b93789fb.JPGps ep 今日もマカロンが学校に行っている間に夫とランチをしてきました。国慶節の時期は、香港よりも中国本土の方が祝日が多い。年間の祝日の数が中国はとにかく少ないですから、これはありがたいです。マカロンの学校があるので遠出(旅行)は出来ないんだけど普段母子家庭状態の我が家にとって、夫が在宅しているというのは贅沢な喜び。
ロブション はお子様不可のお店なので、せっかく夫と一緒に楽しめるチャンス!と思い、今日はいきなり予約無しで伺いました。少し出遅れてお店に着いたのは1時半を回っていたかな?香港の丁度ランチタイムのピーク時で、どこのお店もお客さんでいっぱい、先日マカロンと一緒に行ってマカロンのお気に入りになったCafe Landmarkもお客さん待ちの列が出来ていました。
ロブションの店内も沢山のお客さんで賑わっていたけど、運よくカウンターの席が空いていてヨカッタ。今日も軽めのクラブ・デジュネを頂きます。
アミューズは、フラットなグラスに入ったカプチーノ仕立てのフラン。フロマージュとフォアグラの薫りがほんのりとして、ポートワインでアクセントをつけてあります。季節感があって美味しい!!前菜は、私が最初に希望したキングクラブ(蟹)を使った一皿が既に終わってしまい(やっぱり開店と同時に来ないとダメねー)、ほうれん草のピュレとポーチドエッグを茸のクリームとあわせたものに変更。だけどこれがとっても美味しかった。ガーリックブレッドが一緒についていたのだけど、普通のバゲットではなく、少し酸味の利いたバゲット・ア・ラ・アンシエンヌで、シャンピニオンの薫りに良く合いました。夫は茄子を使った貧乏人のキャヴィア。これも一口食べさせてもらったけど美味しかったー。
porc lamb メインは、私が豚バラ肉。私は豚肉、あんまり好きじゃないんだけど前回こちらに来たときここの豚肉がすごく美味しかったのでオーダーしてみました。とことん脂を落としてプルプルになった豚ばら肉、少しお醤油の薫りがして、セルフィユが付け合せについてサッパリ頂けるようになってました。マッシュポテトの量が少なくて一瞬ガッカリしたけど、私のマッシュポテトにはほんのちょびっとだったけどトリュフがかかっていた(笑)。夫はラムのもも肉でたっぷりの野菜、茸などと一緒に。こちらもちょっと和のテイストもが利いていて食べやすかったようです。



cc pr デセールは私がキャラメルとショコラのムース、バナナ添え。ハズレのない美味しさです。夫はローズの香りのパンナコッタにマンゴーが添えてあって、これはとてもおいしゅうございました。この後プティフールでピスターシュとヘーゼルかな?のマカロン、パート・ド・フリュイなどが出てきました。今日は予約は無しでふらりと立ち寄ったせいなのか?パティシエの中村さんのお姿は全く見えませんでした。冬場はスフレとか登場するのかなぁ?って聞いてみたかったんだけど・・・。大した常連でもないのにわざわざ「monsieur中村は今日はいらっしゃいますか?」って聞くのもチョッと・・・と思っておとなしく帰って来たよ。中村さんがいらっしゃらないのは残念でしたが、他のスタッフの皆さんは相変わらず明るくattentiveで楽しい!