モバP「年末楓さんと酒飲んで過ごし隊」
    2015年12月28日 コメント(5) 長編創作・SS 
    1b961de171c55574e471134ad28f883f
    1以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/27(日) 22:15:08.83 ID:K7R3yxRgo

    ―12月31日
    ―p.m.8:00

    カタカタカタ…

    P「……」

    カタカタ……ッターン

    P「ふー」

    P「残すところ四時間か」

    P「来なかったな、結局」

    P「……」

    P「うし」

    P「コンビニ行こ」







    2以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/27(日) 22:16:29.47 ID:K7R3yxRgo

    ―――
    ――

    瑞樹「大晦日に?」

    楓「出勤、ですか?」

    P「はい」








    3以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/27(日) 22:17:26.54 ID:K7R3yxRgo

    瑞樹「ダメよ、そんなの!」

    瑞樹「年末年始くらいゆっくり体を休めなきゃ!」

    瑞樹「誰の指示なの? 私の口から言っておいてあげる」

    瑞樹「P君にあまり無理させないでくださいって!」

    P「いえ」

    P「俺が自分から願い出たんです」

    瑞樹「ええっ?」

    楓「お仕事、そんなに忙しいんですか?」







    4以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/27(日) 22:18:38.67 ID:K7R3yxRgo

    P「まあ、はい」

    P「年内に上げておきたい資料もありますし」

    瑞樹「年内って……」

    瑞樹「大晦日に仕上げたってどうしようもないじゃない」

    P「おっしゃるとおりで」

    瑞樹「いい? P君、社会人は体が資本なのよ」

    瑞樹「無理して体壊したら元も子もないの」

    瑞樹「正月三が日くらいは帰省して、ご両親に元気な姿を見せてあげるものよ」

    瑞樹「あっ」

    瑞樹「ひょっとして、実家と疎遠にしてるとか……?」

    P「いやいや、大丈夫です。両親とは仲良いですよ」

    瑞樹「じゃ、どうして?」

    P「まいったな」

    P「こうなるからあまり話したくなかったんですけど」







    5以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/27(日) 22:20:09.68 ID:K7R3yxRgo

    楓「……Pさん。GWも出社されてましたよね」

    P「う」

    楓「夏休みも返上されてましたね。知ってます」

    P「なんで知ってんですか」

    瑞樹「もう完全なワーカーホリックじゃない」

    瑞樹「いつ休んでるの? きちんと睡眠取ってる?」

    P「とってますとってます」

    P「休日出てる分、平日に代休たててますから」

    P「本当はこれ、やっちゃダメなんですけどね」

    楓「そうまでして休日出勤、ですか?」

    瑞樹「平日にやればいいじゃない」

    瑞樹「確かにプロデューサー業は休みが不定期とは聞くけど……」

    P「いえ、なんていうか」

    P「そっちのが捗るんですよね、仕事が」







    6以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/27(日) 22:22:47.64 ID:K7R3yxRgo

    楓「……ああ」

    楓「わかります」

    P「理解が早くて助かります」

    瑞樹「? どういうこと? わからないわ」

    P「休日は基本、事務所に誰もいないじゃないですか」

    P「上司に悩まされることも、ちひろさんに怯えることも無いですし」

    瑞樹「P君、人間関係に悩んでるの?」

    瑞樹「私でよければ相談に乗るわよ」

    楓「私も乗りますよ」

    P「違いますって、みなさんとは仲良くやってます」

    P「そういうことじゃなく、快適なんです」

    P「通勤電車は混んでないし、煩わしいメールも飛んでこない」

    P「通りは人がまばらで、いつも行列の店も並ばずに入れる」

    P「好きなんです、そういうの」







    7以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/27(日) 22:23:58.34 ID:K7R3yxRgo

    楓「Pさん」

    P「はい」

    楓「乾杯しましょう、乾杯」

    P「はい、乾杯」カチン

    楓「わーい」グビグビ

    P「大丈夫かなこの人」

    瑞樹「……わかるような気もするけど、やっぱりわからないわ」

    瑞樹「静かなのもいいけど、適度に人との関わりがないと寂しくならない?」

    P「その辺は、まあ、人によりけりじゃないですかね」

    瑞樹「それにいくらなんでも、限度ってものがあるわよ」

    瑞樹「年末年始までお仕事なんて……」

    P「三が日は帰りますよ。大晦日だけです」

    瑞樹「似たようなものよ」

    瑞樹「あのね、P君。年越しっていうのは一つの区切りなの」

    瑞樹「その年を振り返り、次の一年への抱負を立てる大事な時期なのよ」







    8以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/27(日) 22:25:29.89 ID:K7R3yxRgo

    瑞樹「P君みたいに仕事仕事で休みと平日の境が曖昧な人はね」

    瑞樹「一見前に進んでいるようで、その実ずるずると進歩のない人が多いの」

    P「手厳しいですね」

    瑞樹「本当のことよ。区切りが設けられないからそうなるの」

    瑞樹「節目節目で立ち止まって、リセットすることが必要なのよ。人間にはね」

    瑞樹「私もその一人だったもの……」

    P「……」

    瑞樹「P君、無理はダメよ。絶対」

    P「ええ、わかってます」

    P「わかっていますよ」

    瑞樹「本当かしら。心配だわ……」

    楓「……」グビグビ








    9以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/27(日) 22:26:32.49 ID:K7R3yxRgo

    ――
    ―――

    P「今日はお疲れさまでした」

    楓「Pさん、二次会行かないんですか?」

    瑞樹「こーらっ、楓ちゃん。無茶言わないの」

    P「すいません、明日もあるので今日はこれで」

    楓「また、お仕事なんですね」

    瑞樹「……大晦日も程々にきりあげて、ご実家に帰りなさいね?」

    P「はい」

    楓「なんなら私、行きますよ」

    P「え」

    楓「私も事務所に行きますよ、大晦日」







    10以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/27(日) 22:27:51.88 ID:K7R3yxRgo

    瑞樹「もー、この子ったら」

    瑞樹「ごめんねP君、楓ちゃん酔ってるから」

    楓「酔ってないですー」

    P「いえ、ありがとうございます」

    P「期待してます」

    楓「あ、信じてませんね。私、本気ですよ?」

    P「信じてますよ。それじゃ、俺はこの辺で」

    P「二人とも、よいお年を」

    瑞樹「じゃあねP君、よいお年を」

    楓「……むむ」








    11以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/27(日) 22:29:16.92 ID:K7R3yxRgo

    ―――
    ――


    イラッシャイマセー



    P「大晦日のコンビニ」

    P「テンションあがってきた」

    P「まずビールだな。ビール」







    12以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/27(日) 22:30:59.24 ID:K7R3yxRgo


    ガサガサッ


    P「唐揚げ、餃子、と」

    P「後はおでんか」


    「Pさん、これも買いましょう」

    ガコガコッ


    P「う、お、重っ」

    P「日本酒、あたりめ、……緑のた○き?」

    P「……年越しそばですか」

    楓「はい、ふふっ」


    楓「ちょっとそばまで来たもので」







    13以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/27(日) 22:32:01.22 ID:K7R3yxRgo

    ――
    ―――


    ガチャッ


    楓「わあ」

    楓「真っ暗なんですね」

    P「節電ですから、明かりは机の周りだけです」

    楓「こんな事務所、始めてみました」

    楓「どこが窓で、どこからが外なのか分からないですね」

    P「俺はまだ仕事があるので、ちょっと待っていてくれますか?」

    P「あっちにテレビもありますし、よければ」

    楓「いいえ、ここで構いません」

    楓「Pさんのお仕事、眺めてます」

    P「いいですけど」

    P「あんまり面白いものじゃないですよ」







    14以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/27(日) 22:33:51.37 ID:K7R3yxRgo

    P「……」カタカタ

    楓「……」イスクルクル

    P「……」カタカタ

    楓「……」クルクル

    P「……」カタカタ

    ピタッ

    楓「……何にも、聞かないんですね」

    P「聞くも何も」

    P「来るって言ってたじゃないですか」

    楓「お邪魔じゃなかったですか?」

    楓「一人の方が、捗るんですよね」







    15以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/27(日) 22:34:49.41 ID:K7R3yxRgo

    P「確かに騒々しいのは苦手です」

    P「でも、一人が好きってわけじゃないんです」

    楓「……」

    P「ありがとうございます、来てくれて」

    P「ぶっちゃけちょっと期待してました」

    楓「本当ですか?」

    P「はい」

    楓「そうですか」

    楓「ふふっ」


    楓「〜♪」クルクルクル








    16以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/27(日) 22:35:57.08 ID:K7R3yxRgo

    ―――
    ――

    P「おし」ッターン

    P「お待たせしました」

    楓「仕事、納まりました?」

    P「ええ」

    P「忘年会二次会、始めますか」

    楓「はいっ」

    楓「おでん、あっためてきますね」







    17以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/27(日) 22:36:43.16 ID:K7R3yxRgo

    P「では、乾杯」

    楓「かんぱーい、ふふふっ」

    P「大丈夫ですか? 別に俺の机じゃなくて」

    P「会議室とか使っても――」

    楓「ここがいいんです。ここで飲みましょう」

    P「はあ」

    楓「ささ、早く杯をあけてください。Pさん」

    楓「たくさんお酒はありますからね」

    P「一人でちびちびやるつもりだったんですが」

    P「こりゃ川島さんがいたらどやされてるな」

    楓「む」

    楓「なんで瑞樹さんの名前が出てくるんですか?」







    18以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/27(日) 22:39:31.83 ID:K7R3yxRgo

    P「厳命されてましたからね、早く帰るようにって」

    P「それが事務所で酒飲んで、年越ししてるなんてばれたらもう」

    P「流石にナントカの緒が切れると思います」

    楓「もともとそのつもりだったんじゃないんですか?」

    P「え?」

    楓「帰る気なんてはじめから無かったんですよね」

    楓「最初からここで新年を迎えるつもりで、出社されたんじゃないですか?」

    P「……」

    楓「わかるんです」

    楓「私たち、考えがよく似てますから」

    P「まいったな」

    P「まいった」







    19以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/27(日) 22:40:24.03 ID:K7R3yxRgo

    楓「そういうの、私も好きですよ」

    楓「あえて観光地でもない田舎に行ったり、寂れた温泉宿に泊まったり」

    楓「普通の人が鼻白むことやってしまうんですよね」

    P「酔狂といえば、聞こえはいいでしょうが」

    P「結局は学生気分が抜けてないんでしょうね」

    楓「素敵じゃないですか」

    楓「私、感激しました。大晦日って本当に人がいないんですね」

    楓「街全体が静まりかえってて、ここに来るまで誰とも会いませんでした」

    楓「世界に私たちしか存在してないみたいで……」

    P「コンビニに店員さんがいたでしょう」

    楓「……」プク

    P「むくれないでくださいよ」







    20以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/27(日) 22:42:45.73 ID:K7R3yxRgo

    P「確かにこの空間は快適です。でも」

    P「こういうのもそろそろ卒業すべきなんでしょうね」

    P「社会人ですし、大人にならなくては」

    楓「そんな必要、無いですよ」

    楓「一緒に子供のままでいましょう?」

    P「魅力的な提案ですね」

    P「でも、現実はそうもいきません」

    P「年を経るごとに、立場は変わります」

    P「立場が変わると、責任がついて回ります」

    P「そいつらは俺が子供でいることを許さないでしょう」







    21以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/27(日) 22:43:43.93 ID:K7R3yxRgo

    楓「よく、わかりません」

    楓「Pさんは瑞樹さんみたいになりたいと言っているんですか?」

    楓「でしたらそれは無理だと思います」

    P「ばっさりきましたね」

    楓「私も瑞樹さんのこと、尊敬しています」

    楓「綺麗で優しく、分別ある大人の女性として」

    楓「でも、私は瑞樹さんのようにはなれないと思います」

    楓「それに――」

    P「なる必要もない、と?」

    楓「はい」

    P「理由を聞いてもいいですか」







    22以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/27(日) 22:44:57.86 ID:K7R3yxRgo

    楓「以前飲みに行ったとき、言われたんです」

    楓「"羨ましいわ"と」

    楓「"どうしたらそんなに自然体でいられるの?"と」

    楓「私は逆に聞きました」

    楓「どうしたら瑞樹さんのような大人になれますか、と」

    楓「そしたら言うんです」

    楓「"なりたくてなったんじゃないのよ、自然とそうなっていただけ"」

    P「……」

    楓「瑞樹さん、途中で何か気づいたみたいでした」

    ――

    瑞樹「そう、そうよね。馬鹿なこと聞いちゃったわね」

    瑞樹「人間、自分以外にはなれないのにね」

    ――







    23以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/27(日) 22:46:03.29 ID:K7R3yxRgo

    楓「……無理に大人になる必要なんてありますか?」

    楓「私は無いと思いますし、なろうとしても半端になるだけです」

    楓「結局は、素直でいることが一番だと信じてます」

    P「素直に……」

    楓「私がミステリアスだなんだと噂されてたとき」

    楓「ある人が言ってくれた言葉です」

    楓「気にすることないと。そのままの私でいればいいと」

    P「……」

    楓「あれは、嘘だったんですか?」







    24以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/27(日) 22:47:30.41 ID:K7R3yxRgo

    P「それは、本音です。しかし」

    P「俺の場合は、現実から目を背けてるだけのように思えて」

    P「川島さんの言うように、進歩してないのかもって」

    楓「現実なんて直視しなくていいんですよ」

    楓「横目で見てるくらいでちょうどいいんです」

    楓「それでも人間、前に進めますよ」

    P「アバウト過ぎやしません?」

    楓「深く考えたら負けなんですよ。こういうのは」

    楓「私は少しズレてて、どこか抜けているPさんが好きですよ」

    楓「それを自覚していて、たまに悩んだりするところも含めて」

    P「……」

    楓「素直でいましょう、Pさん」

    楓「一緒に子供のままで、いましょうよ」







    25以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/27(日) 22:48:51.70 ID:K7R3yxRgo

    P「……かないませんね、楓さんには」

    P「なんでもお見通しだ」

    楓「ふふっ。まるっと見えてますよ」

    P「でも、でもですね、俺はある程度大人になりますよ」

    P「社交辞令も言いますし、満員電車にだって乗ります」

    P「気にくわない奴にも頭を下げますよ」

    P「二人のプロデュースのためならね」

    楓「あら」

    楓「強情ですね」

    P「無理して言ってるんじゃないです」

    P「俺がそうしたいと望んでるんです」







    26以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/27(日) 22:51:01.85 ID:K7R3yxRgo

    P「ただ、二人の前でだけは正直でいます」

    P「取り繕わず、できるだけ素直でいるようにします」

    P「……どうでしょう、こんな感じで」

    楓「それがPさん流の現実との向き合い方ですか?」

    楓「ふふ、不器用なんですね、本当に」

    P「自分を受け入れてくれる人が二人もいるんです」

    P「一人は共感してくれて、もう一人は諫めてくれる」

    P「俺はこれ以上のものを求めません」

    楓「……私たちのこと、必要としてくれているんですね」

    楓「いいですね。私は賛成です」

    P「すみません」

    P「面倒なプロデューサーで」

    楓「いいえ」


    楓「私、大好きです」







    27以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/27(日) 22:52:17.40 ID:K7R3yxRgo

    ――
    ―――









    28以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/27(日) 22:53:52.89 ID:K7R3yxRgo

    P「……残り一分」

    P「いよいよ今年もお終いですね」

    楓「ジャンプしませんか」

    P「は?」

    楓「昔流行りませんでした? 年またぎにジャンプするの」

    楓「それで年越しの瞬間、自分は地球上にいなかったと自慢するんです」

    P「ありましたね」

    P「何を自慢してたのか謎でしたけど」

    楓「私、その様子を冷めた目で見ていました」

    楓「子供っぽいなって」

    P「自分もやりませんでしたね、当時は」

    楓「だから、今やりませんか?」

    楓「今こそジャンプするときなんですよ、きっと」







    29以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/27(日) 22:54:45.04 ID:K7R3yxRgo

    P「……そうですね」

    P「やりますか」

    楓「ふふっ、じゃあ手をつなぎましょう、手を」

    P「こうですか?」

    楓「両手ですよ、向き合う形で……」

    P「こ、こうですか?」

    楓「はいっ」

    楓「さあ、カウントダウンしましょう」







    30以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/27(日) 22:56:03.74 ID:K7R3yxRgo

    P「20、19、18……」

    P「まだ、早いですかね」

    楓「ふふっ」

    P「……楓さん、今日はありがとうございました」

    P「来てくれたこと、本当に嬉しかった」

    楓「……」

    楓「Pさん、私、待ってます」

    P「え?」

    楓「いつ選んでくれてもいいんですよ」

    楓「私、待ってますから」

    P「それは、」

    楓「ほら、時間――」

    P「あ」


    楓「3、2、1――」








    31以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/27(日) 22:56:44.73 ID:K7R3yxRgo










    32以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/27(日) 22:57:40.27 ID:K7R3yxRgo


    ――――
    ―――










    33以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/27(日) 22:58:36.86 ID:K7R3yxRgo

    ――
    ―――



    P「あけましておめでとうございます、川島さん」

    P「今年もよろしくお願いします」

    瑞樹「おめでとう。P君」

    瑞樹「早速だけど見て欲しいものがあるの」

    P「はい」

    瑞樹「年明けと同時にね、楓ちゃんにあけおめメールを送ったの」

    P「最近言いますかね、あけおめメールって」

    瑞樹「そしたら、この写真が返ってきたわ」

    P「何だ、LINEじゃないです……」

    P「……」

    瑞樹「暗くてわかりにくいけど」

    瑞樹「ここ、事務所よね?」

    瑞樹「後ろにいるの、これ、P君よね?」







    34以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/27(日) 22:59:32.09 ID:K7R3yxRgo

    P「……そ、う、ですね」

    瑞樹「聞かせてくれるかしら、どういうことか」

    P「あのですね」

    P「誤解なんです。誤解じゃないんですけど」

    瑞樹「何言ってるのよ」

    P「いや、えー、あ」

    楓「おはようございます。皆さん」

    瑞樹「楓ちゃん!」

    瑞樹「何にも返信してくれないなんてひどいじゃない!」

    楓「はい?」

    瑞樹「これよ、これ!」







    35以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/27(日) 22:59:39.87 ID:C4Azte8uo
    あっ(察し)






    36以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/27(日) 23:00:35.89 ID:K7R3yxRgo

    楓「……ああ」

    楓「ふふっ」

    瑞樹「どういう意味なの、その笑みは」

    P「いや本当、やましいことはないですよ」

    瑞樹「やましいやましくないじゃなくてね」

    瑞樹「大晦日に事務所でね。男女がね。酒瓶片手にね」

    瑞樹「おかしいわよ、おかしいわ!」

    P「ごもっともで」

    楓「そうですね」

    楓「Pさんと私にとって忘れられない日になりました」

    楓「私はとても満足してます」







    37以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/27(日) 23:01:44.34 ID:K7R3yxRgo

    瑞樹「……P君、翻訳を」

    P「いや俺も何を言い始めたのかさっぱり……」

    楓「Pさんはその日、少し大人になったんです」

    楓「私は止めたんですけどね」

    楓「でもPさんがどうしてもというので……」

    P「要約してるのかもしれないですけど」

    P「悪意しか感じないですからね」

    瑞樹「P君……」

    P「いやいや」

    P「楓さん、めっちゃ笑ってるじゃないですか」







    38以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/27(日) 23:03:15.80 ID:K7R3yxRgo

    瑞樹「わかった、わかったわ」

    瑞樹「P君! 楓ちゃん! 今日空いてるわね!」

    瑞樹「新年会やるわよ! 新年会!!」

    瑞樹「話はその場でじっくり聞かせてもらうわ!」

    P「え、今日?」

    楓「わー、行きます行きます」

    楓「Pさんも来れますよね?」

    P「まあ、はい」

    P「……なんだかこのノリ、去年と変わらない感じですね」

    楓「ふふっ」

    楓「ご不満ですか?」

    P「いいえ、ただ」







    39以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/27(日) 23:04:05.43 ID:K7R3yxRgo


    P「贅沢だなって、思っただけです」













    42以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/27(日) 23:06:44.50 ID:tD9pd8oM0
    乙。気持ちよく年を越せるよ






    41以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/27(日) 23:06:23.11 ID:Im1G5DLDO
    乙、オレも楓さんと年越ししたいわ






    43以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/27(日) 23:08:30.53 ID:C4Azte8uo
    良いお年を乙
    年の暮れにいい楓さんが見れました






    45以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/28(月) 00:25:36.34 ID:uVADkMM1o
    おつ
    楓さんが「瑞樹さん」って呼んでるの新鮮な気がする
    面白かったです






    46以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/28(月) 01:06:09.14 ID:tWnn0YYW0
    乙です。
    楓さんって何してても違和感ないのがすごい



    http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1451222108/
    大晦日のシンデレラ (ハーレクイン文庫)
    ハーレクイン (2008-12-01)
    売り上げランキング: 74,484
    • 「モバP「年末楓さんと酒飲んで過ごし隊」」をTwitterに投稿する
    • 「モバP「年末楓さんと酒飲んで過ごし隊」」をいいね!する
    この記事へのコメント
    1. Posted by 以下、金ぴか名無しさんがお送りします。   2015年12月28日 05:12
    いい、いいぞお〜
    俺も楓さんと年末年始過ごしたい
    2. Posted by 以下、金ぴか名無しさんがお送りします。   2015年12月28日 06:07
    贅沢が過ぎるよ
    3. Posted by 以下、金ぴか名無しさんがお送りします。   2015年12月28日 07:16
    素敵やな・・こういうの良いわ
    4. Posted by 以下、金ぴか名無しさんがお送りします。   2015年12月28日 22:23
    SSは良かったのにアフィに悪意を感じる
    5. Posted by 以下、金ぴか名無しさんがお送りします。   2015年12月30日 02:18
    楓たそ〜
    名前:
      情報を記憶:
    コメント:
     
    ※連投、荒らし、宣伝、不適切と判断されたコメントはNGの対象になります
      当サイトについて
      記事検索
      アーカイブ
      スポンサードリンク