日本刀について質問に答える
    2013年08月25日 コメント(19) 日本・地震・気象・地域 
    ksgeubsihdkwiodhjd
    1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/24(土) 21:27:32.83 ID:rMRPqii00
    愛刀家が減りまくってる昨今。
    少しでも興味がある人に日本刀について知って欲しいでござる






    4シュリー博士 ◆GUMIO5Y6Ys :2013/08/24(土) 21:28:03.88 ID:dfVdlpaD0
    どれがいっちゃん強いの?





    11以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/24(土) 21:31:06.20 ID:4qJCGQRx0
    >>4
    強い弱いはあまりないです。
    重ね(厚み)がある方が丈夫と言えば丈夫。
    鉄の粘り強さは刀によりけりです






    3以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/24(土) 21:28:01.16 ID:Y6c8wlrF0
    前にスレ立てた鍛冶屋の人?





    6以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/24(土) 21:28:30.75 ID:4qJCGQRx0
    鍛冶屋じゃないですよー
    ただの刀好きです






    8以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/24(土) 21:29:23.93 ID:WV9bt8wz0
    今の技術じゃうんぬんをわかりやすく





    20以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/24(土) 21:35:22.72 ID:4qJCGQRx0
    >>8
    刀の技術のベースは製鉄、鍛錬方、焼き入れですが、これらの技術継承が江戸初期に断絶しています。
    さらに明治維新で刀が無用となって劣化。
    戦前戦中に少し盛り上がり、戦後また劣化と言ったところです。
    なるべく昭和刀にも目を向けてあげてほしいです。






    9以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/24(土) 21:30:18.82 ID:qs7p8QXA0
    かっこいい刀ケースない?





    24以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/24(土) 21:37:39.43 ID:4qJCGQRx0
    >>9うちは会津桐の刀箪笥つかってるよ!





    14以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/24(土) 21:33:25.31 ID:SUKFAwxhi
    模造刀しか持ってないわ
    真剣欲しいが予算的に無理






    15以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/24(土) 21:33:53.00 ID:amLBN+5G0
    真剣って重さどのくらいあんの





    91以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/24(土) 23:03:15.76 ID:4qJCGQRx0
    >>15
    長さによります。定寸で一キロ周辺なので、割と軽いです。
    でもずっと振ってるとそりゃ疲れます






    16以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/24(土) 21:34:40.92 ID:qO+/gYeN0
    脇指一本研ぐのにいくら掛かる?あと欠けた所って直せる?





    39以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/24(土) 21:54:27.98 ID:4qJCGQRx0
    >>16
    脇差は10万〜で研げると思います
    長さと出来によりますが。
    欠けは程度によります。あまりひどいのはあえて残した方が刀の姿を崩さなくてよいです






    69以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/24(土) 22:31:05.37 ID:qO+/gYeN0
    >>39
    ありがとう
    長めの脇指だから高くなりそうだなぁ……






    77以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/24(土) 22:39:08.83 ID:4qJCGQRx0
    >>69
    刀の出来と思い入れによって、
    安研ぎか金かけるか選んだ方が良いとおもいますよ。
    安かろう悪かろうだと、逆に刀を壊されてしまう事もあるので要注意です。






    23以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/24(土) 21:37:15.86 ID:me+KG4Hg0
    美しい=よくきれる?





    52以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/24(土) 22:13:37.63 ID:4qJCGQRx0
    >>23
    見た目と切れ味はあんまり関係ないです
    実際のところどんな刀でも切ってみないと何とも言えないです。
    それを江戸時代の首切り家業がある程度統計とったのが、業物だのなんだのというあのリストです






    28以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/24(土) 21:42:34.04 ID:4qJCGQRx0
    切れる関係と見た目関係がおおいので簡単にまとめます。
    まず、切れるかどうかですが、これは斬れます。
    刃に焼きさえ入っていれば、どんな刀でもまあ人を斬る分には不足ない程度の性能はもっています。
    そこから一歩進んで良く切れるかどうか、刃の持ちがその刀の性能です
    業物がどうこうというのはまたあとで話ますw






    31以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/24(土) 21:47:17.27 ID:4qJCGQRx0
    次に見た目に関して
    初心のうちは、やたら刃紋に目が行きがち(私もそうでした)ですが、
    本当の刀の良さ、見所は地鉄と匂い口です。
    こればかりは数多くの良い刀を「手に取って」見なければわかりません。
    ここが刀の世界に入る一番の障壁だと思います。
    実際、写真や博物館のガラス越しに見る刀は、その良さの1割も見る事ができません!ここ大事!!






    34以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/24(土) 21:49:13.01 ID:pcM+RA/jP
    3人斬ったら斬れなくなる説vsそれはガセだよ説





    54以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/24(土) 22:16:04.78 ID:4qJCGQRx0
    >>34
    刃の持ちだけでいえばガセ
    さすがに巻藁とか畳表くらいしか斬りませんが、100本斬ってもまだいけます






    41以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/24(土) 22:03:23.32 ID:HZNNMHa60
    達人だったら西洋の甲冑ごとスッパリ斬れんの?





    44以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/24(土) 22:06:05.43 ID:4qJCGQRx0
    >>41
    多分斬れないです。基本的に鎧着てる相手はひっぱたくか隙間を刺すのが刀の使い方です。






    42以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/24(土) 22:04:53.87 ID:0w42r4w80
    日本刀欲しいんだけど銃刀法とか大丈夫なわけ?





    48以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/24(土) 22:08:22.74 ID:4qJCGQRx0
    >>42
    日本刀は都道府県教育委員会発行の登録証がついてます。
    この紙がついている刀はあくまで文化財なので、誰でも持つ事ができます。
    むしろ紙のないやつは基本市場にありません






    43以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/24(土) 22:05:41.18 ID:V1ZYwlen0
    真柄なんちゃらの大剣とか七支剣とか現代では作れないの?





    65以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/24(土) 22:25:26.96 ID:4qJCGQRx0
    >>43
    でかいのは作るのが難しい。大隅俊平がやたらでかいの作ってました。
    七支刀は最近鋳造で再現してますね






    55以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/24(土) 22:16:46.62 ID:ORNMMI/8P
    一本最低おいくら?





    61以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/24(土) 22:22:28.48 ID:4qJCGQRx0
    >>55
    今はヤフオクでさえ出回ってる時代なので、何でもよければ3万から買えてしまいます。
    模造刀買うならガタナでも本物の方が良いとおもってしまいますね






    58以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/24(土) 22:18:58.18 ID:f6GrM7JE0
    刀装用のいろんな金工品って今でも伝統工芸士として誰か作ってたりするの?





    67以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/24(土) 22:28:42.14 ID:4qJCGQRx0
    >>58
    いない事も無い…ですが少ないです。
    刀剣関係は今絶賛衰退中の世界なので






    64以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/24(土) 22:25:13.35 ID:Qdoc161eP
    なんで日本刀は片刃なの?





    70以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/24(土) 22:33:06.03 ID:4qJCGQRx0
    >>64
    昔は小烏丸みたいな鋒両刃もありました。
    正倉院の刀を調べると色々なタイプがあって面白いですよ。
    一般的には斬るのに片刃、かつ鎬造が強度などが優れていたからこんな形になったとか言われています。
    えらく端折りすぎてしまったwww






    66以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/24(土) 22:25:38.58 ID:WgXKIPjo0
    反りが日本刀を使い始めたのは、清盛のじいちゃんだっけ?





    75以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/24(土) 22:37:05.64 ID:4qJCGQRx0
    >>66
    刀っぽくなるのは藤原秀郷の毛抜型太刀あたりからなので、清盛とかよりもっと前です。
    ただ、姿(反り方)や造り込みが未だ直刀の名残を残しているので、あの辺から永延あたりにかけてゆっくりと日本刀の姿が確立されていったみたいですね。






    71以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/24(土) 22:35:20.04 ID:qO+/gYeN0
    なんで満州刀は評価が低いのん?
    へたな刀よりよっぽど見た目も性能もいいじゃん?






    80以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/24(土) 22:44:56.89 ID:4qJCGQRx0
    >>71
    満鉄刀にかぎらず、昭和の軍刀はやたら評価低いですよね。
    ただ、満鉄刀はそもそもの思想が「クソ寒い所でもとにかく折れない刀」なので、
    斬れ味は二の次というものです。
    折れず曲がらず良くきれるというフレーズの真意は、
    「折れるのはやられちゃうから絶対いや」
    「曲がるのも出来ればやめて欲しいなー」
    「贅沢言えば斬れるのが良いよね」
    という優先順位と言った方が、武器としての刀のイメージが付きやすいとおもいます






    73以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/24(土) 22:35:56.27 ID:4evVh8O30
    CCOの無限刃って作れるの?





    89以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/24(土) 23:01:14.72 ID:4qJCGQRx0
    >>73
    作れません。逆刃刀なら花刀がまあそれっぽいっちゃあそれっぽいですが。






    76以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/24(土) 22:38:18.43 ID:T0Y0DkKG0
    のこぎりといえばこの海部刀みたいなのこぎりつきの刀って現代刀匠は作らないの?

    0507F






    110以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/24(土) 23:32:26.51 ID:4qJCGQRx0
    >>76
    売れりゃつくるんでしょうが、まあ売れないでしょうね…
    そもそも海部刀自体かなりイロモノな部類ですしね






    81以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/24(土) 22:46:36.87 ID:T0Y0DkKG0
    鵜戸神宮の古太刀や大宝八幡宮の古太刀はもう日本刀の祖型ではなく
    日本刀とそのものと見ていいものなの?






    88以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/24(土) 22:57:58.52 ID:4qJCGQRx0
    >>81
    どこからが日本刀であるか?というのは難しいですね。
    個人的には国産であると推定できる物なら、姿に関わらず日本刀で良いのにとおもうんですが…
    古代からの連続として刀の姿が出来上がってきたのであって、ここから日本刀!その前上古刀!といった感じで分けるのはなんだかなぁと思います






    82以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/24(土) 22:47:00.39 ID:rMRPqii00
    仕込み杖は合法的に買える?





    97以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/24(土) 23:14:48.20 ID:4qJCGQRx0
    >>82
    買えます。でも仕込の外装に刀身いれて出歩いたりしたら捕まります。
    当たり前ですが






    84以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/24(土) 22:49:24.45 ID:+UmJmWBnO
    身近な日本刀と同等の切れ味のものとかある?
    実は黒刃カッターの方が切れ味だけは勝る、とか






    95以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/24(土) 23:12:46.54 ID:4qJCGQRx0
    >>84
    斬る対象によって変わるのでなんとも。
    斬れ味といっても用途ごとの理想がそれぞれちがいますので
    紙斬る分にはカッターの方がよほど斬れます。






    90以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/24(土) 23:03:06.40 ID:dEz7nSPC0
    ダマスカス鉱で日本刀つくったら綺麗なの出来そうだけどどうなの?





    94以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/24(土) 23:10:01.58 ID:4qJCGQRx0
    >>90
    今や本当のダマスカス鋼がどんなもんかも良くわからないですしね。何とも言えないです。
    地鉄の美しさは日本刀も肌(鍛錬した模様)が出ていてとても見所です。
    見た事がなければ、ぜひ手にとって見てみてください。






    101以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/24(土) 23:21:31.36 ID:dEz7nSPC0
    >>94
    そうなのか
    やっぱ生で一回見てみたいな






    104以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/24(土) 23:25:02.91 ID:4qJCGQRx0
    >>101
    是非刀屋さんにでも行って見てください
    若造でも勉強してみたいんです!といえば、割と親切にしてくれると思います。

    で本当に勉強したくなったら鑑定会に行くとよいと思います!






    92以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/24(土) 23:05:01.51 ID:qO+/gYeN0
    刃物板に定期的に湧く玉鋼厨の目を覚まさせてやりたい





    99以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/24(土) 23:18:53.96 ID:4qJCGQRx0
    >>92
    玉鋼でどうこうなんてGHQを騙くらかす方便ですよね
    芯がねを玉鋼で包んだのが日本刀だ!とか言われてもあーそうですかすごいねーとしか言えないです






    98敗者さん ◆LOSER3hee. :2013/08/24(土) 23:14:49.71 ID:DJvlIplm0
    刀かっこいいから好きだけど
    名前も構造も歴史もなんも知らねぇや






    103以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/24(土) 23:22:57.27 ID:4qJCGQRx0
    >>98
    是非勉強してみてください!
    まずは刀屋さんに行ってみるといいです

    初めはえらい入りにくいですがwww






    102以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/24(土) 23:21:40.69 ID:GeQ2qwbx0
    お、良スレ

    前々から疑問だったんだが、
    真剣で立ち会うと、当然、刃と刃がぶつかり合う訳だよな?
    刃こぼれとかであっという間にボロボロになりそうなんだが、実際はどうなん?
    1回の実戦で使い物にならなくなるん?






    107以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/24(土) 23:27:42.04 ID:4qJCGQRx0
    >>102
    とても良い所に疑問を!
    是非池田屋事件について調べてみてください。
    実戦に使った刀がどうなったか?貴重な資料が残されています。

    まあ大方ご想像の通りです






    109以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/24(土) 23:31:39.63 ID:T0Y0DkKG0
    >>107
    池田屋事件は闇の中の戦いだから刀の損傷が大きかったという説が「新撰組研究最前線」で
    出されてたな
    あと近藤周平の槍と島田魁の槍の二本があの戦いで切り折られてるんで
    何も刀だけが特別損傷大きかったわけじゃないんだけどな
    むしろ使用不可能になった率では数が少ない分槍のほうが高いとさえ言える

    だいたい刃こぼれが出来たからってそれがただちに刃切れや折れに繋がるわけでもなかろう






    112以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/24(土) 23:39:23.39 ID:4qJCGQRx0
    >>109
    屋内戦な上、乱戦ですからね。
    かなり特殊な状況ですが、まあ刃と刃が当たればそりゃ損傷しますという意味であげてみました。

    刀だって所詮鉄のでかい包丁ですから、打ち合えば当然壊れますよね。






    105以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/24(土) 23:25:57.94 ID:dstS5+fG0
    剣の名前ってどやってつけてんの?





    108以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/24(土) 23:30:24.25 ID:4qJCGQRx0
    >>105
    名前とは鬼斬とかの号のことでしょうか?
    それならば持ち主や後の時代の人たちが割と好き勝手に決めたりしています。
    歌仙兼定のネーミングの由来とかブラックすぎて面白いですね






    111以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/24(土) 23:39:09.54 ID:T0Y0DkKG0
    ちなみに山浦真雄の荒試しでは

    http://blog.goo.ne.jp/kelu-cafe/e/50637b7487e11ab6fc2578d1ec6ee425
    「一、竹入藁 六太刀 但七、八分切」

    とあり、古鉄片・鹿角を切らされて刃こぼれができた後の「竹入藁」が

    「一、竹入藁 二太刀 但刃コボレの儘にて六分切

    というようにそれほど極端に刃こぼれで切れ味が落ちてるわけでもない






    113以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/24(土) 23:45:50.46 ID:4qJCGQRx0
    >>111
    刃こぼれと斬れ味については、よほどでかい、または広範囲でない限りあまり関連しません。あくまで畳やら藁で斬った感じですが。
    というより刃切れについてもあるからすぐ折れて飛んで行くかと云うと別にそこまででもないです。
    ただし、刃切れという現象自体が、その刀のポテンシャル以上の負荷がかかったという履歴の証明となるので、今も昔もアウトとされるのかなーと思います。
    好き好んで修復歴ありの中古車買う人が居ないのと似ているような感じでしょうか。






    116以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/24(土) 23:58:37.44 ID:H4Yj+tH20
    俺の爺ちゃんが日本刀で兜ぐらいなら斬れるって言ってたけどそんなに切れ味いいの?





    118以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/25(日) 00:05:50.10 ID:7KJ1vTLz0
    >>116
    アホみたいに重ねを厚くして刃の肉を付けて(丸っこくする)思いっきりひっぱたけば
    切れ込みがはいる…かもしれない程度です。
    あくまで鉄で出来た刃物なので、アニメや時代劇に出てくるような何でもきれちゃう刃物というもんではないです






    119以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/25(日) 00:09:42.05 ID:UV3sVZZF0
    >>118
    答えてくれてありがとうございます






    120以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/25(日) 00:13:42.98 ID:7KJ1vTLz0
    >>119
    こちらこそありがとうございます。

    刀のめんどうなところは訳のわからない風説がやたら多いのと、
    沸だの匂をはじめとして用語が特殊なうえ、そもそも実物を見た事のある人があまり居ない所ですね。
    刀屋さんも入りにくいし。

    そら好きな人減るわけだと思いますwww






    124以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/25(日) 00:29:19.55 ID:UV3sVZZF0
    >>120
    爺ちゃんの真剣を見たことありますがかっこいいですよね
    爺ちゃんの部屋に仕込み杖や目釘が抜けかけたボロボロの刀が普通に転がってて
    子供のころはその刀の銘柄等についてよく教えてもらっていました






    126以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/25(日) 00:35:20.00 ID:7KJ1vTLz0
    >>124
    小さい頃から刀に触れ合えていたなんて羨ましいです!
    まだ残っているようでしたら、是非手入れしてあげてください。
    ついでにその刀をきっかけに是非勉強してみてください






    121以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/25(日) 00:16:56.29 ID:3W838ZPx0
    刀は鈍器だな





    122以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/25(日) 00:22:19.39 ID:7KJ1vTLz0
    >>121
    戦といえばみんな具足着けますからね。
    叩きのめしたあと馬乗りになって短刀で首切っちゃえば良いんです。

    そもそも刀抜かなきゃいけないほど敵が接近してる時点で斬るための刃筋がどうのとか言ってられないですよね






    123以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/25(日) 00:23:57.06 ID:ypfja/Ew0
    野太刀かっこいいよ野太刀





    125以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/25(日) 00:31:24.06 ID:7KJ1vTLz0
    >>123
    野太刀でかいですからね
    でかいのは残念ながらあまり残ってないです。
    安土桃山辺りで昔のでかい刀を短くする(すりあげといいます)のが流行り、じゃんじゃん短くされてしまいました。
    今から考えるとなんて勿体無い事を!と思いますが。
    刀は長さや形(反り方や切っ先の形など)の流行りというのがあります。平安末期から大体20〜30年ずつ形が変わります。
    今のファッションや車の流行りと似たようなもんです






    127以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/25(日) 00:36:15.76 ID:MjUqnGaS0
    佐之助が持ってた斬馬刀みたいなのは本当にあるの?





    128以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/25(日) 00:41:49.22 ID:7KJ1vTLz0
    >>127
    流石にあんなのはないですw
    でかいのは上にも出ていた野太刀と言われる長い刀や、長巻というやたら長い柄のついた物があるくらいです。






    130以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/25(日) 00:43:32.37 ID:yymttZHN0
    薙刀の刀身って日本刀と同じ?





    131以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/25(日) 00:50:16.10 ID:7KJ1vTLz0
    >>130
    もちろん地鉄や焼刃といった所は同じですが、形は異なります。
    ざっくりと世にいう巴型と静型という2種類に別れていたりします。
    薙刀は刀身の幅が広くて迫力があり、鑑賞する分には結構良いものです。
    ただ重ねが厚いので長さの割に結構重くて持ってると腕が疲れますw






    133以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/25(日) 00:51:34.25 ID:yymttZHN0
    >>131
    ほうほう
    女の武器ってイメージが強いから軽いもんだとばっかり






    137以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/25(日) 01:00:39.42 ID:7KJ1vTLz0
    >>133
    薙刀はけして女性の武器という訳ではありません。

    とりあえず振り回しとけば敵がビビる上、当たれば威力がやばいという点で、
    戦国の頃は槍が使えないやつには薙刀持たせて暴れさせとけwなんて言われていたそうです






    136以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/25(日) 01:00:28.40 ID:yymttZHN0
    乱れ刃と直刃の違いってなんなの
    切れ味とか違うの
    それとも見た目だけ?






    140以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/25(日) 01:07:07.73 ID:7KJ1vTLz0
    >>136
    斬れ味については細直刃が良いとか言う説があったり、兼元の様な乱刃が良いというのもあり、何とも言えないです。
    また、同じ刀工でも乱刃も直刃も焼いたりするので、特にどちらが優れているなどはあまりないのではないかと。
    実際のところ注文主、刀工や流派の好みによる所が大でしょう。






    138以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/25(日) 01:04:28.46 ID:MjUqnGaS0
    よくわからないけど薙刀は強すぎるから現代は女限定なんじゃなかったっけか





    141以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/25(日) 01:10:25.87 ID:7KJ1vTLz0
    >>138
    現代でも男性で薙刀やっている方おりますよ
    あんなでかいもの振り回されたら刀じゃ勝てないですよねwww
    武器としての薙刀は刀ではなく槍と同列に語るべきですよね






    139以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/25(日) 01:04:45.79 ID:EsEcAkXD0
    打刀と太刀って、差し方が上下逆っての以外で違いあるの?





    143以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/25(日) 01:16:44.35 ID:7KJ1vTLz0
    >>139
    基本は外装の違いで合ってます。
    が、反り方が違ったりします。日⚪保のHPに刀の姿の一覧で写真があるので、そちらも参考にしてみてください。
    また、室町末期から戦国にかけて、刀にも太刀にも外装をかえて使えるような姿の物があったりします。

    在銘ならば割とわかりやすいですが、
    基本は時代と姿からこれは太刀として作られたんだなーとか、これは刀だなーとか判断する感じです






    142以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/25(日) 01:13:14.27 ID:1lrVMPAe0
    刀っていつ頃生まれたの
    ニンジャがキンカク・テンプルで謎のハラキリ儀式したあたりしか知らない






    144以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/25(日) 01:21:40.50 ID:7KJ1vTLz0
    >>142
    みんなが想像する刀の形になったのが、大体1000年位前です。
    平安時代の終わりくらいですね。
    その前は直刀という真っ直ぐな刀だったり、蕨手刀というなんか妙な?形の刀があったりしました。
    昔の刀も色々あって面白いですよ!






    145以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/25(日) 01:22:07.05 ID:3B5oE5qx0
    戦後アメリカに押収された大量の日本刀はどこへ行ってしまったのか





    147以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/25(日) 01:30:09.22 ID:7KJ1vTLz0
    >>145
    海に沈められたり、燃やされたり散々な目にあっています。
    そんな中、赤羽に集められて山になっていた刀は、赤羽刀と言われ、戦後全国の自治体に文化財としてばら撒かれたりしています。
    残ってくれたのはあり難いことですが、如何せん錆びている!
    しかも貰った自治体も金がなくてロクに研ぎにも出せない!!
    と言った感じで、倉庫の奥に転がっていたりします。可哀想に。

    アメリカに持っていかれてしまった名刀は、コンプトンさんという方をはじめ有志によって発見され、日本に里帰りしている物なんかもあります。
    有難いことです。






    146以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/25(日) 01:25:31.98 ID:I6Gb1xDV0
    日本には平安以降直刀はなかったの?





    149以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/25(日) 01:35:57.39 ID:7KJ1vTLz0
    >>146
    ゼロではありませんが、武器としてではなく、社寺への奉納用などにごく少数作られたりしていた程度です。
    和泉守兼定も、南宮大社への奉納用に諸刃の剣をつくったりしてます。
    あれはカッコいいです






    148以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/25(日) 01:31:59.67 ID:US6MOd4I0
    神話にしてる玉鋼に拘りすぎ
    もっと軍刀の時のように材料に工夫をし、自称伝統的製法も変えるべき
    見た目重視で刀としての機能が微妙な高い現代刀がある一方で、安い古刀がちらほらあるのには納得いかない






    151以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/25(日) 01:40:30.49 ID:7KJ1vTLz0
    >>148
    軍刀は当時の最先端技術を駆使して最高の刀をつくってやろう!という意気込みがありますからね。
    そもそも今は材料費ケチって玉鋼どころか電解…






    150以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/25(日) 01:37:24.34 ID:n/IRxYYj0
    よくわからんけど流れを見るに結局玉鋼がすごいわけじゃないの?





    155以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/25(日) 01:44:19.77 ID:7KJ1vTLz0
    >>150
    本当にすごいのは古刀以前の鉄です。
    玉鋼は悪い訳ではないのですが、「玉鋼しか認めない」というのは視野が狭すぎるということですね。






    154以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/25(日) 01:43:37.36 ID:/jcmechK0
    ムラマサについて詳しく





    158以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/25(日) 02:04:34.76 ID:7KJ1vTLz0
    >>154
    村正は西暦1400年くらいから伊勢の桑名にいた刀鍛冶です。何代もいます。
    見た目は美濃伝と相州伝が入った様な田舎くさーい感じです。
    多分想像しているよりかっこ悪いかもしれません。
    出来の良いやつはカッコ良いですが。
    妖刀だなんだでやたら有名ですが、基本は実戦向けの数物メインです。車でいうとシルビア的な位置。
    ただ、有名なので今買うととても高い!15シルビアが1000万で売ってる感じ。
    しかもニセモノ山程ある!

    めっちゃ斬れるらしいですが、斬った事無いので不明です。
    ただ、同時代の美濃物がやたら斬れるので、やっぱり良く斬れるんでしょうね






    167以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/25(日) 02:20:13.20 ID:/jcmechK0
    >>158
    ほー

    徳川家に恨み云々あるとか聞くけどどんな怨み?






    177以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/25(日) 02:38:55.27 ID:7KJ1vTLz0
    >>167
    詳しくはググればいっぱい出てきますが、やたら村正の刀で身内がやられちゃったよ!というお話です。
    まあ東海道沿いで生産地も近いうえじゃんじゃん量産してるんだから、敵味方問わず持ってる人も多い訳です。






    162以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/25(日) 02:09:40.07 ID:0JE5/nhd0
    シルビアの例えがわかりやすいか否か審議中





    169以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/25(日) 02:26:04.19 ID:7KJ1vTLz0
    >>162
    刀を勉強していて、何となく車と似ているなーと思ったので例えに出して見ました。

    価格帯も車と似た感じだし、スタイル(流行り)の変遷もあり、今はあんまりですがステータス()としての在り方など、
    刀についてのイメージが湧きにくい人にとっては良いかなーと思いました。

    刀は武器であり、当時の武士のオサレアイテムでもあるので、今でいう車や時計で考えると割と親近感が湧いてくる様な無い様な…






    161以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/25(日) 02:08:47.76 ID:EsEcAkXD0
    刀の長さの分類ってちゃんと決まってないの?
    小太刀と長脇差とかどっちが長いのかわからない






    166以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/25(日) 02:18:50.42 ID:7KJ1vTLz0
    >>161
    目安として2尺以上が刀ーとかはありますが、あくまで目安なので厳密ではないです。

    小太刀というジャンルについても、武道では脇差を小太刀と呼んだりしますが、本来の鎌倉や南北朝に作られた小太刀と、江戸辺りの脇差では姿が全然違います。
    小太刀は短いながらも太刀の姿ですね。
    二荒山神社の来の小太刀とか有名ですよね

    また、永正辺りの片手打ち等は寸法は2尺以下の物もありますが、あれを脇差と扱うのもどうか?と思ったり、
    割とゆるーい感じで考えた方が良いですよね






    163以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/25(日) 02:10:11.48 ID:YhSIVle/0
    持ってる刀で一番高いのっていくら





    170以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/25(日) 02:28:06.46 ID:7KJ1vTLz0
    >>163
    金が無いので60万のが最高です…
    今せっせと金貯めてます。






    172以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/25(日) 02:29:11.87 ID:DsEavIVOO
    先祖の刀を一振り欲しいと思ってるんだが、
    戦国末期のマイナー大名の愛刀ってのは入手可能なものなの?






    181以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/25(日) 02:48:23.91 ID:7KJ1vTLz0
    >>172
    誰某が持っていたという伝来のある刀なら探せば無い事も無い…ですが、それなりのお値段を覚悟しないといけないですね。

    何たら家伝来!とかで安いのは眉唾ですwww






    174以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/25(日) 02:32:39.41 ID:EsEcAkXD0
    陸軍軍刀とかって腰から吊ってるから太刀って分類なの?
    それとも軍刀は軍刀って分類になっちゃうのか?






    187以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/25(日) 02:58:38.62 ID:7KJ1vTLz0
    >>174
    軍刀は軍刀という括りが一番分かりやすいかと。
    明治のサーベル型から、太刀拵をベースにした新型外装になったという経緯からいえば、どっちかといえば太刀かなぁ?という程度です
    あれはあれでかっこいいですよね。
    今は中国人が買い漁っているようですが、、、奴らの思考は理解しかねます






    176以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/25(日) 02:34:25.71 ID:ZlEOWZDCO
    実は日本人のコンセプトに外れるんだよね日本刀は
    軽自動車に代表される
    高性能小型化丈夫汎用性

    汎用性がない時点でただの芸術品






    192以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/25(日) 03:06:07.75 ID:7KJ1vTLz0
    >>176
    刀はあくまでサブウェポンですからね。
    そりゃ誰だって遠くから敵をやっつけられれば良いなって思いますから、
    弓矢や鉄砲、槍を使う訳です。
    それでも敵が目の間に来ちゃったぞどうする!?というレベルになってやっとこ刀の登場ですから、
    刀は最後の砦であり、だからこそこぞって良いモノを手にいれたがったと言えるんじゃないかなーと。

    けして何でもできちゃう便利武器という扱いでは無いです。






    178以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/25(日) 02:39:08.68 ID:c3sDdw0YP
    ファンタジーゲームの定番で出てくる隕鉄の刀って作ること可能なの?
    実在する隕鉄の刀ってなにがあるの?






    194以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/25(日) 03:09:11.77 ID:7KJ1vTLz0
    >>178
    何かあったようななかったような…
    あれは包丁だっけなー

    何れにせよ古名刀で隕鉄を使ったのは無かったと思います。まあ鎌倉の地鉄の作り方がわからないのでひっそりと入っているかも?…ねーか。






    195以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/25(日) 03:09:56.77 ID:L/s85g2R0
    刀=日本刀っていう見解でいいのかなっていつも思う
    剣ならいろんなジャンルに当てはまるけど






    206以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/25(日) 03:27:42.59 ID:7KJ1vTLz0
    >>195
    刀は片刃、剣は両刃です。
    日本刀は刀というでっかいジャンルの中の一種類ですね。日本刀と書くのが面倒なので刀と言ってしまっていますが。






    200以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/25(日) 03:18:10.83 ID:ZlEOWZDCO
    うちの家系は武装農家だったらしい
    ネットだから言えるがあんまり大きな声では言えないアレでな
    すなわち年貢の取り立てを拒否した山奥で自給自足してた集団
    まあ本来いないとされる侍の支配下にいない農家だね






    209以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/25(日) 03:33:15.31 ID:7KJ1vTLz0
    >>200
    代々農家の家にも割と刀は眠っていますよ。
    良し悪しは別としてですが、今でも結構な数全国の蔵の奥に眠っているのではないでしょうか。






    201以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/25(日) 03:18:52.05 ID:US6MOd4I0
    剣豪将軍こと足利義輝さんの悪口はやめろ





    213以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/25(日) 03:37:27.01 ID:7KJ1vTLz0
    >>201
    義輝さん色々すげえっすw
    あの時の良かった事は、寄せ手の武将に刀の目利きがいた事。
    やっべえ!こいつら超名刀じゃんwww
    といってごっそり持って行ってくれたおかげで今も残ってくれたし。






    211以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/25(日) 03:34:23.65 ID:aMbw1362O
    包丁の事で聞いたのかは忘れたけど

    名匠が打った良い刀は錆びないとか言うけど
    もちろん、絶対錆びないわけは無いとして
    名刀とそうでない刀で錆び方に差があるもんなん?






    215以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/25(日) 03:45:59.43 ID:7KJ1vTLz0
    >>211
    名刀かどうかというのとは違いますが、
    昭和刀とかは良く錆びます。砥石に当てたそばから赤錆が…
    研師さんから聞いたところ、同じ様に砥石に当てても古刀の方が錆びが出にくいそうです。
    ただしそれが鉄の成分の問題なのか、数百年のうちにナニカが起きて安定しちゃったのかはわかんねとの事でした。






    217以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/25(日) 03:50:25.00 ID:G0gTwvyC0
    剣術習ってたじいちゃんに「日本刀は基本突くもの」って教わったんだけど
    切りつけるためのデザインであると聞くし…実際どうなの?






    223以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/25(日) 03:58:40.37 ID:7KJ1vTLz0
    >>217
    突いても良し斬っても良しですね。
    どっちかしかダメという物でもないですよ
    反りがあるから切らなきゃダメというわけでもないし、最終的には敵をやっつけられればなんでも良いんです






    224以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/25(日) 03:59:29.30 ID:LtFOSLK90
    刀ってインテリアに欲しいところだけど普通のマンションの一室みたいな部屋には合わないんだよな
    おまけに値段も張るし
    現代風で、なおかつ気軽に買える日本刀があれば欲しい






    231以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/25(日) 04:06:14.73 ID:7KJ1vTLz0
    >>224
    インテリアなら模造刀で充分かと。
    刀もお金さえ持って刀屋さんいけばそのままお持ち帰りできるので、気軽に買えるといえば買えるんですが、手入れしないと錆びます。
    あとそこそこな見た目の拵つくとそれなりなお値段になります。






    235以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/25(日) 04:15:29.19 ID:ZlEOWZDCO
    ほう
    ムラマサとマサムネとムラサメとブダヌッコの違いを教えてくれ






    241以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/25(日) 04:26:40.78 ID:7KJ1vTLz0
    >>235
    村正は上に出ていた通り。
    正宗は鎌倉末期辺りの名工。鎌倉在住。
    村正より全然昔の人。
    超綺麗でど派手な刃を焼く。もう沸がきらっきらして金筋砂流ばりばりな。
    そらもう名刀。でも在銘超少ない。
    長いので在銘は全くない。
    だから「こんな感じでこんな良い刀は正宗だろう。」ていう極められたやつしか無い。
    ちなみにニセモノは山ほどある。江戸時代の大名家伝来のニセモノ。大人の事情でニセモノが量産された。

    村雨はフィクションの刀。
    江戸時代の大阪にいた助広という人が作った太刀に村雨と名付けられたのがある。
    完全に奉納用。くそ重い。中茎曲って超短い。

    さいごのはしらねwww






    243以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/25(日) 04:30:47.35 ID:ZlEOWZDCO
    村正
    魔力を帯びた刀使うものの命をすいとり力を発揮する
    政宗
    伊達政宗が打った刀

    村雨
    里見八犬伝に出てくる架空の刀 その刀身はいつも霧がかかったように濡れている

    ブダヌッコ
    俺んちに伝わる護身&猪狩りの道具

    当たらずとも遠からずだろ?






    245以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/25(日) 04:33:18.91 ID:7KJ1vTLz0
    >>243
    世間一般の認識としてはそっちのが正解かもしれぬwww
    残念ながら

    ブダヌッコはやべえ。イノシシ鍋美味しいよね






    247以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/25(日) 04:37:32.56 ID:US6MOd4I0
    農民の護身的な剣術と言えば馬庭念流だね
    あの如何にもな道場はカッコいい






    250以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/25(日) 04:39:33.39 ID:7KJ1vTLz0
    >>247
    武術は山ほどある上あまり深く知らないから勉強になります。
    武道やってる人も刀の勉強すると楽しいと思うんですけどねー






    256以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/25(日) 04:57:09.64 ID:VZJDkukXO
    >>250
    まさに勉強不足で最近反省してる
    最近は博物館とかで展示会があったら行くようにはしてるんだけど
    見た目の違いとか時代や場所での特徴とか難しいねー






    259以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/25(日) 05:03:56.71 ID:7KJ1vTLz0
    >>256
    いくら頑張って本読んでも、ガラス越しだと全然わからないんですよね。
    1番良いのが、お近くの刀剣会に入って入札鑑定をするのが、様々な刀を手に取って観れるので勉強になります。

    刀剣会は結構色んな所にあります。
    敷居は高そうに見えますが、大体どこも人手不足➕高齢化が進んでいるので、熱意さえあれば案外歓迎されるかもしれません






    258以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/25(日) 05:03:37.18 ID:t9bZcZAGP
    >>252
    なるほど
    見習いが作ったとかなんやらで安い今の刀と安い古刀だとどっちがええかな
    護身用と観賞用に一つ欲しい
    あと安い刀はどこで買えばええねん






    260以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/25(日) 05:08:10.46 ID:7KJ1vTLz0
    >>258
    鑑賞するなら断然古刀でしょうね。
    安いの基準がどの位の予算なのかによりますが、基本的に信頼できる刀屋さん(訳わからん骨董商だめ!)から買うのが良いとです






    261以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/25(日) 05:09:41.39 ID:t9bZcZAGP
    >>260
    5万までで頼む
    出来れば2万くらいで






    263以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/25(日) 05:15:27.30 ID:7KJ1vTLz0
    >>261
    五万ですか…店は厳しいですね。
    オクでもある事はありますが、あそこは魑魅魍魎の跋扈する異世界ですし。
    あれはとりあえず真剣!とかネタ要員として買う感じで、真面目に買うと大体泣きます。
    最低15から30万位あるとかなり選択肢が広がるのですが。






    248以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/25(日) 04:38:29.49 ID:t9bZcZAGP
    古刀ってなに?
    よく切れて安いの?






    252以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/25(日) 04:46:40.71 ID:7KJ1vTLz0
    >>248
    古刀は江戸時代より前、年号だと慶長以前に作られた刀です。
    このタイミング前後で刀の鉄の質が大きく変わっちゃいます。
    古刀と一口で言っても、平安末期から慶長まで、600年近くありますので、その中で更に時代により刀の形態が変わって行きます。
    尚且つ、生産地(大別して大和山城備前美濃相州の五流に別れるので、五カ伝という。超大事!)により特徴が異なりますので更に分類されます。

    これだけ幅広い括りなので、値段は正にピンキリです。






    269以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/25(日) 05:20:52.36 ID:28A9Xe680
    うちに戦後すぐに売って100万くらいになった刀があったそうだけどどれぐらいの刀なの?





    271以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/25(日) 05:23:20.40 ID:7KJ1vTLz0
    >>269
    戦後すぐの100万は洒落になりませぬw
    今の貨幣価値で100万位の値段で売れたのなら、そんなに悪くない刀だったのだと思います。






    273以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/25(日) 05:25:26.08 ID:28A9Xe680
    >>271
    そりゃそうだな
    今の紙幣価値で100万だったはず
    ちなみにその当時で100万だったらどれぐらいの刀なの?5剣くらい?






    276以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/25(日) 05:34:48.33 ID:7KJ1vTLz0
    >>273
    天下五剣でも100万はしないでしょうね。
    ゼロ戦が一機100万くらいでしたっけ?






    277以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/25(日) 07:41:35.05 ID:3uc7UQ9/P
    天下五剣(特に童子切り)より
    実戦的というか人斬りに優れた刀を
    教えて






    283以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/25(日) 09:53:56.61 ID:7KJ1vTLz0
    おはようございます。
    >>277
    基本的に刀であればそれは人斬り用の道具です。
    ただし、上にも書いた様に時代や流派で異なる部分が多いうえ、その違いが戦闘方式や文化の変遷とリンクしているので、難しいのです。

    一応、戦乱の時代(戦国以前)と、平和な時代(新刀)の形の違いをざっくりいうと、
    フクラ(鋒の刃のカーブの仕方)がシュッとしてるかふわっとしてるか。
    刃の肉置きが平地がスッとして刃がぽっと付くか、平も歯もぽってりしてるか。

    えぇ、非常に説明しにくいです。
    博物館なりで実物を見るのが1番早いですね。
    戦争しまくっていた頃の刀の姿と、平和ーな江戸時代の姿をよーく見比べてください。姿や肉はガラス越しでもまあわかります。
    おそらく、殺し合いの時代の刀は全体的に締まった印象、平和な刀はなんかフワッと丸い印象を受けると思います。
    それが違いです。






    293以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/25(日) 11:30:29.45 ID:ecAEksps0
    妖刀って言われる刀ってどういう物なん?





    294以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/25(日) 11:54:31.46 ID:7KJ1vTLz0
    >>293
    持ち主に祟るとかの伝来がある刀です。
    刀云々というよりオカルト系の話になってしまうので眉唾です。

    私は、以前某神社で奉納されている刀をみた時、尋常でないいやーな感じになった事もありましたw
    真相は不明ですが、あーこういうのが妖刀てやつなのかなーと思ったりします。
    ちなみにそれは散々使われまくって刃切れが数カ所入っているようなクッタクタの末古刀でした。
    誰がどんな経緯で奉納したのかは不明です。不思議ですねー






    287以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/25(日) 10:56:12.81 ID:6Zah+xPM0
    割とガチで刀鍛冶になりたいんだがどうすりゃいいのさ





    288以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/25(日) 11:09:11.77 ID:7KJ1vTLz0
    >>287
    刀鍛冶に入門して修行して、作刀許可ゲットで刀鍛冶というのがかんたーんな流れですが、食っていける人なんて本当一握りです。
    図説・日本刀大全―決定版 (歴史群像シリーズ)
    稲田 和彦
    学研
    売り上げランキング: 10,113
    http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1377347252/
    • 「日本刀について質問に答える」をTwitterに投稿する
    • 「日本刀について質問に答える」をいいね!する

     コメント一覧 (19)

      • 1. ゴールデン名無し
      • 2013年08月25日 18:03
      • (こやつ明らかに大うつけ!
        戦場での太刀の使い方を知らぬ!
        上から打ち降ろしたとて兜で防げる!
        太刀とは鎧の隙間や急所の一点を突き刺すもの!)
      • 2. ゴールデン名無し
      • 2013年08月25日 18:16
      • 中二病みたいなこと思うんやけど、「妖刀」ってあるのかな時代劇みてたら出てきててはぁっ!?あんの、かっけぇええって騒いだ人なんだけど。
      • 3. ゴールデン名無し
      • 2013年08月25日 18:17
      • なげーよwwwwwwwwwwww
      • 4. ゴールデン名無し
      • 2013年08月25日 18:21
      • アノクソババアマジムカツク
        何のために徹夜したと思ってんだ
      • 5. ゴールデン名無し
      • 2013年08月25日 19:08
      • スチールプレートの鎧に刀で斬りつけてたけど斬れてたな
        たぶん食い込んで抜けなくなりそうだけど
      • 6. ゴールデン名無し
      • 2013年08月25日 19:10
      • 真剣は切れ味がある分扱いやすいし、素人から玄人まで幅広く使われている武士の基本武器
        対して研無刀は見た目なんかは真剣とほとんど変わらねぇが
        あえて斬れない様に鋭く研がない分硬度と重量をかなり増加させて斬るより破壊を目的とした玄人好みのあつかいにくすぎる刀
        使いこなせねぇとナマクラ刀より弱いただの鉄クズみたいなもんだってのに 何であのガキは?
      • 7. ゴールデン名無し
      • 2013年08月25日 19:27
      • ※5
        もしもガニー軍曹の〜シリーズを見たんだとしたら、あれは日本刀じゃなくて
        Cold Steel社のKATANA(笑)らしい
      • 8. ゴールデン名無し
      • 2013年08月25日 19:29
      • 斬を晒しあげるのは速やかにやめて差し上げろ。
        あと、隕鉄で出来た刀は流星刀っていうくっそカッコ良い名前の刀があったはず。現存するかどうかは知らぬ。
      • 9. ゴールデン名無し
      • 2013年08月25日 19:51
      • 藤安 将平
        現在で平安 鎌倉時代の刀を一番再現できると言うかしようとしてるらしい
      • 10. ゴールデン名無し
      • 2013年08月25日 20:04
      • オタクもモノによっては一途に見えるもんだな
      • 11. ゴールデン名無し
      • 2013年08月25日 20:57
      • 隕鉄は鉄の製法が確立してない時代で割りと純粋な鉄だったから貴重なんじゃね?
        あとどの国でも空から来たものって神聖な意味がありますし
      • 12. ゴールデン名無し
      • 2013年08月25日 20:59
      • 妖刀ってあれだよ
        オーナーが必ず事故る車とか自殺者が多発する不動産とかそういうのと同列のアレだよ
      • 13. ゴールデン名無し
      • 2013年08月25日 21:14
      • かなり専門的なことが多いから全然解らねw
      • 14. ゴールデン名無し
      • 2013年08月25日 22:05
      • 元スレにて指摘されている様、酔っ払って書いてしまったので今見返すと色々とダメダメ過ぎて申し訳ないです
        とにかく、多くの方に、少しでも刀に興味を持ってもらえれば私はとても嬉しいのです。
      • 15. ゴールデン名無し
      • 2013年08月25日 22:22
      • 富山の天文台に隕鉄で造られた流星刀があるよ(・∀・)でも小刀位の大きさだけど( ̄▽ ̄;)刃紋?は凄く綺麗だった
      • 16. ゴールデン名無し
      • 2013年08月25日 23:26
      • 斬鉄剣はじつは、刀ではなく剣
      • 17. ゴールデン名無し
      • 2013年08月26日 00:14
      • NYのメトロポリタン美術館にある世界の近代武器部門にある日本刀の美しさと妖艶さと人を殺せるだろう存在感は半端なかった。
      • 18. ゴールデン名無し
      • 2013年08月26日 07:22
      • ※17
        アレの存在感は異常。他の武器は普通に見えるのに日本刀だけなんかぞわっとするのはなんでなんだろ

        まわりの外国人達はメッチャテンション上がってたが
      • 19. ゴールデン名無し
      • 2013年08月26日 17:54
      • 玉鋼厨は本当に馬鹿だよなぁ こんなん江戸末期に苦肉の策で生み出された作刀法なのに、これ以外は認めない!ってギャーギャー喚くんだもの
    コメントフォーム
    記事の評価
    • リセット
    • リセット

    ※連投、荒らし、宣伝、不適切と判断されたコメントはNGの対象になります
      当サイトについて
      記事検索
      アーカイブ
      スポンサードリンク