golden_peony

everyday, happy go lucky !

ケリーちゃんの「なんとかなるさ」ハッタリな毎日

25 3月

island burgers @四谷三丁目

IMG_0856IMG_0855IMG_0854
先日都心で講演会を聴きに行きたいと言っていた娘を送って行った際に「美味しいバーガーが食べたい」というリクエストに応えて寄ったお店です。新宿通り沿い、四谷三丁目にある「Island Burgers」です。フルーツパーラーフクナガのすぐ近くよ。
結構早目の時間に行きましたが本当にちょうど一席空いているぐらいでした。
色んな種類のバーガーがありますが、私はアヴォカドバーガー、夫はいろんなトッピングがまんべんなく入っているアイランドスペシャル?で、チーズ好きのマカロンはクアトロフォルマッジを使ったバーガーです。はちみつ添えられています。
シズル感抜群のジューシーなハンバーガーで美味しかった〜。
フレンチフライは多すぎず、日本人にちょうど良い量。フレンチフライの味は夫ごのみだったらしい。
飲物はセットにはならないので個別にオーダーしましたが、(夫はコーラ、マカロンはジンジャーエール、私はパイナップルジュースです)量はたっぷりです。
肌寒い日で、コンクリートの壁から冷気が漂ってきたけど、窓際の席にはひざ掛けも用意してあります。お店の外にも一席あって、ワンコ連れの方はそこで召し上がっていました。
小さなお店ですがお客さんが絶えなくて活気のあるお店でした。
20 3月

Bistro Bolero @中目黒

IMG_0858IMG_0859IMG_0860
連休中に友達と珍しく晩御飯。
前から行きたいお店リストに入っていた中目黒のBistro Boleroです。中目黒からちょっと歩きますがこのエリア、最近ご無沙汰でしたけど新しいお店もたくさん出来たね!そして駅から結構遠くても賑わってる!
先日このエリアに住んでるマカロンの同級生が我が家に来て、うちのあたりを「何もないね」と言っていたと聞きましたが、我が家の最寄り駅はホントに静かで鄙びてるのでなるほどこのギャップじゃそう言われても仕方ないと思ったよ。
お店は小さな一軒家で、結構急な階段を上がっていきます。(古い建物のようだから階段の角度も昔の建築法ってカンジ)
お店の中は薄暗く、かなりモダンな造りです。
食前酒に私は自家製サングリアをお願いしました。スッキリして美味しい。
コースとアラカルトどちらにしようか迷いましたが、アラカルトをお願いすることにしました。
前菜はフォアグラのテリーヌ(りんごのキャラメリゼ添え)と、フランス産の白アスパラと燻製にしんのソテーです。
アラカルトは前菜2品とメイン一品をシェアされると良いですよ、というアドバイスに従ってみましたが、葉物野菜も食べたいのでサラダもオーダー。
フォアグラのテリーヌはかなりズッシリ、ぎっしり詰まった感じ。パンにのせてりんごのキャラメリゼものっけて食べると美味しくて。
白アスパラとにしんのソテーは少ししょっぱかった。お酒をたくさん召し上がる方にはこれぐらいがいいのかな・・・。
そしてサラダも。キヌアと根菜などが葉物野菜と一緒に入ったヘルシーなサラダでした。


続きを読む »

19 3月

らぁめんや やしげる @経堂

IMG_0845IMG_0844
先日は久々に夫に付き合ってラーメン。経堂のすずらん通りにあるラーメン屋さんです。
すずらん通りも以前と比べてお店もかなり変わったので、変わらないお店があると嬉しくなります。
ビルの奥にあるラーメン屋さんですが、お一人でやっておられる小さなお店なので、入店まで15分ぐらい待ったかなぁ。
焦がし煮干しラーメンが有名なお店らしく、私はそれを。煮玉子付きで焦がし煮干しラーメンを選ぶと細麺の一択です。
夫は醤油ラーメンで手打ち風の平打ち麺。
チャーシューは少しレアなカンジの綺麗なピンク色でした。味はらぁめん小池に近い部分がありますね。長ねぎでなく、玉ねぎ使っているところも。
次から次への来るお客さんのオーダーを、お一人で全部賄っているのにちゃんと麺も一番良い状態で出てきました。和風の濃いお出汁で美味しいです。
夫の平打ち麺は口に入れるとピロピロと舌に当たる食感が面白くて美味しいです。
私の大好きな塩ラーメンもあるようなので次回は塩ラーメン食べてみようっと。


14 3月

La Vie Exquise

IMG_0843
我が家からは10分ぐらい歩くのですが、美味しいパン屋さんがあります。La Vie Exquise(ラ・ヴィ・エクスキーズ)というお店で、かなり不便な場所にあるんだけど、いつもお客さんで賑わっています。
店先に来ただけでパンの良い匂いがして、ウィンドウに並んでいるパンがとにかくおいしそうで、ついついあれこれと買いたくなってしまうのだ。
11 3月

墨繪のランチ @西新宿

IMG_0840IMG_0839IMG_0841
ネイルの前に寄ったのが新宿駅構内の名店街の中に入ってる墨繪(すみのえ)です。
私はあんまり街歩きぶらぶらが得意な方ではないので、この辺りほとんど毎日通ってるのに、「えっここだったのかお店!」って初めて知りました。
墨繪は昔から評判の良いお店だけど、いつもどこにあるんだろ?って思っていたのよね。
ネイルの予約までには1時間ちょっとと時間があったので余裕〜と思って寄ったのですが、こんな穴場な場所ですでにお店の前の椅子には先着3名ほどの方が・・・(私が待ちに加わった後も次から次から人が来た)
お店は決して広くないですがボックス席のほかに大きな2つの生け花が載った大テーブルを囲むように椅子が配置されており、お一人様客や少人数客が座れるようになっています。その中の一つに案内されました。足許にバッグなどを置ける箱も配置されていて、とにかく慌ただしい満席なのだけど接客の言葉も丁寧だし感じが良いの。
ランチはこの日は2種類のパスタランチ(すでに売切だった明太子ソースとミネストローネソース)、お肉ランチ(チキンの椎茸ソース)、お魚ランチ(白身魚の赤ワインソース)、全部そろったもの、と種類があるのですが、私はお魚ランチ。
ここのパンが美味しいと聞いていたのですが、ホントに予想を超えるおいしさでした。オリーブオイルがついてくるのですが、一口だけ味見・・・と思って手を出したらもう止まらない!禁断のおいしさでした。前菜は十字に仕切った器に盛られて来て、左上から小柱のサフランの薫るソース、お豆腐、お魚のミンチのタルタル、大根の胡麻ソースがけでした。どれも美味しいです。
ただ、メインが出てくるのが遅くて・・・入店前に待った時間は10分足らずだったと思うのだけど、前菜食べ終わってメインが来るまでは20分以上待ったかなぁ・・・2時半からのネイルの予約だったのに、(サロンまでは徒歩5分弱といったところ)2時15分を周ったころにやっとメインが来て、「ごめんなさい用事が迫ってるので5分後にコーヒーを持ってきてくださいますか?キリッ」とお願いして(ホントにきっちり5分後コーヒーとデザートのアーモンドアイスクリームをに持ってきてくださった)、一心不乱にお魚食べました。白身のお魚は鱈だったと思う。ポワレしたお魚に赤ワインのソースがかかっていて、お魚の下には美味しい蕎麦の実のリゾットが添えられています。
全部美味しかったから、もっとゆったり食べられる時間取ってたらもっと堪能できたろうな。
次回は学習してもっとゆったり時間考えて食べに来よう。
お一人様も心置きなく味わえるオイシイランチでした。今度パンも買いに来ちゃおうっと。
9 3月

昨日のネイル

IMG_0842
3週間チョイぶりのネイルです。寒の戻りで寒かったですが、そろそろ春っぽいネイルを・・・とグラデーションとベビーピンクのハート形のホログラムを利用した桜チックなネイル。
春が待ち遠しいです。鼻ムズムズするけど。
8 3月

読書メモ その135

-最近読んだ本-
・矢月秀作「狂犬」、・高田郁「あきない世傳金と銀−早瀬編」、「あきない世傳金と銀−奔流編」
「狂犬」は何でこの本の存在を知ったんだっけ・・・どこかのブックレビューでおススメされていたんだったか、何かで紹介されていたのか・・・うろ覚えなのですが、図書館で借りてみました。
「狂犬」と呼ばれる頭がキレッキレで危ないやつなんだけど冷徹で頭の良い刑事さんが主人公です。
悪行の限りを尽くす犯罪グループに妻子を殺され、彼らを追うことに命をかける刑事、そして亡くなった愛妻の、美しい妹は義理の兄への恋慕を胸に秘め・・・ってな、radio typicalな男性諸氏が好きそうな話の展開・・・&「大都会か西部警察か?!」ってなほど、悪党どもがサブマシンガンやら拳銃やら爆弾やらをドカンドカンと撃ちまくる撃ちまくる・・・。
ブックレビューは高いし、この作家さんのシリーズには固定ファンもいるようです。
映像化されたらそれなりに見ごたえのある絵面になるんでしょうか、でも私には合わなかったかな。
そして高田先生の続編。3巻目である「奔流編」は発売されたばかりなので、次が出るのは1年後とか???待つのが辛いなー。
けなげな主人公が、呉服屋の女衆として雇われますが、その美貌と聡さで御寮さんとしてあらゆる困難に立ち向かっていく細腕繁盛記的なお話です。いろんな場面で人生の機微を考えさせられるよ・・・。
7 3月

寒の戻りのふかふか肉まん

IMG_0838
本格的に花粉飛び始めて鼻ムズムズするのにさらに寒の戻りですよ。寒いなぁ・・・。
またまた娘のリクエストで肉まん作りました。結構久しぶり。
大した手間じゃないんだけどネ。
岩手純情豚の挽肉と国産たけのこ(水煮)、玉ねぎに北海道の干し帆立を戻したもの、オイスターソースとお醤油で味付けして全部で10個です。
蒸かしたてを待ち焦がれて家族でハフハフ食べたから、発酵の時に濡らしたリードクッキングペーパーがちょっとくっついちゃって無理やり剥がした跡がついてる比較的不細工なのしか写真に収められなかった(笑)。写真のよりも美しい仕上がりのものが多かったのに。キィ〜っ。
味はいつもながら美味しかった。
ハッキリ言って売っているどこのものよりもウマイかと(笑)。
本格的な春になる前にあと1度ぐらい作ってあげようかと思ってるんだけど機会あるかな?
干し帆立がもうストックがなくなってしまったので、次回は帆立の缶詰使ってみます。
5 3月

今週のお弁当

IMG_0819IMG_0821IMG_0823
IMG_0827IMG_0830IMG_0831
実質2年生最後のお弁当・・・と言っても良いのかしらん?月曜からは学年末テストで、テスト終了後は午前授業になるはずなので。
高校生活早いなー。
月曜日)ごはん+しそわかめ、豚バラ肉を厚切りではなくしゃぶしゃぶ用の薄いお肉を使って手抜きにした回鍋肉風キャベツ炒め、あじフライ(下高井戸の魚屋さん、三友で買った)、ふわふわオムレツ、ごぼう、にんじん、金胡麻のきんぴら
火曜日)とちぎ和牛のもも肉ステーキ丼、墨烏賊とセロリの塩炒め、里芋の味噌煮、プチトマト
水曜日)久しぶりのパンケーキ弁当。日本に帰国して初めてかも。っていうか、自分がパンケーキ弁当をかつてやっていたことをコロリと忘れていた。
マカロンに「最近パンケーキのお弁当全然作ってもらってないよ。作ってよ〜」と言われ「あああそんなモン作ってたね」と思い出したのだ。香港にいるとき、朝ごはんも炊いてなくておかずも思いつかなかった時に苦肉の策で作ったものが、なぜか学校で大ウケしたらしくマカロンは結構パンケーキ持ってくの好きだったのよね。
前の晩に自家製のパンケーキミックスを作っておきました。(全部無添加品で作れるし、ヴァニラビーンズもちゃんと鞘から取って混ぜておくのだ)
卵と牛乳で溶いたパンケーキミックスを焼いて、発酵バターとメイプルシロップをしっかり塗ってそれを4枚分。これまた前日から煮た白ワインとはちみつ、柚の酢で冷やしておいたあまおう、愛媛産キウイ、生のパイナップルで作ったマチェドニアと一緒に。
これ、よっぽど嬉しかったらしく、いつものように「今日のお弁当いかがでしたか」のLINEを送ったら、ピーグレットが大喜びしているスタンプが4つも送られてきた(笑)。
木曜日)親子丼(鶏もも肉、玉ねぎ、三つ葉、卵)でゴハンと具の間にもみのりを振ってます。
パイナップルと。
金曜日)おひなまつり弁当です。マカロン8時以降は食事をしないと最近決めているので、おひなさまの食事はお弁当にしてくれと言われまして。
スモークサーモン(材料塩だけでスモークしたもの)、大葉、三つ葉、錦糸卵と酢蓮のちらし寿司に、おかずは高野豆腐と国産筍(水煮の真空パックですが)、天然海老の炊き合わせ、はんぺんのバター焼き、鶏むね肉と生姜、長ねぎのつくね照り焼き、ズッキーニのマヨチーズ焼きです。
甘酒も作りましたのよ。ウチは炊飯器がないから発泡スチロールの箱に入れながら温度測って60度に保つべく温め直しを何度もして半日がかりですが。しっかり甘く、美味しく出来ました。
お弁当だっておひなまつりの日だと思って頑張ったのよ全部朝作ってさ〜。
でも、「今日のお弁当いかが?」の返信は、パンケーキの日と違ってピーグレット1個でした。チェッ。
週末だったので翌日には雛人形片付けました。行き遅れないように・・・プププ。
4 3月

根本の松花堂弁当 

IMG_0824
麹町の根本では予約ベースでランチの松花堂弁当(2500円)を受付けてくれています。
先日お仕事半日の時、友達と待ち合わせて松花堂ランチ。松花堂好きなのよ〜。
その上根本はオイシイごはんやさんなのでとても期待していました。十字に切られたお重で、左上からお造り(めばちまぐろと白身、八寸や焼き物色々(鮭の西京焼き、ひじきの煮物、ふきのとうともろみ味噌、小茄子の出汁漬け、ホタルイカ)、野菜の炊き合わせ、ごはん)にしじみたっぷりのおみおつけとお漬物の盛り合わせ。
・・・結論から言うと期待していたほどでもなかった。
鮭の西京焼きとか、炊き合わせこそ別々に煮て・・・ってことをしないけど、ほかのお品はウチでもしょっちゅう作ってるようなものばかりというか・・・おみおつけ以外全体的に冷めていてこのラインナップなら普通のランチ定食の方が全然美味しくて価値あるなぁと。
松花堂って、ウチでは食べられないような手間がかかる品々を少しずつ頂けるっていう楽しみがあるのに。心躍らないのよ残念ながら。
一番残念だったのはお漬物で、ぬか漬けとかチョットひどかった。残念でした。
1 3月

子供たちへのおもてなし

IMG_0814IMG_0815
学校がおやすみの平日、マカロンが「友達がロットちゃんに会いたいと言ってるからお家に呼ぶからごはん用意して」とのこと。
お昼ぐらいに集まってランチも一緒に食べたいと。
当然私に丸投げ状態ですわね。洋食にして、とかグラタンっぽいものが食べたい、とか色々リクエストがあったので、それを聞きながら準備しました。
メインはシェパーズパイ(っていうよりラム挽肉ではなく合いびき肉使用だったのでコッテージパイかな:玉ねぎ、セロリ、トマトでマッシュポテトはペコリーノロマーノをたっぷり加えてあります)で、食べる直前にオーブンで焼きなさいよ、と伝えておいた。
IMG_0816IMG_0818IMG_0817
スープは写真撮り忘れたけど鹿児島産かぼちゃのポタージュ、サラダは小エビと半熟卵、ロメインレタス、ブロッコリでドレッシングはゆず果汁とはちみつ、すりごま、昆布塩と関根のごま油で作りました。ブラックオリーブのフォカッチャと、デザートはピティヴィエ。
お友達は3人来て4人で食卓囲んだみたいなのでピティヴィエは半分は残るかな?と思っていたらキレイさっぱりなくなっていました。18僂梁腓なものだったのよ・・・売り切れたのは嬉しいけど、かなりのデブ活になったと思われます・・・ハハハ。
皆でロットちゃんを可愛がってくれたらすぃ。ロットちゃん心なしか満足そうでした。
26 2月

先週と今週のお弁当

IMG_0792IMG_0793IMG_0795
3学期は入試日やらなんやらでおやすみの日が多い娘の学校です。夫の分と3人分作ったり1人分だったり2人分だったり、毎日まちまち。
1枚目)パスタ(牡蠣と長ねぎ、マイクロトマトのスパゲティーニ。にんにくを効かせて仕上げに一味唐辛子を使ったペペロンチーニ風)、大きな紅ほっぺと。甘かった〜。
2枚目)ごはん+しその粉、ハンバーグ(合いびき肉と玉ねぎのみのつなぎなし)、タコと塩麹きのこのマリネ、ブロッコリ+トリュフ塩、鹿児島かぼちゃの煮物
3枚目)ツナと塩昆布の炊き込みご飯、焼いたチューリンガーソーセージ(ファインシュメッカーサイトウのものです)、カリフラワー+トリュフ塩、ちくわきゅうり、蓮根のきんぴら
IMG_0808IMG_0809
IMG_0810IMG_0811
4枚目)ごはん+しそわかめ、オムレツ、鯖の塩焼き、スナップエンドウの金胡麻醤油マヨネーズ和え、玉こんにゃくの煮物
5枚目)ごはん+しその粉、黒毛和牛薄切りとにら、たけのこのオイスターソース炒め、炙った魚河岸揚げ、ブロッコリ+トリュフ塩
6枚目)この日は夫だけのお弁当だった:ちりめん山椒ごはん、生鮭の塩麹+酒粕漬け焼き、ブロッコリ+トリュフ塩、にら玉
7枚目)サルタナレーズンを混ぜ込んだ自家製チャバタにカマンベールチーズ、レバーペーストを塗ってトーストして、無農薬ルッコラ、パセリ入り玉子サラダ、赤身ベーコン(レバーペーストとともにファインシュメッカーサイトウのもの)をはさんだサンドイッチ、愛媛のキウイと。
22 2月

ビストロ・ル・プティ・リュタン @下高井戸

IMG_0802IMG_0803IMG_0804
先日も旧友とご近所活動。いつもの足マッサージに行ってスッキリ!してからランチです。
私はとにかく先週調子が悪くてね〜、夫はインフルになるし、私もぎっくり腰に近い辛い腰痛と全身の倦怠感に苛まれておりましたので、遠出は出来ない・・・ってことで近所で会うことに。
とにかく移動を最低限に済ませたかったので、予約したのが洋菓子の老舗ノリエットに併設されたビストロ・ル・プティ・リュタンです。
以前はこのビストロだけ松蔭神社の近くにあったのよね。うちも何度かお伺いした記憶がありますが、確か数年で閉店されてしまったの。(人気もあったようなのに)
いつからケーキと併合されたのかはわからないんだけど、ノリエットのケーキも久々です。
入口はケーキ屋さんの横の階段をトントンと上がって行って、3階になるのかなぁ。こぢんまりした温かみのある店内。メニューは以前と比べたらぐッとチョイスが減りますが。
サラダまたはスープのチョイス、メインはグラタン、お肉などのプレート、またはガレットからのチョイスです。私はじゃがいものスープとシーフードのドリアにしました。
スープは美味しいけど若干塩気強め。サラダはシンプルなグリーンサラダですが、小さなキッシュがついてます。シーフードの入ったドリアは出来立てアツアツで、サフランライスにソースはアメリケーヌソースとベシャメルを混ぜたものなのかなぁ?スッゴクおいしくて、ドリアで「おいしい」って感じたの、初めてかも(笑)。+600円で食後の飲物にノリエットのケーキ(3種からチョイス)を選ぶことが出来ます。
私はフルーツのショートケーキ、友達はフランボワーズとバタークリームのケーキでしたが、どちらも美味しかったぁ。
ノリエットのケーキはもう10年以上食べてませんでしたが私好きだったのよね。(あまりにも老舗過ぎて忘れてた。ノリエットのシェフはオーボンヴュータンの河田シェフのところで修業した方です。私の好きな味です)そうだ近所にはここに美味しいケーキがあったんじゃん!とあらためて再発見でした。
17 2月

読書メモ その134

-最近読んだ本-
・奥田英朗「東京物語」、・高田郁「あきない世傳金と銀−源流編」、「出世花」、「蓮花の契り−出世花」
おそらく作者である奥田さんの世代を半私小説風に描いたと思われる作品でした。
大学を中退して小さな広告代理店(というか下請け)でコピーライターとして働き始める主人公。全体的に軽妙なトーンで進んでいきますが、登場人物がまた憎めないカンジで面白く読めました。
図書館でやっと回ってきた、「みをつくし料理帖」の著者である高田郁先生の新しい連載「あきない世傳金と銀」。読み始めたらこれまた素晴らしい物語で、この先が楽しみでなりません。
1巻目は図書館で借りたけど、「これは買いだな」と思って、ちょうど第3巻目が発売になったので、amazonで1巻から3巻まで購入。(どういうわけか2巻目が2冊カウントされててダブルで配送されちゃった)今後の展開が楽しみです。
そして高田作品ですぐ借りられるというので借りたのが、彼女のデビュー作らしい「出世花」シリーズです。(2巻完結です)
これもまた神聖で心洗われる物語でね・・・信心深くなわたしも思わず引き込まれてしまいました。
物語の最後は、私が望んでいたものと違ったけど、きっとこれが正解なんだろうな、って想像していたものになりました。
デビュー作でこれだけの名作を書ける高田先生はすごいです。
自分の信念にまっすぐに、ぶれずに頑張れる主人公がスゴイ。圧巻だし、私はやっぱりこういうお話の流れや主人公の物語が好きなんだねぇ。自分がダラダラのダメダメだから憬れるのであろうか・・・・。
15 2月

ファインシュメッカーサイトウ @桜新町

IMG_0790
以前友達がウチに来るときに買ってきてくれたファインシュメッカーサイトウのソーセージやハムが美味しかったので、家族でお伺いしてみました。
ハムとソーセージ類を扱うお店ですが、テーブルが置いてあって食事をすることも出来ます。小さな店内でオマケのようにテーブルとイスが(2人がけが4客かな)置いてあるだけなんだけどネ。
店主さんはとても感じの良い方で、気さくで落ち着ける店内です。
ちょうどお腹が空いていたので、席は2人がけのテーブル1個しか空いてなかったんだけど、そこに椅子1つ付け加えてもらってちんまり食べた。ランチセットは、パンかライスが選べますが、全員ブレッチェン、オニオンコンソメスープにレタス、ザウワークラウトはキャラウェイシード入りで薫りが良いです。スライスソーセージのマリネ、あと焼いたソーセージ(チューリンガー)じゃがいも入りのフライシュケーゼ、ステーキソーセージ、食後にコーヒーがつきます。
どれも食べ応え十分で、3人ともオイシイオイシイとニコニコしながら頂きました。
お店の中はドイツの道案内の看板とかが並んでて何とも懐かしい感じ。
小さなお店できちきちに座ってるのに、なぜか落ち着くのよ・・・ご店主のお人柄と雰囲気のせいかと。
お持ち帰りはヴァイスブルストとトスカーナ(焼きソーセージ用)、ベアラオホ(ニンニク風味のスライスソーセージで私が焼いたハーブとペカンの全粒粉のパンにはさんで頂きました)、ベーコン、レバーペーストを買って帰ったよ。
お商売上完全無添加は難しいけど(だから完全無添加は自宅消費で自分で作ってんの)、最低限の添加物で、つなぎなどは使わずに作っておられるそうです。
先日久しぶりに豪徳寺の富永精肉店に行ってヴァイスブルスト買ったんだけど、甘いゼンフ(マスタード)のことを尋ねたら「なぜ甘いマスタードじゃないといけないのか」というようなことを逆に聞かれてしまい、私の中ではヴァイスブルストに普通のマスタードは「ありえない」ので、息子さんに代替わりして(道幅狭すぎて車も停められないし)なんだか富永精肉店は行きにくくなっちゃったなぁと思ってたところだったので、これからはこちらでお買い物することにします(笑)
懐かしいドイツビールもたくさんあったの。前日は夫が風邪でビールは遠慮だったのですが、次回は飲ませてあげたいかな。フフフ。
Archives
Profile
ケリーちゃん
2007年9月末、便利でのどかで平和な東京世田谷から、眠らない街、香港にやってきました。
シンガポール、ドイツに続いて海外駐在は3カ国目になります。

食べることが大好きで、不味いものでお腹が一杯になるとちゃぶ台をひっくり返したくなります。
海のキレイなリゾートが大好き。
波の音とジリジリ太陽が心のオアシスです。
  • ライブドアブログ