golden_peony

everyday, happy go lucky !

ケリーちゃんの「なんとかなるさ」ハッタリな毎日

22 2月

ビストロ・ル・プティ・リュタン @下高井戸

IMG_0802IMG_0803IMG_0804
先日も旧友とご近所活動。いつもの足マッサージに行ってスッキリ!してからランチです。
私はとにかく先週調子が悪くてね〜、夫はインフルになるし、私もぎっくり腰に近い辛い腰痛と全身の倦怠感に苛まれておりましたので、遠出は出来ない・・・ってことで近所で会うことに。
とにかく移動を最低限に済ませたかったので、予約したのが洋菓子の老舗ノリエットに併設されたビストロ・ル・プティ・リュタンです。
以前はこのビストロだけ松蔭神社の近くにあったのよね。うちも何度かお伺いした記憶がありますが、確か数年で閉店されてしまったの。(人気もあったようなのに)
いつからケーキと併合されたのかはわからないんだけど、ノリエットのケーキも久々です。
入口はケーキ屋さんの横の階段をトントンと上がって行って、3階になるのかなぁ。こぢんまりした温かみのある店内。メニューは以前と比べたらぐッとチョイスが減りますが。
サラダまたはスープのチョイス、メインはグラタン、お肉などのプレート、またはガレットからのチョイスです。私はじゃがいものスープとシーフードのドリアにしました。
スープは美味しいけど若干塩気強め。サラダはシンプルなグリーンサラダですが、小さなキッシュがついてます。シーフードの入ったドリアは出来立てアツアツで、サフランライスにソースはアメリケーヌソースとベシャメルを混ぜたものなのかなぁ?スッゴクおいしくて、ドリアで「おいしい」って感じたの、初めてかも(笑)。+600円で食後の飲物にノリエットのケーキ(3種からチョイス)を選ぶことが出来ます。
私はフルーツのショートケーキ、友達はフランボワーズとバタークリームのケーキでしたが、どちらも美味しかったぁ。
ノリエットのケーキはもう10年以上食べてませんでしたが私好きだったのよね。(あまりにも老舗過ぎて忘れてた。ノリエットのシェフはオーボンヴュータンの河田シェフのところで修業した方です。私の好きな味です)そうだ近所にはここに美味しいケーキがあったんじゃん!とあらためて再発見でした。
17 2月

読書メモ その134

-最近読んだ本-
・奥田英朗「東京物語」、・高田郁「あきない世傳金と銀−源流編」、「出世花」、「蓮花の契り−出世花」
おそらく作者である奥田さんの世代を半私小説風に描いたと思われる作品でした。
大学を中退して小さな広告代理店(というか下請け)でコピーライターとして働き始める主人公。全体的に軽妙なトーンで進んでいきますが、登場人物がまた憎めないカンジで面白く読めました。
図書館でやっと回ってきた、「みをつくし料理帖」の著者である高田郁先生の新しい連載「あきない世傳金と銀」。読み始めたらこれまた素晴らしい物語で、この先が楽しみでなりません。
1巻目は図書館で借りたけど、「これは買いだな」と思って、ちょうど第3巻目が発売になったので、amazonで1巻から3巻まで購入。(どういうわけか2巻目が2冊カウントされててダブルで配送されちゃった)今後の展開が楽しみです。
そして高田作品ですぐ借りられるというので借りたのが、彼女のデビュー作らしい「出世花」シリーズです。(2巻完結です)
これもまた神聖で心洗われる物語でね・・・信心深くなわたしも思わず引き込まれてしまいました。
物語の最後は、私が望んでいたものと違ったけど、きっとこれが正解なんだろうな、って想像していたものになりました。
デビュー作でこれだけの名作を書ける高田先生はすごいです。
自分の信念にまっすぐに、ぶれずに頑張れる主人公がスゴイ。圧巻だし、私はやっぱりこういうお話の流れや主人公の物語が好きなんだねぇ。自分がダラダラのダメダメだから憬れるのであろうか・・・・。
15 2月

ファインシュメッカーサイトウ @桜新町

IMG_0790
以前友達がウチに来るときに買ってきてくれたファインシュメッカーサイトウのソーセージやハムが美味しかったので、家族でお伺いしてみました。
ハムとソーセージ類を扱うお店ですが、テーブルが置いてあって食事をすることも出来ます。小さな店内でオマケのようにテーブルとイスが(2人がけが4客かな)置いてあるだけなんだけどネ。
店主さんはとても感じの良い方で、気さくで落ち着ける店内です。
ちょうどお腹が空いていたので、席は2人がけのテーブル1個しか空いてなかったんだけど、そこに椅子1つ付け加えてもらってちんまり食べた。ランチセットは、パンかライスが選べますが、全員ブレッチェン、オニオンコンソメスープにレタス、ザウワークラウトはキャラウェイシード入りで薫りが良いです。スライスソーセージのマリネ、あと焼いたソーセージ(チューリンガー)じゃがいも入りのフライシュケーゼ、ステーキソーセージ、食後にコーヒーがつきます。
どれも食べ応え十分で、3人ともオイシイオイシイとニコニコしながら頂きました。
お店の中はドイツの道案内の看板とかが並んでて何とも懐かしい感じ。
小さなお店できちきちに座ってるのに、なぜか落ち着くのよ・・・ご店主のお人柄と雰囲気のせいかと。
お持ち帰りはヴァイスブルストとトスカーナ(焼きソーセージ用)、ベアラオホ(ニンニク風味のスライスソーセージで私が焼いたハーブとペカンの全粒粉のパンにはさんで頂きました)、ベーコン、レバーペーストを買って帰ったよ。
お商売上完全無添加は難しいけど(だから完全無添加は自宅消費で自分で作ってんの)、最低限の添加物で、つなぎなどは使わずに作っておられるそうです。
先日久しぶりに豪徳寺の富永精肉店に行ってヴァイスブルスト買ったんだけど、甘いゼンフ(マスタード)のことを尋ねたら「なぜ甘いマスタードじゃないといけないのか」というようなことを逆に聞かれてしまい、私の中ではヴァイスブルストに普通のマスタードは「ありえない」ので、息子さんに代替わりして(道幅狭すぎて車も停められないし)なんだか富永精肉店は行きにくくなっちゃったなぁと思ってたところだったので、これからはこちらでお買い物することにします(笑)
懐かしいドイツビールもたくさんあったの。前日は夫が風邪でビールは遠慮だったのですが、次回は飲ませてあげたいかな。フフフ。
14 2月

わかばの鯛焼き!!

IMG_0778IMG_0780
私は水曜日、基本的に半休を頂いているのですが(夕方仕事が立て込むことが多いので午後出社している)たまたまこの日は午後遅くに所用があり、朝通常通りに出社してお昼に早引け。
こんな時ぐらいしか鯛焼き買いに行けないんでないかい?!と思って寄ってみました。
東京(というか日本、と括っても間違いではないかと)三大鯛焼きのうちのひとつ、わかばです。(←HP初期の頃ってこんなだったな、っていう懐かしい感じのホームページです。)
私は麻布十番の浪花家が一番なじみ深くて、ほかは人形町の柳屋も四谷のわかばも未訪でした。
マカロンは鯛焼き大好きなんだよね。私は嫌いじゃないけど鯛焼きにはさほど思い入れなくて。我が家のワッフルメーカーにミニ鯛焼き型があるのがうれしいけど、鯛焼きだけは電器で焼いてもおいしくないの。
昼下がりの半端な時間だったから穴場の時間に違いないと思って気楽に出かけたら、なんと!!!行列出来てる。しかも結構長い!!!Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン
サラリーマンの人とかも並んでて・・・(仕事しろよ)結局順番回ってきたのが40分後でした。
でもね、待ってる間も焼いてるところ見られて楽しかった。ここは炭火焼でね、鯛焼きの生地の液が垂れてカピカピになった竈が時代を物語ってた(笑)。一匹ずつの型を炭火で裏表ひっくり返しながら焼いていて、炭火だから型からはみ出た分が黒く焦げるんだけど、それをカンカン!カンカン!ってこそげ落すの。時々灰がふわふわ~って舞うんだけど、それがイヤじゃないの。
みんなで食べる分をお持ち帰りにして、こんなに待ったんだから・・・と私は出来立てを「歩きながら食べて帰りまーす」とお伝えして一つ頂きました。
炭火ならではの外はカリカリ、中はアツアツのピカピカの餡がたっぷりでうんまかった〜〜〜〜。
冷えた鯛焼きもトースターで焼くとまた美味しく頂けてね、さすが三大鯛焼きだと思ったよ。
ここの鯛焼き、ホントに素晴らしい。
13 2月

先週のお弁当

IMG_0764IMG_0768
IMG_0769IMG_0782
イヤ〜〜先週は本当にいつもにも増してお弁当を作る気力がなくてさぁ〜〜〜、これぐらいしかまともに出来ることがないのに・・・ホントすみません、ってカンジです。〇| ̄|_
月曜日)無着色たらこのおにぎり、ユッケジャン(めずらしくアメリカ産のエイジングビーフ薄切り、長ねぎ、自家製キムチ、もやし、木綿豆腐)
火曜日)ごはん+しそわかめ、もち豚と玉ねぎのしょうが焼き、ブロッコリとゆで卵のサラダ、プチトマト、独活のきんぴら
水曜日)おにぎり2つ(たらこと自家製鮭フレーク)、に市販のフルーツヨーグルト
木曜日お弁当作りサボって金曜日)ごはん+しその粉、北海道産子持ち鰈の煮つけ、かぼちゃのオーブン焼き、三つ葉のオムレツ、プチトマト
12 2月

今日のネイル

IMG_0791
3週間ぶりのネイルです。今日は鼈甲風&ネイビーにパール+金のブリオン、グレージュとシルバーのフレームで。
次回は春らしいネイルにしようかなと思っています。
8 2月

美味しいランチ!季節料理根本 @麹町

IMG_0771IMG_0770
職場近くのランチです。前から来てみたかったの。和食のお店、季節料理 根本です。日テレ通りを市ヶ谷の方に向かってチョイと小道に入ると左手に大きな看板が見えます。
ランチは2時までで、お店に入ったのは1時15分近かったからすぐにカウンターに座れました。ピークの時間はサラリーマンの人たちでいっぱいで、待ったりすることもあるそうだ。でもカウンターあるし、女性のひとり客もいるから良い感じ♪
お昼時のメニューがどれも美味しそう!!
何を食べようか私に珍しく迷いに迷ったけど、「名物」と書かれていた鯖の味噌煮定食にしました。
カウンターの端っこには、半月盆にお箸、浅漬けの小鉢、小さな冷ややっこが数組ずつセットされていて、そこにごはんとお吸い物、お料理が出そろうと捌けていきます。
ごはんがたっぷり盛ってあったから「多い!」と思ったけど、ほんの少し硬めに炊けた美味しいご飯で、残すのが勿体なくて全部食べちゃった。何より鯖の味噌煮が美味しいです!骨までホロホロに口の中で崩れて、こっくりとした味付けで、でも身はちゃんとしっかり美味しいの。お吸い物も美味しかった。
カウンターの中では夜の仕込みなのか、ランチのお魚焼いたりする合間に別のお魚のウロコを取ったり(お魚を大きなビニール袋に入れてそこに手を入れてウロコを取ってたの!ああすればあちこちにウロコが飛ぶ心配もないし、ナイスアイデア!いただき!と思いましたよ)立派なお昆布を用意されたりしてました。
いや〜美味しかった!私毎週通うわ!とにかくランチメニュー全部制覇する!職場から歩いて5分くらいのところなのですが、もっと早く来ればよかった〜と思ったよ。
5 2月

先週のお弁当

IMG_0757IMG_0758
IMG_0759IMG_0760IMG_0762
先週のお弁当記録です。久しぶりに月曜から金曜までフルにお弁当。
月曜日)釜上げしらす丼。ごはんとしらすの間には、愛知の根深ねぎの緑の部分のバター炒めを敷いています。温玉添え。いちご(さちのか)と。
火曜日)ごはん+金胡麻、栃木の黒毛和牛のサイコロステーキ。もも肉部分。和牛はももでもサシが多いですな。いつものようにステーキ丼にしようと思ったら、歯の矯正中のマカロンは、今前歯が嚙み合わなくて嚙み切るのに難儀をするゆえ、サイコロ状にしてほしいと。(一口で口に放り込めて奥歯で嚙める)
すなっぷえんどうの胡麻醤油マヨネーズ和えと、フルーツトマト、青海苔入りオムレツ
水曜日)牡蠣と長ねぎのクリームパスタ、オレンジ(天草)
木曜日)にら玉炒飯、あんかけ風に食べるのに麻婆豆腐です。今回もお肉、花椒たっぷり。
大きなレーズンをペカンナッツを混ぜ込んだキャロットケーキを前日の晩に焼いたので、キャロットケーキは食後のおやつ。
金曜日)節分。夜はマカロン塾でごはんはお外なので、お弁当に恵方巻。愛知沖の穴子、青海苔入り出汁巻き玉子、かにかま、きゅうりを巻いています。お吸い物は今年はホンビノス貝のもの。最近オオゼキで見つけてね。これ、安くてホントに美味しいのよ〜〜〜千葉産のものですが、今、私の大のお気に入りです。別添えで三つ葉を食べる直前に入れられるようにしました。
・・・ところが。マカロンは「やっぱりハマグリとは違う」と。え〜〜〜ホンビノス貝で十二分に美味しいと思うんだけどなぁ・・・・・。
4 2月

人気店「ユリイカ」 @下北沢

IMG_0755IMG_0756
先日中目黒で友達3人でランチを食べようと思っていたら、そのうち一人がまさかのインフルエンザに。
予約していたお店はそのインフルエンザ友ご所望のお店だったので、それではといったんキャンセルし、残り2人でシモキタランチです。ランチの前に私のブラジリアンワックスの予約を入れていたので友達には申し訳ないがその近くにしてもらった(笑)。
今回ランチを食べたユリイカ、路地裏の隠れ家的な場所にあるお店ですが、ちょうど予約時間である12時にお店に着いたら皆さん開店を待っておられたようで列が出来ていました。入店順にメニューが配られ、オーダーも入店順に聞いて回っておられたらしい。
オーダーしたのは前菜、メイン、食後の飲物のコース。とびっこの乗ったかにサラダと、鴨のロティです。お肉食べ応えのある塊が2切れ載っていて結構ヴォリュームあった。全粒粉のパンがついてきますが私は我慢。
お肉がね、むね肉だったんだけど、しっとり柔らかくて火の通りも絶妙な加減でした。
このお店、実は前から夜行ってみたいと思って狙っていたお店だったの。ランチも悪くなかったし、お客さん大盛況で人気ぶりが伺えたけど、夜はかなりのお値打ちの予感がします。
近いうちに夜にお伺いしてみるつもりです!
31 1月

ル・プティ・マルシェで遅めランチ @六本木

IMG_0748IMG_0749IMG_0750
IMG_0751IMG_0752IMG_0753
マリーアントワネット展に思わず時間がかかって予約時間を変更する羽目になったランチです。前回はもう2年以上前に、家族で来た以来かなぁ、六本木通りから1本入った道にあるル・プチマルシェです。結局2時すぎちゃったからねぇ・・・でもここ、週末ランチは3時ラストオーダーだったと思う。かなり使い勝手が良いです。
あと、食べ放題チックなものは避けがちな我が家ですが、ここはパンが食べ放題。一口大にカットしてあるパンなので、比較的罪悪感薄く食べられる(笑)&いろんな種類のパンが選べて嬉しいのよね。
以前はパンにつけるカラフルで美味しいディップが出て来ていたけど、今はオリーブオイルのみになっているようです。それでも十分美味しいけどね。
週末ランチで前菜+メインがプリフィクスです。
前菜は私と夫は生牡蠣、マカロンは生ハムとフルーツのサラダです。
メインはマカロンはチキン、夫は豚のロースト、私はハンバーグです。付け合わせは全員一緒でしかも作り置きらしく冷たかった・・・のはちょっと残念でしたが、3人で8000円弱のお安さだったからね・・・お肉はアツアツだったから(これが冷たかったら暴れる)。デザートはまぁあってもなくてもいいかな、ってなモノでしたが、食後の飲物もついてやっぱり満足感はなかなか高いです。
30 1月

先週のお弁当

IMG_0736IMG_0737
IMG_0738IMG_0739

月曜日)ごはん+しそわかめ、紫カリフラワー、ブロッコリ+トリュフ塩、鯖の塩焼き、大根と鶏むね肉の煮物
火曜日)無着色たらこのおにぎり、鶏手羽元をチューリップにしたから揚げ、セリとおかかのおひたし、長芋焼き
水曜日)パスタ(にんにく、葉玉ねぎ、ルッコラ、たこ、マイクロトマトのペペロンチーノ)、オレンジ(天草)
木曜日、金曜日とマカロンは学校おやすみのためお弁当なし。
金曜日は夫だけお弁当で)黒毛和牛と玉ねぎの牛丼。(紅生姜も赤しそ酢で漬けた完全無添加自家製です)、大根の煮物、スナップえんどう+胡麻醤油マヨネーズ
29 1月

マリーアントワネット展行きました

IMG_0754IMG_0743IMG_0747六本木ヒルズの森美術館で開催されているマリーアントワネット展にやっと行けました。
5か月間という比較的長い開催の催しなので、「少し人混みが落ち着いてから」とかのんびり構えてたらもうあと1か月ほどで展示が終わってしまうことにフト気づき、お天気も良くちょうど用事もひと段落ついたこのタイミングで家族でGO!!
ところが、やっぱり混んでたよ・・・週末だしね・・・・森美術館は、事前にチケットを購入していても、必ず3階の受付に並んで当日券(紙モノの)に変更しないといけないシステムなのよね・・・そこから美術館行きのエレベーターに乗るまでに30分以上待ち、53Fの美術館フロアに上がった後もまた30分近く待ち・・・で、結局入場まで合計1時間ぐらい待ったかな。リフト乗り場のお姉さんにお尋ねしたところ、やはりいったん少し人出も落ち着いたものの、会期がまた残り少なくなった最近からまた混みだしたとのこと。思い切り私、ハズしてますやん、と思いました・・・。
音声ガイダンスは木村佳乃さんです。600円でお借り出来るので、ただ観るよりはと思い、マカロンが借りて周りました。中はさすがに豪華絢爛で見応えのあるものでした。(燭台とかタペストリーとか精緻ですごかった〜)写真撮影OKのエリアもあったりして。国と国との思惑のため、まだ子供だったのに家族と離れて知らない国に来て、誰も親身になって色々教えてくれる人がいなかったらああならざるを得なかったよな・・・と感じてしまったよ。昔の貴族と賤民の暮らしの隔たりって、どこの国であっても同じようなものがあったのでしょう。それにしてもやっぱり混んでいてじっくり観られなかった箇所多し・・・人気展に行くといつもこの調子・・・どうにかならないものか。
25 1月

読書メモ その133

-最近読んだ本-
・中島要「なでしこ日和−着物始末暦」、・奥田英朗「我が家のヒミツ」、・辻村深月「朝が来る」
着物始末暦もとうとうここまで来ました。まだ完結ではないようですが、主人公の余一とお糸ちゃんがようやく結ばれることになりそうです!!それに呉服問屋の息子、綾太郎もすっかり成長して、どんどん素敵な男性になって行って、微笑ましい限りです。
お糸ちゃんの親友のおみつは心根のまっすぐな、根は良い子なんだけれども、なんだろう、コンプレックスのせいなのか、時々卑屈なところがなんとも読んでいて切なかったです。
陰間出身で親の愛情を知らずに育った千吉も、過去には悪事に手を染めていた六さんも、だんだんこの町の善意に触れて人が変わってきているのも嬉しい。まだ続きがあるようですが、今後の展開が楽しみです。
「我が家のヒミツ」は図書館で結構待ったよ。
奥田作品の短編集で、私はどちらかというと本全般に関して短編よりは長編嗜好で、短編は、頭を使いたくない時に読むのが良いかな、って思ってる。
今は長編でも読める余裕があるので、「あ〜短編集なんだ」って思ったんだけど、これがなかなか良くて。
短編の短い物語の中に、人生がギュっと凝縮されてる、っていうか。
「そうそうこういうことってあるよね」「みんな大変なんだよね」っていちいち身に染みて、でも最後はおなかにあったかいお湯がほんのり流れていくような、優しい気持ちになれるお話が詰まっていました。
短編集なので構えずに読めるし、これはたくさんの人に読んでほしい作品です。
そして特別養子縁組を扱った「朝が来る」、アマゾンの書評では、本当にこの制度で養子縁組をされた当事者の方のレビューが複数載っていて、「テレビで取り上げられた内容そのまんま」とか「捉え方が浅すぎる」等ご批判もあったようですが、私はすごく考えさせられたし、読み応えあったと思います。
そして女の子を育てる母親として、本当に身につまされた。
子供がかわいいのはどの親も同じだけど、善悪と同時にこの世の中を生きる知恵や処世術も教えていくのも親の務めだな、って感じました。
23 1月

スパゲティながい @四ツ谷

IMG_0724IMG_0725
先日とある日のお外ランチ。前から機会があったら行きたいな〜と思っていた四ツ谷のスパゲティながいです。
若い頃よく食べていた、いわゆる「ハシヤ系列」ののれん分けスパゲティ屋さんらすぃ。
たらこいかパスタとか、なつかしいや。
ここは通し営業なのと、お昼時は上智の学生さんたちで混んでるかもね〜と思い、チョット遅れて1時半過ぎにお伺いしたら、ちょうど混雑が一段落したカンジ。カウンターに座りました。チョット古臭い(失礼)店内ですが、完全禁煙です。
食べ終わってもお昼休み時間ギリギリまでゆっくりしたかったので、サラダと飲物もオーダーします。
飲物はコーヒーがなくて瓶もののソフトドリンクだけなので、ジンジャーエール。(300円だったかな)そして小さなサラダも確か300円ぐらいだったはず。
パスタは悩んだ挙句、うにとイカのパスタにしました。塩雲丹を使ったパスタだけど、麺の湯で加減といい、生いかのからみ加減といい、絶妙なのよ。サラダもちゃんと食べ応えがあって、玉ねぎの効いたドレッシングも美味しい。
いわゆる「イタリアン」ではなく、美味しくてまっとうなスパゲティ屋さんです。おいしかったなー。
22 1月

昨日のネイル

IMG_0735
昨日北風吹きすさぶ中行ったネイルです。このサロンは4回目。
私のネイルサロン歴は長くてシンガポールに居た頃からなのでもう確実に20年以上になりますが、プライベートサロンとネイリストさんが比較的多く居るサロンと、半々ぐらい。
香港でも5年半の駐在の中、「ここ!」というサロンが見つからなくてネイルジプシー状態で、ネイルに関しては暗澹たる気分になったこと数多し。最後に銅鑼湾の「T-Nail」に落ち着いて、香港を離れるときはまた東京で見つけなくちゃいけないのか・・・と憂鬱だったなぁ。
結局中野に住んでいた3年間の間には、まったく問題なく3週間もつネイルサロンにはお目にかかれませんでした。
高円寺のサロンから野方のプライベートサロンに変えて、野方のサロンはネイリストさんもとっても良い方で、絵も上手に描いて下さるし、もちの悪い私のネイルを試行錯誤しながら仕上げて下さってましたが、不安なく3週間はなかなか過ごせなかったです。(香港のT-Nailと同じHarmony Gelを使っていたんだけどね〜)
その後、世田谷に戻ってきて(香港行く前住んでた家より2.5劼阿蕕に未砲覆襦飽越し前のネイルサロンはやっぱり少し遠いなぁ〜と近場で探してはみたけど、やっぱり3週間もたないしデザインのバラエティも少ないし、挙句の果てにグリーンネイルになって玉砕しました・・・。
結局今通っているのは西新宿。最初は「期待すまい・・・・」と思っていたけど、本当にストレスなく3週間以上過ごせます。3回通って、もう担当がどなたになっても大丈夫なんだな!って確信が持てました。ホントに良かった〜。
小田急ハルクの裏の「マウナケア」というお店ですが、何よりネイルのオフがスッゴク丁寧。
私は爪が薄いのですが、オフの時のやすりで「熱っ!痛っ!」って感じることが皆無です!
今までのサロンは、少し力を入れてストーンを外したりジェルを「・・・今少し強引に取ったよね?」って感じたところもあったけど、ここは何度もホイルで包みなおして決して無理に落とさない。ヤスリのタッチもとてもソフトです。だから「とにかく早く済ませて!」というクイック志向の方には向かないサロンだと思いますけど、私はここ、スゴク快適です。1時間半〜45分ぐらいでちゃんと終了するしね。今回はシルバーホワイトのグラデーションベース。安定の仕上がりです
Archives
Profile
ケリーちゃん
2007年9月末、便利でのどかで平和な東京世田谷から、眠らない街、香港にやってきました。
シンガポール、ドイツに続いて海外駐在は3カ国目になります。

食べることが大好きで、不味いものでお腹が一杯になるとちゃぶ台をひっくり返したくなります。
海のキレイなリゾートが大好き。
波の音とジリジリ太陽が心のオアシスです。
  • ライブドアブログ