2012年12月

2012年12月31日

今年1年ありがとうございました

 GOLDENBOYGYMは、今年も多くの皆様に支えられて年末を迎えることができました。

 試合一つをとっても選手にトレーナー、練習パートナー、主催団体にレフェリー、ジャッジ、リングドクター、観客と本当に多くの人の力が必要です。

 ジムの運営も会員の皆様、トレーナー、それぞれのご家族の協力などなど、本当に多くの方々に支えられていることを感じます。

 このBlogも友人が作ってくれたものですし、ジムのHPも会員の方がご厚意で作ってくださったもの。

 皆様に心より感謝を送ります。

 「得するよりも徳をしたい」この気持ちはジムでも歯科医院でも全く同じです。来年も覚悟して進んでいきます。
 
 今年もたいへんお世話になりました。
 
 ご恩返しができるように頑張りますので、来年もよろしくお願いいたします。

ボクシングとの出会い

 ボクシングは父が教えてくれた。
 父は家庭的とは程遠い人間だったので、キャッチボールすら殆どやってくれなかったのだが、ボクシングだけは進んで教えてくれた。
 そもそもかなりのアル中で、殆ど家にいたことのない父だっただけに、「長男の自分が強くならねば!」と子供だてらにアクションヒーローや空手バカ一代などにはまり込んで、家の中でエイ、ヤア、とう!なぞと叫んではトレーニングに励んでいたものだ。
 そんなある日、滅多になかったことだが、たまたま早い時間に戻ってきた父がそれを見かけて、「おっ、ボクシングやってるのか?ボクシングは良いぞ〜」なんて言って、手とり足取り教えてくれたのだ。
 これはもう物心ついた頃から言えば、ほぼ唯一といっていい父とのスキンシップで、それだけに幼心に強く刻まれたのだろう。いつでも酔っ払っていたから、「ほら、これがボディブローや」とか言いながら時折当ててくるパンチが本気で痛くて参ったものだけど、それでもとても嬉しかったことを覚えている。

 本格的にボクシングを始めるのはかなり後で、大学のボクシング部に入ってからなのだが、自分のボクシングの原体験は子供時代に父から習ったボクシングであり、楽しさ、明るさ、幸せなどと結びついて、心の中で非常に大事なものとなった。

 それだけに自分が語るボクシングの理想は時に「キレイ事」や、「お遊び」と受け取られることもあった。しかしボクシングの持つ残酷、厳しさ、命懸けといった側面を否定はしない。勝者がいれば敗者がいて、格闘技だけにその明暗は強く現れてしまうがそれも当然のこと。
 スポーツ競技は人生の縮図とよく言われる。人生に浮き沈み、明暗は当然であり、それはボクシングも同じだ。要は見る角度や受け取り方の問題だ。
 だから自分にとってはボクシングは素晴らしいものであり、その素晴らしさを持って人々の幸せの実現に役立てられるものだと信じているのだ。


2012年12月24日

蛍ちゃんニュース映像



GBジム最年少女子選手、蛍ちゃんのニュース番組内で放送された特集映像です。

Field of Dreams  18

 いつも嬉々として練習に励むMさん。去年の10月には1年に満たない練習歴ながらソフトボクシングの大会で勝利を収めるなど、絶好調の彼であるから楽しいのも無理は無いのだが、その風貌からはボクシングと最も縁遠いタイプに見えるだけに、どうしてボクシングを始めたのかが気になった。

「前にも聞いたと思うんだけどさ、Mさんってどうしてボクシングを始めたんだったっけ?」
「自分を変えたかったんです」
「なるほど。自分で変わったと思う?」
「スッゴク変わったと思います!でもまだまだ2段階も3段階も変えて行きたいです!」

 確かに彼は大きく変わったのだろう。以前に感じたひ弱さが消えて、返答の仕方も堂々としているし、姿勢も猫背気味に見えたのが、しゃっきりと胸を張って歩くようになった。立ち居振る舞い以上に変わったのが体格だ。のっぺりとしていた胸や背中には明らかな隆起が現れ、二の腕との境界があいまいだった肩もボクサーらしく張り出すようになった。まあ、もっと変わったのは彼のボクシングなのだけれど。
 
 



2012年12月21日

ザ・おやじファイト愛知県大会 なでしこファイトEX 動画



B-UP 石川大会2012  写真17

DSC_0021




DSC_0022




DSC_0023




DSC_0024




DSC_0025




DSC_0026




DSC_0027




DSC_0028




DSC_0029




DSC_0030




DSC_0031




DSC_0032




DSC_0033




DSC_0034




DSC_0035




DSC_0036




DSC_0037




DSC_0038




DSC_0039




DSC_0040




DSC_0041




DSC_0042




DSC_0043




DSC_0044




DSC_0045




DSC_0046




DSC_0047




DSC_0048




DSC_0049




DSC_0051




DSC_0053


2012年12月19日

ボクシングと健康

 幸せな人生は健康から。なのだが健康な生活を送るには病気に罹ってからの治療よりも、普段からの予防的なライフスタイルこそが重要だ。

 健康的、予防的ライフスタイルといえば、必ず出てくるのが運動。

 さまざまな運動が在る中、ではどうしてボクシングなのかという事になるが、ちゃんと理由がある。

 健康増進のスポーツとして代表的なジョギングや通常のエアロビクス(競技エアロビクスは凄まじいです)などと比比較すると。

○筋トレ的要素がふんだんに有り、代謝の上昇や筋ポンプ作用の向上につながりやすい。
 バッグやミット打ちなどはハードな筋力・パワートレーニングになり得る。

○反射的動作が非常に多く、危険回避など、アクティブセーフティーにつながり怪我の予防効果が高い。
 例えば、70歳を過ぎると転倒からの骨折が寝たきりにつながり易くなるのだが、反射的運動を取り入れることが予防になることが明らかになっている。これは70歳を過ぎてからでもトレーニングできるものだ。

○格闘技の持つ楽しさがあり、ストレス解消効果も高い。
 闘争という行為は、犬や猫がじゃれ合う事にも似て、根源的な楽しさがある。この事は継続していく上で大きな助けとなるだけでなく、アクティブなストレス解消方ともなり、ストレスコントロールと同時にストレス耐性も向上する。

 ボクシング・トレーニングを通じて人生にさらなる輝きを。これはGOLDENBOY GYMの名前に込めた数ある思いの一つでもある。


2012年12月13日

B-UP 石川大会2012  写真16

DSC_0001




DSC_0002




DSC_0003




DSC_0004




DSC_0005




DSC_0006




DSC_0007




DSC_0008




DSC_0009




DSC_0010




DSC_0011




DSC_0012




DSC_0013




DSC_0014




DSC_0015




DSC_0016




DSC_0017




DSC_0018




DSC_0019


2012年12月06日

B-UP 石川大会2012  写真15

DSC_0318




DSC_0319




DSC_0320




DSC_0321




DSC_0322




DSC_0323




DSC_0325




DSC_0326




DSC_0327




DSC_0328




DSC_0329




DSC_0330




DSC_0331




DSC_0332




DSC_0333




DSC_0334




DSC_0335




DSC_0336




DSC_0337




DSC_0339


2012年12月05日

北国、北陸中日新聞 なでしこファイト記事


2




2


2012年12月02日

12.2OFBチャンピオン・カーニバル Princess♡ 朝里紘乃試合結果

 日曜日に新宿FACEで開催されたOFBチャンピオン・カーニバル。その第8試合で行われた朝里選手のなでしこファイトアトム級タイトルマッチですが、結果は3-0の判定勝利で朝里選手が新チャンピオンとなりました。


DSC_7442


 この試合を受けて下さった民谷選手、陣営の皆様、観客及び応援に来て下さった皆様、大会を運営されているOFB実行委員会の皆様、スポンサー様、そしてトレーナーはじめ協力してくれたジムの仲間たちに感謝いたします。ありがとうございました。

 ソフトボクシングである なでしこファイトと言えども試合となれば、多くの方々の協力無くしては実現するものでは有りません。肝にめいじて今後もこの競技を盛り上げるべく頑張りたいと思います。



 試合後にジャッジ八島氏より、ホールディングなどに対する抗議の柄が悪いとのご指摘を受けました。
一瞬、「反則なんだから」と反論したものの、直ぐに反省。次からそんな事が無いように気をつけます。つい先程までも改めた抗議の練習をしながら運転しておりました。

これまで×
「おいおいホールディングすんじゃねえよ、ごるああああ!」

反省後○
「おーい、ホールディングだよ、反則しないでよ!」

 さっそく今日のジムワークから品の良い抗議や指示を皆で習慣にして行こう。ボクシングが持つ負のイメージを変えたいと行動してきたにも拘らず、真逆の事もしていた訳ですから大いに反省です。





2012年12月01日

12.2 なでしこファイト アトム級タイトルマッチ

 明日はいよいよ新宿Faceで開催されるOFBチャンピオン・カーニバルで、GBジムのPrincess♡朝里紘乃選手がなでしこファイトアトム級のタイトルに挑戦する。

 ここまで故障や病気の問題もあったものの、それを乗り越えてたどり着いたタイトルマッチだ。
 だからこそ、これまでの朝里選手から大きく進化した姿を見せられることと確信している。

 久々の新宿Face、チャンピオンカーニバルと言う大舞台でタイトルマッチを精一杯楽しんで来てもらいたい。やるべき事はやって来たのだから。

Profile

金子謹也

金子歯科医院院長
「ザ・おやじファイト」R33ウェルター級 初代チャンピオン
全日本歯科大学ボクシング大会MVP
文部科学省公認スポーツプログラマー

Recent Comments
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ