2009年11月

2009年11月24日

11.15B-UP 壱

B-UPFF石田試合前

いよいよ試合当日。選手とセコンド、応援の仲間がB-Tightジムに集合。
12:30の計量予定だったが、12:00に会場に着くと既にうちの選手たちは計量済みで結構のんびりムード。

今回はシャイニング徳田選手が第1試合に出場する為、急いで準備に取り掛かる。


B-UPS徳田試合前

先ずはシャイニングにテーピングの下巻きを施した上でバンデージを巻く。


B-UPFF石田テーピング

石田選手にもテーピングを施す。

なんて事をしていたらいつの間にか第1試合の開始時刻の直前に。
あわてて準備を急ぐ。


B-UPシャイニング準備

大急ぎでヘッドギアの最終調整、慌しさにシャイニングは不安気な表情。


B-UP滝本さん対戦相手募集中

応援に来てくれたなでしこファイター滝本さん。あわてる選手を横目にこの余裕。


堀さん

こちらは来年のおやじファイトに参加予定の堀さん。ジム仲間の為と、わざわざ電車で石川から駆けつけてくれました。


B-UP直前ウォームアップ

入場直前のウォーミングアップ。とにかく集中するように、しっかり動かす。

そして、いよいよ入場。シャイニングの緊張もピークに!と言っても動きまくっての動悸だか、緊張からだか判らなかっただろうけど。
スロースターター傾向のあるシャイニングだけに、リングに入ってからも動かし続けてゴングを待つ。
赤コーナーでは、馬の首のマスクを着けた対戦相手のイルマッツ選手がノリノリでパフォーマンスを展開。絶対見せぬようひたすらこちらに集中させる。


ゴング前

リング・アナからコールされるシャイニング。まさに人生初体験の領域だろう。


ゴング直前

リング中央でレフェリーのチェックを受けていよいよゴングだっ!


2009年11月10日

特訓

15日のB-UPスパーリングマッチに向けて頑張る鍛造拳・石田選手とシャイニング徳田。
石田選手

石田選手の調整は(風邪を引いたくらいで)概ね問題なし。だが、シャイニング徳田の方はまだまだ問題が山積みの状態・・・。
いまいちガードが甘く顎も上がっているので、スパーでは毎回のように鼻や口から出血、GBジムの流血王というありがたくない称号を得ている。
(なんと、B-UPブログによると対戦相手のイルマッツ選手も同じく毎回流血しているらしい)

愛の為に血を流す男

分かりにくいが口唇からの出血写真

そんなシャイニングを鍛え上げるべく、休日トレーニングを敢行。ゴールデンボーイジム恒例の砂浜トレだ!

シャイニング&紘乃君

某日曜の朝、参加者一同シャイニングの車で某海水浴場に出発。石田選手も参加予定だったのだが、「子供がよさこいに参加する事を忘れていまして〜」と不参加。素敵なパパめっ!

Tommy

写真のように砂浜でシャドウやミット打ち、マスボクシングなどを行う。砂に足を取られる為になかなかハードなトレーニングだ。他にはダッシュやフリスビー(?)なども行うが、要するにスタミナの増強が目的。自主トレで何をすべきかを実地で教えるのも目的だ。

もちろん、試合までの僅かな期間ではスタミナ増強と言ってもタカが知れているのだが、「イルマッツ選手の事はリスペクトしていますが、この試合はボクにとってあくまで通過点ですから!」(シャイニング)と言い切っているように、あくまで将来B-UPチャンピオンを獲得する為のトレーニングとして行っている。
むしろ普段の練習とは違って、個人指導に十分な時間を掛ける事が出来るので、今回の試合に対してはそれが一番のメリットになっているかもしれない。とにかくモチベーションのネジを巻きまくった。

トレーニングには他にもなでしこファイター紘乃君や、V10からのゲスト参加で、おやじファイター小菱さんも参加。

夕日に向かって

撮影の為に携帯を向けるとなにやらお約束のポーズ。

3バカ集結?

夕日に向かって叫んでいるの図か・・・。

シャイニング的自然な表情

シャイニング徳田にカメラ目線を止めろと言うと次の瞬間にこの表情。この男只者ではない。

華奢なのに

只者でないといえば紘乃君。

広背筋が

どんだけ逆三になってんだよw。去年の12月に始めた(×本人に確認したら今年の1月半ばからでした)ボクシングだが体型変わり過ぎ。(ちなみにハナをかんでいるところ。風邪ひいているにも拘らず薄着のしすぎだ。)

特訓で腹が減ったので帰り際皆で食事に行く。シャイニングも紘乃君もウェイトが足りない位なので、試合前でも普通に食べる。よく食べよく動く事は運動選手として当然のこと。事故予防の観点からも当日計量のB-UPでは余裕を持った階級の選択がお勧めだ。

疲・・

疲れきったかシャイニングの表情には覇気が感じられない。

やるぜ!

それを指摘するとこの表情。試合は大丈夫か?


※1:選手の台詞には試合を盛り上げる為の脚色が施されている場合があります。
※2:写真は練習2回分から選びました。



2009年11月07日

11.29なでしこファイト

15日のB-UPスパーリングマッチに続いて、29日にはなでしこファイトがあります。うちからはR20アトム級(45Kg)に7月26日大会に引き続き朝里選手が、R30ウェルター級には滝本選手がそれぞれ出場予定となっています。
朝里(お菓子大好き)


滝本さん


2人ともとにかく真面目に頑張っていますし、試合が決まると良いのですが。・・・・と言いますのも女子の場合、ジム生自体が少ないですし、その中で試合を楽しもうと考える人となると更に少ないのが実情。おやじファイトくらいに競技人口が増えると面白くなると思うんですけどねえ。

それでも、ウチの練習生だけでも5名がなでしこファイトに参加を考えていますし、近所のキックボクシングのジムにも2名ほど希望者がいます。全国的にはまだまだこれから参加希望者が出てきそうですね。

ルール的にはおやじファイト同様、手数重視ですし、女子選手のパワー的にもおやじファイト以上に安全なスパーリング大会と言えます。ソフトグローブとヘッドギアの着用で、アマボクシング、プロボクシングの様に顔貌が変わる事が無いのも気軽に参加できる要因であると思います。(参加希望者への指導もディフェンス重視です)

ダイエット目的で始めた方のなかにも、戦いたいという気持ちが芽生えてきたりする人っていますよね。そんな時にはなでしこファイトへの参加をお勧めしますw。


※ 11.29大会での対戦希望者を募集しています。朝里選手は右のボクサーでR20アトム級、ボクシング経験は11ヶ月、なでしこファイト戦績は1戦1敗。滝本選手は右のボクサーファイター、R30ウェルター級、ボクシング歴はブランク前2年で、7年のブランクを経て約4ヶ月、ブランク前にはスパーリング大会に1度参加経験あり。対戦希望はコメント欄にお願いいたします。






Profile

金子謹也

金子歯科医院院長
「ザ・おやじファイト」R33ウェルター級 初代チャンピオン
全日本歯科大学ボクシング大会MVP
文部科学省公認スポーツプログラマー

Recent Comments
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ