golden_peony

everyday, happy go lucky !

ケリーちゃんの「なんとかなるさ」ハッタリな毎日

9 8月

弟夫婦と我が家で供養ディナー

IMG_3008IMG_3009IMG_3011
昨日は母の81回目のお誕生日でした。
葬儀の後は緊急事態宣言解除直後だったこともあって、食事もせずにそのまま解散だったし、納骨の時もゆっくり食事をする時間もなく・・・もともとかなりあっさりとした姉弟で、会わない時は10年近く連絡取ってない時もあったしなぁ。(2005年頃から10年近く、母経由で消息を聞いてた感じ;;;)
遺品整理等もあって折々連絡を取っているのですが、母の誕生日を一区切りで葬儀後に全く出来なかった食事ぐらいはするのが良いか・・・と弟夫婦を誘って晩御飯を食べました。
洋食系でと言うリクエストだったので、サラダ2種(無添加ベーコン、玉ねぎ、じゃがいものポテサラと、ブロッコリ、色んな色のプチトマト、胡瓜、ゆで卵、セロリ、ブラウンマッシュルーム入りのサラダで、ドレッシングは自家製塩麹とリンゴ酢、オリーブオイル、国産粒マスタードとはちみつ)、パンのグラタン(ラヴィエクスキーズのバゲットに、フレッシュモッツァレラ、グリュイエール、ジェラールのクリーミーウォッシュ、ゴルゴンゾーラピカンテ+生クリーム、オイルサーディーンソース)、パエリア(黄パプリカにズッキーニ、ホンビノス貝、エコシュリンプ、噴火湾のミニ帆立、地鶏胸肉)、オージービーフのローストビーフ(バターとお醤油、バルサミコ、はちみつ、ニンニクのソース)です。
ローストビーフは和牛で作ってあげようと思ってたのに、前日にスーパー行ったらなくってさー。
代わりにオーストラリア牛のもも肉が「今日限りの特別セール」と言って、100g100円台(188円とかだったと思ふ)という破格で売ってて、「まぁこれでいいか」と買って作ったんだったが、これが全然美味しくて。柔らかくて臭みもなく(時々オージービーフは匂いが気になる時がある)セール品のお肉上等ぉ〜〜〜!って快哉をあげたいぐらい美味しかったです(笑)。
娘がバイト先から(社長が買いためていたものや頂きものの)お酒をたくさん持ち帰ってきていたので、そっから赤のスパークリングワインと赤ワイン開けました。
弟の奥さんはお酒大好きで、夫とマカロン(弟は帰りも運転だし元来お酒弱いので飲まない)3人で2本空けた。(写真撮り忘れたので、今朝空き瓶撮りました)

続きを読む »

8 8月

とんかつ椿 @成城

IMG_2999IMG_3002IMG_3001
先日、娘が所用があって都心に出かけ、帰りは夜になるので(と言っても20時過ぎですが)車で迎えに行くことになり、その前に夫と2人で食べたとんかつです。
最近ずっと夫がとんかつ食べたい食べたいと言ってたの。椿は成城の住宅街にありますが、お店の前に駐車場が3台分あって停められるのでそれが嬉しいの。
夫は特撰リブロース、私はあけび(ヒレ)。夜は単品でご飯とおみおつけは別料金になります。
夫は中盛りごはん、私は少盛りごはんでおみおつけは2人ともミックス(お豆腐となめこの赤だし)です。リブロースは岩塩で食べてね、と岩塩を出して頂けるのですが、私もヒレの半分はお塩で食べた。
私は豚肉特有の豚臭さが苦手なのですが、ここのは全く気にならなくて本当に美味しいの。
安いか高いかと問われると高いとんかつなのですが、その価値はあるなと思ってしまいます。
夫にリブロース一切れもらったけど、これも美味しかったぁ〜〜。
6 8月

トラットリア ダ カンダで旧友とディナー

IMG_2990IMG_2992IMG_2991
実に5か月以上ぶりになりますが、近所に住む旧友と久しぶりに会って晩御飯を食べました。
私のまつ毛サロンの帰りに待ち合わせて芦花公園のトラットリア・ダ・カンダです。
入口ドアがコロナ感染予防で全面網戸になってた!
自粛中に一度おまかせのテイクアウトをお願いしたのよね。その時も美味しかったな〜。
最初は友達がスプマンテ、私は最初の1杯だけミモザ頂きました。
前菜は大好きなムール貝のワイン蒸し。ここのお店は何も言わなくても一品を人数分に盛り分けて出して下さいます。シェフおひとりで厨房もお給仕もやっているお店なんだけど、お客さんに取り分けさせれば楽なのに、すごいなぁ、って思う。
前菜2品目はこれまた大好きな鱧のフリットです。サクサクカリカリでお魚はふっくらと揚がっていて本当においしいの。フレッシュチーズが添えられていてサラダも甘酸っぱい下味がほんのりおいしい。付け合わせもちゃんと考えられているの。
私は2杯目からはバレンシアのオレンジジュースにして、友達は3杯目から白ワインに移行してました。
IMG_2993IMG_2994IMG_2995
それから白茄子のチーズ焼き。これも良く出来てたわ。チーズはパルミジャーノレッジャーノとスカモルツァを使っているようで、ナッツも散りばめられているから噛んでも楽しい。
パスタはアオリイカのイカ墨。ちょっぴり太目なスパゲティでもちもちのアルデンテ。イカ墨の旨味もたっぷり。メインはイトヨリの蒸し煮でした。こちらもしっかりウロコの処理がされていておいしかったなー。
最後に私はコーヒー頂いてごちそうさま。
メニューどれも良い感じのお店なのよね〜美味しいしさー。夫も娘もまだお店にお邪魔したことはないので、近々連れて行ってあげたいと思っています。
5 8月

シンチェリータのジェラート @阿佐ヶ谷

IMG_2984
週末、お蕎麦の帰りに自宅までのナビを入れたら、阿佐ヶ谷経由で帰るが良い、みたいなルートが出ました。
そこで、「阿佐ヶ谷寄るなら久しぶりにシンチェリータのジェラート食べたいなぁ」と言ってみましたところ、(正直満腹だったので反対されるかと思っていた)夫も娘も「アイスは別腹」と賛成してくれたので、中杉通り沿いのパーキングメーターに車を駐車して久々にシンチェリータに向かいました。
梅雨も明けて暑い日なので入店制限やっていたけれどすんなり入ることが出来たよ。でも周りにもお客さんでいっぱい。
ベンチはあるけど食べ終わったらすぐ立って出ていく、もしくは食べ歩きかお持ち帰りでお願いね、っていうスタンスです。
私はココナッツとピスタチオ、娘はウバティーと(赤く見えるけど)ブルーベリー、夫はネクタリンとカカオです。外のベンチに座って分けっこしながら食べました。
ここのアイスは厳選素材で本当に真面目に作ってあるから好き!フレーバーのチョイスも良し。
全部美味しかった〜。
3 8月

八月花形歌舞伎「連獅子」観ました @歌舞伎座

IMG_2987IMG_2988
いや〜半年以上ぶりの歌舞伎座です。感慨深いな〜。
特別会員の発売日に、うっきーさんが「第一部だったら3列目1席中央で空いてるよ」と教えて下さって買ってもらいました。
ホントは2部か3部(巳之助さんの棒しばりか猿之助さんの義経千本桜)が観たかったのですが、チケット全然取れなくて、結局戻りも取れなかった・・・残念。
二部三部の戻りを探している最中に、第一部で最前列に戻りが出たので、それを購入して娘に付き合ってもらいました。
筋書の販売もなく、シンプルな演目案内が無料で配られていました。飲食禁止なのでお弁当を選ぶ楽しみもなく、1時間ほどの短い幕間なしの公演なのでシンプルな演目でイヤホンガイドもありません。
とは言え、無事幕が開いて良かったよ。また中止になったらどうしようかと思っていました。
こんなに感染が全世界的に広がっていて、緊急事態宣言を出す直前より感染者数が増えてしまっています。でも、新規感染者がゼロになっても、たとえばその場所に人が移動すれば、また爆発的に増える可能性がある、人口密度が多い場所ではまた増える・・・と、この感染者数を無くすのは至難の業かと。
何度緊急事態宣言をしたって、人の行き来が戻ったらまたそこで感染が起きるのはほぼ間違いないのだもの。
だからこそ、大枚叩いて追跡アプリ作ったのなら、半強制的にダウンロードをさせるとか、感染対策に不十分なお店や人には罰則を課すとか、くだらないマスク業者との癒着やめて本当に国民に必要な対策にお金をかけてほしいわ。
暑い中マスクして歩くのにもウンザリだけど、もしかして私の寿命が来るまでこんな状態が続いたら、私の生活の質だだ下がりで外出の楽しみ半減だもんね。つらいよ〜私だけじゃなくてみんなそうだってわかってるけど、つらいよ〜。
今日拝見したのは第一部の「連獅子」。親獅子を愛之助さん、子獅子が壱郎さん、遍念僧侶を橋之助さん、蓮念僧侶を歌之助さんが務められました。
歌之助さん久しぶり〜。最近は学業を優先されていたのか、歌舞伎はお休みされているイメージがありましたが、今年大学に入学されたのかな?すっかりシュッとイケメンになった歌之助さん、声も良く通ってカッコ良かったです。(終演後にマカロンの前の席の親子?と思われるお客さんが「ひとりメッチャイケメンが出てたよね!もう一人(の僧侶役)と兄妹なんでしょ?全然似てないね(以下略)」と興奮して大きな声でお話されていたそうな。娘が「(ご当人だちの)親類でも居たらどうするんだろう・・・」って心配しちゃったらしい。)
1月の歌舞伎座では次男の福之助くんが蓮念をやっていたんだよね〜。(相方はオメッティ)こうやって色んなキャストで観るの、楽しいね。
愛之助さん壱太郎さんと言うと上方歌舞伎を踏襲される方々だと思います。
どんなかな〜と思っていたけれど、やっぱり愛之助さんは上手いね!器用な方だなぁ〜と思います。
昨日半沢直樹で黒崎さんの濃すぎる場面を観たばかりですけれど(半沢直樹も歌舞伎役者大活躍で観ていて本当にワクワクするよ。いっそのこと半沢直樹を時代背景変えて歌舞伎にしてくれたらいいのに!!って心底思うワ)、昨日の「証券取引等監視委員会事務局証券検査課統括検査官の黒崎ですっっ!!」から一転してのきりりとした親獅子役、とても勇ましかったです。
壱太郎さんも力演でした。毛ぶりのところでは、壱太郎さん目が大きいから、メッチャ上手の愛之助さんの動きを凝視されているのが見えて、途中から最後までピッタリと毛ぶりの動きが合ってたよ。
それにしても、幕が開いて鳴り物の方たちがみな目から下を覆う黒い前垂れ(アラブのニカブのような・・・)までされていたのには驚きでした。途中演者をサポートする黒子の人たちはフェイスシールドもつけていたし、最前列のお客さんにも「気になる方はフェイスシールドお渡しします」ってお札が出てた。
皆さん覆いがあるとは思えない素晴らしい演奏とお唄でしたけど、笛の人とかさぞや大変だったろうなぁ・・・って心底感嘆しましたよ。席も全て一席ずつ空きを設けているので、歌舞伎座も開演前とは思えないほど地下も入口前も人気がまばらで静かでした。
それでも開演前に橋之助さんのご挨拶が会場に流れた時、嬉しくて思わず涙が出そうになった。
幕を開けても大変なご苦労が続くでしょうけれど、それでも鳴り物の方たちも含め、演者さんは舞台を続けることに意義がある、お客はそれを心から楽しむ、まさにshow must go onだな、って思いました。行けて良かった!!!
また9月も行くぞ〜。
2 8月

玄蕎麦野中 

IMG_2979IMG_2980IMG_2981
母が5月の終わりに亡くなりまして、先週無事納骨が済みました。五十日祭を過ぎたら神道では一族を見守る神様になります。週末になる度に母の住まいの片付けに馳せ参じて、とにかく文書を全て取っておく人だったので自宅から電動シュレッダーまで持参してホント大変だった〜。片付けながら母の書付を見て笑ったりしながらやっと今日ある程度の書類の処分をして片付けの目途がついてきました。家族総出で頑張った甲斐があったよ。
・・・今日は作業を終えたらホントだったらにしむらでうな重買って帰るつもりだったの。
で、オーダーの電話しようと思ったら・・・今日土用丑の日じゃん!!!ひー。
土用丑の日はお客さん殺到して混むのでうなぎは断念して練馬の玄蕎麦野中に向かいました。
お店の外にまで行列が出来ていたけどガマンして待ったわ。30分近く待ったかなぁ・・・・
今日は夫がとろろ蕎麦&せいろ1枚(このお店では「大盛り」というお願いが出来ないのでせいろ1枚別オーダーになる)、お子様天丼、私は魚介天せいろ、マカロンは毎度の海老天とろろ、そして出汁巻玉子です。
大根おろしが乗った卵焼きは私が焼くのと違ってほんのり甘いの。
私の甘くない卵焼きに慣れているマカロンは甘い玉子焼きがあまり好きではないのですが、ここのはお出汁も良くて例外に好き。

続きを読む »

31 7月

六花亭 7月の「おやつやさん」

IMG_2967IMG_2969IMG_2970
大好きなんだけど、北海道以外に常設店舗の展開をしていない六花亭
去年の10月以来北海道にも行けてなくてまだまだ行けそうにないので、オンラインショッピングでお取り寄せしたりしてたのですが、先日たまたま我が家に来た六花亭からのご案内メールに「7月に道外にも「おやつやさん」売るけどいかが?」みたいなことが書いてありました。
実は我が家、以前(ドイツから帰国して香港に行くまでの4年弱の間に)、新聞紙上、たしか当時購読していた毎日新聞だったかしら、に、「おやつやさんの毎月頒布実施します」の広告を見つけて、毎月お菓子の頒布を購入していたんです。毎月の詰め合わせが楽しくてね〜。
でも、日本を離れることになって泣く泣くストップして、その後日本に帰国してから、「六花亭の毎月のおやつやさんまたやってないかな〜」ってチェックしたりしていたんだけど、もう北海道以外への頒布の募集はしていないようで、残念に思っていたの。
そしたら今回募集があって、クール便で届くのですが送料200円で送ってくれると。
「おやつやさん」は六花亭でセレクトされた月ごとのお決まり商品なので、好きなものはえらべないのですが、毎回工夫をこらしたラインナップです。
昨日早速届きました〜!

続きを読む »

29 7月

7月後半のお弁当

IMG_2895IMG_2943
リモートワーク継続中の夫がたまに必要に応じて出社するとき&今月から週1でバイト再開した娘のお弁当です。
1枚目)ごはん+生活クラブの無添加野沢菜梅ふりかけ、三元豚と玉ねぎの生姜焼き、ブロッコリ+トリュフ塩、生活クラブの魚のすり身揚げ、青海苔の出汁巻玉子
2枚目)霧島鶏むね肉と自家製塩麹きのこ、松山揚げの炊き込みご飯、高野豆腐と国産たけのこ、ズッキーニの炊き合わせ、大葉入り炒り卵、小松菜のナムル

IMG_2946IMG_2951IMG_2966
3枚目)ごはん+無添加野沢菜梅ふりかけ、天然ぶりの照り焼き、ピーマンの塩炒め、オクラと冥加のおかか和え
4枚目)マカロンが歯の再矯正をすることになって、奥歯にbraceをはめるために隙間を作るべく、シリコンゴムを歯間に入れていて歯が痛くてたまらない、固形物は食べられない、と言うので、彼女のリクエストで中華がゆ。
ジャスミンライスで霧島鶏の胸ひき肉、新生姜の千切り、万能ねぎをたっぷり入れて、鶏のガラでとったスープでとろとろに煮ました。
5枚目)今週のマカロンは奥歯だけ既にbraceが入ってもう食べられる!と言うのでステーキ丼。
牛肉のサシ(脂身)があまり好きではない娘のために、黒毛和牛のランプ肉のステーキ。
軽く塩胡椒をしてグリルパンで焼いて、グラスフェッドバター、にんにく、はちみつ、お醤油、バルサミコのソースをかけました。
夏野菜のマリネ(ブロッコリ、グリーンアスパラ、黄、赤パプリカ、ズッキーニ、エリンギでハーブと粒マスタードもたっぷり)、大急ぎで作ったドフィノワ。
ステーキと一緒に娘が食べたいだろうなと思って大急ぎで作りました。使ったチーズはラクレット。
残ったのを私と夫で朝ごはんにしたんだけど、このドフィノワ、すんばらしい出来だったわ〜。
娘にめずらしく「もっと食べたかった」と言われました。
このランプのステーキも、私は娘が出かけてから洗濯とか終えた後に食べたんだけど、冷めた後もしっとりと柔らかく美味しいお肉で大正解だった。
28 7月

墨繪のクイックランチ @新宿

IMG_2961IMG_2962IMG_2963
矯正歯科の予約の前に駅近の墨繪へ。
本当はもっとゆっくりランチしたかったのに、娘の支度が遅いせいで食事もままならないか?っていうぐらい時間がなかったのよ。(30分チョイしかランチに時間が取れなかった)
慌ただしく食べたくないから、いっそのこと食事せずに向かおうかとも思ったんだけど、今は待合室が込まないようにギリギリの時間に来て下さい、って言われているしなぁ、と思って、墨繪に向かったら、運よく待っているお客さんもおらずすぐ入れました。
「一番時間がかからないものをお願いします」ってことでパスタランチに。
アソート前菜はお箸で頂きます。左上からチキンのムース(ピンクペッパーが載ってる)、茶色いのはお魚だとマカロンが言うんだけど全く記憶にない、チキンの白胡麻和え、とうもろこしのすり流し風です。パスタは明太クリームパスタ、デザートはヨーグルトのアイスクリームに、私はミックスジュースをお願いしました。きちんと吟味されて作られたお料理で、ひとり1500円ちょいはお値打ちだと思う。
墨繪は、パンもそうだけれど、ここに来ればちゃんとしたものが食べられる、っていう安心感が絶対的にあるのね。お給仕もいつもきちんとしていて感じが良いし、どれも真っ当に作られていてハズレない安心感。我が家からとても便利だった新宿西口のメトロ食堂街にある店舗、9月で閉店で、パン屋さんとバルは新宿センタービルでの営業が継続されるけど、レストランはまだ移転先が発表になってないの。
私とマカロンにとっては貴重なお店なので、移転先(できれば行きやすいところに〜)早く決まってほしいです。
ちなみに。
ここのバゲットもとても美味しいのですが、パスタもあるしたくさん食べられない。
パン好きの娘は、歯に入ったシリコンゴムのせいで痛くてバゲットをしっかり噛むことが出来ないので、一切れだけ取って周りのクラストの部分は私が食べて、ここのバゲットはクラムがふんわり柔らかいタイプなので、そこだけマカロンにあげました。
残ったパンは廃棄だろうな、って思ったので、もったいなくて紙ナプキンに包んで持って帰りました。
28 7月

娘の歯科再矯正始まります

ちょうど1年近く前に、高校入学直後から始めた娘の歯科矯正が終了しました。
もとはと言えば、かみ合わせやe-ラインなどには問題はなかったものの、上の左右に八重歯があったこと、下の歯は中切歯にほんの少し重なりがあったことで、それを治すために始めたんだけどね。
娘の歯は虫歯になったこともなく、すべて健康な歯なので「できるだけ抜かない矯正を」と言うことで、母子それに同意して、ゆっくり時間をかけて矯正をしていきました。
ただ、矯正も終盤に入ってきたところから、私は内心ちょっと気になる点があったのね。
・・・と言うのは、娘の鼻先から口元、あごのラインは、生来ちんまりととても可愛しくまとまっていたのですが(あくまでも主観です)、矯正の終盤からあごに梅干し(わかる?この表現)が以前はなかったのに出来るようになったこと、それからもともと歯の土台(あご)が歯に対して小さかったから八重歯になったワケだけど、それを並べるために、やはり上の歯も下の歯も、若干ではありますが外側を向いた形に広がって、「なんかもともとの娘の口元と変わって来ちゃったなぁ」って感じていたのです。

歯科矯正は私自身も経験しているし、担当の矯正の先生ともよ〜く話をしたし、色々自分なりに調べたりもしていました。
最終的にはかみ合わせも問題なく、歯もきれいに並んだ、正中もあっている、ただ、あごの梅干しと歯の並びが私としては引っかかるところではあったのだけれど、娘がこれでOKならば余計なことは言うまい・・・と私は黙っていたのね。
実際、私の歯科のかかりつけ医(娘も普段の歯のチェックアップやクリーニング、矯正の際に歯茎に埋まっていた親知らずなどを抜いてもらった)も、娘の矯正完了後に見て、(私は内心満足していなかったから同じような意見が聞けるかも・・と思ってご意見を求めたら)「きちんと完成して良い出来だね」ともおっしゃっていたし。
多分、娘の矯正前の顔(というか口元)を知らない人は「全く問題なし。なんの文句があるのか」って思うと思うのよ。

が、最近になって、娘が「なんか笑ったときの歯が全体的に出っ歯な感じがして気になる」と言い出しました。「実はまみぃもずっとそう思ってたけどマカロンちゃんがそれでいいならと思って口出すまいと思ってたんだけどね」と。

続きを読む »

27 7月

医師がかかわる2つの事件について

医師がかかわっている2つの事件についての備忘録。

ひとつは2016年に起きた事件で、昨年裁判の内容が明らかになって世に知れ渡った足立区柳原病院の医師による(とされる)わいせつ事件。
当時同病院で右乳房の腫瘍切除手術を受けた女性(Aさん)が、担当医であった医師に術後左乳房(患側ではなく健側)を舐められた、と主張して裁判になったもの。
この事件により、この男性医師は職を辞す羽目になっており、今年2月の一審の裁判で無罪になったことによって世間に知られることになりました。
一審判決後に世に出たニュースとしては、女性がとても(裁判の証言時にも)感情的になっていたこと、また、外科手術後のせん妄症状で性的なせん妄が出るケースも多く見られると報じられており、私自身もニュースを読んで、「乳腺の外科手術後に医師が患者の胸を舐めるなんて衛生上もありえないことだし、(しかも麻酔が切れていないぐらいのタイミングで)起こりえないこと。医師はこの事件で社会的立場も信用も失ってしまった、こんなひどい話があって良いものか」とものすごくこの医師に同情したし、ひどい話だなぁ、と思っていたのです。
が、今回高裁で逆転有罪(しかも執行猶予なしの実刑)が出たと聞いて驚きました。
しかも有罪判決の根拠となった理由を調べてみたら実際に出てきた証拠がもっとたまげるものばかり。
1.当初、Aさんは舐められている時に右手でナースコールを押し続けていた。またその後すぐに知人にLINEで助けを求める連絡をしており(最初に「たすけあつ」と打ったあと、「たすけて」と打ち直しをしている)、その後清拭に訪れた看護師にもこのセクハラの事実を伝え、「証拠を残したいから」と清拭をさせずに待機、警察官が車で左乳首をそのままにした状態でDNA採取→その結果、当該医師のDNAが、この患者本人のDNAの100倍の量で検出された
2.当該医師はそのDNAの検出量の理由?として「普段から髭を抜いたりにきびをつぶす癖があった。当日は朝から(多数の患者を診たにもかかわらず)1度も手を洗っておらず、しかも鼻炎でくしゃみをしたり口の周りを拭うクセもあったため、と釈明。
3.当該医師はAさんを手術台に座らせて、両胸の写真を撮影していた。しかもAさんの顔入りで。しかも事件発覚後にその写真は削除しており、データ復元によって発見された。

一審後、さらなる病院スタッフからの聴取や証拠データの解析によって以上のことが判明したわけだけれど、一審の無罪判決の時に「Aさんのたわごと」という風潮で上記のような記述が全然表面化しなかったことにも驚くし、2の医師の供述に至っては、医師として(患者を扱うのに1日中手を一度も洗わなかったと恥ずかしげもなく言えちゃうところとか)というよりもう人間として大丈夫?って思います。(仮に上記2のような状態で診察に当たったとしても、通常の100倍のDNAが検出される可能性は低い、とのこと)
こんな事実が隠されていたことにもびっくりだったけど、当初私もそうだったように「せん妄に違いないのにお医者さんを陥れるような結果になっちゃってどうすんの」的な世論があっただろうと思うので、ご本人はお辛かったろうなぁと思います。
今回逆転有罪判決がなければ埋もれていた事実が多すぎるな、って思いました。

続きを読む »

22 7月

昨日のネイル

IMG_2948IMG_2949
1か月ぶりのネイルです。
娘と一緒に行ってきた。アクリルの衝立にスタッフさんはフェイスシールド、マスクと除菌ジェル、施術後の保湿ローションの提供禁止と出来うる限りのコロナ対策をされているけれど、やっぱりお客さんかなり減っている様子・・・(コロナは関係ないのかもしれないけど)退職されたスタッフさんもいるようだし、お店の存続大丈夫かと心配ですよ。やっと見つけた長持ちするネイルなのに。
マカロンは「いつも赤っぽい色になっちゃう」と言ってました。
私はグレーのマットベースに雫風のアートとシルバーのミラーネイル。
22 7月

金谷リゾート箱根の朝ごはん

IMG_2935IMG_2936IMG_2937
一夜明けて朝ごはんです。
私は寝てる時に片頭痛が起きて眠りが浅くなりがちでしたが朝起きて温泉に浸かったら薬を服まずに済みました。ベッドはやっぱりウチのベッドがいいな〜。
マカロンも眠りが浅かったらしく、朝は体調悪く・・・胃がムカムカして気持ち悪い・・・と言ってトイレに籠りっぱなし。(彼女は時々胃もたれ起こして吐き気起こすんだよね・・・)
しばらくすると調子が戻るのはわかっているんだけど、このご時世コロナと疑われてもなぁ・・・と思いつつ、しゃきっと起きて食事出来そうもないので私と夫だけでダイニングまで降りました。
前夜に翌朝の朝食は和食か洋食かお願いしておきます。
私も夫も和食をお願いしてました。(ちなみに娘は洋食お願いしてた)
飲み物は6種?だったかな?のジュースや牛乳から選べます。夫はトマトジュース、私はグレーぷるふーつジュースをお願いしました。
他にハーブティーが選べて(緑茶ベース、ほうじ茶ベース、紅茶ベース)、私も夫も紅茶ベースのものをお願いしました。
最初に出てきた鉢はお野菜と豆乳ベースのあんかけみたいなのだったっけかな?
その後松花堂風の、ライスパフを敷き詰めた仕切りの中に入ってるの。
上段左からちりめんじゃこと野沢菜、明太おろし、かまぼこ、中段は切干大根と人参、油揚げの炊き合わせ、鮭の西京焼き、出汁巻玉子、下段はもずく酢、牛しぐれ煮、小茄子ふくめ煮。
おみおつけは青葱だけが散らしてありましたが貝の出汁かなぁ?も効いてて美味でした。
ごはんも固めに炊いてあって私好み。デザートはフルーツのジュレがけ。
どれもしみじみ美味しかった〜。ただ、まぁウチでもこれぐらいは出てくるかな、っていうサプライズ感は控えめなラインナップ。これはウチでは手間だからやらないなぁ、とかこれは外でしか食べられない、ってのがあると良かったかも
客単価の高いホテルだとつい期待値が大きくなっちゃうのよね・・・すぐCP考えちゃうのが私の悪いクセ。



続きを読む »

21 7月

dinner @ 西洋膳所 JOHN KANAYA

IMG_2918IMG_2920
ディナーはホテルのメインダイニング、「西洋膳所 John Kanaya」で供されます。
大浴場のある旅館じゃなくてホテルなので、浴衣でgoというワケにはいかないのがチョット面倒だったよ。志摩観光ホテルは温泉じゃないからお風呂は食事の後でいいか、ってな調子だったけど、せっかく素晴らしい温泉が部屋についてるとなれば、入りたくなるのが人情ってモノ。すっぴんで服も食事用の服を用意してなかったから翌日帰りの分の服着て。
レストランもとてもスタイリッシュで素敵な空間です。
メニューは具体的なお料理名ではなく、お料理から発せられるインスピレーション的な?イメージを言葉にしたものが載っていました。正直良くわかんないけど(←そう私は無粋な女)固定のお料理印刷されてお決まりになっちゃうよりその時その時の旬の材料でフレキシブルに作れるので良いのかもね(笑)。

IMG_2921IMG_2922IMG_2923
飲み物はマカロンが7月オリジナルの七夕をモチーフにしたカクテル、夫は生ビール(その後ピノノワールのワインを飲んでたな)、私はサンペルグリーノです。
アミューズ1つ目は蚕豆。焼いた鞘の中に3色の蚕豆のフリット(梅、竹炭、山葵)です。
美味しいんだけど〜、これって熱々でテーブルに来たらとても美味しく感じたと思うんだけど、ぬるいのよ。残念だったなぁ。パンはバゲットとオリーブが練りこまれたチアバッタ。どちらも美味しい。お皿のポーションが小さめなので空腹でスタートしたのでパンがやめられない・・・チアバッタはモチモチでウマかった。

続きを読む »

20 7月

金谷リゾート箱根

IMG_2902IMG_2904IMG_2938
この土、日の週末で箱根のkanaya resort hakoneに行って来ました。数年前に仙石原にオープンした比較的新しいホテルです。(鬼怒川の金谷ホテル系列:日光の金谷ホテルの支店としてスタートしてその後独立経営になったようです。本家の日光金谷ホテルは一時期経営不振に陥った後今は東武鉄道傘下)
本来ならば今頃は、ハワイのRITZでのんびり命の洗濯をしていた筈なのに、この憎きコロナ禍のせいでキャンセルをやむなしとなりました。
緊急事態宣言が解除されたあと、「せめて近場で・・・」とこのkanaya resortを予約していたのですが、最近また東京で新規感染者が激増しているので「これは歓迎してもらえまい」と、キャンセルをしようと思ってホテルにお電話したところ、「最終的にはお客様のご判断に委ねるしかないが、当方(ホテル)としてはすべてのお客様の健康に配慮して最大限の予防と対策を行っている。東京からおいでになることが全く問題にはならないので差支えなければおいで頂きたい」とおっしゃって頂き、お伺いすることにしました。
車で1時間半足らずで着ける箱根はやっぱり近い。
14時ごろ出発して15時半少し前に到着することが出来ました。
ホテル内の至る所にアルコール消毒液も置かれていて、チェックインもほかのお客さんとすれ違うこともありませんでした。ラウンジも一組だけ通されるようになってるみたい。
きなこのタルトレットとハーブティー(ハイビスカスとミントのハーブティーなんだけど、甘みがつけてあって、ハイビスカスの「ひゃっ!」っていう酸っぱさが皆無で、でもミントの爽やかさもあり美味しかった)ホテル内は階段が多くユニバーサルデザインではないので足の不自由な方には向かない造りですが、間接照明のとてもスタイリッシュなしつらえになっています。





続きを読む »

Archives
Profile
ケリーちゃん
2007年9月末、便利でのどかで平和な東京世田谷から、眠らない街、香港にやってきました。
シンガポール、ドイツに続いて海外駐在は3カ国目になります。

食べることが大好きで、不味いものでお腹が一杯になるとちゃぶ台をひっくり返したくなります。
海のキレイなリゾートが大好き。
波の音とジリジリ太陽が心のオアシスです。
  • ライブドアブログ