セーターの肩幅に萌え、卒業を見送る愛イッパイなコラムに潤む「歌劇」12月号気は優しくてお米好き~月組「夢現無双」先行画像キター!!!

2018年12月07日

組み合わせにときめくもタイトルがだいぶ気恥ずかしい「男役×男役(おとことおとこ)Ⅱ」発売情報


今日の雪組大劇場公演、たまさま(珠城りょう)が観劇されたとか!!!
しかも、さくらちゃん(美園さくら)と並んで着席されていたそう。
まぁ新しい相手役さんなので当然と言えば当然なんだけど、舞台で観るよりも早くたまさくコンビを拝めるなんてステキすぎるわタカラヅカ
しかも演目が「ファントム」なので、平日の昼間でももちろん超満員。なので休憩時間の客席は移動する人々でごった返すにも程がある感じだったと思われるのだけど、人の波に若干アタフタしてたさくらちゃんをたまさまが気にして振り返ったり、席に座る時も先に行かせたりとさりげなくも頼もしい紳士ぶりを公衆の面前で見せていたと聞いて
さすがたまさま、ナチュラルにカレシで旦那様
他組のジェンヌさんがいらしてる時に客席からいじったり絡んだりということも作品によってはあったりしますが、そこはやっぱり「ファントム」なのでね・・・
と思ったら、オペラ座の団員さんの叶ゆうりさんが歌うところで「最後のダンス」を歌ったらしく・・・!?!?!?
「ファントム」そんな砕けられる場面あったっけ?!?というハテナと、叶さんのいい声が聴けるなんてお得過ぎ!という羨望と、たぶん沸いたであろうたまさまはじめ月組の皆様を思い浮かべてホッコリとが交差して、遠隔地で勝手に脳内が忙しいことになっておりました
今日観劇のお客様いいなぁ、いいなぁー!!
もちろん「ファントム」観られるのもいいなぁーーー!!!(うらやみすぎ)
東京までまだまだまだまだ我慢だわ・・・

さて、公式さんに本日出た新製品リリース情報。

「CD『男役×男役Ⅱ-TAKARAZUKA-』発売のご案内」

男役かける男役!?!?!?

そんなタイトルのCDを前にキャトルレーヴで見たことあるような気がするが、ちゃんと手に取ったことなかったかも・・・
何か男役ペア萌えみたいな感じでえぇ~?と思った記憶もあったりなかったり
第二弾が出るということは、好評だったということなんでしょうね~。
果たして今回はどんなペアで行こうというのかしら??早速TCAさんサイトに見に行ってみた。

これで「男役×男役(おとことおとこ)」なのか・・・!!

製品名にもご丁寧にルビが振ってあるし、製品ページのタブにもちゃんとカッコ書きで読みが出てて手厚いったらありゃしない
読み方はわかったとして、正直何か恥ずかしくって口に出しては言いづらいなぁ
キャトルレーヴの店頭で予約するとなると、このタイトルを言わなきゃならない・・・でも言わないと伝わらないというジレンマに陥りそう
で、キャトルのお姉さんは「おとことおとこⅡをご予約ですね!」と明るく大きな声で復唱して下さってさらに赤面
店頭でお買い物すると割引になるという、友の会会員の特典があるがゆえの事態が各地で起こるかもしれない??そこまで気にしてるの自分だけかな

そんな感じでタイトルはアレだけど(しつこい)
企画コンセプトは「親友、敵、兄弟、仲間、ライバル・・・“男役×男役”の美学がクロスする名場面の楽曲を綴ったCD」だそうで。
男ではなく男役という、ある意味究極の虚構の存在を物語の中で息づかせるのは確かに美学といえるかも。どこまでも男であることを突き詰めながらも、でも女性が演じることで感じられる端正さだったりそこはかとない色気だったりも感じられて、不思議な感覚に陥ってしまう・・・
そんな男役の魅力とは??と考えるより先に、ただただステキで引きこまれて今日に至っております。
美しすぎる男役から~オレはもう抜け出せない~とトート閣下になり切って切なげに歌ってみる(無謀なチャレンジ)

今回の第二弾は、2013年から2018年までの作品のライブ音源から以下の選ばれし19曲が収録。


1   バベル 〔2014 『ラスト・タイクーン ―ハリウッドの帝王、不滅の愛―』〕
        蘭寿とむ・明日海りお
2   ルブラン ルパン2 〔2013 『ルパン ―ARSENE LUPIN―』〕 龍 真咲・北翔海莉
3   雷の焔中に生りて 〔2013 『若き日の唄は忘れじ』〕
             壮 一帆・早霧せいな・沙央くらま・彩凪 翔
4   変わりゆく世界 〔2015 『黒豹の如く』〕 柚希礼音・紅ゆずる
5   逝きし時の中で 〔2014 『白夜の誓い ―グスタフⅢ世、誇り高き王の戦い―』〕
             凰稀かなめ・緒月遠麻
6   宿命 〔2017 『邪馬台国の風』〕 明日海りお・芹香斗亜
7   自由と抑制Ⅱ〔2016 『激情』〕 珠城りょう・凪七瑠海
8   運命に生きよ〔2015 『星逢一夜』〕 早霧せいな・望海風斗
9   桜華に舞え〔2016 『桜華に舞え』〕 北翔海莉・紅ゆずる
10       最終答弁 Alle Fragen sind gestellt 〔2016 『エリザベート―愛と死の輪舞―』〕
           朝夏まなと・真風涼帆
11       紫に匂う花~恋の歌 〔2018 『あかねさす紫の花』〕 明日海りお・柚香 光
12       俺たちは負けない 〔2017 『All for One』〕 珠城りょう・美弥るりか
13       クロードとルイ 〔2017 『琥珀色の雨にぬれて』〕 望海風斗・彩凪 翔
14       栄光の日々 DAYS OF GLORY 〔2017 『THE SCARLET PIMPERNEL』〕
           紅ゆずる・礼 真琴
15       俺はスーパーマンじゃない 〔2016 『ヴァンパイア・サクセション』〕
           真風涼帆・愛月ひかる
16       ミルク Milch 〔2018 『エリザベート―愛と死の輪舞―』〕 珠城りょう・月城かなと
17       大胆にいこうぜ “L’audace” 〔2017 『ひかりふる路 ~
           革命家、マクシミリアン・ロベスピエール~』〕 望海風斗・彩風咲奈
18       お前は奴隷 〔2015 『王家に捧ぐ歌』〕 真風涼帆・澄輝さやと・蒼羽りく
19       Love and Hate(愛と憎しみ) 〔2014 『The Lost Glory ―美しき幻影―』〕
           轟 悠・柚希礼音

(TCA公式ホームページより)


美しく凛々しいオトコとオトコの並び

トップさんと二番手さんの組合せがほとんどで、やはりここはぶつかり合う感じが多いかな。遠慮なく個性が弾け合うような関係性、イイよね~!!
すべて本公演でなく全ツだったり別箱公演だったりも入ってるので、なかなか新鮮な組み合わせがセレクトされてるのもおもしろい。
ベニー(紅)は二番手時代の曲の方が多い。ファンの皆様的にはトップになってからの曲を・・・!と希望されるかもしれないけれど、曲自体はいい選曲な気がする!!
自分としてはみっちゃん(北翔)との「桜華に舞え」が入ってるのがウレシイ!!同じ志を持って高らかに歌う主題歌、すっごく好きだったなぁ~。
友情でつながっていたふたりが目指す理想の日本がいつしか違っていって、道が分かれ・・・でも最後の最後に友達として向かい合えたラストを思うとグッときてしまう。
みちべにコンビの時間は短かったけどとても濃かった。一部でも観ることができてよかったなぁと今でも思ってます。
逆に宙組は、まぁ様(朝夏)とまかぜ(真風)が最終答弁!!ひとりの女を巡ってふたりの男が対決する、まさにオトコとオトコのガチ場面
でもまぁまかといえば、全ツの「メランコリック・ジゴロ」も入れてほしかったぁぁぁぁーー
ひと組一曲だから選ぶしかないけれど、あのスラリとしたおふたりがつるんでるのが好きだったので・・・
まかぜとキキちゃん(芹香)の「天は赤い河のほとり」もセレクトしていただきたかった・・・アレもひとりの女の子をふたりが競うシチュエーションだったものね!!て、カイルとラムセスで歌う曲って何かあったかしら??(記憶が・・・)
そして雪組!!
男ふたりといえばの「凱旋門」がないなんて!!
ラストの抱擁は異国で生きながらえてきた男同士の、まさに友情の場面だったというのに・・・
でもこちらはふたりでいる場面はあっても、ふたりで歌う場面には覚えがなく
調べてみたらふたりをはじめとして大勢で「いのち」を歌っていたぐらいだった
だったら仕方ないね・・・
あと、「男役×男役」という字面の意味ではこれ以上の組合せはない!!と断言できる、だいもん(望海)のロベスピエールとあーさ(朝美絢)のサン=ジュストの曲があったらカンペキだったかと・・・
たまさまはカチャ(凪七)と、そしてみやちゃん(美弥)ときて、れいこちゃん(月城)と
最高にギラギラした「ミルク」はめっちゃ大好物だったけど、一番最近の「エリザベート」から来るとは思わんかったわ!!
ありがとうTCAさん
真正面からすさまじい眼力で挑んでくるたまトートと、触れたら危険すぎるれいこルキーニの最強なオトコふたりを思い返しながら聞きまくるわ!!







にほんブログ村

mixiチェック
golden_kagalin at 00:10│Comments(0)宝塚語り | 珠城語り

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
セーターの肩幅に萌え、卒業を見送る愛イッパイなコラムに潤む「歌劇」12月号気は優しくてお米好き~月組「夢現無双」先行画像キター!!!