2010年09月

2010年09月25日

おやじファイト石川大会にDVD入荷しました

おやじファイト石川大会のDVDが入荷しました。
137分に及ぶオヤジたちの激闘の記録をぜひご覧ください!
税込¥2415で発売中。
お問合せは0761-22-1316(金子)まで。

2010年09月24日

リング設営

 ザ・おやじファイト石川大会は、こまつ芸術劇場うらら(の大ホール)という歌舞伎用に作られた舞台で行われる。
 自前のリングを持たない我々としては、当然レンタルでリングを調達することになる。当然、毎大会ごとに組み立て、解体の作業を行うことになる。

 そして大会当日の朝8時にそれは始まった!

 ring1

 
ring2

 先ずは大体の位置に骨組みとなるパーツをおいて仮組していく。ここまでの作業は早い。

 ring3

 大会に所属選手が2名出場している小松市内のキックジムGrowの皆さんが手伝いに集まってくれた。
 地元のジムがこうして協力してくれるのは心強い限り。

ring4


ring5

 順調に組みあがっていく。

ring6

 ここで問題が発生。ナットが締まらない!?

ring7

 某氏の機転で問題は解決。どんどん組み上げていく。

ring8


ring10

 B-UP選手の石田君もお手伝い。

ring11

 
ring12

 OFB実行委員長の郷さんも一緒になって作業を行う。

ring13

 ほぼ組みあがり、・・・と思ったら、また問題発生。
 骨組み全体がゆがんでいる。
 作業を見ていた鉄工所長の石田さん曰く、「もともと移動して組み上げ、解体を繰り返すことを前提に作られていないので、目印がなく、僅かなりとも誤差のあるパーツがばらばらになった場合に元の場所に戻らないため歪んでしまうのではないか?」との事だった。
 結局、この問題は多人数を利用した力技で解決。
 
ring14

 鮎川さんもすっかり汗まみれ。

ring15

 GBジムのメンバーも選手以外は総出で手伝った。

ring16

 骨組みさえ組みあがってしまえば、後は順調に作業が進む。
 コンパネを載せて行き、・・・

ring17

 ウレタンマットを敷き詰めて、上にキャンバスを被せて、ロープを張ればほぼ完成。

ring18


ring19

 どこかで見たことのあるお方を発見!

ring20


ring21


ring22

コーナーパッドをつける。

ring23


ring24

 はい、完成!

ring25

 照明のテスト。
 ありがとう皆さん!お疲れ様!

 隣で運送のおっちゃんが、「コレもって帰ってから2人で運んで、さらに組み上げるんですよね・・・」と、暗い表情でつぶやいた。
 



 

 

2010年09月22日

石川大会試合記事は石川大会Blogに

 同じ記事を貼っていくのは面倒なので、第5試合から試合記事は石川大会Blogに書いていきます。
http://blog.livedoor.jp/oyaji_ishikawa/
 
 こちらは同じ石川大会を書くにしても、違ったモノを書くことになるでしょう。

 

2010年09月21日

ザ・おやじファイト石川大会2010 DVD発売しました

http://9006.teacup.com/donking/bbs/968

 こちらから購入可能です。感動的な激闘となったメインイベント、ハイレベルな攻防が繰り広げられたセミ、57才VS44才の渾身のど付き合いとなった第7試合などなど石川大会の素晴らしさが堪能できるはずです。

 TOMOPONさんのダンスパフォーマンスもフルで収録されているそうです。こちらも必見!ですよ。

ザ・おやじファイト2010 第4試合写真アップ

 第4試合記事に写真貼り付けました!

2010年09月20日

ザ・おやじファイト石川大会2010 観戦記写真

観戦記の第3試合まで写真を貼ってみました。もう一度見直してみてね。

2010年09月17日

ザ・おやじファイト石川大会2010の写真貰いました!

 ということで、明日から文字だけだった記事に写真を足して行こうと思います。

 写真ちゃく!


 まっててね!

ザ・おやじファイト石川大会2010 第4試合

 第4試合はRFバンタム級のオープン戦。
 
4hm2

 赤コーナー、萩原選手は仕事の都合上(本人談)石川大会の前だけ練習に来るという選手だけに、弱点はスタミナ不足。
 素晴らしいハードパンチャーでもあり、その右ストレートは破壊力抜群だ。

 おやじファイトは2戦目だが、去年の石川大会では良い面、悪い面とはっきり現れた試合振りで、序盤にダウンを奪いながら、バテて後半に猛反撃され辛くも逃げ切ったと言う内容だっただけに、今回はその反省が生かされるか。
 
 大会前からタイトルマッチを直訴してきて、実績(練習含め)とスタミナ不足を理由に断ったのだが、しつこく食い下がってきて(笑)困らせてくれた問題選手でもある。(その意気やよし!とは言っておこう。)

 4hm1

対する青コーナー、水野選手は身長175cmと、長身のサウスポー。かなりの酒好きらしく、今回の試合に向けては、その酒を断つほど努力をしたのだから相当に気合が入っていると見ていいだろう。

 辰吉ファンらしく、その風貌といい、取り巻きの友人たちといい、なかなかキャラが立っていて主催者としては嬉しい限り。(戎岡さんと話はしたのだろうか?)

 
4hm3


4hm4


4hm5


4hm6


4hm7


4hm8


4hm9


4hm10


4hm11


4hm12


4hm13


4hm14


4hm15


4hm16

 疲れて棒立ち状態。だからトレーニング不足だとあれほどっ!

4hm17

 ここまで3試合がすべて1RKOで出番の無かったRガールが初登場。プロダンサーのTOMOPONさんはRガール初挑戦にして驚きのパフォーマンスを見せる・・・。(DVDでご確認を!)

4hm18

 1R、グローブタッチして静かな立ち上がり。互いに出方を伺うようにリードパンチを飛ばす。
 萩原選手の右がヒットするが後続打がつながらない。
 水野選手はジャブをフェイント気味に使って、右を合わせたり、強引な攻めに対してインファイト殺しのアッパーを突き上げたりと、渋いテクニックが光る。
萩原選手は相当にやりにくそうだ。
 お互いにフェイントを掛け合い、警戒しあっての展開で、全体的に手数は少ない。
 
4hm19

 (※つまらないので2Rからの棒立ち写真はカットします。)

4hm20


4hm21


4hm22

 2R、水野選手に比べて萩原選手はリードパンチが少ない。
 ロングレンジで分の悪い萩原選手は接近戦に持ち込みたいところだが、スタミナ不足が災いして捕まえきれない。攻め込んでは、打ち終わりを狙われる苦しい展開。
 お互いに警戒して見合う展開の中、萩原選手の苦しげな息遣いが目立ってくる。
 このままではジリ貧の萩原選手は、何とか展開を変えようと仕掛けては、攻めあぐね、次第に荒くなって来たところに水野選手が左を合わせてダウンを奪う。

 4hm23


4hm24


4hm25


4hm26

 3R、勝つには倒すしかない萩原選手だが、完全にスタミナ切れ。分かっていても攻めきれない中、攻めて出てきた水野選手のパンチの防御に精一杯か。
 水野選手にも疲れが見えたが、結局このRも萩原選手は攻めきれずに終了。3-0判定で水野選手が勝利した。

 スタミナ不足は問題外だが、萩原選手のポテンシャルは高い。その萩原選手にはっきりとした形で勝利した水野選手には西日本タイトルなどの期待が持てるだろう。今後の活躍に期待したい。(アル中になるのは、おやじファイト引退後でお願いします。)
 
 
 4hm27

 おとうさんカッコイイ!嬉しそうな長男、次男。三男は緊張しているのかな?

 第4試合 RF バンタム級
× 萩原 正則(ゴールデンボーイジム 40才)VS 水野 直樹(江南ボクシングジム 34才)○
   (判定3-0 29-27,30-27,30-26 )

2010年09月16日

ザ・おやじファイト石川大会2010前日

前日3


 大会前日、ジム生10人位で舞台養生用のコンパネ敷き、リングサイド席の台座の設置などを行った。
 会場のうららさんサイドでは、音響や照明のチェックなどを行っていた模様。 こちらは演出に関して大体のイメージを伝えるだけで、てきぱきと形にしていってくれるプロの存在は心強い限り。

前日1


前日2


 今回はリングサイド席に台を組んで、より本格的、かつ見やすいように配慮。これがまた舞台スタッフさんの提案でもあり、この辺は前回、第1回大会での経験が生きたと言うことなのだろう。

 ちなみに、今回は思い切って、選手には好評だった花道の設置をやめた。
 その理由としては、設置、解体に手間がかかる、選手の入場がスムーズにいかない、余分のスタッフが必要、観客の邪魔などの理由があったのだが、その分舞台を生かそうと言うことで、選手入場の際に、選手が舞台中央に立ってのパフォーマンスタイムを設けることにした。
 実際、前回大会に比べて展開が速く、スムーズな進行になったのはこの決断が大きかったようだ。
前日4

 作業後に改めて感じたのは会場の素晴らしさ。
 「この会場で試合ができるおやじファイターは幸せだな・・」なんて、思ったり。

前日5



前日7

 写真を撮り終えてロビーに出てみると、残ったメンバーがお食事中。
 なんかピクニック気分?
 こんなところでお食事をさせてくれた、うららの皆さんありがとう。

前日8

 右上に写っているのは小松市伝統、子供歌舞伎の舞台である曳山のミニチュア。こまつ芸術劇場うらら大ホールは歌舞伎用に作られた舞台なのだ。
 どうでもいいけど、紘乃くんの上腕2頭筋がヤバイ。

前日9

 石田選手はじめ、みんなが読んでいるのは石川大会のパンフレット。
 紘乃くんだけがデジカメでなんかやっていると思ったら、・・・・・

前日10

 こらっ!本人が目の前でご飯食べてるぞ!


前日11

 そのお弁当がこれ。小松市のキックジム代表で、友人の平井彰君(実家が仕出し料理屋さんをしているのだ。店名は天平。)に頼んだものなのだが、X00円でこの内容はやりすぎなんじゃ・・・@@;;







 



2010年09月15日

ザ・おやじファイト石川大会2010 第3試合

 第3試合は、R40ライト級のオープン戦。

3kk1


3kk2
 

厄払いもかねて試合出場を決めたと言う厄年の河上選手と、初老の小山選手の戦い。

 
3kk3


3kk4


3kk5

この試合も開始早々に激しい打撃戦となった。

3kk6


3kk7

 小山選手はGBジムへも何度か出稽古に来ていて、我々にはおなじみの選手なのだが、かなりの曲者テクニシャン。ポジションやタイミングを巧みにずらしてパンチを打ち込む上手さを持っている。
 ただし、練習不足気味でスタミナに欠ける嫌いがあって、そこを突かれたら苦しむだろうと予想していた。(去年はそんな負け方だったしね)

3kk8


3kk9

 そして、この短期決戦的な打ち合いは小山選手に吉と出る。
 低いポジションからの意表をつくオーバーハンド。中に入ってはアッパー、フックと、叩きつけて優位に。
 ムキになって攻め込む河上選手は、気持ちの強さは示したものの、かえってそれが仇になり、変則的なポジションからのパンチの餌食となってしまった。

3kk10


3kk11

 小山選手は初勝利おめでとう!
 河上選手は来年の挑戦を期待しております!(今回の試合で厄は払えましたでしょうか?)


 
 第3試合 R40 ライト級
 × 河上 功(トヤマフィットネスボクシングジム 41才)VS 小山 直希(Grow 40才 左)○
   (1R 0:58秒 TKO )

ザ・おやじファイト石川大会2010 DVD発売決定!

 全9試合中、KO決着が5つと激闘満載の石川大会2010のDVD化が決定。
 57才の選手が44才の選手と渾身のど付き合い!
 ハイレベルで重厚な攻防が堪能できるもとアマ、プロ対決!
 ダウンの応酬、本年のおやじファイトベストバウト候補、前西日本王者VS赤井英和モドキ!
 
 他、おやじ・なでしこ・OFBチャンピオンによる(おやじ的に)豪華エキシビション。
 ファイヤーダンサー、TOMOPONさんのキュート、セクシー、ダイナミックと、3拍子揃ったダンスパフォーマンスをフル収録!(必見!)

 今月中には発売予定。お楽しみに!


2010年09月14日

北国新聞記事

 こちらは北国新聞朝刊の記事試合結果については何も言うまい。 

北国新聞


ニュース番組でも

TV紹介


 ニュース番組内で、ザ・おやじファイト石川大会2010を紹介。
 なでしこチャンピオン朝里の紹介がメインでは有ったが、蛸島選手(57才)の試合映像などが紹介されていた。

中日新聞記事

http://www.chunichi.co.jp/article/ishikawa/20100914/CK2010091402000135.html

本日の朝刊に掲載された紹介記事。
このメインイベントは観客に感動して泣いている人が居たほどに白熱した試合。
まさに激闘でした。

ザ・おやじファイト石川大会2010 第2試合

 第2試合は、R33ウェルター級(66Kg契約)のオープン戦。
 2yh1


2yh2


 第1試合に続いて、こちらも両選手ともデビューとなる試合だ。

 2yh3


2yh4

 やはりデビュー戦とあって、両選手の表情には硬さが見える。

 2yh5

 この試合も試合開始と同時に激しく打ち合う展開。

2yh6

 そんな中、ワイルドに打って出た堀選手に山口選手の右が直撃して堀選手ダウン!

 2yh7


2yh8

 イエローフラッグ投入による中断。

 2yh9

 親友のハタケモドキが懸命に指示を出す。

2yh10


2yh11


2yh12


2yh13


2yh14

 すぐに立ち上がって続行をアピールする堀選手は、再開後さらに熱くなってガムシャラに打って出たところに続けてクリーンヒットされ、危険と見たレフェリーの戎岡さんが割って入って試合終了。
2yh15

 最高の形でおやじデビュー戦を飾った山口選手は、歓喜の面持ち。

 対照的にうなだれて意気消沈の堀選手。
 普段のジャブから入る基本的なボクシングが全く発揮できなかった堀選手には後悔の残る内容だった。(次ぎ頑張れ!)


2yh16


第2試合 R33 66kg契約ウェイト
 × 堀 雅幸(ゴールデンボーイジム 39才 ) vs 山口 智明(RYNX 39才)○
   (1R 1:34秒 TKO )


Profile

金子謹也

金子歯科医院院長
「ザ・おやじファイト」R33ウェルター級 初代チャンピオン
全日本歯科大学ボクシング大会MVP
文部科学省公認スポーツプログラマー

Recent Comments
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ