2009年03月

2009年03月30日

是永減量計画

 3月27日、是永減量開始から1ヶ月。
 ザ・おやじファイト石川県大会への参加を決意して久々にジムに現れた是永・ハタケモドキ・真太郎(メタボ風味)ですが、あれから1月、早くも3回目のジム登場です。
(アレ?1・・2・・・間違いない、3回だ・・・;)
 
 本人曰く、暴飲暴食を止めてランニングを始めて1週間位で3Kgは落ちたそうですが、そこからは緩やかに落ち続けて現在は72.5Kg と約4Kgの減少です。
 
 何でも最初の週の日曜には10Kmのマラソン大会にも参加したとかで、これまでと違った自分をアピールすべく必死な様も伝わります。
 シャドウなどの自主トレもしっかり続けている(話半分程度に聞いてますが)そうで、確かにマスボクシングではスピードで他のおやじファイター達を圧倒していました。ただし、スタミナ切れの早さも圧倒的で、これはちょっと心配なレベル。石川県大会に間に合わせる為には、これからもっと真剣に取り組む必要が有りそうです。
 
 3週前からL−カルニチンも摂り始めており、筋量的な代謝の高さも手伝って、変な食事習慣に戻らない限りはまだまだ順調に落ちていきそうです。
 
 新婚さんなので、奥さんにしっかりとダイエットを勉強して貰って、強く、健康になる為の食を二人で実現させて欲しいですね。
 
 そう言えば、分からなければ奥さんにダイエットメニューを教えると伝えたのにも拘らず、未だに何も連絡がありません。さては厳しい制限がかかるのかと恐れているのかも知れませんが、そんな事無いのですけどねえ。




2009年03月15日

失態

 3月8日のザ・おやじファイト新木場大会での事。

 ジムの選手の試合が終わり、やっと観客席へ戻ると、リングの上では中間さんが試合中で、津布久さんや木村さんが盛んに声援を送っていました。

 どうやら接戦の様子で、白熱した応援合戦が繰り広げられており、これは私も応援せねばと声を張り上げました。

 自分のところの選手か余程知った間柄ではない限り具体的な指示は避け、選手が自信を持って戦えるようにすべきと考え、
「赤疲れてるよっ!」
「ナイスパンチ!良いね〜、赤嫌がってるよ〜!」
「ボディから上、良いね〜赤嫌がってるよ〜!」
「赤疲れてるよ、休ませない!」
などと声援を送りました。

 応援の甲斐もあって、判定で青が判定勝利。ふと横を見ると木村さんが頭を抱えています。

「も・・・もしかして中間さんて赤コーナーでした?@@;;;」
「あ〜、中間さんは赤コーナーだね」
「スイマセン、間違えて思いっきり青コーナー応援していました・・・Orz」
「あ〜、何?間違えてたんだ〜w」

 穴があったら入りたかったです。



Profile

金子謹也

金子歯科医院院長
「ザ・おやじファイト」R33ウェルター級 初代チャンピオン
全日本歯科大学ボクシング大会MVP
文部科学省公認スポーツプログラマー

Recent Comments
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ