滬江飯店きゅうり黄油蟹黄油蟹2バレエの後に行ったのが滬江大飯店です。ここは上海料理のお店ですが、以前からずっと行ってみたかったの。重慶マンションの、ネイザンロードを隔てた向かいにあります。銅鑼湾の時代広場の中にも支店があるけれど、メニューが若干異なるのと、尖沙咀のお店の方が若干評判も良いのでまずはこちらを・・・。実はね、ずっときになってたのよ、上海蟹(9月半ば〜11月一杯ぐらいが旬)の前の短い期間だけ食べられると言う黄油蟹(ウォンヤウハイ、またの呼び名をバタークラブ)という蟹が。
この黄油蟹、っていうのはね、夏の暑さで蟹ミソが体中に周って味噌だらけになってしまった可哀想な蟹の事なんですんって。7月、8月と旬も短いし、なんと上海蟹よりも値段が高い。
昨年は叶〇妹が、この黄油蟹をたべるために「だけ」香港に来た、って話もありましたな。
どうしても味わってみたかったので、今日の食事は夫と娘の意見は聞かず「ここ行くよ」と強行突破。
お店に入ったのは6時ちょっと前・・・かなり早い時間だったんだけど、驚いたのは既に席が結構埋まっていたこと。(香港は食事のピーク時間が遅い)
予約ナシでふらりと入ったから「7時半ぐらいまでに食事を終えてください」とのお約束で入店しました。黄油蟹は今から蒸します、と言われて、1両あたり80ドルでしたが、持ってきてもらった蟹(夫もマカロンも毛蟹とか日本の蟹が好きで、上海蟹にも全く興味を示さないので基本私の鼻息もスルー)は1杯の重さで計算してもらったら710ドルだって!!サイズは手のひらより小さいぐらい(勿論手指は含まれません)よ・・・それで710ドルって・・・高いよねぇ・・・と想像はしてたけどやっぱり「高ぇな」とは思いつつ、初心貫徹、とにかく私の好奇心を確かめたい溜めに「ヨシ蒸してこーい」とマネージャーのおぢさんにお願いします。
30分近く胡瓜だけ(塩揉みが足りないきゅうりでまだ味がちゃんと入ってない感じでチョッと残念な味)で空腹を堪えてやっと蟹がやって来た。簡単な解体だけしてくれます。
身を開いたけど、そんな溢れるほどのミソじゃないじゃん・・・上海蟹とそんな変わらないんじゃない?と思いながら、一口ミソを食べたけど・・・もしかしてover cooked?全然ミソもとろける感じじゃなくて、しかも独特のにおい(ナンかお化粧品みたいな独特の匂い)がある・・・話によると、蟹爪にまでミソが溢れてるという話だったけど、全然そんなこともなく、蟹ミソの味は上海蟹や毛蟹の方が全然上だわ・・・蟹肉も大して美味しくないし・・・これで7500円ぐらいもするわけ〜〜〜?こりゃないだろ〜〜〜ってカンジ。
マカロンも夫も、一口ミソを味見して「ポイッ」って感じ。まぁ多分私一人で食べることになるだろうとは思ってたけど、食べてても全然楽しくない蟹だった。しかもさぁ〜〜上海蟹の何倍もする値段でしょ・・・私が今回食べたのがたまたまハズレだったの?でもハズレつかみたくないからこそ、評判の良い有名店に来たんだけどネ・・・それでもたまたま運が悪くハズレの蟹に中ってしまったのかもしれないけど、もう2度と試す気にはなれないなぁ・・・だって高すぎるモン。値段の価値は(私にとっては)全く見いだせない蟹でした。私がこの蟹に出してもいいのはせいぜい50ドルだわね・・・。ある意味良い勉強になりました。
北京ダック 北京ダック2北京ダック3川海老炒飯 他にも頼んだよ。最近マカロンがマイブームになっている「北京ダック」。ここの北京ダックはちゃんとメニューにも「皮のみ」って書いてあるの。1羽オーダーのみで、「焼くのに40分かかります」って言われました。焼き上がったらまた恭しく解体してくれるんだけど、やっぱり皮だけと言うより肉も混じってますやん・・・って感じなのねぇ・・・ここ香港で、オーソドックスに皮だけ薄~く削いでもらうのってムリな芸当なのでは、って達観して来ちゃったワ。・・・とは言え、夫が「ここの肉は美味しいぞ、お肉がついてもオッケーだ」と言ってパクパク食べてました。しかも、身離れは良いので、皮だけピローン、って取って食べられます。薄餅もたっぷり蒸篭に入ってて良かったよ。
他にお約束の川海老の塩炒めと、お店の名を冠した金華ハムと卵白の炒飯をオーダーしました。が、結局途中でお腹がいっぱいになって、結構打包(お持ち帰り)をして帰りました。黄油蟹は失敗したけど、他には美味しそうなメニューが沢山あってまた来て色々試してみたいと思いました。7時前には広い店内がすっかり満席になって、私たちがお店を出る時にはお店に待ちの長い列が。本当に人気店です。
最終的なお会計額をまた金額忘れちゃいかんと思ってちゃんとiPhoneのメモに記録して帰って来たよ。(いつも友達に値段を聞かれても忘れちゃって役立たず扱いされるから、最近忘れないように必死:笑)チップ込みで1500ドル弱です。蟹の値段が値段だったから、2000ドル超えは覚悟してたけどこの程度で済んでヨカッタとぬか喜び。とは言え、黄油蟹の私の印象はちっとも良くなくて、実質価格710ドルでも私の認定価格はせいぜい50ドルだったので、お初の黄油蟹は大惨敗です。この失敗は痛かった。