声は健在!!
先日の「青い星の上で」動画でも感じたけど、上手い人は短いフレーズでも感動を与えられるものなのね・・・みっちゃんは今でもできる限りの鍛錬はしてそう。
そしてあゆっち(愛加あゆ)、みみちゃん(舞羽美海)、ゆきちゃん(仙名彩世)、かのちゃん(花乃まりあ)、あーちゃん(綺咲愛里)の、華やかな元トップ娘役たちが一堂に
娘役の歌声は清らかだな・・・
ここでもえりたんと並んで笑顔がはじけてそうなあゆっち、カワイイな
実はらんちゃん(蘭乃はな)も参加されてるのにここのくくりにはいなくて、何でだろ?と不思議に感じてたら、すみれ乃麗さんとツインズで出てるからなのね!!
ふたり並ぶとどっちがどっちやら迷うよ

それからいろいろな世代のスターさんが次から次と登場。
今回は割と最近の方たちが多くて、あまり変わってないような、でも男役さんはだいたい髪を伸ばしてるのでみんなキレイなお姉様になっててステキだなと感心したり
そんな中で現役時代と違わぬ、というかOGじゃないよね?とツッコミたくなるカイちゃん(七海ひろき)
フツーにみんなのカレシですよ・・・
カイちゃんの活動はこれからOGになる方たちの大きな指針になる気がしてるので、とても注目しています。とはいえカイちゃんの個性も大きいと思うので、唯一無二の方になるかもしれないけど・・・
他にもそのか(桐生園加)、さやかさん(美城れん)、せーこ(純矢ちとせ)、れみちゃん(白華れみ)、わかば(早乙女わかば)、まおさん(麻央侑希)、えみちゃん(乙羽映見)などなど、応援してた方たちの笑顔がたくさん!!
月組ファンとしては、もっくん(貴澄隼人)、ジョーくん(輝城みつる)、みくちゃん(花陽みく)、ゆめちゃん(愛風ゆめ)、ともくん(蒼矢朋季)の元気な姿を見られたこともうれしかったなぁー。もっくんはすっかり切れ長美人さんで、退団のご挨拶で言ってた通り、もう髭をつけることなんてないだろうね・・・(その必要はどこに?)
そして忘れちゃならない、サラリーマンたそ(天真みちる)!!!
ヅカオタの心理をわかりすぎるくらいわかってるSNSが最高なたそですが、最後に全員の動画が集まったところで出してきたのが赤いタンバリン
たそといえばタンバリン、タンバリンといえばたそ・・・?と、切っても切れないトレードマーク。短いリモート動画でもさすがのエンターテイナーぶり、さすがっす

たくさんたくさん集ったOGさん総勢72名、最終章は超豪華な合唱となりました。
画面はかなりの密集状態だけど、これはステキな密なので全然OKです
この美しい歌声に込められた願いが届いて、劇場の座席で耳のみならず全身で感動を味わえる日が早く来ますように・・・





にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
golden_kagalin at 22:22|PermalinkComments(0)宝塚語り 

第一歩は大劇場から~宝塚第108期生、入学式が6/5に決定


今日で5月も終わり。
今までにない新年度がはじまってから2か月になる頃に、宝塚の話題が出ていました。
宝塚音楽学校第108期生の入学式が、6月5日に行われることが決まったとか!!

バラエティー番組で受験性の密着レポをやってて、合格したあの方はどうしてるかな?なんて気になっていた方も多いのではないかと。
番組がなくても、タカラジェンヌへの第一歩がずっと踏み出せないまま待ち続けるのは心身ともに大変だっただろうなぁ。ようやく進み出すことが決まって、まずはよかった。

でもこれまでと同じような入学式とはいかないようで。







まず場所が、学校ではなく大劇場のロビー!!
れっきとした講堂があるのだけど、ソーシャルディスタンスを確保し勘気を行いやすい場所、となるともっと広い会場が必要ということなのですね。とはいえ今公演をしていない大劇場を使用するとは思わなかったなぁ。
来賓や保護者の人数の制限、校歌斉唱や本科生からの校章授与など恒例の式次第も変更されるようで、かなり異例な形になってしまうけれども・・・大劇場の中に入ることで、2年後にここに立つという具体的な目標を描くことができるのではないかとも思います。
そして学校生活もだいぶ変更がある模様。1週間びっちり芸事に励むスケジュールがまるまる2か月なかったのだから、それを短縮日程で取り返すのはなかなか大変そう。



年間スケジュールを見ると、本来なら恒例の「すみれ募金」いわゆるすみれ売りも終わってる頃。ここで未来のスターを発見する楽しみがファンにはあったのだろうけど、今やったら間違いなく密状態になるからこれは無理だろうなぁ・・・社会貢献なので、人が集わない形で行われるかもしれないけれど。
でも何たって授業!!
これから授業開始なので中間試験、前期試験も当然ずれ込むことになりそう。夏休みも短縮されるようだし、修学旅行も難しいのではないかと思われます。
本来の目的である「芸事を身に着ける」ことに集中する濃密な時間を過ごすのでしょう。一気に忙しい日々がはじまり戸惑いもあるかと思いますが、体に気をつけて頑張っていただきたいなぁ。無理はしないで・・・といっても頑張っちゃいそうだけど、今は特に体第一なのでね!!

第107期、本科生の始業式も2日からはじまるとのこと。こちらは最後の1年間だから、より気持ちもギュッと引き締まって挑むことになりそう。
あとは、この春初舞台を踏むはずだった第106期生の初日がいつになるのか?
それはつまり大劇場の幕がいつ上がるか・・・なのだけど、まだ発表はなし。
各方面で活動再開の動きも出ているので、近いうちに何らかの見通しが出るのではないか?と思っています。でも公演をするにはお稽古もあるし、状況を探りつつ変化があれば対応できるように、となると慎重になるのも理解できます。
議論になってる9月入学を106期生が、なんて話もささやかれてたりするけれど、なきにしもあらずかな?月組公演で初舞台の予定でロケットももうお稽古してたし、そこは前倒しはしないのでは・・・
まぁいずれわかることなので、ゆったりした気持ちでニュースを待ちたいと思います。
(と言いつつも気にしてる)

まずは音楽学校生の皆様が、元気に学校生活を送れますように!!









にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
golden_kagalin at 11:01|PermalinkComments(0)宝塚語り 

2020年05月30日

オンラインミーティングで見える素顔が新鮮!「宝塚プルミエール」OGリモート歌企画


今日は、WOWOW「宝塚プルミエール」最新回のファーストラン!!!

最新公演についてスターさんたちが自らお話したり、ちょっとしたゲームに挑戦したり・・・なんて姿が見られる、月に一度のお楽しみ
ただ4月から公演中止となっている宝塚なので、今語れる話題も語る場もないということで・・・
先月は「花組新トップスター・柚香光特集」と大体的に歌ってたけど、れいちゃん(柚香)コーナーは最初だけであとは「新花組生・永久輝せあ特集」だった件
新たな環境で頑張るひとこ(永久輝)の声を聞ける貴重な機会ではありつつも、看板的にはだいぶ苦しい編成になってたような気が?
今月も本来なら月組公演がメイン特集のはずでしたが、それは早々に諦めたプルミエールさんが急遽決めたのが「リモートでつなぐ歌企画!」
輝かしいOGさんに宝塚を愛する視聴者ファンのために、歌をお送りしてくれるというステキ企画
しかも歌だけじゃなくコーラス、そして楽器演奏までされるとか!!
いろんな盛んに行われているリモート動画、特に最近はOGさんが活発に動いている印象があります。エンタメ業界も等しくストップしているので、表現者として「発する」ことも求めながら、その根底には待っているファンに希望と楽しみを送りたい・・・という思いを持って動いて下さっている気がします。花園を卒業しても変わらない気持ちがうれしいな!!

(プルミエールネタバレあります)


今回のリモート歌企画に参加されたのは、わたる(湖月わたる)、きりやん(霧矢大夢)、そしてまぁ様(朝夏まなと)のお3人。
75期の元星組トップ、80期の元月組トップ、92期の元宙組トップ・・・と、組も世代も全く違う3人が集結という不思議
しいて言えば、宝塚90周年の時に各組二番手・三番手クラスのスターが別の組に出演する・・・という、かつての新専科制度をほうふつとさせる企画の時に、きりやんとまぁ様が花組で共演した、というくらいかな?最も既にスターだったきりやんと、有望株とはいえまだ研3のまぁ様に接触の機会があったとは思えないけども
ご自分たちでも由来のよくわからない顔触れに触れつつも、早速「ハンドベル隊」を名乗るあたりがフレキシブルなOGさんたち
そのハンドベル、ひとりあたり何と20本がご自宅に送られてきたとかで!!おうちのテーブルに並ぶ色とりどりのベルはなかなか見ることのない景色。今は手に持って鳴らすのではなく、立てた状態で上から叩いて音を響かせるスタイルらしい・・・そうだよね、じゃないと20本も持ち変えるの忙しすぎるもの
他にもドレミパイプなる長さの違う筒状のものも送られてきたようで。ドのバトンを腿とかで叩くとドの音が響くらしい。打楽器というくくりでいいのかしらね・・・WOWOWさん、やると決めたら有無言わせないな!!

今回の歌企画をお送りするにあたり打ち合わせも行われたのですが、もちろんこちらもリモート。その様子も歌の合間に見せてくれるのがすっごい新鮮!!
歌企画の動画は数あれど、この段階から見られることってまずないのでは!?昨日アップされたOGさんの「青い星の上で」合唱も、関わった方のSNSでエピソードが語られて、苦労がうかがえたことでより有難みが増したものでした。ハンドベル隊はさらに実際のやりとりを出しちゃってくれるのね!!
でもメンバー的にみんなカラッとサッパリした雰囲気があるので、こういうの見せちゃうことも特にいとわなさそう



(収録にあたってのエピソードを担当さんがチラッと明かしてくれています)

全体的には、わたるが進行していきながらまぁ様が時におちゃめに、時にステキな提案を入れきりやんが具体的な指示を出す、という感じでした。上級生らしくオープンに受け止めるわたるのおおらかさ、シャキシャキっとしたきりやんのプロフェッショナル感、屈託なく反応も速いというまぁ様の聡明さ・・・短い時間にそれぞれのパーソナリティが出ていて楽しかった!!
同時に、作品に向き合う時にはこんな感じで打ち合わせしてるのかな?なんて、普段知る機会のない貴重なところを見られたようでうれしくもありました。

歌は全部で4曲。
わたるは「ソウル・オブ・シバ」
曲の前に目を伏せて構える姿がもう男役!!
髪も伸びてすっかり女優さんなわたるだけど、やっぱりカッコイイな
弾むノリの曲に合わせて、夢色ステップを踏んでるようにリズミカルに歌ってて楽しそう。
きりやんは「ひとかけらの勇気」
大切な思い出の曲がここで来るとは!!泣けるーーー
(きりやんリスペクトのたまさま(珠城りょう)も、おうちで聴いてじんわりきてるんじゃないかしら・・・WOWOW契約してるかどうかは不明だけど、もし未加入でもこの企画を聞いたらソッコー契約してそうな気がしてる
きりやんの明朗で力強い歌声に、まぁ様の高音とわたるの低音のコーラスが重なってドラマティックな仕上がりに。楽曲のパワーもあるけど、さらに増大させられる歌い手の力が素晴らしい。
歌い終わった後のきりやんの、万感こもったような笑みは胸に迫るわ・・・
まぁ様は「HOT EYES!!」
ちょっと意外な選曲だけど、元気をつけるには最適なヤツかも??
大きな目をきらめかせるように流す振りをしながらホッタイ~ホッタイ~ホッタイ~と歌ってみたら、ポジティブさがどんどん上がってくるよう
まぁ様自身はちょっと覚えてないようなことを言ってたけど、一緒に流れた本公演映像を見るとだいたいカンペキ!!何だかんだいっても動き出すと思い出すのかも。情熱視線ビシバシ!も、最後の決めポーズとウィンクもバチッとキメるあたりは皆様さすがのトップスター様
そして4曲目は「王家に捧ぐ歌」
わたる、そしてまぁ様のお披露目公演の主題歌。ここでまさかのラダメス共演!!
きりやんはアムネリス様の立ち位置と言われ、端正なラダメス’sにはさまれて大層ご満悦のご様子
曲は平和への願いが込められた壮大なナンバー。「そんな世界をいつかきっと・・・」という歌詞が、あちこちでざわめいている今とてもしみるなぁ・・・
最後に両手を広げ、祈るように静かに目を閉じるわたるの姿はラダメスそのものでした。

合間にハンドベルの失敗や、きりやんの演奏中に愛犬ショーンくんが吠え出したりといったNG集、この期間の過ごし方として、マスクをつけてのお外ストレッチ(わたる)や愛犬とのお散歩(きりやん)の貴重な動画、大人塗り絵の乙女な仕上がり(まぁ様)なんかも見えて、スターさんたちも自分たちと同じように日々「生活」をしているのだな・・・と、ちょっと親近感も感じたりしました。
わたるは最後に手洗いまで!!鼻歌まじりにあらゆる方向から手を洗う姿はさりげなくもやっぱりカッコイイな・・・
ナレーションのさゆちゃんさん(紅ゆずる)も適度にツッコんだりしみじみかみしめたり、企画を支えてくれておりました。

来月も歌企画第2弾!だそうです。どなたが出演されるかまだ告知はないけれど、今回のように「どういうご縁??」と視聴者はもとより等のご本人たちも不思議がるような組み合わせかも??
でも一番大きな「タカラヅカ」という共通点があるので、きっといい化学反応が生まれると期待してます!!





にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
golden_kagalin at 21:24|PermalinkComments(0)宝塚語り