穂乃果「最近海未ちゃんが叩いてくる……」
    2015年12月08日 コメント(1) 長編創作・SS 
    ll1_02
    1以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/08(火) 00:14:12.26 ID:OxLORt9A0
    〜〜〜〜〜


    ことり「穂乃果ちゃん遅いね……」

    海未「寝坊ですかね……?まったく穂乃果ときたら―――」

    ことり「あ!ホノカチャン!」

    穂乃果「うわわっ!ご、ごめんね!」タッタッタ

    海未「穂乃果っ!」

    穂乃果「はぁ……はぁ……え、えへへ!目覚ましが壊れたみたいで!」

    海未「壊れてたみたいで……じゃありませんっ!」ぺちんっ

    穂乃果「いたっ!?」

    海未「そういう時はすぐに連絡をくださいと
    毎回言ってるじゃないですかっ!」







    2以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/08(火) 00:14:58.55 ID:OxLORt9Ao
    穂乃果「うぅ……だからって叩くことないじゃん……ことりちゃ〜ん!」ウルウル

    ことり「だ、大丈夫?穂乃果ちゃん」ナデナデ

    穂乃果「うえ〜ん!海未ちゃんが叩いたぁ……」ギューッ

    海未「お、大げさすぎます!だ、大体穂乃果が悪いんじゃないですか
    ……穂乃果が……」モゴモゴ

    穂乃果「ふーんだ!ことりちゃ〜ん!」ハグーッ

    ことり「あは、あははっ」アセアセ

    海未「むぅ……」






    3以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/08(火) 00:15:26.00 ID:OxLORt9Ao
    ――――
    ―――
    ――

    放課後 部室

    穂乃果「ってことが今朝あったんだ」

    真姫「ふーん、いつもの登校風景じゃない」

    穂乃果「いつものじゃないよ!真姫ちゃんのにぶちん!
    絵里ちゃんなら気づいたよね!?」

    真姫「なっ!にぶち……」ガーン

    絵里「えっ?……そうね、悪いけど私にもいつもの登校風景としか……」

    穂乃果「ええっ!絵里ちゃんまで!?」

    真姫「ほら、エリーだって気づいてないでしょ?私が鈍いわけじゃないわよ」フフン






    4以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/08(火) 00:17:00.80 ID:OxLORt9Ao
    穂乃果「うぅ……頭のいい二人だったら
    いい案出してくれると思ったんだけど……失敗だったかなぁ……?」

    絵里「えっと、その今朝の話と私達を呼んだのは何か関係があるの?」

    穂乃果「もちろん大有りだよ!」

    真姫「相談に乗ってほしいなんて言うから何かと思えば……
    目覚ましの直し方はなんて知らないわよ?」

    穂乃果「もう目覚ましのことはいいから!
    ……ねえ、最近おかしいと思わない?」

    絵里「おかしい?」

    真姫「何がよ?」

    穂乃果「もうっ!海未ちゃんの様子がだよ!」

    真姫「海未の様子が?」






    5以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/08(火) 00:17:35.76 ID:OxLORt9Ao
    穂乃果「今朝の話をしたでしょ!明らかにいつもの海未ちゃんじゃないよっ」

    真姫「はあ?どこがよ?」

    穂乃果「よく思い出して!……海未ちゃんの怒り方とか!」

    絵里「怒り方……?……あっ!」

    『壊れてたみたいで……じゃありませんっ!』ぺちんっ

    絵里「穂乃果のことを叩いてた……?」

    穂乃果「そう!それだよっ
    ちょっと前の海未ちゃんならこんなことくらいで叩かないもん」

    真姫「そうだったかしら?穂乃果を叩く事は結構あった気も……」

    穂乃果「むー……確かにあったかもしれないけど……
    でも最近は明らかに多すぎだよ!ほらっ、練習のときだって―――」






    6以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/08(火) 00:21:59.93 ID:OxLORt9Ao
    ――――
    ―――
    ――


    海未「……何か言い訳はありますか?」

    穂乃果「い、嫌ですねその……お饅頭が売れ残りすぎちゃって
    ……ほら、腐っちゃうとあれだし!」

    海未「―――貴方は何回同じことをすれば気が済むんですかっ!」ぺちんっ

    穂乃果「うぐっ!?」

    海未「毎回毎回!なぜそんなにすぐ体重を増やしてしまうんですかっ!」

    穂乃果「だ、だって……帰ると和菓子が用意されてるんだもん……」

    海未「なら夕ご飯を減らせばいいでしょう!?」

    穂乃果「ご、ご飯は別腹と言いますか……」

    海未「何を言ってるんですか!」ぺちんっ

    穂乃果「あいたっ!?」






    7以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/08(火) 00:28:33.27 ID:OxLORt9Ao
    海未「毎回毎回穂乃果ときたら……そんなに残ってるなら私のことを呼んでくれたって―――」ブツブツ

    穂乃果「うぅ……二度もぶった……」

    海未「―――もう!今日は徹底的に絞りますよっ!穂乃果は特別メニューです!」

    穂乃果「げげっ!?」

    海未「まずはマラソン100週からですっ!行きますよっ!」

    穂乃果「ひゃ、100はさすがに多くない!?無理だよ!う、うみちゃああああああんっ!」






    8以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/08(火) 00:29:27.57 ID:OxLORt9Ao
    ――――
    ―――
    ――


    真姫「あー。そういえばやってたわね」

    穂乃果「ここだけで二回だよ!そのあとも穂乃果がへばる度に叩いてくるし……」

    絵里「で、でも悪いのは穂乃果みたいだし……海未なりの喝入れとかじゃないの?」

    穂乃果「入れるにしてもほどがあるよ!だから思うんだ……
    海未ちゃんは穂乃果のことが嫌いになったんじゃないかって……」

    絵里「海未が穂乃果のことを嫌いねぇ……」






    9以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/08(火) 00:31:15.86 ID:OxLORt9Ao
    穂乃果「きっと穂乃果がダラしないから見放しちゃったんじゃないかって……」ブルブル

    真姫「はぁ……考えすぎじゃないの?」ヤレヤレ

    穂乃果「だって急にだよ!?きっともう嫌になっちゃったんだよ……穂乃果の事……」

    絵里「ああもう、よしよし……」ポンポン

    穂乃果「ぐっす……、ありがと……」

    真姫「まったく見てられないわね……
    で、私たちに海未の真意を確かめる案を出してほしいっところ?」






    10以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/08(火) 00:32:00.25 ID:OxLORt9Ao
    穂乃果「う、うん。色々考えたんだけどやっぱり原因がよくわからなくて……
    二人に相談すれば原因がわかるかなって!ほらっ二人とも頭がいいし!」

    真姫「まあ確かに頭は良いけど……
    2人の事ならことりに相談したほうがいいんじゃないの?」

    穂乃果「うっ……ことりちゃんには話しにくくて……」

    絵里「まあそうよね……」

    穂乃果「だからお願い二人とも!どうか穂乃果を助けると思って……!」






    11以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/08(火) 00:32:26.91 ID:OxLORt9Ao
    真姫「はぁ……まったく……しょうがないわね」

    穂乃果「真姫ちゃん!」ぱあぁぁっ

    絵里「悩んでる穂乃果をほっとけもおけないものね」

    穂乃果「絵里ちゃんっ!」ぱあああっ!

    絵里「ふふっ、お礼はジュースでいいわよ♪」

    真姫「私はトマトジュースね」

    穂乃果「うぅ……二人とも!ありがとうっ」もぎゅーっ

    真姫「ちょ、ちょっとダキツカナイデ///」

    絵里「もうっ、穂乃果ったら」クスクス










    12以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/08(火) 00:32:56.73 ID:OxLORt9Ao
    真姫「それでエリーは何かいい案はある?」

    絵里「とりあえずぱっと思いついたのなら一つだけあるわね」

    穂乃果「さ、さすが絵里ちゃん!その方法は!?」ウルウル

    絵里「さっき自分でも言ってたでしょ?ダラしないから見放したってつまりは―――










    13以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/08(火) 00:34:44.10 ID:OxLORt9Ao
    〜数十分後〜

    穂乃果「なるほどなー……じゃあその辺りを
    明日から早速気を付けてみるね!」タッタッタ

    絵里「ええ、その辺りを気をつければ
    だらしなさが原因だとしたらマシになるとは思うけど……」

    穂乃果「よし……これで海未ちゃんと……!
    じゃあ2人とも今日はありがとう!また明日、お昼休みに報告するねっ!」タッタッタ










    14以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/08(火) 00:35:45.01 ID:OxLORt9Ao
    真姫「ふぅ……、何かと思えばあの二人がそんなことになってたなんてね
    ねえ、エリーはどうおもうの?」

    絵里「……そうね。海未が穂乃果を嫌ってるってのはありえないとして……
    本当に何かあったのかしら?」

    真姫「だらしなさに飽きれ、手が出た……ってんならいいんだけどね」

    絵里「そうね……」






    15以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/08(火) 00:37:21.60 ID:OxLORt9Ao
    〜〜〜〜〜
    次の日 お昼休み

    穂乃果「うわあああああんっ!絵里ちゃーんっ!真姫ちゃん!」ウルウル

    真姫「で、こうなるのね……」

    絵里「ちょ、ちょっと大丈夫?なにがあったの?」ヨシヨシ

    穂乃果「う゛ん……ぞれ゛がね゛……」

    真姫「ああもう、鼻くらいちゃんと拭いてから話しなさいよねっ!」ハイッ

    穂乃果「うう……」チーンッ






    16以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/08(火) 00:37:52.45 ID:OxLORt9Ao
    ――――
    ―――
    ――



    穂乃果「ふふふっ……時刻は7時30分……いつもの待ち合わせの30分前!」

    穂乃果「さすがにこの時間なら海未ちゃんも来てないよね!」エッヘン

    穂乃果「昨日、絵里ちゃんに教えてもらったポイントその1
    待ち合わせ場所には一番早く行くこと!まずは達成だねっ」

    穂乃果「思えばいつも穂乃果が最後だったもんね〜
    でもこれならきっと海未ちゃんも……!」

    穂乃果「早くこないかなっ!」ワクワク











    17以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/08(火) 00:38:18.14 ID:OxLORt9Ao
    〜十数分後〜

    海未「ん……あれは……穂乃果!?」

    穂乃果「あっ!海未ちゃーん!」ブンブン

    海未「ど、どうしたんですかこんなに早く!?
    今日は体育祭でも文化祭でもありませんよ!?」

    穂乃果「こ、こんなにってもう約束の数十分前だよ?」

    海未「い、いつもは大体5分前じゃないですか!
    穂乃果が私より先に来るなんてイベントの日くらいしか……!」

    穂乃果「むぅー!穂乃果だってたまには早い日だってあるもん!」

    海未「あ……も、もしかして雪穂と喧嘩でもしたんですか?」

    穂乃果「モー!穂乃果の事どういう目で見てるのさっ!
    まったく、絵里ちゃんの言う通り早く来てよかった!」プンプン

    海未「……絵里のですか?」






    18以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/08(火) 00:39:38.11 ID:OxLORt9Ao
    穂乃果「うん!昨日の放課後に絵里ちゃんに色々教えてもらってね!
    それで今日は早くこようとね!」エッヘン

    海未「……」ぺちんっ

    穂乃果「あいたっ!?」

    海未「……」

    穂乃果「い、今なんで……?」

    海未「甘いです!甘すぎますっ!」

    穂乃果「う、うぅ……?」






    19以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/08(火) 00:40:49.38 ID:OxLORt9Ao
    海未「昨日の放課後に!絵里と二人きりで!何をしていたのかは知りませんがっ!
    こういうのは一日で達成感を得てはいけないのです!」ぺちんぺちん

    穂乃果「ええっ!?」

    海未「明日も!明後日も!明々後日も!
    きちんと続けてこそなんです!」ぺちんっぺちんっぺちんっ

    穂乃果「ううぅ絵里ちゃぁぁぁんっ!」

    海未「っ!」ぺちんっ




    ことり(……なんだかすごいことになってる)






    20以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/08(火) 00:41:37.61 ID:OxLORt9Ao
    ――――
    ―――
    ――


    穂乃果「って感じだったんだよっ!全然ダメだったよぅ絵里ちゃん!」

    絵里「う……どうやら完全な失敗だったみたいね……」

    真姫「まあそんな気がしたけどね」

    穂乃果「ふぇ?」

    真姫「だって穂乃果と海未はずっと昔からの付き合いなんでしょ?
    今更すぎるじゃない」

    絵里「言われてみれば確かにそうね……」

    穂乃果「絵里ちゃん……」ジトー






    21以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/08(火) 00:42:33.55 ID:OxLORt9Ao
    絵里「うっ……そ、それより真姫には何かいい考えはあるのかしら!?」

    真姫「もちろんよ」フフンッ

    穂乃果「おおっ!さすが真姫ちゃん!それでそれで?」

    真姫「ふふっ、
    要するに海未に嫌われてないかが知りたいってことなんでしょ?」 

    穂乃果「うん……できれば原因も知りたいけど、一番はそこかな……」

    真姫「それなら簡単よ。集団心理を利用するのよ!」

    穂乃果「しゅうだんしんり?」










    22以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/08(火) 00:43:24.14 ID:OxLORt9Ao
    放課後 部室

    ガチャッ

    海未「失礼します……あれ、三人だけですか?」

    穂乃果「う、海未ちゃん!」ドキッ

    絵里「ああ、海未来たのね
    希とにこならちょっと用事があって遅くなるらしいの」

    真姫「凛と花陽も先生に呼び出されて少し遅くなるらしいわ」

    海未「そうなんですか?あれ……
    ことりは私より先に穂乃果と一緒に教室から出ましたよね?」






    23以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/08(火) 00:43:42.68 ID:TWKLGqodO
    どんな理由あろうとこれは園田がクズすぎ






    24以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/08(火) 00:44:24.25 ID:OxLORt9Ao
    穂乃果「こ、ことりちゃんも委員の用事で遅くなるって!」

    海未「そうだったんですか?ここまで被るのも珍しいですね……
    まあ、もう少し揃うまで待っていましょうか」ストン

    穂乃果「そ、そうだね!」ホッ


    穂乃果(な、何とか誤魔化せたね)ひそひそ

    真姫(ふふん、私が考えた計画よ?当然じゃない)

    穂乃果(えへへ、本当はみんなもう屋上で練習中なんだよねっ)

    絵里(じゃあここからがスタートよ。……じゃあ穂乃果、心の準備は平気?)

    穂乃果(うん!)コクリ






    25以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/08(火) 00:45:31.91 ID:OxLORt9Ao
    絵里「それより穂乃果、またここの計算間違えてるわよ?」

    穂乃果「うへぇ……」

    海未「んっ……そういえば三人は何をしていたんですか?」

    真姫「穂乃果の勉強を見てあげてるよの」

    海未「そうだったんですね―――「ほら!また間違えてるわよ」ぺちんっ

    海未「!?」

    穂乃果「えっ、本当!?」

    絵里「ええ、ここよ」

    穂乃果「あっ、本当だ……」






    26以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/08(火) 00:46:20.89 ID:OxLORt9Ao
    真姫「ここも間違えてるじゃない」ペチンッ

    穂乃果「あいたっ!」

    海未「!?」

    穂乃果「うぅ……真姫ちゃん一年生なのになんでこんなのわかるの……?」

    真姫「このくらいなら簡単よ。穂乃果ができなさすぎなの」ペチンッ

    絵里「くすくす、どっちが年上かわからないわね」ペチンッ

    穂乃果「うー……」






    27以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/08(火) 00:47:02.95 ID:OxLORt9Ao
    海未「あ、あの……絵里、真姫……」

    真姫「んっ、どうしたの?」

    絵里「海未も穂乃果の勉強見てくれる?」

    海未「い、いえ……私は歌詞を作らないといけないので……」

    絵里「そう?じゃあ気が変わったらいつでも言ってね」ニッコリ

    真姫「じゃあ続きね。……って、早速そこ間違えてるわよ」ぺちんっ

    穂乃果「うぐぅ……」

    海未「っ……」










    28以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/08(火) 00:49:14.74 ID:OxLORt9Ao
    〜数十分後〜

    海未「……」ジーッ


    真姫「だからここはこの公式を使うのよ!」ぺちんっ

    穂乃果「は、はい……」

    絵里(ねえ、もうそろそろいいんじゃないかしら?)ヒソヒソ

    真姫(そうね……。もうそろそろ本当に嫌いなら一緒に乗って叩いてくる……
    はずなんだけど……)ヒソヒソ

    絵里(さっきから険しい表情でこっちを見てるけど……混じりたいって感じじゃないわね)ヒソヒソ

    真姫(やっぱり海未は穂乃果のことが嫌いってわけでもないのかしら
    じゃあこの辺りで―――(ま、待って!)ゴニョゴニョ






    29以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/08(火) 00:50:25.20 ID:OxLORt9Ao
    絵里(どうしたの穂乃果?あんまり長く話してると怪しまれちゃうわよ)ヒソヒソ

    穂乃果(や、やっぱりまだ不安だよ
    本当は混じりたくてタイミング見てるのかもしれないし……)ヒソヒソ

    真姫(そんな風には見えないわよ?
    まあ、なんかものすごいオーラ出してるけど……)ヒソヒソ

    海未「……」じーっ






    30以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/08(火) 00:51:37.13 ID:OxLORt9Ao
    絵里(それにこれ以上続けると練習時間が取れなくなっちゃうわよ)

    穂乃果(うー……じゃ、じゃあ最後にもっと……もっと強く叩いてみて!)

    真姫(う゛ぇっ?これ以上強くするの?)

    穂乃果(お願いっ、最後だから……)

    絵里(……本当にあと一回でおしまいよ?)

    穂乃果(うん……変なこと頼んじゃってごめんね)

    絵里(真姫……)チラッ

    真姫(ああもうっ……知らないわよっ?)

    海未「……」じじーっ






    31以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/08(火) 00:53:34.00 ID:OxLORt9Ao
    穂乃果「ああん!もう難しいよぉ……
    答えこうじゃないの?」

    真姫「もうっ!何度も違うって言ってるでしょ?
    ここはこの公式を―――」すぅーっ


    真姫「使うのよっ―――!!!!」バチーンッ!

    穂乃果「痛っ……」ぐすっ

    ぷちーんっ

    真姫「ん?今何か音がしたような……」

    海未「……」スッ

    絵里「何かが切れたような……えっ?」

    海未「……」スタスタ

    穂乃果「うぅ……さ、さすがにやりす……ぎ……ふぇ?」






    32以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/08(火) 00:55:30.31 ID:OxLORt9Ao
    海未「……穂乃果」ナデナデ

    穂乃果「う、海未ちゃん?」キョトン

    海未「大丈夫です。穂乃果は下がっていてください」スタッ

    穂乃果「え?あ、あのぉ……」

    海未「絵里、真姫……あなた達さっきから見ていれば
    ……何を、何をしているんですか?」ゴゴゴゴッ

    真姫「う、海未?ど、どうしたの……?」

    絵里「と、とりあえず落ち着きましょう?」

    海未「落ち着く?何を言ってるんですか……私はとっても冷静ですよ?
    とてもクールです……」ゴゴゴッ






    33以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/08(火) 00:55:39.07 ID:0R5VFayvO
    グッバイマッキー






    34以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/08(火) 00:57:08.77 ID:OxLORt9Ao
    真姫「う、嘘!とてもそんな風には見えないわよっ!」

    絵里「ご、誤解してるみたいだけど!
    穂乃果を叩いてたのには訳が―――「叩いてた自覚はあったんですね……?」

    真姫「エ、エリー!それは地雷よ!」

    絵里「あ……!」

    海未「もしかしたら私の勘違い……ってことも考えてたんですが
    やっぱりそうなんですね……とても残念です」ゴゴゴゴゴッゴゴ

    真姫「ひいっ!は、話を聞きなさいっ!」

    海未「大丈夫ですよ、ちょっとお灸をすえるだけですから」ゴゴゴゴゴッ

    絵里「ち、違うの!私たちはただっ!」






    35以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/08(火) 00:58:30.00 ID:aYdEUXGnO
    下級生にガチビビりするエリーチカ…






    36以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/08(火) 00:59:35.88 ID:OxLORt9Ao
    海未「問答無用ですっ!園田流―――「だ、だめええええっ!」ギューッ

    海未「なっ―――!?ほ、穂乃果!?」

    穂乃果「誤解!誤解だよっ!」

    海未「ご、誤解……?どういうことですか?」

    真姫「まったく!話を聞いてって言ったでしょ!」

    絵里「さっきまでのは全部お芝居だったの!」

    海未「お、お芝居!?」

    穂乃果「そうだよ……穂乃果二人に頼んでやってもらってたんだ……」

    海未「ど、どういうことですかっ!?」

    穂乃果「……あ、あのね」






    37以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/08(火) 01:00:29.47 ID:OxLORt9Ao
    ――――
    ―――
    ――

    〜説明後〜

    海未「つ、つまり穂乃果は私に嫌われたと思って……?」

    穂乃果「うん……だって突然だったんだもん……」

    海未「う……ぁ……すみません……。まさか穂乃果がそこまで気にしていたなんて……」

    穂乃果「ねえ、海未ちゃんは本当に穂乃果のことを嫌いになっちゃったの……?」

    海未「っ!そ、そんなわけないじゃないですかっ!む、むしろ……」ゴニョゴニョ

    真姫「はぁ……ならなんで急に叩き出したりしたの?」

    海未「そ、それは……その……」






    38以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/08(火) 01:03:49.61 ID:OxLORt9Ao
    穂乃果「や、やっぱり穂乃果の事……」ウルッ

    海未「ち、違います!り、理由は他にあって……」

    絵里「ならそれをちゃんと言わないと、ね?」

    海未「う……は、はい……で、ですが一つだけ約束してほしいんです
    何を聞いても私の事、変に思わないでくれますか……?」

    穂乃果「へっ?なんで?」

    海未「そ、それだけは約束してくださいっ!変に思わないって!
    そしたら……全部話しますから……」

    穂乃果「……うん、約束するよ。ちょっと怖いけど……でも知らないままなんて嫌だもんっ!」






    39以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/08(火) 01:05:03.25 ID:OxLORt9Ao

    海未「……欲しかったんです」

    真姫「欲しかった?どういうこと?」

    海未「ほ、穂乃果との……特別な絆がですっ……」

    絵里「特別な絆?それなら幼馴染だし十分以上にあると思うけど……」

    海未「そ、そんなのことりだって同じじゃないですかっ!
    そ、それに……μ'sの活動を始めて、色んな人が増えて……だからもっと特別が欲しかったんです!」

    穂乃果「……」

    真姫「でもそれが叩くこととどうつながるのよ?」

    海未「……だって誰も穂乃果を叩いてないじゃないですかっ」

    絵里「ど、どういうことなの?」






    40以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/08(火) 01:10:38.16 ID:OxLORt9Ao
    海未「……ハグなどのスキンシップは穂乃果は大勢の人としています
    ですが、叩くという行為をしてる人は誰もいません……私以外には」

    絵里「それが海未の言う特別な絆なの……?」

    海未「はい……。私だけが穂乃果にする特別な行為
    それが『叩く』ってことだったんです……」

    真姫「な、何よそれ!意味わからないわよっ」






    41以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/08(火) 01:11:14.43 ID:OxLORt9Ao
    海未「……そうですよね
    ですが、私だけがする特別な行為……私にはとても魅力的だったんです……」

    絵里「で、でもそんなのってただの……」

    海未「っ……ただの自己満足だってのは気づいていましたっ!独りよがりの……最低な……
    ……ですが止めれなかった……止めたくなかったんです」

    穂乃果「……」

    海未「そのせいで穂乃果を悩ませて……二人まで巻き込んでしまいました……
    本当にごめんなさい……」






    42以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/08(火) 01:15:02.42 ID:OxLORt9Ao
    穂乃果「じゃあ……海未ちゃんは穂乃果のことが
    嫌いになったわけじゃあないんだね?」

    海未「当然ですっ!」

    穂乃果「ねえ海未ちゃん……穂乃果を叩いて?」

    海未「ほ、穂乃果!?」

    穂乃果「あのね、難しい話はよくわからないけど……
    でもね!海未ちゃんの話聞いてとっても嬉しく思ったんだ!」

    海未「え……ええっ!?で、ですが叩くのは……もう……」

    穂乃果「だって特別な絆でしょ?穂乃果だって海未ちゃんとの特別な絆欲しいもん!」

    海未「……本当にいいんですか?」






    43以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/08(火) 01:16:40.42 ID:OxLORt9Ao
    穂乃果「うん!穂乃果を叩いていいのは海未ちゃんだけ!
    海未ちゃん専用だよっ 」

    海未「……」ごくりっ

    穂乃果「……」スッ

    海未「穂乃果……」ぺちんっ

    穂乃果「えへへ、海未ちゃん!」

    海未「穂乃果!」ぺちんっ

    穂乃果「海未ちゃん!」

    海未「穂乃果ぁ!」ぺちんっ

    穂乃果「海未ちゃんっ!」モギューッ

    海未「穂乃果ぁっ!」ぺちんっぺちんっぺちんっ




    真姫「ねえエリー。結局これでいいの……?私達って……」

    絵里「いいんじゃないかしら……幸せそうだし……
    それより……早く帰りましょうか……」

    真姫「そうね……なんだか疲れたわ……」






    44以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/08(火) 01:18:08.07 ID:OxLORt9Ao
    〜〜〜〜〜
    次の日

    絵里「―――ということがあったのよ」

    希「なるほどなぁ。それで今日はあんな感じなんやね」

    <ぺちんっ

    <ウミチャー!

    <ホノカー!

    絵里「ええ……。一時はどうなる事かと思ったわ」

    希「くすくす、穂乃果ちゃんもとんだ人選したもんやね」

    絵里「……何よ」ジトー

    希「ふふっ、なんでもええやん?」

    絵里「まあそうね……無事解決したことだし……」

    希「解決……ねえ……」

    絵里「どうしたの?」

    希「んー。なんでもない!……それよりさっき凛ちゃんが呼んでたよ?
    ダンス見て欲しいって」

    絵里「本当?ちょっと行ってくるわね」スタスタスタ






    45以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/08(火) 01:18:36.29 ID:OxLORt9Ao
    希「ふふふっ」

    希「ウチはね、えりちと真姫ちゃんの苦労はもうちょっと続く予感がするんよ」

    希「あくまで予感やけどね♪くすくす」




    海未「ほのかーっ!」ぺちんっ

    穂乃果「うみちゃーん!」モギューッ


    ことり(……)ジー






    46以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/08(火) 01:21:03.01 ID:OxLORt9Ao

    〜〜〜〜〜
    数日後 授業中


    ことり(……)ゴシゴシ

    ことり(はあっ……)ケシケシ

    ことり(最近、穂乃果ちゃんと海未ちゃんの仲がいい)

    ことり(もちろん前からとっても仲良しだったけど……もっと深くなったというか……うーん?)

    ことり(最近海未ちゃんがよく『特別な絆』って言って穂乃果ちゃんを叩いてるけど……
    それが関係してるのかな?)

    ことり(羨ましいな……)

    ことり(私も何か穂乃果ちゃんと何か特別な絆が欲しいよ……叩くのはさすがにだけど
    何か……何か……)はっ

    ことり(あっ!これ……)

    ことり(これくらいだったらいいよね?痛くはないだろうし……
    ちょっとだけ、ちょっとやってみるだけ……)

    ことり(……えいっ!えいっ!)






    47以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/08(火) 01:21:43.57 ID:OxLORt9Ao




    穂乃果「……んっ?」こつんっ

    穂乃果「何だろうこれ……消しかす?」

    穂乃果「いったいどこから……」キョロキョロ

    ことり「……」ササッ

    穂乃果「……まさか、ね」

    ことり「えいっ」ボソッ

    穂乃果「!」ビクッ

    ことり「……」ぷいっ

    穂乃果(き、気のせいじゃない!絶対気のせいじゃない!)






    48以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/08(火) 01:22:19.68 ID:OxLORt9Ao
    ――――
    ―――
    ――

    数日後 

    穂乃果(うー……実害はないけど……むしろ授業中寝なくなって
    成績あがったけど……)こつん

    ことり(えいっ!えいっ!)

    穂乃果(休み時間とかいつも以上に優しいし
    毎日手作りのお菓子くれるけど……でも……)こつんっ

    ことり(……あはっ♪)

    穂乃果(最近ことりちゃんが消しかす投げてくる……)こつんっ


    おしまい






    55以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/08(火) 03:00:05.73 ID:04EeiLROO
    ワロタ






    54以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/08(火) 01:49:03.92 ID:NcC/ODewo
    かわいい



    http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1449501252/
    • 「穂乃果「最近海未ちゃんが叩いてくる……」」をTwitterに投稿する
    • 「穂乃果「最近海未ちゃんが叩いてくる……」」をいいね!する
    この記事へのコメント
    1. Posted by 以下、金ぴか名無しさんがお送りします。   2015年12月08日 14:08
    ほのかはたらし体質なのか?w
    名前:
      情報を記憶:
    コメント:
     
    ※連投、荒らし、宣伝、不適切と判断されたコメントはNGの対象になります
      当サイトについて
      記事検索
      アーカイブ
      スポンサードリンク