edd840e7.JPG魚片麺 魚片 もうすぐ旧正月。街中も赤と金色に覆われて来ました。ウチのコンドミニアムも、共有スペースの至る所になんやらおめでたい金文字と赤いぼんぼり、みかんの鉢植えで埋め尽くされています。
旧暦のカレンダーゆえ、旧正月は毎月1月〜2月で日にちがズレます。今年は2月半ばとかなり遅め(去年は1月半ばだった)なので、香港ではもうそろそろ冬の終わりを告げているんだよね・・・現に湿気はどんどん上がって来ていますし、ひところ寒波のような冷え込みもだんだん温んで来ています。日本がまだまだ寒さが厳しいのとは隔たりの感があります。
来週の今頃はもう東京のハズよね。しかも人間ドックも終わって肩の荷を下ろしてるハズ。今回の人間ドックも何事もないことを祈るばかりです。
迫った里帰りを前に、本当なら今日は上環の乾物街に乾物を物色に行きたかったのよ。マカロンのバレエのレッスンを終えて、バス停で西行きのバス待ってたんだけど全然来ない・・・今日は夕方から少し冷え込んだので(・・・とは言っても15〜6℃だったと思いますが・・・)「もうこれ以上待つの止めよ!!」と言って、反対方面の天后に向かって歩いて行きました。
マカロンがお腹を空かせていたので何か食べようと思ってね・・・。天后って面白そうなお店が多くてなかなか楽しいのよ。(最近よく歩いてる)
今日入ったのは、電気道沿いにある「徳昌魚蛋粉」という麺屋さん。
お魚のすり身が餃子の皮になってるうき身で食べる河粉(フォーファン:平打ちのお米麺です)が前から気になっていたの。
マカロンは(魚片:フワッとしたかまぼこのようなモノ)入りの蛋麺。
淡白でお魚の出汁の利いたスープはなかなか美味しいです。魚系の麺なので、私、魚醤(ナムプラーみたいなのね)とチリを入れちゃったら辛かった〜〜〜。でもムチムチの魚の香りたっぷりの魚餃子(イタリアンのトルテリーニのようなクルンとした形をしている餃子風です)、美味しかった!
マカロンもかなりツボにはまったみたいで、私が麺をかなり持て余して残していたのに対し、彼女は「もうやめたら?」という私の言葉と裏腹によく食べてました。かなり気に入ったらしい。これで1杯19ドル(250円ぐらい?)なのでやっぱりローカルごはんは安いです。
店先にマカロンが食べた魚片が、なが〜い状態で売っていたので思わず買って帰ってみました。ハーフの長さで30ドル超だったかな。袋に入れてもらうと結構ずっしり来ます。匂いをかぐと本当にさつま揚げのようなカンジ。
明日、わさび醤油でごはんと一緒に食べてみようと思ってるの。どんな感じか、楽しみ〜〜。
石磨坊 屋台 栗子 蕃薯 2人揃ってお腹が膨れた後は、お互い「・・・どうする??」と顔を見合わせて、自然と向かう先は香港デザート「石磨坊」。今日は空いていてお客さんは私たちだけの貸し切り状態でした。
マカロンは日本のクレームブリュレを意識したプリン風デザート、私はやっぱり温かいお汁粉。冬場限定の栗子糊(栗のお汁粉が出回っている間は毎回食べ尽くすわ!!)と金、土、限定の椰子糊(ココナッツ汁粉)のハーフ&ハーフ+黒ゴマ団子追加です。
マカロンのクレームブリュレは、クレームブリュレというよりも、「かなり卵多めで固く仕上がっちゃった昔ながらの素朴なプリンの表面をキャラメリゼしました」ってな代物でした。(バランス悪し)
栗のお汁粉はいつもながら最高のお味でしたけど、ココナッツのお汁粉はね・・・温まって甘いと、シンガポールの「カヤ」の匂いをチョット思いだすね・・・。今度からはいつもの杏仁+栗子のペアに戻ろうっと・・・。
で、今度こそ満腹も満腹になったのだが、いつもとルートの違うバスに乗って帰ろうと反対の道を通ったのが百年目(また?)いつもマカロンが「試してみたい」と申していた冬の風物詩、栗と焼き芋の屋台発見!!
マカロンは、デザート屋の帰りがけにマンゴーミルクまで購入して飲みながら歩いてたので「今日は十分食べたでしょう」と言ったら「でもこれからあったかくなったら屋台出なくなるよ。日本から帰ってきたら多分もうないよ。いつもまみぃ、"今度、今度"って言ってたでしょう???」と言われついつい心動かされて屋台に引き寄せられてしまいました・・・。
ホント、少し気温の下がった今日は最後の書入れ時と思ってる?おばちゃん、私たちに理解の出来ない広東語でセールストークをまくしたてます!!(多分、「芋と栗両方買え」と言っているかと・・・
香港の屋台って栗とお芋のほかに、鶏卵やうずらの卵も石焼みたいにして売ってるのよ。(買わなかったけど)
結局おばちゃんのトークに負け、焼き芋1本と、栗は「20ドル分お願いします」ってことで合計37ドルお支払しました。
どこ産のお芋かわからないので(中国産かもしれないのよ〜〜うちは決して買わないのに〜〜〜)「皮を厚くむいて食べなさい!!」とマカロンに指導。
私は栗を食べたけど・・・美味しかった!お芋も、日本のさつま芋のような糖度の高さはないようですが、中は黄金色でねっとりしていて程よい甘さで、美味しかったそうです。
小さい時、パパのお土産で「天津甘栗」を買ってきてもらったりすると嬉しかったもんねぇ〜〜。(私はかなりの大人になるまでずっと「あまつあまぐり」だと思っていた)いやーーー久しぶりに腹12分目ぐらいまで食べたわ。人間ドック前なのに・・・・。