雪組日本青年館ホール公演「心中・恋の大和路」
初日おめでとうございます!!

本来は千秋楽だった今日が東京の初日となり、明日はもう千秋楽。わずか2日の東京公演となりましたが、無事に幕を開けられて本当によかったです。
早速カメラも数台入っていたそうで、撮れる時に映像とっとこうと動いてくれてるのもありがたい。宙組「カルト・ワイン」から学んだ教訓をしっかり生かしてて素晴らしい(ってか「カルト・ワイン」初日の映像ありますよね・・・?出しましょうよー?)

そして雪組心中組に続くように、花組東京宝塚劇場公演も再開が発表になりました!!



14日の15時30分公演から再開とのこと。
11日まで延びていた中止期間がひそかにまた延びてて何気にショックだけど、しばらく消えてた東宝劇場にやっと灯りがともるのはうれしいなぁー!!すぐに東京に行く予定はないのでその光景を観ることはできなくても、はじまると思うと何だか希望が湧いてくる・・・宝塚の効き目ってすごい!!新人公演の日程も11日から26日に変更となりました。お稽古期間が確保できなくて中止、という可能性も考えてたので、延期という決断をしてくれたことに感謝です。って上級生でも親御さんでもないけども
新公メンバーの成長機会であるのと同時に、本役さんにとっては自分が今向かい合ってる作品を客席から見られる貴重な機会の新人公演。翌日の本公演はけっこう変化があるそうなので、やっぱり大きな意義があるのよね・・・!!
再開、とても希望があっていい響きです。このまま続いていくと信じてる!!
(そして月組も15日から無事再開できますように・・・)

そんな具合に「再開」に沸いた今日、新たな情報がもうひとつ。
星組大劇場公演「ディミトリ~曙光に散る、紫の花~」「JUGEAR BEAT」のポスター画像がアップされました!!



せおっち(瀬央ゆりあ)がいる!!!!!

そしてありちゃん(暁千星)も・・・!!!!!

しかもふたりともお髭じゃあ~あ~りませんか
ちょっと待って、こんなに精悍で戦闘的でいいの??めちゃくちゃアガルんだけど!
せおっちはまとっている衣装のボリューム、装飾で位の高さがわかるし、マントを投げ上げるように翻している姿からは実戦に長けている感が伝わってくるよう。闘いこそが我が身我が国を繫栄に導く、という信条を基に自らの手で道を切り開いてきた確信と威厳がある・・・これは新しいせおっち!!
対するありちゃんも高位の人という感じで、百戦錬磨の将にも怯まず立ち向かっていく勇壮さが漂っていてカッコイイ・・・!!まさかこんなありちゃんを見られるとは思ってなかったので、今すごいハクハクしてる

ふたりの空中戦で紫の小花が無残に散らされる中、斜陽の国の頂点に立つ若き男女のなんとはかなげなこと・・・剣を構えるまこっちゃん(礼真琴)、天女のように優美ななこちゃん(舞空瞳)、このジョージアという国の未来は輝かしく思えそうなはずなのに何でだろうな?
まこっちゃんの表情に光がないというか、憂いを含んでいるように見えるからかなぁ・・・ジョージアの女王ルスダンがたどった歴史を思うとどうしても希望は見えないものね。
そんなルスダンへの愛ゆえにディミトリは剣を握り、彼女を守ろうとしているのかもしれないな。ポスターに記されたコピーの
「勇気とは、何か。」
はディミトリの生きざまだったりして・・・?
シンプルだけど力強い生田先生のコピーの意味を早く理解したい。

一部配役も発表になりました。


主な配役

ディミトリ      礼 真琴
ルスダン       舞空 瞳
ジャラルッディーン  瀬央 ゆりあ
アヴァク・ザカリアン 暁 千星

(宝塚歌劇ホームページより)


公演解説に出てた、ふたりの前に立ちはだかるジャラルッディーンはせおっちと聞いてポスターのビジュアルに納得
「亡国の王」だから、己以外に失うものは何もない。そういう人間が向かってくる闘いは恐ろしいだろうな・・・
ありちゃんのアヴァク・ザカリアンはジョージアの宰相の息子らしく、ディミトリが女王のもとからいなくなった後にルスダンが彼を頼る、という説があるようです。この設定が正しければ、ありちゃんが体を張ってせおっちと闘っているのはなこちゃんのため??(役名で言え)
恋なのか忠誠なのか、彼の動向も気になるわ・・・

ありちゃんが新たに加わり、ポスターの「主な出演者」に若手だと思ってた方たちの名前も載って、新たな星組が動き出すのが楽しみになってきました。
その前に全国ツアーとバウホール公演、予定通りに進みますように・・・!!







にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング