今日は月組の集合日ということで多少緊張はしていましたが、まさかこんな発表になろうとは・・・


月組 退団者のお知らせ

下記の生徒の退団発表がありましたのでお知らせいたします。

月組

光月 るう
千海 華蘭
朝霧 真
清華 蘭
結愛 かれん
花時 舞香
蘭世 惠翔

2023年4月30日(月組 東京宝塚劇場公演千秋楽)付で退団

朝雪 薫

2022年12月17日付で退団

(宝塚歌劇ホームページより)



月組にとって欠かせない方たちばかりがこんないっぺんに・・・!!
トップスター退団は組にとってひとつの時代の終わりというけれど、今回こそ月組が大きく変わる、そんな喪失感や不安が今すごく膨らんでいる・・・
だって組長のるみこさん(光月)がお辞めになるなんて、誰が想像するというの??
とてもさりげなくてアピール感は全くないのに、確かな太い柱となってどっしりと月組の舞台を担っている・・・るみこさんがいてくれることでこの組の芝居がグッと締まり、美しい中にもよりリアルな感情を味合わせてもらえた。そんな作品が今まで一体いくつあったことか・・・!!
「1789」のネッケル、「夢現無双」の沢庵、「桜嵐記」の老年正儀、「今夜、ロマンス劇場で」の本多、「グレート・ギャツビー」のウィルソン・・・
そして千秋楽には公演を全うする責任感がにじみつつも、観客への心遣いあふれる素晴らしいご挨拶を毎回聞かせて下さいました。特にコロナ禍の昨今は公演を行うことの覚悟をとても強く出ていて、今の宝塚の隆盛はこういう方たちの並々ならぬ自制と努力の賜物なのだとあらためて感じました。
「命がけで来てくださったお客様」と明るい笑顔で、でもしっかりと口にされてた事は忘れない・・・!!
それでいて役を外れると楽しいことが大好きでおちゃめで!!先日の全国ツアーご挨拶ではれーこ(月城かなと)にブラック・ジャックネタでいろいろ絡んでたようだけど、これがよき思い出となろうとはね・・・

からんちゃん(千海華蘭)も芝居の月組にはなくてはならない方で、きっと役職につかれるだろうと信じて疑わなかったので退団は本当に本当にショックです。発表になった以上言っても詮無いけど、辞めるのやめません・・・?
素顔はとても可愛らしい・・・と男役さんに言うのは失礼だとは思いますが、でもからんちゃんはその愛らしさからの役の幅がだだっ広くって!!少年から老年、善人から悪人まで、可愛らしい原型が全く残らないくらいに振り切って演じられるので毎回毎回「からんちゃんすごい・・・」という語彙力ない感想が出てくるという。
「Bandito」のスターン、「アーサー王伝説」のマーリン、「赤と黒」のヴァルノ、「ピガール狂騒曲」のロートレック、「桜嵐記」のジンベエ・・・あー全部好きだった、すごかった!!

ぎり(朝霧)は、自分的にはやはりたまきさん(珠城りょう)との舞台が印象的でなぁ・・・
「Eternità」での躍動ぶりが素敵だったし、「幽霊刑事」の今までにない古い体質の警察署長は新鮮だった。「桜嵐記」の死にざまもお見事だった。
でも一番印象にあるのは「鳳凰伝」の首切り役人かな!?顔を白く塗りドギツい化粧を施し、死をもたらす存在という異形感がハンパなかった・・・!!身長も高いのでとてもインパクトが強かったのなぁ。あのオソロシイ首切りがショーではハイレグでロケットやってて、タカラジェンヌってホントおもしろいし役者だよな!と感じたものでした。

あぁそしてかれんちゃん(結愛)!!!!!
あなたの最高にキレがよくって色気たっぷりのダンスを毎回毎回楽しみにしてたのよ・・・おめめが三日月みたいになる笑顔が可愛らしくって、でも踊り出すと一転して豊潤な甘い薫りを散らしてくるので、絡めとられるようにかれんちゃんを追ってしまう。お芝居のコロス役では黒装束に身を包みながらもそのシャープな身のこなしでかれんちゃんだとわかるので、やっぱり目が探してしまう。
一番は「Dream Chaser」のミロンガ、銀橋のダンスが最高でね!!ありちゃん(暁千星)にほどかれた腕を頭上にピーンと掲げた状態でクルッと一回転するフォルムが美しくって、あの瞬間はありちゃんには申し訳ないけど、わが視界は結愛かれんでイッパイでしたよ・・・
母と娘の自然な団欒の中にも優しさと切なさがにじむ「幽霊刑事」、保っていたプライドを崩され原点に立ち返った医師の心の動きに目を見張った「ブラック・ジャック」など、芝居もよかったのでこれからの活躍が楽しみでした。楽しみでしたのに!!!
らんぜ(蘭世)もできる人なので卒業は正直もったいないなぁ。低めの声でドスも効くので強い女も演じられる、娘役に強さも求められる月組にはぴったりだったのよ・・・
「エリザベート」の少年ルドルフの澄んだ歌声はインパクトあったし、「Anna Karenina」のいわくありげなMCもおしゃれで好きでした。娘役転向前の「夢現無双」では小悪党の非道さと小ささがうまくって、すごいなぁと感心しまくったものでした。「グレート・ギャツビー」新人公演のジョーダンもいろいろ経験してきたオトナの色気があって、ちょっとドキドキしたなぁ。
親御さんが有名人ゆえにそういう目で見られて損な面もあった気がするけど、いい役者さんですよホントに・・・!!

あちゃ(清華)は娘役だけど割と男前な印象で「夢現無双」の伊織も似合ってたし、「I AM FROM AUSTORIA」のウィーン市警の場面では誰よりもガッツリ開脚で腰を落としててカッコよかったの!!これまた毎回そのパートになるとあちゃをロックオンしていました。
まいかちゃん(花時)は「ON THE TOWN」でれなちゃん(妃純凛)演じるフロッシーに常識的なツッコミを鋭くされるお友達役が好きでした。「川霧の橋」のお銀のやさぐれ感は新たなまいかちゃんだったなぁ。
それから今日付けで退団される朝雪薫さん。
せっかく入って努力を続けてようやく踏んだ初舞台からわずか1年半でタカラジェンヌ人生を終えるのはもったいないけれど、休演中に考えることもあったのかな。
彼女の目に届くかわからないけれど、明日からの人生にたくさんの幸せがありますように。

来ては返す それが人生・・・
「グランドホテル」で歌われてるように宝塚もまさにそんな動きがあって、それでも新たな人たちが入ってその時その時にせいいっぱい輝きを見せる。だから宝塚はいつ観ても美しいんだと思います。
卒業という結論に向かうまで退団者の方たちにはそれぞれ巡らせた思いもたくさんあっただろうし、そんな中で鐘が鳴ったのだろうから、決まった以上はきちんとお見送りをしたい。チケット取らなきゃ・・・!!

いやぁーでも、今日はちょっと無理。
これだけの方たちがいなくなることが辛いし、この後の月組がどうなるのか考えられない。
今までがそうだったように次もどうにかなるに決まってるけど、今日だけはアカン!!泣く!!!






にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング