真姫「穂乃果が風邪?」
    2014年08月16日 コメント(5) 長編創作・SS 
    958f7be9
    1VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/08/15(金) 08:26:59.22 ID:BBxkVhfy0
    絵里「本当なの?」

    海未「ええ、ここ最近調子が悪そうだったのでまさかとは思いましたが……」

    ことり「本当に風邪なんてね……、穂乃果ちゃん大丈夫かな」

    希「心配やね」

    花陽「お見舞いに行った方がいいのかな……」

    真姫「そうね、風邪の時は心細くなるって言うし行って元気づけてあげるべきね」

    凛「じゃあみんなでいくにゃー!」

    真姫「それは駄目よ!あまり大勢で行っても穂乃果の負担になるわ」

    にこ「練習もあるし1〜3人ってところかしら」

    海未「……私が行きましょう、やはり付き合いの長い私が適任でしょう」







    2VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/08/15(金) 08:28:17.07 ID:BBxkVhfyo
    ことり「それなら私もだよね!二人で行こうか」

    絵里「ちょっと待ちなさい、今日は生徒会の活動日でしょ?」

    海未「そ、そうですが……」

    絵里「さすがに役員全員がいなくなるのはまずいわ、仕事だって溜ってしまうでしょ?」

    ことり「ちゅん……」

    絵里「穂乃果がいない分までちゃんとやってあげないとね♪」

    絵里「穂乃果のことなら私がちゃんと――「絵里と希も生徒会手伝ってあげれば?」

    絵里「!?」






    3VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/08/15(金) 08:28:49.21 ID:BBxkVhfyo
    にこ「何驚いてるのよ……、人手がいないんだから手伝うくらいは良いんじゃない?」

    絵里「ええ、確かにそうだけど……」

    にこ「どうせ穂乃果のことだから仕事を溜めこんでいるでしょうしね」

    海未「まったくもってにこの言う通りです、ぜひ絵里たちに手伝ってもらいたいのですが」ニッコリ

    ことり「うん!悪いけど手伝ってくれると助かるな〜」ニッコリ

    絵里「えっ、今日はちょっと……、明日から手伝うから!」

    海未「ふふっ、明日やろうはなんとやらですよ?ほら行きますよ」ゴゴゴ

    ことり「お礼にお菓子いっぱいあげるからね?」ゴゴゴ

    絵里「そんな!私のお見舞いが!なんでなのよー!」ズルズル

    希「エリチはついてないなぁ〜、じゃあウチも行ってくるね!
    穂乃果ちゃんのことよろしくなぁ!」タッタッタ

    凛「こ、怖かったにゃ……」

    花陽「あの有無を言わさない迫力はさすがだよね……」






    4VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/08/15(金) 08:29:22.91 ID:BBxkVhfyo
    にこ「まったく何やってるのかしらね、んでお見舞いに行く人だけど」

    花陽「この四人で行けばいいんじゃないかな……?」

    凛「うんうん!」

    真姫「駄目よ、練習があるでしょう?」

    凛「それなら練習を早く切り上げるとかしてなんとかするにゃ!」

    にこ「あんたと花陽はまだダンスを覚えきってないし今日はみっちりやるわよ!」

    花陽「そ、そんなぁ……」

    凛「鬼にゃ……」

    にこ「ってことでお見舞いは私が――「じゃあ私が行った方がいいわね」

    にこりんぱな「!?」






    5VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/08/15(金) 08:30:01.83 ID:BBxkVhfyo
    真姫「な、なによ!」

    凛「真姫ちゃんが……」

    花陽「穂乃果ちゃんの……」

    にこ「お見舞いに!?」

    真姫「す、進んでいきたいわけじゃないわよ!人がいないからよっ」カミノケクルクル

    にこ「それなら私が……」

    真姫「にこちゃんがいなくなったら誰が二人の練習を見るのよ」

    にこ「べ、別に私じゃなくても真姫ちゃんでもいいじゃないっ!」

    真姫「やっぱり部長がいないと練習に身が入らないんじゃないかしら、ねえ?」チラッ

    りんぱな「!?」

    凛「た、確かにそうかも!部長がいないと身が引き締まらないにゃー!」

    花陽「だ、だよね!にこちゃんがいないとなぁ〜!」






    6VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/08/15(金) 08:30:37.39 ID:BBxkVhfyo
    にこ「あんたたち……」

    凛(ダメだったかにゃ!?)

    花陽(さすがに露骨すぎたんじゃあ……)

    にこ「泣かせること言ってくれるじゃないの!今日は徹底的に行くわよ!」グスッ

    りんぱな(よ、よかった〜……)

    真姫「ってことだから私が行くわね、じゃあ頑張ってね」トコトコ

    バタン

    花陽「それにしても……」ヒソヒソ

    凛「あの時の真姫ちゃんの目は怖かったよね……」ヒソヒソ

    花陽「うん……、ことりちゃん以上の迫力だったよね」ヒソヒソ

    凛「思わず協力しちゃたにゃ……」ヒソヒソ

    にこ「こら!何おしゃべりしてるのよ!ビシバシ行くって決めたんだからガンガン行くわよ!」

    凛「ひぃぃ!?」

    花陽「ダレカタスケテー」






    7VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/08/15(金) 08:31:03.26 ID:BBxkVhfyo
    〜〜〜〜〜
    道中!

    真姫(ようやく穂乃果の部屋に入ることができるのね……)

    真姫(私だけ入る機会が中々なかったからね、ちょっと楽しみだわ)

    真姫(……ってお見舞いだったわね、楽しみなんて穂乃果に悪いわね)

    真姫(ケーキでも買っといたほうがいいかしら……)

    穂乃果『ねえ、風邪で上手にケーキ食べれないよ……、食べさせてほしいな』

    真姫『ショウガナイワネー!///』アーン

    穂乃果『あーん、んー!とっても美味しいよっ』モグモグ

    真姫『私のお勧めのケーキ屋さん野なんだから当然ね///』

    穂乃果『あはは、穂乃果じゃ買えないくらい高そうだね〜。でもね』

    真姫『?』

    穂乃果『ケーキも美味しいけど真姫ちゃんが食べさせてくれるからもっと
    美味しく感じるんだと思うな?だからね、もっと食べさせて』ウルウル

    真姫『』プシュー

    真姫(とかなっちゃったりするわね!よしケーキを買ってから行きましょう!)






    8VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/08/15(金) 08:31:43.95 ID:BBxkVhfyo
    〜〜〜〜〜
    こうさかけ!

    真姫「い、いざ家の前に来ると緊張するわね」ドキドキ

    真姫「というかこれから穂乃果と二人きりになるのよね」ドキドキ

    真姫「穂乃果と二人きり中々なんてないから何話せばいいかしら……」ドキドキ

    真姫「どうしよう……、帰りたい……」ウジウジ

    ほのママ「あのう……、ウチに何か用事ですか?」

    真姫「う゛ぇえ!?」






    9VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/08/15(金) 08:32:20.80 ID:BBxkVhfyo
    ほのママ「あら、あなた音乃木坂の子ね?ウチに買い物かしら」

    真姫「え、あっ……、いえ、そうじゃなくて!ほ、ほのかの……」

    ほのママ「穂乃果?ああ!もしかしてお見舞いにきてくれたのかしら?」

    真姫「は、はい」

    ほのママ「あの子も喜ぶわ!あがってあがって!」ズイズイ

    真姫「は、はい。お邪魔します」

    <スミマセンー

    ほのママ「あら、お客さんが……、穂乃果の部屋は二階だから
    勝手に入って大丈夫よ!」ハーイオマタセイタシマシター

    真姫「元気な人だったわね……」

    真姫(穂乃果の性格も納得できるわ)






    10VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/08/15(金) 08:33:00.85 ID:BBxkVhfyo
    〜〜〜〜〜
    ほのへや!

    真姫(ここが穂乃果の部屋ね)ドキドキ

    真姫(えっと、まずはノックをして……その前に深呼吸しないと)スーハスーハ

    コンコン

    真姫(……、返事がないわね)

    コンコン

    真姫「ほ、穂乃果?真姫だけど……」

    コンコン

    真姫「寝てるのかしら……、入って大丈夫よね」ドキドキ

    真姫「へ、返事がないから入るわよ」ドキドキ

    ガチャ

    真姫(ここが穂乃果の部屋……)

    真姫(想像より片付いてるわね、ってかオレンジの比率が高いわ
    穂乃果らしいわね)

    真姫(えっと穂乃果は……いた)ドキドキ






    11VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/08/15(金) 08:34:12.32 ID:BBxkVhfyo
    穂乃果「すぅ……すぅ……」

    真姫(寝てるみたいね、近づいて大丈夫よね)ドキドキ

    真姫「ほ、穂乃果?寝てるわよね?」

    穂乃果「んっ……はぁっ…………」zzz

    真姫「うなされてるわね……、熱はどれくらいあるのかしら」ピトッ

    真姫「んー、結構あるみたいね」

    穂乃果「うぅっ……はぁっ」

    真姫「だいぶつらそう、可愛そうに……」ナデナデ

    穂乃果「んっ……すぅ……すぅ……」

    真姫「ちょっと落ち着いたわね……、撫でるのって効果あるのかしら」ナデナデ

    真姫「今の私が穂乃果のためにできることはこれくらいだけど……」ナデナデ

    真姫「少しでも楽になってくれるならいくらでもするわ」ナデナデ










    12VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/08/15(金) 08:34:48.98 ID:BBxkVhfyo
    真姫(だいぶ落ち着いたみたいね)ナデナデ

    穂乃果「すぅ……すぅ……」zzz

    真姫(可愛い寝顔ね……、って私ナチュラルに穂乃果のこと撫でてる!?)

    真姫(い、意識したらなんか一気に恥ずかしさが……///)

    真姫(それによく見ると風邪で顔が赤くて……汗で顔に張り付いた髪の毛が
    何とも言えないわ……)ゴクリッ

    穂乃果「んっ……はぁ……はあっ……」

    真姫(また穂乃果が!変なこと考えてる場合じゃないわね)ナデナデ

    穂乃果「ん……すぅ……すぅ」

    真姫(今はこの寝顔を守る事だけ考えましょう)










    13VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/08/15(金) 08:35:48.63 ID:BBxkVhfyo
    穂乃果「んん……むにゃむにゃ……朝ぁ?」

    真姫「あら、起きたのね」ナデナデ

    穂乃果「ま、真姫ちゃん!?なんでここにいるの!?」

    真姫「風邪引いたって聞いてね、代表でお見舞いに来たのよ」ナデナデ

    穂乃果「そっか、ありがとう!……でね、そのぉ……」

    真姫「どうしたの?」ナデナデ

    穂乃果「いやー、なんで穂乃果は撫でられてるのかなーって……」

    真姫「う゛ぇえ!?///」

    穂乃果「あ!嫌とかじゃないんだよ?でもちょっと恥ずかしなって」

    真姫「えっ、あ、違うの!穂乃果が苦しそうで撫でると落ち着いてたから撫でてただけよ!///」

    真姫「べべべ別によこしまな気持ちとかは全くなくて!
    そう!いうなれば医療行為の一環よっ!///」

    穂乃果「あははっ、真姫ちゃん顔真っ赤だよ?」

    真姫「気のせいよ!」






    14VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/08/15(金) 08:36:38.98 ID:BBxkVhfyo
    穂乃果「でも穂乃果が寝てる間ずっと撫で続けてくれたんだよね?ありがとうね!」

    真姫「しょ、将来医者になる身として患者を放っておけなかったのよっ」

    穂乃果「おかげさまでだいぶよくなったよ♪」ニコ

    真姫「な、なら良かったわ///」

    穂乃果「でもごめんね、せっかく来てくれたのにずっと寝てて……」

    真姫「いいのよ病人なんだから、そういうのは気にしないで頂戴」

    穂乃果「うん、ありがとう!」

    真姫「と、ところでケーキ買ってきたんだけど良かったら食べる?」

    穂乃果「えっ?本当!食べる食べる!」ワーイ

    真姫(ここまで喜んでくれるなんて……買ってよかったわ)






    15VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/08/15(金) 08:37:14.47 ID:BBxkVhfyo
    真姫「はい、ショートケーキでいいわよね」

    穂乃果「うん!大好物だよっ!」

    真姫(こ、ここであーんを……)ドキドキ

    穂乃果「いっただきまーす!」

    真姫(風邪引いてるし食べさせてあげましょうか?とかでいいわよね)ドキドキ

    穂乃果「んーっ!おいしっ!」

    真姫(でもそれだとおかしくないかしら?やっぱりシンプルに言うのが一番かしらね)ドキドキ

    穂乃果「すごく美味しいね!なんかお上品なお味がする!」モグモグ

    真姫(で、でもそれだと私があーんしてあげたいみたいじゃない!)

    真姫(したくないわけじゃないんだけどね……ええい!言うわよ!)ドキドキ

    真姫「たたた、食べにくそうだs―――「ごちそうさまでした!」

    真姫「へっ?」






    16VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/08/15(金) 08:37:53.96 ID:BBxkVhfyo
    穂乃果「ごちそうさまっ、とっても美味しくてすぐ食べちゃったよ」テヘヘ

    真姫「えっ、あ……。そう?それなら良かったわ」

    穂乃果「今度何かお礼するね!」

    真姫「気にしないでいいわよ……」シュン

    穂乃果「うん?どうしたの?元気ないけど」

    真姫「気のせいよ……」

    穂乃果「そっか!ねえ今日、学校はどんな感じだったの?聞きたいな!」

    真姫「学校?ええいいわよ。まずはμ'sのことね」

    真姫「今日は海未達と絵里がどっちがお見舞いに行くかで喧嘩してね――」

    穂乃果「うんうん!」

    真姫「―――その時のにこちゃんがとっても面白かったのよ」

    穂乃果「あははっ!にこちゃんらしいね!」










    17VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/08/15(金) 08:38:48.65 ID:BBxkVhfyo
    真姫(っと、会話に夢中になっちゃったけど結構いい時間ね)

    真姫(この時間を終わらせるのも惜しいけどママが心配するし……)

    穂乃果「あ!もう結構遅い時間だね、真姫ちゃん大丈夫なの?」

    真姫「え、ええ。もうそろそろ帰らないとまずいわ」

    穂乃果「そっか〜、最近は真姫ちゃんと二人きりで話す機会はあまりなかったから
    つい夢中で話しこんじゃったよ」テヘ

    穂乃果「お見舞い来てくれてありがとね!真姫ちゃんのおかげで楽しかったよっ」

    真姫「わ、私も楽しかったわよ///ま、また二人で話しましょうね」カミノケクルクル

    穂乃果「うん!約束だよっ」

    真姫「あ、明日は学校来なさいよね!みんな穂乃果がいないと寂しそうなのよ!」

    穂乃果「そのみんなに真姫ちゃんは入ってるのかな〜?」ニヤニヤ

    真姫「シ、シラナイワヨ!/// 帰るからね!」

    バタン

    穂乃果「ふふっ、素直じゃないな〜」

    穂乃果「来てくれて本当にありがとね真姫ちゃん」







    18VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/08/15(金) 08:40:10.70 ID:BBxkVhfyo
    〜〜〜〜〜
    帰り道!

    真姫「まったく穂乃果は……、あれわかっててやってるのかしらね」

    真姫(今日は穂乃果と沢山話せたわね……)

    真姫(な、撫でたり寝顔も見れたし良い一日だったわ)

    真姫(心残りはあーんができなかったことね)

    真姫(また二人で話せるかしら……)

    真姫(っと、やっぱり受け身なじゃだめだね、ライバルは多いのだから頑張らないとね)

    真姫(ふふっ、明日が楽しみね)

    真姫「クシュンッ」






    19VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/08/15(金) 08:40:36.91 ID:BBxkVhfyo
    〜〜〜〜〜
    次の日!

    真姫「クシュン!クシュン!」ズズー

    穂乃果「まさか次の日に真姫ちゃんが風邪引くなんてね〜」

    真姫「だ、だれのせいよ……」

    穂乃果「えへへ、そのおかげでまた真姫ちゃんと二人きりだね!」

    真姫「私はだるいし喉も痛いしでそれどころじゃないわよ……」ズズー

    穂乃果「そんなときはこれ!プリンだよっ!」

    真姫「プリン?」

    穂乃果「風邪の時はいつも食べるんだ、きっとすぐよくなるよっ」

    真姫「そ、そうかしらね……」

    穂乃果「うん!ほら食べて食べて!」アーン

    真姫「う゛ぇえ!?/// 何してんのよ!」






    20VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/08/15(金) 08:41:13.89 ID:BBxkVhfyo
    穂乃果「あーんだよ?だって風邪ひいてるし食べにくいでしょう?」キョトン

    真姫「い、いやそういうことじゃなくて……」

    穂乃果「もう!病人は黙って食べる!あーん」

    真姫「あ、あーん///」モグモグ

    穂乃果「どう?穂乃果オススメのプリンなんだよっ、美味しいでしょ!」

    真姫「ええ、とっても美味しいわ///」

    真姫(風邪のせいで味なんてとても分かったもんじゃないわよ……)

    真姫(でも……とても甘い気がする)

    穂乃果「……」ジーッ

    真姫「黙ってこっち見てるけど今度は何よ」ハァ

    穂乃果「ん〜、真姫ちゃんが寝ないかなってね」

    真姫「はぁ?なんでよ」






    21VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/08/15(金) 08:42:23.78 ID:BBxkVhfyo
    穂乃果「それはもちろん!撫でてあげるからだよ!」

    真姫「う゛ぇ!?なんでそんなことするのよ!」

    穂乃果「昨日のお返しかな?
    それに医療行為だって昨日、真姫ちゃんが言ってたんだよ?」

    真姫「た、確かに言ったけどそれとこれとは違うって言うか……」

    穂乃果「もう!いいから病人は早く寝るっ!
    隣で穂乃果も寝ながらが子守歌を歌ってあげるから!」モゾモゾ

    真姫「ちょっと!ベットに入ってこないでよ///」

    穂乃果「えへへ、真姫ちゃんのベットふかふかそうで寝てみたかったんだよね!」

    真姫「……うつっても知らないわよ」






    22VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/08/15(金) 08:43:15.89 ID:BBxkVhfyo
    穂乃果「そしたらまた真姫ちゃんにお見舞いにきてもらうからいいよ
    じゃあ歌うから寝ないとダメだよっ!」

    <カクシテーヒライテーカクシテー

    真姫(なんて選曲よ!でもなんだか眠くなってきたわね……)

    真姫(歌はともかく穂乃果の匂いって落ち着くわね……)

    真姫(本当、不思議な子ね……)zzz

    穂乃果「ありゃ、サビ行く前に寝ちゃった。そんな体調悪かったのかな……」

    真姫「んっ……ほのかぁ……」ギュッ

    穂乃果「穂乃果だよ〜」ナデナデ

    真姫「んっ……すぅ……すぅ……」

    穂乃果「やっぱ寝てる真姫ちゃんもかわいいね!」ナデナデ

    真姫「んんっ……もっと……」ぎゅっ

    穂乃果「ふふっ、起きるまで居てあげるからね」ナデナデ






    23VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/08/15(金) 08:43:54.97 ID:BBxkVhfyo
    〜〜〜〜〜
    帰り道!

    穂乃果「いやー、あんな真姫ちゃんも新鮮でいいねっ」

    穂乃果「やっぱり風邪だと人肌が恋しくなるって本当なのかな?」

    穂乃果「寝顔の写真も撮ったし明日みんなに話しちゃおうかな〜」ウププ

    穂乃果「明日が楽しみだな〜」

    穂乃果「ハクチョン!」ズズー

    穂乃果「あ、あれ?」

    おわり






    25VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/08/15(金) 08:50:47.90 ID:Ljvq+Wq6o
    ほのまき良いよね 乙






    31VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/08/15(金) 10:16:33.41 ID:33hkT9HOO

    子守歌の選曲わろた



    http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1408058809/
    ラブライブ! School idol diary 〜西木野真姫〜 (―)
    KADOKAWA / アスキー・メディアワークス (2014-04-24)
    売り上げランキング: 5,014
    • 「真姫「穂乃果が風邪?」」をTwitterに投稿する
    • 「真姫「穂乃果が風邪?」」をいいね!する
    この記事へのコメント
    1. Posted by 以下、金ぴか名無しさんがお送りします。   2014年08月16日 07:01
    みんなホノキチ
    2. Posted by 以下、金ぴか名無しさんがお送りします。   2014年08月16日 07:10
    まきちゃんprpr
    3. Posted by 以下、金ぴか名無しさんがお送りします。   2014年08月16日 10:00
    まきちゃんかわいい
    4. Posted by 以下、金ぴか名無しさんがお送りします。   2014年08月16日 10:55
    選曲に草
    5. Posted by 以下、金ぴか名無しさんがお送りします。   2014年08月16日 12:19
    エンドレス風邪
    名前:
      情報を記憶:
    コメント:
     
    ※連投、荒らし、宣伝、不適切と判断されたコメントはNGの対象になります
      当サイトについて
      記事検索
      アーカイブ
      スポンサードリンク