ラノベ『僕の妹は漢字が読める』がマジキチ これがラノベの最先端だ!
    2011年06月28日 コメント(440) ゲーム・漫画・アニメ 
    931イラストに騙された名無しさん :2011/06/25(土) 15:25:40.34 ID:DHK5V6fV
    『僕の妹は漢字が読める』を試し読みしてみたが、いろいろとヒドいwww
    しかし、続きの気になる終わり方で特攻してしまうかもしれないw

    僕の妹は漢字が読める (HJ文庫 か)
    試し読み
    http://www.hobbyjapan.co.jp/hjbunko/tachiyomi/1107/110702/_SWF_Window.html

    一部抜粋

    02

    03

    04

    05

    06

    07



    11

    20

    21



    29

    30



    38

    39

    40

    42

    43

    44

    45

    46

    47

    48

    49

    50





    947イラストに騙された名無しさん :2011/06/26(日) 00:10:33.13 ID:6rWuVGWq
    >>931
    気になって試し読みしてみた

    すごすぎるwww





    933イラストに騙された名無しさん :2011/06/25(土) 17:35:02.53 ID:fyvBErcg
    漢字が読めるはラノベが文学の主流になったらいかにやばいか、って感じだなw




    936イラストに騙された名無しさん :2011/06/25(土) 21:00:27.19 ID:Rmpy/FB5
    漢字が読めるを数ページ試し読みした。
    ……これは凄い攻めだ。売れるかどうか心配だ。





    932イラストに騙された名無しさん :2011/06/25(土) 16:21:38.73 ID:zU9QMko5
    漢字が読める、オオダイラ文体で糞笑ったw爆発覚悟で買うわw
    アイノも試し読みしたけど、主人公が異世界に移動する際に神様的存在に能力与えられるとか
    ネット小説で掃いて捨てるほどありそうな導入だったな





    934イラストに騙された名無しさん :2011/06/25(土) 19:51:05.98 ID:n3BCht8l
    漢字が読める、俺も立ち読みの続きが気になるんで買って見るわ
    なんか立ち読みの範囲でも、伏線いろいろ張ってあるように思えるし・・・





    935イラストに騙された名無しさん :2011/06/25(土) 20:08:04.57 ID:gFlySmUp
    漢字が読めるは久々に攻めの姿勢を感じたわ
    取り合えず買いだ





    938イラストに騙された名無しさん :2011/06/25(土) 21:15:43.12 ID:ZXrmTKRQ
    絶対領域だけ買おうと思ってたがこれはチェックしないとだな……




    940イラストに騙された名無しさん :2011/06/25(土) 22:41:59.56 ID:tePGl15u
    漢字すごいすごいっていうから立ち読みだけ読んで頭抱えたw
    どうしよう。すっごい気になるけど、すっごい地雷な予感もするしw





    942イラストに騙された名無しさん :2011/06/25(土) 23:05:10.22 ID:A9A8xd5f
    核地雷だったら、それはそれで話のネタになるので、オレは買う




    944イラストに騙された名無しさん :2011/06/25(土) 23:19:53.27 ID:h/T6/ogn
    ここ見て、漢字立ち読みしてきたが……
    面白そうな気もするが、まともに読んだら精神汚染されそうで怖いw





    948イラストに騙された名無しさん :2011/06/26(日) 01:31:31.46 ID:IK6JARGS
    漢字…
    未だかつてHJ文庫で試し読みがこれほど有効活用された作品があるであろうか?!
    …内容は酷いんだけど続きが気になってしょうがないorz





    949イラストに騙された名無しさん :2011/06/26(日) 01:48:21.87 ID:kWeJkOLy
    すげえ・・・




    950イラストに騙された名無しさん :2011/06/26(日) 03:33:47.30 ID:RxQYqpb0
    創刊5周年のラインナップにふさわしい最狂っぷりか。




    951イラストに騙された名無しさん :2011/06/26(日) 07:03:25.35 ID:5DkQqg3p
    またまたおまえら大げさなんだからw

    と思って試し読んでみたけど、これはガチだな。アリだな
    発想勝ちだわ。HJ文庫を久しぶりに買うかもしれない





    952イラストに騙された名無しさん :2011/06/26(日) 09:36:23.23 ID:5MzWk7YK
    やべえ、これはすげえな
    この尖り方は人を選ぶってレベルじゃねえw





    953イラストに騙された名無しさん :2011/06/26(日) 10:06:00.62 ID:oEpZhCIB
    これはひどいwww

    通読感想待ちだな





    954イラストに騙された名無しさん :2011/06/26(日) 12:41:15.30 ID:0VAqUGvE
    おれは試し読みもなしで特攻する




    955イラストに騙された名無しさん :2011/06/26(日) 13:09:08.89 ID:s2K78WYn
    か…漢だ




    956イラストに騙された名無しさん :2011/06/26(日) 13:11:49.05 ID:V4Ncn2c+
    漢字だけにまさに漢だな




    957イラストに騙された名無しさん :2011/06/26(日) 15:31:23.69 ID:6Z8wa3QO
    今回は、覚悟を決められたというか
    なんか心穏やかに悟りを開いた状態で地雷を踏みに行けそう





    958イラストに騙された名無しさん :2011/06/26(日) 16:33:53.48 ID:Fqkuu6oB
    このままネタ小説としてぶっちぎるならゴミ箱ダンクシュート確定だが
    でも最後の最後で近代文学的視点人物が出てきたのでちょっと期待





    959イラストに騙された名無しさん :2011/06/26(日) 17:14:35.23 ID:POLOwuNH
    漢字、ネタで突っ走るだけじゃなくて作中でそれを客観的に見る視点があるのが好印象
    なんか昨今の風潮をカリカチュアライズしたみたいな感じだな

    内容如何にもよるだろうけど、口コミで売れてく気がする





    960イラストに騙された名無しさん :2011/06/26(日) 17:40:34.84 ID:Fqkuu6oB
    >昨今の風潮をカリカチュアライズ
    まさにこれ
    これをやるつもりなら個人的にはかなり楽しみ

    主人公君と我輩さんは作中で出会う?それとも既出のキャラの誰かが我輩さん?
    それで世界が変わる…少なくともその可能性くらいは示して終わりなのだろうか
    でも社会全体が既に漢字消失しててどうしようもなさそうなんで
    全体はネタでぶっちぎりつつ我輩さんが嘆いて終わりかな?
    或いは我輩さんも最後に汚染されて終わりというブラックオチかもしれない
    どちらにせよとりあえず読んでみようとは思う





    961イラストに騙された名無しさん :2011/06/26(日) 18:07:55.39 ID:+u/M0X79
    一発ネタすぎるw




    962イラストに騙された名無しさん :2011/06/26(日) 18:57:35.50 ID:5DkQqg3p
    吾輩さんは義理の妹ってオチだと思う

    しかしまあ、確かに一発ネタだから続けるのは難しそうだな
    まだ発売されてもいないうちから言うのもアレだがw





    964イラストに騙された名無しさん :2011/06/26(日) 21:36:14.05 ID:iOEzALYB
    妹漢字は凄く読んでみたいが、激しくHP削られそうだ




    965イラストに騙された名無しさん :2011/06/27(月) 02:15:37.10 ID:BKj/UD45
    HPというよりはむしろSAN値
    僕の妹は漢字が読める (HJ文庫 か)
    かじいたかし
    ホビージャパン
    売り上げランキング: 109
    • 「ラノベ『僕の妹は漢字が読める』がマジキチ これがラノベの最先端だ!」をTwitterに投稿する
    • 「ラノベ『僕の妹は漢字が読める』がマジキチ これがラノベの最先端だ!」をいいね!する
    この記事へのコメント
    1. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 00:16
    え・・・
    意味分かんないんだけど
    なんかすごいね
    2. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 00:23
    発想はいいんだろうけど三回くらい壁に投げつけそうだ
    3. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 00:24
    邪道すぎるwwww
    4. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 00:26
    何がどうすごいかすげえ気になるけど長すぎて読む気分になれない・・・
    5. Posted by 以下、がお送りします。   2011年06月28日 00:26
    これは…幼稚化の一途をたどる近代文学へのアンチテーゼとライトノベルそのものに対する(ry
    6. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 00:27
    ry)をよりにもよってラノベでやりやがったってなw
    7. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 00:29
    挑戦的だなすごく楽しそうだが
    頭が痛くなりそうだww
    8. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 00:29
    発想は面白いね。
    ただ、二巻三巻となったときに新化が問われそうなきがする。
    一巻は買おうかな
    9. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 00:32
    26世紀青年みたいな感じか
    10. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 00:34
    何これwwww
    ラノベなんて中学生以来読んでないけど買ってみようかな……
    いい年した大人が買うのはちょっと恥ずかしいけど……
    11. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 00:35
    全部読んでないけど
    そこまで文字が破綻してるなら
    筒井康隆みたいに造語作りまくって
    注釈つけながら、って感じにしたらいいのにな。
    12. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 00:37
    筒井康隆みたいな感じか
    13. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 00:38
    普通に面白そうなんだが・・
    14. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 00:38
    この作者絶対筒井康隆好きだろwwwwクソワロタwwww
    ラノベも捨てたもんじゃねえな。
    15. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 00:39
    なかなか面白そう
    当日帰りに書店寄ってみるか
    16. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 00:41
    ・・・。
    もっと難しい言葉や複雑な漢字を多用してくれ
    17. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 00:42
    さんはい!

    きらりん!おぱんちゅ おそらいろ
    きらりん!おぱんちゅ おそらいろ
    きらりん!おぱんちゅ おそらいろ

    はにゃ〜ん☆
    18. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 00:43
    なんだかわからん
    頭の悪い俺に誰か教えてくれ
    19. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 00:44
    無理無理、これは無理
    1巻だけの短編で出すならともかく、メディアミックスを踏まえた展望を踏まえるとラノベの上位には即けない

    ただ「されど罪人〜」がラノベの最王道として持て囃されてるように、これはラノベの最邪道になることはありえる。そういった意味では未来があるな
    20. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 00:44
    どうすんだよこれ・・・
    ためし読みの時点で耐え切れなくて途中流しちまったぞ・・・
    21. Posted by 以下、このコメントは削除されましたがお送りします。   2011年06月28日 00:46
    このコメントは削除されました
    22. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 00:46
    orz
    これが最先端……
    23. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 00:47
    冷静に考えたら短編向けの一発ネタだが作者は一巻分持たせられるのだろうか。
    24. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 00:47
    お前らがすげぇとか言ってるのって大低キモいしな
    25. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 00:48
    ※16
    お前頭悪いだろ
    26. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 00:48
    発想は面白いけど、23世紀になっても漢字が使われなくなることはないだろ。
    登場人物は一体、どんな言語と文字を使って生活してるんだ?
    エスペラントか?
    27. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 00:50
    もしかしてこれって漢字教育廃止した某半島国家を揶揄してるんじゃないのか・・・?
    28. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 00:51
    さすがラノベ()だな
    ガキの悪ふざけがそのまま売りだされるあたり本当に適当に出版してるな
    29. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 00:54
    筒井康隆を研究するだけで、ラノベはまだまだ戦えるな。
    そもそもキノの旅だって、要は旅のラゴスだしな。
    30. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 00:57
    クソワロタwwww

    ラノベという媒体を使ってラノベなんかクソだ!って批判してるわけかwwww

    出版側も執筆側もスゲー度胸だなw
    心意気は気に入ったわ
    31. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 00:57
    この時代の「身体測定」はどんな単語あててんのかね
    あと中華圏はマルっと死滅でもしたのか…

    なんか、整合性を保つだけでも半端ない労力の掛かりそうな設定だけど、
    ちゃんと破綻させずに成立させることができたのか、結構気になる世界観…
    32. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 00:57
    こんなのが許せられる時代って・・・・
    33. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 00:58
    今後これの二番、三番煎じが出てくると思うと、こめかみが痛くなるな
    34. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 01:00
    確かにこれは筒井っぽいね。
    特に「火星のツァラトゥストラ」を思わせる。
    あと、笙野頼子なんかも彷彿とするね。
    35. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 01:03
    冒険心が有るのは良い事だ
    36. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 01:04
    米26
    どんな言語って・・・オオダイラ語だろ
    37. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 01:04
    おれは筒井康隆読んだことないから藤子F不二雄のSF短編を思い出した。短編としてなら読んでみたいけど、シリーズになるのかこれ・・
    38. Posted by 以下、名無しがお送りします。   2011年06月28日 01:05
    2ページ目で頭痛くなった
    こういうのがラノベなの?
    39. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 01:05
    こういう皮肉めいたのは好きだwwwww
    40. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 01:05
    何だ?今のラノベって小難しい文体を用いてるだけで持て囃されるのか?
    41. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 01:06
    米32
    態とだよな?態とだといってくれ…
    42. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 01:07
    こういう発想ができる人尊敬するわw
    43. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 01:07
    ラノベは文学じゃない
    絵の書けない漫画家の逃げ道

    数年前から結論でてるんだから
    そんな顔真っ赤にして怒るなよオマエラ
    44. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 01:08
    いや面白いかもしれないけど、短編レベルだろ。まるまる一冊この内容ってのは……
    45. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 01:09
    このものがたりちゅうにつかわれている『じゅうこうだ』のひとことをとりあげてもいみがとくていできない。
    ぜんごぶんのつながりで、そのいみをはんだんするしかなく、にじゅうさんせいきせかいではあるいみどくしょのちからはこうじょうしているのだろう。
    また、ぶんのあいまいさをさけるため、できるだけあいまいさをなくすぶんのつくりにされているひつようがある。
    つまりは、ぶんしょうをつくるのうりょくも、われわれではとうていかなわぬだろう。
    すばらしい、さくひんだ。

    46. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 01:09
    これラノベを暗に否定(危惧?)してるわけだよね。
    普段からラノベ通読してる人達はこれ読んでどう思うんだろう…
    普段ブヒブヒ言ってるのが否定されてんだろ?
    47. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 01:10
    勝手にやれ
    48. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 01:11
    作者はこれがデビュー作か。これ一冊で自主的に消えて行ったらカルト人気出そうだなw
    49. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 01:11
    こういうのよく読む気が起きるなぁ。
    別にライトノベルを馬鹿にする気はないが
    タイトルの時点で嫌にならんか?

    ただ流行り物に乗っかってるだけじゃない。
    内容に主義・主張があればこんなどこかで見たようなタイトルにはなるまい。

    だからタイトルが適当→内容もB級としか連想できん。
    まあ作者じゃなく出版社が「変えろ」と案を出しているんだろうけど。
    50. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 01:12
    ※40これが小難しいだと・・・。
    51. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 01:12
    ※46
    結局これも女の子が出てるからブヒブヒできるよ
    52. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 01:13
    ハングルに対する当てつけにも見えるなw
    53. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 01:13
    イラストの塗りがいかに大切かが表紙と挿絵のギャップでよく分かった。
    54. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 01:13
    こういう悪意たっぷりな話好き。
    55. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 01:17
    発想と印象は凄いな
    問題はこれを1巻分ダレ無く続けられるかだけど
    56. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 01:18
    筒井康隆の小説でこんなのあったな
    57. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 01:18
    あまりにもぶっ飛んでて笑った。
    とりあえず買うか・・・
    58. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 01:19
    シニカルなSFが大好きなので普通に読んでみたいと思った。
    ただ今後登場するであろう他の女の子キャラをどこまで皮肉って描けるかが気になるな。
    59. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 01:20
    ※50
    ああ44、45ページ以外が難しすぎる
    60. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 01:21
    地の文が酷いw
    ラノベってこんなレベルばっかりなの?
    61. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 01:21
    真っ先に源氏物語が浮かんだわ
    最後まで読んでみないとわからんけど単純なラノベ批判ではないんじゃね?
    62. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 01:29
    ※59
    お前、さては23世紀からタイムスリップしてきたな?
    63. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 01:32
    なんかブラッドベリの「華氏411」思い出した。
    あらゆる本が禁書扱いされてる世界が舞台の長編。
    64. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 01:33
    ラノベを否定というより分かっててバカをやるのがライトな文化の楽しみ方だからな
    電波ソングとかね
    こういうバカにしたのもまた正統なラノベだろう
    65. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 01:34
    ※40
    この試し読みの中に
    小難しい文体があったと思うお前がヤバイ
    66. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 01:35
    僕の妹は漢文が読める?

    挙がってるのを流し読みした限りだと、ラノベをディスる
    というより「文学」をありがたがってる連中に対する当てつけ?って感じ

    面白そうなんだけど自分文芸関係の事情はサッパリなんで無理ぽ
    67. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 01:35
    清水義範の「神々の歌」みたいな設定だな。
    68. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 01:37
    ラノベ読んだことないけどこう言うのがもてはやされてんのか。。。先がねえな
    69. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 01:38
    この世界の法律の文とかどうなってんのかね。
    オオダイラ文体の憲法とか読んでみたいね。

    てんのーわ にほんのくにのシンボル☆ でありにほんのみんなのシンボル☆ であって このちいわ しゅけんをもってるにほんのみんなのそーいにもとずく

    とか書いてあるのかね。
    70. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 01:40
    加えて挿絵も酷い、頭薄過ぎ(骨格的な意味で)
    71. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 01:42
    最初の数ページでハングルを皮肉ってるのかと思ったら
    こっちの方向で来たか……。
    筆者がどんな主張を持ってるかは測りかねるけど
    もしメディアミックスされたなら萌え豚がブヒるタイプの作品になるのは間違いない。
    72. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 01:45
    未来に生きてんな…
    73. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 01:45
    スレ>>962
    義妹が我輩はないだろう
    だって初っ端から携帯小説読んでるんだぜww
    74. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 01:47
    我輩さん以外のとこ読むのが辛すぎるだろ…w
    75. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 01:47
    ※65
    どうみても小難しい文体だろ
    76. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 01:47
    はっそうはまあまあかとおもったけどね
    よみたいとおもわせるおもしろさがないな
    77. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 01:48
    頭がいい人が全力でふざけましたって感じ
    流水系
    78. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 01:56
    こんなん言ったらあれかもしれんけど・・・
    イラストが致命的にダメだ。もうその時点で読む気せぇへん
    79. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 01:57
    「1984年」に登場する社会主義国が、言葉の語彙を減らして、人々の思考を狭めようとするのを思い出した。
    80. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 01:57
    うっわきっついな……
    斬新なのは間違いないけどさ……吐き気がする

    ラノベ読者ってこんなのを求めてるんだねー
    81. Posted by 以下、あがお送りします。   2011年06月28日 01:58
    試し読みしたら想像以上だった…
    確かに気にはなるな
    82. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 01:58
    合間合間の文章はいまいちだけど、発想は面白い。
    割と作りこんでそうだから1巻はおもしろそう。
    83. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 02:00
    米73
    読んで自分の作風に合う本を探してるんじゃね?

    84. Posted by 以下、このコメントは削除されましたがお送りします。   2011年06月28日 02:02
    このコメントは削除されました
    85. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 02:02
    冒頭の設定のお陰で内容自体もある程度大雑把な文体でも許されるし
    これは完全に発想の勝利だな…
    86. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 02:08
    人間が馬鹿になったら未来はこうなるという暗示なのか

    そこまで深くはないか
    87. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 02:09
    つーかこの後、妹の影響で主人公が日本文学の良さに目覚め
    萌え豚を卒業していくって展開なのかな?
    やだ興味あるー
    でもおぱんつ連発でめまいがした。誰か代わりに読んでくれ
    88. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 02:10
    笑いをとろうとしてる小説ってこんなもんだよね
    89. Posted by 以下、名無しがお送りします。   2011年06月28日 02:13
    必死すぎ
    90. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 02:16
    最初の数ページでどうたら言ってる奴が不思議だ
    たかだか50ページの試し読みで音を上げるのか

    まあ俺も途中諦めそうだったけど
    50pまで読んだらそれまでの評価が一気に裏返った
    91. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 02:19
    漢字が存在しないだけなら大いにありうると思ってたらオオダイラ先生の名文で死んだ
    一応平成ラノベレベルの文章は書ける人なのに……
    92. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 02:19
    この手の作品はどんなに適当に書いても
    読み手が勝手に深読みして有難がってくれるから楽なもんだな
    TV版エヴァの最終回みたいなもん
    93. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 02:19
    今でこそありがたかれている古文も
    単に貴族の暇人が暇つぶしに書いただけってのもあるからな。

    遠い将来アニメや漫画やラノベが教科書に載っていてもおかしくはない。
    もちろんお前らが生きている間は遠い将来に分類されないだろうが…
    94. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 02:22
    我輩はもっとそれらしくても良いんじゃないか?
    設定は面白いけどお金払ってまで読もうとは思わないな、呼んだ人の感想聞くだけで良いわ、あとこういう作品書くならもっと教養のある人が監修とかしたほうが深みはでそう
    95. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 02:27
    コメント欄のラノベアンチらしき人たちのほうが面白い
    どんな立派な感想が聞けるのかと思ったら「気持ち悪い」「吐き気がする」って・・・
    96. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 02:29
    政治的に正しいグリム童話、みたいなメタな一発芸になるか
    それともただの電波奇書で終わるか

    ……あれ?どっちにしても微妙じゃね?
    97. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 02:36
    ほお・・・しかもHJ文庫か
    98. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 02:37
    宣伝お疲れ様です。
    買いません。
    99. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 02:45
    電撃じゃなければなんでもいいわ
    かわねぇけど
    100. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 02:46
    斬新さはあるが絶対買わない
    101. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 02:55
    面白くなさすぎて立ち読みすら全部読めなかった
    叩かれてるケータイ小説と何が違うんだこれ 文体のオタ受け?
    102. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 03:07
    このラノベが皮肉ってるのはラノベをありがたがってる連中ではなく、高尚なメインカルチャーをありがたがってる大人たちだろ

    ついでに言うなら地の文が稚拙なのもわざとなんじゃないか?
    103. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 03:11
    これだけで評価はできないや
    ある意味ラノベらしい気もするけど
    104. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 03:12
    下手なラノベよりずっと興味沸くわ
    にしても何気に怖いなこの内容…
    105. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 03:14
    これは馬鹿には分からんだろう
    さらに頭が良くてもメイン、サブカル、カウンターカルチャーに対して理解があって、しかも割と物語的お約束とか細かい仕様に寛容でないと読めたもんじゃないはず

    要するに俺には読みこなせないかもしれない
    106. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 03:18
    導入部とおぱんちゅの部分と
    最後だけ読めばおk


    ん〜…
    とりあえず様子見かな
    107. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 03:20
    ケータイ小説は叩いてラノベは擁護
    分かりやすいね萌え豚w
    108. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 03:20
    放射能汚染が深刻化した未来の日本はこんな事になるのか・・・・
    109. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 03:25
    意味を理解せず批判する奴が多くてわらた
    俺のこれもラノベ信者にしか見えないんだろうなw
    110. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 03:29
    ※107
    萌え豚が萌え豚叩いてんじゃねーよ
    この萌え豚がァ!
    111. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 03:34
    この発想はおもしろいな 買うわ
    112. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 03:42
    ※107
    ケータイ小説は平成を代表する高尚な近代文学だというのに!
    このラノベを読んだからわかる
    113. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 03:43
    とりあえず、この作品が面白くないとかケータイ小説と同じとかラノベらしいとか言ってる奴は、この作品の意図が理解できてない本物の馬鹿だってことはわかった

    理解できてない奴に解説してやるが、
    この作品は、ラノベやケータイ小説に対する物ッ凄い皮肉であり、ラノベやケータイ小説を有り難がってるキモオタ業界に対する風刺だ

    ラノベやケータイ小説なんかが面白いとか言ってる馬鹿が増えれば、いずれ日本はこんなアホみたいな世界になるぞって、警笛を鳴らしてるわけだ
    しかもそれを、事もあろうにディスってるラノベという媒体そのものを使ってやってる

    すんげぇロックな内容だぜ、これ
    つかよく出版社はOKしたな
    114. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 03:56
    なんというか、こめかみをハンマーでおもっきり殴られた衝撃なんだが。
    この発想を上手に昇華してくれたら言うことない。これは凄い。
    115. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 03:57
    やっぱ思いついたらやってる奴がいるもんだな
    116. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 04:06
    普通の現代人は江戸時代の書物読めないし、活字にされても源氏物語は分からないだろうなあ
    117. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 04:08
    人気出てもアニメ化は無理だな
    118. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 04:14
    実際今は評価が確立された近代文学(ジョイスとかサリンジャーとか?)が、出た当時に猥雑だのなんだの騒がれてたの考えると300年後とかどうなんだろう
    119. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 04:15
    久しぶりにこんな設定勝ち見たわ
    でもこれに金は出せねぇわな
    120. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 04:18
    作中にでてくる作品まで完璧に作り上げることができるなら
    それはかなり評価したいがまぁムリだろうな
    121. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 04:28
    でもこの作品がどれだけヒットしてもアニメ化は無理だよね
    122. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 04:47
    リアル半島話かと思った
    123. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 04:56
    118
    まともに批判される対象にもなってないからな
    まだ舞城の小説の方が望みはある
    124. Posted by 以下、彼方がお送りします。   2011年06月28日 04:57
    この中で何人、周りが評価してるから自分も評価してるやつがいるかな^^
    125. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 05:01
    最近は軟弱な奴しかいねぇYO

    ってラッパー(笑)がラッパー(笑)をdisるのと同じだろ
    126. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 05:02
    ※52
    「朝鮮語は15世紀半ばまで
    中国と同じように漢文で表記していたが
    表音文字を作って使用したことにより、
    半島の人は漢字が読めなくなった。」
    のことですね。
    ハングルさんには触れてやるなよw
    127. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 05:08
    題材は面白い、やってみたい事もわかる。
    破綻なく書けてるかどうか、凄い気になるなぁw

    これが綺麗に纏められるなら、かなり期待できる作者だ。
    マジとネタの交差する狂気の文章を期待したい。
    が、難しいだろうなぁ。
    ネタの方にシフトするならスルーだ。
    128. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 05:09
    西尾とかナスとかまともに文章も書けないのに、デタラメ書いてそれを文体として読み手が受け入れてるの見れば憂いたくもなるか

    ギャル語となんら変わり無いだろ
    129. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 05:09
    なんか某SF作家のダミーネームっぽいなこの作者
    130. Posted by 以下、名無しがお送りします。   2011年06月28日 05:14
    こんなネットやそこらに転がっていて尚且つ宇野がゼロ年でとっくに語った内容が今世の批評・批判だとか笑わせてくれるな
    日本人は批評を軽視して尚且つ頭が悪いからこういうキャッチーな形のものしか評価できないから馬鹿なんだよなぁ
    例えば漫画で美大出身者の絵を評価しないで、大暮やら大友やら鳥山やらを評価する
    最も衆愚にはある程度の教養・学術的な視点も持てないし持つ努力もできないから仕方ないっちゃ仕方ない
    131. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 05:29
    試し読みしたw
    日本版の26世紀青年かw
    この手の設定は大好きだw
    132. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 05:29
    試し読みしたw
    日本版の26世紀青年かw
    133. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 05:33
    試し読みしたw
    日本版の26世紀青年かw
    134. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 05:37
    ひどい

    ええと、その、ひどい


    ここ4年くらい読んでないけど、今のラノベこんななのか……
    135. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 05:38
    頭おかしいけど普通のテンプレラノベよりかは買おうって気にはなるな
    136. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 05:57
    ROCKなラノベだ。
    まさに最先端・・・!
    137. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 06:02
    最近の若者は夏目漱石みたいな簡単な小説ばかり読んで漢詩を全く読まなくなった

    っていう昔の新聞記事思い出した
    138. Posted by 以下、名無しがお送りします。   2011年06月28日 06:21
    こういう批判・批評形式ってもう散々やり尽くされているのに、ちょっとわかりやすい作品がきたらそれに飛びついて騒いじゃうヲタクちゃんの頭の悪さったらもう!もう!
    139. Posted by 以下、このコメントは削除されましたがお送りします。   2011年06月28日 06:32
    このコメントは削除されました
    140. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 06:32
    ラノベ批判だとかよりも単純にSFだなぁと思った。
    ※137で云われていたことの行きつく先って感じで。
    141. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 06:36
    確かに漢詩は読めなくなったな。
    ということはやはり未来がこうなるのもおかしくないか?
    142. Posted by 以下、がお送りします。   2011年06月28日 06:47
    タイトルワロタ

    しかし、これくらいで騒いでる奴って本当にラノベしか読んだことないんだろうな
    143. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 07:01
    正直東野圭吾の○笑小説とかにこれ入ってたらそのまま読んでた自信があるわ
    144. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 07:14
    筒井康隆が似たようなアイディアの作品書いてたな。
    一発ネタで終わらないことを祈るよ。
    145. Posted by 以下、キタキタモエモエがお送りします。   2011年06月28日 07:21
    挿し絵で、ヨスガノを思い出したのは俺だけか?
    146. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 07:25
    筒井のパクリじゃん
    147. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 07:25
    ネタで買うわ
    148. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 07:37
    面白いかどうかはともかく
    この攻めの姿勢はガチで凄いと思うよ
    149. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 07:38
    ※134
    ボキャブラリー貧困ですね!!
    4年ぶりに本読めば?
    150. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 07:43
    米138愚かな私に、具体的な作品名をあげていただけませんかね?
    151. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 07:44
    「自分は文筆業である。
     漢字を繰り、
     言葉を紡ぐ者である。」

    という自負に溢れた文章書きが放つ、
    独特の自己(と同類)への陶酔を伴った
    自慰作品であると感じた。
    152. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 07:50
    筒井が別名義で書いてたとしてもまったく驚かない内容だな
    タイトルも良い感じに皮肉ってる
    そう見ると作者名すら皮肉に見えるw
    普通にブラックユーモアとして読めそう
    SAN値が残らなそうだけど

    >>142
    ラノベにないジャンルだから騒がれてるんでしょ
    ラノベも一般も両方知っててもラノベだから驚く

    今のラノベこんななのか、とか言ってるやつがいるけど、
    ラノベもピンキリなんだけどな
    153. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 07:55
    どの分野にも王道があって、
    ラノベでは、
    とあるほげほげのふがふがとか、
    (ストーリー的にヒット、文体はマシ)
    ほげの使い魔とか
    (文体はクソ、萌えるから売れた)
    ふが物語とか
    (いわゆる西尾文体、中二臭い)
    ほっげーのとか
    (設定はイカスが典型的中二ラノベ、文章はラノベ的にはかなり上位)
    がそれにあたるわけだ。

    で、これは邪道最先端。

    つーかラノベ読んでる側も
    文体がクソなものはクソってわかって読んでるよ。
    さすがに使い魔あたりはひどすぎて耐えきれないやつも多いが。
    だからこそこれをラノベでやるのが良いんじゃないか。
    154. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 08:05
    はがない並のヒットの予感
    ラノベ歴15年の俺が言うんだ間違いない
    155. Posted by 以下、あがお送りします。   2011年06月28日 08:08
    とりあえずタイトルでどっかのかわいげのない妹を思い出した。
    156. Posted by 以下、_がお送りします。   2011年06月28日 08:16
    いつにも増してコメント欄がキモイ
    157. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 08:54
    はがないとかISみたいなハーレムクソ小説よりはまだ読みたい気はする
    しかし手は出さないだろうな…
    158. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 09:02
    ショートショートならいいネタだね
    159. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 09:04
    古典和製SFの匂いがするね
    小松左京、半村良、筒井康孝
    ホミュラ賞とかあるから確信犯だろうけど
    160. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 09:08
    >>153
    とあるってマシな方なのか?

    これは挑戦的だと思う反面
    やってる事は妹のおぱんちゅとか分かりやすくそっち系だから残念だな
    もっと作者なりの拘りがある未来文学の設定にして欲しかった
    161. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 09:18
    コメントで既に出まくってるけど。
    「すごく……筒井康隆……です」
    でいいんじゃないかな。

    >>153
    他はともかく「とある〜」の文体の一体どの辺が「マシ」なの?
    いや、かなり本気で聞きたい。
    162. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 09:28
    いつも作品否定が人格否定になるよね……
    163. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 09:28
    俺は普段本はあまり読まないんだが、文体がクソとかマシとかってどういう基準なの?
    単に難解か平易かって違いだけじゃ無い明確な違いがあるの?
    教えてくれ本の虫の皆さん
    164. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 09:30
    文章が稚拙すぎあり得ないwwwwww
    って笑う記事かと思ったわ
    165. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 09:30
    ※163
    カッコツケ方が気にいるかどうか
    166. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 09:34
    つまり、なにがすごいの?
    167. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 09:37
    ※165
    なるほど、じゃあマシというか良い文体ってのは多くの人がカッコイイと思う文体って事か
    考えてみれば当たり前だなwありがとう
    168. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 09:50
    面白いなこれ
    ケータイ小説とかラノベを皮肉ってるように思わせて、実は村上春樹を始めとした現在の純文学を皮肉ってるんじゃないか
    169. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 09:53
    二十三世紀!?
    まさかのSFテイストw
    170. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 09:59
    なにこれあたまがおかしくなりそうだよぉ
    171. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 10:05
    ラノベ読まないからすごさがわかんねーや
    他と違ってどうすごいんだ気になる
    172. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 10:09
    発想そのものは筒井や星を連想させるな
    173. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 10:10
    >>153
    とあるの文体がマシとか言ってる時点でねぇよw
    禁書信者乙
    174. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 10:14
    ※171
    同意
    これだけでマジキチかっていうと、
    他のラノベもこんな感じじゃないの?って感じ
    175. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 10:18
    この話が後半アルジャーノンに花束をみたいになるならそれはそれで評価する
    176. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 10:20
    あふぃあふぃ
    177. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 10:23
    60年代テイスト?
    178. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 10:26
    数十ページの短編向けの題材で約300ページ使ってどういう風に着地させるか気になる
    179. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 10:30
    ※175
    ラノベの文章力じゃ無理だ
    180. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 10:49
    発想はいいけれど、あまりにどぎつくて死んだ
    181. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 10:55
    この後ハヤカワSFのネタ満載なら買う価値あるな
    ないだろうけど
    182. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 10:59
    これラノベじゃなくて文壇をディスってるだろ
    183. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 11:21
    ショートショートでやるべきネタ
    184. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 11:23
    おもしろいな。しかし最近の出版物に対するアンチテーゼの物語をラノベでやるところに意味があるわなw

    何れにせよ着地点がどうなるのか気になるのは確か。
    185. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 11:23
    これはむしろラノベ,携帯小説等,現代文学(笑)をディスったラノベだろwww

    ツマランとかいってる奴の批判は的を外れすぎ,自分は頭悪いですって言ってるようなもんだ。
    186. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 11:38
    かんどうした
    187. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 11:40
    発想は良かった、のだと思う。過去形。
    「現代文学」とやらが、日常会話とかけ離れている時点でもはや「韻文」なのだろうか、これはまさに「読めません」だ。文学ならばそれでいいのだろう。読めないが。
    しかし、ヘッドラインニュースも同様の文体で記述している描写がある。ニュースで韻文を用いるはずもなく、となるとこの文体は「散文」であり、翻訳前の登場人物の会話もすべて、あの「読めません」な文学と同様の文法でなければならないと理解出来る。
    となると、あの「近代文学」と同様の翻訳された日常会話が、あの「現代文学」の文体で可能かという疑問が浮かぶ。断言しよう、不可能だ。漢字のみならずあそこまで情報量を割愛した文章で、この小説の登場人物の会話が成り立っているとしたなら、3人の登場人物はすべからくエスパーであり、文字と発声を介すことなく国語の高等教育を受けていることになる。しかし、それならばあの文章が「散文」であるはずがなくなる。
    よって、この作品の世界設定は最初から破綻しており、こんな世界は「ありえない」。試し読みを深く読み解こうとしたが故に、私はこの作品に対する興味を失った。
    188. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 12:00
    >>187
    『まほうしょうじょぞう◎はっくつ』

    というニュースの後に主人公が「トウキョウで二百年前に作られた等身大の魔法少女像が発掘されたようだ」と理解してる個所がある。
    ヘッドラインの一行で「二百年前」とか理解できるわけないんだからニュースに作品から省略された文章があると考えるのが自然だろ。

    あと今まで出てきた人物は全員現実の日本語への理解がある人物だから、現実の日本語会話に近い会話もできるんだろ。
    189. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 12:04
    へーおもしろそう

    普段ラノベ読まないんだけど、ラノベは学園ハーレム物が主流だと思ってたからこれは意外だな
    それとも俺が知らないだけで、こういう良い意味で阿保なラノベって多いの?
    ちょっと興味湧いてきたww
    190. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 12:12
    くっそワロタ
    ラノベなんて興味もなかったが、コレは食指が伸びる
    191. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 12:15
    なぜ、編集者はこれを出版に回そうと思ったのだろうか?
    192. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 12:15
    ジャンルの内部からジャンルのルールを守りつつジャンルの定義に揺さぶりをかける作品

    それだけで素晴らしいと言える
    たまにこういうのが出てくるからサブカルチャーは好きだ!
    193. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 12:16
    ※185
    文壇をディスっただけで面白いって、自分は頭悪いですって言ってるようなもんだ。


    ってのはともかく、まだこの話が本当に面白いかどうかって見えてる段階じゃないような
    194. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 12:26
    やっぱりSFだよなぁ・・
    タイトルはもうちょっとなんとかならなかったか
    195. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 12:50
    すごいな、これを最後まで読めるなんて。
    ラノベ読んだことのないおれは、最初の会話の部分で挫折した。
    こんな引き込まれない導入は始めてだが、ラノベってみんなこうなのか?
    普通の小説は最初の半ページでガッツリ掴んでくれるぞ?
    196. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 12:58
    針山さんの短編集でやって欲しい内容だな
    でも成田はラノベを扱き下ろす様な内容とか書きたがらないかな
    197. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 13:00
    ※195
    物語の導入部分が重要なのは同意だけど、最初の半ページでガッツりつかめる小説って少なくね
    それに頭も大切だけど、そこだけ取り上げても良い小説とは言えんだろ
    198. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 13:03
    普通に面白そうだなこれ。
    風刺が効いたSF?な感じで。
    これをラノベでやるっていうのがまたいい。
    199. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 13:03
    今度はこれを流行らせたいって?
    コピペブログも大変ね
    200. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 13:07
    というかラノベばっか読んでて、ラノベのテンプレやら定型文やらを知ってる人じゃないと邪道かどうかも分からないし評価しようが無いよね。

    評判良ければ買ってみようかな。

    201. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 13:10
    これが言及する価値あると思うなぁ
    だってまっとうに目新しいもん

    過去にあるアイデアでも新しい器に盛るのは誰にでも出来ることではない
    202. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 13:12
    このまま進めば面白いけど
    普通にハーレム要素入るんだろうなあ
    ちょっと時間置いておこう
    ラノベはラノベ本は本で楽しめると得なんだなと※欄見て思った
    203. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 13:15
    マジレスすると純文学なんか興味ねえ奴がラノベ読んでる
    つまりラノベはラノベで突き進んでるんだから危惧するとか杞憂だろ
    まあ漢字が少ない、表現が幼稚とか言っちゃう人は仕方ないが
    204. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 13:22
    ※195
    お前とかは萌え作品しか認めないぶひーって言ってる豚か文学を啓蒙してる信者様で、
    自分の好む環境がディスられて顔真っ赤にしてる風にしか見えない
    205. Posted by 以下、ヨーロッパがお送りします。   2011年06月28日 13:25
    萌え豚ワロタ
    206. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 13:31
    ブヒるって言葉とほぼ同時に出てきたのが面白いな

    ジャンル内でも自虐表現が前景化してきている
    207. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 13:41
    マジレスすると書き言葉は媒体の変化に大きく左右されるわけで

    未来設定の割に媒体が現代っぽくて違和感
    208. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 13:56
    この設定だと外国語の翻訳とかどうすんだろう
    209. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 14:04
    書きたいことは分かるけど、人の尻馬に乗って売り切ろうとしてる根性が気に入らん。タイトルもメタ的なものと言い訳しそう
    210. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 14:08
    よくわからんけど
    知的障害のあるゆとりが読むにはちょうどいいんじゃないかな
    211. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 14:12
    >>209
    メタじゃなくて皮肉だろ
    メタの意味わかってつかってるのか?w
    212. Posted by 以下、このコメントは削除されましたがお送りします。   2011年06月28日 14:15
    このコメントは削除されました
    213. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 14:16
    ヘヴィーライトSFだな。
    でも未来の日本語は英語がカタカナじゃなくローマ字のままで書かれてる思う。
    漢字は中国語がある限り減ることはないし。
    214. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 14:18
    oh…
    215. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 14:29
    たまにはゲテモノを食って普通の本のありがたみを認識する必要がある
    だからちょっと読んでみる
    216. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 14:34
    ラノベdisとも言われてるけどこういうのが自ジャンルから出てくるのは幸せな事だと思うけど
    217. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 14:46
    発想の勝利だな、これは読みたい
    ただネタ文章はともかく、これ系のラノベは地の文の行間がスカスカで5分で読了できてしまいそうなのが辛い
    妹の容姿描写とか思わず検閲して黒で塗り潰したくなる

    身体測定は「おからだ←はかる」とかか?
    ハングルに対する皮肉に思えてワロエナイw
    218. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 14:47
    舞城臭がする
    219. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 14:53
    作品の後半で我輩さんの影響を受けるにつれ頭がよくなっていく主人公

    それに伴い作品の地の文も洗練されていく



    みたいになるなら読んでも良い
    220. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 14:53
    ほとんど出オチみたいなもんだからなぁ
    これで捻りの効いた展開ができてたらスゴイんだけど
    それなら大賞取ってるんじゃないかと思うと
    そこまでは期待できないような予感
    221. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 15:00
    ※187
    「すべからく」の誤用が気になる
    222. Posted by 以下、がお送りします。   2011年06月28日 15:14
    アニメ化、長期シリーズ化した作品ばかりが槍玉に上げられがちだけど、
    この類のワンアイディアを膨らませた作品等も、ライトユーザーの目に留まらないだけで
    一定の割合で刊行されてるよ。

    223. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 15:17
    笑うのこえらたけど、苦しくて涙がこぼれたわ
    224. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 15:23
    ワンクリックした
    225. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 15:31
    他人の作ったものを踏み台にするような作品はちょっと
    226. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 15:43
    フリガナが振ってたり振ってなかったりするのはネタなの?
    227. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 15:53
    古典だよなあ、漫画で言えば藤子Fの「みきおとミキオ」
    228. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 16:00
    ※219
    それならすごく読みたい
    正直、続き出しにくいテーマだと思ってたけど※219の展開なら全然いけるよ
    229. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 16:02
    全方位にケンカ売っててわろた
    これラノベ読まない層にもおまえが言うな的な苛つき覚えさせるだろ
    おまえらが言う所のオオダイラ文体が俺らにとってのラノベだよ!ってwww
    230. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 16:13
    ジョージオーウェルの1984に出てくるnewspeakみたいだ。
    231. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 16:36
    ※213
    みんなスルーしてるけど、ヘヴィーライトSFってなんすか?www

    ※218
    俺もちょっと思った

    ※222
    むしろ今のラノベってワンアイデアものを乱発して、
    当たったものを長期化させるような構造だと思ってた
    232. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 16:38
    筒井筒井言ってるやつはこの手の小説筒井しか読んだことないの?
    よく偉そうに語れるなwww
    233. Posted by 以下、このコメントは削除されましたがお送りします。   2011年06月28日 16:43
    このコメントは削除されました
    234. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 16:53
    これ新人賞の銀賞やで
    シリーズって訳では無いかと
    235. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 16:59
    あねだるまってなによwww
    236. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 17:11
    自分は42歳で,最近は判例と医学文献しか
    読んでないけど,この小説は面白かった。
    すらすらと「平成文学」とオオダイラ文学を書き分けることができるこの作者は
    相当日本語能力の高い人物だと思われる。
    237. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 17:23
    ※219
    ネタとってやるなよ
    238. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 17:37
    ※236
    言っちゃ悪いが書き分けれない人の方が心配だわ
    239. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 17:58
    こういう奇抜なやつもいいよね挑戦的で。
    短編としては秀逸、長編ものとしてはこの人の腕次第って感じだな
    むしろこっから長編につなげて面白い展開にできたらラノベ界背負っていけるレベルな気がする
    240. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 18:21
    ※219
    アルジャーノンに花束をかよw
    でもアリだな。それなら読みたい。
    241. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 18:31
    米欄の「アルジャーノンに花束を」の認知度にビビった
    242. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 18:37
    アルジャーノンって本読む人だったら大体読んでる・知ってる超有名作品じゃね

    知らない人は読んでみるべき
    243. Posted by 以下、241 ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 18:42
    米242
    そうだったのか
    周りに知ってる奴が居ないから思わず感動してしまった
    スマン
    244. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 19:08
    ペロリ☆でやられた。つかみはすごいけど、本編はどうなるのかな。
    245. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 19:10
     設定があまりにも馬鹿馬鹿しすぎて思わず吹いたw傍から見ると馬鹿としか思えんようなことに対して、劇中人物が如何にもそれが当然と言った態度で捉えている光景がいいなぁ、真面目に馬鹿をやるってのは好きだわ。
     アフィとかでタイトルを見かけた程度では完全にスルーしていたが、この二番煎じもいいところの表題がむしろもったいないと感じるまでに興味がわいてきた。
     ただ内容にもよるけど続きが出てもあんまり興味がわかないだろうなぁ。一発ネタみたいなものだし。
    246. Posted by 以下、このコメントは削除されましたがお送りします。   2011年06月28日 19:12
    このコメントは削除されました
    247. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 19:18
    米246
    我慢しろよバカヤローw
    まったく・・・


    おしり ぺろぺろ
    ぺろっ ぺろっ 
    ぺろり☆
    248. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 19:23
    ラノベには嫌悪感しかないけど(ないからといった方が良いか)これ買ってみるかな。
    249. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 19:24
    はじめてラノベ読んだけどルビ多すぎだろ。
    小学生向けなのこれ?
    250. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 19:27
    こんだけコメントされてるんだったらこのラノベは大成功だろ
    金は出せないとか言ってる奴は自分自身にどれだけの価値があると思ってんだか
    251. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 19:29
    オチ次第だな。
    これで深く考えさせられるようなオチになってるならいいけど、ただのハーレム萌えラノベになってるなら山ほどある出オチラノベのひとつ。
    252. Posted by 以下、774がお送りします。   2011年06月28日 19:40
    さすが受賞作
    試し読みの50ページで十分面白い
    作者の年齢が気になる
    253. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 19:51
    ヒロインは一人いれば十分
    ハーレムラノベはAKBの数打ち商法とかぶって見えて胸糞悪い
    254. Posted by 以下、懐疑主義者がお送りします。   2011年06月28日 19:52
    ここまでの書き込みを読んだ感想。
    最近は『物語を物語として楽しめない人達』が増えているようですね ?
    この作品について"内包された意味・メッセージを推し量ったり"、
    或いは"批判したり"。
    (どさくさに紛れて、携帯小説を批判している方も居ましたね。)
    ライトノベルとは、『物語世界を読者が楽しむためのもの』であって、
    何らかの思想・メッセージを読者の頭に叩き込む為の物では無いのですがね。
    物語を楽しめない方々は、この作品を読まない方が良いと思います。
    叩く為に読むなんて言うのは、文芸評論家や新聞なんぞの書評者連中に任せておけば良いんですからね。
    255. Posted by 以下、このコメントは削除されましたがお送りします。   2011年06月28日 20:35
    このコメントは削除されました
    256. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 20:45
    面白い設定だ

    精神的に幼い人間はどんなのでも批判したくなるから
    年齢層的にラノベが批判されるのは自然の道理
    257. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 20:50
    誰も批判してないが、この「我輩文体」の部分も微妙なんだがな。
    硬い文体というだけで、さほど小難しい表現を使っているわけではなく
    特徴的なのは一人称が我輩ってところだけだが
    我輩我輩と一人称を連呼しまくってる時点で美文とは言い難いわけで。

    ただ、この話が最終的にどう着地するのかに関しては興味があるな。
    単なる萌え批判で終わるのか、
    それともこの妹が萌えに融和していくのか。

    …どっちらけに終わるような気もするが。
    258. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 21:13
    ※255
    つまりこの作品はまさに小説ってわけだなw

    しかしお前ら随分と目が肥えてんな……
    お前らが絶賛する名文で書かれた小説を読んでみたいわ。最近の作品で。

    ちょうどこの※欄の下にBECKが出てるけど、BECKのアニメにしたって曲は正直イマイチだったけど話は結構面白かったわけで、まあなんだ、おおらかに行こうぜ
    259. Posted by 以下、名無しなうがお送りします。   2011年06月28日 21:21
    ドクロちゃんとはまた違った尖り具合だな。似たような臭いはするが
    260. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 21:28
    別に文も上手くないしこの手のラノベ批判なんてみんな言ってることだし
    収拾も上手く付けられなさそうだしあんま面白そうではないな
    261. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 21:47
    買うわ買うわ買うわ

    アフィ必死なまとめで萎えた
    262. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 21:49
    ワンネタにしても酷いもんだな
    263. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 21:58
     このネタ、本気でかかれば仮想未来文学と、さらに近現代文学まるっとネタにできるから、書くネタはなんぼでもある。一冊持つのか?て思える時点でバカ確定。
     ただ、文章技術的にはおっそろしく高度なものが要求される。いくつもの文体を関連持たせつつ使い分けなくちゃならんからな。
     試し読みの範囲内ではラノベ書きにしてはマトモだと思うが、いかんせんハードルは
    264. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 22:00
    高い。聴いたが裏切られる覚悟はしつつオレはぽちっとした。

    すまん途中送信視した。
    265. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 22:10
    試し読みした。
    昨今のラノベ作家にしては文章がきれいでびっくりした。
    いろんなタッチをしっかり書き分けられてるのにも基礎技術の高さを感じさせる。
    ていうか笑った。小説読んで久しぶりに声出して笑った。
    狙ったバカバカしさが絶妙。
    266. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 22:17
    笑いには真理が潜む
    267. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 22:23
    しかし筒井とか舞城だったらそもそも純文学そのものに懐疑的なフシがあるから「文学は死んだ」とかはやらなそうだな。
    もしかしたら最終的には我輩も「文学そのものも大したことなかったわ」って悟るオチだったりして。
    268. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 22:32
    SAN値がごりごり削られる感覚だわ。
    269. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 22:48
    ラノベにしては上手い
    ラノベにしては
    270. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 22:57
    アメリカの映画を思い出した
    頭のいい人は子供作らず
    未来の世界はIQの低い人しかいないってバカ映画
    271. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 22:59
    これを最後まできっちり書ききれるようだったら、この作者のネタに走ってない作品も読みたくなるかも。
    272. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 23:10
    この設定は面白そう
    感想聞いてから立ち読みでもしてみるか
    273. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 23:36
    清水義範がこんなの書いてたなぁ…
    274. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 23:38
    流行るんじゃないかなぁと一票を投じる
    駄菓子歌詞、脳味噌が読解し理解するのを諦めた。
    275. Posted by 以下、このコメントは削除されましたがお送りします。   2011年06月28日 23:48
    このコメントは削除されました
    276. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月28日 23:54
    作中の文豪の小説がある意味純文学してるのに戦慄。
    一定の方向に造詣が深いものにしか理解も感動もできない閉塞感。言語と呼べないほどに先鋭化した形式化。
    あと一歩突き詰めが足りない気もするが、これ以上突き詰めたら暗号にしか見えないから控えたんじゃなかろか。
    高度に発達した文学は暗号と区別がつかない。
    277. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月29日 00:08
    これは買いだな
    278. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月29日 00:28
    久しぶりに想像の斜め上を突っ走ってた

    ペロペロぺロリ☆
    279. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月29日 00:39
    おそらくだが真面目な漢字廃止論に触れる事はないだろうな
    この手のネタは通り一遍の文学論を茶化して終わりと相場が決まってる
    まして筒井が発想の元なら尚更
    280. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月29日 01:34
    ラノベにしてもSFにしても文学にしても娯楽作品にしてもすべてに半端すぎる。

    個人的には誰かコピペとか盗作チェックとかしてほしいなと思う
    281. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月29日 01:37
    23世紀の”現代文”から窺える精神活動の後退や著しい人口減少の設定あたりに、
    伝統的なディストピア、警鐘SFの味付けも感じられるな。
    パズル構造の小説のなかにいろいろ小ネタを仕込んでいそうでおもしろそうだ。
    282. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月29日 01:42
    まずは表紙の作者名「かじいたかし」をじっと見る……
    「し」を反転と回転させると「つ」に見える。
    「か」の一画目を短く、三画目をずらすと「や」にみえる。
    「゛(濁点)」の一画目と二画目を「す」の一画目と二画目に対応させる。
    「い」「た」「か」はそのままでこれらをもう一度組み直すと
    「つついやすたか」

    ΩΩΩ<ナ ナンダッテー
    283. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月29日 02:15
    きらりん!

    よむにゅ
    284. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月29日 02:17
    これをサクッと笑えない(実際に笑うかどうかはともかく)人が米欄に結構いて
    若人のリテラシーは大丈夫かと本気で心配になった

    それと「全ての前衛小説は筒井の後追い」厨いい加減ウザイです
    筒井は好きだけど筒井読者はこれだから嫌い
    285. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月29日 02:34
    とりあえず叩いておけば、自分は分かってる側の人間として振る舞えるって思ってるからかなぁ
    誰かに勝った気で居続けたい、体は大人、頭脳は子供な人が多いなこの※欄
    でも周りには見透かされてるよね、その人の知性や人間性の底の浅さが
    286. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月29日 03:38
    つか、普通に凄いと思う
    コレ書いたの素人?
    冒頭で凄く惹きこまれる

    人類は衰退しましたとジャンル的に一緒かな。
    日常系ラノベの皮を被ったハードSFというか
    287. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月29日 03:54
    そうそう、これSFだよね
    SFよくわかってない奴はSFバカにすんな!って言いそうだけどw
    288. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月29日 05:23
    ものの数分で読めるから、暇な人は面倒臭がらずに読んでみるといい。一言でこの作品を言い表すならば、意欲作。今までになかった斬新な設定だ。機会があれば続きを読んでみたい。

    ※221
    21世紀の現代でさえ、日本語の誤用が目立つね。
    289. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月29日 06:03
    ヘヴィーライトSFとかハードSFとか、なんで無駄な接頭語をつけたがるんです?w
    290. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月29日 06:36
    俺にアニメ化させろ。
    原作超えてやるよ。
    291. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月29日 07:55
    文章として破綻してるって意味でマジキチなのかと思ったらちゃんと導入も上手いし、設定も面白いね。
    短編じゃないとだれそうだけど。
    292. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月29日 08:10
    そういえば、筒井康隆がラノベ書くとか言ってたのどうなったんだ?
    293. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月29日 09:57
    とりあえず読みたいと思えない・・・
    どの程度読むのに疲労を感じるかが
    計り知れんぞこれ
    294. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月29日 10:02
    最後の近代文学視点の文も文章力足りてなくて、お前もその程度かってなりました◯
    295. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月29日 11:57
    どうしても1984のニュースピークのことを思い出してしまう。一発ネタとしては私はOKだと思う。
    296. Posted by 以下、このコメントは削除されましたがお送りします。   2011年06月29日 13:17
    このコメントは削除されました
    297. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月29日 13:42
    短編集向けのネタ
    絵ももっと書き込んで欲しい
    298. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月29日 13:59
    130
    教養・学術的な視点から見た美大出身者の絵と、大友やら鳥山やらの絵の違いを、美大出身者の例も挙げて衆愚にも分かるように噛み砕いて具体的に説明して
    299. Posted by 以下、このコメントは削除されましたがお送りします。   2011年06月29日 14:17
    このコメントは削除されました
    300. Posted by 以下、 がお送りします。   2011年06月29日 14:19
    うわぁ…きも〜い…
    301. Posted by 以下、このコメントは削除されましたがお送りします。   2011年06月29日 14:43
    このコメントは削除されました
    302. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月29日 15:55
    この空気感をどこかで感じたなと思ったら、たけしの挑戦状だったでござるの巻。
    303. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月29日 16:49
    ホント萌え豚は自虐ネタが好きだな
    304. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月29日 17:11
    ラノベ読んだことね〜ヤツが書き込みすんなよ頭弱いな〜

    >>「ラノベってこんなのばっかなの?」
    <<知らねえよwww 自分で読んで勝手に判断してろwww

    とりあえず漢字は一発屋のニオイしかしない。こういうのはすぐに飽きられて消えるのがオチ。でもまあ頑張れ
    305. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月29日 17:36
    米見てるとなにか現代文学を引用でもすんのかと思ったら
    舞城(笑)とか筒井(笑)だからな

    別に嫌いじゃないが両方SFやらミステリ好きの奴が僕純文も読んでますよって
    アピールする時の作家じゃんそれで純文語ってるつもりなら恥ずかしいよ
    306. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月29日 17:42
    早売り購入者からのあらすじを聞く限り開幕の世界観が変わってるだけで、基本はオーソドックスなタイムトラベルものらしいが大丈夫か?
    307. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月29日 18:42
    色んなものをパクりすぎだろ
    何一つ評価できない
    308. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月29日 18:50
    なんつーか、
    おまえらラノベなんてものは早く卒業しなさい。
    中高生向けの商品にいつまでも拘っているから
    精神が腐り始めているぞ。
    その年で老害化しなくてもよかろう。
    309. Posted by 以下、懐疑主義者がお送りします。   2011年06月29日 19:23
    >>308
    どうやら、あなたは、ライトノベル、特にこの作品を読まれると困る側の人のようですな。
    前に書いた私のコメに因縁付けてる馬鹿が居たが、
    ライトノベルと言うジャンルの性質が、
    『読者が物語世界を"現状有姿"のまま、受け入れ、楽しむ作品』なのだから仕方有るまい。
    純文学とは性質の異なるジャンルである事を認識しなくてはいけない。
    嫌なら、関心も持たず、読みもしなければ良いのだ。
    「萌え豚がー」と喚いている連中もそう。
    嫌いなら関わらなければ良い。
    何を真っ赤な顔して叩いているのか・・・・。(嘲笑)
    余程、ライトノベル作品群の売り上げが好調なのが気に入らない様ですな。
    まあいい。私はこの作品を買って、読んでみるつもりです。
    面白そうだからね。
    ああ、『物語を"現状有姿"のまま、物語として楽しめない方』には関係の無い話ですね。(笑)
    そう言う方々は、何処かで文芸評論家や、書評者になると宜しい。
    "叩く事しか知らない人"なのだから、そうした「叩き屋」になれば良いんです。
    そうして、私達ライトノベル読者に因縁を付け、関わるのを止めて頂ければ良いのですよ。
    それが互いの安寧の為には欠かせませんな。(笑)
    310. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月29日 19:25
    設定以上に文章がひどい
    これでプロの作家を名乗れるんだから、ラノベはマジキチ
    311. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月29日 19:36
    というより、どう考えても元ネタはハングルと漢字が読めない韓国人をネタをしているとしか思えん。
    312. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月29日 19:54
    隙のない美貌の妹を持つ兄が何でこんなB級顔なんだよ
    313. Posted by 以下、名無しがお送りします。   2011年06月29日 20:06
    サムネで目の描き方と髪の塗り方でまさかと思ったらやっぱり皆村さんだった。
    欲しくなってきたけど、リアルに妹の私が妹が〜っていうタイトルのラノベ持ってたら家族に誤解されそうで嫌だww
    314. Posted by 以下、名無しがお送りします。   2011年06月29日 20:08
    HJ文庫はたまに凄いな
    くじびき勇者さまとか
    315. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月29日 20:08
    批判してるやつはラノベに何を期待してるんだ。

    それともツンデレなのか。
    316. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月29日 20:11
    抜粋された部分が一番面白いんだろうな。
    言語ネタでやるなら神林長平なみの文章力は
    ほしいところだ。
    317. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月29日 20:26
    面白そうだけど
    この程度のやつと筒井康孝を比べるなよ
    ちょっと頭がいい中学生を
    アインシュタインの再来だ!
    とか言うようなもの
    318. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月29日 20:33
    意訳したって設定なら、もっと分かりやすい書き方でいいんじゃね?
    その時代設定の原文の部分では汲み取れない所が多すぎるから、小学生の教科書に載るレベルで書き直せばいいと思う
    たいそうつまらなくなるだろうけどw
    319. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月29日 20:35
    >>317
    そう思うのなら筒井康隆の漢字を間違えるなよ
    320. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月29日 21:11
    これは面白いんじゃないかなあ。
    全体の出来次第では星雲賞取るかもw
    321. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月29日 21:26
    ラノベだけっていうより、最近日本語が変容しつつあること自体を批判してるんだろ
    携帯小説なんか文法無茶苦茶でも売れてるし、メールで使われる言葉も
    顔文字だのギャル文字だので乱れきってる
    2ちゃんなんかスラングの温床だ
    それだけじゃない、最近はそういう単語も辞書に載りそうになったりしてる
    言い換えればそれもひとつの日本語として承認されかかってるって事だ
    そりゃこんな本出したくなる気持ちも分かるわ
    322. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月29日 21:40
    昔だって、日本でも海外でも小説の挿絵が売り上げの差を生んだ時代があった(浮世草子・パルプマガジン等)
    なのになんでこういうのは認められて
    ラノベは否定されるんだ?
    323. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月29日 22:07
    っていうか近代文学のところの擬古典文体の文章より
    おぱんつきらりふわっふわっのほうが気利いてるし美文っぽくみえるのが面白いな
    324. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月29日 22:13
    試し読みしたが皮肉と自虐が効いてて面白そうな設定だな。
    今までタイトルだけで何匹目のドジョウだと思ってたよ。
    そこも狙い通りなんだろうけど少し勿体ない。

    あとはコント見て「ヤラセだ!」って叫んでるような奴が多いことに驚いた。
    325. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月29日 22:17
    これで「作者はラノベを危惧してる!」とか思ってしまうのは深読みのし過ぎ
    作中でオオダイラ先生がパンツの色ごときに当時の世相を見てるのと同じくらい滑稽な意見
    作者は面白いネタを思いついたから書いただけかもしれん
    326. Posted by 以下、このコメントは削除されましたがお送りします。   2011年06月29日 22:23
    このコメントは削除されました
    327. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月29日 22:29
    >>130
    鳥山明を本来評価されるべきでは無い人間としている時点で釣り針が見え見えだな
    一枚絵の、特に機械のデザインセンスなんか美大出身者が一万人集まっても太刀打ち出来ないだろ
    大暮だって話は壊滅的だけどその分絵の才能に全振りしてるしな
    328. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月29日 22:33
    >>326
    そんな長文書かなくても
    (嘲笑)とか「ですな」とか「あるまい」とか
    振る舞いがイタ過ぎるんだよお前
    の二行で良いと思う
    329. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月29日 22:33
    絶賛するのが宇野っていうのがまず香ばしいだろ東宮台あたりならともかく
    330. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月29日 22:56
    なんか知らんが工作くせぇ
    331. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月30日 00:10
    ※321
    序盤だけで深読みし過ぎ
    文芸論とかそういう話ではない
    332. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月30日 00:31
    >>327
    鳥山はともかく、大暮レベルなら絵が上手い奴なら誰でも描けるぞ
    漫画家としては上手い方でも、絵画全般として見れば大暮は下手な部類
    鳥山は絵画全般としてもそこそこ行ってる

    >>331
    は?
    深読みどころかそのものズバリ、妹(と思しき人物)が書いた、作中現在(未来)の日本語の酷さに嘆いてる旨の文章があるだろ
    お前最後まで読んでないだろ
    ほんの数ページしかないんだから、最後まで読んでからコメントしろよ
    333. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月30日 00:33
    ※321
    そういうことは正しい日本語で書こうねw
    単に自分を基準にしてる馬鹿にしか見えないから

    ※322
    今話題にならないだけで当時は批判されてたんじゃね
    334. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月30日 00:35
    >>325
    作者はともかく、この作品に登場する妹は確実に嘆いてるだろ
    まぁ登場人物の思想=作者の思想とは限らないし、逆にラノベを悲観する人達を皮肉ってる可能性もあるけど、肯定否定いずれにせよ、ラノベに対して何らかの思想を持ってる事は間違いないだろ

    でなければ、こんな内容のラノベで、登場人物にこんなセリフは言わせない
    335. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月30日 00:45
    試し読みすらろくに読まずに批判してる馬鹿が多いな

    ちゃんと試し読みを最後まで読んでたら、少なくとも「何も考えてない」とか「文章が稚拙」とか「キモイ」なんて感想は出てこないぞ
    こんな内容で何も考えてないワケがないし、文章が稚拙なのもキモイのも、どう考えてもワザと

    まぁ一発ネタとか長編向きじゃないって感想はしごく最もだとは思う
    試し読みだけなら面白そうなんだけど、このネタだけで単行本一冊持たせるのって相当キツイというか、話が違う方向に行ったり、引き伸ばしによって薄い内容になったりしそう
    336. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月30日 01:15
    ラノベの癖にラノベを皮肉ってる風刺みたいな内容と捉えておk?
    337. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月30日 01:16
    文体を故意に書き分けるとか、発想の勝利だな。……ちゃんと買って読もうかな。
    338. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月30日 01:32
    これ、わざと地の文を小学生の作文風に書いてるんだと思うぞ
    こういう小説でしかできない表現は好きだぜ
    339. Posted by 以下、懐疑主義者がお送りします。   2011年06月30日 02:04
    >>326
    反論はしているのだが、読めなかったのかな ? 読書量自慢君 ? (笑)
    何をそんなに真っ赤になって言い立てているのか解らないが、
    私の指摘が当たっているのは確かなようだ。
    でないと、反論をしているのに、
    それに"遠吠え吐いてないで反論しろよw"などという妄言を吐く訳が無いからな。
    おっと、罵言も吐き散らしていたな。読書量自慢君 ?
    『物語を読者が"有形無姿"のままで楽しむのがライトノベルの世界』
    (何度でも言ってあげます。忘れている方が多い様なので。)
    なのであるから、嫌なら関心を持たなくて良いのですよ ?
    それをわざわざ紹介エントリーのコメ欄に来て、
    キレまくっているんだから話にならない。
    まあ、レス乞食だと「勝手に」思うのなら、スルーすれば良いわけで。
    それが出来ていない時点であなたは終わっているのだ。(嘲笑)
    (それに、此処はブログで、スレッドでは無いから、"レス乞食"と言う言い方はおかしいのだよ ?
    日本語読めますか〜。(笑) )
    あなたが次に反論したいなら、相手の「コメント」はちゃんと読みましょう。では。
    340. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月30日 03:44
    以上、高二病の巣窟からお送りしました
    341. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月30日 04:32
    以上、キモチワルイのがお送りしました
    342. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月30日 07:44
    >>332
    そりゃ絵画としてはそうだろうけど、今は漫画として評価する話だろ?
    正直例えば玉置勉強とグレイトで玉置の方が絵が優れてるなんて言う奴は居ないと思うんだ

    >>334
    有る可能性が有る、とまでは言えるけど
    「間違いない」とか「でなければ〜」とか何を根拠に言ってるんだよ
    まぁ同じく「無い」とも言い切れないけどな
    作品から読み取ろうとするより作者に直接聞いてきた方が真意が分かる
    343. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月30日 07:47
    >>335
    「何も考えて無い」ってのは批判じゃないだろう
    勝手に作者の意見を代弁するなって話なんだから
    344. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月30日 09:27
    ※332
    序盤どころか本編全文からの話なんだがw
    あとコメレスアンカーくらい覚えようや
    345. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月30日 09:50
    ※344
    そうなの?
    最近の活字離れに対するアンチテーゼじゃないのか?

    それならそれで読んでみたい気もしたけど、お試しの段階で心が折られた俺にはムリダナ(・×・)
    346. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月30日 11:55
    今あれこれ言うのもなんだから
    この話にまともな文章が出て来てからあれこれ言う事にする
    347. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月30日 12:14
    題材が面白そうだったから買って読んでみたけど、純粋につまらなかった。
    348. Posted by 以下、このコメントは削除されましたがお送りします。   2011年06月30日 12:46
    このコメントは削除されました
    349. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月30日 13:13
    なんだこれ、最初の数ページ読んだだけで頭痛くなってやめた。
    ラノベそのものに興味ないんだが、他のもこんな駄文なのか?
    タイトルも俺のうんたらとかみたいなひねりもなんもないつまらないものだしな。
    いずれ廃れそうだな。
    350. Posted by 以下、 がお送りします。   2011年06月30日 14:33
    つまりヲタが文学ごっこするには丁度良いってことか
    351. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月30日 17:09
    完成度や文章技術はともかく、こういう発想だけでも面白そう
    そんな目の敵にして叩くことかよ
    352. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月30日 19:50
    たぶんラノベを雑食で何でも読む人なら、ある意味新しいから食いつくんじゃないかな〜。
    マジキチすぎて笑ったからとりあえず俺は買って最後まで読んでみようと思う。
    完全否定は全部読んでないとできないと思うんだけども・・・・
    353. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月30日 22:44
    話題になった時点でスタートは成功だろ
    俺は試し読みして、続き読みたいなと思ったし
    354. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年06月30日 23:57
    試し読みしかしてない※332が「最後まで読め」とか偉そうに語ってて笑ったw

    >妹(と思しき人物)が書いた、作中現在(未来)の日本語の酷さに嘆いてる旨の文章があるだろ

    この人物、結局正体不明のまんま&ほとんど主人公たちに絡まず終わるんだよな……。
    ちょっと肩透かしだった。
    355. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年07月01日 02:09
    現代のラノベ・ケータイ小説状況の批判どうこう以前に、

    「なにこれキモイ」で終わり

    356. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年07月01日 07:24
    漱石の『吾輩は猫である』も発刊直後はお偉い人に叩かれた。
    だが、流行小説でもあったので、フォロワーも山のように生まれた。

    100年後のラノベはどういう扱いになってるのかね…
    357. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年07月01日 10:06
    >153
    とあるが「マシ」ってあり得んぞ。
    3巻ぐらいで耐え切れなくなった。
    358. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年07月01日 14:38
    これは見えてる地雷
    359. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年07月01日 15:44
    オレはアルジャーノンぽいと思った。
    筒井康隆とか清水義範とか今まで出たの以外で言えば。
    360. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年07月01日 21:44
    一章だけで感じる印象と全部読んだ後では全然違うよなw
    結構面白かったよ
    361. Posted by 以下、このコメントは削除されましたがお送りします。   2011年07月01日 21:50
    このコメントは削除されました
    362. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年07月01日 22:36
    読了

    ※360
    というか一章だけで馬鹿が勝手に深読みしすぎた感がある
    わかる奴にはわかるっていう評価でちょうどいいのに、ラノベ界全体の革新みたいに騒ぎすぎた
    短期的な売り上げは伸びただろうけど、中長期的な客の寄り付きと読後感にプラスしたとは言い難い
    作品自体のクオリティが勿体ないともいえる
    363. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年07月02日 06:37
    試し読みで釣られて、買って読んでみたけど
    ストーリーがあまりに稚拙すぎる。
    発想自体は結構よかったのに、何でこんな適当な展開なんだ。
    文章力もまるでないから、登場人物の言動とか単にサムいだけだったんだけど……
    364. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年07月02日 11:28
    人に依るのは当たり前だけど読む前は怪作か核地雷で半々という気持ち
    読んだ後はどうすんだよこれ…と

    サクッと読了したけど序盤のインパクトだけだな
    読後感とかシナリオの巧拙とか論ずるに及び申さぬ状態

    最近のラノベを風刺したにせよ仕上げ方が下手で痛々しさが際立ってて読むのが苦しかった
    文章力がなくて王道で勝負できないから奇を衒ったんだろうけど後が続かないでしょ、これ

    平仮名文で面白おかしく風刺、ってのは何回も続くと…
    とにかく話題性が欲しかったんだろうな
    365. Posted by 以下、名無しがお送りします。   2011年07月02日 11:51
    試し読みしかしてないけど、無難なだけの作品よりは良いんじゃね
    366. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年07月02日 14:23
    文体がキモイという意見が散見されるが、この著者は意図的にそういう文体を使ってるんじゃないか? この作品は「23世紀の『かんじよむ いもうと』という小説」を、おそらく23世紀以降の翻訳者が「21世紀の」日本人に宛てたもの、という設定みたいだし。20世紀以前の、漢字を使いこなしていた日本人には宛てていないところがミソだな。この翻訳者がいつの時代の人間なのか、というのが伏線になりそう。

    あと、漢字がなければ日本語は成り立たないはずだ、という意見もあるけど、そもそも23世紀の日本語が21世紀以前の日本語とはルーツが異なるかもしれんぞ? 例えば、政府が国民の教育基準を意図的に下げるために作成した「新日本語」とかだったりして。

    「1984年」のニュースピークを彷彿とさせる。まさかこんなに先が真っ暗で見えないディストピアSFがラノベから出るとは。
    衝動買い決定だな。
    今後これがネタラノベになるかマジな小説になるかは、まだわからないけど。
    367. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年07月02日 16:38
    文体がキモイからと内容を見ずに否定する奴、おまえら作中で否定されてるぞw

    買って最後まで読んだがいい話だった。
    文体は関係ない、大事なのは作品に込められたもの、という純文学もラノベも全てを肯定する作品だった。
    368. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年07月02日 17:00
    >「先生がさっきそう言ってた、パンツの柄が日本の世相を表していたとか、本当にそうなのかしら。深読みしてるだけなんじゃないの」

    これがお前らの全て。
    369. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年07月02日 17:41
    文体は関係無いってのは、ある程度文章力のある人だけが言える事だよ
    この作品しか知らないからまだはっきりと言えないけどちゃんとした文章を書けなきゃ、ただの負け犬の遠吠えだ
    370. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年07月02日 19:36
    ※369
    文体じゃなくて、ジャンルや媒体と言い換えてもいい
    作品に込められた想いは、純文学、ラノベ、ケータイ小説、ゲーム、どんなものでも変わらないってこと
    実際、主人公は“正統派文学”という形に拘ることの愚かしさに気づき反省することになる
    371. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年07月02日 21:30
    読了。拙作もいいところだった
    肉付けのしかたから小道具の使い方まで総じて下手
    けど発想は良かった。次巻は購入しないけど作者の将来作に期待
    372. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年07月02日 22:37
    批判しすぎなのでは?
    文章力がないのはこの作品に限ったことではないだろう
    373. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年07月02日 23:28
    ラノベなんて、とバカにしてたけど
    なかなかおもしろいじゃん。機会があったら次も読むかも。
    374. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年07月03日 23:51
    試し読みの時点では、皮肉の対象はラノベ及びラノベ読者にも文学および文学読者にもどちらにもシフトチェンジできる
    このあたりのスリリングさが気に入ったなぁ、どこまでがおふざけでどこからが主張なのか、どこまでが釣り餌でどこからが釣り手なのか、たとえこの作品や作者が結局のところ稚拙であったとしても深読みすればいくらでも楽しめそうだ
    ラノベはあんまり買わんが、買うかもしれん
    375. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年07月03日 23:54
    これって最近のラノベのタイトルが酷いとかなんとかいうスレで口コミが広がったんだろ?
    もし今後これが流行ったらなんとも面白い流れだな、誰の意図とも関係なく全くの偶然に流行が生まれるってのは、まさにネット上の現象って感じだわ
    376. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年07月04日 01:43
    風刺的な作品ってのはわかるけどだから何って程度。
    これを高尚に感じてありがたがってるような奴らもこの作者に対して皮肉られてるのに気づかないのかな
    377. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年07月04日 02:50
    通読。
    もうあのなんだ。
    文章が稚拙だのどうだのとか文壇やラノベや今のオタクカルチャーを持て囃やす風潮への風刺がどうだのとか

    全 部 ど う で も い い 。

    SAN値もHPも削られたわ。
    いやそれなりに笑ったけどな。
    とりあえず書店員のオレは「お前のSAN値も削ってやろうかぁぁぁぁぁぁ」的なPOPでも作って新刊台に飾ってやろうかと思います。
    378. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年07月04日 13:45
    発想は面白いとおもう
    ただ時代設定はもう少し後にしてもよかったんじゃないか
    379. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年07月04日 14:08
    この単行本を読んだうえでSAN値が削られるとか本当に書店員かよ
    380. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年07月04日 14:20
    ていうか大抵の褒めコメントが、本が出る前に試し読みだけで絶賛しちゃった子が必死にフォローを続けてるように思う
    試し読み部分以外の話がやたら薄い所を見ると
    381. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年07月04日 16:07
    タイトルで個性派妹ものと思わせておいて
    実は妹だけまとも(俺達から見て)ってオチかw
    発想の勝利だなー
    382. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年07月04日 16:14
    2章以降で主人公やオオダイラ先生はある事件に巻き込まれて心変わりするんだが、その主張が
    「小説だったらなんでも読むよ」って奴ならうんうんと頷ける。
    「文学()、ラノベ()、ケータイ小説()」とか言ってる奴には耳が痛い。

    自分はハードカバーからラノベまで幅広く読むんで共感できたよ。
    必死に叩いてるのは後者の子かもね。
    383. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年07月04日 16:18
    釣り針大きいよ! もっと縮めて縮めて!
    384. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年07月04日 19:17
    ・行政や法律などの文章はどうなっているのか?
    ・学術論文はどうなっているのか?
    ・漢字が必須な、伝統芸能は既に廃しされているのか?
    ・そもそも、いつ頃から漢字廃止論争が始まったのか?
    とりあえず、思った疑問。
    385. Posted by 以下、ゴールデンななしがお送りします。   2011年07月04日 21:36
    なんだこのコメントらん
    みんなあたまいいんだな
    386. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年07月05日 02:09
    コメ欄通じて流し読みして>>385が秀逸に見えた
    387. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年07月05日 04:24
    試し読みして一発ネタとしちゃありだけど何巻も読みたくはないと感じたなぁ
    インパクトはあるよね、まぁ

    そして売れ行きは確かに良いようだが
    当たり前だけど買うのは通読してない人だよね
    このコメ欄での読了した人の感想拾っていくと正直これは…

    あと、感じ方は人それぞれなワケだから批判や絶賛に対してあれこれ言うのは不毛だぜ
    388. Posted by 以下、このコメントは削除されましたがお送りします。   2011年07月05日 19:37
    このコメントは削除されました
    389. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年07月05日 19:44
    >>384
    韓国では、ハングルを使っている。
    (漢字のない世界の設定は、まんま韓国社会のようだ)

    ・学術的な文章については、英語で考える人が多い
    ・学術論文でも、ハングルより英語が推奨
    ・全てハングルに訳されている
     研究者や従事者は、必要に応じて英語訳されたものを使い理解を深める
     もっと熱心なものは、漢字を習って読んでる

    古典・歴史書・昔の判例集が読めない人間が増えて社会問題化しているのが韓国の実情。
    現在は漢字教育を始めた所。
    漢字を習って初めて、ハングルの単語の由来ー
    中国起源か、韓国の古事起源か、日本語起源かがー理解できる
    390. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年07月05日 19:55
    >>305
    ナニヲイッテルンダ、オマエハ


    舞城王太郎→ミステリー作家
    筒井康隆→SF作家

    日本には、純文学以外にも大衆文学というものがあるんだよ
    SFやミステリーは大衆文学が発展したものだ

    芥川龍之介や夏目漱石作品も、場合によっては大衆小説といわれるんだけど
    391. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年07月06日 01:22
    まぁ純文学がどういうものかわかる奴は※305も含めほぼいないだろうから語ってもしょうがなくね?w
    芥川賞なんて、純文学の定義に矛盾したものが今後数十年か数百年か排出し続けていくうちにまた変わっていくんだろうし
    定義的な話をすると、この本がハードSFとか信じてる子はいまだにいたりするのかな?

    ちなみにSFやミステリーみたいな部分の区別は純文学かどうかには実は関係なかったりする
    392. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年07月06日 08:30
    読んだけど、途中からバック・トゥ・ザ・フューチャーだよね。ディストピア物ならそこだけに専念してほしかったけど、作者はタイムスリップ物がやりたかったのかな?
    一応、主人公が文学というものに対し一つの答えを導き出せたのは良かった。ただ、全てを否定するのも良くないが、全てを肯定するのもどうかと思う。
    393. Posted by 以下、あがお送りします。   2011年07月06日 14:54
    なんだアルジャーノンの手法パクってるだけじゃん
    394. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年07月06日 20:46
    改行多いな
    ラノベじゃこれが普通かな
    395. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年07月07日 00:07
    ふうん、って思った。ただそれだけ。
    396. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年07月08日 02:22
    ブックオフで105円だったら買うレベル
    397. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年07月08日 14:47
    ラノベ挿絵初めてみたけど
    なんかpixivで投稿したら数個ブクマ貰って終わりそうな絵だな…
    表紙だと塗りのおかげでそこそこ見れるのに
    398. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年07月09日 11:03
    なにもかんじませんでした
    399. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年07月10日 08:38
    久々にHJ文庫の本気を見た
    400. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年07月11日 06:49
    面白そうじゃん
    401. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年07月12日 14:01
    まぁケンカばっかせんでも読みたい人は読めばいいじゃんか。
    402. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年07月12日 21:30
    紺碧旭日:50年くらい進んでいる(1950年)
    萌え萌え2次大戦(日本勝利ルート):100年くらい進んでいる(1950年時点)
    らぶバト!:200年くらい進んでいる(1950年時点で、1年間に20年進む。2023年くらいには現実の26世紀末期レベルまで進む予定)。これに鋼鉄の咆哮要素を加えると、1年で800年くらい、つまり、1940年には2739年レベルの技術力になる。2023年には66400年くらいの技術力に)
    403. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年07月20日 19:01
    関係者乙
    ある日突然、不自然に話題になったね。
    韓流と同じ匂いがするわ

    まぁ、内容が面白ければそれが正義なんだけどね
    404. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年07月21日 23:24
    賀東招二のあとがきみたいな冒頭だな。こっちのは引くぐらいつまらないけど
    405. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年07月25日 12:13
    全部読んだ
    普通のタイムスリップ物じゃん
    406. Posted by 以下、このコメントは削除されましたがお送りします。   2011年07月28日 00:19
    このコメントは削除されました
    407. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年07月28日 05:34

    いや言われてるのはお前。お前だけ。このコメ欄は全部お前の自演。
    ということで( ・_・)ノ
    408. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年07月28日 14:09
    >>406
    え?そのとおりだろ
    409. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年07月28日 14:23
    >>406
    馬鹿にされてるも何も、そいつ間違ったこと言ってるか?
    お前らは馬鹿なんだけど、知らなかった?
    410. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年07月28日 14:31
    ではみんな馬鹿ってことで
    411. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年07月28日 20:46
    まぁここで気炎あげてラノベ馬鹿にしてる奴らって、全員まともに普通の小説読んでないのは一目瞭然だわなwwwwwww
    412. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年07月28日 22:54
    >>406
    反論しようがないじゃん
    まさかここのコメント欄の連中は頭が良いとでも思ってたのか?
    413. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年07月29日 15:07
    ケンカは止めようぜ
    読んでも無いものを批判する奴はバカだ
    414. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年07月30日 16:24
    お前らは本当に馬鹿だな
    415. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年07月31日 14:12
    我輩はあの人かな、とも思うけど、
    2巻以降の展開でいかようにも変更できるねこの話
    416. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年08月09日 22:27
    ……認識の食い違いがないか
    みんな”我が輩”の所まで試し読みしてるか
    417. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年08月11日 22:51
    この作家が筒井康隆読んでるとは思えないんだけど
    いやガチで
    418. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年08月27日 09:54
    試し読みの時点で読む気無くすわ
    買いとか言ってるやつマジなのか?
    ネットスラングあるわ萌えとかいかにも狙ってますな感じだわ
    馬鹿丸出しじゃないのか
    やっぱり萌豚をターゲットにして萌えを全面に押し出してるラノベは糞だと思う。
    釣られた奴が買うからまた出版のほうの調子にのってこんなの世に出すんだろうな
    もう萌えはいらねーから普通のファンタジーとか出せよ
    419. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年08月29日 10:11
    マジで書店に置いてない件
    売れすぎっしょw
    420. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年08月29日 18:09
    先日買った。読み始めてはいるけど
    10ページ以上続けて読めない。
    ページを繰るたびにSANチェックを受けている気分だ。

    そういうエンターテイメントブックだと思えば買いかもしれない。
    421. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年08月30日 10:18
    読了した。

    なんつーか、BL小説の帯を文庫本一冊分読み終えた気分。
    そんな不条理な日本語を延々読みたい人にはお勧め。
    422. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年08月30日 12:52
    読んだがおもしろかったよ。コメ欄で言われてるようなラノベ批判とかいうものではなかった。むしろ愛があるね。今の時代では受け入れられにくいものでも将来はわからないというメッセージ。
    ラストの展開からいって続編があるのかもしれない。
    423. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年09月04日 22:49
    422
    俺読んだがまったく面白くなかった
    出来れば続編は勘弁してほしいw
    ってか良くこんな内容で本だせたな、しかも

    第5回ノベルジャパン大賞 銀賞

    をよく受賞できたなというレベル
    単に表紙と題名で釣ってるだけのクソラノベだったぜw
    424. Posted by 以下、ゴールデンな名無しがお送りします。   2011年09月09日 02:02
    埋めがたい隔たりってなんだよ。
    文章硬くしても表現狂ってるしw
    425. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年09月30日 12:19
    面白かったよこれ
    ほとんどネタだが最後にはカタルシスもあったw
    シンプソンズとかそういうくだらないの好きな人にはおすすめ

    あとラノベに文章力()求めてるやつはなんなの?w
    426. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2011年10月02日 20:18
    後書きと帯のコメント読んで
    「あぁ、この人普通に文章かけるんだなぁ」
    と思った。地の文がひどいのはやはり仕様か。

    あの我輩はやっぱり妹なのかね。
    劇中の正統派文学を読んで
    「そんなハーレム男いたら殺してやる」
    みたいなこと言ってたから男かなーって
    思ってたんだが。
    でもよく読むとその前に
    「男の欲望を満たすためだけの卑しい内容」
    とも言ってるからそうとも言い切れないのか。
    それでも五章の我輩は主人公が妹に好かれてるのが気に喰わない旨の発言してたから妹ってのは(上にせよ下にせよ)考えにくいと思う。


    書店で見かけてあらすじに興味を覚えて買ってみたがなんとも評価に困る作品だ。
    地雷なのか、ある意味大当たりなのか。
    続きは気になるが続刊でても買わないだろう。発想は面白いし、所々クスッと来たけど長々と書くとどうしてもだれる。みんな言ってるけどこの題材は一発ネタ向けだ。「もうちょっと読みたい」ってくらいがちょうど良いと思うぜ。
    427. Posted by 以下、このコメントは削除されましたがお送りします。   2011年11月01日 02:49
    このコメントは削除されました
    428. Posted by 以下、空白計画神がお送りします。   2011年12月26日 21:59
    僕の妹は漢字が読める
    だから何だって、言うタイトルだな。
    我の妹だって感じ読めるぞよ。
    429. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2012年03月20日 09:17
    漢字が廃れた未来社会で主人公の妹だけが漢字を読めるのか
    母国語が読めないなんてどこの朝鮮ですか
    話中じゃ漢字というか文学そのものが破綻してるなこりゃ
    現在の文学界隈に対する皮肉だとは思うけどルビばかりの本がここまで辛いとは思わなかった
    読みにくいってレベルじゃねぇぞ
    430. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2012年05月02日 21:38
    試し読みしか読んで無いけど面白い発想だと思う
    異世界とか異能系ラノベは書かないだけで俺でも書けるわとか思っちゃうけど
    この発想は俺じゃあ思いつかないから書けない素直に凄い
    431. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2012年05月18日 06:01
    この本を叩いてる奴は、小難しそうな本ばかり読んでるつまらない人間だと思う。
    432. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2012年05月29日 22:05
    これはすごい。
    漢字が読めるは筒井文学を超えてるかもしれない。
    433. Posted by 以下、このコメントは削除されましたがお送りします。   2012年05月31日 13:29
    このコメントは削除されました
    434. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2012年06月04日 18:59
    山本弘にここのコメ欄についてボロクソ突っ込まれてるなw
    435. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2012年06月07日 14:40
    ほんとひどい人種差別・民族差別感にみちた小説だよね。
    436. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2012年10月16日 02:41
    みんな元気良過ぎじゃね?
    437. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2012年12月22日 15:43
    ラノベに文章力求めてはいけないとは知らなんだw
    つまりラノベは駄文って認識でいいのかな?
    438. Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。   2013年06月14日 02:24
    「ラノベでこれやっちゃうかーw」みたいなこと書いてるやつ多いけど
    ラノベでこれが受けるの普通に腑に落ちるわ。
    ライトオタクって、キモいとか低俗だとか言われてることをアイデンティティにしてるもんな。カバンの見えやすいところに小さいフィギュアつけたりさ。
    尚且つ奇をてらったものも好きだし。
    439. Posted by 以下、妹が欲しい名無しさんがお送りします。   2014年03月20日 16:39
    普通に面白そう
    今のラノベとかしか読んでない奴等に読ませたいラノベ
    昔の文章には作者が伝えたかったことが登場人物の言動を通して読者に伝わってくるなんてのがよくあったけど今のラノベにはこれがない
    それを嘆いて少し大袈裟に書いてあるからこそ誰にでもわかりやすくこの問題を伝えようとしている
    これは買いだと思う
    440. Posted by 以下、金ぴか名無しさんがお送りします。   2014年06月08日 14:57
    ハクスリーのすばらしい新世界や、オーウェルの1984思い出した
    名前:
      情報を記憶:
    コメント:
     
    ※連投、荒らし、宣伝、不適切と判断されたコメントはNGの対象になります
      当サイトについて
      記事検索
      アーカイブ
      スポンサードリンク