golden_peony

everyday, happy go lucky !

ケリーちゃんの「なんとかなるさ」ハッタリな毎日

20 5月

OGINO筋労感謝のメニュー

IMG_1073IMG_1074
ヤバイヤバイ、また1週間前で記憶が薄れて来てる・・・今週残業続きで記録残せませんでした、先週金曜日に行った池尻のOGINOでのディナーです。
先日ランチに行った時に知ったのよ。2日間限定の低炭水化物ディナーコースがあることを。
で、予約して行ったのが12日の金曜日。
予約時に「筋肉隆々の意識高い系の人ばかり来ると居たたまれないから困る〜」と言ってみたらお店の女性が「そんなことありませんよ」とおっしゃるので、勇気を出して友達と馳せ参じました。友達待ってる間、カウンターでお一人様の男性が厨房のシェフとなんちゃら三頭筋のハナシとかしてるから「ひぃぃ」と思ったけど、その後続々とやって来る皆さま見て少し安心した(笑)。今日は飲物はガス入りのペリエと自家製のドライのジンジャーエールだけにしておきました。(ジンジャーエール少し甘かったけど;;;)
今日はパンもふすまパンです。ふすまパンって私嫌いなのよね〜と思っていたけど、シニフィアンシニフィエのふすまパンと知ったら食べないわけにはいきません。(でもやっぱりふすまパンはふすまパン以上でも以下でもありませんでした・・・)シャルキュトリはがっついて写真撮り忘れ。いつもの自家製ソーセージやパテなど美味しかったな。
前菜その1は初鰹のタルタル 沖縄しまらっきょ風味 フルーツトマトのガスパチョ。上にセルバチコ(野生のルッコラ)がたっぷり。初夏らしくさわやかなお味でウマし!
前菜その2僕のうなぎパイ、と言って、四万十川の活鰻とグリーンアスパラガスをサーモンのムースとともにパイ仕立てにしたものだそうです。歯ごたえのある、ゼラチン感がしっかり実感できる鰻でした。

続きを読む »

16 5月

ゴールデンウィーク前後のお弁当

IMG_0977IMG_1066IMG_1065
ゴールデンウィーク中も体育祭準備でほとんどの日登校していた娘でした。私もなるべくお弁当作るようにしてた。
1枚目)自家製鮭ほぐしのおにぎり、しっとり海苔が好きではない娘用に、海苔の代わりに奥井海生堂のおぼろ昆布巻いてます。スープは干し貝柱とキャベツ、にら、自家製塩麹きのこと絹ごし豆腐。味付けは塩のみ。パイナップルと愛媛産キウイ。
2枚目)ヤリイカ、長寿豚ばら薄切り、赤ピーマン、キャベツ、新玉ねぎ、にら入り焼きそば。味付けは昆布塩とナムプラーでアジア風。
牡蠣と蕪のポタージュ。牡蠣の季節がとうとう終わりを迎えて悲しくて仕方ありません。
旬の終わりに大振りになった牡蠣をせっせと買って冷凍してたの。あと1回分ぐらい残ってる・・・フフフ。なにして食べようかな〜。このポタージュはホント濃厚で絶品でしたよ!!!
3枚目)蕪の葉と金胡麻の菜飯、自家製鰆の味噌漬け焼き、ブロッコリ+トリュフ塩、プチトマト、ふわふわオムレツ

IMG_1045IMG_1069IMG_1070
4枚目)今が旬真っ只中のあさりごはん、鶏むね肉と新生姜、万能ねぎの鶏団子照焼、ブロッコリ+トリュフ塩、赤ピーマンとパセリのオムレツ
5枚目)ごはん+しそわかめ、ハンバーグ(合いびき肉と玉ねぎ)、キャベツとにら、赤ピーマンのXO醤炒め
6枚目)体育祭当日!イベントの時はなるべく本人の要望聞いてあげる。
今回は「おいなりさん」とのこと。私の作るおいなりさんは、少し甘めに煮た油揚げの中身は、きび砂糖と昆布塩、千鳥酢で作った酢飯のみ。
普段は、この酢飯に千切りのにんじん、ひじき、松の実を炊いたものを加えて一緒に混ぜてまぜごはんにするのですが、「何も入れない酢飯だけのおいなりさんがいい」と。
最初は「なんでひじき入ってるとダメなの、歯ごたえが色々あって楽しいのがいいのに。ひじきを入れるのはまみぃのプライドなのに!」と抵抗してみましたが、「何も入ってないのが食べたいの!」と強硬に言うので言う通りシンプルな酢飯だけを詰めました。
岩手いわいどりのにんにく効かせた竜田揚げ、佐賀産有機グリーンアスパラバター焼き、有機ミニトマト、チョイと奮発して出始めの佐藤錦。
12 5月

昨日のネイル

IMG_1071
3週間弱ぶりのネイルです。右手人差指の根本が若干浮いて来て、シャンプーする時髪の毛が挟まってスピー、ってなって不快なので行ってきた。
前回が寒色系だったので、今回は少し暖色系の可愛らしい手元(手元だけでも!!!)にしようと思い、チークネイルにしました。
ベビーピンクベースの爪に、少し明るめのピンクをスポンジでパフパフ置くと、少し立体感を感じるほほ紅を叩いたようなチークネイルになります。爪も根元にはサイズの小さいストーン(角度によって見える色が違います)と小さな金のブリオンを置いてます。
私のタイプじゃないデザインだよなぁと思っていたけど、仕上がってみると可愛くて〜〜〜チョット気分上がった。
12 5月

もち豚とんかつ たいよう @武蔵小山

IMG_1062IMG_1063IMG_1064
ゴールデンウィーク最終日の日曜は、家族でお昼にとんかつ食べに行ったのだ。
渋滞や混雑を避けて遠出や旅行もしなかったけど、チョコチョコ出掛けちゃあ引っ張りまわしていたので、夫が一番食べたいものに行こうと思いましてネ。毎日体育祭準備で登校していた娘もこの日はおやすみだったので一緒に。
で、とんかつどこに行こう??一番近くて無難なのは二子玉エリアだけど、あそこは万年混んでるしね〜、どこがいいかな〜って悩みました。
今、評判の良いとんかつ屋さんって、低温で揚げる白っぽい色のとんかつが多いのです。でも私は白っぽいとんかつってテンション上がらなくて〜〜(もともと豚肉自体があまり好きではないのに加え)きつね色で美味しいところないの〜〜〜〜?と探していて、武蔵小山にみっけた、もち豚とんかつ たいようというお店。
チョイと遠い?と思ったけど、実際向かったらそれほどでもなかったです。30分かからなかった。
ランチタイムは2時半までとあって、お店に着いたのは13時近かったんだけど、すでにお店の前行列・・・。カウンターだけの小さなお店なので、普段だったら行列避けて帰るところだけど、今日はお付き合いすると決めたのでおとなしく並んでました。本持って来ればよかったよ〜スマホとか見てても持て余しちゃうんだよね。結局1時間半以上待ちましたかね。私たちの二組後ろで「閉店」の札が出ました。
オーダーしたのは夫が上ロースかつ定食、私とマカロンが上ヒレ定食。私は小さなメンチ1個トッピング。カウンターの中ではご店主が丁寧に作業しています。「お待たせしますが一生懸命作っています」という張り紙がしてありました。
ヒレは1本を焼いてカットする蓬莱屋式ではなく、ひとつひとつ揚げてあります。
夫からロース一切れもらって、ヒレカツ1個トレード。
ロースは断面がほんのりピンク色で美しい。お塩を振って齧ると、お肉のしっとりジューシーさと甘さとが口の中に広がってウマし!私の嫌いな「豚臭さ」が一切ないです!!!これはオイシイ〜〜〜〜っていか、ヒレも豚だけを使っていると思われるメンチもなにもかもが美味しい!しかもきつね色で目も嬉しい。あのね、おソースをかけるのが勿体ない、と思えるとんかつで、結局辛子と塩だけですべて頂きました。トン汁も美味しかったし〜お新香も端正においしかったし。
・・・と、行列しても価値があったと思えたとんかつ定食でした。
ウチからちょっぴり遠いけど、ここまた行っちゃうと思います。帰りにぶらぶらした商店街もなんか懐かしい感じでたのしかった
9 5月

ひっさしぶりのSONJIN @センター北

IMG_1040IMG_1042
先日夫とIKEAにお出かけしたときに、久しぶりに寄ってみました、港北NTのセンター北にあるカフェ、SONJINこの辺りの美味しいカフェの(そしてホットケーキブームの!)草分け的存在じゃないかしらん。
この辺りに来たら寄りたいカフェでしたが、いつの間にか小学生以下のお子さん不可になっていたようです。(相当ひどい目に遭ったんだろうね、ご店主。マカロンは幼稚園の頃このお店にお伺いして「良い子だね」なんてオーナーの方にお声をかけて頂いたこともありましたが)
以前は午後2時半までホットケーキをオーダーすることが出来なかったのですが、今日からそういう括りがなくなったようですね。
私は休日にお伺いしたので、オムライス頂いた後すぐに食後のホットケーキをオーダーすることが出来ました。
ここのオムライス、ちょっぴりスパイシーで、玉子とライスの間にはうす〜くホワイトソースが敷かれています。おこげも美味しいオムライスです。今度ウチでも試しに作ってみようかな?
ダッチオーブンとかで出来るかも?!コーヒーも美味しいのよね。

IMG_1041IMG_1043IMG_1044
ホットケーキは一つを夫とシェア。相変わらずきれいなホットケーキです。
とかしバター、メイプルシロップ、そしてフルーツ入りの生クリームがついてきます。
今はいろんなパンケーキ屋さんが行列出来るお店になったりしてすごいよね〜。
ここのホットケーキは、正統派っぽい雰囲気ですが、この厚さはやっぱり圧巻です。2人で美味しく頂きました。この辺りを走ったのは妊娠中からマカロンが赤ちゃんだった頃です。懐かしいなぁ。
6 5月

ティンガティンガ展に行きました @ギャルリーパリ

IMG_1052IMG_1057BlogPaint
昨日の夕方、旧友がfacebookのイベントに「いいね!」をしているのがフト目に入りました。
facebookなんて、普段は娘のSNSチェックをするぐらいで自分ではアカウントがあるだけでほとんどactivateしていないんだけれども、なぜか気になるイベントでねー、場所は横浜の日本大通り(このあたりに日大があるのかい?みなとみらい線なんて知らなかったよ、と夫に言ったら「それはにほんおおどおりでは?」と返されてしまいました。トンと浦島太郎です)近く、中華街とか横浜スタジアムの近くみたい。行けない距離じゃないし、と思って行ってみたの。
アフリカのアーティストたちの原画やフェアトレード品なども置かれているティンガティンガ原画展2017です。近くの駐車場に車を停めて、ちょっとクラッシックで素敵な建物の中でやってます。
入口すぐには大きな絵が。美しい色彩がアフリカの大地や太陽を髣髴とさせて、圧倒される美しさ。
ギャラリーのオーナーさんが「価格がすごく抑えめになっているけれどこれでアフリカのアーティストの方々にも十分な利潤がもたらされる」とおっしゃっていました。
ホントお金出しても観たいような素晴らしい絵だし、価格もとても良心的です。
来日アーティストのお一人が外でデモ用の絵を描かれていたり、絵の展示のほかにアフリカの民芸品やアート作品がディスプレイされ、これも販売されています。
IMG_1054IMG_1055IMG_1056
販売用のギャラリーなので写真撮っても大丈夫、とのことで素敵な絵を撮らせていただきました。っていうか、私の雑な写真力じゃ全然絵本来の美しさや迫力が表現できてないね。〇| ̄|_
絵ひとつひとつに作家さんの思いが溢れ出ているようで、感嘆とともに感動するのよ。ホント素敵なの。うちは玄関に飾る絵を探しててね、香港で良いのがあったら買って来たかったんだけど、なかなかコレってのに巡り合えなくてさ〜、でも香港で下手に入手してこなくてよかったよ!これ欲しい!!!って絵がたくさんありました〜。
IMG_1059IMG_1060IMG_1061
私が購入したのが、この動物たちのティーパーティの絵です。アフリカ版鳥獣戯画。
動物ひとつひとつがすごく楽しそうでね、素敵なの。
玄関は、今まではドイツから帰任する時に、夫の会社のスタッフの、画家の奥様から贈っていただいた猫ちゃんの絵だけが飾ってあってチョット寂しかったんだ。素敵な絵が玄関に加わって嬉しい〜。
それから靴箱の上にはきれいな鳥のプレートも購入しました。
素敵な絵と出会えてとてもとてもうれしかったです。有名な博物館じゃなくても、こんな豊かな気持ちになれるもんだね。ハッピーハッピー。
6 5月

ユリイカのディナー @下北沢

IMG_1011IMG_1013IMG_1014
娘は体育祭準備とかでゴールデンウィークもへったくれもなく毎日学校へ行っています。子供がいない時の老夫婦なんてさ・・・ホント何していいかわかんないですね(笑)で、先日は学校帰りに髪きりに行くというマカロンと待ち合わせてユリイカへ。彼女の美容室からほんの1分ほどの距離なので。
チョット路地裏風の、本当にパリの街角にあるような赤い建物です。夜もたくさんのお客さんで賑わっています。私は自家製のグレープフルーツリキュールのソーダ割りを食前酒で。
前菜は3つ。シャルキュトリーの盛り合わせ。パテドカンパーニュに鴨のテリーヌ、いわしのリエットです。それから彩りのきれいな野菜のサラダとバーニャカウダ風の蝦味噌のソース。野菜は美味しいけどチョット少なめ。そしてスープドポワソン。2人分オーダーして3つに分けてもらっています。これは濃厚で美味しかった。




続きを読む »

5 5月

読書メモ その137

-最近読んだ本-
・西原理恵子「いいとこ取り!熟年交際のススメ」、・秋山香乃「夕凪-漢方医・有安」、・連城三紀彦「処刑までの十章」
高須先生との交際もすっかりお馴染みになったサイバラ先生のエッセイ、「毎日かあさん」以上に濃ゆい彼女の世界観満載のエッセイです。
彼女の何処までもブレずに周りの目とか、そういうこと全然気にせずに自分が信じてることを貫き通すその姿勢ってすごいな、って思うけど、このエッセイ読んじゃうとやっぱり自分ってすごく保守的なんだなとか、メンタリティの違いに打ちのめされるカンジでした。読者として読むには面白く読めるけど、わたし、彼女みたいな人が近くに居たら、きっとビックリしてオタオタしちゃうだろうな・・・。
漢方医有安シリーズは、図書館で借りてずっと読んでいるのですが、シリーズ最新刊が図書館になくてね・・・途中まで図書館で借りちゃったから最後だけ買うのもなぁとか、いろいろ悩んで、ダメ元でリクエストカードを出したのです。最新刊の文庫が刊行されたのは2011年ぐらい?のようでずっと前なので、今更購入はしてくれないだろうなぁと思いつつ・・・。
そしたら、「用意できました」のメールが来たので、えええと思って借りに行ったら「これは大田(区)から貸し出して頂いたものなので」と。別の区から取り寄せて頂いたりも出来るなんて、知らなかった・・・ビックリでした。
辛い過去を背負い、武士から医師になった主人公を囲む人々から成る物語なのですが、文章の端々にユーモアがあって、チョイと下世話な雰囲気の文章もちりばめられていて、やっぱり私好きですこの物語。でもね、まだ完結しないのよ・・・それなのになぜ続きが刊行されていないんだろう・・・きっちり物語が結末するのが見たいです。

続きを読む »

4 5月

餃子館 @八幡山

IMG_0869IMG_0871IMG_0870
夜間に甲州街道を通ると、旧くて若干汚らしい(失礼)店構えなのにお客さんが絶えないお店、「餃子館」が必ずと言っていいほど目につきます。営業は夜だけなのですが、「まぁものはためしに」と訪れてからは、ホントに美味しくて、たまに無性に食べたくなって、家族で時々通ってるのだ。
お店はご夫婦お二人でひっそりとやってるお店で、カウンターの中はご主人、お店の入口には奥さんが居て、この奥さん、1日中餃子包んでるんじゃ?ってな風情です。
餃子は水餃子と焼き餃子、それにおつまみ叉焼とか、ラーメンなんかもあるようだけど。
大根餃子やセロリ餃子、春菊餃子ににら餃子など、季節のお野菜と、水餃子に合う具材、焼き餃子に合う具材があるみたい。
味がしっかりついてるので、調味料ほとんど加えずにそのまま食べても美味しいのですが、皮ももちもち手作りで、若干ぽってり厚みがあるんだけど、そのもちもちぷにぷに感が絶妙でね、優しい味なのよ。
IMG_0872IMG_0873
ご主人お一人で全部作ってるので結構大変そうなのですが、チャーシューも美味しいです。
スープもついてきます。
私は最近餃子の皮はトンと作らなくなっている(日本でも香港でもまっとうな材料で作られているものがあまりにも安く売られているから手間をかけるのがアホらしくなったというのが理由)のですが、ここの手作りの皮はホントおいしいなと思います。
以前は喫煙可だったようなのでなかなか足が向かなかったんだけど、今はお店に「なるべく禁煙」っていう(笑)おくゆかしい貼り紙が貼ってあって、私たちがいる間はタバコ吸う人に会ったことないのでタバコの煙の心配もせずに美味しく食べられます。決してきれいなお店ではないんだけど、それでもおいしさに負けて行ってしまいます(笑)。
1 5月

お弁当記録(長い)

あー大変大変ヤバイヤバイ。
新学期からのお弁当記録を残してなかったので(撮り忘れたのもあるけど)溜まってしまって記憶も薄れてきている。順番もバラバラだけどとりあえず残す。
IMG_0965IMG_1019IMG_1005
1枚目)これだけはね、お弁当初日だよ覚えてるよ。初日だからマカロンの大好物の海老チリ入れてあげようと思ったんだもんね。しそわかめごはん。ブロッコリ+トリュフ塩、こんにゃくの煮物、サンふじのりんご。
2枚目)イエローのタイカリー弁当。チキンむね肉、自家製塩麹きのこ(ひらたけ、えのき、しめじ、舞茸が入ってます)、ズッキーニ、新玉ねぎ、オクラ入り。甘夏と。
3枚目)ごはん+金胡麻、ラムロースと青梗菜炒め、オムレツ、プチトマト、ベーコンと新玉ねぎ入りポテトサラダ
IMG_1007IMG_1003IMG_1002
4枚目)にら玉炒飯と麻婆豆腐。花椒と季節の新生姜たっぷり。福建炒飯風に炒飯にかけて食べるのだ。あまおうと。
5枚目)しらすと梅干、金胡麻ごはん、サメのバター焼き、大根とセロリのマリネ、プチトマト、玉こんにゃくの煮物、絹さやのにんにく炒め。
6枚目)しそわかめごはん、鶏ももから揚げの甘辛煮、はんぺんバター焼き、セリのおかか和え、プチトマト

続きを読む »

30 4月

OGINOのランチ @池尻

IMG_0995IMG_0996
ご飯記録も最近飽きて来て滞りがちになってます。
もう1週間以上前になりますが、久しぶりの晴れた日に友達と週末ランチでOGINOへ。ここの食事は間違いないからね〜。食前酒はミモザで、シャルキュトリーの盛り合わせもいつものように美味しいです。ここはお野菜もお肉も美味しい。
スープは濃くこっくりしたテクスチャーのにんじんのポタージュでした。
IMG_0997IMG_0998
メインはお肉がバベットステーキだったのですが、シャルキュトリーでお肉十分に食べたな、と思い、目鯛のポワレ、甘海老のアメリケーヌソースです。このお魚もしっかり大きく、みっちりとした身で美味しかった。私、目鯛は子供の頃から一番好きな白身です。その後お隣のテーブルにサーブされたバベットステーキ見たらスゴいヴォリュームだった。もしお肉選んでたら後半辛くなったかも。
デザートは「粉が少なそうなのどっち?」と聞いて、ガトーショコラではなくチーズケーキを頼んだけど、こちらもかなりのヘヴィさでした。コーヒーと一緒に頑張って食べようとしたけどcomplete出来ず・・・惜しい。次回はディナーの予約してきたのでまた近々・・・。
26 4月

天天厨房の美味しい中華 @千歳烏山

IMG_0979IMG_0980
先日は近所に住む旧友と晩御飯。
千歳烏山の駅から結構離れた住宅街にある中華料理店、天天厨房です。
前からちょいと気になっていたのよ。友達の家の近くなので、現地集合だったのですが、自転車ぶっ飛ばして向かったら10分くらいで行けました。
カウンターとテーブルはひとつかな、小さいお店です。見逃しちゃいそう。
シェフは台湾の方らしく、お店の女の子2人も台湾ご出身のよう。(ネームプレートに名前と出身の町が書いてある)カウンターの中は普通話で賑わっています。
ここのシェフはウワサによると、経堂のパクチーハウスでお店を任されていた方だそう。
もともと中華料理にはコリアンダー(パクチー:香菜)が効いているものも多いですが、今ブームだからか?メニューの色々にもパクチーがあって。
そんな私はパクチーモヒートをオーダー。前菜盛り合わせは赤海老の紹興酒漬けと、へちまの搾菜風、干し豆腐のパクチー和え、皮蛋入り玉子焼き、巻貝。そして前菜第2段は大好きな皮蛋豆腐。日本で食べられる皮蛋って、今一つの味なのが多いですが、ここのはトロトロで美味しかった〜。


続きを読む »

23 4月

昨日のネイル

FullSizeRender
3週間チョイぶりのネイルです。前回と同じディズニー大好きなネイリストさんで、私は基本ネイルの時も本が手放せない人なのですが、途中ひょんなことから彼女のご実家の家庭事情の話に・・・まさに「真実は小説より奇なり」なご家族相関図でした(笑)。仕上がりはネイビーと白ラメベースのお花モチーフ。シンプルでこれもかなり好き。
23 4月

おなじみの味、にしむらのうなぎ @巣鴨

IMG_0962
先日手術後の母をお見舞いがてら、母の好物のうなぎをお土産に買って、家族はお昼時だったのでうな重食べて参りました。
巣鴨の地蔵通りにあるこの老舗、子供の頃から通った味で、炭火で焼いたうなぎの良い匂いがします。この日は冷たい雨が降っていたので少し遅めのお昼時でも10分ほどの待ちで入れました。
ごはんが程よい固さで、安定のおいしさ。
巣鴨って商店街歩いてもおばあちゃん向けとひとくくりにするにはもったいない面白さなのよ。
マカロンに、今度お友達と歩いてごらんなさいよ、なんて勧めてしまいました。
20 4月

読書メモ その136

-最近読んだ本-
・高田郁「あいー永遠に在り」、・J・Kローリング「呪われた子」、・荻原浩「誘拐ラプソディー」
うんと前に読み終わっていたのにメモ残すの失念してました。
早く書かないと忘れちゃうんだよ。
最近高田作品づいていて、実在の人物、医師にして北海道開拓にも尽力した関寛斎の妻あいを主人公に据えた物語です。
他の高田作品と同様に、主人公の幼い頃から老いるまでが見事に描かれていますが、このあいさん、あまりにも出来た妻過ぎて・・・。芯は強いのにいつも穏やかでたおやかで優しく、なんだか読んでてダメダメなワタシとのあまりの乖離っぷりに責められているような気になり、「あーアンタはエライエライ」みたいなお腹いっぱいなカンジになってしまった私は、きっと年老いても煩悩だらけで精神年齢低いままなんだろうなあ。。。。と思いました。
そして舞台劇を脚本家した、ハリーポッターの世界のその後を描いた「呪われた子」、最初はシナリオを読むということで、なんとなく慣れなくて物語の中に入り込みにくかったんだけど、さすが!どんどん引き込まれて行って、物語が現代と過去を行ったり来たりするので、ハリーポッターに登場した亡くなった重要人物が現れたりして、また胸が熱くなりました!!先日飛行機の中で「ファンタスティックビースト」も観てスッゴク面白かったし、やっぱり魔法の世界はええなぁ・・・。
そして「誘拐ラプソディー」何もかもがうまくいかない前科者の伊達秀吉(って名前もね)が、死ぬことも出来ずに短絡的に誘拐を思いつく、ってな話で、最初はその主人公のアホさ加減と、そんな私もこの男と紙一重のバカかもね・・・なんて身につまされて、「この話はハズレか?」と思っていたけど、後半になってきてから俄然面白くなってきました。主役の一人、子供(デンスケ)が可愛いのよ。
話しはずいぶんとうまいことまとまり過ぎた感があるけど、ちょいとホロリとさせられたりして、なかなかイイ話でした。
Archives
Profile
ケリーちゃん
2007年9月末、便利でのどかで平和な東京世田谷から、眠らない街、香港にやってきました。
シンガポール、ドイツに続いて海外駐在は3カ国目になります。

食べることが大好きで、不味いものでお腹が一杯になるとちゃぶ台をひっくり返したくなります。
海のキレイなリゾートが大好き。
波の音とジリジリ太陽が心のオアシスです。
  • ライブドアブログ