僧侶「ひのきのぼう……?」
    2012年11月27日 コメント(0) 長編創作・SS 
    20120717030614a4d
    1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 21:55:30.53 ID:JOtdaiZe0
    戦士♂「そうだ。お前は『ひのきのぼう』だ」

    商人♂「ガハハ、そりゃいい例えですな!」

    僧侶♂「どういうこと?」

    戦士「口に出さねば分からないか。はっきり言って、お前にはこの旅は荷が重過ぎる」

    戦士「今まで大目に見てやったが、お前は勇者と違い、能力的には平凡な小僧だ」

    戦士「貧弱で力はない、頭の回転は鈍い、攻撃呪文は弱い。ヒノキの棒のように役に立たんということだ」

    戦士「回復呪文、一部の補助呪文だけが取り得だったが、それももう用済みになった」

    僧侶「用済み?」

    賢者♂「私がこのパーティーに入ることになりました」

    僧侶「えっ? あなたは?」

    賢者「はじめまして、賢者です」

    賢者「私は強力な攻撃呪文・補助呪文に加え、あなたの使用できる呪文もすべて習得しています」

    賢者「私があなたに代わって勇者様を支え、打倒魔王を為す一助となります」

    戦士「そういうことだ」

    僧侶「……そっかぁ……」






    2以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 21:56:20.17 ID:JOtdaiZe0
    商人「分かったら、とっとと自分の家に帰れ!」

    僧侶「えっ? いまから?」

    戦士「もうお前はパーティーの一員ではない。これを以て赤の他人も同然ということだ」

    僧侶「あの……勇者は? いまお風呂に入ってるけど……」

    戦士「勇者もとっくにこの件は了承済みだ」

    賢者「ええ、私もその場に居合わせていました。多少の抵抗はあったようですが――」

    賢者「魔王討伐を実現するに当たって、旅の効率性をご説明したら、最終的に納得されました」

    僧侶「……そうなんだ。じゃあ仕方ないかなぁ」

    戦士「さあ、勇者が戻ってくる前に行け。会えば勇者の心に迷いが生じるかもしれん」

    僧侶「あの、やっぱりいまから?」

    商人「一人分の宿代も、お前からこの賢者殿に差し替えているのだ。居残ってもらっては困るぞ!」

    賢者「出会ったばかりでいきなりお別れとは残念ですが、どうか道中ご無事で」

    戦士「さぁ、早く行け! 日が沈まないうちに出たほうがいいぞ」

    僧侶「うん、分かったよ。支度する」

    商人「ちょっと待て!」






    4以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 21:57:01.72 ID:JOtdaiZe0
    僧侶「? なに、商人さん」

    商人「旅の装備とゴールド、それに道具は全て置いていってもらうぞ!」

    僧侶「えっ? 全部?」

    商人「当たり前だ! 旅の物資は全てワシが管理しておるのを忘れたか!」

    商人「どさくさ紛れに貴重なアイテムを持っていかれては、たまったもんじゃないぞ!」

    商人「いいか、我々は物見遊山ではない、魔王を倒しにいくのだ! 1Gもムダにはできんのだ!」

    僧侶「そっかぁ……」

    戦士「とはいえ商人、これはまだ未熟な子供。無一文での一人旅は危険だと思うが」

    商人「おお、そうですな! おい、ひのきのぼう! これだけくれてやる!」

    僧侶は 5Gを てにいれた ▼

    僧侶「えっ? これだけ……」

    商人「ひのきのぼうと同じ価値なら、それと同じ額なの当然であろう!」

    戦士「商人、それはやり過ぎでは」

    商人「いいえ戦士殿、この町はご存知の通り物価が高い。事実、我々の予算も余りに余裕はないのです」

    商人「先々のことを考えれば、いかなる支出も必要最小限にとどめるべき! 全ては魔王を倒すために!」






    7以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 21:58:04.65 ID:VE9zHu//0
    商人、お前の方が要らない





    6以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 21:57:43.19 ID:JOtdaiZe0
    賢者「……僧侶さん。あなたはバギ系呪文も使えるはず。それで弱った魔物を倒すこともできましょう」

    賢者「道中戦いに傷ついたとして、宿に泊まりつつ確実な勝利を重ねていけば、金銭に困ることないはずです」

    僧侶「……でも……」

    商人「まだ何か不満があるのか!? それ以上何か言うなら、その5ゴールドも取り上げ……戦士殿?」

    戦士「僧侶よ。お前は子供とはいえ、仮にも勇者のパーティーの一員だった」

    戦士「その誇りと、勇者から分け与えられた勇気の一端があれば、何も恐れる必要はない」

    戦士「分かったな」

    僧侶「うん」

    僧侶「分かった」二コ

    僧侶「戦士さんたちも、お気をつけて。勇者に、よろしく言っておいてください」

    戦士「うむ。早く行け」

    僧侶「えと……アイテムと……装備品はここに置いておきます」

    商人「おいそんな汚いところに置くな! 少しは考えろ!」

    僧侶「あ、ごめんなさい。えっと、こっちに置いときます」

    僧侶「それじゃあ――さようなら」






    8以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 21:58:48.46 ID:JOtdaiZe0
     

    戦士「――行ったか?」

    賢者「はい、確かに町を出たようです」

    商人「ふうう、ようやっと厄介払いができましたな!」

    戦士「あまり悪く言ってやるな。俺はああは言ったが、あの僧侶はあれで多少は旅に貢献していた」

    賢者「しかし、勇者様と同い年というのは本当なのですか? 私と二つと違いませんよ」

    商人「がはは、もともと勇者様のコネで入ったような能無しですからな!」

    商人「賢者殿のように、若くして賢者の号を勝ち取った本物の導師とは、格が違いますわ!」

    賢者「本物かどうかは判りかねますが、流石にあの少年より優っているという自信はあります」

    賢者「私が勇者様の剣となり盾となり、魔王打倒に向けて全霊を注ぎましょう」

    戦士「うむ、賢者よ、ともに世界を平和にもたらそう。これからはよろしく頼むぞ」

    賢者「お任せください」

    商人「そうと決まれば、お近づきに酒瓶でも開けませんか! 今晩は一段と冷えるようですぞ!」

    勇者♀「あっ、みんな集まって何してるの?」

    戦/賢/商「!!」






    9以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 21:59:25.56 ID:JOtdaiZe0
    商人「ゆ、勇者様!」

    勇者♀「あれ? 僧侶も一緒じゃないの? どこいったの?」

    戦士「……それについては勇者。その前に話すことがある」

    勇者「なに?」

    戦士「予め話はしておいただろう? こちらの賢者が、正式にパーティーに加入することになった」

    賢者「はい。すでに挨拶は済んでいますが、改めてよろしくお願いします」

    勇者「わあ、そうなんだ! こちらからもよろしくお願いします!」

    勇者「にぎやかになるなあ。ボクと僧侶と賢者さんとで、もう回復役には困らないね!」

    商人「僧侶はもういませんぞ」

    勇者「……。……えっ? いないって?」

    戦士「僧侶は……自身より遥かに有能な賢者が入ってきたことで……」

    戦士「……自分の力量の限界を悟り、進んでパーティーからの脱退を願い出た」

    勇者「えっ?」

    勇者「ど、どういうこと? ねえ、ボクそんな話聞いてないよ!?」

    商人「い、いやあ、我々も急な話で驚きましてな」






    10以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 21:59:58.30 ID:JOtdaiZe0
    勇者「ちょっと待ってよ、僧侶はどこ? 直接話をして――」

    賢者「僧侶殿は、すでに町を去られました」

    勇者「えっ!? ひ、一人で?」

    勇者「このへんの魔物が手強いの知ってるでしょ!? まだ今日の疲れも取ってないのに!!」

    戦士「落ち着け勇者。僧侶には」

    戦士「僧侶には、貴重なキメラのつばさを持たせた。故郷までひとっ飛びだ。危険はない」

    勇者「そ、そうなの? 商人さん」

    商人「もももちろんですとも。ある程度の金銭も持たせましたし、帰っても当分は生活も安泰かと」

    勇者「そ、そうなんだ……。でも、ボクに何の相談もなしに……」

    戦士「……このところかなり思いつめていたようだぞ。勇者に迷惑をかけたくはない、と」

    勇者「ボク、僧侶を迷惑に思ったことなんて、一度もないよ!」

    戦士「勇者はそう思っていたとしても、事実、回復や一部の補助以外は、足手まといだった」

    勇者「……本気で言ってるの? 僧侶はね、ボクなんかよりずっと賢くて」

    勇者「町の人の会話なんかも、ダンジョンの地形なんかも、全部憶えられるんだよ?」

    戦士「何?」






    11以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 22:00:54.44 ID:JOtdaiZe0
    戦士「では、今まで勇者の得ていた情報が常に正確だったのは」

    勇者「……僧侶に教えてもらってたんだ。恥ずかしいから、こっそり聞いていたけど」

    勇者「それに、戦いでは一番みんなの体調を気にしてて……自分のケガなんかほったらかしで……」

    勇者「だからボクたちが教会のお世話になったことなんて、ほんの数えるほどしかなかったでしょ?」

    戦士「……すまない。それは気付かなかった」

    勇者「足手まといだなんてとんでもないよ。僧侶がいないと、とてもここまで来れなかった……」

    賢者「大変恐縮ながら勇者様。よろしいですか?」

    勇者「……なに?」

    賢者「彼は自分の意思でこの場を離れました。それほどの貢献を経た上で、自分で決断を下したのです」

    賢者「であれば、我々はその意思を尊重するのが、彼の本意ではないでしょうか」

    勇者「でも……」

    賢者「不肖この賢者、記憶力も状況判断力も、人並みよりは優れていると自負しております」

    賢者「彼の穴埋め以上のはたらきは必ず果たし、勇者様への尽力は惜しまぬと誓うゆえ」

    賢者「どうか此度の顛末には、ご理解ご寛容を」

    勇者「……」






    12以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 22:01:32.77 ID:JOtdaiZe0
    勇者「……」

    賢者「勇者様、どちらへ?」

    勇者「ルーラで僧侶に会いに行く。やっぱり一度きちんと話さないと」

    商人「そ、それはっ……」

    戦士「それはならん、勇者よ」

    戦士「なんのために僧侶がお前に会わずに去ったと思う」

    戦士「教えてやる、互いに未練を引きずらないようするためだ」

    戦士「すっぱり繋がりを絶てばしこりも残らん。そして恐らくその判断は正しい」

    戦士「いま僧侶に会いに行くのは、その意志、克己を踏みにじることになりかねん」

    戦士「だが……それでも構わず、我を押し通すというなら、行ってくるがいい」

    商人「ちょっ」

    戦士「だが勇者、私情に振り回されるようでは、俺は魔王を倒しうる器とは思わんぞ」

    勇者「……」

    賢者「勇者様」

    勇者「寝室だよ。話は分かった。……今日はもう疲れちゃった。先に寝てるから……」






    14以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 22:02:19.21 ID:JOtdaiZe0
     

    商人「ふうう、なんとか乗り切りましたな!」

    戦士「……俺は人を騙すことに慣れていない。後味は最悪だ」

    戦士「だがこの件だけはやむを得まい」

    戦士「勇者は擁護していたが、やはり俺からしてみれば、僧侶は優秀な人材とは思えなかった」

    戦士「より呪文に秀でた賢者が参入した今なら、尚更だ」

    賢者「恐縮です」

    戦士「なのに、勇者の僧侶への入れ込みようは度が過ぎていた」

    戦士「魔王打倒に万全を期すためにも……この辺で決別してもらわねば」

    賢者「ええ。私は彼のことはよく知りませんが、やはり5人での長旅というのは効率が悪いかと」

    商人「とんでもない話です! 人数が一人増えるだけで、経済的にはえらい負担ですぞ!」

    戦士「とにかく全ては、確実に魔王を倒すためだ。我々ももう僧侶のことは忘れよう」

    戦士「明日は未踏の地への探索だ。各々、今日は早めに床につくがいいだろう――」

    賢者「この周辺の地形に関してはお任せください。私にとっては庭のようなものです――」

    商人「あ、あれ? お二人とももうお休みで? うむむ、せっかくの酒盛りが――」






    18以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 22:04:01.69 ID:JOtdaiZe0
    ――――――――――――――――――――

    【外】

    僧侶「……」ニコニコ

    僧侶(ちょっと寒いなぁ。やっぱりあの装備って、防寒効果もすごかったんだなあ)

    僧侶(そうだよ、装備がないから、魔物にばったり遭わないようにしないと)

    僧侶(おっと)

    僧侶(魔物だ)

    僧侶(まだこっちに気付いていないな。遠回りしていこう――)

     

    僧侶(おっと。魔物だ。ここは隠れてやり過ごそう――)

     

    僧侶(おっと魔物だ。全力で逃げよう! ――)

     

    僧侶「おっと」

    僧侶「もう日が沈んじゃうな。そろそろ野宿する場所を確保しておかなくちゃ」






    20以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 22:04:46.44 ID:JOtdaiZe0
     ポツ     ポツ

    僧侶「あっ」

    僧侶「雨だ。雨が降ってきた。大変だっ」

    僧侶(どこか雨宿りできる場所……あっ、この木のウロ、結構広そう)

    僧侶(うん、中に何もいないみたいだし、何かがいた痕跡もないし、ちょうどいいや)

     

    僧侶「よっしょ」

    僧侶(いい感じ。もうすっかり暗くなってきたし、今日はここで寝よう……)

    僧侶(……戦士さんたち、大丈夫かなぁ。寝てるとき風邪引かないかな)

    僧侶(戦士さんは頑丈だから病気とは無縁だけど、商人さんは寝相が悪いからなぁ。ちょっと心配)

    僧侶(賢者さんはどうだろ。きっと僕なんかよりずっと頭が良い人だから、心配するのは失礼かな)

    僧侶(勇者は……いつも布団を多めに被ってるから大丈夫だよね……)

    僧侶(勇者といっても、まだ年頃の女の子なんだし……体調には気を配らないと……。……)

     ザー―――――― ……

    僧侶「Zzz――」






    21以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 22:05:28.42 ID:JOtdaiZe0
    ――

     

    僧侶(……)

    僧侶(……寒い……ちょっと寒い……)

    僧侶(……でも平気……寒くない……)

    僧侶「!」

    僧侶「あ。朝」

    僧侶(そっか。そういえば僕ひとりだった)ゴシゴシ

    僧侶(勇者たちから抜けて、家に帰るところだったんだ)

    僧侶(魔王を倒しに行くのに比べたら、ずいぶん気楽な旅路だよね)

     

    僧侶「ん……」

    僧侶「雨はやんでるけど……地面がべちゃべちゃだ。こりゃ歩きづらいなあ」

    僧侶「と。こんなこと言ってたら、また戦士さんに怒られちゃう」

    僧侶「う〜ん……よしっ。出発!」






    24以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 22:06:01.81 ID:JOtdaiZe0
    僧侶(一つ前の村までの道順はこっち……うん、こっちが最短距離)

    僧侶(目的地への方角がちゃんと分かるって幸せだね。自信を持って歩けるもの)

    僧侶(道のりもやることも分からなかったら、僕にはきっと耐えられないだろうなぁ)

    僧侶「……」

    僧侶「ん……!」

     

    魔物Aが あらわれた! ▼

    僧侶(やっぱり出た! 右手の抜け道は……)

    魔物Bが あらわれた! ▼

    僧侶(うわわっ。こうなったらいったん引き返して……)

    魔物のむれが あらわれた! ▼

    僧侶「!」

    僧侶(は、挟まれちゃった! 逃げ場がない!)

    僧侶(戦わなきゃ。戦わなきゃ)

    僧侶(ぼ、僕一人で……戦えるかな……)






    25以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 22:06:35.55 ID:JOtdaiZe0
    ――――――――――――――――――――

    勇者「やあっ!」

    勇者の こうげき! ▼

    商人「このおおおっ!」

    商人の こうげき! ▼

    賢者「そのグループはまとめて倒せますね」

    賢者は ベギラマを となえた! ▼
    魔物のむれに ダメージを あたえた! ▼

    戦士「こいつで最後だ!」

    戦士の こうげき! かいしんのいちげき! ▼

    魔物を たおした! ▼

    魔物のむれを やっつけた! ▼


    勇者「ふう……」

    戦士「今の戦いはなかなか質が良かったな」

    商人「多めにゴールドを回収!」






    26以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 22:07:14.13 ID:JOtdaiZe0
    賢者「勇者様、足から血が」

    勇者「えっ? ああ、こんなのかすり傷だよ」

    賢者「私にはまだまだ魔力に余裕があります。回復させてください」

    勇者「そ、そう? じゃあお願い、僧侶――じゃなかった賢者さん!」

    賢者「……」

    戦士「勇者。僧侶のことは忘れろとは言わんが、早いうちに意識を切り替えろ」

    戦士「最終的に魔王との戦いは、このパーティーで挑むことになるのだからな」

    勇者「わ、分かってるよ。今のは、ちょっと」

    勇者「賢者さんが、いつもの僧侶と同じことを言ってきたから、つい……」

    賢者「いつも?」

    商人「そうです、僧侶の奴は、戦闘が終わるたびにイチイチ他人のケガを見て回るのです」

    商人「いやーしつこいもんですぞ。別にいいと断る頃には、すでに回復呪文を唱えておりまして」

    戦士「うむ、あれは考えなしだった。魔力の使い方としては、えらく非効率に思えたものだ」

    賢者「まぁ、毎回そんなことをやれば効率は悪いでしょうね」

    勇者「……みんな僧侶のこと何にも知らないくせに……」ボソ






    28以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 22:08:03.09 ID:JOtdaiZe0
    商人「それにしても、やはり賢者殿は相当な戦力になりますな!」

    賢者「お褒め預かり光栄です」

    戦士「お前は先の町で、長らく呪文の研究をしていたのだろう?」

    戦士「若いということもあって、正直あまり戦闘には期待していなかったが、」

    戦士「予想に反して立ち回りは様になっていた。どこで覚えた?」

    賢者「私は魔道の修練のため、大陸中を巡りました。元々旅には慣れ親しんでおります」

    賢者「空白期間こそありましたが、思ったより勘が鈍っていなかったので幸いでした」

    賢者「すぐに皆様に息を合わせられるよう、精進いたします」

    商人「何をおっしゃる、賢者殿はもうすっかりパーティーの一員ですぞ!」

    戦士「うむ。賢者がパーティーの良き参謀となれば、以前よりも旅は安泰になることだろう」

    勇者「……そんなの絶対分かんないもん……」

    賢者「あ。勇者様、足元っ」

    勇者「うわ。っとっと」

    賢者「大丈夫ですか?」

    勇者「う、うん平気。ありがと。…………ちぇっ……」






    29以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 22:08:49.45 ID:JOtdaiZe0
     

    戦士「――そろそろ日も傾いてきたが、次の町まではあとどのくらいなのだ?」

    賢者「あと一山、越えなければなりませんが……勇者様、いかがいたしましょう」

    勇者「それなら頑張って歩こう。まだみんな余力はあるみたいだし」

    商人「賢者殿のおかげで、前よりずっと好ペースで進んでおりますからな!」

    賢者「それは何よりです」

    戦士「お前はパーティーに加入したばかりだ。くれぐれも無理はするなよ」

    賢者「ええ、ありがとうございます」

    勇者「……ねえ賢者さん」

    賢者「はい?」

    勇者「賢者さんは、どうしてこのパーティーについていこうと思ったの?」

    賢者「それは無論、この世に悪をもたらす元凶、魔王を征伐するためです」

    賢者「魔王はいにしえより、選ばれた勇者の剣でのみ討ち果たされると言われています」

    戦士「……」

    賢者「ゆえに勇者様が先の町に立ち寄ると伺ってからは、元より同行させて頂くつもりでした」






    30以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 22:09:42.79 ID:JOtdaiZe0
    賢者「もちろん希望通りにパーティーに参入できるとは思えませんでしたが――」

    賢者「幸運にもそちらの商人様の紹介あって、人員交代の機会に恵まれた次第です」

    商人「いや何の、腕利きの賢者がフリーだと聞いては、声をかけずにはいられませんとも!」

    勇者「ボクには急な話だったけどね」

    戦士「仲間になるかもしれん、という話は予め伝えておいたはずだが」

    勇者「僧侶が抜けるなんて聞いてないよ」

    戦士「まだ言っているのか。過ぎたことを引きずるな。あれは……」

    戦士「あれは僧侶の意志だったのだ。お前も納得しただろう」

    勇者「……まだ全部飲み込めたわけじゃないよ。一日経ったばかりだし」

    商人「まあまあ、徐々に今のパーティーに慣れていけばいいじゃあありませんか!」

    勇者「……でも……」

    賢者「勇者様」

    賢者「私の能力では、何かご不満でしょうか? すぐに改善いたします、何でも仰ってください」

    勇者「えっ? い、いや、そういうわけじゃないよ。賢者さんはすごく頼りになると思う」

    勇者「ほら、もう日が沈んじゃうよ、先を急ごっ」






    32以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 22:10:15.01 ID:JOtdaiZe0
    ――――――――――――――――――――

    僧侶は 魔物のむれをたおした!

    経験値と 120Gを てにいれた! ▼

    僧侶「ふう」

    僧侶「なんとか勝てた……」

    僧侶「……」

    僧侶(こっちも命がかかってるから、甘いことは言ってられないけど)

    僧侶(このモンスターたちも、子供がいたり、生きるのに必死だったかもしれない)

    僧侶(供養だけでもしていこう。僕一人しかいないし、誰にも迷惑かからないよね)

    僧侶(――)

     

    僧侶「よし、先を急ごう」

    僧侶(次の村に着いたら、装備だけでも整えようかな。やっぱり手ぶらじゃきついや)

    僧侶(わ、よく見ると服もドロだらけだ。新しい服も買っておこう)

    僧侶(そうだ、好きなものが自分のお金で買えるんだ。一人旅も悪くないかなあ)






    35以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 22:11:23.98 ID:kiBoUT9h0
    120gもあれば宿泊まってキメラの翼買えるな





    41以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 22:13:15.24 ID:j5DmIIRL0
    >>35
    この僧侶ならアッサラームの価格でも文句言わなそう…






    36以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 22:11:28.78 ID:JOtdaiZe0
    ――

    僧侶は にげだした!

     

    僧侶「はぁ……はぁ……」

    僧侶(今度はうまく逃げられた。しかも村の方向だ、ラッキーだね)

    僧侶(あ。この坂、見覚えあるぞ。ここを越えたら――)

    僧侶(見えた! 村だ。まだ結構歩かなきゃならないけど)

     

      ポツ     ポツ

    僧侶「!」

    僧侶「また雨!」

    僧侶(うーん、雨宿りするには中途半端な距離だなぁ)

    僧侶(よし、もう日も沈んで暗くなってるし、今日は頑張ってあそこの村まで行こう)

      パタパタパタパタ  ……ザー―――――― ……

    僧侶(うわあ、雨足早いぞ。急がなくちゃ!)






    37以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 22:12:02.93 ID:JOtdaiZe0
     ザー―――――― 

    僧侶(歩きづらいなぁ。視界も悪いし)

    僧侶(でも負けないぞ。なんてったって僕は勇者のパーティーにいたんだ)

    僧侶(雨の中でも勇気を出して、胸を張って歩こう)


    僧侶「ん……!」

    魔物Aが あらわれた!
    魔物Bが あらわれた!

    僧侶(村まであと少しだ。こうなったら……)

    僧侶は マヌーサを となえた!

    魔物のむれは まぼろしに つつまれた! ▼

    僧侶「今のうち!」

    僧侶は にげだした!

    しかし 足がもつれて すっ転んでしまった! ▼

    僧侶「ぶぼ! いてて……」

    魔物のむれに まわりこまれてしまった! ▼






    39以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 22:12:35.60 ID:JOtdaiZe0
    ――

     ザー―――――― 

    【東の村】

    僧侶「はぁ……はぁ……あれ?」

    僧侶(必死で逃げてたら、いつの間にか村に着いてた……)

    僧侶(良かった。なんとか無事に、一人で戻って来れたぞ)

    僧侶(村の人は……やっぱりみんな家の中だ。こんな天気だもんね)

    僧侶(ええっと、まずは宿屋? ううん、こんなに汚れたカッコじゃ、会う人に失礼だね)

    僧侶(まずはお店に行って着替えを買ってこよう。ついでに装備も整えられるし、一石二鳥だ)

    僧侶(もうすっかり遅くなったし、雨も降ってるけど……開いてるかな?)

    僧侶(確かこのカドを曲がって……左に行って……もひとつカドを折れたここ!)

    【東の村>武具屋】

    僧侶(よかった開いてる!)

    僧侶「こんばんわ〜」 キィ…

    武具屋「いらっしゃ……ん? お前どこのガキだ?」






    42以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 22:13:28.83 ID:JOtdaiZe0
    僧侶「僕は通りすがりの旅人です。お金はあります、服を下さいな」

    武具屋「おい馬鹿野郎、濡れたカッコで入ってくるんじゃねえ! 外で水きってこい!」

    僧侶「ごめんなさい」

    武具屋「旅人ねぇ、そうは見えねぇがなあ。ま、金があるってんなら一応客だが」

    僧侶(所持金は125ゴールド……この村の宿屋は確か一人20ゴールドだから……)

    僧侶(10ゴールドのぬののふくと……かわのぼうし80ゴールドまで買える!)

    僧侶「これとこれを下さい」

    武具屋「90ゴールドだ。偽金じゃねえだろうな」

    僧侶(へへ。奮発してぼうしまで買っちゃった。一人で買い物って楽しいな。あ、そうだ)

    僧侶「武器も見せてくださいな」

    武具屋「ああ? あといくら持ってんだ?」

    僧侶「35ゴールドです」

    武具屋「はっ、やっぱ金持ってねえのか。その額じゃこれとこれしか売れねえな」

    僧侶(ふむふむ、30ゴールドのこんぼうと……あ!)

    僧侶「これ下さい!」






    45以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 22:14:07.69 ID:JOtdaiZe0
    僧侶は ぬののふくを 装備した!
        かわのぼうしを 装備した!
        ひのきのぼうを 装備した! ▼

    僧侶「これでよし。ありがとうございました」

    キィ…

    武具屋(へへ、いまどきあんな『ひのきのぼう』買うバカがいるとはな)

    武具屋(一緒に並べて正解だぜ、タダ同然で仕入れて5ゴールドの儲け!)

    武具屋(頭の回んねえ奴だ、まさに『ひのきのぼう』に相応しいガキだったぜ。へへ……)

     

    ――

    僧侶(ひのきのぼう、買っちゃった。戦士さんが僕のことを『ひのきのぼう』って言ってたけど)

    僧侶(僕にはぴったりだ。このひのきのぼうは、まさしく運命の相棒なんちゃって)

    僧侶(残りは30ゴールド。この村の宿代は一人20ゴールド)

    僧侶(残り10ゴールドで薬草も買えちゃうぞ。大事に使おう)

    僧侶(えっと宿屋はこっちか)

    僧侶(新しい服が濡れないように気をつけなくちゃ……)






    46以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 22:14:45.91 ID:JOtdaiZe0
    【東の村>宿屋】

    僧侶「こんばんは〜」

    主人「いらっしゃいませ……おお、あなた様は勇者様ご一行の!」

    僧侶「わあ、覚えてくれて、ありがとうございます。そうです、僧侶です」

    主人「あなた方であればいつでも歓迎します! どうぞどうぞ」

    僧侶「あのうすみません、今日は僕一人なんです」

    主人「……はて? どういった事情が?」

    僧侶「僕は先日、勇者のパーティーから外れたんです。今は故郷に帰るところなんです」

    主人「ははあ……なるほど、そういうわけですか……」

    僧侶「こちらの宿代は、一人20ゴールドですよね。一泊、泊めさせてもらえませんか」

    主人(……うーむ。勇者様がいないのでは、愛想振りまいてもしょうがないな……いま忙しいし……)

    主人「あーその……実は80ゴールドなんですよ」

    僧侶「えっ? この間パーティーで泊まった時は、全員で80ゴールドでしたよね?」

    主人「ええーそれが、『一泊』、80ゴールドだったわけでして」

    僧侶「えっ、そうだったんですか」






    47以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 22:15:53.65 ID:JOtdaiZe0
    僧侶「僕、いま30ゴールドしか手持ちがないんですけれど……」

    主人「あー……、……では、残念ながら……はい……」

    僧侶「他に泊まれるところは知りませんか?」

    主人「いえいえ、あったとしても、競合店を紹介するような真似はできませんよ」

    僧侶「そうですか……では、お邪魔しました」

    主人「はい、ご予算に都合がつきましたら、是非とも当宿屋に」

    主人(……ふう、なんとか追っ払えたか。それじゃ仕事仕事――)

    ――

    僧侶(そっかぁ。一泊で80ゴールドだったんだ。他のところと違うんだ)

    僧侶(困ったなあ。80ゴールドだったら、ちょうどこの『かわのぼうし』と同じ代金か)

    僧侶(きっと贅沢したから、バチが当たっちゃったんだろうなぁ。反省)

    僧侶(じゃあ、今晩どうしよう。やっぱり野宿しかないかな)

    僧侶(そうだ! キメラのつばさがあれば、家までひとっとびだ! 道具屋に行ってみよう)

    僧侶(確か取り扱ってなかったはずけど、もしかしたら新しく入荷してるかもしれない)

    僧侶(30ゴールドで譲ってはくれないだろうけど……一応、ダメ元で訪ねてみよう)






    48以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 22:16:24.84 ID:JOtdaiZe0
    【東の村>道具屋】

    ――

    道具屋「ねえよ、キメラのつばさなんて大層なもん。帰んな帰んな」

    僧侶「そうですか……」

    僧侶(この村には他に泊まる場所がなかったし……やっぱり今日も野宿か……)

    ガチャ

    下女「ちょっと道具屋さん、薬草ちょうだい!」

      ドンッ   僧侶「わっ」

    道具屋「おや村長ンとこの。こんな夜分にどうしたんだい?」

    下女「それが、旦那様の具合が急変しちゃって! どうしたらいいか分かんないのよ!」

    道具屋「そりゃまた大変だ」

    下女「とにかく薬草を煎じて飲ませるぐらいしか思いつかないの! お金はあるわ! 早く!」

    僧侶「……あのう」

    下女「なによアンタ、邪魔よ!」

    僧侶「えっと、僕いちおう僧侶ですけど、もしよければ診ましょうか? 村長さんを」






    51以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 22:17:16.09 ID:JOtdaiZe0
    【東の村>村長の家】

    ――

    村長「ゴホッ、ゴホッ……」

    僧侶「……」

    奥さん(まったく、何でこんな子供連れてきたの!)ボソボソ

    下女(も、申し訳ありません、一応僧侶と名乗ってましたので……)ボソボソ

    僧侶「……あの」

    奥さん「な、なに? どうなの?」

    僧侶「最近、こちらの村長が無理をされたことは?」

    奥さん「そ、そうね。勇者様が来るってことで、風邪の中わざわざ無理を押して出迎えたわ」

    僧侶「……! それは気付かず、申し訳ありませんでした」

    僧侶「実は僕は、その勇者と一緒にいた者です。数日前に、こちらに挨拶に伺ったことがあります」

    僧侶「そのとき病気だと気付いていれば……」

    奥さん「そ、そうなの? あんたの顔なんて全然覚えてないけど」

    下女「……! だ、だったら……」






    53以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 22:18:29.91 ID:JOtdaiZe0
    下女「アンタには、旦那様を治す責任があるはずよっ!」

    下女「アンタたちのせいで、旦那様の具合が余計に悪くなったんだから!」

    僧侶「そうですね。ごめんなさい」

    奥さん「ちょ、ちょっと、勇者様のお連れに向かって……」

    下女(いえ奥様、この子が一人でこの村に戻ってくるなんて、不自然だと思いませんか?)ボソボソ

    下女(きっと仲間から外されたに違いありません。今なら怖いものなしです)ボソボソ

    下女(勇者様の名を盾に無理なお礼を要求される前に、逆に責任を全部押し付けちゃいましょう)ボソボソ

    奥さん(なるほど。ヘタにした手に出るより、そっちの方がいいわね)ボソボソ

    僧侶「あのう……?」

    奥さん「オホン。いいこと、あんた達がウチの主人に無理させたから、こんなことになったのよ」

    奥さん「ここは責任持って、きっちり主人を看病しなさい。いいわね!」

    僧侶「は、はい。もとよりそのつもりですけど……そのう……」

    奥さん「主人に何かあったらあんたの責任よ、いいわね! じゃあ、あたしは子供の世話があるから」

    下女「あ、奥様、お手伝いします。ちょっとアンタ、ちゃんと旦那様を診ときなさいよ!」

    僧侶「あ、あの……。……行っちゃった……」






    55以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 22:19:11.44 ID:JOtdaiZe0
    村長「ゴホッ……ゴホッ……」

    僧侶(この病気には、まんげつそうがあれば特効薬が作れるんだけど)

    僧侶(ここには薬草しかないし、困ったな)

    村長「ゴホッゴホッ」

    僧侶「大丈夫ですか?」

    僧侶は ベホイミを となえた!

    村長の呼吸が すこしらくになった! ▼

    僧侶(こんなの気休めにしかならないよ。やっぱり薬を飲ませないと)

    僧侶(仕方ない、さっきの道具屋で買ってこよう)

    僧侶(確かまんげつそうは30ゴールド。今の手持ちも30ゴールドぴったり)

    僧侶(良かった。人助けすると、こんなところでラッキーが起こるんだね)

    僧侶(ん、ラッキーってのはちょっとおかしいかな? まあいいや)

    僧侶「村長さん、ちょっと待ってて下さいね。まんげつそうを買ってきます」

    村長「ゴホッゴホッ」

    僧侶「すぐに戻ってきます!」






    56以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 22:19:51.07 ID:z24PUcDv0
    まんげつそうってキアリク効果だったっけ





    57以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 22:19:59.31 ID:JOtdaiZe0
    ――

    僧侶「ただいま戻りました」

    僧侶(店じまいの途中だったから、すごく怒られちゃった)

    僧侶(でも閉まる前に間に合ってよかったな)

    村長「……ゴホッ、ゴホッ」

    僧侶は ベホイミを となえた!

    村長の呼吸が すこしらくになった! ▼

    僧侶(ええっと……炊事場、勝手に使っていいのかな)

    僧侶(まずはお湯を沸かして……あ、沸かしてある。このやかんを使おう)

    僧侶(えっと次に……包丁でまんげつそうを刻んで……)

    村長「ゴホッ、ゴホッ」

    僧侶「! 大丈夫ですか?」

    僧侶は ベホイミを となえた!

    村長の呼吸が すこしらくになった! ▼

    僧侶(やらないよりいいよね。これからこまめに呪文もかけていこう――)






    58以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 22:20:33.84 ID:JOtdaiZe0
     ザー――――――……

    ――

    僧侶「村長さん、お薬ができました」

    村長「……ふぅ……ふぅ……」

    僧侶「ちょっと熱いですよ。ゆっくりでいいので、飲んでください」

    村長「……」 コクン  コクン

    僧侶「はい。これで大丈夫です」

    村長「ゴホッ、ゴボッ……」

    僧侶「!」

    僧侶は ベホイミを となえた!

    村長の呼吸が すこしらくになった! ▼

    僧侶(これは朝までついていた方がいいかなぁ)

    村長「ハァ……ハァ……」

    村長「……ゆ……勇者様……」

    僧侶「!」






    59以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 22:21:17.26 ID:JOtdaiZe0
    僧侶「気がつきましたか? 無理に喋らなくていいですよ」

    村長「ゆ……勇者様……」

    僧侶「僕は勇者じゃありませんよ。安静にしていてください」

    村長「オーブを……オーブをお持ちくだされ……」

    村長「……この村から……少し西へ向かったはずれに……ゴホッゴホッ」

    僧侶「えっ? 何ですか? ちょっと詳しく」

    僧侶は ベホイミを となえた!

    村長の呼吸が すこしらくになった! ▼

    村長「ほ……ほこらが……。……私をほこらに……オーブを……」

    村長「さすれば……魔の城へ続く道が……」

    村長「……言い伝え……」

    村長「ゴホッゴホッ……。……」

    僧侶「村長! 村長。寝ちゃった」

    僧侶(オーブかぁ。そんな大事そうなこと、どうしてこの間勇者に言わなかったんだろ)

    僧侶(もしかして言うのをためらっちゃうほど、極秘の情報だったのかな……)






    61以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 22:22:07.40 ID:JOtdaiZe0
    ――

    <朝>

    村長「……」

    僧侶「……」うつらうつら

    下女「なにこれ! 道具が出しっぱなしじゃない!」

    僧侶「ん……あ。おはようございます……」フアア

    下女「ちょっとアンタ、勝手に私の仕事増やさないでよ!」

    僧侶「えっ? あ……片付けるの忘れてた……ごめんなさい……」ムニャムニャ

    下女「これなに? 薬?」

    僧侶「えっ? はい。薬草がたくさんあったので、念のために作っておきました」

    僧侶「村長さんにはもう特効薬を飲ませたので、あとはそれを一日三回ずつ飲ませて下さい」

    下女「それで治るの? 大丈夫なのっ?」

    僧侶「はい。もう大丈夫ですよ」

    下女「そう、分かったわ。じゃあアンタ早く出て行きなさい」

    僧侶「えっ?」






    63以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 22:22:48.50 ID:JOtdaiZe0
    下女「えっ、じゃないでしょ。元々、アンタのせいで村長様がこんなになって」

    下女「アンタがそれを治した、これで差し引きゼロよ。違う?」

    僧侶「なるほど」

    下女「ううん、ゼロどころか、雨の中一晩泊めてあげた分、こっちが優位なはずよ。そうでしょ?」

    僧侶「なるほど、そうですね」

    下女「でもその分はいいから、その代わり早く出て行ってちょうだい」

    下女「勇者様ならいざ知らず、アンタみたいな見ず知らずの他人を連れて来ちゃったせいで」

    下女「私は昨日寝る前、また奥様に怒られちゃったんだから! 分かった!?」

    僧侶「はい、分かりました。ごめんなさい」

    村長「……ううん……」

    下女「!」

    下女「は、早く出て行きなさい。旦那様が起きる前に」ヒソヒソ

    僧侶「分かりました。一晩泊めていただき、ありがとうございました」

    下女「そんなのいいから、早く!」

    僧侶「あ。はい。では、また」






    64以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 22:23:25.08 ID:UBofX8it0
    なんでこんなクズが多いんだ





    65以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 22:23:36.85 ID:JOtdaiZe0
    ――

    下女(ふう……行ったようね。何とか勢いを通して帰らせることができたわ)

    下女(途中無理があるかと思ったけど、あまり頭が回らない子で助かったわね)

    下女(あの子、『ひのきのぼう』なんて持ち歩いてた時点でおかしいと思ってたのよ)

    下女(見た通り『ひのきのぼう』レベルの子で良かったわ。ふふ)

    村長「ううん……」

    下女「! 旦那様、お目覚めですか?」

    村長「ううむ……下女か……」

    下女「おお旦那様、お具合の方はいかがですか?」

    村長「……身体が軽い……誰かが付きっきりで看病してくれたようじゃな……」

    下女「えっ。……え、ええ、奥様がついてらしてましたよ」

    村長「あいつが……? あいつに、まだそんな甲斐性があったのじゃな……」

    下女「こちらが……こちらが私がご用意しました、新しいお薬です。ささ、どうぞ」

    村長「おお、ありがとう……。私は幸せだ。これほどにまで村の者に親われて……」

    下女(ふふ、これで奥様にも旦那様にも私の株が上がったわ。ひのきのぼうサマサマね!)






    72以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 22:24:59.42 ID:JOtdaiZe0
    ――

    【外】

    僧侶「ふああ」

    僧侶(ちょっと眠いなぁ。結局昨日はあんまり眠れなかったし)

    僧侶(ううん、文句言っちゃいけない。この前みたいに雨の中で一晩越すよりずっとよかったし)

    僧侶「ん〜……」ゴシゴシ

    僧侶(それにしても、北の城までまだかかるなぁ)

    僧侶(城下町から、ちょっと離れた林にある小屋)

    僧侶(そこで勇者が帰ってくるのを、のんびり過ごして待つんだ。これが僕の最後の旅……)

    僧侶「……ふああ」

    僧侶(何だか眠いや……今日は天気もいいし。ちょっとそこの木陰でひと眠りしよう)

    僧侶(誰にも迷惑かからないし、いいよね)

    僧侶「よいしょ。……ふああ」

    僧侶「本当にいい天気……」

    僧侶「……Zzz……――」






    74以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 22:25:51.65 ID:JOtdaiZe0
    ――――――――――――――――――――

    勇者「あっ。賢者さん、もしかしてあそこ」

    賢者「ええ、【南の港町】ですね」

    戦士「あそこまでもう一歩きだな」

    商人「ふう……ふう……いやあ、なかなかしんどいですな……」

    勇者「この辺になってだんだん暑くなってきたね。みんな大丈夫?」

    戦士「この程度でへばっているようでは、とても魔王打倒など叶わん」

    商人「も、申し訳ない、少し休憩をば。ワシは荷物が多いからして」

    勇者「じゃあボクが少し持ってあげる! もう少しだから、頑張ろう!」

    商人「は、はひ……」

    賢者「ふう……」

    勇者「賢者さんも大丈夫? ちょっと疲れてるでしょ?」

    賢者「えっ? い、いえ、そんなことはありません」

    勇者「……ふふ。僧侶はちっとも疲れを顔に出さなかったよ? じゃ、先を急ごっ」

    賢者「は、はい……。……」






    75以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 22:26:24.34 ID:JOtdaiZe0
    【南の港町】

    勇者「着いた! う〜ん潮の香り!」

    商人「な、何とか日が暮れる前に到着しましたな……」

    賢者「ふう……。ん、んコホン」

    戦士「ここが南の港町か。初めて足を踏み入れる」

    町民「おや、あなた方は? 旅人とは珍しい」

    勇者「こんにちは、初めまして。ボクは勇者です」

    町民「おお! ではあなた方が北の城から遣わされたという……」

    戦士「うむ、打倒魔王を掲げる一団だ。王族の刻印付きの証書もあるぞ」

    町民「それはそれは! ぜひ宿屋まで案内させてください!」

    勇者「本当ですか? お願いします!」

    商人「ちょっと待て! お前まさか、善意を装って悪質な宿を紹介する悪徳業者ではあるまいな」

    町民「え? いえいえ滅相もない! そもそもこの町に宿屋は一つしかありませんし……」

    賢者「本当ですよ、商人さん。しかしその姿勢、見知らぬ地では頼もしい限りですね」

    戦士「うむ、勇者はこういうところが抜けているからな」   勇者「ちぇー」






    76以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 22:27:04.05 ID:JOtdaiZe0
    【南の港町>宿屋】

    戦士「ふう」 どさっ

    勇者「わあ、窓から海が見える……きれい……」

    賢者「最上級の一室ならではの景色です。ここからの眺めは、今も昔と変わりませんね」

    商人「ううむ、露店が並んでますな。我が身に宿る商魂が昂ぶってきますわ」

    戦士「だが、夕刻を過ぎて店じまいも多いようだ。道具の調達などは明日が良かろう」

    勇者「港町かぁ。てことは、大陸中の色んな人が行き交ってるんだよね」

    勇者「魔王城に行くための情報なんかも、紛れてないかな」

    商人「! ま、魔王城ですか」

    戦士「ふっ、浮かれて目的を見失ってはいなかったようだな。当然だが」

    勇者「ボクはただ、この旅を早く終わらせたいだけだよ」

    賢者「さすが勇者様です。この町は唯一、彼の地へと陸続きになっていますからね」

    勇者「うん。それが少し気になってたんだけど……」

    賢者「ですが、ここから直接乗り込むのは、地形の関係で無理ということが判明しています」

    賢者「詳しくお話ししましょう」






    77以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 22:27:37.89 ID:JOtdaiZe0
    賢者「まず、地図をご覧下さい」バサッ

     

    ―――――――――【北の城】―――――――――

    ―――【雪山】―――――――――【渓谷】―――

    【西の町】――――【魔王城】――――――【東の村】

    ―――【砂漠】―――――――――【賢者の村】―

    ―――――――――【南の港町】 <現在地



    賢者「少し分かりづらいですが、魔王城の周りは険しい山々で囲まれており」

    賢者「さらにその外側を海が囲んでいます。もっと分かりやすく言うと」

    賢者「地図を見てわかるように、この大陸はドーナツ型です。穴の部分が海です」

    賢者「その海のど真ん中に、魔王城の大陸がぷかぷか浮かんでいるイメージです」

    勇者「うんうん、そこまでは誰でも知ってる。でも……」

    賢者「そうです。魔大陸は、完全に孤立していたわけではなかった」

    戦士「つい最近、発見されたルートがあるのだな」






    78以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 22:28:34.64 ID:JOtdaiZe0
    賢者「ええ、このルートが細い陸続きになっていることが判明しました」

    【魔王城】
      □
      □
      □
    【南の港町】

    賢者「ですがこの経路はほとんど毒沼で満ちている上、仮に魔大陸に辿りついたとしても……」

    勇者「しても?」

    賢者「行き止まりなのです。前述したように、険しい山岳で塞がっていますから」

    戦士「何とかして越えられないのか?」

    賢者「ほぼ不可能でしょう。強敵ぞろいの魔物たちを突破した先には、想像を絶する急斜面――」

    賢者「さらに今もなお、その周辺では毒が溢れ出ているときています。近付くことすら危険なのです」

    賢者「一説には、魔王軍が大陸を侵略するために作り出した、橋渡し代わりの陸地だとか……」

    勇者「そ、そんな……!」

    戦士「……仮にそうだとして、奴らはなぜ南に橋渡しを? 大陸の拠点は北の城だろう」

    商人「ううむ……恐ろしい話ですが……まさか奴ら……」

    賢者「そうです。この大陸全ての人間の、退路を断つつもりかもしれません」






    79以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 22:29:09.24 ID:JOtdaiZe0
    賢者「ご存知のように、この南の港町は大陸の最南端にあるため、南側に海を臨みます」

    賢者「あ、一応断っておきますが、港町だからといって」

    賢者「ドーナツ型の大陸の、穴に当たる部分の海は関係ないですよ。距離も離れていますし」

    勇者「さすがに分かるよ」

    勇者「◎←の小さい方の○の部分に、航路はないんだよね。魔王城も邪魔してるし」

    戦士「それで?」

    賢者「ええ、そうしてこの大陸には、どこを探しても港はここしかありません」

    賢者「つまり大陸の人間が安全に異国に向かうとするなら、ここの船を使わざるを得ないのです」

    賢者「ところがもし、魔王軍が押し寄せて来て、この港町が崩落してしまったら」

    勇者「……残った人たちは、みんなこの大陸から出られなくなっちゃう……」

    商人「同時に、異国との交易で得ていた物資の供給もなくなりますな」

    賢者「そうです。本命の退路を絶ったところで、大陸の拠点たる北の城を一気に制圧する」

    賢者「あとは東西に残った町村を攻め入れば、大陸の人間を根絶やしにできるでしょうね」

    勇者「……そんな……」

    戦士「ううむ……事態は極めて深刻だったようだな……」






    82以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 22:32:12.07 ID:JOtdaiZe0
    勇者「……うん。でも、不安がっても何も始まらないよ」

    戦士「む」

    勇者「ねえ賢者さん、今の話だって、証拠は何もない憶測なんでしょ?」

    賢者「え、ええ、そうですが」

    勇者「ちなみに商人さん、この陸続きが見つかったのっていつの話?」

    商人「ほんの一、二年前ぐらいですかな」

    勇者「だったらもう結構経ってるし、てことは、まだすぐには攻めてこないんじゃないかな」

    戦士「分からんぞ。明日来るかもしれん。あるいは今夜かも」

    勇者「そんなこと言い出したら、火山の噴火に怯えるのと変わんないじゃん」

    勇者「とにかく、気持ちだけ急いだって解決はしないよ。ボクらはボクらのペースで旅を続けよう」

    賢者「……ええ、仰るとおりですね」

    商人「ううむ。まぁ、そこに落ち着きますかな」

    戦士「ふん、無責任なことだ。だが確かに、急いたところですぐに事態は変わる訳でもなし」

    戦士「今夜はもう、明日に備えて眠るとしよう。構わんな?」

    勇者「うん、今日はもう解散! 寝る人はおやすみ! 以上!」






    83以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 22:32:56.34 ID:JOtdaiZe0
    ――

    商人「いやぁ、それにしても賢者殿を仲間にして正解でしたなあ」

    賢者「はい? 何がでしょう?」

    商人「先刻の、魔王の意図を看破する鋭い洞察力は、まさに研ぎ澄まされた刃そのもの!」

    商人「木を削っただけの『ひのきのぼう』とは、比べ物になりませんて!」

    戦士「分かっているとは思うが商人、勇者の前で『ぼう』の話は控えるのだぞ」

    戦士「あの娘はまだパーティーの変化に慣れていない。余計なことを思い起こさせるな」

    商人「分かっておりますとも」

    賢者「『ひのきのぼう』……あの僧侶のことですか?」

    戦士「うむ。賢者も多少は記憶に残っているだろう、あの愚鈍な少年のことだ」

    賢者「前々から気になってはいたのですが、あの僧侶と勇者様は、どのような関係なのですか?」

    戦士「何のことはない、ただの幼馴染つながりだ。もっとも……」

    戦死「二人とも孤児だがな」

    賢者「孤児?」

    商人「いやあ聞くところによると、あそこの教会の処分には手を焼いたらしいですぞ」






    84以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 22:34:18.48 ID:kiBoUT9h0
    戦士が戦死したぞ





    86以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 22:35:42.13 ID:pvR//xZO0
    ほんとだザマアwww





    85以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 22:34:55.35 ID:JOtdaiZe0
    賢者「教会?」

    商人「そうです。ワシもそのとき居合わせたわけじゃないんですがね」

    商人「当時の城下町は建築の最盛期でしてな。建て物の取り壊しと再建が流行っておりまして」

    商人「その折で、みなしごを集めて孤児院代わりにしていた教会が、どうしても邪魔になりましてな」

    賢者「その孤児の中に勇者様と、例の僧侶がいたと」

    戦士「まぁ勇者だと分かったのは後の話だがな」

    商人「で、なんでも再三の立ち退き勧告を、老いた神父が頑固に突っぱねたらしくて」

    商人「周囲が頭を悩ませていたある日、その神父の方から孤児ともども出て行ったんです」

    賢者「なんと。孤児たちは?」

    商人「城下町の外れの林に、安普請の小屋があります。そこに全員移り住んだようです」

    商人「ちょうど空き物件があったのを、神父がなけなしの財産をはたいて買い取ったんですわ」

    賢者「なるほど、第二の孤児院といったところですか」

    商人「それからひと月ほどと聞いてますが、その神父の爺さん、おっ死んでしまいましてな」

    賢者「なんと。保護する者がいなくなった孤児たちは、どうなってしまったのですか」

    戦士「……ある者は養子に迎えられ、ある者は町を出、ある者は己を鍛え……戦士になったのだ」






    88以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 22:35:59.19 ID:JOtdaiZe0
    賢者「戦士に? まさか……戦士殿は、その孤児院の出身ということですか」

    商人「な、なんと。ワシも初耳ですぞ」

    戦士「俺が一番年の離れた年長だったからな。小屋を出るのも一番早かった」

    戦士「勇者も僧侶も幼かったゆえ、このことは知らんだろう」

    商人「も、申し訳ございませぬ。先の話の中で、いくばくか失言があったやも……」

    戦士「勘違いするな。俺にとっては教会や小屋での思い出など、どうでもいいこと」

    戦士「話を戻すぞ。その後、他の孤児たちも続々と小屋を出て行った。そして最後に二人だけ、残った」

    賢者「二人。まさかその二人が」

    商人「勇者様と『ひのきのぼう』というわけですな!」

    戦士「そうだ。その時点ではさして気にも留めなかったが、ある時、とても看過できぬことが起きた」

    賢者「天啓、ですね」

    戦士「そう。今から数ヶ月前、天の導きにより、あの小娘が勇者に選ばれたのだ」

    戦士「俺には、俺にはそれが理解できなかった。我慢ならなかった。……悔しかった」

    戦士「定めを受け入れるまでは、時間がかかったぞ。今こそ、こうしてパーティーにいるがな」

    戦士「……また話が逸れたな。俺のことは、くれぐれも周囲には内密に頼む」






    96以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 22:42:44.53 ID:JOtdaiZe0
    戦士「そうして勇者が玉座の前でひざまずく日が来たとき、魔王討伐のパーティーが編成された」

    戦士「まず王の命により、当時最も高い評価を得ていた実力者が選ばれた。それが俺だ」

    戦士「俺は勇者を手助けする……というよりは、魔王を打ち果たすために、喜んで同行した」

    戦士「次に勇者の仲間に加わったのが、僧侶だ。というより勇者が声をかけたのだがな」

    戦士「俺は当時から奴には不満を感じていたが、回復呪文に長けていた点を買って黙認した」

    戦士「それに勇者にとっては、慣れ親しんでいる者がそばにいた方が、長旅への不安も紛れるだろうしな」

    賢者「……ふむ……」

    戦士「そして最後に仲間に加わったのが」

    商人「このワシです!」

    戦士「ルイーダの酒場経由で最も優れた商人が紹介された。こんなところだ」

    商人「あ、ちょ、ちょっと待ってくだされ! その辺の詳しい話は!?」

    賢者「……勇者様はいまどちらに?」

    戦士「さあな。宿屋は出ていないようだから、風呂か最上階のテラスだろう」

    賢者「……テラスにいたなら、一時的にルーラで宿から抜け出しているやも。姿を確認してきます」

    商人「ああちょっと! ワシがこのパーティーに行き着くまでの武勇伝は――!?」






    97以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 22:44:00.90 ID:JOtdaiZe0
    【宿屋>テラス】

    勇者「……」

    勇者(月がきれいだな……)

    勇者(……)

    勇者(僧侶は今ごろ、あの小屋で元気にしてるかな)

    勇者(なんで急に抜けちゃったんだろ。ボクに相談もなしに……)

    勇者「……」

    勇者(……ボクがついてなくて、大丈夫かな。僧侶は人が良すぎるから……)

    勇者(ボクだって、僧侶がいなくて大丈夫かな。今まで数え切れないくらい、助けてもらった……)

    勇者(……)

    勇者(ちょっと顔を見に行くぐらい、いいかな)

    勇者(今なら、呪文一つで簡単に会いにいける――) ス…

     

    賢者(勇者様は……)

    賢者(! いた!)






    99以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 22:45:25.90 ID:JOtdaiZe0
    勇者(……)

    勇者(やっぱりダメだ)

    勇者(戦士さんの言うとおり、けじめをつけなきゃ)

    勇者(いつまでも僧侶に甘えているようじゃ、きっと魔王なんか倒せっこない)

    勇者(それに、僧侶はこのあたりで外れて良かったかもしれない)

    勇者(いつもみんなのことに気を配りすぎて、自分のことはちっとも大事にしないんだもん)

    勇者(魔王に行き着く前に、下手したら死んじゃうかもしれない)

    勇者(そんなの絶対だめだ。だめだ。僧侶はあの家で、平和に過ごしてるのが一番なんだ)

    勇者(だからボクは)

    勇者は つるぎを ぬきはなった! ▼

    勇者(強くならなきゃ。もっともっと強くなって、ボクがみんなを守れるようにしなきゃ)

    勇者(ボクがみんなを引っ張れるくらいに……僧侶に心配をかけられずに済むぐらい、強く……)

     

    賢者(勇者様……)

    賢者(…………美しい……)






    101以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 22:46:46.55 ID:2sklbqmT0
    勇者にちょっかいかけたら賢者許さん





    102以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 22:47:16.76 ID:JOtdaiZe0
    ――――――――――――――――――――

    【渓谷】

     ビュオオオォォ……

    僧侶(やっぱりこの辺は風が強いな……)

    僧侶(ちょっと気を抜いたら、かわのぼうしが吹き飛ばされてしまいそう)

    僧侶(しかもずっと向かい風なのはツイてないなぁ。一歩一歩が重いや)

    僧侶(せめて地面につく杖でもあれば少しは楽なんだろうけど)

    僧侶(このひのきのぼうじゃ長さが中途半端なんだよなぁ。前屈みでやっと地面につけるくらい)

    僧侶(かといって持ち運びやすいとは言えない短さだし……。杖に短し持ち運びに長し、か)

    僧侶(でもやっぱりそんなところも、中途半端な僕にはぴったりの武器だ。愛着わくよ)

    僧侶(ああ、そういえばコレ、武器だったんだ。どんな風に扱えばいいんだろう)

    僧侶(やっぱり、振り下ろして殴るのが普通なのかな。誰かが使ってるの見たことないからなぁ)

    僧侶(次に魔物と戦わなくちゃいけなくなったとき、いろいろ試してみよう)

     ビュオオオォォ……

    僧侶(わっと。風が強いなぁ……)






    104以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 22:48:01.08 ID:JOtdaiZe0
    僧侶(ん……!)

     

    魔物Aが あらわれた!
    魔物Bが あらわれた!
    魔物Cが あらわれた! ▼

    僧侶(後ろからだ! 前に逃げなくちゃ!)

    僧侶は にげだした! ▼

    しかし おいつかれてしまった! ▼

    僧侶(向かい風が強くて足取りが重い……しかもこの魔物たちは素早いぞ!)

    僧侶(戦うしか……)

    僧侶は スカラを となえた!
    僧侶の 守備力が あがった! ▼

    魔物のこうげき!
    僧侶は ダメージを うけた! ▼ 

    僧侶「いたた……」

    僧侶(でも、今回はもうバギと補助呪文はなしだ)

    僧侶(魔力の節約のためにも、ひのきのぼうを使いこなせるようにしとかなくちゃ……)






    108以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 22:48:42.65 ID:JOtdaiZe0
    僧侶の こうげき! ▼

    ミス! 魔物にダメージを あたえられない! ▼

    魔物Bの こうげき! ▼

    僧侶は ダメージを うけた! ▼

    ――――――

    僧侶は ダメージを うけた! ▼
    僧侶の こうげき! 
    魔物に ダメージを 与えた! ▼

    魔物Aの こうげき! ▼
    魔物Cの こうげき! ▼

    ――――――

    僧侶の こうげき!
    魔物Aを たおした! ▼

    魔物Bの こうげき!
    僧侶は ダメージを うけた! ▼

    僧侶の こうげき! 
    魔物Bを たおした! ▼

    魔物Cは にげだした! ▼






    110以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 22:49:27.78 ID:JOtdaiZe0
    僧侶は 魔物のむれをたおした!

    経験値と 90Gを てにいれた! ▼

     

    僧侶「ふう……」

    僧侶(……この魔物たちの遺骸を、道の脇にどけてあげよう。ついでに弔いも……)

    僧侶「――」

     

    僧侶「よし」

    僧侶は ベホイミを となえた!

    僧侶の キズが 回復した! ▼

    僧侶(……思ったより長期戦になっちゃった。武器で戦うのって難しいな)

    僧侶(でも今ので、結構ひのきのぼうの使い方が分かってきたぞ)

    僧侶(剣と違って刃がついてないから、振り抜こうとすると失敗するんだ)

    僧侶(始めから殴りつける感じで、こう、当てるように打つといい感じ。こう、こんな感じ)

    僧侶(一発の威力を求めず、軽い手数でダメージを稼いでいくんだ。よし、これでいこう)






    112以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 22:50:31.29 ID:JOtdaiZe0
     ビュオオオオオオォォ……

    僧侶(……風がまた一段と強くなってきたなぁ。とても前を向いていられない)

    僧侶(でも負けないぞ。風なんかで吹き飛ばされちゃ、勇者に面目が立たないよ)

    僧侶(……!)


    魔物が あらわれた! ▼


    僧侶(岩石のモンスターだ! 大きい! 風でびくともしてないぞ!)

    僧侶(この手の魔物だったら動きが遅いから、たいてい逃げられるんだけど……)

    僧侶(いまは風が強いし、足場も悪いし……うまく逃げられそうにないな……)

    魔物の こうげき! ▼

    僧侶(! うわっ!!)

    僧侶は ダメージを うけた! ▼

    僧侶(いたた……やむを得ない、戦おう)

    僧侶は スカラを となえた!

    僧侶の 守備力が あがった! ▼






    114以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 22:51:25.02 ID:JOtdaiZe0
    ――

    僧侶の こうげき! 
    魔物に ダメージを あたえた!
    魔物を たおした! ▼

    経験値と 500Gを 手に入れた! ▼

    僧侶「ふう。やっと倒した」

    僧侶(……岩石に潜んでいた悪霊は消滅したみたい。残った岩は、そのまま自然に還るよね)

    僧侶(……岩石のモンスターかぁ……)

    僧侶(ひのきのぼうで戦うには、骨が折れる相手だったな)

    僧侶(棒の方が折れなくてよかったよ。途中で戦い方を変えて正解だった)

    僧侶(硬い相手は叩くより、局部を突いた方が有効なんだね。これは大きな収穫だ)

    僧侶(特にこう、一点もズレることなく繰り出した突きは、思ったより高威力)

    僧侶(ひのきのぼう全体の芯? で攻撃しているからかな。力任せで叩くよりずっと強い)

    僧侶「……ん?」

    僧侶(ああ、もうあんなに日が傾いてる!)

    僧侶(戦いに時間をかけ過ぎちゃったんだ。風も止んでるし、今のうちに急ごう――)






    115以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 22:52:20.75 ID:JOtdaiZe0
    【北の城>城下町】

    <夜>

     ウォンウォンウォン…  ウォン…

     

    僧侶「着いた……」

    僧侶(すっかり暗くなっちゃった……早く小屋に行こう)

    兵士「おい。そこの者、止まれ」

    僧侶「はい?」

    兵士「子供? こんな夜更けに何を出歩いている」

    僧侶「あっ、あなたはお城の二階にいた警備の人!」

    兵士「!? な、なぜ自分のことを……ん? お前どこかで見たような」

    僧侶「勇者のパーティーにいた僧侶です。もう足のケガは治りましたか?」

    兵士「ああ、誰かと思えば勇者様に付いていた! では、勇者様や戦士殿もここに?」

    僧侶「いいえ。僕はパーティーを外されたんです。つい今、帰ってきたところなんです」

    兵士「……ふっ。なるほどな。よくわかった」






    118以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 22:52:53.96 ID:JOtdaiZe0
    僧侶「あの、お城にいるはずのあなたが、どうしてこんな時間に?」

    兵士「お前には関係のない話だ、とっとと家に帰れ。他の兵士も見回ってる……」

    僧侶「はぁ」

    僧侶(なにかあったのかな……)

     

    【北の城>城下町>外れの小屋】

    ガチャ

    僧侶「ただいま……。……」

    僧侶(勇者が出て行っているんだ。そりゃ誰もいないよね)

    ドサ

    僧侶「ふう……」

    僧侶(帰ってきた。帰ってきたんだ。これで、僕の旅は終わりだ)

    僧侶(あとは……勇者に任せよう)

    僧侶(勇者……みんなも……どうか無事に、旅を終えられますように……。……)

    僧侶「Zzz……」






    119以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 22:53:28.52 ID:BRw1nRfiO
    強いぞこいつ





    120以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 22:53:57.35 ID:gKE6IQxy0
    こいつ魔法以外も強いな





    122以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 22:55:32.40 ID:JOtdaiZe0
    ――――――――――――――――――――

     

    【南の港町>露店通り】

    勇者「うわあ、賑やかだね!」

    戦士「遊びに来ているのではないぞ。今日は装備品やアイテムを整えるのだ」

    賢者「まぁ、気を張り過ぎて失敗することもあります。多少の息抜きも必要でしょう」

    勇者「もうっ、子ども扱いして。分かってるよ、今日は丸一日ここに留まって」

    勇者「商人さんからもらったお金で、それぞれ旅に必要なものを買い揃える! でしょ」

    戦士「当の商人は、朝一番に市場に出てるからな。この辺はさすがに一流といったところか」

    賢者「商人殿の商いの知識は並ではありません。彼ならば資金を最大効率で運用してくれましょう」

    勇者「ボクたちは商人さんの許可なしに、本当に好きに買い物してていいのかな」

    戦士「我々への信用も含めてのことだろう。それに装備品など、当人が選んだものが一番だしな」

    賢者「では、どうしますか。それぞれ装備の種類も違うことですし、ここは一旦別れますか?」

    勇者「そうだね。それじゃ一通り買い物が終わり次第、あの宿屋に集合ということで」

    戦士「分かった。あまり羽目を外すなよ」   勇者「外さないよ!」






    128以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 22:56:40.83 ID:JOtdaiZe0
    ワイワイ ガヤガヤ ワイワイ

    勇者「ほんとに人が多いなぁ。人ごみに流されないようにしないと……」

    勇者(さて、買い物買い物。……と言っても、装備自体はもう間に合ってるもんなぁ)

    勇者(はっきり言って今のでちょうどいいし……下手に新しいのを買うと、失敗する気がする……)

    道具屋「いらっしゃい! お嬢ちゃんどうだい、今日は掘り出しもんが入ってるよ!」

    勇者「えっ? ボクのこと?」

    道具屋「お嬢ちゃんのことだよ! その年で勇ましいカッコしてて可愛いねえ!」

    勇者「あ、あのねえ。ボクは北の王様じきじきの……ん?」

    勇者「……ねえ、その指輪、ちょっと見せて?」

    道具屋「これかい? ははあ、やっぱり女の子は光り物にゃ興味あるか!」

    勇者「そ、そんなんじゃないよ。……なんだかこれ、不思議な力を感じる」

    道具屋「おひとつ1800Gだ! 今ならふたつで3000Gでいいや!」

    勇者「3000ゴールド……」

    勇者(商人さんから預かったお金、全部だけど……)

    勇者(ボクにはただの指輪には思えないんだよなぁ……どうしようかなぁ……)






    129以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 22:57:34.81 ID:JOtdaiZe0
    道具屋「お嬢ちゃん……気になる男の子でもいるんじゃあ、ないのかい?」

    勇者「えっ?」

    道具屋「この指輪ならデザインもまったく同じだ、おそろいだよ?」

    勇者「そ、そんな人いないよ!」

    勇者(……でも)

    勇者(おみやげだったら……買ってあげてもいいかな……?)

    勇者(でもでも、おそろいって……しかも指輪だなんて……いやでもボクそんなつもりは……)

    道具屋「ほらお嬢ちゃん、他にお金を使っちゃうと、もう買えなくなるよ! ほら!」

    勇者「えっ?」

    道具屋「ほら、今日の今しかないよ! 買いだよ、買い! さあ一声だけ!」

    道具屋「さあ!!」

    勇者「えっ? えっ? か、買います?」

    道具屋「売ったあああああ! 毎度ありいいいいいい!!」

    勇者「あ、あれれ……?」

    勇者(買っちゃった……)ドキドキ






    131以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 22:59:29.77 ID:842H4fNeO
    勇者たんカワイイ





    134以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 23:00:13.52 ID:JOtdaiZe0
    賢者「――勇者様、いま何を買われたのですか?」

    勇者「あ……賢者さん……」

    道具屋「おおっとここで二枚目のお兄さんの登場かい? 若いねえ憎いねえ」

    賢者「その指輪を? ふたつで3000Gで?」

    道具屋「おおっともう返品不可だよ! もう取り引きは成立したんだからねえ!」

    賢者「流石です、勇者様。良い買い物をされました」

    勇者「えっ?」

    賢者「これは『いのちのゆびわ』です。装備すると、歩くだけでキズが癒えるという逸品ですよ」

    道具屋「えっ?」

    賢者「普通、店で買えるような代物ではないのですが、素晴らしい掘り出し物に巡り合えましたね」

    勇者「そ、そうなんだ」

    道具屋「あ、あの……返し……」

    賢者「ところで、これでもう支給された額は使い切りましたよね。ともに宿に戻りましょう」

    勇者「う、うん」

    道具屋「あ、待っ……うおおぉボロ儲けしたと思ったら大損だったああ!!」






    136以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 23:02:45.80 ID:JOtdaiZe0
    ――

    【南の港町>宿屋】

    勇者「……まだほとんど時間経ってないのに戻ってきちゃったね」

    賢者「そうですね。私の方もすぐ、ローブの売り出しを見つけましたから」

    勇者「そのローブ、似合ってると思うよ」

    賢者「ありがとうございます。呪文に強い耐性のあるローブなので、これで咄嗟に勇者様を守れますよ」

    勇者「やだなぁ。ボクは一人でも平気だよ」

    賢者「……前の装備は僧侶殿のものだったので、これでもう、勘違いされずに済みますね」

    勇者「えっ? そ、そうだね。あはは」

    賢者「……勇者様。この後、お暇ですか?」

    勇者「ん、どうして?」

    賢者「私にはまだ予算が残っています。良ければ、一緒にバザーを見て回りませんか?」

    勇者「……ううん、ボクは別にいいや。賢者さん一人で楽しんできてよ」

    賢者「……。……僧侶殿とならば、承諾しましたか?」

    勇者「えっ?」






    137以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 23:03:32.34 ID:JOtdaiZe0
    勇者「な、何で僧侶が出てくるの? ボクは別に」

    賢者「その指輪。二つセットで買ったのはなぜですか?」

    賢者「一つだけならば、残ったゴールドで他のアイテムも買えたのではないですか」

    勇者「そ、それは別に、貴重なアイテムがセットで安売りだったから――」

    賢者「勇者様は、私が来るまでその指輪が貴重な装飾品であることを、明確にはご存じなかった」

    賢者「つまり始めから何らかの意図が別にあり、二つ買うつもりだった」

    勇者「二つ買ったから、何なの? 考えすぎだよ」

    賢者「では単刀直入に申し上げます。あなたは僧侶殿に、そのおそろいの指輪を渡すつもりですね」

    勇者「そっ……! た、ただのお土産だよ!」

    賢者「なぜ……いつまでも、パーティーを辞した者のことを引きずっているのですか」

    賢者「今はこの旅で、同じ役柄であなたをお守りできるのは、私しかいないというのに」

    勇者「な、なんでそういう話になるの? 友達にお土産を買うのが、そんなに変なの?」

    賢者「それが指輪でなければ、私も口を閉ざしていました」

    勇者「そんなの偶然……きゃっ!」

    賢者「勇者様。私は――」






    142以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 23:04:45.32 ID:JOtdaiZe0
    勇者「ちょ、ちょっと賢者さん、手を放して」

    賢者「初めてあなたを見たとき、私はその凛々しさに心を奪われました」

    賢者「私はあなたを守るためにパーティーに加入したといっても、決して過言ではありません」

    勇者「は、放して……」

    賢者「私はあなたのためなら、人生をかけてでも――」

    勇者「放して……痛いよ、賢者さん……」

    賢者「!」

    賢者「も、申し訳ありませんでした」

    勇者「……」

    賢者「ほ、本当に申し訳ありません、度が過ぎてしまいました。……し、失礼します」

    ガチャ  バタン

    勇者「……」

    勇者(……)

    勇者(こ、怖かった……)ギュッ

    勇者(魔物と戦うときなんかよりも、ずっと……)






    143以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 23:05:03.51 ID:WWyMEcqFO
    賢者は真面目だけど嫌な奴になりそう





    145以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 23:05:58.68 ID:842H4fNeO
    賢者ぁぁぁぁ貴様ぁぁぁぁぁぁ!





    146以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 23:06:03.42 ID:JOtdaiZe0
    ――

    <夜>

    商人「ただいま戻りましたぞ!」

    戦士「おう、遅かったな」

    勇者「あ……商人さん、お帰りなさい。わっ、すごい荷物!」

    商人「いやあ、これからすぐにでも魔王城に突入できるくらい買い漁りましたぞ!」

    戦士「おお……信じられぬ、こんな高価なものまで」

    商人「今回の掘り出し物は『はんにゃのめん』! 難点はありますが、事実上最強の防具ですぞ!」

    勇者「最強の? すごい! さすが商人さん」

    商人「それから有益な情報も得ましたぞ。この先、西の町についてですが」

    商人「ウワサによると、なんと伝説の剣があるとかないとか!」

    戦士「!」

    勇者「伝説の剣!? あの、魔王を倒すといわれている……?」

    戦士「明日すぐに向かおう。伝説の剣は、この旅では無くてはならないものだ」

    勇者「そうだね。明日ここを発とう!」






    148以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 23:06:57.05 ID:JOtdaiZe0
    商人「……ところで、皆さま方は、渡した資金で何を買われたのですかな」

    勇者「え? ボクは……これ」

    商人「ほう!? 『いのちのゆびわ』ではないですか! かなりの代物ですぞ!」

    勇者「や、やっぱりそうなの?」

    商人「ええ、時価で18万ゴールドは下りませんな! よくぞ見つけました!」

    勇者「じゅうは……ひええ」

    戦士「俺は装備品を買った。剣と盾と鎧だ。どうだ」

    商人「ああーこれは。うむ。さようですか」

    戦士「構わん。ずばり言ってみろ」

    商人「売却対象ですな。装備は、ワシが買い揃えたものを使ってくだされ」

    戦士「……俺はな商人。この生涯で商才を得る機会を、すべて武芸につぎ込んできたのだ!」

    商人「ワ、ワシは別に何も言っておりませんがっ! とっ、ところで賢者殿はいずこに?」

    戦士「さぁな。先に帰ってきていたが、買うものがあるといってまた出て行ったぞ」

    勇者「……」

    商人「ふむ……もしかしたら、アレのウワサを聞きつけたのかもしれませんな」






    150以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 23:07:51.68 ID:JOtdaiZe0
    勇者「アレって?」

    商人「いやぁ何でも、この市場に異国産の『エルフののみぐすり』が流れ込んでいるらしんですよ」

    商人「飲んだ者の魔力を瞬時に全快してくれる、大変希少なアイテムなのですが……」

    商人「見た目がどこでも扱っている『せいすい』そっくりで、飲んでみるしか確認方法がないのです」

    商人「何でも乱獲を恐れたエルフ達による細工らしく、素人の目での判別は限界があるそうで」

    勇者「ふうん、MP全快か。そんなものがあれば、魔王戦でもとても役に立ちそうだね」

    戦士「ふん、呪文に縁のない俺には関係ない話だな」

    商人「偽物も多く出回っている商材なので、今回探すのは諦めましたわ」

    商人「代わりに、魔力を微量回復するという『まほうのせいすい』を安く買い込みましたぞ」

    勇者「それで十分だよ。商人さん、ありがとう」

    商人「なんの、魔王打倒という事実こそ、最大の資本になりますゆえに!」

    戦士「金のために魔王を倒すか。俺には理解できんな」

    商人「魔王を倒す目的など、人それぞれですぞ!」

    勇者「商人さんの目的って、お金のためだったんだ……」

    商人「ああ勇者様まで!!」






    152以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 23:10:12.05 ID:gKE6IQxy0
    商人性格悪いけど才能は凄いな
    グヌヌ....






    151以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 23:08:50.80 ID:JOtdaiZe0
    コンコン   ガチャ

    賢者「……ただいま戻りました」

    勇者「!」

    商人「おお、賢者殿!」

    戦士「何を買いに行ったのだ?」

    賢者「大したものではありません。薬草と、薬の調合材料です」

    商人「薬の? もしや『エルフののみぐすり』などは?」

    賢者「いえいえ、そんな大層なものは買えませんよ。置いてあるかどうかも分からないのに」

    商人「あちゃーさようですか。いえ、実は流れてるらしいんですよ、『エルフの』が」

    賢者「本当ですか? まぁあったとしても、それと見出すのは大変でしょうね」

    戦士「賢者でも『せいすい』と見分けるのは無理か?」

    賢者「あれは区別の基準すらまだ不確定なのです。恥ずかしい話ながら、まだ私の力量では……」

    商人「賢者殿をもってしても無理なら、諦めるしかありませんなぁ」

    賢者「恐縮です。一日でも早くその域まで達せられるよう、精進致します」

    勇者「……」






    154以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 23:10:56.24 ID:IOzKLG490
    「薬の調合材料」ね…





    155以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 23:11:21.94 ID:JOtdaiZe0
    戦士「それはそうと、明日から西の町に向かうことになったぞ」

    賢者「西の町に? あそこは戦士を多く輩出することで有名な地ですね」

    商人「さすがは賢者殿、よくご存知で。何でも、あそこに伝説の剣があるとの情報を得ましてな」

    賢者「おお、伝説の剣! 我々の旅には無くてはならないものですね」

    賢者「天に選ばれた勇者のみ装備できるという、聖なる力を宿した退魔の極致」

    賢者「早急に手に入れ、勇者様の手に馴染ませておくべきでしょう」

    勇者「え? う、うん……」

    戦士「……魔王を倒すことのできる剣、か……」

    商人「さて、今夜も遅くなったことですし――」

    賢者「明日に備えて、早めに床に就きましょう」

    商人「あ、あれ? 異郷の名産品を肴に、一杯やりませんか?」

    勇者「……ボクはいいや。今日は何だか疲れちゃった……」 ガチャ

    賢者「私も遠慮しておきます」

    商人「あちょっと皆さん! あ、戦士殿は」

    戦士「俺もいらん。余計な出費をかけた分は、自分で処分するのだな。ではお休みだ」 バタン






    157以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 23:12:33.08 ID:JOtdaiZe0
    ――――――――――――――――――――

    【北の城>城下町>雑貨屋】

    キィ…

    僧侶「こんにちは」

    主人「いらっしゃい。おお、お前は! ということは勇者も帰ってきているのか?」

    主人「勇者もいるなら、全品半額だ! ウチの店をひいきに頼むぜ!」

    僧侶「いいえ。僕はパーティーを外されたんです」

    僧侶「つい昨日の夜、一人で帰ってきたばかりです。勇者はまだ旅の途中です」

    主人「……なんだ。お前一人か。つまらねえ」

    僧侶「ごめんなさい。今日は食べ物を買いにきたので、見せてくださいな」

    主人「ああ? ちゃんと金はあるんだろうな? ……ん?」

    主人「その腰に差してる杖、ちょっと見せてみろ。値打ちモンか?」

    僧侶「これは『ひのきのぼう』です。僕の装備です」

    主人「ひのきのぼうぉ〜? 仮にも勇者についてった奴が、ひのきのぼうを装備だって?」

    主人「だははは、そりゃパーティーをクビにされてもしょーがねえやな! だはははは!!」






    158以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 23:13:37.11 ID:JOtdaiZe0
    僧侶「ひのきのぼうは、僕にぴったりの武器なんですよ」

    主人「だははははははは、そりゃ傑作だ! じゃお前これからひのきのぼうだ、『ひのきのぼう』!」

    僧侶「はい、戦士さんにもそう言われました」

    主人「すでにあだ名になってたか、そりゃそうだわな、だははははは!!」

    僧侶「このパンをください。それからバターと……お野菜も少し」

    主人「だははははは、いい話のネタができたぜ! だははははは!」

    僧侶「はい、選びました。全部でいくらですか?」

    主人「だははははははは!」

    僧侶「あのう」

    主人「ん!? オイてめえ何勝手に商品取ってんだ! その汚ねえ手をどけろ!」

    僧侶「ごめんなさい」

    主人「全部で200Gだ200G! 金がないならとっとと戻しやがれ!」

    僧侶「はい。200ゴールドです」

    主人「なんだ、ちゃんとあるじゃねーか。始めから金を出せばいいんだよ」

    僧侶「ありがとうございました。それじゃあさようなら」 キィ…






    159以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 23:14:02.83 ID:9U9n1luh0
    僧侶…





    162以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 23:15:07.33 ID:kiBoUT9h0
    この大陸には勇者と僧侶以外はゲスしかいないのか
    もう滅ぼせよ魔王






    160以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 23:14:41.43 ID:JOtdaiZe0
    【北の城>城下町>外れの小屋】

    僧侶「ただいま」ガチャ

    僧侶「ふふ」

    僧侶(200ゴールドかけて、ちょっと多めに食べ物買っちゃった)

    僧侶(残りの全財産は390ゴールド。切り詰めればひと月は過ごせる)

    僧侶(でも、早めに働き口を探しておいた方がいいかな)

    僧侶(少し旅を経験したから、簡単な護衛くらいはできるかもしれない)

    僧侶(あ、もしそうなら魔力を鍛えたり、武器の扱い方も特訓した方がいいかな)

    僧侶(よし、そうしよう)

    僧侶(思い立ったが吉日。さっそく今から特訓を始めよう)


    僧侶は ひのきのぼうを 装備した! ▼


    僧侶「いってきます」ガチャ

     

    僧侶(あ、そうだ。その前に寄りたいところがあった。先にそっちに行こう)






    166以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 23:17:09.54 ID:JOtdaiZe0
    ――

    【墓地】

    僧侶「神父さん、ただいま帰りました」

    僧侶「……僕は神父さんから色んなことを教わりましたけど、」

    僧侶「結局、勇者の役には立てませんでした。ごめんなさい」

    僧侶「その代わり、勇者は立派に頑張っています。あの調子なら、きっと魔王を倒せます」

    僧侶「だからどうか天国から、みんなを見守ってあげてください」

    僧侶「僕も毎日、お祈りを捧げます。だから、お願いします」

    僧侶「……」

     

    僧侶「よし」

    僧侶(……よく見ると、全然お墓のお手入れされてないな)

    僧侶(僕と勇者と交代で掃除してたけど、これからは僕一人でやらなきゃなあ)

    僧侶(あっすごい。最後に勇者が植えた花が、こんなに成長してる)

    僧侶(僕も頑張ろう!)






    172以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 23:18:05.46 ID:JOtdaiZe0
    ――

    僧侶「えいっ! やっ!」

    僧侶「やっ! えいっ!」

    僧侶「うーん」

    僧侶(やっぱり振り回すより、突いた方が強いんじゃないかな)

    僧侶(下手に叩きつけると、棒へのダメージが溜まっていつか折れちゃうかもしれないし)

    僧侶(でも正確に一点を突くのって、難しいんだよなぁ)

    僧侶「やっ!」

    僧侶(ほら。ちょっとずれるとカス当たりになっちゃって、てんでダメだ)

    僧侶(でも百発百中までになったら、きっと頼もしい武器になるぞ)

    僧侶(あの『ひのきのぼう』が本当に頼もしくなったら、ちょっぴり愉快だね)

    僧侶(よーし練習あるのみだ)

    僧侶「やあっっつっ痛っ!」

    僧侶(突いた拍子で筋を痛めちゃった! ホイミホイミ)

    僧侶(ん……? 軽い装備だから、もう片方の手で呪文も使えるな。これも練習しておこう――)






    176以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 23:19:00.33 ID:JOtdaiZe0
     

    僧侶「やあっ!」 ヒュバババ バッ

    僧侶(……よし。武器の特訓はこのくらいにしておこう)

    僧侶(気付けばもうこんなに暗くなってる。ちょっと夢中になっちゃった)

    僧侶(次は魔力の鍛錬だ。林の奥まで行こう)

    僧侶(……よし。この辺りでいっか。それにしても林の空気は気持ちいいなぁ)


    僧侶は すわりこみ しずかに目をとじた ▼


    僧侶(まずは腹式呼吸から……) …フー ハー フー…

    僧侶(次に……魔力が身体全体を伝うイメージ……)

    僧侶「……」


    僧侶は めいそうを はじめた…… ▼


    僧侶(……)

    僧侶(………………)






    178以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 23:19:50.26 ID:JOtdaiZe0
    <夕方>

    町民A「――おっ。ウワサをすれば、あれは『ひのきのぼう』」

    町民B「へえ、あれが勇者様のパーティーから逃げてきた『ひのきのぼう』か」

    町民A「あれ目つぶって何やってんの」

    町民B「黙祷とかけまして木刀(もくとう)、その心は『ひのきのぼう』!」

    町民A「うひゃひゃひゃ、全然上手くねえ――!」


    僧侶(………………)


    子供A「あっ、ひのきのぼうだ!」

    子供B「魔王に怖気づいて逃げてきたおくびょーものだ!」

    子供A「やーいおくびょーもの!」

    こどもは いしを なげた
    いしは 僧侶に あたった ▼

    子供「「逃げろー!」」


    僧侶(………………)






    182以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 23:20:27.94 ID:JOtdaiZe0
    <夜>

    兵士A「……む。あれはなんだ? 魔物か!?」

    兵士B「いや……違う。ありゃー例の『ひのきのぼう』だな。ほっとけほっとけ」

    兵士A「へえ、あんなのが戦士殿と共に旅をしてたのか。見る限りとても釣り合わんな」

    兵士B「勇者様にも釣り合わんな。絶対にだ」

    兵士A「お前勇者様の大ファンだもんな」

    兵士B「へへ。あそこまで可憐さと凛々しさを持ち合わせた女の子、そうはいないぜ」

    兵士A「確かにそれは俺も認めるが、あの器量ならとっくに他の男とくっついてるんじゃないか」

    兵士B「バカ野郎、勇者様は魔王を倒すまで不純なことはしないんだ! アイドルを汚す発言は慎め!」

    兵士A「お前こそ大声を慎め。俺達は一応仕事中だぞ」

    兵士B「なぁに平気平気。こんだけ網張ってれば、例の盗っ人も簡単に町から出られんさ――」


    僧侶(………………)


    僧侶「……」ス…

    僧侶「よし、瞑想おわり。うわ、もう夜中だ! 家に帰らなくちゃ」






    184以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 23:21:28.61 ID:JOtdaiZe0
    【北の城>城下町>小屋】

    僧侶「ただいま」

    僧侶「さてさて、今日のお楽しみ。お食事の時間」

    僧侶「今日は運動もしたからお腹がぺこぺこだ。ぺこぺこー」

    僧侶「パンふた切れにバター塗って……あと、お野菜も少し添えて……できあがり!」

    僧侶「いただきます」

    僧侶(パンは朝にふた切れ、夜にふた切れで我慢すれば、一ヶ月はもつ)

    僧侶(昔に比べたら、毎日朝晩食べられるから幸せだ。バターも野菜もあるからご馳走だし)

    僧侶(……そういえば旅してたとき、あそこの宿屋で食べたご飯はおいしかったなぁ)

    僧侶(頑張って働けば、毎日あんな食事ができるかもしれない。そう考えただけでやる気が出ちゃう)

    僧侶(でもだめだめ、今は我慢して、自分をもっと鍛える時期なんだ。そもそも現状でも満足だしね)

    僧侶「ごちそうさま」

    僧侶「おいしかった」

    僧侶(じゃあやることもなくなったし、寝よう)

    僧侶(考えてみれば安心して眠れる場所があるのも、幸せなことだねぇ)






    188以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 23:22:36.96 ID:JOtdaiZe0
    僧侶「よいしょ」

    僧侶「ふう」

    僧侶(これから毎日鍛えて、ルイーダさんの酒場のギルドに登録して)

    僧侶(護衛や採集なんかの仕事をたくさん引き受けて)

    僧侶(お金を稼いで、一人で安定した生活を送れるようになって)

    僧侶(……それからどうしようかな)

    僧侶(導師さんにでもなろうかな。回復呪文と薬だけは得意だし)

    僧侶(うん、世界中を旅して回る大僧侶ってのも、かっこいいかもしれない)

    僧侶(そうしたら、少しは勇者の知り合いとして、恥ずかしくない人間になれるかな)

    僧侶(……いまごろ勇者たちは元気にしてるかな。病気になったりしてないかな)

    僧侶(ううん、僕なんかよりすごい賢者さんがいるから、きっと大丈夫だよね)

    僧侶(勇者と、戦士さんと、商人さんと、賢者さんが無事でありますように)

    僧侶(おやすみ……)

    僧侶(……)

    僧侶「Zzz……」






    191以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 23:23:57.98 ID:sjJn+gWu0
    うわああ
    バッドエンドがここまで怖いSSも珍しいぜ・・・






    193以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 23:24:03.04 ID:JOtdaiZe0
    ――――――――――――――――――――

    【砂漠(南の港町〜西の町)】

    商人「ううう……日差しが厳しい……」

    勇者「地面から熱気が揺らいでるね……頭がクラクラするよ……」

    戦士「ふん。これしきのことで参るようでは、打倒魔王などもってのほかだぞ」

    賢者「……戦士殿も少し足がふらついてますよ……」

    商人「ううむ。よりによって荷を溜め込んだ直後に、こんな砂漠が広がっていようとは……」

    勇者「みんなこまめに水分取るんだよ」

    戦士「ぐびぐびぐび」

    賢者「……戦士殿、結構飲まれますね……」

    商人「ああしんど! 次の日陰を見つけたら、少し休憩させてくだされ」

    勇者「商人さん、ボクが少し持ってあげるよ。だから頑張ろう」

    戦士「当然だ。一刻も早く西の町に向かわねば、伝説の剣が消えてしまうかもしれん」

    賢者「……屈強な戦士たちの町の、伝説の剣。すんなり手に入るとは……」

    勇者「必ずボク達が手に入れよう。そして一刻も早く魔王を……」フラフラ






    194以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 23:24:43.67 ID:JOtdaiZe0
    まものの むれが あらわれた! ▼

    戦士「なにっ! 岩陰から!?」

    勇者「!! みんな、モンスターが――」

    魔物のむれは こちらが 身構える前に おそってきた!
    魔物Aの こうげき! ▼

    商人「ひいっ! いてぇ!」

    商人は ダメージを うけた! ▼

    魔物Bの こうげき!
    つうこんの いちげき! ▼

    賢者「うわあああっ!!」

    賢者は 大ダメージを うけた! ▼

    勇者「賢者さん!」

    戦士「くそっ、まずは一体集中で数を減らせ!」

    商人「に、荷物だけは死守しますぞ!」

    賢者「敵に奇襲を許すとは……不覚……」

    勇者(……こんなこと、今までなかった……)






    195以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 23:25:15.42 ID:JOtdaiZe0
    ――

    勇者「賢者さん、うしろ!」

    魔物Bの こうげき!
    賢者は ダメージを うけた! ▼

    賢者「ぐっ。ここは回復が無難……!」

    賢者は ベホマラーを となえた!
    パーティーのキズが 回復した! ▼

    商人「どおりゃあ!!」

    商人の こうげき!
    魔物Cに ダメージを あたえた!
    魔物Cを たおした! ▼

    戦士「そいつで最後か!」

    戦士の こうげき!
    魔物Bに ダメージを あたえた!
    魔物Bを たおした! ▼

    魔物の むれを たおした! ▼

    勇者「ふう……やっと片付いたね……」

    商人「すかさずゴールドを多めに回収!」






    196以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 23:25:56.51 ID:pvR//xZO0
    商人いつもしてるな





    197以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 23:26:45.73 ID:JOtdaiZe0
    商人「いやあ、思わぬ苦戦を強いられましたなぁ……」

    勇者「そうだね。でも、みんな無事でよかった」

    戦士「……しかし、勇者と賢者の魔力は、無駄に浪費させられたな」

    賢者「浪費だなんて。私の魔力はまだまだ豊富に残っていますよ」

    戦士「これが魔王城だったらどうする。とても後がもたんぞ!」

    勇者「ご、ごめん……」

    賢者「勇者様の責任ではありませんよ。あの時、誰も奇襲に気付けなかった」

    戦士「俺が言いたいのは、我々が奇襲を受けたことなど記憶になかった点だ」

    戦士「つまり前と比べて、明らかに危機感が薄らいでるのだ! 無論、俺も含めて!!」

    勇者「そ、それは違うよ。それは全部……僧侶のおかげで……」ボソ

    商人「ま、まぁ、一度や二度の奇襲じゃ、我々はびくともしませんて」

    賢者「それに、気配が悟れぬほど魔物のレベルが高くなっている、という見方もありましょう」

    戦士「ふん。ならばなおさら、兜の緒を締めねばならん。さぁ、もう行くぞ。時間が勿体ない」

    勇者(……たった一度の戦闘で、一気にパーティーの空気が乱れてしまった)

    勇者(ああ……ボクはなんて頼りないリーダーなんだろう……)






    198以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 23:28:30.88 ID:JOtdaiZe0
    ――

    勇者「……」 ザッ ザッ

    戦/商/賢「……………………」 ザザッ ザッザ ザッザッ ザザッ

    勇者(……思えば……)

    勇者(今までパーティーに揉め事があったら、最終的に僧侶が責められることで解決していたな)

    勇者(戦士さんも商人さんも……そしてごくたまにボクも……)

    勇者(イライラの捌け口があったから、パーティーのバランスが取れていたのかもしれない……)

    勇者(……今は僧侶はいない。もし、お互いのイライラがぶつかり合ってしまったら、どうしよう)

    勇者(パーティーが解散するようなことになってしまったら、どうしよう)

    勇者(やっぱり、僧侶がいないと不安だよ……僧侶……)

    勇者(……魔王と戦う前に、一回くらい、会いに行ってもいいんじゃないかな)

    勇者(もしボクが死んじゃうようなことがあれば、おみやげも手渡しできなくなっちゃうし……)

    勇者(……おみやげの『いのちのゆびわ』……)

    勇者(……宿屋で賢者さんが迫ってきたとき、怖かったな。何でだろう。今でも分かんない)

    勇者(……年頃の女の子はレンアイをするものだって聞いたけど……それと関係あるのかな……)






    200以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 23:29:40.26 ID:JOtdaiZe0
    商人「お。見えてきましたな――」
    戦士「――」
    賢者「――」

    勇者「……」

    勇者(……賢者さんは、顔立ちもカッコいいし、呪文にも長けてて頼もしいし)

    勇者(……いつもボクに気を遣ってくれて優しいし。絶対、悪いヒトじゃないんだけど……)

    勇者(ボクには……)

    勇者(……ボクには? あれ? なんだろ?)

    勇者(……違う、だめだ。ボクは勇者だ。意識を切り替えて、みんなを引っ張っていかなきゃ……)

    勇者(魔王を倒せるのは、選ばれし勇者だけ……ボクしかいない……)

    賢者「――? ――?」

    勇者(……なんだか頭がぼうっとする……賢者さんが……何言ってるのか分からない……)

    勇者(賢者さん……ゆびわ……ボクは勇者で……)

    勇者(……僧侶……)フラフラ

    ドサッ

    賢者「!? 勇者様!? 勇者様――!」






    203以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 23:31:52.22 ID:JOtdaiZe0
    ――

    【西の町>宿屋】

    賢者「……ただの熱中症のようです。大事には至らないとはいえ、安静にしておかねば」

    戦士「ふっ。みなが同じ条件にも関わらず、情けないな」

    商人「戦士殿は、ワシの荷物を持ってくれませんでしたぞ……」

    賢者「それにこれは、知恵熱のようなものも混じっているかもしれません」

    賢者「勇者として、パーティーを率いる責務や……その他に悩みがあった可能性も」

    戦士「俺達の最終目標は何だ? 負うものの大きさを考えろ。甘ったれたことは一切言ってられん」

    戦士「行くぞ、商人よ」

    商人「ど、どこへ……?」

    戦士「伝説の剣の在り処を探すのだ。一刻でも早く、この町での目的は完遂させる」

    賢者「戦士殿、お願いします。――ただし」

    賢者「いつの歴史も、勇者は唯一。ゆめゆめお忘れなきよう」

    戦士「ふん。何が言いたいのか分からんな」 バタン

    商人「ああちょっとワシも着いていく話では!」 ガチャ  バタン






    210以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 23:34:03.81 ID:JOtdaiZe0
     

    勇者「」 スー スー…

    賢者「勇者様……」

    賢者(寝顔だけ見れば、戦いとは無縁な年頃の少女そのもの)

    賢者(『勇者』という責は、この小さな体躯にどれだけの重圧をかけていることだろう……)

    賢者(……)

    勇者「」 スー スー…

    賢者(……美しい。勇者様のすべてが愛おしい。ああ、運命とは残酷なものだ)

    賢者(色恋沙汰にはまるで無関心だった私が、はじめて恋に落ちた相手が……)

    賢者(天に選ばれし勇者だとは。しかも……すでに想い人がいるなど……)

    賢者(……)

    賢者(やはり、決行しよう。今こそ好機だ)

    賢者(恋愛とて修羅の道。であれば、私がやろうとしていることにも正当性はある)

    賢者(徳の道からは外れようとも、代わりに私にも『機』が得られるならば、安いもの)

    賢者(さぁ、愛欲にまみれた下賎な魔術師の汚名を被ろう。私の価値は、私自身が決めるのだ――)






    213以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 23:34:56.23 ID:JOtdaiZe0
    宿の女「……あら賢者様。お連れの方のお加減は……」

    賢者「すまない、今から薬を作る。厨房をお借りする」

    宿の女「……お薬でしたら、わたくしがご用意いたしますが……」

    賢者「急を要するのだ、ご厚意だけ感謝する。また私が薬を作る間、立ち入らないでもらいたい」

    宿の女「……はい。さようでしたら、そのように……」

     

    賢者「……」

    賢者(行ったか。誰もいないな)

    賢者(これは私が好奇心で研究していた呪薬の一つ。調剤過程はまだ秘匿だ)

    賢者(まずは普通の解熱剤を作る)

    賢者(これは聖水と薬草を使って、簡単に作ることができるが――)

    賢者(さらに、時期を見計らって回復呪文をかけることで、効果が増強される――)

    賢者は ベホマを となえた! ▼

    賢者(……完成だ。さて、私の下心が芽生えなかったなら、この時点で切り上げるところだが)

    賢者(ここからが本番だ)






    214以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 23:35:06.85 ID:FgbrJpOl0
    マジかよ





    215以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 23:35:28.14 ID:JOtdaiZe0
    賢者(ベースは同じ聖水だが、主成分は『きえさりそう』を使う)

    賢者(よく煮込み、かき混ぜる――)

    賢者(次に――これを使う。以前、あの僧侶が装備していたローブだ)

    賢者(これの切れはしを使う。心の臓に近い、胸の部分がよかろう)

    賢者(……『ひのきのぼう』との判を押された、憐れな少年よ)

    賢者(勇者様のおそばに寄ったのは、余りにも早すぎたのだ……!)

    賢者は ローブを きりさいた!
    賢者は メラを となえた!
    ローブの切れはしは もえあがり 灰になった! ▼

    賢者(……。罪悪感は押し殺す。私はすでに決断した)

    賢者(……灰となったローブを、『きえさりそう』の混ざった聖水に加え、よく混ぜる――)

    賢者(そして一定のタイミングを見計らい、最大魔力でこの呪文をかける)

    賢者は メダパニを となえた! ▼

    賢者(……ふう……。仕上げに、あらかじめ作っておいた解熱剤と混ぜ合わせる)

    賢者(……完成だ。あとはこれを、勇者様に飲んでいただくことで……)

    賢者(私の望む状況が生まれる)






    217以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 23:36:05.32 ID:pvR//xZO0
    賢者禿げろ





    218以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 23:36:29.50 ID:JOtdaiZe0
    ガチャ

    賢者「……勇者様。目を覚まされたのですね」

    勇者「あ……賢者さん」

    賢者「窓の外になにか?」

    勇者「うん、ここの宿の女の人が、麦を運んでて。この町、女性もよく働くんだなって」

    賢者「ここ西の町は戦士の町。女性も気丈でなければ、荒くれ者の伴侶もままならないのでしょう」

    勇者「ふうん……ボクも頑張らないとなぁ……」

    賢者「それより、ご容態は」

    勇者「もう、平気。心配かけてごめんね」

    賢者「正直に仰ってください。まだ鈍痛が続いているのでは」

    勇者「……うん。賢者さんに嘘をついてもしょうがないね。ホントは、まだ少し……」

    賢者「今しがた、解熱剤を作りました。こちらをお飲みください」

    勇者「ありがとう。賢者さんは、優しいね。まるで僧侶みた……あ、いや、何でも……」

    賢者「……」

    賢者「お早いうちに、お薬を召し上がりください。どうぞ……」 コトン






    221以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 23:37:03.17 ID:JOtdaiZe0
    勇者「分かった。じゃ、ありがたく……。……!」

    賢者「? どうかされましたか?」

    勇者「……このお薬……何度も似たのを飲んだことがある……」

    賢者「!」

    勇者「……その、今まで飲んできた薬は、びっくりするほどよく効いたけど……」

    勇者「これは、ちょっと香りが違う気がする……」

    賢者「……僧侶殿が作った解熱剤の話ですか?」

    勇者「……」

    賢者「なぜ」

    賢者「なぜ私を信用して下さらないのですか?」

    勇者「えっ」

    賢者「私とて専門外とはいえ、薬に関してはそれなりの自負はあります」

    賢者「恐縮ながら私は……魔王打倒を目指す同志として……」

    賢者「すでにパーティーには、勇者様には信用を勝ち得ていたものと思っておりました……」

    勇者「そ、それは……そんなつもりは!」






    225以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 23:37:39.20 ID:JOtdaiZe0
    勇者「ボクは、賢者さんを疑ったりなんかしないよ!」

    賢者「勇者様」

    勇者「賢者さんは、仲間だ。仲間の作ってくれた薬を飲めないリーダーなんかいないよ」

    勇者は くすりを 手に取り

    いっきに のみほした! ▼


    勇者「ほら、飲んだよ! だからもう……。 !  !   !」

    勇者「 あ  うあ  あああ ?  ?」

    勇者「あ……頭が……」


    勇者(あ……なにこれ……消える……消えちゃう……)

     勇者(ボクの頭の中から……大事なものが……消えていっちゃう……!)

       勇者(やだ……怖い……いやだ……)

         勇者(助けて……――!)

           勇者(――?? あれ……――!? ――)

              勇者「――――――――――――――…………」






    226以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 23:38:13.86 ID:JOtdaiZe0
    賢者(……成功だ)

    賢者(これで勇者様の記憶から、僧侶に関する情報はすべて消えた)

    賢者(二度と……以前の想い人の名を、口にすることはないだろう)

    賢者(……神罰が下っても構わない。だが、私が間違っているとも思わない)

    賢者(私はこの恋の成就を、一から組み立てていくつもりなのだ)

    賢者(そのつもりであれば、勇者様を意のままにする手段など他にあった)

    賢者(だがそれでは意味がない。勇者様が本心から、私を見てくれるようにならなければ)

    賢者(……僧侶には多少気の毒だが、後悔はしていない)

    賢者(幼馴染の想い人など、ましてや孤児の誼など、計り知れぬ太さの絆ではないか)

    賢者(もはや第三者の参入など、勝ち目がないではないか。勝負の場にさえ立てないではないか)

    賢者(だから私はふりだしに戻しただけだ。もし僧侶が勇者様を想うならば、同じ状況に立つべきだ)

    賢者(……死に物狂いで求めるべきだ。私がこのような手段を取ったように……)

    賢者(……)

    賢者(我ながら何たる詭弁尽くしだ。言い聞かせなければ、不安なのか)

    賢者(笑止な。いま一度、我が胸に刻もう。私には、一片たりとて後悔はないと――)






    227 【九電 77.5 %】 :2012/11/26(月) 23:38:17.96 ID:s2WOardC0
    恒例の賢者覚醒ゾーン





    230以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 23:39:10.47 ID:JOtdaiZe0
    ――

    【西の町>道場】

    商人「――では、一体いくらで手を打つおつもりですか!?」

    商人「我々には一刻も早く、その剣が必要だというのに!」

    師範「この『伝説の剣』は、私の宝だ。金などで量れる代物ではない」

    戦士「国王の証書は見せたはずだ。私心を押し通すならば、反逆罪になりかねんぞ」

    師範「さて、その証書は果たして本物かどうか。よしんば本物だとして」

    師範「お前たちが真に勇者一行であるか否か。この町の者は、誰も証明できない」

    戦士「ならばどうすればよい、このまま平行線で水掛け論を続けるつもりか」

    師範「いや……話はすぐにつけられる。この『伝説の剣』を手にする資格があるかどうか」

    師範「実力で示してもらおう」

    商人「なぜそのような回りくどいことをせねばならん! こうなったら王に直訴して――」

    戦士「待て。……お前と立ち合って、勝てば剣を手にする資格があるというのだな」

    師範「そうだ。さすがは北の城、随一の兵(つわもの)。流儀の通じる男だ」

    戦士「ふん。すべて知った上でか」






    232以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 23:40:18.12 ID:JOtdaiZe0
    商人「ちょ、戦士殿いけませんよ、こんな流れで得失を賭けた勝負なんて馬鹿らしい!」

    戦士「商人よ、礼を言う。後はこの町の武具でも品定めしてくるといい」

    商人「ちょおっと……もう、ワシゃホントにそうしますぞ!」

    師範「勝負を受けるようだな。よかろう」

    師範「本来ならば勇者当人に出てきて欲しいところだが――」

    師範「熱で寝込んでいるようでは、代役で辛抱せざるを得んだろう」

    商人「な、なぜそれを――!」

    戦士「地獄耳め。道場の主が、よくもそんな下らないことまで……」

    師範「いや、それはこの『伝説の剣』が教えてくれた」

    商人「!? な、何ですと?」

    師範「これはお前たちが思っている以上に不思議な剣でな。特殊な事情がある」

    戦士「ふん……真の勇者の居場所をも、感知するとでもいうのか」

    師範「何を不貞腐れている。平常を装っているつもりだろうが、野心が丸見えだぞ」

    戦士「抜かすのは剣だけにしろ。我々には時間がないのだ」

    師範「時間? お前の場合は、心の余裕がであろう」






    233以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 23:40:51.70 ID:JOtdaiZe0
    弟子たち「」ズラーッ

    商人「お、多い……」

    師範は 木刀を そうびした!

    戦士は 木刀を そうびした! ▼

    師範「私から一本でも取ることができれば、お前の勝ちでいい」

    戦士「何。どういう意味だ」

    師範「そのままの意味だ。……師範代、合図を」

    大男「はっ。……始めっ!」

    戦士(こんな辺境の地で、無名の剣士に舐められてたまるか!)

    戦士「うおおおおおっ!」

    戦士の こうげき!

    師範「ぬううん!!」 バキッッ

    師範の こうげき!
    戦士は ふきとばされた!
    戦士の 木刀は 折れた!! ▼

    戦士「なっ……!?」






    237以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 23:41:42.10 ID:JOtdaiZe0
    弟子「「\オオオオオォォォッス!!/」」

    商人「あわわわ……つ、強い……」

    師範「これで終わりではあるまい。新しい木刀を」

    戦士「くっ……その通りだ、こんなことで終わりではない!」

    戦士は 木刀を 装備した! ▼

    大男「始めっ!」

    戦士「うおおおおおっ!」

    師範「あからさまな兜割りだな。たやすく斬り払える」 バキッッ

    大男「――始めっ!」

    戦士「うおおおおおっ!」

    師範「横一閃には縦払い!」 バキッッ

    大男「――始めっ!」

    戦士「うおおおおおっ!」

    師範「下からの斬り上げならハエのように叩き落せる!!」 バキッッ

    戦士「……な……ならば……」






    238以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 23:42:34.82 ID:JOtdaiZe0
    大男「――始めっ!」

    戦士「これはどうだ!」 ダッ

    師範「そう。刺突ならば、線ではなく点の攻撃。ゆえに容易に捉えられることもない……」

    師範「だが、及び腰だ! 慣れない攻め方に、身体が怖がっている!」 バキッッ

    戦士「うっ……」

    師範「そんな腑抜けた突きなど、余裕でかわして仕留められる」

    戦士「俺が……腑抜けているだと? 笑止な!」

    戦士「俺などより、あの勇者の方がどれほど温いか」

    戦士「あの小娘がこの場に立てば、お前から一本取るなど、永劫叶わぬだろうよ」

    師範「そうかな。勇者の本領は勇気であると聞く」

    師範「私の予測では、この戦いでお前と同じように『突き』まで辿りつき」

    師範「それと同時に一本取ってしまうような気がするのだが。勇気ある突きをもってな」

    戦士「……ほざけ。もう一勝負だ!」

    戦士は 木刀を 装備した! ▼

    師範「ふっ。その姿勢は果たして不屈か、はたまた意固地か――」






    239以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 23:43:15.51 ID:JOtdaiZe0
    大男「始めっ!」

    戦士「うおおおおっ!!」

    師範「凝りもせず分かりやすい袈裟斬りか。こんなもの――」

    ガララッ

    幼児「パパー!」

    師範「!?」

    弟子「こ、こら、いま入ってきちゃダメだ!」

    戦士の こうげき!

    師範は 大ダメージを うけた! ▼

    師範「ぐああああああっ!!」

    弟子「師範!」

    弟子「師ハーンッ!!」

    幼児「パパ!!」

    戦士(……ふん。俺の木刀を折れば、その刀身が飛んで危険だったということか?)

    戦士(軟弱に極まる!)






    241以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 23:43:52.85 ID:JOtdaiZe0
    戦士「いかなる事情であれ、真剣勝負に気を逸らすなど言語道断」

    戦士「今のは瞭然たる一本。『伝説の剣』は渡してもらおう」

    弟子「貴様ァ! それでも漢かァ!」 ブーブー

    弟子「詫びの一つもなしに、何だその言い方はァ!!」 ブーブー

    幼児「パパ、だいじょうぶ!?」

    師範「ああ……」

    師範「……みんなよく聞け。戦士殿の言い分は正しい」

    師範「真剣勝負の場に、私情を持ち込んだほうが負けなのだ。改めて肝に銘じよ」

    弟子「師範……」

    師範「戦士殿。これが伝説の剣だ。勇者様に渡してくれ」

    戦士「うむ」

    師範「この剣は……私の命より大切なものだ。くれぐれも大切に扱ってくれ」

    戦士「分かった」

    幼児「ダメーッ!」

    戦士「!?」






    243以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 23:44:30.90 ID:JOtdaiZe0
    幼児「だってそれ……ママが大事にしてた……」

    師範「こら。大人しくしてなさい」

    戦士「ふっ、なるほど。お前の妻の、忘れ形見といったところか」

    戦士「何やら事情があるようだが、そんなことに興味はない」

    戦士「俺はこの剣さえ手に入れれば、それで良いのだからな」

    師範「! な、何を……」

    戦士「真の勇者のみ抜き放つことができるという剣……」

    戦士「俺にその価値があるかどうか、確かめさせてもらう!!」

    戦士は 伝説の剣を 装備した!

    しかし ひきぬけなかった! ▼

    戦士「ぬ……抜けん……!?」 グッ グッ

    師範「無理だ。……その剣は、誰にも抜くことはできない」

    戦士「なぜだ。なぜ俺に抜けんのだ!? 俺が一番」 ググッ

    戦士「俺がこの国で一番、魔王を討ちたいと思っているのだ!!」 グググッ

    師範「戦士殿! ……もうここに用はないはずだ。お引き取り願おう……」






    249以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 23:45:45.81 ID:JOtdaiZe0
    【西の町>宿屋】

    商人「ただいま戻りましたぞ」

    勇者「あ……おかえりなさい、商人さん!」

    商人「おお勇者様、もう容態はよろしいので?」

    勇者「うん、賢者さんのおかげですっかり治っちゃった! 迷惑かけてごめんね」

    賢者「……商人殿、どちらに? 伝説の剣は手に入りましたか?」

    商人「いやあ、見つけたには見つけたのですがね」

    商人「どうにも所有者の融通がきかなくて、商談にも持ち込めなかったんですよ」

    勇者「ええっ。商人さんの交渉が通じないなんて……」

    商人「戦士殿と勝負して、勝ったら譲るという話ではありますが……」

    商人「いやはやその師範がべらぼうに強くて! 戦士殿じゃ相手にならないくらいです」

    賢者「なんと。それは始末に終えませんね……」

    商人「ワシはこりゃダメだ、他の方法を考えようと、途中で抜け出してきましたわ」

    戦士「ふん。愛想をつかされる体たらくで悪かったな」 ガチャ

    商人「!? あわわわ戦士殿!」






    253以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 23:46:28.82 ID:JOtdaiZe0
    戦士「待たせたな。これが『伝説の剣』だ」

    商人「おおっ!!」

    勇者「わぁ! 戦士さん、ありがとう!」

    賢者「さすがは百戦錬磨の雄。お見事です」

    商人「ちょ、ちょっと確認させてくだされ」

    商人「ふむ……ふむふむ。うーむ、ワシは現物を手に取るのは初めてですが」

    商人「本物で間違い無さそうですな。収拾した情報とほぼ一致しております」

    商人「後は刀身を見せてもらえば、確信に至れるのですが……」

    戦士「!」

    賢者「では勇者様、さっそくお手を」

    勇者「ボ、ボクがこれを抜くの? 緊張するなぁ」

    勇者は 伝説の剣を 手に取った! ▼

    勇者「……なんだか、不思議な力を感じる。ちょっと冷たいけど。それじゃあ……」

    戦士「待て!!」

    勇/商/賢「!?」






    259以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 23:48:22.60 ID:JOtdaiZe0
    勇者「な、なに? 戦士さん」

    戦士「その剣を抜くのは、別の機会にしてもらいたい」

    商人「な……何故ですかな?」

    戦士「仮にも伝説と称される武器だ。簡単に抜いていいものではなかろう」

    戦士「どうしても抜く必要に迫られたときに、初めて抜剣すべきだ」

    賢者「……ですが、早いうちに手に馴染ませておくという必要性が、既にありませんか?」

    戦士「最初から頼ってしまっては、もしその剣が使えなくなったときに困るだろう」

    戦士「ここはいざというときまで温存し、必要が迫るまでは、現状の装備を保つべきだ」

    賢者「偽物だったらどうするのです。確認するくらいは良いでしょう」

    戦士「ならば天下の大商人を目指す男の目が、曇っていたということだ」

    商人「ワ、ワシの目利きは偽物などに誤魔化されたことはありませんぞ!」

    戦士「ならば本物と断定できるのだな」

    商人「少なくとも、外見を見る限りは! ええ、刀身など確認せずとも!」

    賢者「……どうされますか? 勇者様。決めるのは貴方です」

    勇者「……う〜ん。それじゃあ……」






    262以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 23:49:12.20 ID:JOtdaiZe0
    勇者「とりあえず戦士さんの言うとおりにしよう」

    戦士「!」

    勇者「戦士さんがいなければ、この剣は手に入らなかったもん」

    勇者「だから今回は、戦士さんの言い分を尊重したいな」

    賢者「……勇者様がそう仰られるのであれば」

    戦士「ならばその日が来るまで、この剣は俺が預かっておこう。構わんな?」

    勇者「うん、構わない」

    賢者「勇者様、それはさすがにどうかと。商人殿に預かってもらうべきです」

    商人「ワ、ワシがですか」

    勇者「ううん、いいよ。この剣はそもそも、戦士さんが手に入れたものでしょ」

    勇者「何だかボクがそれをほいほい受け取っちゃうと悪いし、すっきりしないんだ。ね?」

    賢者「……勇者様がそう仰られるのであれば」

    戦士「勇者よ。感謝する」

    勇者「そんな、お礼を言われるようなことは何にもないよ」

    賢者「……」






    265以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 23:49:43.83 ID:JOtdaiZe0
    商人「ところで、次の目的地はどこですかな。明日の行き先は」

    勇者「うん、それなんだけど、すでに賢者さんと決めてあるんだ」

    賢者「はい。我々は次に、【北の城】へ向かう途中にある、雪山へ向かおうと考えています」

    商人「ふむ。構いませんが、ご説明願えますかな」

    賢者「はい。伝説の剣を入手してしまえば、この旅の目的は残り一つ」

    賢者「すなわち、【魔王城】への侵入経路の発見です」

    戦士「そういえばもうじき大陸を一周するが、結局道らしき道は見つけられず仕舞いだったな」

    商人「辛うじて南の港町からの陸続きのルートがありましたが、ありゃ無理ですもんな」

    賢者「どこにも道が見つからなかった場合、そのルートを使うことになりますが」

    賢者「まだ足を踏み入れていない地域があります。それが次の雪山です」

    賢者「万一そこにも手がかりが無かったなら、そのまま雪山を越えて【北の城】に向かいます」

    賢者「大陸の王都であれば、今なら何らかの新たな情報が集まっているかもしれません」

    勇者「うん、ちょうどみんなの故郷だしね! ボクも魔王と決戦の前に、一度家に帰りたいし」

    商人「えっ。ああー……」

    戦士「むう……それは……」






    267以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 23:50:22.16 ID:JOtdaiZe0
    賢者「僧侶殿のことなら、心配いりませんよ」

    商人「!? ちょ、ちょっと」

    戦士「賢者、どういうつもりだ?」

    勇者「?」

    勇者「僧侶って、誰のこと?」

    商人/戦士「!?」

    賢者「あぁ勇者様、ちょっとした知人です。我々のパーティーには関係ありませんよ」

    勇者「ふうん……? 誰だろ……」

    戦士「……」

    商人「……ほ、ほほう。さすがは賢者殿。何やらうまくやりましたな」ボソ

    賢者「いえ。これは魔王打倒のためにも、必要な処置だと思ったまでです」

    戦士「ふん。まぁ、確かにそうか」

    賢者「とにかく、これで何の気後れもなく、北の城まで向かえるということです」

    勇者「……? ねえ、何の話?」

    賢者「大したことはありませんよ。それでは最後に、地図でおさらいをしましょう」






    268以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 23:51:12.12 ID:Z6vUK9BS0
    「おおゆうしゃよ、わすれてしまうとはなさけない・・・」





    269以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 23:51:23.18 ID:JOtdaiZe0
     

    ―――――――――【北の城】―――――――――

    ―――【雪山】―――――――――【渓谷】―――

    【西の町】――――【魔王城】――――――【東の村】

    ―――【砂漠】―――――――――【賢者の村】―

    ―――――――――【南の港町】――――――――

     

    賢者「我々は今まで、【北の城】からぐるりと時計回りに旅をしてきました」

    賢者「もっとも私がパーティーに参入したのは【賢者の村】からですが」

    勇者「今いるのがこの【西の町】でしょ。だったら雪山を越えたら、ちょうど一周するね」

    商人「魔王城の周りは高い山、そして海……もはや空から乗り込むぐらいしかありませんな」

    戦士「ルーラやキメラのつばさを応用して、乗り込めないのか」

    賢者「不可能ですね。少なくとも、一度足を踏み入れなければ」

    勇者「……うん、分かった。明日雪山に行って、そのまま北の城に行って」

    勇者「いずれにも魔王城に乗り込む糸口が見つからなければ、南の港町からの陸路を使おう」






    271以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 23:52:45.41 ID:JOtdaiZe0
    勇者「それじゃ、今日はもう暗くなってきたし、解散――!」

    ――

    勇者(……何だか熱を出してから、やけに胸の中がすかすかする気分。変なの……)

    勇者(ううん、そんなこと気にしてる場合じゃない。明日は山越え、しっかり休まなくちゃ……)

    ――

    戦士(この『伝説の剣』……やはり抜けぬ……)

    戦士(ふん……仮に最後まで抜けなかったとしても……魔王を倒すのはこの俺だ……)

    ――

    商人(いまの軍資金はこれだけ。魔王を倒しさえすれば、これを元手にもっと増やせる)

    商人(その時の商戦はすでに考えてある……ぐふふ、世界一の大商人になる日は近いぞ……)

    ――

    賢者(勇者様の、私を見る目が変わった……私に、確かな機会が与えられたのだ……)

    賢者(あとは何があろうとも必ず勇者様を支え、お守りし、魔王を倒す)

    賢者(それだけの箔がつけば、何者も口は挟めないだろう……そして、その暁には……)

    ――――






    277 【九電 73.8 %】 :2012/11/26(月) 23:54:01.05 ID:s2WOardC0
    恐ろしいパーティーだな





    281以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 23:54:34.21 ID:z24PUcDv0
    煩悩が大きすぎるPT





    284以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 23:55:06.83 ID:A5NtD7bp0
    >>281
    野蛮さで成り立ってるよな






    276以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 23:53:29.11 ID:JOtdaiZe0
    ――――――――――――――――――――

    【北の町>城下町>外れの小屋】

    <夜>

    僧侶「ふう……ただいま」

    僧侶「おなかすいたな。パンを食べよう」

    僧侶「パンふた切れにバターを塗って……あと少し野菜も」

    僧侶「いただきます」

    僧侶「ん……おいしい。しあわせ」

    僧侶「ごちそうさま」

    僧侶「さて……寝よっかな」

    僧侶(……今日もたくさん特訓したぞ。僕、結構強くなったかも)

    僧侶(そろそろギルドに登録してもいいかもしれない。そしたら、勇者も驚くかな)

    *「――!」

    僧侶「……ん? なんだろ」

    僧侶(外が騒がしいな……行ってみよう)






    283以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 23:54:53.21 ID:JOtdaiZe0
    ガチャ

    僧侶(なんの騒ぎだろう……)

    盗賊「だからオレは何も盗ってねえって!」

    兵士B「くそ……おかしいな、荷物には何もないぞ」

    兵士A「おい、ボディチェックだ!」

    盗賊「くっ……待て!」

    盗賊「お前ら、そこまでオレを疑うってことは覚悟はできてるんだろうな!」

    兵士B「何ぃ」

    盗賊「この国は、ヨソ者の亡命にも慈悲深いと聞いてやってきたが――」

    盗賊「夜中の出入りは禁止だなんて話、昨日の今日で知る機会がなかったんだ!」

    兵士A「こいつ何日も隠れてた分際でよくもそんなデタラメを……」

    盗賊「いいか、もしオレの身体を調べて何も出てこなかったら、お前たちを……」

    盗賊「国を訴えてやる! 訴訟だ! それなりの賠償を要求してやるぞ!」

    兵士B「お、おいどうする?」

    兵士A「こんな露骨なその場しのぎにたじろいでお前がどうする! さぁ服を改めろ!」






    285以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 23:56:01.78 ID:JOtdaiZe0
    僧侶「あのう……」

    盗賊/兵士A/B「!?」

    僧侶「もう夜中ですし、ケンカはやめませんか?」

    兵士A「な、なんだお前は」

    僧侶「僕は近くの小屋に住む者です。こんな時間に言い争うのは、つまらないからやめましょう」

    盗賊「あっ! お、お前!」

    兵士A「ま、待て! 逃げる気か!」

    盗賊「違う! こいつだ、こいつがアレを盗んだんだ! そうに違いない!!」

    僧侶「えっ?」

    兵士B「何をでたらめを……」

    盗賊「でたらめなんかじゃねえさ、見ろ、こいつのポケットの膨らみを」

    盗賊「オレが証明してやる!!」


    盗賊は 僧侶に かけよった! 
    盗賊は 僧侶のポケットから オーブをとりだした! ▼

    僧侶「えっ……?」






    286以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 23:56:41.87 ID:UBofX8it0
    えっ……?





    287以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 23:56:42.52 ID:AFn1liMh0
    またクズか





    288以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 23:57:00.88 ID:2sklbqmT0
    ざけんなくずどもあああああああああ





    289以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 23:57:02.15 ID:JOtdaiZe0
    兵士A「そ、それは!」

    兵士B「そいつを早く渡せ!!」

    盗賊「も、もちろんだ」

    兵士は オーブをうけとった ▼

    兵士A「間違いない……この珠の美しい色合い! 紛れもなく国宝のオーブ!」

    兵士B「ああ、助かった……一時はどうなることかと思った……」

    盗賊「そ、そんなにスゲーもんだったのか? お、お前もよく盗る気になったなぁ」

    僧侶「えっ? 僕はそんな玉なんて知らないよ」

    盗賊「嘘をつけ! 現にお前のポケットから出てきたのを、このお二人も見てたんだ!」

    兵士A「うむ……まぁ、確かに」

    兵士B「そこの少年、お前を城へ連行する! さぁ大人しくするんだ!」

    僧侶「えっ? 今のは、そこの人がもともと持ってたのを、僕のポケットに入れたんだよ」

    盗賊「出まかせを! どうせオレがヨソ者だから、濡れ衣を着せやすいって魂胆なんだろ!?」

    兵士B「ええ……ど、どうする?」

    兵士A「とにかく、二人ともひっ捕らえるんだ!」






    294以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 23:57:38.08 ID:JOtdaiZe0
    ――

    【北の城>地下牢】

    衛兵「ここでしばらく大人しくしてろ!」

    ガシャン

    僧侶「あいたた」

    僧侶(……うーん。僕はオーブなんて盗んでないんだけどな)

    僧侶(でもそれより、いいことを知ったぞ)

    僧侶(【東の村】の村長さんが寝言で言ってたオーブは、多分これのことだ)

    僧侶(【東の村】から少し西へ進んだ位置にほこらがあって、そこにオーブを持っていくんだ)

    僧侶(そうしたら、魔の城へ続く道が開ける……多分、何かが起こるんだ)

    僧侶(魔王城は山と海に囲まれてるから、多分この方法で乗り込めるんだ)

    僧侶(勇者に会ったらすぐに伝えないと)

    僧侶(……ここを出られたら、だけど。……いつ出してもらえるのかな……)

    僧侶(……)

    僧侶「」 Zzz…






    295以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/26(月) 23:58:14.60 ID:JOtdaiZe0
    ――

    兵士B「ふい〜。オーブが見つかって良かった良かった」

    兵士A「なあ兄弟」

    兵士A「あのとき、尋問してた男の方の服は、まだ改めてなかったよな」

    兵士B「そうだったか? まぁそんなこと覚えちゃいないが」

    兵士A「オーブが見つかって俺も動転していたが、よくよく考えてみると」

    兵士A「あの男がガキの方に無理矢理オーブを押し付けたってのも、普通に在り得るんじゃないか」

    兵士B「さぁ、俺が知るもんか。オーブは見つかったんだ、あとは野となれ山となれだ」

    兵士A「とはいっても、判決が下される際に、参考人として呼び出されるかもしれんぞ」

    兵士B「ええ、面倒くさいなぁ」

    兵士A「……ま。その時は俺たちが見たままのことを伝えればいい」

    兵士A「『あの僧侶のポケットからオーブが出てきた』ってな」

    兵士B「僧侶?」

    兵士A「ああ。あいつは例の『ひのきのぼう』だよ。勇者様にリストラされた奴」

    兵士A「身の程知らずに魔王討伐についていきやがって、俺は前から気に食わなかったんだ――」






    301以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 00:00:06.68 ID:UW5dTRYB0
    ――

     

    ガチャガチャ   ガシャン

    衛兵「おい、起きろ」

    僧侶「Zzz」

    衛兵「……こいつ、よくこんな固い床で眠っていられるな……おい、起きろ!」

    僧侶「ん……ふぁい?」

    衛兵「沙汰が決まった。牢から出ろ」

    僧侶「ふああ……ふぁい……」

    衛兵「のんきなものだな。国宝窃取は大罪なのを分かっているのか?」

    衛兵「場合によっては、明日の日の目はもう拝めないかもしれんのだぞ」

    僧侶「そうは言っても、僕は盗んでないですし……」

    衛兵「まぁいい。早く立て、これからお前を王の間に連れていく」

    僧侶「王の間……?」

    衛兵「そうだ。盗品が盗品だからな。国王みずから直々に判決を下すとのお達しだ――」






    306以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 00:01:41.92 ID:UW5dTRYB0
    【北の城>王の間】

     ――ザッ!

    衛兵「ただいま容疑の者をお連れしました!」

    国王「よい。下がれ」

    衛兵「はっ」

    僧侶「……王様、お久しぶりです。お腰の具合はいかがですか」

    大臣「し、痴れ者め! 貴様のようなみすぼらしい小僧に、王は出会ってなど――」

    国王「よい。声を荒げるでない」

    大臣「ぬ、ぬう……しかし……」

    国王「……さて。余は確かに、その不思議な眼差しには見覚えがある。どこであったか……」

    僧侶「はい。僕は以前、勇者のパーティーにいました」

    僧侶「そのとき一度だけ、王様に謁見したことがあります」

    国王「おおそうか、あの時の少年か。勇者の影にはあったが、余はその目をよく覚えているぞ」

    僧侶「ありがとうございます」

    国王「しかし……それがこの度はなにゆえ、実に憂うべき所業に走ったのか……」






    311以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 00:02:15.40 ID:UW5dTRYB0
    僧侶「僕はオーブを盗んではいません。本当です」

    国王「ふむ。だがその言葉だけを鵜呑みにしては、この場を設けた意味はなかろう」

    国王「では衛兵」

    衛兵「はっ。ご報告いたします」

    衛兵「この僧侶は今からひと月ほど前、賢者の村にて勇者一行から離脱した模様」

    衛兵「その後ここ王都に帰郷し、城下町の住まいで数日過ごしていたとのことですが」

    衛兵「出自が孤児であったこともあり、生活は非常に困窮していたものと思われます」

    衛兵「ちまたでは『ひのきのぼう』と称せられるほど、貧しい日々を送っていたとか」

    大臣「ぷっ」

    兵士「くくっ」

    僧侶「……」

    衛兵「以上のことから、国宝を横流しし、生活の安定を図ろうとした可能性は十分考えられます」

    国王「私見は交えなくてよい」

    衛兵「し、失礼致しました!」

    国王「続けよ」






    312以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 00:02:19.61 ID:tA9QuMLr0
    お、国王はいいひとそうだぞ





    315以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 00:02:32.52 ID:iaOODT0Y0
    王様はいい人っぽいな





    318以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 00:03:01.91 ID:UW5dTRYB0
    衛兵「はっ。オーブが戻った今、もはや内密にする必要もありませんが――」

    衛兵「今から七日前、王宮に忍び込んだ何者かに、オーブを奪われる事件が発生しました」

    衛兵「犯人と思しき人物は、当日中に城下町に雲隠れしたとの情報を受け」

    衛兵「ただちに多数の城兵を捜索に送り、昨日までの連日、昼夜ともに網を敷いていたのですが」

    衛兵「ようやく昨晩、巡回中の兵士が、夜間に町を出歩いていた怪しき二人を捕らえました」

    衛兵「うち一名はこの後、この場に呼ぶ予定ですが――」

    衛兵「先に『ポケットにオーブを隠し持っていた』とされる人物から引き立てた次第です」

    国王「ふむ……そこまででよい。あとは余が直に問いただそう」

    国王「僧侶よ。そなたは何故、夜中に城下町を出歩いていたのだ?」

    僧侶「はい。夜中に、外から騒ぎ声が聞こえたからです」

    僧侶「出てみると、男の人と兵士の人たちが言い争いをしていたので、止めに入りました」

    僧侶「けんかはつまらないから、やめよう、と」

    国王「そなたは、夜間の出入り禁止令を知らなかったのか?」

    僧侶「はい。ここ数日はずっと小屋の周りで過ごしていたので、あまり町中には入らなくて――」

    僧侶「だからそういうものが出ていたなんて、今はじめて知りました」






    323以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 00:04:31.66 ID:UW5dTRYB0
    国王「懐にオーブを忍ばせていたという話は?」

    僧侶「あれは、言い争いをしていた男の人が、僕のポケットに入れたんです」

    僧侶「でもそのとき明かりも無かったので、兵士の人たちには勘違いされやすかったと思います」

    国王「ふむ……あい分かった」

    国王「実はな。余がそなたに問答をかけたのは、その眼に虚実をはかりたかったためじゃ」

    国王「そなたの眼は、嘘は言っておらんように見える……この限りでは、余は無罪を言い渡すところだ」

    僧侶「本当ですか?」

    国王「だが、今回は極めて有力な証人がおってな。その判断にて、判決を下そうと思う」

    僧侶「証人?」

    国王「そうじゃ。オーブが奪われた当日、偶然にも賊の姿を目撃した者が城内にいた」

    国王「我が妃じゃ。では、兵士よ」

    兵士「はっ。王妃様のおなーりぃー!」

     

    侍女「さ、王妃様、足元にお気をつけ下さいませ」

    王妃「……」






    324以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 00:04:44.65 ID:enfpJzWi0
    唯一マトモなのが王様と勇者と俺か





    332以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 00:05:53.21 ID:IDYDfpNT0
    >>324
    お前何者だよ






    328以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 00:05:36.38 ID:iaOODT0Y0
    嫌な予感しかしねぇ糞が





    342以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 00:07:31.65 ID:UW5dTRYB0
    僧侶(王妃様だ。初めて見た。きれいな人だなぁ)

    国王「王妃よ。顔を上げよ」

    王妃「……」

    国王「ふむ。宮中の者は知ってのとおり、王妃は当日に目にした賊の姿をたいそう怖がってな」

    国王「また城内を荒らされるのではないかと、余りの恐怖にすっかり塞ぎこんでしまった」

    国王「だが、そんな日々に終止符を打つためにも、王妃よ。ここは協力してくれ」

    王妃「……わらわは、賊の顔など見とうない」

    国王「まだ賊だと決まったわけではない。決めるのはそちじゃ、頼む」

    王妃「……」

    僧侶「……王妃様」

    王妃「!」

    僧侶「怖いときは、どくけしそうを少しダシた温かいスープを、ゆっくり飲むといいですよ」

    僧侶「体内から『怖い』という毒素が抜け出て、そのうえ身体も芯から温まるんです」

    王妃「…………」

    王妃は ゆっくりと かおを あげた! ▼






    345以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 00:08:21.54 ID:UW5dTRYB0
    王妃「!!」

    王妃「おお、この童じゃ!!」

    国王「!?」

    僧侶「えっ?」

    王妃「間違いないわ、この童が国宝を奪ったのじゃ!」

    僧侶「僕は盗んだりしません」

    王妃「この薄汚い童が、あの時わらわの目の前を横切ったのじゃ! 忘れもせんわ!」

    国王「王妃よ、間違いないのか?」

    王妃「おお、我が夫よ、なにゆえ賊を野放しにおくのです! 早う、早う地下牢へ!」

    王妃「おお恐ろしや、あの時の賊がなにゆえ王の間に……正気の沙汰では……ああ……」 ガクッ

    侍女「お、王妃様!!」

    国王「ど、導師を呼べ! 王妃は丁重に連れていくのだ!」

    兵士「は、はっ!!」 ドタバタ

    大臣「は、早くその罪人を取り押さえろ!」

    僧侶「……どうして……」






    350以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 00:08:57.20 ID:NCp5f3r80
    あああっわわああああああああああああああああっっわっわああああああああ





    351以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 00:09:00.51 ID:tA9QuMLr0
    やっぱりか、くそっ





    352以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 00:09:22.04 ID:1xbep2zb0
    クズがああ!





    353以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 00:09:33.83 ID:UW5dTRYB0
    国王「……どうやら余の人を見る眼も、年をとるごとに曇ってきたらしい」

    国王「先の一連の証言で、事件は解決したものとする」

    僧侶「王様、僕は」

    大臣「控えよ、盗っ人風情が!」

    国王「……国宝を盗んだことは、大罪である」

    国王「だがこの罪人はまだ成人しておらず、身寄りもない貧しき暮らしをしておった」

    国王「また少ない間ながら、勇者を支え、打倒魔王に貢献したことも考慮したい」

    国王「従って極刑は避ける代わりに、この城下より永久追放の刑とする」

    僧侶「……王様! 一つだけ申し上げたいことが」

    大臣「黙れ! 王の寛容極まる判決に、不服があるというのか!」

    僧侶「そうじゃありません。僕は追放で構いません、でもたった一つだけ」

    衛兵「この!」 ギリリ

    国王「よい。放してやれ」

    国王「そこまで言うならば、最後に聞いておこう」

    僧侶「いたた……はい。ありがとうございます」






    360以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 00:10:07.89 ID:UW5dTRYB0
    僧侶「もし勇者が一度この町に戻ってきたなら、そのオーブを渡してあげて下さい」

    僧侶「そしてそのまま【東の村】に行くように伝えてください」

    大臣「貴様ァ言いたいことが二つになってるぞ!」

    僧侶「それだけです。どうかお願いします」

    国王「ほう……なるほど。【東の村】か……」

    国王「しかと聞き届けた。勇者が戻った際は、考えておこう」

    僧侶「ありがとうございます」

    国王「……では……」

    衛兵「はっ。おい、立て! 行くぞ!」

     

    大臣「……よろしいのですか、あんな子供の戯れ言を真に受けて」

    国王「ふむ。あの話には多少心当たりがあってな」

    大臣「心当たり?」

    国王「確かオーブにまつわる言い伝えがあったはずだ……早急に文献を調べよ」

    大臣「ははっ」






    367以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 00:11:15.52 ID:UW5dTRYB0
    ――

    【城下町】

    衛兵A「さぁ、自分の住まいまで歩け」

    衛兵B「荷の整理だけは許されている。もっとも、内容は改めさせてもらうがな」

    僧侶「ありがとうございます。あ、いたた」

    衛兵A「きびきび歩け!」

     

    町民A「あ、おい見ろ、『ひのきのぼう』だ!」

    町民B「なんだ? アイツついに何かやらかしたのか?」

    町民C「ねぇ、もしかして、最近ウワサになってた国宝ドロボーの犯人って」

    町民A「そういえばこの間の晩、アイツが連れてかれるのを見たって奴がいたぞ」

    町民B「うへえ、頭がおかしいたぁ思ってたが、またとんでもねぇコトやらかしたもんだな」

    町民C「怖いわねぇ。捕まって良かったわ」

    町民A「あれでも元は勇者のパーティーにいたんだろ。勇者にとっちゃとんだ恥さらしだな」

    町民B「まったく、この町の恥だ!」






    368以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 00:11:37.68 ID:6XOzluBV0
    クズが多過ぎてストレスがマッハ





    374以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 00:12:41.76 ID:rlMPu9IP0
    もうこれ救いあんのかよ





    379以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 00:13:28.52 ID:UW5dTRYB0
    僧侶「――ここです」

    衛兵A「こんなところに小屋があったのか。なるほど、家主に似て貧しさが滲み出ているな」

    僧侶「僕は、自分が特別貧しいだなんて、思ったことはありませんよ」

    衛兵A「いいから荷造りをしろ。あまり時間をかけるなよ」

    僧侶「はい」 ガチャ…

     

    衛兵A「……ふう。あの小僧も不憫なもんだな」ボソ

    衛兵B「何がだ?」ボソ

    衛兵A「例の件の判決だよ。王妃様は、あの通り怖がりだろ?」

    衛兵A「誰でもいいから、とっとと犯人を決めてしまいたかったんだろうぜ」

    衛兵A「あそこで違うと言ってしまえば、まだ犯人が捕まってないってことになるからな」

    衛兵B「ははぁなるほど。王妃様の性格じゃ、在り得る話だな」

    衛兵A「容疑をかけられた者が二人いるって話も、果たして耳に届いていたかどうか」

    衛兵B「でもって普段は頼もしい国王様も、王妃様にはトコトン弱いからな」

    衛兵A「ああ。あの小僧が本当は無実だったら、トコトンついてない話さ」






    383以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 00:14:56.16 ID:UW5dTRYB0
    ――

    ガチャ

    僧侶「支度が終わりました」

    衛兵A「ん、早いな。どれ、荷を確認させろ」

    衛兵A「なになに。装備品はかわのぼうしに……ふっ、代名詞のひのきのぼうか」

    衛兵B「あとは少ない食糧に、全財産400ゴールド足らず……えっ? 終わりか?」

    衛兵A「おい、本当にこれだけなんだろうな」

    僧侶「はい」

    衛兵B「まぁこんな有り様でもなきゃ、国宝を奪おうだなんて思わんだろうさ」

    僧侶「僕はオーブを盗んではいません」

    衛兵A「黙れ、頭を上げろ」

    僧侶「はい?」

    衛兵Aは 僧侶に 魔法の烙印を きざみつけた! ▼

    僧侶「いたたオデコが……」

    衛兵A「追放者の証だ。それがある限り、この町へは永久に門前払いというわけだ」






    397以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 00:17:18.53 ID:UW5dTRYB0
    衛兵B「さぁ、そろそろこの町からおさらばの時間だ」

    僧侶「あのう、最後に墓地に行ってもいいですか? 神父さんにお別れの挨拶がしたいです」

    衛兵A「だめだ。烙印が押された以上、この町に長居することは許されん」

    衛兵B「それになんのかんの口実つけて、町に雲隠れするかもしれんしな!」

    僧侶「そんな。僕はそんなことしません」

     

    盗賊「お。ここがオレの新しい住まいか!」

    僧侶「!」

    衛兵A「何だお前は。ああ、幸運な方の男か」

    僧侶「新しい住まいって?」

    盗賊「む、お前か。……この権利書を見ろ。今日よりこの小屋の主はオレだ」

    盗賊「例の件で疑いをかけた謝罪にと、国王直々に永住権を与えてもらったのだ!」

    盗賊「この国まで足を運んだ甲斐があった。ここには俺も活躍できるギルドもある」

    盗賊「オレは今までのことからは足を洗って、これからはまっとうに生活していくんだ」

    僧侶「ちょっと待って」






    408以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 00:18:41.21 ID:UW5dTRYB0
    僧侶「ここは僕の家であると同時に、勇者の家でもあるんだけど」

    僧侶「勇者の帰る場所はどうなっちゃうの? もし勇者がここに戻ってきたら――」

    衛兵A「なんだ、お前知らないのか? 勇者様には、すでに立派な家が用意されている」

    僧侶「えっ?」

    衛兵A「何といっても世界を救うのだ、国がそのくらいの支援をするのは当然だろう」

    衛兵B「お前、本気で勇者様をこんなボロ小屋に住まわせるつもりだったのか?」

    盗賊「ボロ小屋で悪かったな!」

    僧侶「……なあんだ。それなら、よかった。勇者の帰るところは、ちゃんとあるんだ」

    衛兵B「ふん。納得したなら行くぞ」

    僧侶「あのう。勇者の思い出が詰まった家、大事に使ってください」

    盗賊「ふん、そうさせてもらうさ。俺はこれからまっとうに生きるんだ」

    盗賊「……いいか。恨むなら、こんな世の中と、不運だった自分を恨むんだな」ボソボソ

    僧侶「? 何を恨むというの? それより、あなたがまっとうに生きられる道が開けて、よかった」

    衛兵B「おい、もう行くぞ!」

    僧侶「では、さようなら。さようなら、神父さんの小屋――」






    412以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 00:19:10.35 ID:m6Z58BnlO
    魔王、この世界滅ぼしていいよ?





    417以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 00:20:03.29 ID:UW5dTRYB0
    【北の城>城下町>出入り口】

    衛兵A「――では、ここでお別れだ」

    衛兵B「我々はお前がここを離れるのを、最後まで見届ける義務がある」

    僧侶「はい。ありがとうございました」

    衛兵A「さぁ、行け!」

    僧侶「はい。では」

     

    僧侶(……この町には、生まれた日からずっとお世話になってきたけど)

    僧侶(もう帰れないんだなぁ。小屋も、他の人の家になっちゃったし)

    僧侶(でも、勇者が帰る場所が別にあってよかった)

    僧侶(故郷に戻ってきて、自分の帰る家がなかったら、寂しいもんね)

    僧侶(僕はこれからどうしようかな。とりあえず、どこか住める場所を探さなきゃ)

    僧侶(もう東側は大体歩いてきたから、西側に向かってみようかな)

    僧侶(うん、勇者たちは時計回りで進んでるはずだから、もしかしたらばったり会えるかも)

    僧侶(そうと決まれば、あの雪山に向かってみよう――)






    432以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 00:23:15.48 ID:UW5dTRYB0
    ――――――――――――――――――――
    【雪山】

    勇者のこうげき! 
    魔物を たおした! ▼

    勇者「ふう。終わったね」

    商人「欠かさずゴールドを多めに回収……へぶしっ」

    賢者「勇者様、キズの手当てを」

    勇者「ありがとう!」

    賢者「以前に比べて、格段に腕が上がっているようですね」

    勇者「うん。なんだか、最近あった心のモヤモヤが段々晴れてきてるんだ」

    勇者「今、頭の中は魔王を倒すことでいっぱい。一刻も早く世界を平和にしてみせるよ!」

    商人「さ、さすがは勇者様ですな……この寒さでよくもそんなに元気で……しぶへっ!」

    戦士「今度は寒さで風邪を引かなければいいがな」

    勇者「ボク、風邪なんて引かないよ! もし引いたとしても――」

    勇者「賢者さんが治してくれるもんね!」

    賢者「信頼して頂き光栄です。万が一の際は、是非おまかせを」






    438以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 00:24:39.36 ID:UW5dTRYB0
    商人「いやあしかし、この寒さで皆さんよく体力が続きますなぁ」

    商人「ワシは寒さに弱い上に、山道も苦手でもうヘトヘトで」

    戦士「戦士たるもの屈強でなければならない。環境で左右される者は二流だ」

    勇者「戦士さんはすごいなぁ。ボク、実は『いのちのゆびわ』を装備してるから平気なんだ」

    勇者「装備して歩くだけでキズが回復! もし良かったら、商人さんに貸そうか?」

    商人「エ! いえいえ、とんでもない。だってそれは、賢者殿とおそろいではないですか」

    賢者「ふっ、お見通しでしたか」

    勇者「えっ、き、気付かなかった! ボクいつ渡したっけ?」

    賢者「西の町での装備分配の際に、体力に劣る私にと、その手で渡してくれたではありませんか」

    勇者「そうだっけ? って賢者さん、ななな、なんで左手の薬指にはめてるの!?」

    賢者「どの指に装備しようとも私の勝手、では困りますか?」

    勇者「こ、困るよ! 恥ずかしいからやめてよ、もう!」

    賢者「いいえ。やめません」

    戦士(……賢者の奴め、白々しい真似を。だが勇者が浮ついている間に、俺は伝説の剣を……)

    商人(いいぞ……もし勇者様と賢者殿が結ばれれば、その挙式で多くの収益が見込める……)






    443以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 00:25:27.89 ID:UW5dTRYB0
    ――

    戦士「ふうんっ!」

    戦士の こうげき! 
    かいしんの いちげき!
    魔物に 大ダメージを あたえた!

    魔物を たおした! ▼

    勇者「す、すごい戦士さん。気合いが伝わってくるよ」

    戦士「この程度は朝飯前だ」

    賢者「戦士殿も、私が加入した頃に比べれば、格段に強くなりましたね」

    戦士「……強くなったと思っていた」

    賢者「?」

    戦士「だが、西の町の道場で……俺は生まれて初めて、人間相手に苦戦した」

    勇者「で、でも、勝ったんでしょ?」

    戦士「……ああ。まあ……な……」

    戦士(相手の、戦いに対する心構えが甘かったおかげでな)

    戦士(あの師範を実力勝負で打ち破ることができたなら、今ごろは楽に剣も抜けているだろうに……)






    448以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 00:26:44.94 ID:UW5dTRYB0
    ――

    商人「ひふみよ……いむなや……」ジャラジャラ

    勇者「商人さんのおかげで、ボクたちの稼いだお金がすぐに分かるね」

    商人「なんの。経済事情の把握は初歩の初歩ですぞ」

    賢者「いつもゴールドとアイテムの管理、感謝いたします」

    商人「なんの、商人としてパーティーに迎えられたのなら、当然の義務です」

    勇者「商人さんがいなければ、この旅はきっともっと苦労していただろうね」

    戦士「とはいえ、危険な長旅によくついてくる気になったな」

    商人「そりゃあ、勇者様について共に魔王を倒したとなれば、その知名度は馬鹿になりませんからな」

    商人「自分自身の存在だけでも、大いに宣伝になるのです。これほど商売しやすいことはない」

    勇者「やっぱり、お金のために魔王を倒すんだね」

    商人「そ、そうですとも! ここは薄情とも意地汚いとも言われたとて、譲りませんぞ!」

    勇者「いいと思うよ。それも一つの価値観だろうし、何だかんだでお金は大事なものだし」

    勇者「それに魔王を倒すっていう共通の目的があるなら、ボクはそれで十分だよ」

    商人「ああ、勇者様……この商人、打倒魔王に向けて全力を尽くしますぞ!」






    455以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 00:27:56.71 ID:UW5dTRYB0
    ――

    賢者「まもなく山頂ですね」

    勇者「かなり登ったけど……まだ魔王城に攻め入る手がかりは見つからないね」

    戦士「無駄足に終わる可能性もあるというのだな」

    商人「そんなこたぁありません。ここの魔物はなかなかG稼ぎに打ってつけですぞ」

    賢者「それに経験値も豊富に得ました。我々はまた一回り鍛えられたでしょうね」

    勇者「うん。それにどうせ旅をするなら、色んなところを見て回りたいしね」

    戦士「のん気なものだな。これでは……これでは、物見遊山ではないか。なぁ商人よ」

    商人「はい? ああ、まあ、そうかもしれませんなあ」

    賢者「……今ごろは僧侶殿も、城下町で安穏と過ごしていることでしょうね」

    賢者「いや運が悪ければ、別れたあの日のうちにはすでに魔物に――」

    戦士「それはない。愚鈍とはいえ、ああ見えて恐ろしくしぶとい奴だったからな」

    勇者「ねえ何の話?」

    賢者「いつかの民家にあった冒険譚の話ですよ。今度聞かせて差し上げましょう」

    商人「賢者殿……ごまかし方も上達していってますな……」






    468以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 00:32:06.86 ID:UW5dTRYB0
    ――

    【雪山>山頂】

    勇者「うわぁ、見晴らしいいね」

    賢者「前方は北の城、後方は西の町が一望できますね」

    戦士「そして横には魔王城、か……」

    商人「ふむ。あの海の真ん中にそびえ立つ大陸が、我々の終着点ですな」

    勇者「すごく切り立った山で囲まれてるね。どうやって乗り込めばいいんだろう……」

    賢者「理想は空路。次点で陸路。……大穴で海路ですか」

    戦士「正直、あの山は登れないこともない。が、このパーティーと装備ではとても無理だな」

    商人「魔王との戦いを控えながら、丸腰で登頂するわけにもいきませんしなあ」

    勇者「とにかく情報収集しておいて損はないね。このまま予定通り北の城に向かおう」

    勇者「旅をしてから結構経つし、きっと何か手がかりが生まれてるかもしれない」

    賢者「ええ」

    戦士「……ん……天気が悪くなってきたな」

    商人「うひゃあ、こりゃ大変だ! もし吹雪いて来たら、ルーラで退散しましょう!」






    473以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 00:33:47.15 ID:UW5dTRYB0
    勇者「……ちょっと待って」

    賢者「? どうしました?」

    戦士「む。あれは……」

    商人「すわ、前から魔物がやってきますぞ! 迎撃準備じゃ!」

    勇者「待って。あれは魔物じゃない……」


    ―― ―― ―― ―― ――


    僧侶(もうちょっとで山頂かな。ふう、疲れた)

    僧侶(ここの魔物は強いからなぁ。逃げきるのが精一杯だよ。おかげで登るのは早かったけど)

    僧侶(でも天気も悪くなってきたし、そろそろ逃げきるのも難しくなってくるのかなぁ)

    僧侶(ん?)

    僧侶(うわぁ、言ってるそばから魔物の群れだ。また逃げ切れるかな……)

    僧侶(……ん? ちょっと待てよ? 魔物じゃない……?)

    僧侶「んん?」

    僧侶「あっ!」






    475以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 00:34:35.30 ID:UW5dTRYB0
    僧侶「勇者!」

    勇者「? えっ?」

    戦士「僧侶!」

    商人「な、なんと僧侶か!」

    賢者「……!!」

    僧侶「うわあ、久しぶりだね。僕だよ、僧侶だよ」

    勇者「えっ? えっ??」

    戦士「……僧侶。こんなところで何をしている」

    僧侶「えっと。実は北の城で――」

    商人「ああっ、お前のその額の紋章は!?」

    賢者「……追放者の烙印。自力では決して消えない傷痕……」

    戦士「お前、追放されたのか。何をやらかしたのだ」

    僧侶「それが、ちょっとオーブを盗んだ犯人に間違えられて」

    商人「国宝を!? また大それたマネを!」

    僧侶「僕は盗んだりしてないけど、もう判決が出ちゃったから、仕方ないんです」






    476以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 00:35:16.65 ID:A/U81iRNO
    会っちまったな…





    477以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 00:35:42.99 ID:xjrvNJFd0
    あーあ出会っちまったか





    478以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 00:35:45.90 ID:UW5dTRYB0
    僧侶「そうそう勇者、それでね。色々あって、もう小屋には住めなくなっちゃったんだ」

    勇者「え……小屋に……?」

    僧侶「でも安心して。国が、勇者に新しい家を用意してくれたんだって」

    賢者「まぁそのくらいの支援は当然でしょう」

    商人「ふむ。その家の規模によって、王の信頼の度合いが図れますな」

    戦士「ふん、どんな家だろうが住めば都だろう。あるだけマシだ」

    僧侶「神父さんの小屋も、家主が代わっただけで、なくなった訳じゃないから――」

    勇者「神父さん?」

    勇者「ねえ、君、なんで神父さんのこと知ってるの?」

    僧侶「えっ? やだなぁ、僕と勇者が、一番お世話になった人じゃないか」

    勇者「ボクと……君が?」

    賢者(まずい! 過去の記憶が倒錯しては、勇者様に悪影響を及ぼす可能性も――)

    賢者「勇者様!」

    勇者「?」

    賢者「お下がりください。これ以上この者に関わってはいけません」






    482以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 00:36:39.45 ID:UW5dTRYB0
    賢者「商人殿、勇者様を離れた場所へ!」

    商人「えっ、ワ、ワシ? はぁ、賢者殿がおっしゃるなら」

    勇者「え、ちょっと何? この人は誰? ちょっと――」

    商人「まぁまぁほらほらさぁさぁ」

     

    僧侶「……えっ? 『誰?』ってどういうこと?」

    戦士「俺は立ち合わせてもらうぞ」

    賢者「構いませんよ」

    僧侶「戦士さん、賢者さん。勇者はどうしちゃったの?」

    賢者「僧侶殿。いや、僧侶よ。残念ながら」

    賢者「勇者様は、二度とお前のことを思い出すことはない」

    僧侶「えっ? どうして?」

    賢者「私が勇者様の、お前に関する一切の記憶を消したからだ。もう、戻らない」

    戦士「……」

    僧侶「……。どうして、そんなことをしたんですか?」






    486以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 00:37:22.70 ID:UW5dTRYB0
    賢者「……勇者は、お前の事をいつも気にかけていた」

    賢者「魔王討伐に支障が出るほどに、だ」

    賢者「だから記憶を消した。おかげで旅は順調になった」

    賢者「これで納得できるか?」

    戦士「……」

    僧侶「……」

    僧侶「そっかぁ」

    僧侶「勇者は僕のことを、そんなに気にかけてくれてたんだ」

    賢者「! ……だが、もう二度と思い起こすことはない」

    僧侶「良かった」

    賢者「!?」

    僧侶「僕なんかのために魔王退治が難航してちゃ、申し訳が立たないし」

    僧侶「勇者が無事に魔王を倒せるなら、僕が持つものなら何でも差し出すよ」

    賢者「……別に、お前からなにか受け取った訳ではない。一方的に消したのだ」

    賢者「私は、お前が恨むべき存在になったのだぞ」






    493以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 00:38:35.46 ID:UW5dTRYB0
    僧侶「恨む? 何を恨むというの?」

    僧侶「逆に感謝したいくらいだよ。勇者が旅に専念できるようになったのなら」

    賢者「……『二度と』思い出さないのだぞ。旅が終わっても、平和な世界になっても」

    僧侶「だったら、なおさら安いものだよ。世界が平和になったのなら」

    賢者「……そうか。そういうことか。つまり」

    賢者「所詮、お前の勇者様に対する思い入れなど、その程度のものなのだな」

    賢者「勇者様にとぼけられても、特に何とも思わない、思えないというわけだ」

    僧侶「……ううん……。よく分からない」

    賢者「ふっ、安心した。お前がそういう了見ならば、こちらもやりやすい」

    賢者「多少なりとも抱いていた罪悪感が溶けていくようだ。いや実に馬鹿らしかった」

    僧侶「……よく分からないけど」

    僧侶「きっと勇者は、僕のことを忘れてくれたほうが、幸せになると思う。そんな気がする」

    賢者「……遠回しに気取った自惚れかな? ふっ、心配には及ばない」

    賢者「勇者様は必ず、必ず幸せになる。この賢者の名にかけてな」

    僧侶「そう。よかった」 ニコッ






    498以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 00:39:42.46 ID:UW5dTRYB0
    賢者「では、僧侶よ。できるなら、もう二度と勇者様に関わらないで欲しい」

    賢者「何かの拍子に勇者様の記憶が戻ってしまっては、旅が遅延する恐れもある」

    僧侶「うん。……。分かった」

    戦士「……」

    賢者「それでは戦士殿、先を急ぎましょう。いよいよ天気も悪くなってきましたし」

    戦士「ああ。先に行っててくれ。俺は少しだけこいつと話がある」

    賢者「どうぞ。しかし、あまり長くならないように――」

     

    僧侶「戦士さん」

    戦士「……それは『ひのきのぼう』か。なぜ持ち歩いている」

    僧侶「これは、僕です。前、戦士さんが僕にそう言ってくれたから、翌日に買ったんです」

    戦士「……まさかそれだけで、一人で、この雪山の頂まで登ってきたというのか」

    僧侶「そうですよ。いつも逃げてばっかだけど、でも、いざ戦うとなったら」

    僧侶「『突き』が強いんです。今じゃあ『ひのきのぼう』は、結構使いこなせるようになったんですよ」

    戦士「……突きが強い……か……」






    502以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 00:40:46.23 ID:UW5dTRYB0
    戦士「……まさかとは思うが……」

    戦士「おい僧侶。これを抜いてみろ」


    戦士は 伝説の剣を わたした! ▼


    僧侶「この剣は?」

    戦士「ものは試しだ、いいから抜いてみろ。抜けるかどうか、その一点だ」

    僧侶「はあ」


    僧侶は 伝説の剣を 装備した!

    しかし ひきぬけなかった! ▼


    僧侶「あれ。これ固くて抜けない」

    戦士「……ふっ。返せ。まぁそうだな、万が一にもありえない話だったか」

    僧侶「どういう話なんですか?」

    戦士「お前はまだ『これの域』には達してないという話だ。つまり決して勇者たりえぬ、と」

    僧侶「はあ。はい。僕は、弱いですよ」






    513以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 00:42:35.21 ID:UW5dTRYB0
    戦士「自分で認めるからには、パーティーを外されたことにも異存はないな」

    僧侶「もちろんです」

    戦士「それが、勇者の判断によるものではなかったとしてもか?」

    僧侶「えっ、そうなんですか」

    戦士「今だからこそ明かすが、あれは勇者を除く三人で勝手に決めたことだ」

    戦士「勇者にはウソで言いくるめた。勇者は俺たちの言葉を信じ、納得した」

    僧侶「……」

    戦士「どうだ、これが真相だ。まだ俺たちを恨む気は起きないか」

    僧侶「はい。恨むだなんてとんでもない」

    戦士「なぜだ。なぜお前は、何の怒りも感じずにいられる」

    僧侶「ええっと……よく分かりませんけど」

    僧侶「僕がパーティーを外れたのは、勇者が一人で決めたことじゃないって、いま知って」

    僧侶「僕はちょっぴり嬉しかったです。それでとても満足しています」

    戦士「……ふん。俺は正直、お前を外したことは今でも後悔してない……が……」

    戦士「……すまなかったな……」ボソ






    519以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 00:43:26.17 ID:UW5dTRYB0
    僧侶「えっ? よく聞こえませんでした」

    戦士「いい。さぁ、俺の話は済んだ。もう行くぞ」

    僧侶「はい。ありがとうございました」

    戦士「礼を言われる筋合いはない。……最後に言っておく」

    戦士「お前は仮にも、『魔王を打ち果たす者』がいるパーティーの一員だった」

    戦士「そのことは大いに誇っていい。また、この先々を生き抜く力ともなろう」

    戦士「忘れるな」

    僧侶「うん。わかった」 ニコッ

    僧侶「じゃあ、僕の方からも一つだけ」

    戦士「なんだ?」

    僧侶「ここから北の城に行けば、王様がオーブを渡してくれるはずです」

    僧侶「それを持って、【東の村】に向かってください。魔の城へ続く道が開けるらしいです」

    戦士「! それは本当か?」

    僧侶「違うかもしれないけど、一応、それだけを勇者に伝えてください」

    戦士「……分かった。その伝言、確かに請け負った」






    522以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 00:44:09.33 ID:UW5dTRYB0
    戦士「では……」

    戦士「さらばだ」

    僧侶「さようなら、戦士さん。さようなら――」

     

    ―― ―― ―― ―― ――

    僧侶「さようなら。勇者」

    僧侶(勇者はもう僕のことは分からないだろうけど)

    僧侶(僕はいつでも勇者のことを応援してるよ。頑張って。頑張って、勇者)

    僧侶「……あ」

    僧侶「雪」

    僧侶「きれいだなぁ」

     

    僧侶「さて」

    僧侶「行こっかな。ここから折り返しだ。よいしょ」

     ザッ    ザッ    ザッ    ――






    523以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 00:45:10.08 ID:UW5dTRYB0
    ――――――――――――――――――――

    戦士「待たせたな。先を急ごう」

    勇者「あ、戦士さん。あの人と何を話してたの?」

    戦士「なに、一人旅の無事を確認していたまでだ。問題はないらしい」

    勇者「すごいねぇ。あの人、ボクとそんなに歳が変わらないように見えたけど」

    賢者「……はは。私だって勇者様とそれほど変わりませんよ」

    商人「あんな大罪人、気にするだけ無駄ですぞ!」

    勇者「そうかなぁ……」

    賢者「それより勇者様、雪が降ってきました。この様子だと吹雪きそうですね」

    商人「こりゃあ手がかりもないことですし、ルーラで城まで飛ぶことも考えるべきですな!」

    戦士「手がかりは、ある」

    商人「なぬ?」

    戦士「このまま、北の城の国王に会いに行くぞ。そこに恐らく、我々の求める情報がある」

    勇者「えっ、ほんと!?」

    賢者「ちょっと待ってください」






    525以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 00:45:51.92 ID:UW5dTRYB0
    賢者「まさかそれは、あの……少年から得た情報ですか?」

    戦士「そうだ。何か問題があるか?」

    賢者「追放者ですよ。なぜ我々が、彼の言葉に踊らされなくてはならないのですか」

    商人「ううむ確かに」

    勇者「でも、ボクたちが向かう先はどうせ一緒でしょ?」

    戦士「その通り。賢者よ、何が言いたいのだ」

    賢者「ルーラの話ですよ。我々は、あくまでパーティーの意志で行動しています」

    賢者「少年の言葉など鵜呑みにせず、きちんと雪山を探索しきった上で北の城に向かいましょう」

    商人「ええっ、そんな……へぶしゅんん」

    戦士「お前らしからぬ意地張りだな。もうここには何もなさそうに見えるが」

    賢者「私の意見を述べたまでです。最終決定権は勇者様にあります。いかがされますか?」

    勇者「えっ、ボク? ……そうだね。じゃあ賢者さんの言うとおり、このまま山を降りよう」

    賢者「ありがとうございます」

    勇者「それより、吹雪いてきたね。さっきの人、大丈夫かなぁ」

    賢者「……」






    526以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 00:46:24.54 ID:UW5dTRYB0
    ――――――――――――――――――――

     ビュオオオオオオオオオオ――

     

     ザッ…      ザッ…

    僧侶(あっという間に天気が悪くなっちゃった……)

    僧侶(うう……寒い……)

    僧侶(ただでさえ冷たいのに、またいっそう冷え込んできた……身体が凍えそう……)

    僧侶(でも、負けないぞ)

    僧侶(勇者は、魔王の本拠地に乗り込んで戦うんだ)

    僧侶(それに比べたら、きっとこんなの全然たいしたことないぞ)

    僧侶「……!」


    魔物Aが あらわれた!

    魔物Bが あらわれた! ▼


    僧侶(吹雪の中を狙ってきたんだ……ダメだ、逃げられない。戦おう)






    527以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 00:46:57.16 ID:UW5dTRYB0
    ――

    僧侶「はぁ……はぁ……」

    魔物のむれを たおした!

    経験値と 400Gを てにいれた! ▼

    僧侶(……)

    僧侶(この二匹の魂が、無事に山に還りますように……)


    ビュオオオオオオ――


    僧侶「はぁ……はぁ……」

     ザッ       ザッ
     
    僧侶「はぁ……はぁ……」

       ザッ         ザッ

    僧侶「……あっ!」 ズリッ

     バシャッ

    僧侶(てて……。しっかりするんだ。負けないぞ)






    530以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 00:47:29.84 ID:UW5dTRYB0
     ビュオオオオオオ――

    僧侶(……)

    僧侶(いま夏なのに……)

    僧侶(なんでこんなに寒いんだろう……)

        ビュオオオオオオ――

    僧侶(歩いても歩いても、おんなじような景色ばかり)

    僧侶(まるでさっき勇者と出会ったのが、マボロシだったみたい)

    僧侶(そうなのかもしれない。あまりの寒さに、頭がヘンになったんだ)

           ビュオオオオオオ――

    僧侶(全身が凍えちゃって……)

    僧侶(すごく眠たいな……)

    僧侶(……)

              ビュオオオオオオ――

    僧侶(いや)

    僧侶(もうちょっと歩こう。頑張ろう。頑張ろう)






    532以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 00:48:13.26 ID:UW5dTRYB0
    ――

    僧侶(……あ……)

    僧侶(気付いたら吹雪が止んでた……)

    僧侶「あっ」

    僧侶「町だ!」

    僧侶「町が見えてきた! あれがきっと西の町なんだ!」

    僧侶(よーし、元気がわいてきた)

    僧侶(なんだか空気もほんのり暖かくなってきたし)

    僧侶(もう少しだ、頑張ろう――)

    僧侶「!」


    魔物のむれが あらわれた! ▼


    僧侶(後ろからだ! まだ走れるかな)

    僧侶は ピオリムを となえた!
    僧侶の すばやさが あがった!
    僧侶は にげだした! ▼






    535以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 00:48:44.77 ID:UW5dTRYB0
    ――

    【西の町】

    僧侶「はぁ……はぁ……」

    僧侶「あれ? もう着いてた」

    僧侶「ここが西の町かぁ」

    僧侶(オレンジ色の風景。もう夕方になってたんだ)

    僧侶(この辺は雪山と全然環境が違うんだな。暑いくらいだよ)

    僧侶(それにしてももうクタクタだ……宿屋を探そう)

    幼児「あっ」

    僧侶「ん? やあ、こんにちは」

    幼児「たびびとさん?」

    僧侶「そうだよ」

    幼児「……」

    幼児「来て!」

    僧侶「あっ、ちょっと」






    538以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 00:49:20.80 ID:UW5dTRYB0
    【西の町>宿屋】

    幼児「ママ、ママー! おきゃくさん!」

    僧侶(宿屋の子だったんだ。ついてるぞ)

    幼児「……あれ? ママ?」

    僧侶「もしかして、あそこで麦の束を背負ってる人?」

    幼児「あっ、ママ!」

    僧侶(……あの女の人、足元がフラついてる)

    僧侶(顔色に血の気がない……なんだかすごく疲れてるみたいだ)

     

    宿の女「は……は……」

    宿の女「あ……」 フラ…

    幼児「ママ!」

    僧侶「よいしょ」

    宿の女「!?」

    僧侶「運ぶんですよね。僕、手伝います」






    541以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 00:50:04.89 ID:UW5dTRYB0
    僧侶「ははあ、貯蔵庫への補充ですね」

    僧侶「いいですよ。後はやっておくので、休んでてください」

    宿の女「そんな……見知らぬ方にそのような……」

    幼児「こっち! 早く!」

    宿の女「まあ……あの子ったら……」

    僧侶「僕は構いませんよ。あなたはベッドで休んでてください」

    幼児「早く!」

    僧侶「はいはい」

    宿の女「本当に……申し訳ありません……」

    宿の女「山の方から来られて……あなたも疲れてらっしゃるでしょうに……」

    僧侶「よいしょ。僕、全然へっちゃらですよ。あれ? 山から来たって言いましたっけ?」

    僧侶「よいしょ。でも大丈夫です。こう見えて、元は勇者のパーティーにいたんです。っしょ」

    宿の女「……勇者様の……」

    僧侶「だから人一倍は、丈夫なんですよ。よいしょ」

    宿の女「……ありがとうございます……申し訳ありません……」






    544以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 00:51:20.11 ID:UW5dTRYB0
    ――

    僧侶「ふう、終わった」

    幼児「つぎはおそうじ! それがおわったらおりょうり!」

    宿の女「こらっ……いい加減にしなさい……」

    幼児「だってママ、すっごくつかれてるんだもん!」

    僧侶「そうですね。なんだか本当に体調を崩されてるようにみえますが」

    宿の女「いいえ平気です……お店もあけてますし……」

    僧侶「僕、実は僧侶なんですが、よければ具合をみましょうか?」

    幼児「そうりょさん!? はやく! はやくママをなおして!」

    宿の女「いえ……そんな……」

     

    バタン

    師範「おい、しばらく店は休むって話だったじゃないか!」

    宿の女「あ……あなた……」

    幼児「パパ! おかえりなさい!」






    552以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 00:52:16.70 ID:zs7tYvNR0
    なん……だと……
    やっと救われるのか






    551以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 00:52:09.10 ID:UW5dTRYB0
    師範「!? 誰だお前は!」

    僧侶「こんにちは。僕は僧侶です」

    師範「旅人か? 悪いが今日は店じまいだ、宿なら他を当たってくれ」

    宿の女「そんな……この方は……」

    幼児「パパ、このひとはね、そうりょなの!」

    幼児「だからね、いまからママをみてもらうの!」

    師範「僧侶だと……?」

    僧侶「はい。よかったら、お力になれればと」

    師範「必要ない」

    師範「私の妻の疲労は、呪文や薬で治るものではないのだ」

    宿の女「……」

    僧侶「えっ? それはどういう」

    師範「知る必要もない。さぁ、帰ってくれ」

    幼児「パパ……?」

    僧侶「はい。……そういうことなら、おじゃましました」






    555以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 00:52:58.96 ID:UW5dTRYB0
    バタン

    僧侶「ふう」

    僧侶(なにやら訳ありだったみたいだなぁ)

    僧侶(しかたない、他の宿を探そう)

    僧侶(いやその前に、装備から整えたほうがいいかな)

    ドンッ

    僧侶「いたた!」

    大男「んん? 坊主、道の真ん中でぼーっとしくさってんじゃねえ」

    僧侶「ごめんなさい。あ、『かわのぼうし』が」

    大男「これか。ほらよ……んん?」

    大男「てめえ、そのデコのマーク見せてみろ!」

    僧侶「はい?」

    大男「こりゃ追放者の証じゃねえか! 王都で何かやらかしたな!?」

    僧侶「ええっと」

    大男「おおいみんな! ここに追放者が流れ込んできてるぜ!」






    558以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 00:53:32.86 ID:UW5dTRYB0
    *「追放者だって?」

    *「マジか? 俺が知ってる追放者は、魔王軍と繋がってたって話だぜ!」

    *「ふざけんな、とっちめろ! 町からつまみ出せ!」

    僧侶「あのう」

    大男「とはいえ、こいつはまだガキ。この町で何かしでかした訳でもねえ」

    大男「だが、みんな用心しとけよ! もしこいつが妙な気起こしたら――」

    *「おう、すまきにしてやんぜ!」

    *「雪山に放り出してやる!」

    大男「というわけだ。分かったな、小僧!!」

    僧侶「あのう」

    僧侶「はい。分かりました」

     

    僧侶(はあ)

    僧侶(この額のマークが、そんなに大それたものだったなんて)

    僧侶(この町には来たばっかりだけど、一気に過ごしにくくなったなぁ――)






    559以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 00:53:34.09 ID:uDWu4Px40
    また・・・また鬱なのか・・・





    562以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 00:54:16.09 ID:xjrvNJFd0
    救いはないんですか?





    565以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 00:54:30.75 ID:UW5dTRYB0
    ――――――――――――――――――――

    【北の城>城下町】

    勇者「――結局、雪山には何もなかったね」

    賢者「はい。しかしこれで勇者様は、大陸一周を踏破したことになりましたね」

    戦士「無駄足を誤魔化すために、そんな言い訳を考えていたとはな」

    勇者「まったくの無駄足というわけじゃないでしょ。戦闘も含めていい経験になったし」

    商人「なかなかのゴールドも稼げましたしなぁ!」

    賢者「そういうことです。戦士殿も、またレベルを上げたではありませんか」

    戦士「ふん……」

    戦士(だが、まだ剣は抜けん……)

     

    町民A「あっ、勇者様だ!」

    町民B「勇者様が帰ってきた!」

    勇者「えっ、なになに?」

    町民C「お帰りなさい、勇者様! みんな、勇者様が帰ってきたぞ!」






    568以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 00:55:12.96 ID:UW5dTRYB0
    *「勇者様! 勇者様!」

    *「戦士様もいるぞ! 戦士様!」

    *「勇者様ばんざい!」

    商人「おっほほ、すごい歓迎っぷりですなぁ」

    賢者「ええ。これだけの人望を持つということは、それだけの器の持ち主という訳です」

    *「勇者様かっこいい!」

    *「勇者かわいい!」

    勇者「わっ、ちょっと、参ったなぁ」

    *「戦士様かっこいい!」

    ♂「戦士様かわいい」

    戦士「ええい触るな! 我々はまだ魔王を討ち取っていないのだぞ!」

    *「ささ、皆様、新しく建てられた家があります! ご案内いたしましょう」

    商人「おお、頼みますぞ」

    *「勇者一行にばんざい!」

    *「勇者一行に祝福あれ!」――






    573以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 00:55:55.76 ID:UW5dTRYB0
    【勇者の家】

    勇者「案内されるままに来たけど……」

    勇者「本当にこれがボクの新しい家? すごい……まるでお屋敷みたい……」

    商人「この立地で三階建てとは、並ならぬ待遇ですなぁ!」

    賢者「いいえ、世界を救うことを思えば、足りないぐらいではありませんか?」

    戦士「まだ救ったわけではない。もし魔王との戦いに敗れようものなら――」

    戦士「あっという間に昔の小屋に逆戻りだ。覚悟はしているのだろうな、勇者よ」

    勇者「ボクは小屋の方が居心地がよかったかも。だって小屋には……」

    勇者「……あれ? えっと小屋には……」

    商人「まあこれだけ広すぎるのも、一人で住むには考えようかもしれませんな!」

    勇者「う、うん、そうだよ、こんなのボク一人じゃとても生活できないよ」

    賢者「……一人では、そうかもしれませんね。しかし」

    賢者「勇者様が望めば、一人……あるいはその上にまた一人、二人と増えることもありましょう」

    勇者「? うん、そうだね!」

    戦士「ふん、品のない奴め……」






    583以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 00:57:53.50 ID:UW5dTRYB0
    商人「さて、先ほど町民に歓迎を受けていた際、有力な情報を得ましたぞ!」

    勇者「ほんと!?」

    賢者「さすがは商人殿、抜け目がない」

    商人「なんでも王様が、我々に直々に渡したいものがあるそうですぞ!」

    商人「しかもウワサによると、それで魔王城への道が開けるとか!」

    勇者「えっ!」

    戦士「! 魔王城への……」

    賢者「……やはりここに戻ってきて正解でしたね。手がかりは、国王が見つけ出していた」

    勇者「それじゃ、雪山で会ったあの人の言う通りだったね!」

    商人「いえ勇者様、これは始めから北の城に戻る案を出していた、賢者殿の功ですぞ」

    戦士「どちらでもいい。とにかく、道は開かれた。明日の朝にはさっそく城へ向かおう」

    勇者「うん、そうだね。そうしよう!」

    商人「今日の所はこの家に泊まりましょう。慣れない山越えでワシはもうへとへとで……」

    賢者「では、夕餉の準備をいたしましょう。食材を買い出して参ります」

    戦士「意外な一面を」






    585以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 00:58:51.67 ID:UW5dTRYB0
    <夜>

    勇者「ごちそうさま! すごく美味しかった!」

    戦士「……本当に美味い……」

    賢者「ありがとうございます」

    商人「いやぁ素晴らしい。賢者ともなれば、手料理もこなせるのですなぁ!」

    賢者「恐縮ながら、レシピさえあれば大したことはありませんよ」

    勇者「賢者さんすごいっ! きっと女の子にもモテモテだよ!」

    賢者「え。ええ、ありがとうございます……」

    戦士「だが、浮ついていられるのも今のうちだ」

    戦士「もう、魔王との決戦が近付いてきている。これが最後の晩餐になるやもしれん」

    勇者「最後にはさせないよ」

    戦士「む」

    勇者「ボクは、魔王を倒す。この平和が、いつまでも続けられるように……!!」

    商人「ほ、ほう……最初の頃に比べると、ずいぶん貫禄がつきましたな……」

    戦士「当然だ。そうでなくてはな」






    587以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 00:59:31.29 ID:UW5dTRYB0
    勇者「それじゃ、明日に備えて今日は解散! みんな寝坊しちゃだめだからね!」

    ――

    勇者(……今日この町に帰ってきて、多くの人たちに迎えられた)

    勇者(ボクの使命――必ず魔王を倒して、あの人々、一人ひとりの平和を約束すること)

    勇者(もう何の迷いもない。見てて神父さん、ボクは必ずやり遂げて見せます――)

    ――

    戦士(……やはり伝説の剣は抜けない。もう何十回と試して尚、抜けない)

    戦士(俺には、分相応の役割が強いられているというのか……ならば)

    戦士(その枠を塗りつぶした上で、限界まで腕を伸ばしてやる。俺の望む結末まで……!)

    ――

    賢者(決戦の時は近い。だが同時に、はじまりの時も遠くはない)

    賢者(魔王を倒し、世に平穏をもたらした時……万を持して、勇者様を迎え入れる)

    賢者(勇者様だけは何があろうと、その後の幸せもろとも私が守り抜いてみせる……)

    ――

    商人「ぐがー。ぐがー」






    589以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 01:00:37.95 ID:+M3SSnr+0
    商人がこのメンツのなかじゃマシだな





    590以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 01:01:12.75 ID:BJxllvhM0
    あれ周り屑過ぎて商人が可愛く見えてきたぞ





    588以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 01:00:26.37 ID:UW5dTRYB0
    ――

    町民A「おい、勇者様を見たか? ずいぶん頼もしくなってたじゃないか」

    町民B「相変わらず可愛いかったしなぁ。ありゃ色気づいたら絶対べっぴんさんになるぜ」

    町民C「あら、もうお相手は決まってたわよ」

    町民B「えっ、誰!?」

    町民C「一緒にいた賢者さんよ。すごく素敵な方だけど、左手の薬指に指輪があったの」

    町民C「それでよくみると、勇者様も同じものをつけてるじゃないの! ホント驚いたわ」

    町民D「でも勇者様のは別の指についてただろ。まだそうと決まったわけじゃ……」

    町民A「いやしかし、あの二人が結ばれれば、さぞお似合いだろうよ」

    町民B「うう……俺の勇者様が……」

    町民C「勇者様たちには、無事に魔王を倒して帰ってきて欲しいわね」

    町民D「そうそ、もう近々、魔王城に乗り込むんだろ? オーブがどうたらとかで」

    町民A「ふっ、オーブか。そういやそんなもん盗み出した『ひのきのぼう』がいたな」

    町民C「ちょっとよしてよ! もう勇者様御一行には関係ないんだから」

    町民D「今ごろどうしてんだかねぇ。ま、追放された以上、まともに世渡りはできんだろうさ――」






    591以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 01:01:19.22 ID:UW5dTRYB0
    ――――――――――――――――――――

    【西の町】

    道具屋「はっ、お前みたいな大罪人に売るものなんかねえよ。他を当たれ!」

    ――

    武具屋「ははは、装備なんてその『ひのきのぼう』で十分だろ。帰れ帰れ」

    ――

    宿屋「冗談じゃない、お前みたいなのを泊めたら、俺がこれから何と言われるか……!」

    ――

    ――

    僧侶(はぁ。他の宿屋までダメだったな。人のウワサって広がるもんだなぁ)

    僧侶(僕がほんとは、何も盗んでないってウワサも広まらないかな。広まらないか)

    僧侶(はぁ……今夜泊まるところどうしようかな。お金はあるのに、やっぱり野宿かな)

    僧侶(……ん? あの子は?)

     

    幼児「……」 タッタッタッ






    596以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 01:02:57.93 ID:UW5dTRYB0
    幼児「そうりょさん、やっとみつけた」

    僧侶「どうしたの。もうこんなに暗くなってるのに」

    幼児「今日、パパがどーじょーにこもる日なの」

    幼児「だから、こっそりうちにきて」

    幼児「うちにきて、ママをなおしてあげて」

    僧侶「それはダメだよ。僕も君も、パパに怒られちゃうよ」

    幼児「でも、ママ、ぜんぜんなおらないの」

    幼児「ずっとつかれてるの。だからおねがい」

    僧侶「……」

    僧侶(まぁどんな病状だろうと、回復呪文で楽にさせるぐらいはできるかな)

    僧侶(あの旦那さんが言ってたことがちょっと気になるけど……)

    幼児「ね、はやく! はやく!」

    僧侶「わ。声が大きいよ」

    幼児「はやく!!」

    僧侶「わかったわかった、行くから行くから」






    599以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 01:03:37.64 ID:UW5dTRYB0
    【西の町>宿屋】

    幼児「ママ、そうりょさんつれてきた!」

    僧侶「こんばんわ」

    宿の女「まぁ……あなたは夕方の……」

    幼児「ね! えらいでしょ!」

    宿の女「なんということを……この方も疲れてらっしゃるだろうに……」

    僧侶「いいえ、僕のことなら大丈夫です」

    幼児「ね、ちゃんとママをなおしてね! おそと、みはってるから!」 ドタバタ

    宿の女「もう……あの子ったら……」

    宿の女「夕方の節も含めて……本当に申し訳ありませんでした……」

    僧侶「いいえ。僕は平気です」

    僧侶「では早速ですが、身体の具合をお尋ねしてもよろしいですか?」

    僧侶「僕、お薬作るのは得意なんですよ」

    宿の女「はい……ありがとうございます……ですが……」

    宿の女「夫が言ったように……私の疲れは、薬では癒えないのです……」






    601以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 01:04:16.98 ID:UW5dTRYB0
    僧侶「それなら、回復呪文を。治るとまではいかずとも、多少は楽になりましょう」

    僧侶「あなたは特にホイミに抵抗はありませんね? アレルギーとか、アンデッドだったりとか」

    宿の女「あの……申し訳ありませんが……」

    宿の女「私には……一切の回復呪文も、効果がないのです……」

    僧侶「えっ、どういうことですか?」

    宿の女「……本当は、私がここにいるだけでも大変なことなのに……」

    宿の女「行かなければならないのに……いつかこうなることは分かっていたのに……」

    宿の女「ああ……でも、もっと留まりたいのです……一日でも長く、この町に……」

    僧侶「あのう」

    僧侶「良かったら、詳しく話していただけませんか?」

    僧侶「誰かに話すことで、楽になることもありますよ」

    宿の女「……そうですね……あなたにはご恩がありますし……」

    宿の女「私の決断を後押ししてくれるかもしれません……お話しします……」

    宿の女「……私は、人間ではありません……実はあの子も、私の実の子ではありません……」

    僧侶「はい、そんな気がしてました。絶対に誰にも話しません。続きをどうぞ」






    605以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 01:06:16.77 ID:UW5dTRYB0
    宿の女「私は……私の正体は……」

    宿の女「『伝説の剣』の『刃』です……」

    僧侶「『伝説の剣』? あの、魔王を討ち果たせるという剣ですか?」

    宿の女「はい……」

    宿の女「今の私は、本来霊体であるはずの存在に、無理に肉体をこしらえたものです……」

    宿の女「元は……『伝説の剣』が悪用されないように、天が備えた仕掛けなのですが……」

    僧侶「信じますよ。それで、あなたの疲れの原因は?」

    宿の女「はい……私の依り代は『伝説の剣』……」

    宿の女「それが今、この町にはありません……」

    宿の女「そのことにより、私自身の自我が保てなくなっているのです……」

    僧侶「この町には、『伝説の剣』があったんですか?」

    宿の女「はい……しかし先日、勇者様がこの町を訪れた際に……」

    宿の女「所有者である夫が……勇者様に譲り渡しました……」

    僧侶(よかった。ちゃんと勇者には行き渡っていたんだ)

    僧侶「ん? でも、『刃』の精霊さんがここにいるってことは……?」






    608以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 01:07:27.45 ID:UW5dTRYB0
    宿の女「お察しの通りです……私がここに居る以上、『伝説の剣』は不完全のまま……」

    宿の女「たとえ真の勇者であろうと、何者にも、抜くことはできないのです……」

    僧侶「ええっ。それじゃあ、魔王が倒せないのでは」

    宿の女「ああ……その通りです……」

    宿の女「私が剣に宿らなければ……きっと世界が救われることはないでしょう……」

    宿の女「でも、夫が……ほんのひと月だけ、ここにいて欲しいと……」

    宿の女「あとひと月だけ……私と共に、あの子と共に過ごして欲しいと……」

    僧侶「……でも、勇者はもう魔王城へ乗り込みます。たぶん、ひと月も経たないうちに」

    僧侶「魔王との戦いのとき、剣が抜けなかったら大変ですよ」

    宿の女「はい……でも……」

    宿の女「私の存在の主体は、剣の方にあるのです……私が戻ってしまえば……」

    宿の女「私の意識は消えてしまい……こうして誰かと対話することもできなくなるでしょう……」

    僧侶「もう二度と、人の姿に戻れなくなるんですか?」

    宿の女「……試したことがないので、分かりません……ただ……」

    宿の女「遠方での戦いに赴くことになるので……もし勇者様が敗北してしまったら、私も……」






    610以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 01:08:11.63 ID:UW5dTRYB0
    僧侶「それなら大丈夫です」

    宿の女「えっ……?」

    僧侶「僕は、元は勇者のパーティーにいましたから分かります」

    僧侶「大丈夫です。勇者はとても芯の強い女の子です。必ず勝ちます」

    僧侶「それに王都で最強の戦士さんもいるし、アイテム管理の天才の商人さんもいます」

    僧侶「僕とあんまり歳も変わらないのに、呪文を極めたっていう賢者さんも加わりました」

    僧侶「負けるはずがないですよ。必ず勝ちます。だから、勇者を信じてください」

    宿の女「……」

    僧侶「それに勇者は、神父さんの教えを守ってきた、とても優しい心の持ち主です」

    僧侶「魔王を倒した後、誰かが事情を話せば、きっとこの町に剣を返してくれます」

    僧侶「そうしたら賢者さんもいるし、きっと元の生活に戻してくれます」

    僧侶「だから、安心してください」

    宿の女「……」

    宿の女「……」

    宿の女「そうですね……分かりました」






    612以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 01:09:21.91 ID:UW5dTRYB0
    宿の女「どの道……魔王が世を支配するようになれば」

    宿の女「夫もあの子も……いずれ危険な目に遭うでしょう」

    宿の女「宿命を受け入れられず……目先の幸せに焦がれていた私を、お許しください」

    宿の女「私の迷いに……心強い言葉をかけてくださって、ありがとうございました」

    僧侶「いいえ。迷いが消えたようで何よりです」


    宿の女は ゆっくりと起き上がり ベッドを降りた ▼


    宿の女「私は、もう行きます。勇者様のもとへ……」

    宿の女「勇者様の位置は分かります……北の城の、城下の一軒家……」

    僧侶「もう、行くのですか?」

    宿の女「はい。一刻も早く戻らなければ……勇者様を誤解させてしまいます」

    僧侶「ああ、そうか。それはいけないですね」

    宿の女「あの子は……何も知りません。夫も……私が行くことは強く反対していました」

    宿の女「ひと月だけ残って欲しいというのも……散々妥協した末の言葉なのです」

    宿の女「なので二人のいないうちに……私はあるべき場所へ向かおうと思います」






    616以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 01:09:55.22 ID:UW5dTRYB0
    僧侶「またきっと、元の生活ができます」

    僧侶「こう言うのも変ですけど、どうか、ご無事で」

    宿の女「はい……色々とありがとうございました」

    宿の女「では……」


    宿の女は 白い光に つつまれた!

    宿の女は またたく間に 窓から飛び去っていった――! ▼


    僧侶「すごい。ルーラみたい」

    僧侶(……どうかあの人が無事に、またここで生活できますように……)

     

     

    バタン!

    師範「今の光はなんだ!?」

    僧侶「!」

    師範「! お前はっ! なぜお前がここにいる!?」






    619以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 01:10:44.71 ID:UW5dTRYB0
    幼児「ぐすん……ひっく……」

    僧侶(あの子……外を見張ってたら、見つかっちゃったんだ)

    師範「……!」

    師範「そんな……まさか……妻は……」

    僧侶「はい」

    僧侶「話はすべて伺いました。あの人は、あるべきところに帰って行きました」

    師範「なんだと……」

    僧侶「もし勇者が帰ってきたら、勇者にこのことを打ち明けてくださいね」

    僧侶「伝説の剣なら、必ず返してもらえます」

    師範「ふざけるな……」

    僧侶「!」

    師範「あと一ヶ月……たったの一ヶ月だと約束していたのに……」

    幼児「ぐすん……ねえパパ」

    幼児「ママはどこ? ママは? ねえ」

    僧侶「……ええっと……」






    620以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 01:10:53.08 ID:xjrvNJFd0
    うわぁ・・・師範までか





    623以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 01:11:33.48 ID:UW5dTRYB0
    師範「貴様は……妻から事情を聞くや」

    師範「魔王に世を支配されることを恐れ、己の命惜しさに、妻を急かしたのだ!」

    僧侶「違います。あの人は自分の意思で――」

    師範「命が惜しいなら、なぜ己を鍛えようとしない!」

    師範「なぜ勇者なる偶像にすべてを押し付け、自ら魔王と戦おうとしない!!」

    師範「少なくとも私は強くなった! 妻を、我が子を守れる程度にはな!」

    師範「誰しもが真に己を高めようとすれば、魔王軍の襲来など恐れる必要はないのだ!」

    師範「……『伝説の剣』など、必要はないのだ……」

    僧侶「……」

    幼児「ねえパパ、ママは? ねえ」

    師範「……もう戻ってはこない。帰ってはこない」

    僧侶「戻ってきます。勇者は必ず帰ってきて、剣を返してくれます」

    幼児「もうかえってこないの? このひとのせいで?」

    幼児「なおしてくれるっていったのに……? なおしてくれるっていたのに!」

    幼児「うええええええん!!」






    626以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 01:12:17.39 ID:rne0KN+N0
    すごいな世界が僧侶を殺しに来てる





    628以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 01:12:25.62 ID:UW5dTRYB0
    師範「泣くなッ!!」

    幼児「!」ビクッ

    師範「泣いても叫んでも……もうどうにもならん」

    師範「そうだ、どうにもならん……俺も狼狽が過ぎていたやもしれぬ……」

    師範「伝説の剣を手放すことで、あそこまで妻が衰弱するなど思いもよらなかったし――」

    師範「妻は常々、確かに自らの宿命を重んじていた……」

    僧侶「……」

    師範「だが、余りにも早すぎた」

    師範「私は一道場を預かる身でありながら、未熟にも心の整理がついていなかった」

    師範「私がここまで至れたのは、妻と、我が子のためをおいて他になかったからだ」

    僧侶「……」

    師範「結ばれぬはずの伴侶と、玉のような養子を持って……」

    師範「……日々幸せだったのに……」

    僧侶「……」

    僧侶「ごめんなさい」






    631以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 01:13:07.28 ID:UW5dTRYB0
    師範「……謝る必要はない。お前は人として正しいことを為したのだ」

    師範「だが、もうここに用はないはずだ。私は宿の動かし方を知らぬ」

    師範「今日をもってこの店は廃業だ。すまないが、出て行ってもらおう」

    僧侶「あの……。……」

    師範「……出て行け……早く」

    僧侶「……はい」

    僧侶「最後に、勇者にはちゃんとこの事を伝えてくださいね」

    僧侶「僕はもう会えないかもしれな――」

    師範「出て行け!!」

    僧侶「ご。ごめんなさい」

    バタン

     

    師範「……何故……何故今日なのだ……」

    師範「あと……あとひと月だと言ったのに……うっ……ううっ……」

    幼児「パパ……」






    637以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 01:13:47.68 ID:UW5dTRYB0
    ――

    僧侶(……本当に、あの女の人を帰して良かったのかな)

    僧侶(でも、そうしないと勇者が魔王を倒せなくなっちゃう)

    僧侶(……他の方法があったら、良かったのにな)

     

    大男(こんな夜更けに、師範の家が騒がしいな……)

    大男「! てめえは……!」

    僧侶「あっ。夕方の……」

    大男「てめえ、師範の家で何してやがった!!」

    *「なんだなんだ? あっ、この小僧は!」

    *「さっき師範のお子さんの声も聞いたぞ! やっぱり何かやりやがったんだ!」

    僧侶「違います。僕は何もしてな……あ、やったんだった」

    大男「おい。夕方言ってたこと、忘れてねぇだろうな?」

    *「自分でも認めるたぁ、ふてぇ野郎だ! もう許せねぇっ!」

    *「どうせ追放者だ、やっちまえ!」






    642以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 01:14:55.76 ID:ZXcVkZLN0
    なにこの修羅の国





    644以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 01:15:01.95 ID:UW5dTRYB0
    僧侶は にげだした! ▼

    *「あ! 待て!」

    大男「とっ捕まえろ!」

     

    僧侶(ここは逃げよう!)

    僧侶(とても弁解できる空気じゃないよ)

    僧侶(それに僕が何かやらかした、っていう事実には違いないし)

    僧侶(かといって、スマキにされて雪山に放り出されるのは勘弁だし)

    僧侶(ここは次の町まで逃げよう、逃げよう――)

     

    *「く、くそっ、逃げ足だけは速い奴……」

    *「はぁっ、はぁっ、だめだ、町の外まで行きやがった……」

    大男「く、くそっ……」

    大男「おい小僧! 二度とこの町に入ってくるんじゃねえぞォーッ!!」

    大男「くそっ。これからお前らも、『ひのきのぼう』持った妙な小僧を見たら気をつけろよ!」






    647以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 01:15:54.71 ID:UW5dTRYB0
    ――

    ―― ジャッ ジャッ ジャッ  ザザザッ

    僧侶「はぁ……はぁ……。……ふうう」

    僧侶(ここまで離れれば大丈夫かな。よし、追って来てないね)

    僧侶(……それにしても)

     ヒュオオオオオオ――――  パサパサパサパサ…

    僧侶(西の町を越えた先に、こんな砂漠地帯が広がっていたなんて……)

    僧侶(雪山から一つ町を隔てた先が、まさか砂漠だとは思わないよね)

    僧侶(今は夜中だから寒いくらいだけど、日が昇っている間は暑そうだなぁ)

    僧侶(って。空が結構明るくなってる。もう明け方だ)

    僧侶(ううーん。雪山を越えてあんまり休んでないから、疲れてるんだけどな)

    僧侶(仕方ない。そこの岩陰で、少しだけでも仮眠を取ろう)

    僧侶「……よっしょ。……ふああ……おやすみ」

    僧侶(……明日はいい一日になりますように……)

    僧侶「……Zzz……――」






    650以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 01:16:35.44 ID:UW5dTRYB0
    ――――――――――――――――――――

    【北の城】 <朝>

      兵士A「勇者様! 勇者様に敬礼!」

      兵士B「勇者様! 魔王討伐、お疲れの出ませんように!」

    勇者「もう。イチイチかしこまらなくていいのにな」

    賢者「そういう訳にもいかないでしょう。勇者様はこの世で唯一無二の存在なのですから」

    商人「いやぁこの空気、久々ですなぁ」

    戦士「……」

    戦士(一夜明けたら、『伝説の剣』が微かな光を放っていた)

    戦士(なんとなく抜くのは憚られたが……何か変化があったのだろうか……)

    商人「戦士殿?」

    戦士「ん。ああいや。賢者よ、王の間はこちらだ」

    賢者「ありがとうございます」

    勇者「案内ならボク一人でもできるのにっ」

    商人「ガハハ。勇者様はときどき方向音痴なところがありますからなあ」






    653以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 01:17:12.31 ID:UW5dTRYB0
    【北の城>王の間】

     

    国王「勇者よ! よくぞ戻ってきた」

    国王「これまでの長旅、ごくろうであった」

    勇者「はい。ありがとうございます」

    国王「戦士よ。そなたも一段とたくましくなっておる」

    国王「我が王都の雄として、誇りに思うぞ」

    戦士「はっ。もったいなきお言葉、光栄至極に」

    国王「商人よ。そなたが城下に撒いた商いの種、見事に実っておる」

    国王「この国の活況は、そなたの功労によるものも大きい。感謝するぞ」

    商人「ははーっ! ありがたき幸せ!」

    国王「そして……そなたが、新たに一行に加わったと聞く賢者か」

    賢者「はっ、お初にお目にかかります。私は賢者と申します」

    賢者「打倒魔王に向け、全霊をかけて勇者様をお守りする所存です」

    国王「ふむ……怜悧ながら、この上なく意志の強い眼をしておる。今後ともに頼んだぞ」






    655以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 01:18:19.29 ID:UW5dTRYB0
    国王「さて、早速だがそなた達に渡すものがある。では大臣」

    大臣「はっ。……勇者様、これを」


    大臣は 勇者に オーブを手渡した! ▼


    勇者「これは? ……きれい……」

    戦士「おお! 内に秘められたその極彩の輝きこそ、我が国に代々伝わる宝玉『オーブ』!」

    商人「す、素晴らしい……実物は初めて目にしましたが、とても値段など付けられませんな……」

    賢者「王様、このアイテムこそが、魔王城へ攻め入るためのカギとなるのですね」

    国王「その通りじゃ」

    大臣「王家の文献を調べてみたところ、そのオーブは遠い地に橋をかけるという伝説があった」

    大臣「恐らく、その橋を渡ることで、魔王城へ乗り込むことができると思われる」

    勇者「橋……」

    大臣「橋をかける方法とは、とある地点にそのオーブを捧げることらしい」

    大臣「我々の文献調査では、ついにその場所を特定することができなかったが……」

    国王「うむ。ついぞ……知る機会を得てな。その場所は、【東の村】だという結論に至った」






    661以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 01:18:57.66 ID:UW5dTRYB0
    賢者「【東の村】……私がいた村の一つ隣ですか。そのとき私は未加入でしたが」

    戦士「村長と軽い挨拶をしただけで、あそこには特に何もなかったはず」

    国王「正確には、東の村から少し西へ進んだ先にある『ほこら』じゃ」

    勇者「西に? 東の村から西というと……ううん、あまり記憶にないね」

    商人「ふーむ。そこまでは探索が不十分でしたなあ」

    大臣「それで、至急その地点へ調査隊を向かわせたところ」

    大臣「どうもそのほこらの内部に、我が王国の紋章が見られたということだ」

    国王「ほぼ違いないであろう。そのほこらこそ、魔王城へ渡るための扉」

    国王「オーブという鍵をもって初めて、道は開かれるのだ」

    戦士「おお……そんな手段が……」

    賢者「どうやら、例の陸路を使わずに済みそうですね」

    商人「やあ、助かりますわい。もう山越えはこりごりですからな」

    勇者「王様、ありがとうございます!」

    勇者「早速、これからでも東の村に向かおうと思います!」

    国王「うむ。……だがその前に、一つだけ頼みがある」






    662以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 01:19:58.45 ID:UW5dTRYB0
    勇者「頼み? はい、ボクにできることなら是非!」

    国王「うむ。これはその、余の好奇心も含まれておるのだが」

    国王「ときに余は、そなたが『伝説の剣』を手に入れたと聞き及んでおる」

    戦士「!」

    国王「勇者のみ装備できるといわれる退魔の聖剣……」

    国王「今この場で、抜き放ってみせてはもらえないだろうか」

    商人「エエッ」

    国王「魔を討ち果たす輝き、そして雄々しい勇者の姿を、この目に焼き付けておきたいのだ」

    勇者「はいっ! お任せください!」

    賢者「! ゆ、勇者様」

    勇者「戦士さん、剣を」

    戦士「あ、ああ……」


    勇者は 伝説の剣を 手に取った ▼


    勇者「……」






    663以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 01:20:31.09 ID:UW5dTRYB0
    商人(だ、大丈夫ですかな)

    賢者(さすがは勇者様……勇者であることの自覚に、何の揺らぎもない)

    戦士(この自信は、すでに一度確かめている? いや、決してそんな時間はなかった……)

     

    勇者「……」

    勇者(これを抜くのは初めてだけど、ボクは勇者だ。その名を負ってここまできた)

    勇者(絶対に抜ける。抜いてみせる)

    勇者(……鞘が温かい……まるで昨日今日、魂が宿ったみたい……)

    勇者「……」


    勇者は 伝説の剣を


    ぬきはなった! ▼


    戦士「!!」

    国王「おおっ……!」






    666以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 01:21:07.28 ID:UW5dTRYB0
    勇者(抜けた……)

    勇者(……なんて綺麗な色をしてるんだろう……)

     

    大臣「おぉ……」

    商人「す、すごい……」

    戦士「ぬぅ……」

    戦士(真の勇者が……今この衆目の中で、明らかになってしまった……)

    賢者「勇者様……」

    賢者(美しい……ここまで映えた取り合わせが、生涯の記憶にあっただろうか……)

    国王「ううむ。素晴らしい」

    国王「余は、魔王を打ち破る姿というものは、とかく勇猛剛毅であると夢想しておったが」

    国王「今のそなたには線は細いながらも、ゆえに透くように清冽とした凛々しさを覚える」

    国王「なるほど、これが勇者か……魔王を破るに、憂いなしよ」

    勇者「……はい」

    勇者「ありがとうございます」






    673以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 01:22:21.80 ID:UW5dTRYB0
    国王「では勇者よ。もはやこの城に足を留める必要はない」

    国王「今こそ、そのオーブと『伝説の剣』を備え――」

    国王「魔の根源を討ち、この世に安寧を導くのだ!」

    勇者「はいっ」

    国王「そして……必ず無事に戻って参れ」

    国王「余はこの玉座にて、そなたの朗報を末永く待とう……」

    勇者「はいっ。ボクは絶対に魔王打倒を成し遂げ、再びこの場に帰ってきます――!」

     

    ――

    賢者「素晴らしい宣誓でした。先の出来事は国史に刻まれることでしょう」

    勇者「ええ、いいよそんなの。本当は結構緊張してたし」

    戦士「もう後には退けんぞ。もはや一直線に魔王城に向かうまでだ」

    商人「その前に! 最終決戦に備えて、城下町で身支度をさせてもらえませんかね?」

    商人「ここで買い物するのも、この旅で最後になるかもしれんのですし」

    勇者「そうだね。そうしよう――」






    677以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 01:23:29.82 ID:UW5dTRYB0
    【北の城>城下町】

     ガヤガヤ  ガヤガヤ  ガヤガヤ

    衛兵A「勇者様! これから魔王の城へ攻め入るそうですね!」

    衛兵B「城兵一同、勇者様が世に平和をもたらしてくれることを信じております!」

    衛兵C「戦士殿、城の一兵卒として心から尊敬しています! どうかご無事で!」

    町民A「勇者様、必ずこの町に帰ってきてくださいね!」

    町民B「これはうちの店で一番貴重なアイテムです。是非使ってください!」

    町民C「あの、賢者様……必ず帰ってきてくださいね……」

    町民D「おい勇者! ぜってぇ帰って来いよ!」

    子供A「きた! ゆうしゃさまだ! せんしさまもかっこいい!」

    子供B「ゆうしゃさま、これ、みんなでおまもり作ったの。がんばって」

    子供C「ゆうしゃさま、がんばれ!」

     

    勇者「みんな……ありがとう!」

    勇者「必ず魔王を倒して、ここに帰ってくるよ!」






    679以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 01:24:47.39 ID:UW5dTRYB0
    【勇者の家】

    勇者「――すごい人だかりだったね」

    賢者「窓の外にも、まだ人が集まっていますね」

    戦士「ふん。奴ら、分かっているのか? 我々はまだ何の戦果も上げてないのだぞ」

    勇者「上げてみせるよ。最高の戦果を」

    勇者「この剣を抜いた瞬間から、どうしてか負ける気がしないんだ。絶対勝つよ」

    賢者「頼もしい限りですね」

    戦士「……」

    勇者「ところで、商人さんは?」

    賢者「あの群集にもまれる最中、最後のアイテム調整に出向いたようですね」

    戦士「ふん。誰も自分のところへ寄ってこないから、いじけていたようだぞ」

    勇者「そんな。商人さんは、アイテム管理も道具の鑑定・売買も、全部一人でこなしてたし」

    勇者「腕っぷしもあるから戦闘もこなせるし、もう絶対このパーティーには欠かせない人だよ」

    勇者「商人さんがいなければ、とてもここまで来れなかったよ」

    戦士「……」






    683以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 01:25:36.77 ID:UW5dTRYB0
    ガチャ

    商人「た、ただいま戻りましたぞ!」

    勇者「商人さん!」

    商人「ううん……っしょ!」

    ドサドサドサ

    戦士「なんだこれは。明らかに旅に必要でないものも混じっているぞ」

    賢者「なるほど。先の人々に押し付けられたのですね」

    商人「そ、そうです! これは勇者様にと、これは賢者殿、これは勇者様――」

    勇者「うわぁ。嬉しいけど、さすがにこれ全部はもっていけそうにないなぁ……」

    戦士「全部持っていく気だったのか? 我々はこれから決戦の地に向かうのだぞ」

    賢者「残念ですが、使えそうなアイテムだけ選別しましょう」

    商人「ふうむ……売っても二束三文にしかならないものばかりですが……」

    勇者「売るだなんてとんでもないよ! ボクにとっては、どれも宝物だよ」

    勇者「持っていけないものは、この家に置いておこう」

    戦士「……俺宛にバラを送ってる奴はどういうつもりなんだ」






    688以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 01:26:11.42 ID:UW5dTRYB0
    ――

    商人「準備ができましたぞ! これでいつでも魔王城へ乗り込めます!」

    勇者「!」

    戦士「よし。いよいよだな……」

    賢者「魔王城では何があるか分かりません。何か心残りはありませんか?」

    商人「アイテムに関しては何も!」

    戦士「ない」

    勇者「ボクは……」

    勇者「……」

    勇者「うん、ないよ。ないと思う」

    戦士「……」

    商人「よーしっ! では、勇者様!」

    勇者「うんっ! まずは【東の村】に!」

     
    勇者は ルーラをとなえた! ▼






    690以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 01:26:55.72 ID:UW5dTRYB0
    ――――――――――――――――――――

    【砂漠(西の町〜南の港町)】

    ――

     ジリ   ジリ

    僧侶「ふう……ふう……」 ポタ ポタ

    僧侶(暑いなあ。汗が止まらないよ)

    僧侶(昨日の夜は冷え込んでたのに) ポタ ポタ

    僧侶(昼間の日照りがこんなに厳しかったなんて)

    僧侶(どっち向いても地面が揺らいでる。落ちた汗も一瞬で蒸発しちゃうし) ポタ ポタ

      ジリ    ジリ

    僧侶(でも大丈夫)

    僧侶(どんなところに来たって、負けないぞ) ポタ ポタ

    僧侶(僕はこれでも、元は勇者のパーティーの一員だったんだから)

       ジリ     ジリ

    僧侶(パーティーの一員だった、かぁ……)






    694以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 01:27:38.71 ID:UW5dTRYB0
    僧侶(僕はこれからもう、勇者と一緒にはいられないんだろうな)

    僧侶(賢者さんに、二度と関わらないで欲しい、って言われちゃったしなぁ) ポタ ポタ

     ジリ   ジリ  

    僧侶(北の城下町から、住める場所もなくなって――)

    僧侶(それどころか追放されちゃったから、もう戻れなくなったし) ポタ ポタ

      ジリ    ジリ  

    僧侶(西の町でも、追放者のマークを見られてしまって――)

    僧侶(また町に入ろうものなら、きっと本当に乱暴されるかもしれない) ポタ ポタ

       ジリ     ジリ

    僧侶(このまま先に進むたびに、追い出され続けたら) ポタ ポタ

    僧侶(僕はどこに行けばいいんだろう)

    僧侶「……」

    僧侶「あれ?」 ポタ ポタ ポタ

    僧侶(僕の)

    僧侶(僕の居場所はどこだろう……)  ポタポタ ポタ ポタポタ






    695以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 01:28:26.64 ID:BJxllvhM0
    なんだよこの描写
    やめろよ






    703以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 01:29:52.41 ID:UW5dTRYB0
    僧侶(そういえば僕) ポタ

    僧侶(いま、何の目的があるんだろう) ポタポタ ポタ

    僧侶(やらなければならないことって、何だろう)

    僧侶(城を出る頃は、勇者にオーブのことを伝える目的があったけど)

    僧侶(それが済んでしまった今は……) ポタポタ ポタポタ

     ジリジリ   ジリジリ

    僧侶(まずは)

    僧侶(まずは、住める場所を探して、お金を稼いで)

    僧侶(……でも、額のマークがある以上、住める場所なんて)

    僧侶(それどころか今日の寝床だって、確保できないかもしれない) ポタ ポタ

      ジリジリジリ    ジリジリジリ

    僧侶(……僕は)

    僧侶(僕はどうすればいいんだろう。今の手荷物で、これから何ができるだろう)

    僧侶(僕に残されたのは、少しのお金と、少しの食糧と、ぬののふくと、かわのぼうしと――)

    僧侶(ひのきのぼう……)






    706以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 01:30:40.54 ID:UW5dTRYB0
    僧侶(そうだ、もう一人の僕自身……『ひのきのぼう』に聞いてみよう)

    僧侶(今この向かっている先に、次の町がある)

    僧侶(この『ひのきのぼう』を立てて、倒れた方向がその町なら、安心して向かおう)

    僧侶(てんで違う方向だったら――その方向に行ってみよう)

    僧侶(僕自身に問いかけて得た答えが、僕の答えのはずだ)

    僧侶(たとえ西の町に引き返すことになっても、何かきっかけが掴めるかもしれない)

    僧侶(この他愛のない棒倒しが、今のどうしようもない僕の、道しるべになるかもしれない)

     ジリジリ   ジリジリ


    僧侶は しずかに 目をつぶった

    僧侶は   ひのきのぼうを

    地面に つきたてた   ▼


    僧侶(手を放すぞ)

    僧侶(……放した)

    僧侶(目を……開けるぞ!)






    725以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 01:34:04.59 ID:UW5dTRYB0
      ジリジリ   ジリジリ  

     

    僧侶「あはは」

    僧侶「地面に突き刺さったままだ」

    僧侶(僕は、どこまでも間が抜けてるなあ)

    僧侶(軽く立てるだけでいいのに、どうして突き立てちゃったのかな)

    僧侶(これだけじゃあ、どこに進めばいいのか分かんないよ)

    僧侶(……でも、答えは手に入れた)


    僧侶は ひのきのぼうを ひきぬいた! ▼


    僧侶(僕の『ひのきのぼう』は、いつだってまっすぐなんだ)

    僧侶(きっと迷うことなんか、何もないんだよ)

    僧侶(これまで通り、まっすぐ進もう。思った通りのことを、まっすぐ遂げよう)

    僧侶「よし!」 ポタッ

    僧侶(この先に【南の港町】がある。まずはそこまで、頑張って歩こう――!)






    728以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 01:34:35.75 ID:jfsoTAJH0
    >>725
    僧侶に惚れた






    731以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 01:35:13.86 ID:oI/ll5uw0
    >>725の台詞の間ずっと涙ながしてるのが見えた





    729以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 01:34:51.52 ID:UW5dTRYB0
    ――――――――――――――――――――

    【東の村】

    ――

    勇者「……この地域は、天気が悪いね」

    戦士「構うものか。さっそく西のほこらとやらに向かおう」

    賢者「いえ、まずはこの町の村長に会ってみましょう。何か情報が得られるかもしれない」

    商人「ふーむ。以前挨拶をしに行ったときは、特に何も知らなかったようですがね」

    勇者「ううん、ここは賢者さんの言うとおりにしよう。あの時とは状況も違うし」

    賢者「ありがとうございます」

    戦士「……ふっ。まさか臆している訳ではなかろうから、これは慎重と呼ぶべきなのだろうな」

    勇者「慎重だよ。ボクは魔王は倒したいけど、ここにいる誰一人死なせたくない」

    勇者「パーティーの命を預かる以上は、石橋だって叩いて回らないと」

    商人「ほう……前にここを訪れた時とは、まるで見違えるようですな」

    勇者「そうかな? ありがと」

    賢者「……! 誰かこちらに来ます」






    732以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 01:35:28.00 ID:UW5dTRYB0
    下女「……あ、あの……勇者様ご一行ですね?」

    勇者「はい。あなたは……」

    下女「わ、わたくしはこの村を治める村長の、使いの者でございます」

    下女「どうぞこちらへ。村長がお待ちです」

    戦士「村長が? すでに話が行き届いているようだな」

    賢者「ええ。大臣の話では、すでに調査隊がこの村を訪れているはずですからね」

    下女「はい。勇者様がこの村に帰ってこられたら、案内するよう仰せつかっております」

    商人「いよいよですな……」

     

    ――

    【東の村>村長の家】

    村長「お待ちしておりました勇者様、そしてそのお連れの方々も」

    勇者「お久しぶりです、村長さん。早速ですけど」

    村長「はい。話は聞き及んでおります」

    村長「ですが……今すぐ、ほこらにご案内することはできません」






    739以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 01:36:44.41 ID:UW5dTRYB0
    勇者「どういうこと?」

    村長「はい、一つずつお話します。まずはおかけ下さい」

    戦士「失礼だが、我々にそんな暇はない。ここへは、すでに決心を固めてきたのだ」

    村長「とは仰いましても」

    村長「いまオーブをほこらに持ち込んでも、恐らく何も起きないかと思われます」

    賢者「何故ですか? 北の国王によれば、魔王城への扉が開かれるという話では」

    村長「ええ、開かれます。ただし正確には扉ではなく、『橋』です」

    商人「橋? バカな、あんな遠くの孤島までどうやって橋が架かる」

    村長「伝説では架かるのです。『虹の橋』が」

    勇者「虹の?」

    村長「はい。どうぞ、おかけ下さい」

    奥さん「ホ、ホットティーが入りました、どうぞ」

    賢者「ありがとうございます」

    奥さん「は、はいぃ」ポッ

    戦士「それで虹の橋というのは?」






    743以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 01:37:26.09 ID:UW5dTRYB0
    村長「実際に私も見たことはありませんが」

    村長「伝説を解釈する限り、どうも実体を持った長い橋が架かるようです」

    勇者「へえ、それはすごいなぁ」

    賢者「ふむ……完全にそこらの呪文や魔術の枠を超えていますね」

    商人「とてつもない魔力を持ったアイテムなら、在り得る話かもしれませんな!」

    戦士「橋の正体などどうでもいい。問題はなぜその橋が架けられないのかだ」

    村長「それは――」

    賢者「雨上がりしか架からないため、では?」

    村長「おお、その通り。『虹』の橋です。雨上がりでなくては、橋が架からないのです」

    村長「この辺りで雨が多いのも、この伝説にまつわっている為かもしれませぬ」

    戦士「では結論は、雨が降るまでこの村で待っていろということか?」

    村長「そうなります。申し訳ありませぬ」

    戦士「ふん。俺は今から魔王を倒す気でいたのだが、まるで出足をくじかれた気分だ」

    勇者「……でも、あまり待たなくていいと思うよ」

    勇者「雨が降ってきた」






    749以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 01:38:15.93 ID:UW5dTRYB0
     ザー―――――― ……

    【東の村>宿屋】

    勇者「……村長さんは、雨が止み次第案内するって言ってたけど……」

    賢者「……雨の勢いが一定ですね。当分止みそうにありません」

    戦士「忌々しい。橋の件がなければ、雨の中でも突き進んできるものを」

    勇者「この調子じゃ最悪、また一晩持ち越すことになるかも」

    戦士「くそっ、どうしてくれる。完全に緊張が途切れてしまうぞ」

    賢者「ではその緊張、伸ばし直してみましょうか」

    勇者「えっ?」

    賢者「魔王戦での策を決めておくのです。作戦や、戦況に応じた戦い方を」

    戦士「ふん。そんなもの、これまで通りのやり方でよかろう」

    賢者「では、例えば大竜だった場合はどうしますか?」

    戦士「竜? まずはセオリー通り突っ込み、腹から捌く。あわよくば首を狙う」

    賢者「その際の呪文の支援は、バイキルト・スクルトと手段が分かれますが――」

    勇者(賢者さんすごい。もう戦士さんを飲み込んじゃってる……)






    752以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 01:39:31.31 ID:UW5dTRYB0
    ――

    バタン

    商人「ふうう、ただいま戻りましたぞ」

    勇者「あ、商人さんお帰り。お店はどうだった?」

    商人「いやーやはりろくなもん扱ってませんな! 濡れ損です濡れ損!」

    商人「店員もやたら媚びてきましたが、ありゃー腹の内じゃ相手を見下すタイプ!」

    商人「ワシも人のことは言えませんが、ああまで浅ましいと……ん?」

     

    戦士「だから、回復は二の次でいいと言っている! そこは補助だ!」

    賢者「いいえ、攻撃の要であるあなたに倒れてもらっては困ります。回復です」

    戦士「そう簡単に倒れはせん! 俺に任せろ!」

    賢者「全員の帰還も、果たすべき副目的です。その場面では命を大事にいきます」

     

    商人「な、何やら険悪な雰囲気ですな」

    勇者「そう? ボクには意気投合してるように見えるけどなぁ」






    754以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 01:40:05.72 ID:UW5dTRYB0
    ――

    勇者「――それじゃあ、もし魔王が呪文を主体として攻撃してきたら?」

    戦士「マホカンタで弾き返せばいい。習得済みなのだろう?」

    賢者「長期戦でマホカンタはあまり有用ではありません。回復呪文がかけられないので」

    商人「ワシが回復アイテムを連発するのはいかがですかな――」

    ――

    勇者「――この『伝説の剣』。実は攻撃力が高そうじゃないんだよね……」

    商人「しかし退魔の力は最高級とのことですぞ、伝承通りであれば」

    戦士「ふん、いまさら何を。心せよ、その剣こそ勇者の証なのだ」

    賢者「とはいえ、依存が過ぎては逆に動きづらくなる可能性もありますね」

    勇者「攻撃は、戦士さんとの連携プレイが大事になりそうだね――」

    ――

    賢者「――ところで、帰り道は大丈夫なのでしょうか。魔王を倒した後の帰路は……」

    戦士「魔王を倒すことで城が崩れ落ちようものなら、その瓦礫に埋もれるのも本望だ」

    勇者「だ、だめだめ! もしルーラがダメだったとしても、みんな最後まで生き抜こう――!」






    755以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 01:40:41.09 ID:UW5dTRYB0
    ――

    <夜>

    勇者「もう夜になっちゃったけど、まだ雨が止まないね」

    賢者「さっき宿を訪れた農家の人に尋ねましたが、明日はまず晴れるそうです」

    商人「明日こそは本当に決戦というわけですな」

    戦士「意気込んで城を出たものの、結局は一回休みになったか」

    勇者「でも、ボクはかえって良かったと思うよ」

    勇者「決戦前に細かい作戦が立てられたし、みんな幾分リラックスできたし」

    戦士「リラックス?」

    勇者「うん。特に戦士さんは、気を張りすぎているように見えたよ」

    戦士「ぬっ」

    勇者「冷静な賢者さんも、何だか魔王じゃなくて他のものを見てる気がするし」

    賢者「えっ」

    勇者「商人さんは逆にちょっと、緊張感に欠けてたんじゃないかなぁ」

    商人「そそそそんなことはっ!」






    756以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 01:41:21.70 ID:UW5dTRYB0
    勇者「とにかく、ボクはこの『一回休み』は良かったと思う」

    勇者「今思えば、城下町を出たばかりの時、ちょっと気負い過ぎてたかもしれないし」

    勇者「この場の機会で、目的を達成させるっていう漠然とした認識から、」

    勇者「具体的に魔王をどう倒すっていう、細かい部分にまではっきり目を向けられたし」

    勇者「今日は有意義どころか、ボクたちに必要な時間を過ごせたと思うよ」

    勇者「……た、たぶんね」

    戦/賢/商「……」

    勇者「えと……そういうことで……」

    勇者「まだ他に、話し合いたいこと、ある?」

    戦士「……いや」

    賢者「あらかたは大丈夫かと」

    商人「お。同じく」

    勇者「そう」

    勇者「じゃあ、明日は頑張ろう!」

    勇者「今日は解散! おやすみっ!」






    758以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 01:42:01.83 ID:UW5dTRYB0
    ――

    戦士(ふっ。勇者の奴め、いつの間にかあんな考え方ができるようになっていたとは)

    戦士(長旅の賜物か。僧侶のことを引きずっていれば、ここまで成長していただろうか)

    戦士(逆にそばに僧侶がいたなら、この旅はどうなっていただろうか……)

    戦士(……まぁいい。俺の目的はあくまで魔王打倒。これまで、それだけに徹してきた)

    戦士(伝説の剣は抜けなくとも、俺にも魔王を倒す機会は与えられているのだ)

    戦士(明日は……明日こそ、長年の本懐を遂げてやる……――)

    ――

    商人(ううむ。まさかワシが、緊張感がないなどと指摘されるとは……)

    商人(これまで魔物との戦いなんぞ、ノリと勢いだけで殴ってたもんだが……)

    商人(やはり相手が魔王ともなれば、本格的に気を引き締めねばならんのだろう)

    商人(どれ、ちょいとアイテムの確認でもし直すとするか)

    商人(……しかし、明日は楽しみだ! 魔王を倒し、町に帰ってきた後が!)

    商人(旅のアイテムの売却……保留しておいた商戦の展開……勇者様と賢者殿の挙式!!)

    商人(いくらの収入が見込めやら。ワシの本当の旅路は、明日から始まる――!)






    759以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 01:42:35.56 ID:UW5dTRYB0
    ――

    賢者(正真正銘、決戦前夜か……)

    賢者(願わくば万一のために、勇者様に想いのたけを伝えたかったが)

    賢者(あそこまで威容を誇られては、そんなことはかえって野暮というもの)

    賢者(よそ見を指摘された自分が恥ずかしい。今は目の前の魔王に集中すべきなのだ)

    賢者(魔王を討ち果たし、城へ戻り、ついの機会を得たときに)

    賢者(初めて勇者様にこの想いを伝えよう。全てはその時、そしてその後の為に――)

    ――

    勇者(……)

    勇者(今日、最後にみんなにああ言ったけど……)

    勇者(まるでボクの台詞じゃなかったみたい……というより……)

    勇者(誰かの影響……みたいなのを受けたから、ボクはあんなこと言ったのかも……)

    勇者(……あれ? ところでなんでボク)

    勇者(自分のこと『ボク』って呼ぶようになったんだろ。あれ? 思い出せない)

    勇者(変なの……今更そんなこと気にしてる自分も変なの! もう寝ちゃおっと!!)






    768以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 01:44:36.07 ID:UW5dTRYB0
    ――――――――――――――――――――

    【南の港町】

    <夜>

    僧侶「ふう」

    僧侶(やっと着いた。南の港町。ああ、潮のいい香り)

    僧侶(疲れたな。すっかり足が棒になっちゃったよ)

    僧侶(結局、砂漠じゃ一度も休まなかったからね)

    僧侶(もっとも、休めそうな場所は、ほとんど魔物が潜んでいたからだけど)

    僧侶(その代わり一度も戦いをせずに済んだからいっか)

    僧侶(それにしてももう夜中だ。早く宿屋に行こう)

    僧侶(全財産は790ゴールド……さすがにこれだけあれば、一泊はできるよね)

    僧侶(……!)

     

    町民A「ふい〜夜酒は最高だな!」

    町民B「てめ〜ヒトの分まで飲んでんじゃねえよ!」






    771以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 01:45:09.55 ID:UW5dTRYB0
    僧侶(……)

    僧侶(行ったかな)

    僧侶(この間は、額のマークを見られて失敗したから)

    僧侶(『かわのぼうし』は深く被っておかないとね)

    僧侶(これから、あんまり人に顔を見られないようにしなきゃ)

    僧侶(宿屋でも気をつけないと)

     

    ――

    【南の港町>宿屋】

    主人「はい、いらっしゃい。夜分遅くお疲れ様だ」

    僧侶「こんばんは。部屋は空いてますか?」

    主人「一晩50ゴールドだよ」

    僧侶「ああ良かった。お金はあります。一晩泊めてください」

    主人「金があるならいいぜ。が、その前にそのツラ見せてもらわねーとな」

    僧侶「えっ?」






    774以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 01:45:55.98 ID:KS6eM3jkO
    /(^o^)\ナンテコッタイ





    775以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 01:46:13.07 ID:UW5dTRYB0
    主人「宿をやる以上、顔を確認すんのは当たり前だろ」

    主人「特に夜中とあっちゃあ、何が紛れ込むか分かんねえからな」

    僧侶「でも僕」

    主人「心配すんなって。ここは港町、ワケありの野郎も結構流れ着くんだ」

    主人「魔物でもない限り、金さえ払えばこっちゃ文句はねーよ」

    僧侶「それじゃあ……」


    僧侶は ぼうしを はずした ▼


    主人「おう? そのデコのマーク知ってるぜ、王都を追っ払われた奴が付けられるんだろ」

    僧侶「あの、僕、魔物なんかじゃありません。悪いこともしません」

    主人「なあに泊めるって言った以上、ちゃんと泊めてやるよ」

    僧侶「本当に?」

    主人「ただし……そんな奴を泊めるとあっちゃあ、ウチにもリスクがあるんでね」

    主人「割増料金は頂くぜ。一泊500ゴールド払ってもらおうか!!」

    僧侶「えっ、500……分かりました。泊めていただけるのなら」






    778以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 01:47:01.70 ID:UW5dTRYB0
    【宿屋>小部屋】

    僧侶「よいしょ。ふふ。久々のベッドだ」

    僧侶(おかげで今夜はぐっすり眠れそうだ。何とか払える金額で良かったな)

    僧侶(んーと……これで全財産は)

    僧侶(……家を出たとき390ゴールド。雪山で手に入れたのが400ゴールド)

    僧侶(後は戦闘がなかったから、ここに来た時点で790ゴールドだったんだ)

    僧侶(そこから500ゴールドを引いて、今は290ゴールド)

    僧侶(290ゴールドか……この町で仕事が見つからなかったら、長居できそうにないな)

    僧侶「……」

    僧侶(これからどうしようかな)

    僧侶(明日目が覚めたら……どうすればいいのかな)

    僧侶(とにかく漁港へ行って、何でもいいから仕事ができないか探して……)

    僧侶(待てよ。ここは港町だから、外国に行くって手も……)

    僧侶「……ん?」

    僧侶「壁に何か貼ってある……」






    780以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 01:48:02.03 ID:UW5dTRYB0
     

    ―――――――――【北の城】―――――――――

    ―――【雪山】―――――――――【渓谷】―――

    【西の町】――――【魔王城】――――――【東の村】

    ―――【砂漠】―――――――――【賢者の村】―

    ―――――――――【南の港町】――――――――

     

    僧侶「地図だ。この大陸の」

    僧侶(……)

    僧侶(思えば僕も、次に【賢者の村】に入ったら、大陸を一周したことになるんだなぁ)

    僧侶(それぞれの場所で、いろんなことがあったなぁ……)

    僧侶(最後に雪山で会った勇者も、【北の城】に向かってたから、一周してるはずだね)

    僧侶(もう今日にでも、魔王城に乗り込んでるかもしれないな)

    僧侶(僕はこの【南の港町】から応援するくらいしか……)

    僧侶(……ん? 地図でよくみると、この地点って……)






    783以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 01:48:56.62 ID:UW5dTRYB0
     

    【魔王城】
      □
      □
      □
    【南の港町】

     

    僧侶(やっぱりそうだ。話には聞いたことあるけど、魔王城まで細い陸続きになってる)

    僧侶(地図にまで描かれるんだから、きっと本当なんだろうね)

    僧侶(でも伝説だと、【東の村】のほこらから、オーブを使って魔王城に行くんだよね)

    僧侶(となると、これは正規のルートじゃないんだ。きっと危ない道のりなんだ)

    僧侶(……)

    僧侶(一瞬、僕でも行けるかな、なんて思ったけど……)

    僧侶(よく見ると、魔王城の前に険しい山がある。これを登るのは大変だろうな)

    僧侶(うん。やっぱり、魔王を倒すのは、勇者に任せよう)

    僧侶(いまさら僕なんかが行ったところで、足を引っ張るだけだ)

    僧侶(もう今日は寝よう。寝よう――)






    792以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 01:51:02.64 ID:UW5dTRYB0
    ――

    <翌朝>

     ブオオオオオオ…     ニャア   ニャア

    僧侶「……ん……」

    僧侶「ふあああ……はぁぁ」

    僧侶「朝か」

    僧侶「うう〜ん……」ポキ ポキ

    僧侶「しょっと」

    僧侶(ああ、よく寝た。やっぱりふかふかベッドは気持ちいいな)

    僧侶(久々にぐっすり眠れた気がする。体力魔力ともに全快!)

    僧侶(――波が打ち寄せてる。ウミネコの声。船が出る音。港町っていいところだなぁ)

     

    僧侶「……あ。いい匂い」

    僧侶(そうだ、ご飯もついてるんだった!)

    僧侶(ここに泊まってよかったな)






    798以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 01:52:08.28 ID:UW5dTRYB0
    【宿屋>食堂カウンター】

    僧侶「いただきます」

    僧侶「……おいしい!」

    僧侶(取れたての魚のフライ! 貝のスープ!)

    僧侶(デザートに異国のフルーツまで!)

    僧侶「おいしい、おいしい」

    僧侶「こんな食事久しぶりだ。しあわせ」

    シェフ「な、なんだ大げさな奴だな。こんな献立、誰でも毎日食ってるぞ」

    僧侶「料理人さん、こんな美味しいものを作ってくれてありがとうございます」

    シェフ「はあ」

    シェフ(こいつちゃんと宿代払ってんだろうな……)

     

    *「た、大変だーっ!!」

    主人「どうした!?」

    僧侶「ん?」






    799以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 01:52:51.90 ID:UW5dTRYB0
    【宿屋>一室】

    副長「ヒュー……ヒュー……」

    団長「副長! しっかりしてくれ!!」

    傭兵A「兄貴!!」

    傭兵B「兄貴ィ!!」

     

    *「――あの傭兵団。北部を調査してたら、えらく強い魔物の群れに襲われたんだと」

    *「ああ、魔王んとこに繋がる道か。やっぱあそこヤバイんだな」

    *「ああ。仕事たぁいえ、あんな危ねぇ場所まで行かねえと食い扶持もないってのは気の毒だ」

    *「ずいぶん深手を負ってるようだが、ありゃ助からんだろうぜ」

    主人「適当なこと言ってんじゃねえ!!」

    *「!?」

    主人(ウチは教会じゃねえが、あの連中とはガキの頃からつるんでたからな……)

    主人「おいっ! 神父はまだか!!」

    僧侶「あのう……」






    803以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 01:53:35.01 ID:UW5dTRYB0
    主人「何だ坊主、いま忙しいんだ! 早く水を!」

    僧侶「僕、一応僧侶をやっています」

    僧侶「もし良ければ、怪我をした人を診させてください」

    主人「お前が? お前が僧侶?」

       *「おい、神父は別件で忙しくて遅れるってよ!」

    主人「……だったらテメエ、やれるだけやってみろってんだ!」

    僧侶「はい」

     

    団長「副長、死ぬな! おい、もう少しで神父が来るからな!」

    副長「ヒュー……ヒュー……」

    傭兵A「兄貴ぃ!!」

    傭兵B「団長、僧侶が来やしたぜ!」

    団長「そ、そうか、早く――って、こんな薄汚ねぇガキが?」

    僧侶「すみません、すぐに見せてください」

    団長「あ、ちょ、ちょっと何だこいつ!!」






    805以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 01:54:59.68 ID:UW5dTRYB0
    僧侶「こ、これは……」

    副長「……ヒュー……ヒュー……」

    僧侶(ひどい損傷だ……もう薬なんかじゃ間に合わない……)


    僧侶は ベホマを となえた!

    しかし 副長の キズは 治らなかった…… ▼


    僧侶(だめだ)

    僧侶(瀕死状態が長過ぎてる。もう回復呪文も受け付けてくれない)

    団長「おい! どうなんだよ!?」

    副長「ヒュー……ヒュー……」

    僧侶(……)

    僧侶(……人間の使う復活呪文は、天の加護を受けている人にしか効果がない)

    僧侶(『世界樹の葉』なんて高価なものも無い。第一使い方はおろか、見たことも……)

    僧侶(じゃあこの人は。この人は……)

    僧侶(もう……助からない……)






    806以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 01:55:31.64 ID:UW5dTRYB0
    副長「……うう……だ、団長……」

    僧侶「!」

    団長「!? お前!」

    傭兵A/B「兄貴!!」

    僧侶(……ベホマで少しだけ身体が楽になったんだ)

    僧侶(でももう、この人に残された時間は……)

    団長「テメエ何ぼさっとしてやがる!」グイッ

    僧侶「あう」

    団長「とっととこいつを治せよ! 僧侶なんだろ! 早くやれってんだ!!」

    僧侶「む、無理です。もう呪文ではどうにも」

    団長「このガキがふざけんなァ!!」

    副長「ハァ……ハァ……」

    副長「団長……」

    団長「!!」

    副長「……オレ……」






    808以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 01:56:07.71 ID:UW5dTRYB0
    団長「だ、大丈夫だぞ!」

    副長「ハァ……ハァ……オレは……」

    団長「お、お前の」

    団長「お前のカタキは、絶対取ってやるからな!」

    団長「魔王だか何だか知らねえが、必ずぶちのめして」

    団長「お前の墓の隣に、その首飾ってやるからな! なぁおめえら!!」

    傭兵A/B「おおう!!」

    副長「ハァ……ハァ……」

    副長「団長……オレは……」

    副長「『オレ』は……」

    僧侶「……!」

    僧侶(この人は……)


    僧侶は その手を両手でにぎった ▼


    団長「! テ、テメェ何を――」






    811以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 01:56:41.34 ID:UW5dTRYB0
    僧侶「大丈夫ですよ」

    副長「……!」

    僧侶「怖がらなくても、いいんですよ」

    副長「……」

    副長「ああ……」

    副長「……あたたかい……」

    副長「…………」

     

    副長は

    しずかに いきをひきとった ▼

     

    団長「……おい」

    団長「おい! しっかりしろ!! おい!!」

    傭兵A/B「兄貴!!」

    僧侶「あ……」






    815以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 01:57:27.05 ID:UW5dTRYB0
    団長「起きろ! おい!」

    僧侶「……」


    僧侶は ザオリクを となえた! 

    しかし 副長は いきかえらなかった…… ▼


    僧侶は ザオリクを となえた!
    僧侶は ザオリクを となえた!


    団長「もうやめろ!!」 ドンッ

    僧侶「うわっ」

    団長「何が『怖がらなくていい』だ! ウチでこいつほど勇敢な奴はいなかったんだぞ!」

    団長「こいつほど、必死に頑張ってた奴ぁいなかったのに、最期にドロ塗りやがって!」

    僧侶「違います。僕はただ」

    傭兵A/B「兄貴……ううっ……」

    団長「くそっ、こんなガキじゃなくてちゃんとした神父が間に合っていれば……」

    僧侶「……ごめんなさい……」






    820以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 01:58:18.89 ID:UW5dTRYB0
    主人「こ、このガキの魂胆が分かったぜ!!」

    僧侶「!?」

    団長「な、なんだ?」

    主人「僧侶を装って、適当なまじないで助けるフリして」

    主人「アンタらから小銭せびろうってハラだぜ! そうに違いねえ!」

    僧侶「えっ。違います。僕はそんな」

    主人「だってこいつぁ追放者なんだぜ! 人を騙すくらい平気でやるに決まってる!」

    団長「何だとテメエ……その帽子どかしてみやがれ!」

    バッ

    僧侶「あっ」

    傭兵A「こ、こりゃ王都の紋章」

    傭兵B「間違いねえ! これと同じのを見たことあるぜ!」

    僧侶「あの。でも僕、本当に僧侶で」

    団長「死んだ仲間をダシに、乞食まがいのことをやりやがって……許せねえっ!!」

    僧侶「違います、違います――」






    829以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 01:59:48.63 ID:UW5dTRYB0
    ――――――――――――――――――――

    【東の村>宿屋】

    勇者「みんな、おはよう」

    賢者「おはようございます」

    戦士「雨は止んでいるな」

    勇者「うん。明け方で薄暗いけど、晴れてるみたい」

    商人「……いよいよですな」

    勇者「みんな、荷物の準備はできてる?」

    勇者「……そう。じゃあ、また雨にならないうちに急ごう」

     

    【村長の家】

    村長「――皆様、準備はできているようですな」

    勇者「村長さん、おはようございます。一人で家の前で待っててくれたの?」

    村長「なに、この程度は村の長として当然のこと」

    村長「着いて来なされ。すぐにほこらまでご案内しましょう――」






    841以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 02:01:07.88 ID:UW5dTRYB0
    【東の村>ほこら】

    村長「――着きましたぞ」

    勇者「ここが例のほこら……」

    戦士「ふむ。確かに、王都の紋章が刻まれているな」

    賢者「……しかし妙ですね。通常この手のほこらは、信奉、慰霊などの目的で設けられますが」

    賢者「ここには、そのいずれの方向性も見当たらない。空の台座があるだけです」

    商人「見てくだされ、良く見ると天上が吹き抜けになっておりますぞ! とんだ不良物件ですな!」

    勇者「村長さん、ここは一体」

    村長「はい。魔王城へ向かう橋の端でございます」

    勇者「はしのはし?」

    村長「はい。そこに、そう、台座がございます」

    村長「言うまでもなく、その窪みにオーブを捧げれば、魔王城への橋が架かるはずです」

    賢者「架かる『はず』、ですか」

    戦士「試したことはないということか。そもそも、本当に橋など架かるのか?」

    村長「伝説では架かります。海をまたぎ、天空を駆け抜ける、七色の架け橋が……」






    851以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 02:02:23.08 ID:UW5dTRYB0
    勇者「魔王の城まではかなり離れてるけど……本当にそうならすごいね」

    賢者「これだけの距離を繋ぐのでしたら、完全に呪文の枠を超えていますね」

    商人「ふうむ、虹の橋……確かに、古い書物にもあったような……」

    戦士「ふん、魔王の元へ辿り行けるなら何でもいい。先を急ぐぞ」

    村長「では、オーブを」

    勇者「うん」


    勇者は オーブを 台座にささげた!


    オーブから まばゆいひかりが はなたれた! ▼

     

    勇者「うわっ!」

    村長「……時は満ちた。まもなく朝日が上る。さぁ、オーブよ」

    村長「今こそ魔の城へのしるべを示せ――!」

     
    オーブは 七色に かがやいた――! ▼
     






    856以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 02:03:19.27 ID:UW5dTRYB0
    勇/戦/商/賢 「!!」

     

    商人「は、橋だ! 橋がかかった! 上に伸びておりますぞ!」

    戦士「こ、これが……魔王の城へ続く道……」

    勇者「! 村長!」

    村長『大丈夫です。オーブに魔力を注いでいるだけです』

    賢者「魔力? やはりオーブだけでは作動しない仕掛けだったのですね」

    村長『その通り。ここで魔力を供給するものがいなければ、橋は架けられませぬ』

    勇者「村長さんって一体……」

    村長『……この虹を通して、しばらく会話ができます。後ほどお話し致しましょう』

    村長『さぁ、橋をお渡りくだされ』

    戦士「うむ」

    商人「おっほ、すごい。不思議な感触ですな!」

    賢者「さ、参りましょう勇者様」

    勇者「う、うん」






    861以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 02:04:06.84 ID:UW5dTRYB0
    【虹の橋】

    ――

    商人「うひょーどこまで登っていくのやら! もう眼下に海が広がっておりますぞ!」

    戦士「【渓谷】のときのように柵はないのだ、あまりはしゃぐな」

    賢者「いま私の足元にある橋が、伝説……今まさに、伝説を踏みしめているというのか……」

    勇者「村長さん、村長さん聞こえる?」

    村長『はい。聞こえております』

    商人「おお! 何やら声が響きましたぞ!」

    戦士「ふむ。魔力を持たない我々でも聞こえるな」

    賢者「……オーブやほこらの力があるとはいえ、これだけの魔力を扱えるとは……」

    勇者「ねえ村長さん。村長さんの正体って、結局何者なの?」

    戦士「おい勇者よ、仮にも魔王との決戦前だぞ。下らない雑談をするのは――」

    勇者「ごめん、ちょっと気になっちゃって」

    勇者「だってこんなに凄いこと、どうして一番最初に会ったとき隠してたの?」

    村長『……それは……』






    862以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 02:04:51.90 ID:UW5dTRYB0
    村長『しがない身の上話になりますが……順を追ってお話ししましょう』

    村長『私は元「追放者」です。その昔、王都で近衛級の魔法使いを務めておりました』

    勇者「えっ?」

    戦士「な、なんだと? しかし、額にその印が付いてなかったではないか」

    村長『はい。北の国王により酌量が認められ、のちに印を取り除いて頂いたのです』

    商人「い、一体何をやらかしたのですかな?」

    村長『魔王軍と内通していたという罪に問われたのです』

    村長『私は若気の至りで、国の機密を外部に漏らしてしまったことがあります』

    村長『それが原因の一つとなり、魔王軍に狙い撃ちをされ、ある中隊を全滅させてしまいました』

    戦士「ふむ……確かにそんな話は聞いたことがある」

    村長『私はすぐに国王の元へ――当時は先代でしたが――自らの過ちを申し出ました』

    賢者「それで追放罪になったと」

    村長『はい。【東の村】に追放されて間もなく、先刻の事件が私だけの非ではなかったことが判明し』

    村長『罪は軽減され、王都に戻る許可を得たのですが……』

    村長『私は負い目が拭いきれず、帰郷を拒みました』






    866以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 02:05:38.77 ID:UW5dTRYB0
    村長『そこで先代の国王が、極秘裏に別の命を与えてくださったのです』

    村長『「ならば彼の村にて、オーブのほこらを守護せよ。来るその時、橋を架けよ」と』

    村長『先の事件で、過失を名乗り出たのは私一人だけでした』

    村長『きっと先代国王はその律儀な形を汲んで、私に大命を託したのでしょう』

    勇者「そうだったんだ……」

    戦士「待て。何が律儀だ。ならばなぜ最初に出会ったとき、その大命を果たさなかった」

    戦士「最初からオーブが必要だと話していれば、この旅の目的の半分は、早い段階で消化できた」

    商人「そうですぞ! まったく非効率な!」

    村長『申し訳ございません……私は最初に勇者様にお目通りした際、全てを話すつもりでした』

    村長『が……』

    賢者「……恐れていたのですね。村が魔王軍に襲われることを」

    勇者「えっ?」

    村長『はい……。むかし王都で起きた出来事は、私の軽はずみな情報漏洩が発端でした』

    村長『いざ勇者様方にお伝えしようとした段で、そのことが頭を過ぎり……』

    勇者「……なるほど。それで、村を守る方を選んだんですね」






    872以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 02:07:08.54 ID:UW5dTRYB0
    村長『元より私は病床に伏せておりましたが、勇者様が去った直後、容態は悪化しました』

    村長『一気に高熱が出、呼吸は苦しくなり、布団から起き上がれないほどに』

    村長『今から思えば笑い話ですが、私はあのとき「死」を覚悟したものです』

    勇者「い、今は? 何ともないの?」

    村長『はい。妻を始めとした、村の多くの者たちが介抱してくれたおかげです』

    村長『私は死よりも、「使命」を果たしそびれることを恐れておりました』

    村長『しかし今……私の身体は快方を極め、こうして無事に来るべき日に使命を果たせている』

    村長『勇者様たちがこの瞬間に橋を渡れるのも、すべて村の者達の功でもあるのです』

    村長『異郷の生まれである私の命を救ってくれた、村人たちの……』

    勇者「優しい人たちに恵まれたんですね」

    村長『勇者様……私はあの村を守るためならば、この老いた魔力尽きようとも構いませぬ』

    村長『どうか魔王を倒し、村を……この世の人々を救ってくだされ……』

    村長『なにとぞ、なにとぞお願い申し上げまする……』

    戦士「ふん、聞くに値せん懇願よ。このいよいよという段階で何をいまさら」

    勇者「もう、戦士さんは素直じゃないなぁ。大丈夫だよ村長さん、ボクたちに任せて!」






    873以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 02:07:52.13 ID:UW5dTRYB0
    ――

    商人「……だいぶ城に近付いてきましたな。なんという禍々しい空気」

    賢者「空模様も怪しくなってきましたが……この薄暗さは天候によるものではありませんね」

    戦士「魔の地へと踏み入るときは近いな」

    勇者「村長さん、『虹の橋』が薄くなってきたけど、大丈夫?」

    村長『距離が遠く――さすがに、限界が――何とか城までは――』

    戦士「おい、さっぱり聞き取れんぞ!」

    賢者「限界が近付いていますが、何とか城までは届かせるそうです」

    商人「そ、そんな! ちゃんと送り届けてもらわねば困りますぞ!!」

    勇者「もう城は目の前だけど……この橋の行き着く先は……」

    賢者「ええ、魔王城の中腹あたり……あのテラスになりそうですね」

    勇者「この橋、さっきより薄くなってる……万が一のことがあっちゃあ大変だね」

    勇者「よし、みんな急ごう!」

    勇者たちは かけだした! ▼  

    村長『――ご武運を――――』――






    876以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 02:08:23.87 ID:UW5dTRYB0
    ――――――――――――――――――――

    【南の港町】

    僧侶「ハァ……ハァ……」

    僧侶(何とか逃げられた)

    僧侶(……)

    僧侶(あの副長さんの御霊に、安らかな冥福あらんことを……)

    僧侶(……)

     

    *「あの棒持った小僧はどこ行った?」

    僧侶「!」

    *「くそ。今度見つけたらタダじゃおかねえ」

    僧侶「……」

    僧侶(……行ったかな)ホッ

    僧侶(ああ)

    僧侶(この町にも居づらくなっちゃったな)






    879以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 02:09:12.12 ID:UW5dTRYB0
    *「ハイハイ、異国行きの船、まもなく出港するよぉ!」

    僧侶「ん?」

    *「チケットは200ゴールド! 無くなったら終わりの早いもん勝ちだよ!」

    *「異国行きの船、片道200ゴールド! さぁさぁ、もうすぐ碇が上がるよぉ!」

    僧侶「異国……」

    僧侶(僕の全財産は290ゴールド。あのチケット、買えちゃうな)

    僧侶(そっか。他の国なら、もう帽子を深く被らなくても済むかもしれない)

    僧侶(僕の居場所も、探しやすいかもしれない)

    *「はい売ったァ! あと2枚、2枚っきりだよぉ!!」

    僧侶(これはきっと、チャンスなんだ)

    僧侶(あのチケットを買って、船に乗れば……)

    *「はい200ゴールド確かに! あと1枚だよぉ!」

    僧侶(船に乗れば……)

     

    僧侶(でもそれじゃ、『ひのきのぼう』らしくないかな)






    882以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 02:09:49.48 ID:UW5dTRYB0
    僧侶(僕はさっき、人が死ぬのを見て、悲しかった)

    僧侶(あのとき、何かできることがあれば、何でもやりたかった)

    僧侶(でも、何もできなかった)

    僧侶(あの人だけじゃなく、この大陸には魔物に襲われて命を落とした人がたくさんいる)

    僧侶(そんな人たちを無くすために、いま勇者は戦ってる)

    僧侶「……」

    僧侶(……僕は以前、その勇者のパーティーに居た)

    僧侶(のに、僕はそれを放っておいて、今まさに逃げ出そうとしている)

    僧侶(逃げ出そうとしている。そんなのは、まっすぐな『ひのきのぼう』らしくない)

    僧侶(僕は元勇者パーティーの一員だ。それを誇っていいし、勇気も分けてもらってるんだ)

    僧侶(勇者を手伝わなきゃ)

    僧侶(足手まといだなんて、勝手に決め付けちゃいけない)

    僧侶(回復役でも弾除けでもいい、僕にできることは必ずあるはず)

    僧侶(行こう)

    僧侶(仮にそれが叶わなくてもいい、行動することに意味があるんだ。行こう――!)






    885以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 02:10:27.20 ID:UW5dTRYB0
    僧侶(……その前に、この290ゴールドで何か買って行こう)

    僧侶(できれば、勇者の助けになるようなアイテムがあれば……)

    僧侶(装備品はダメだ。この金額じゃ消耗品しか買えない)

    僧侶(かといって『やくそう』程度じゃ何の足しにもならないし)

    僧侶(例えば、魔力を少しだけ回復させるような――)

    僧侶「『まほうのせいすい』とか」

    露天商「いらっしゃい」

    僧侶「!」

    露天商「『まほうのせいすい』だって? 金はあるんだろうな?」

    僧侶「ええっと」

    僧侶「290ゴールドです。これで全部です」

    露天商「はっ、冷やかしなら帰っ……」

    露天商「……ん。ちょっと待て」

    露天商「ああ、あるぞ。『まほうのせいすい』なら」

    僧侶「本当ですかっ?」






    891以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 02:11:08.43 ID:UW5dTRYB0
    露天商「この木箱の中にあるのが、『まほうのせいすい』だ」 ガシャン

    露天商「一本300Gだが、特別に10Gまけてやろう!」

    僧侶「本当に? やった、ついてる!」

    露天商「くく……」

    露天商(『ひのきのぼう』なんぞを携えてる時点で、思った通りよ)

    露天商(まるでアイテムを見る目がねえ、ただの馬鹿ガキだ)

    露天商(こりゃ全部売れ残りのただの『せいすい』)

    露天商(原価はせいぜい38ゴールド。100ゴールドで売っても大もうけだぜ)

    僧侶「……これ」

    僧侶「全部『せいすい』に似てますね」

    露天商「!!」

    露天商「あ、ああ、ビンのを適当に突っ込んでるから、何か混じってるかもしれねえな」

    露天商(くそっ、さすがにそこまでアホじゃなかったか……?)

    僧侶「でも、『まほうのせいすい』もありますね」

    露天商「!? あ、当たりめえだ!」






    894以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 02:11:54.93 ID:UW5dTRYB0
    露天商(ククク、こいつやっぱただの馬鹿だったぜ!)

    僧侶「これを下さい」

    露天商(どれも同じだ、笑いが止まらねえ)

    露天商「あいよ、290ゴールドな! まいどあり!」

    僧侶「……でもこれ」

    僧侶「『まほうのせいすい』じゃない気もする」

    露天商「へっ、もう返品はきかねえからな!!」

    僧侶「なんだか『まほうのせいすい』より、すごく魔力が詰まってるようにみえる」

    露天商「あ?」

    僧侶「きっと上物なんですね」

    僧侶「お金が足りないのに売ってくれて、本当にありがとうございました。では――」

     

    露天商「お。おい」

    露天商「おい、まさかそれ……」

    露天商「いや、あんな馬鹿そうなガキに……そんなはずはねえ……」






    895以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 02:11:56.51 ID:tA9QuMLr0
    伏線回収きたか





    896以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 02:11:56.96 ID:Vx3RO4t80
    伏線wwww





    899以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 02:12:05.04 ID:K/vCCZn10
    エルフのか





    902以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 02:12:13.62 ID:yU8KJXd10
    こいつ指輪売ったうっかりさんだな

    ただの聖水つかませてやったぜwwwwwww→実はエルフの飲み薬でした

    ってことか






    906 【東電 63.9 %】 :2012/11/27(火) 02:12:40.65 ID:f0aL4gsW0
    露天商wwwww





    912以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 02:13:39.08 ID:KS6eM3jkO
    露店商いい仕事するなw





    911以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 02:13:04.03 ID:UW5dTRYB0
    僧侶(これでお金も使い切ったし、思い残しもないかな)


     ボー――……


    僧侶「……」

    僧侶(さっきの客船が出る音だ)

    僧侶(あれに乗っていたら、僕の運命も変わったのかもしれない)

    僧侶(……けど。もう決めたんだ)

    僧侶(行こう)

    僧侶(魔王の城に行くんだ)

    僧侶(ここから北のルートを通って、山を越えて、城に入って)

    僧侶(勇者と、戦士さんと、商人さんと、賢者さんの役に立つんだ)

    僧侶(最後に勇者に会ったときのことを考えると、今日あたりもう出発してるかもしれない)

    僧侶(今からじゃとても間に合わないかもしれないけど……)

    僧侶(どの道行く当てなんてないんだ。無駄足になったって構わない)

    僧侶(最後まで……僕にできることを、目指そう)






    916以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/27(火) 02:14:02.08 ID:UW5dTRYB0
    ――

    僧侶(港町を離れるにつれ、どんどん町の音が遠くなっていく)

    僧侶(向かう先は北。魔王城だ)

    僧侶(陸続きの道を通ったら、高い山にぶつかるけど――)

    僧侶(よくよく考えたら、装備の軽い僕なら、きっと登れないことはないはずだ)

    僧侶(それに、僕のこの大陸巡りは、逃げて逃げての、走りっぱなしだった)

    僧侶(だから足腰だって丈夫なんだ)

    僧侶(そして、この心強い『ひのきのぼう』がそばにある限り、僕はきっとやれる)

    僧侶(やれるんだ)


    魔物のむれが あらわれた! ▼


    僧侶(こんなところで、体力と魔力を消耗しちゃいられない)

    僧侶(できる限り、隙を作って逃げよう。目的地は、まだまだ先なんだから!)


    僧侶は バギマを となえた! ▼ ――
    http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1353934530/
    • 「僧侶「ひのきのぼう……?」」をTwitterに投稿する
    • 「僧侶「ひのきのぼう……?」」をいいね!する
      当サイトについて
      記事検索
      アーカイブ
      スポンサードリンク