84年続く史上最も長く時間がかかる実験、久しぶりに動きあり
    2014年04月23日 コメント(7) 外国人・世界事情 
    omo032
    1ぱぐたZφ◆FdDsU0B5ivx5 :2014/04/22(火)20:55:01 ID:325ewXk3q
    年代を超え、世代を繋ぎ、うけつがれていく実験。

    実験が始まったのは1930年。今でも続いているので、84年もかけて行なわれている実験ということです。そんな長期にわたる実験なんてどんだけ大層なものかと思いきや、実験内容はただ待つのみ。特に何かするわけでも、何が起きるわけでもなく、ひたすら待ち続ける。これが実験。忍耐力が何よりも鍵となります。

    なんの研究かというと、水の2300億倍もの粘着性がある物質が垂れて落ちるのをただ見るというもの。なんせものすごい粘り気なので、1滴落ちるのも相当な時間がかかります。実験開始から84年間で今まで落ちたのはたったの8滴。今回落ちたのが13年ぶり9滴目となりました。

    〈中略〉

    これだけ長い研究ですから、時にその動きを見届けられないこともあるもので。オーストラリアのブリスベンにあるクイーンズランド大学で研究担当だったJohn Mainstone教授は、この9滴目を見ることなく昨年他界されてしまいました。無念なことに、彼が担当中におきた5滴の落下も彼は見逃してしまっていたのです。長年研究に携わりながら、とうとう1滴も落下も見ることは叶わなかった、これは本当に無念でしょうね。

    ちなみに、この研究を開始したThomas Parnell教授は、最初の3滴を見ることができたそうです。

    〈以下略〉

    ソース
    http://yukan-news.ameba.jp/20140421-203/



    5名無しさん :2014/04/22(火)21:12:29 ID:DiWXPjgH4
    気の長いドモホルンリンクルみたいなもんか





    10名無しさん :2014/04/22(火)21:21:48 ID:ZFB9sTEJI
    ただ見るだけの過酷なお仕事です





    2それなり◆XonGXAywZYD. :2014/04/22(火)21:03:59 ID:dbjetLK0L
    (;´Д`)なぜ始めようと思ったのか。

    実はガラスも粘性があるので、古いガラスだと重力で下にさがってくるらしいね。
    豆知識。






    3名無しさん :2014/04/22(火)21:06:44 ID:DOZ9JYRou
    >>2
    あったね
    あと放射線で劣化するんだっけ?






    4名無しさん :2014/04/22(火)21:08:49 ID:jVad1QNdX
    >>2
    ステンドグラスも修復しないとだめなんよね






    6名無しさん :2014/04/22(火)21:14:31 ID:qrYYn7ZMN
    水の2300億倍もの粘着性…凄すぎて分からないな





    7それなり◆XonGXAywZYD. :2014/04/22(火)21:18:42 ID:dbjetLK0L
    >>6
    元ページの写真を見たら、どう見ても個体です。
    本当にありがとうございました。






    11名無しさん :2014/04/22(火)21:22:16 ID:ECAJlUr29
    >>7
    これが垂れ落ちる??・・・想像つきまへん






    19名無しさん :2014/04/22(火)23:21:27 ID:MgZY14NpD
    >>7
    急激な力を加えたら
    固体としての挙動を示すんじゃないの?






    20名無しさん :2014/04/23(水)01:56:34 ID:C9u5lxDIy
    >>19
    限り無く固体だけど液体と同じ挙動をするか、の実験






    22名無しさん :2014/04/23(水)11:44:24 ID:gNSYJdhbQ
    >>19
    片栗粉水に溶いたやつの上で高速足踏みするのと同じ原理か…






    8名無しさん :2014/04/22(火)21:19:50 ID:JnyDGdp4F
    そんなのほとんど個体だろ。と、思ったらガチで個体のようなものだった。
    アスファルトでも似たようなことができるらしいが…






    13名無しさん :2014/04/22(火)21:23:46 ID:0hcWTF7Cx
    チキソトロピーと言うんだな





    15それなり◆XonGXAywZYD. :2014/04/22(火)21:39:39 ID:dbjetLK0L
    ピッチドロップ実験と言うらしい。
    この物質が液体ということを証明するために始めたんだってさ。
    実験装置がこれ。
    確かに垂れとる。


    一滴垂れるのに10年以上だと…






    16◆D4vNpalM5M :2014/04/22(火)23:10:29 ID:nE8ovPUaR
    >>15
    これじゃあ下に付いても、上と繋がってるんじゃない?






    17それなり◆XonGXAywZYD. :2014/04/22(火)23:16:15 ID:dbjetLK0L
    >>16
    違う実験装置だけど、垂れるというか何というか、
    キレの悪いウンkみたいな感じだった。






    18名無しさん :2014/04/22(火)23:19:07 ID:MgZY14NpD
    長いことやってるつうとこれ思い出した

    オルガン2/ASLSP
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%AB%E3%82%AC%E3%83%B32/ASLSP

    >ドイツ、ハルバーシュタットのブキャルディ廃教会でのオルガン版の演奏が2001年に始まった。この演奏は、
    >639年以上の期間をかけるよう設定され、2640年に演奏終了予定である。






    23名無しさん :2014/04/23(水)11:52:17 ID:iwh4TF9yg
    そら計算すればいくらでも出るだろうけど、やっぱり実証となるとやるしかないんだよなぁ
    シュミレーターだって所詮は仮想だし、手に入るできるならやれとなるのが理系の性






    12名無しさん :2014/04/22(火)21:22:34 ID:Kk2TLzplW
    なにか重大な意味が隠されているに違いない。


    http://ai.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1398167701/
    • 「84年続く史上最も長く時間がかかる実験、久しぶりに動きあり」をTwitterに投稿する
    • 「84年続く史上最も長く時間がかかる実験、久しぶりに動きあり」をいいね!する
    この記事へのコメント
    1. Posted by 以下、金ぴか名無しさんがお送りします。   2014年04月23日 18:11
    John Mainstone教授の巡り会わせの悪さは異常
    2. Posted by 以下、金ぴか名無しさんがお送りします。   2014年04月23日 18:41
    これがなんの役に立つんだろう
    無駄すぎてむかつく
    3. Posted by 以下、金ぴか名無しさんがお送りします。   2014年04月23日 19:29
    てか、液体的挙動を示すかどうかなんて一滴垂れた時点で明白なんだし
    その時点でのデータから、残りの試料の流れ方もシミュレート出来るだろ
    数十年もかけて実際に流れる様を観察する意義って何なの?
    4. Posted by 以下、金ぴか名無しさんがお送りします。   2014年04月23日 21:22
    何故やるのかっていうのは多分、俺らに理解できるものではないと思う。
    そういうことに情熱を傾けることができる人種が存在するってことなんだよ・・。
    5. Posted by 以下、金ぴか名無しさんがお送りします。   2014年04月23日 21:27
    ※3
    そんなことを言い始めたら、お前はどうしてまともな人生が送れそうもないのに生きてるのさ
    生きてる意義ないでしょ
    6. Posted by 以下、金ぴか名無しさんがお送りします。   2014年04月23日 21:37
    せっかちはくしゃくと時間泥棒思い出した
    7. Posted by 以下、金ぴか名無しさんがお送りします。   2014年04月25日 16:08
    ※2無駄に価値を見出すのが人間なんだよ
    君みたいな無知な存在は価値すらないだろうが笑
    名前:
      情報を記憶:
    コメント:
     
    ※連投、荒らし、宣伝、不適切と判断されたコメントはNGの対象になります
      当サイトについて
      記事検索
      アーカイブ
      スポンサードリンク