94期OBさんが推す94期だけの「ミー&マイガール」配役、めっちゃわかるーー!!!客席も一緒に盛り上がれる予告!?月組「I AM FROM AUSTRIA」稽古場キャストボイスに思わず反応

2019年09月11日

れいこちゃんが挑む「劇画チックな役」が俄然気になる…!月組「I AM FROM AUSTRIA」齋藤先生インタビュー


昨日まで真夏の様相だった札幌も、今日は一気に例年通りの気温に戻りました。
大劇場が休演日だからって、こちらもテンション下げなくても・・・(関係ない)
まぁ9月の北海道で30度超えた週明けがイレギュラーだったわけで
しかし一気に涼しくなったもんで、今度は温度差にやられそう・・・
内地ではもうインフルエンザで学級閉鎖なんて話題もあるようなので、季節の変わり目は気をつけなきゃあね。

すっかり秋らしく肌寒かった本日、ヅカファンの体温を上げてくれるような記事が!!

月組大劇場公演「I AM FROM AUSTRIA-故郷は甘き調べ-(以下IAFA)」の演出家、齋藤吉正先生のインタビューがWEB記事に掲載されておりました。

ぴあ「宝塚がオーストリアの大ヒット作を日本初演!演出の齋藤吉正が語る」

演劇系サイトとはいえ、演出家の先生の記事が出るのはけっこう珍しいのでは?
公式さんの公演ページだったら「演出家が語る」というようなコーナーがあるけれども、外部ではなかなか見ることがないと思います。
スーツを着た先生のお顔が結構どデカく出ててちょっとビビるわ
これまでウィーン・ミュージカルといえば、重厚な楽曲が印象的な「エリザベート」のようなイメージがあったけれど、このIAFAは全くテイストが違ってポップでリズミカル。
プロモーション動画を見てもたくさんのダンサーがダイナミックに踊りまくる賑やかなぶりで、先生の言うようにブロードウェイ寄りかも。
曲もオーストリアでヒットした既存の曲がたくさんだそう。ミュージカルナンバーを集めたアルバムを聴いてみたけど、確かに自然に体が弾むようなキャッチ―な曲が詰まってました。ちなみにCDも発売になってますが、Amazonプライム会員だったら「Amazon Music」から聞くことができるみたいです(ちょっと宣伝)
タイトルにもなっている「I AM FROM AUSTRIA」という曲は「第二の国歌」とまで言われてるくらい、オーストリアではリスペクトされている曲。
オーストリアがたどった歴史のもろもろを背負いながらも、美しくも力強いメロディーが心に注いでくるとても印象的な曲ですが、その重みを抱えてきたオーストリアとは全く違う文化を持つ日本では、どうとらえられるのかなぁ・・・というのがずっと気になっていました。宝塚なので主役は男性で、トップコンビの恋模様はマストだけど、日本でなじむように他にも設定をいじったりするのかしら?
そのキーになるのが、齋藤先生が繰り返し口にしていた「故郷イコール家族」という言葉のよう。
自分のやり方で道を開きたいホテルの御曹司・ジョージと、ハリウッドで成功しながら己を見失いかけている女優のエマが出会い、やがて恋をし成長する中で、常にそこにある大切なものに気づいていく。それが家族であり故郷、という解釈なのかな。サブタイトルの「故郷は甘き調べ」は、先生が日本で、宝塚で描きたいテーマを形にしたのかも。
故郷はいつも腕を広げてあたたかく迎えてくれる・・・制作発表会で聞いた主題歌からはそんな懐の広さを感じました。オリジナルのショーアップされた華やかさを前面に打ち出してひたすら楽しいステージに仕立て上げることもアリだと思うけれど、もしかしてたまさま(珠城りょう)が持つ包容力とか心地よい体温とか、そういった持ち味を生かして故郷推しにしたのかな・・・?というのはいいように考えすぎかな
そんなたまさまのジョージとさくらちゃん(美園さくら)のエマについては制作発表会とかで語られてきたけれど、他の役についてはさっくりした人物紹介くらいしか出てなかったような?と思ってたら、チョロッと解説が出ていました。

主演コンビの他、怪我による休演から復帰した月城かなとが、エマのマネージャーで、ひとりで怒っては笑う、「ちょっと劇画チックな役」に挑み、鳳月杏が、倦怠期を迎えて妻から浮気を疑われるジョージの父を、海乃美月が、女社長で夫を尻に敷く気丈な母を演じる。そんなストーリーに絡むアルゼンチン代表のサッカー選手役は暁千星。個性的な登場人物たちが、若い男女の恋愛物語だけでなく、夫婦愛などさまざまな愛を描いていく。

劇画チック・・・!?!?!?

しかもひとりで怒っては笑うだと・・・!?!?!?!?!?

怒りアンド笑いというと、どうしても日本人は竹中直人さんみたいなヤツを想像してしまうのだけど、それでいいのかしら
ポスターでは明らかに企み顔で笑っているれいこちゃん(月城)・・・そうか!!このお顔で怒号を発するというわけか!?!?!?(決めつけ)
今回演じるリチャードはエマをさらに売り出そうと画策し、そのためにジョージとの恋を阻止しようとするようで、まぁ敵役になるのだろうな。エマのこともガッツリ監視してそうで、恋愛でさえスターとしてのステイタスの材料にしようとする。それなのに勝手にどこぞの御曹司とくっついたりなんてするなよ!!とキリキリしたり、ふたりの仲なんぞ簡単に引き裂いてやる!!と息巻いたりする様が「劇画チック」ということなのかしら・・・
「All for One」のベルナルドも100%ブラックな悪役と思いきや、実はけっこう思い込みの強いおとぼけさんだったりもしたので、この振り幅の大きそうな役をれいこちゃんで見られるのがとても楽しみ!!
ちなつ(鳳月杏)はパパ、うみちゃん(海乃美月)がママとジョージのご両親はたいそうスタイリッシュ
でもパパはお鬚を整え蝶ネクタイを品よく決めてても、エードラーホテルの社長はママだというシビアな実態・・・まぁ確かにママの方が切れ味はバツグンだもんね
しかもパパは浮気を疑われてしまうとか!?ダンディだしハンサムだし、何しろちなつなのでモテる要素はたっぷり詰まってるとはいえ、あのママを怒らせてはいけないのでは・・・
パパは開き直るのかなぁ、それとも何もしてない、潔白だ!!と必死に疑いを晴らそうとするのか?とにかくうみちゃんが強そうなので、何となく後者であってほしいと思ったり。ママの顔色をうかがうちなつパパとか、きっとカワイイやん

オリジナル版は役が少ないらしく、アンサンブルなどで役を増やしたりするそう。月組生は人数が少ないとはいえ、ひとつの舞台に70名近い出演者がいるというカンパニーは国内外見てもそんなにないことを思うと、たくさんの人を活かせる舞台にするための大事な改変。
さらには美術や衣装も全く違うとか!!
もう既にたまさまの衣装がチョコレートカラーのカジュアルスーツで、ウィーン版の紺ジャケットに白シャツとは全く違うもんね・・・しっかりした体格が映えて似合ってるけど、何であのデザインであの色にしたのかは気になるので、この先どこかで聞きたいもんです。
舞台演出は宝塚の伝統をフルに駆使しつつも、LEDとかも取り入れて見せるよう。舞台装置の転換は105年の歴史があるので、腕の見せ所ですね。
最後に齋藤先生自身について、お芝居とショーの両方を手掛ける数少ない演出家、と紹介されていました。これだけの大作をやるなら、今までだったら小池先生の出番かなと思っていたけどフタを開けたら齋藤先生。小池先生は劇団内外のお仕事で大変というのもありつつ、恐らくこの「両方を手掛ける」というのが一番の理由なのかな、と思いました。

「究極の便利屋になれたらいいなと。プロ野球で言ったら、エースではないけれど、ブルペンで肩を作っていつでも出られるようにしておくのが、宝塚のなかでの僕の役割だと思っているので、そのためにもいつも自己啓発しておきたいですね」

この公演でも、試合を勝利に導く最強のクローザーになってくれそうだ。

(ぴあオフィシャルサイトより)

便利屋というと、ファイターズ時代の谷元投手みたいな感じ!?
ロングリリーフもいとわないし、中継ぎでフル回転しながらも優勝試合のマウンドに立っていたこともある、まさに便利屋。先発も含めたオールラウンダーならホークスにいた攝津投手だけど「エースではないけれど・・・」というんだったらやっぱり谷元が一番近いような。
野球に例えられるとつい身を乗り出してしまう野球バカの習性(今年はファイターズも谷元もちょっと、イヤ、だいぶアレだけど・・・)

昨年の星組公演から台湾まで行った「Killer Rouge」、そして今年前半の「夢現無双」、宝塚初の花組横浜アリーナ公演「恋スルARENA」と、ずっと作品を手掛けている齋藤先生。スターさんもハードだけど、演出家の先生も続く人はコンスタントに登板してて、クリエイティブな部分でいうとインターバルなくて大丈夫かなぁ、と心配になったりもします。
でも制作発表会でも意欲的なお話をされていた齋藤先生なので、今はもうすべてを託す気持ちです。
「夢現無双」で月組を担当されたばかりなので、月組生の個性も把握されているだろうことはよい材料なのでは。トップ最下級生だけど既に貫録十分のたまさまと、伸び伸びと成長を続けるさくらちゃんを筆頭に、月組を最大限生かし切る作品に仕上げて下さってるはず!!と期待しています。
頼みまっせ、クローザー!!!!






にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村



mixiチェック
golden_kagalin at 23:10│Comments(2)月組 | 珠城語り

この記事へのコメント

1. Posted by osakan hot オバ   2019年09月12日 20:04
5
贔屓チーム🐯のあまりの不甲斐なさに、テレビ📺消しました😩

しかし既に、れいこたん(たん呼びしてます😍)と竹中直人、れいこたんと竹中直人、が脳内でぐるぐるぐちゃぐちゃ🌀してて何だか面白い気分になってます(笑)そして、最後には斎藤先生に期待という圧✊👊をじわじわとかけてしまうのでした🤓

今日は美弥るりかさんのバースデーという事で、たまさまからもおめでとう㊗️メッセージがあったのだろうなぁと勝手にほっこりしています💐🎂
2. Posted by かがーりん   2019年09月14日 02:31
osakan hot オバ様

自分のひいきは絶対負けない日だったので精神衛生上とても穏やかでした(試合のない日)
ごひいきチームの勝敗には一喜一憂しちゃいますね~。宝塚は愛を持って見られるのですが、野球は即叱咤激励になってしまうのが・・・

れいこたん(笑)がどんな敵役ぶりを見せてくれるか楽しみですね!!あんなに美形さんなのにひとりで笑って怒る起伏の激しい人になっちゃうのでしょうか・・・
れいこちゃんならやりきりそう!!

みやちゃんお誕生日でしたね~。
おめでたい日でもたまさまはゆるスタンプ送信なんでしょうか(カワイイ)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
94期OBさんが推す94期だけの「ミー&マイガール」配役、めっちゃわかるーー!!!客席も一緒に盛り上がれる予告!?月組「I AM FROM AUSTRIA」稽古場キャストボイスに思わず反応