仔羊ジョージ(172㎝・27歳)と個性的すぎる登場人物にワクワクする、月組稽古場情報笑顔の食聖と苦悩の帝王の輪舞~「TCA PRESS」10月号

2019年09月18日

来年もいてくれる確報!?2020年宝塚カレンダー掲載月にいろいろ思う


今日は大劇場も休演日なので何もないかと思ったら、意外な動きがありました。

2020年版『宝塚カレンダー』の各詳細が追加に・・・
掲載されるスターさんは既に出てまずひと盛り上がりがありましたが、今回はファンが一番気になる掲載月がいよいよ!!!!!

公式さんにはすべてのカレンダーについて出てますが、来年を見据える重要さという意味で、スターカレンダーとステージカレンダーを凝視したいと。

ドキドキドキドキ・・・・・・・・・


(1)宝塚スターカレンダー
◎発売日 11月15日(金)
◎規格 B2判/13枚(表紙とも)
◎価格 1,650円(税込)
◎掲載メンバー(計16名) ■下線は今回初登場者

[表紙]華優希舞空瞳
[1月]真風涼帆
[2月]礼真琴
[3月]真彩希帆
[4月]柚香光
[5月]愛月ひかる・美園さくら
[6月]轟悠
[7月]瀬戸かずや・星風まどか
[8月]望海風斗
[9月]月城かなと
[10月]芹香斗亜
[11月]彩風咲奈
[12月]珠城りょう



(4)宝塚ステージカレンダー
◎発売日 11月15日(金)
◎規格 A2判/13枚(表紙とも、リング式・両面仕様)
◎価格 1,650円(税込)
◎掲載メンバー(計28名) ■下線は今回初登場者
※[掲載頁]A面/B面

[表紙]永久輝せあ華優希瑠風輝舞空瞳
[1月]望海風斗/芹香斗亜
[2月]珠城りょう/愛月ひかる
[3月]凪七瑠海/彩風咲奈
[4月]礼真琴/轟悠
[5月]真彩希帆/柚香光
[6月]鳳月杏/星風まどか
[7月]美園さくら/彩凪翔
[8月]瀬央ゆりあ/桜木みなと
[9月]華形ひかる/朝美絢
[10月]真風涼帆/瀬戸かずや
[11月]月城かなと/和希そら
[12月]暁千星/水美舞斗


※専科の愛月ひかるは星組へ(2019年11月1日付)、花組の綺城ひか理は星組へ(同11月25日付)、雪組の永久輝せあは花組へ(同11月11日付)、星組の紫藤りゅうは宙組へ(同12月23日付)、それぞれ組替えいたします。

(宝塚歌劇ホームページより)

特にファンが気になるのはトップスターでしょう。
そのうち、花組と星組は新コンビが就任なので来年どうこうはまずないはず。
残る組は本公演主演4回以上と、そこそこの時間はたっている・・・
これまでご卒業されたスターさんはカレンダー掲載月より後に載っていたことがほぼないので、そういう気持ちで見てみました。

宙組はまかぜ(真風)がスタカレ1月、ステカレ10月。来年の本公演は1回で、その東京公演が8月までなのを思うとそれ以降もいてくれるのでは。来年は7月~8月にオリンピックがあるので、日本中がお祭りムード&厳戒態勢の時に宝塚で一大イベントはやらないと踏んでいます(警備を回せるほどの余裕はたぶんない・・・)
スターさんはカレンダー掲載月に主演をしている傾向もあるようなので、10月の宙組は何を?と見てみたら、博多座公演が!!
まかぜ再び九州凱旋か!!!
でもスタカレの10月はキキちゃん(芹香斗亜)なので、その線もなくはない・・・?以前にきりやん(霧矢大夢)が二番手で博多座主演したこともあるし、可能性はゼロではないかも。同時期にあるのがバウホール公演なので、この間にふわっと何か、ディナーショーみたいなのが浮上してくるかもしれないなんてことは・・・どうだろう・・・(小声)

雪組はだいもん(望海)がスタカレ8月、ステカレ1月。
来年後半の東京公演が9月~10月というのが何気にアレだけど・・・
来年研18と学年的には上の域になるけれど、今とてもイキオイあるだいもんと雪組なのでまだまだ動きは止めたくないのでは。
相手役のまあやちゃん(真彩)も娘役でただひとり単独掲載。これまでの活躍を思えば納得です。
年末に東西の大きなホールで公演もあるし、ここはトップコンビとさきな(彩風)だと思いたい。

そして自分が一番気になっていたたまさま(珠城)・・・スタカレが12月!!!!!

・・・こここ、これはつつつつまり、そういうしるしと思ってよろしいか!?!?!?

来年の月組は後半の大劇場公演が11月から12月に上演されるので、ここまでは現体制が続くということですね!!そうですね!?!?!?(念押し)
2016年9月にトップ就任してから今年でまる3年。来月初日を迎える「I AM FROM AUSTRIA」で本公演主演6作目となるたまさま。昨今のトップスター任期のひとつの指標である5作を過ぎて、ついついそういうこともよぎったりしていたけれど、どうやら来年いっぱいはたまさまの舞台を観ることができそう・・・
ただこの本公演が意味を持つものになるのか、9月の全国ツアーもたまさま主演なのか、それはまだ何とも・・・
二番手となるれいこちゃん(月城かなと)がスタカレ9月なので、ここいらでカンパニーの真ん中に立つこともあり得なくはない気が。宙組と同じく、もう一方がバウ公演なのでまだ見えないスケジュールが何かの拍子に姿を現すかもしれない・・・
ディナーショーよりお芝居が観たいな(ひとりごと)

来年の今頃はトップ5年目に突入するたまさま。
長くない?と思ってる方もいるであろうことは理解してます。
でも今研12と、学年的にはようやく中堅どころを過ぎようかという頃。これからさらに経験を積み、男役としてどんどん熟成していけるはずで、もしも15年目くらいになったらいったいどんな深みが出てきてるだろう・・・
観てみたい望みはすごくあるけれど、今の任期を思うと望みのままでしまい込むことになるのだろうとも思います。人よりも駆け足で行かなくてはならなかった宝塚人生、トップという位置も決して安住の地ではなく一層険しいものだけれど、ずっと壁を乗り越えてきたたまさまなので、15年は無理でもせめてその時まではご自分の男役像を突き詰めてってほしいし、見守ることをお許しいただきたい。
さくらちゃん(美園)とのコンビもはじまったばかりで、たまさまの広いフトコロで明るい魅力が出てきたのでさらに大きく開花するのも楽しみだし、今回から二番手となるれいこちゃんに少しでも二番手としての経験を積ませてあげてほしいというのもあります。たまさまの二番手期間は2作しかなくて、このポジションのおいしいところを味合わないまま来てしまって大変だったと思うので・・・

まだ見えぬ先のことに思いを馳せたら、ちょっと悲壮感が溢れてきた
本来カレンダーは、黙っていても美しいタカラジェンヌがさらに美しくドレスアップして微笑んでる
どの月をめくっても輝いてる・・・!!とときめきながら、日にちも曜日も見られるという、夢と実用を兼ね備えたステキアイテムであります。
そこんとこ勘違いしては(他ならぬ自分か
それに以前、スタカレの後半に掲載されたスターさんが掲載月よりも早く卒業されたこともあって「カレンダー絶対じゃないのか・・・!?」と驚いたこともありました(どなただったかが思い出せない・・・)
とても精巧ではあるけれど、あくまでも未来予想図の目安のひとつということで←ここまで騒いでおいて結論それ

あとのお楽しみは、どんなスタイルでどんなデザインで来るのか・・・?
お花やマリンアイテムなどがデコレイトされた華やかなポートの中で、ただひとり自分の座高並みのビル群に囲まれてリアル「ガリバー旅行記」だったたまさま・・・といったオチ的なのは来年はナシでね!!
(実はひそかに期待








にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

mixiチェック
golden_kagalin at 23:27│Comments(12)宝塚語り | 珠城語り

この記事へのコメント

1. Posted by たっくんまま   2019年09月19日 00:26
連続投稿になりますが。。。今日のニュース、これはなかなかに嬉しかった!かがーりん様の意見にはまるっと同意ですが、やっぱりファンとしては嬉しいです。ショーはあと2作は観たいですもの。あと、できれば全国ツアー、もう一度来て欲しいのですけども。。。(でもやっぱりここはれいこでしょうか?)。ただ一つ、困ったのは、12月、という事は大劇場公演月ですよね。それはやっぱり、あれ、ということも覚悟せざるを得ないわけで。すると、うちの愚息の受験(1月末です)と丸被りなわけです!!!どうしたらいいのやら。。そうなってもいいように2年前から準備させておきたかったのだけど、この夏、見事に親の想いをまる無視暴走に走ってくれた息子、今鞭をふるってますが、あと1年で仕上がるのか?!仕上がってくれないと、私、落ち着いて観劇できないんだけども!!!!(息子と珠様の比重、間違ってますよね。。。。)
2. Posted by みよ   2019年09月19日 12:18
1 たまきち人気最低なのに長期トップやるんですね。
恥ずかしくないんですかね?
こんな人気ないトップ初めて見ました。
グッズもいつも大量に余ってますよ。
チケットも売れてないですよね。
恥ずかしくないのかしらね?
3. Posted by かがーりん   2019年09月20日 01:14
たっくんまま様

あくまでもカレンダー、ひとつの商品なのでこれが人事を物語るなど!とは思いながらも、これまでの歴史を思うとやはり頼りにしてしまいますよね・・・
たまさま体制になってから月組は後半一本物でしかも意欲作がきているのはとてもありがたいですが、ショーでバリバリにキザったり気品ある黒燕尾を見せたり、デュエットで包容力を見せたりするところが観たいですね!!
(全ツは恐らくれいこちゃんだとは思いますし、北海道は春じゃないかとも予想しますが夢は捨てず願い続けます・・・)

息子さん、再来年はついに受験ですか!!
今から準備をしておかないといけないのですね・・・(ノンキだった15の自分と比較)たまさまの方がメインになっている気もしないでもないですが(汗)
来年あたりは周りも準備態勢に入ってくるかと思いますので、息子さんもそういう雰囲気に気づいてやる気を出す・・・のではないかと思ったり・・・

来年の今頃はどういう心境になっているかわかりませんが、悔いなきよう見守りたいですね!!
4. Posted by かがーりん   2019年09月20日 01:35
みよ様

こういった宝塚ブログを見に来られるくらいなので、みよ様にも恐らくごひいきのスターさんがおられるのだろうと思います。
特定のスターはなくても宝塚はお好きなのでしょうね。
仮にその方を〇〇さんとして、

〇〇は人気最低なのにずっと宝塚にいるんですね。
恥ずかしくないんですかね?
こんな人気ないジェンヌ初めて見ました。
○○グッズも出てるみたいだけど大量に余ってますよ。
○○さんの名前のチケットも売れてないですよね。
恥ずかしくないのかしらね?

ご自分のごひいきスターさんのことを面と向かって言われたら、どう感じますか?
言われても平気ですか?
言われるような人だからしょうがない、と割り切れますか?

不思議なものですが、自分が発した言葉、行動は必ず自身に返ってくるものです。
感じることはいろいろおありでしょうが、せっかく発するのでしたらご自分のごひいきさんのここが好き!!やこの作品がいい!!と心ときめくようなお話にいたしませんか。
私は珠城さんファンですが、同時に宝塚ファンです。
好きなものを好きだと言いたくてこのブログを記しています。
コメント下さるほどの熱量がおありでしたら、ぜひ楽しいお話を聞かせていただきたいです。
5. Posted by 通りすがりのファン   2019年09月20日 06:34
5 ががーりん様

初めてコメントさせて頂きます。
いつも楽しく読ませて頂いています。
私も宝塚が大好きです!珠城さんも応援しています!!
ががーりん様の、珠城さんについてはもちろん、宝塚歌劇全般への愛ある文章に毎回共感しておりました。

今回余りに酷いコメントを書き込まれた方がいたので、思わず出てきてしまいました。
こういう事を書き込む人は、心が満たされていない、心の貧しい、本当にかわいそうな人なんですよ。憐れんで、スルーするのが一番です。

そうはいっても、正攻法で語りかけていらっしゃるががーりん様に感服いたしましたが・・・ですが、ががーりん様がおっしゃっていることを理解できる人なら、わざわざあんなコメントを書き込まないでしょう、とも思ってしまって。

ががーりんさん、負けないで頑張ってくださいね!!!毎回ブログの更新を楽しみに待っていますから。私と同じように、このブログを楽しみにしている方はすごく多いと思いますよ。

「I AM FROM AUSTRIA」もうじき始まりますね。ものすごく楽しみです♪
6. Posted by たまさまが好きすぎる小市民   2019年09月20日 06:36
かがーりん様、たかがカレンダーされどカレンダー…とりあえず、来年いっぱいたま様の舞台を拝見出来そう(な可能性が高くて)で、私も嬉しいです。
退団の可能性は考えると悲しくなるので、今は純粋にそちらを喜びたいと思います😆

他人様のコメントにこんなことを言うのもアレですが…たま様について悪くいう方もいらっしゃいます。でも、それはどのジェンヌさんでも大なり小なり同じこと。でも、どのジェンヌさんにもファンはいて、心の拠り所にしている人もいます。それがトップスターなら顕著なことなんですよね…。
どのジェンヌさんも、肉体的にも精神的にも大変な思いをして、私たち宝塚ファンに夢を見せてくれています。そんなジェンヌさんたちに感謝しておりますので、ネガティブなことは口にしたくないと、いちファンとしては思います。
7. Posted by セカンドライフ   2019年09月20日 07:32
5 カレンダーの発表でほっとしています😊
そして研15は望めないとしても、せめて研14のりょうさんを観たいと願っています!
これまでもいろいろな役で魅せてくれましたが、まだまだ新たな面が見られそう😊
まずはIAFAと御園座を楽しみにしています🎵
8. Posted by かがーりん   2019年09月21日 01:05
通りすがりのファン様

いつもご覧いただきましてありがとうございます!!
そしてコメントまでいただきまして、ありがとうございます。

これまで好き勝手に書いてきた割には好意的なコメントをいただいてきたので、あたたかいなぁとありがたく感じておりましたが、ファンの数だけいろんな考えがあるのだというのを認識いたしました。
でもやはり、誰かを落として気持ちを晴らすよりも自分の好きなをもっともっと好きだと語る方が絶対に楽しいし幸せだと思うので、そういう思いをファンの皆様が持てたらいいなぁ・・・なんて思って記した次第です。

ご心配いただいた上にあたたかいお言葉!!嬉しい限りです。
これからもとろ火じゃなく、たぶん強火で珠城さん愛を沸騰させまくって暑苦しいかとは思いますが、お楽しみいただければ幸いです。

「I AM FROM AUSTRIA」、制作発表会だけでも大いに盛り上がっております・・・
きっと楽しく素晴らしい舞台になるでしょう!!
ワクワクしますね~!!
9. Posted by かがーりん   2019年09月21日 01:20
たまさまが好きすぎる小市民様

コメントありがとうございます!!

確定事項にしていいかわかりませんが、恐らくそうなのかなぁ…と思いながらこの情報を見ておりました。
いつかはその時が来るとして、来年どんなたまさまが観られるかに期待してようと思います。

お友だちが言っていたのですが、宝塚とフィギュアスケートは誹謗中傷が最も激しいそうです。熱心になるあまり、競う相手を憎らしく思うのかもしれません。
恐らくそういった声はご本人たちにも届いていて、それでも観客に楽しんでもらいたい・・・と全力を注ぐ姿には本当に頭が下がりますし、尊敬します。
身を削る思いで舞台を務められる皆様からたくさんの感動をいただくことに対して、ただただ感謝ですね!!
仰る通り、ネガティブなことよりも愛を持って今の時間を楽しみたいですね。
10. Posted by かがーりん   2019年09月21日 01:39
セカンドライフ様

いろいろ考えてしまいますが、たまさまが深めていくだろう男役としての味わいを楽しみにしていたいと思います。
それが少しでも長ければいいなと・・・
作品毎に新しいたまさまに出会うことができて、幸せですよね!!
IAFAは稽古場情報で既に盛り上がってます(カワイイ)
もちろん本公演も、そして全くテイストの違う来年の御園座公演も、見せるお顔は全部違うはずで期待がふくらみます。
楽しみが先にあるって、希望があっていいですよね!!
11. Posted by しらゆり   2019年09月21日 03:30
9月に月城さんということは全ツは月城さんでたまさくコンビは発表されていない箱で(舞浜みたいな)コンサートではないでしょうか。花組の舞浜が楽しかったので月組でもやって欲しいです。
2020年11月から2021年2月の公演でたまきさんも8作目で龍さんと同じ任期しかも公演中の12月…ここのところ3作、5作、8作、10作が切りのよい任期の様ですから覚悟が必要かもしれません。
でもれいこさんの主演回数がたりません。
2021年に月組100周年トップを務め、尊敬する明日海さんに続いて10作までいきそうですね。
12. Posted by かがーりん   2019年09月22日 01:40
しらゆり様

コメントありがとうございます。

9月の月組は全ツとバウがありますが、私もまだ出てない何かが出てくるような気がしております。今年の明日海さんの横アリも後から出ましたし、ちょっとすっきりしすぎてるスケジュールなので・・・
さすがにトップ4年目ともなるといろいろ意識しちゃう頃ですね。でもれいこちゃんには二番手経験をちゃんと積んでもらってから満を持して・・・という気持ちもあります。
月組100周年もそういえばありますね。名前を刻んでほしいけど、どうでしょう・・・
いずれにしてもいつかは来るその時、それまではめいっぱい今の珠城さんと月組を楽しみたいと思います。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
仔羊ジョージ(172㎝・27歳)と個性的すぎる登場人物にワクワクする、月組稽古場情報笑顔の食聖と苦悩の帝王の輪舞~「TCA PRESS」10月号