JKが読んだ小説の感想を淡々と上げていく
    2016年02月28日 コメント(37) VIP・ネタ 
    0  568×523
    1以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/23(火) 11:17:37.661 ID:j7F3mdiOe.net
    読んでる小説の偏りが激しい
    好きな作家の本は何冊も出す
    あんま面白くなかったやつは酷評するかもしれない

    一応気を付けるけどネタバレ嫌な人は見ない方がいい

    自己満スレだけど淡々と上げていきます






    4以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/23(火) 11:18:38.929 ID:j7F3mdiOe.net
    『君の膵臓を食べたい』 住野よる
    君の膵臓をたべたい

    友達が絶賛してたから貸してもらったけど、
    読み終わっての感想は「へぇー」って感じだった
    期待しすぎてたのかもしれない

    あらすじは、病気で余命が残り少ない女の子と男の子が紡ぐ日々の中で、
    青春のエピソードと交えながら、
    ほろ苦かったり甘酸っぱかったりする感情を描いていくっていう感じです
    『セカチュー』『余命一ヶ月の花嫁』『僕の初恋を君に捧ぐ』
    とかのパターンですね

    まず病気の女の子の描写が(っていうか地の文が)ラノベっぽくて「こんな女子いるの?」って思っちゃったし、
    主人公の男の子に大した魅力が見つからず、どうして女の子が残り少ない余生をこの男の子に執着できるのか謎だった
    けど読みやすかったし、一部分一部分では感動するような場面に出会えたところもあった
    タイトルの意味もわかったときに「なるほどな」と思えた

    でも正直に言ってしまうとここまで売れる意味はよくわかりません
    セカチュードラマ版が好きだったこともあってやっぱり期待値が大きすぎたのかも






    7以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/23(火) 11:20:36.594 ID:Sf2ELd8y0.net
    君の膵臓を食べたいはなろう産って聞いた






    8以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/23(火) 11:20:53.537 ID:j7F3mdiOe.net
    ZOO 乙一
    ZOO 1 (集英社文庫)

    わりと暗かったりおどろおどろしかったりする話が多めの短編集
    小学生の頃に初めて読んだので当時の私にはダークすぎた
    seven roomsとかグロ! なにこれ! って思いながら読んでた記憶
    しかしさすが乙一やっぱり面白い
    お気に入りは『カザリとヨーコ』と『神の言葉』
    その後ダークな小説にしばらくはまったのはたぶん乙一のせい

    上で挙げた三つを軽く紹介しておくと

    『seven rooms』
    何者かに殴られ、気づけば得体の知れない部屋の中に閉じ込められていた姉弟
    どうやらうかうかしてると数日後に殺されてしまうらしい
    姉弟愛が魅力 ラストの余韻には切なくて胸が苦しくなる
    弟いるし仲いいけどたぶん私にこの行動は取れない

    『カザリとヨーコ』
    カザリとヨーコは双子
    妹のカザリは母親に猫かわいがりされてて学校でも人気者、
    主人公のヨーコは家では母親からもカザリからも家畜以下の扱いを受けるし学校ではひどいイジメを受ける
    唯一ヨーコのことをかわいがってくれるおばあさんと出会うけど、その後……

    『神の言葉』
    主人公は意思を持って何かを囁けば相手に思い通りの行動を取らせることができるという能力を持つ(動物や植物にも有効)
    厭世的な主人公は周りに気を使って生きなきゃいけない息苦しさや社交的な弟に対する劣等感から、
    ついに取り返しのつかないことをしてしまうが……

    知ってる人多いだろうけど、
    もし未読で気になった人がいたら読んでみる価値あると思う

    余談だけど実写版で出演してるショタ時代の神木くんめっちゃかわいかった






    9以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/23(火) 11:24:42.156 ID:j7F3mdiOe.net
    ダレン・シャン
    ダレン・シャン1 奇怪なサーカス (小学館ファンタジー文庫)

    本にのめり込むきっかけになったシリーズ

    親友スティーブの誘いを受けて見世物サーカスへ行き、ほんの出来心からサーカスのキャストであるヴァンパイア・クレプスリーの飼いグモを盗んだことから、
    いろいろあってなんとヴァンパイアにされてしまい、
    家族や友達との決別を余儀なくされるダレン少年の冒険譚
    その後はスティーブと対立してしまい自分の運命に苦しむことになる

    小学生の頃、誕生日に「なんでも好きなもの買ってあげる」って連れてってもらった本屋でマンガばっかリクエストしてたら
    「小説も読め……」
    って買い足された

    ZOOと同様ちょっとグロいし子供にはよくわかんないような深いエピソードとかも出てくるけど、
    一人一人キャラ立ちしてるし、
    小学生の頃の私も素直に感動できたいい冒険小説だったと思う
    サンデーでマンガ連載してたし知ってる人も多いのかな?
    今読み直すとまた違った発見があっておもしろい

    ちなみに同作者のデモナータはグロ過ぎて一巻しか読んでません
    クレプスリー伝説も気になってはいるけど未読






    16以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/23(火) 11:32:30.767 ID:8TMGQ7Vfd.net
    ダレンシャンサンデーで読んでたわ
    なっついなぁ






    11以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/23(火) 11:27:46.666 ID:U8fSPcXdp.net
    どんなJKなのか気になるよー






    14以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/23(火) 11:29:32.763 ID:j7F3mdiOe.net
    >>11

    身長158cm
    小説家になりたいワナビ






    12以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/23(火) 11:28:10.143 ID:j7F3mdiOe.net
    都市伝説セピア 朱川湊人
    都市伝説セピア (文春文庫)

    世にも奇妙な物語の中では言わずと知れた名作『昨日公園』の原作が入ってる短編集
    去年有村架純さん主演でリメイクするってことで話題になったから
    それで興味を持って読んでみた人も多いと思う
    人間の内に潜む狂気を淡々と、だけど綺麗に描く話が多い

    「都市伝説」っていうだけあって、
    すべての話で現実では起こりえないような怪異が起こる
    どれも素晴らしいけど、私は氷漬けにされた河童に魅せられた男の話『アイスマン』が好きだったなぁ

    他にも都市伝説になりたいと願った男の話『フクロウ男』、死者に恋した女の狂気『死者恋』などなど

    何度も過去に戻って友だちの死を回避しようとする少年の話『昨日公園』はこの中では唯一爽やかで素直な話だったけど、
    切ない感じが本当に見事
    『月の石』もわりかし明るい話だったかな?
    その他の短編は不気味な雰囲気の中に切なさが共存しててなんとも言えない余韻が残る
    昭和独特のセピアな感じが好きな人にはおすすめのホラー短編集






    15以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/23(火) 11:32:22.885 ID:j7F3mdiOe.net
    蹴りたい背中 綿矢りさ
    蹴りたい背中

    賛否両論だけど私は好き
    (苦笑)とかは確かに地の文にふさわしくはないかもしれないが

    主人公のハツは高校入学以降友達がいなくて孤独な日々を送る干からびた女子高生
    そのハツがモデルのオリちゃんに心酔するこれまた友達のいない根暗男子・にな川との交流を通して青春する話

    「青春」って書くとちょっと語弊があるかもしれない
    文章全体を通して描かれるのは
    ハツorにな川のぼっちエピソード・にな川の根暗でちょっとキモいオリちゃんオタクっぷり・そんなにな川を何故かいじめたくなるハツ
    っていう薄暗い感じだから、そんなに明るくはない
    なのにどことなく爽やかなのは何故だろう

    好きな人がいたら共感できるかもしれない
    「あーなんで私を見てくんないの? オリちゃんあんたの存在すら知らないよ?」
    って気持ちすごくよくわかります
    それでいて自分の気持ちに気づけない不器用なハツもなるほどネクラっぽい
    私は共感!

    万人受けするかどうかはよくわかんないけどとりあえずオススメ

    「これが芥川賞なんだー」とは思ったけど
    てか芥川賞の基準ようわからん

    好きな作家の一人です






    17以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/23(火) 11:35:09.161 ID:j7F3mdiOe.net
    『放課後の音符』 山田詠美
    放課後の音符(キイノート) (新潮文庫)

    作者名でピンとくる人も多いんじゃないかな?

    主に女子高生の心の揺れ動きを描いたおセンチな短編集

    ……との前情報を持ってたから『蹴りたい背中』的な感覚を期待して読んだけどそれが間違いだったのかもしれない

    だいたいの短編に「好きな人とのセクロスは素晴らしい」みたいな信条が出てくるけど
    そもそも経験がないのでイマイチ共感できず

    文章のリズムも独特で、最初はそれが心地よかったけど段々冗長に思えてきてしまったのは私の読書量が単に足りないって言うのもまた一因だろう

    でも男の子に恋する女の子の気持ちは共感できる部分も多くて、
    そこら辺の切なさとか上手いなと思わされる短編ではあった

    また、同作者の代表作「ぼくは勉強ができない」も立ち読みしかけてやめてしまったので、
    私には作者さんが合わないだけかもしれない
    逆に「ぼくは勉強ができない」が好きな人にはオススメできる一冊なのかも






    18以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/23(火) 11:40:00.052 ID:j7F3mdiOe.net
    『DINER』 平山夢明
    ダイナー (ポプラ文庫)

    グロいグロいでも食べ物の描写がおいしそう!
    っていう謎の前評判に釣られて買った一冊

    夢中ですぐ読み終わった
    一言で言うと面白かったです(小並)

    ほんの出来心から携帯闇サイトのバイトに手を出したオオバカナコは、
    凄惨な拷問に遭遇したあげく、会員制のダイナーに使い捨てのウェイトレスとして売られてしまう。
    そこは、プロの殺し屋たちが束の間の憩いを求めて集う食堂だった
    ――ある日突然落ちた、奈落でのお話。(Amazonからコピペ)

    あらすじは以上だけど、出てくる殺し屋がとにかく個性豊かで面白い
    全身傷だらけの殺し屋『スキン』、見た目は子供、中身は悪魔な殺し屋『キッド』それ以上もわらわらわら……十人十色。

    食堂のオーナー・ボンベロとオオバカナコの間に少しずつ絆が芽生えていく
    アクションの臨場感はもちろん、ほんとにおいしそうでお腹すいてくる食べ物の描写も魅力

    特にラストのドンパチは洋画みたい
    つい泣いてしまうシーンもあった

    ボンベロとオオバカナコ仲良くなるの早すぎじゃない?
    っていうツッコミどこはあるけど、
    グロいの平気でエンタメ小説読みたいと思ってる人にはオススメです!
    私はあんまりグロいと思いませんでした

    ちなみにショタコンゆえ殺し屋キッドくんをもっと見ていたかった






    19以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/23(火) 11:44:54.970 ID:j7F3mdiOe.net
    『カラフル』『ラン』 森絵都
    カラフル (文春文庫)
    ラン (角川文庫)

    カラフルとランは全く違う話だけど系統が似てるので一緒くたにしました

    カラフルは有名なのでだいたいの人が知っているのでは?
    ということでランのあらすじだけ紹介

    主人公・環は九年前に事故で家族全員を亡くして以来無気力に生きている大学生
    ある日、知り合いの紺野さんからもらった自転車で走っているとなんと死んだ家族が暮らしている世界に紛れ込んでしまった!
    自転車を使って現世と家族の間をしばらく行き来してた環だが、
    やむを得ない事情で自転車を手放すことになる
    家族に会いに行くため、自分の足で走っていく決意をするが……?

    家族を亡くしたことがある人なら共感できる部分が多いんじゃないかと思う
    人の「死」と「生きる」ってことを見つめ直させてくれる作品

    一方『カラフル』は一度自殺した「僕」の目を通して生きてくことの不条理さとか、でも捨てたもんじゃないよ、ってこととかを学んでいく作品

    語り出すと死生観とか混ざってきてわけ分かんないことになるのでやめます
    どちらもオススメです
    文句無しの2冊!






    20以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/23(火) 11:46:41.222 ID:s7HaW/RsM.net
    今のところ全部読んだことある
    THE女子高生って感じだな(他意はない)






    21以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/23(火) 11:48:06.023 ID:j7F3mdiOe.net
    >>20
    え、嬉しい!
    よく趣味が古いって言われるからネカマ疑われそうだなって思ってた






    23以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/23(火) 11:52:35.738 ID:s7HaW/RsM.net
    >>21
    いや結構古いと思うww
    おすすめかなんか参考に読み漁った感じか?






    25以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/23(火) 11:55:02.887 ID:j7F3mdiOe.net
    >>23
    図星です笑
    neverまとめとかとりあえず色々見て読んでる!
    あとは2chでオススメされてたやつとかも興味もったら買ってみることにしてる






    22以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/23(火) 11:48:28.367 ID:j7F3mdiOe.net
    『ボトルネック』 米澤穂信
    ボトルネック(新潮文庫)

    何か盛り上がりに欠けて退屈な上に全編通して薄暗かった本

    テーマがすごく面白いと思って読み始めたけど、あまりにもどうにもならん感じが合わなかった

    あと、キャラ造形がどことなくラノベ・アニメっぽいっていうか、なんというか……
    地の文とか、登場人物の話口調なども含めて、あんまりリアル感が感じられなかった部分がある

    でも「ボトルネック」っていう言葉の意味、
    その存在について考えさせられた本だった
    学校でたまに見かけるあの子のこと
    何かどんくさくて、話しててもつまんなくて、ぱっとしなくて、どことなく人をイライラさせるような雰囲気がある子
    そういうのって生まれ持ってのもので、
    もし自分がこうだったらどうなんだろう?
    って考え始めたら恐ろしくなった

    そういうことを考えさせたい一冊なんだったらその試みは成功だったんだと思う
    人の気持ちを明るくさせるようにって書かれた話でもないしね

    私は苦手な文体だけど、好きな人は好きなんだろうなという印象






    24以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/23(火) 11:52:48.660 ID:j7F3mdiOe.net
    『子供たち怒る怒る怒る』 佐藤友哉
    子供たち怒る怒る怒る

    なんかやたらとエロくてグロい話が多い短編集
    ダークな短編集だけど、ZOOよりも俗っぽい
    ゆえに感じてしまうこのチープ感はもしかしてわざと?
    この人も確かメフィスト賞出身で、それに釣られてブコフで買った覚えがある

    途中まで読み進めてって、俗っぽすぎて「ふーん……」って感じのちょっと冷めた目で見てたんだけど、
    忍耐力皆無な私が何だかんだ最後まで読んじゃったってことは続きが気になったって言うのも事実で

    ある程度の俗っぽさは必要なんだなと思いました(稚拙)

    特に執拗なグロシーンや性的描写には辟易っていうか、
    「もうあんたの性癖はわかったよ」
    とか思いつつも読み進めてしまったという事実

    どの話も「俗っぽかったなぁ」とは思うんだけど、
    最後の話の『リカちゃん人間』これにはすごく感動した

    家族からもクラスメイトからも赤の他人からもボロ雑巾みたいに扱われてるのに「私はお人形」って思い込むことで平静を保つリカちゃんが、
    あることをきっかけに「お人形」をやめて抗うことを決意する話
    乙一の『カザリとヨーコ』に話の流れが似てる

    やっぱりグロとかエロとかが露骨で俗っぽいんだけど、
    『リカちゃん人間』にはいたく感動した自分がいた

    こんだけ俗っぽい俗っぽい言っててたまに本棚から取り出しちゃう時点で、
    実はちょっと気に入ってるんだと思います

    一般的には表題作の『子供たち怒る怒る怒る』が有名なので、
    そっちのあらすじを見て購入を考えるのもいいかもしれません






    26以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/23(火) 11:57:02.798 ID:j7F3mdiOe.net
    『向日葵の咲かない夏』 道尾秀介
    向日葵の咲かない夏 (新潮文庫)

    題名が綺麗だったというのと、
    例によってショタ主人公に釣られて購入

    おどろおどろしいというか、なんとも言えず気分が悪くなるような描写も随所に見られ、
    読んでる時に「あれ、青春ジュブナイル的なやつじゃないんだ」と自分の勘違いに気づき、
    というか描写がいちいち気持ち悪すぎて若干引いてたけど、
    ラストのどんでん返しは圧巻で夢中でページをめくった思い出の中3の冬
    なぜこの本を冬に読んだのかはあんまり覚えてない

    あらすじとしては、
    自殺した同級生のSくんが蜘蛛として生まれ変わって主人公・ミチオの元にやって来て、
    「僕は自殺じゃない、犯人は担任なんだ!」
    と主張するSくんのために奮闘するミチオのひと夏の冒険

    ……って言えば聞こえはいいけど、
    まぁそんなに爽やかな小説ではない
    それどころかなんか狂気じみてる

    特にショタコン教師の描写は生々しすぎていくら私自身がショタコンと言えど吐き気を催すほど

    が、それらの生理的嫌悪感を乗り越えてでも読む価値があると個人的には思う
    賛否両論の小説だから、一概には言えないけど

    ちなみにそれまでミステリーがあんまり好きじゃなかったけど、
    これをきっかけにミステリーがちょっと好きになりました
    っていうか、「ミステリーだから」っていう理由で本を敬遠することがなくなった

    読んでみて面白かった『龍神の雨』『シャドウ』も同作者の本としてオススメしておきます
    この人の本読むと、終盤間際らへんのどんでん返しでいつも「クソ! やられた! そういうことだったか!」って思わされるのは私がミステリーをあんまり読まないからなんだろうか






    27以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/23(火) 12:01:13.570 ID:s7HaW/RsM.net
    >>26
    この人はミステリ読み慣れてても異色だと思う
    特にこの作品は一見普通の日常小説に見えるから他人に勧めた時の反応が面白い






    28以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/23(火) 12:02:06.596 ID:j7F3mdiOe.net
    『輝く夜』 百田尚樹
    輝く夜 (講談社文庫)

    父親に貸してもらって読んだけど、
    「そんな……言うほどいいか?」
    って言うのが正直な感想でした

    コンセプトとしては、散々な日々を送っていた人に起こる、聖夜の奇跡を描いた短編集って感じだと思います

    話の流れがどれもテンプレというか単純すぎてひねりがないし、さらにはロマンチストすぎて気持ち悪いと思ってしまいました

    そしてAmazonのレビューを見ると概ね好評のようだったので、自分の感性を疑いました
    良さがわかりたくて二、三回読み返しましたが合わないものは合わないんですね

    でも同作者の『モンスター』はそれなりに面白かったので(ベストセラー作家相手に偉そうですみません)、
    文体が少し苦手ですがシナリオを考えるのは上手な方なのかなと思いました

    永遠の0も気になってはいるのですが、
    あれだけ分厚いのにハズレだったら嫌すぎるので読んでません
    既読の方がいましたら感想お願いします






    29以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/23(火) 12:04:05.571 ID:s7HaW/RsM.net
    >>28
    この人はむしろ永遠のゼロの一発屋だからおすすめ
    何故こんなにメディアに後押しされてるんだか謎
    軽くて読み易いってのはあるけど
    永遠の0 : 1 (アクションコミックス)






    30以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/23(火) 12:06:41.668 ID:j7F3mdiOe.net
    >>29

    レスどうも!
    めっちゃ推されてますよね
    父親と弟がハマって読んでたんですが、
    家族内で私だけ趣味違うので合わないんじゃないかと思って敬遠してました

    どっちかに貸してもらってみます!






    31以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/23(火) 12:07:05.975 ID:j7F3mdiOe.net
    『ぼくのメジャースプーン』 辻村深月
    ぼくのメジャースプーン (講談社文庫)

    「ショタが主人公」っていうのに釣られて何度か読もうとしたけど、
    結局分厚いからやめて、
    でも本屋でやたらと見かけるから根負けして買ってみたらこれが大当たりでしたっていう一冊

    主人公の「ぼく」は、隠れてみんなにブスって言われたりとか、都合よく利用されがちな、
    だけど優しくて芯の強い「ふみちゃん」のことを大切に思っていた
    そんなふみちゃんが、みんなが飽きてからも熱心に世話を続けていたうさぎが、
    ある男によって惨殺されるという事件が起きる
    犯人の医学部生の男は悪びれもしない
    それどころか虎視眈々と父親のコネを使って医学部に戻る隙を伺ってるような男
    血まみれのうさぎを目の当たりにしたふみちゃんは言葉を発さなくなり、幼なじみの「ぼく」の呼びかけにも応じなくなる
    つまりは心を閉ざしてしまう
    そんなふみちゃんのため、「ぼく」は男に復讐することを決意する

    大筋はこんな感じだけど、とにかく良かったとしか言いようがない
    まず、あっけらかんとしてるけど時に残酷な小学生の描写がリアル
    きっと悪気はないんだけど、見ていて胸が苦しくなる

    人によって善悪の基準は違うけど、だからこそ自分の中に「正しい」と思うものをいつだって持っていなきゃいけない
    自分のメジャースプーンで測り取らなきゃいけない
    自分にとって何が大切なのか、見誤らないように

    好きな本ほど多くを語れないっていうこのジレンマなんなんでしょうね

    それなりに厚いけど案外スイスイ読めます
    自信を持ってオススメします






    32以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/23(火) 12:11:29.634 ID:j7F3mdiOe.net
    『煙か土か食い物』 舞城王太郎
    煙か土か食い物 (講談社文庫)

    独特のリズムの文章に圧倒される人は少なくないと思う
    西尾維新とか辻村深月を輩出してるメフィスト賞出身のイロモノ作家
    最初は「ハァ? なんだこれ?」と思いつつなんやかんやで癖になる
    一応ミステリだけど謎解き要素は薄く、
    どっちかっていうと暴力暴力暴力! 理不尽な暴力! どうや! 俺は抗ったるで! って感じの小説

    特に私が秀逸だと思うのは主人公の四郎を中心に描かれる暴力まみれの一家・奈津川家の描写
    どんなにクズでも、どんなに理不尽なことされても、
    「家族だから」っていう切っても切れない腐れ縁に支配されざるを得ない
    好きでも嫌いでも、結局は「愛さざるをえない」
    結局はそういうことなんだと思う

    エロいしグロいのであんまり人には薦めたことないけど
    そういうの平気な人は読んでみていいんじゃないだろうか
    私の一番好きな作家です






    33以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/23(火) 12:16:44.982 ID:j7F3mdiOe.net
    『TSUGUMI』 吉本ばなな
    TUGUMI (中公文庫)

    こんなに瑞々しい文章を書ける作家って他にいないと思う
    私は生まれも育ちもそれなりの都会なのに、
    何故か住んだことのない海辺の町が鮮明に脳裏に浮かぶ
    懐かしさを感じられる
    そんな一冊

    あらすじって言っても特出する部分はないんだけど、
    強いて言うなら病弱だけど恐ろしく口が悪くてガラも悪い美少女・つぐみにいつも振り回されるけど、
    つぐみには「一番の理解者」として認められてる主人公の目を通して描かれる海辺の町での物語
    です

    うまく言えないけど心が洗われるような気分になる

    みんなで泊りがけで海に行った日、叔母さんにプレゼントでもらった本がこれで、
    いとこが全員寝静まった旅館の一室で月の明かりをたよりにしながら読んでたら、
    ちょうど夜に秘密で起き出してなんやらかんやら
    みたいな場面にさしあたった時にグッときて、
    思わず敷布団の上で眠りこける弟・姪・おじいちゃんをじっと見つめてしまった記憶がある
    そんな思い出があるからこの本が私にとって特別なのかもしれない

    私情が混ざっちゃってごめん
    とにかく、「小さな共感」が詰まってて、それが砂金みたいににらめいてるイメージ
    この本を紹介する時はどうしても詩的(笑)になってしまう
    最後はボロ泣き
    オススメです






    34以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/23(火) 12:20:32.414 ID:j7F3mdiOe.net
    『生きてるだけで、愛。』 本谷有希子
    生きてるだけで、愛。 (新潮文庫)

    先日芥川賞を獲った本谷さんの本

    どちらかと言うと戯曲で名を上げている人らしく、
    『幸せ最高ありがとうマジで!』というタイトルの戯曲があることを知り、
    なんだこの舞城臭はと思って小説に手を伸ばしてみた次第です

    立ち読みしようと最初のページを見てみると
    「女子高生の頃、なんとなく学校生活がかったるいという理由で体中に生えてるあらゆる毛を剃ってみたことがある」
    とか言うとんでもない書き出しから始まる思考垂れ流してまーすって感じの文章に「あ、これ好みだわ」と思って購入を決意

    途中までは無理してテンション上げてる感を覚えてしまってちょっと苦痛だったけど、
    読み進めてく内にどんどんテンポが良くなってユーモアも混ざってリアルに笑っちゃうしで最終的には面白かった

    やっぱり舞城王太郎にどことなく似てる感じがあって、
    でもさすがに舞城ほどえげつないエログロはありませんでした

    あらすじは、
    こじらせまくっちゃってどこ行ってもうまくいかない主人公の寧子と、寧子と同居する何考えてんのかよくわからん薄味の男子・津奈木がなんやかんやで心を通わせることができました、っていう話

    相手の言うこと為すことに必要以上に過敏になっちゃう寧子の気持ちはすごくわかるし、津奈木の薄味具合も知人の男子と似てて「あーこういう無気力な人って最近多いよね」っていう印象

    にわかが勝手に考察するけど、
    女性作者の作品には似通ったロマンチシズムを感じる
    綿矢りさも本谷有希子も最後にはきちんと男と女を相互理解できそうな救いの道っぽいところに導くけど、
    たぶん男性作者だったらただの失恋で終わらすんだろうなって思ったり

    そういうところで「女の理想乙」って思う男の人もいるのかなーとか考えるし、
    「ここまで優しい男の人なんてあんまいないよね」とか思いつつも、
    やっぱそういうロマンは満更じゃない

    でもそれはたぶん同性だから
    したがって綿矢りさとか本谷有希子の小説は女の人が読むべきなのかもしれない

    なんか途中脱線しちゃったけど、
    こじらせた自意識に悩んでる女の人にはとりあえず一読を薦めてみたい一冊






    35以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/23(火) 12:24:07.350 ID:j7F3mdiOe.net
    『14歳限定症候群』 壁井ユカコ
    14歳限定症候群 角川文庫

    友達に貸してもらったら普通に面白かった一冊

    五人の女子中学生(六、七人だったかもしれないうろ覚え)が、九日間限定で身体のつくりが変わってしまうっていうのをオムニバスで描いた作品
    ある人は身体が男に、ある人は犬に、ある人は姉と外見が入れ替わり、またある人は……
    って感じで一人一人まったく違った症状が現れる

    特にお気に入りな短編は「サク」っていう女の子が主人公の『欲情』
    貸してもらった本で手元で確認できないからあらすじがうろ覚えで申し訳ないんだけど一応書きます

    サクは自分のお姉ちゃんの自転車で自慰していた男の姿を写メに撮り、
    弱みを握る
    男は「うわーまずいことになっちゃったよぉ」とか思いつつもヘタレなので逆らえない
    ……が、様子は一変、サクに「朝起きたらお姉ちゃんになってた。どうしよう」と泣きつかれ、
    何故か自分の部屋に泊めることになり……

    という感じです
    エロへの欲望を一歩踏み出せない二人、
    というか、
    互いにもともと好きだったわけじゃないのにいつの間にかまんざらでも無い関係になっちゃってる、あれ!? ってとこが
    リアリティとか抜きにしてなんかかわいいので好きなんです
    というか好みの展開

    ところで別の短編に
    「中2女子時代はマリオの無敵モードみたいなもの」
    っていう文章が出てきて結構共感した
    取り敢えずはつるんでれば自分たちが無敵であるように思えて、何もかもがおかしくて、
    でもセンシティブなお年頃
    そこの部分だけ、いかにも「名文でしょでしょ?」って感じが若干鼻につく文章だったけど、
    とにかく共感はした
    私もいつまでもJKでいたい

    素直にエンタメとして楽しめると思う






    36以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/23(火) 12:30:06.157 ID:j7F3mdiOe.net
    『黒冷水』 羽田圭介
    黒冷水 (河出文庫)

    又吉と同時に芥川賞を獲った羽田圭介のデビュー作
    確か綿矢りさと同じくらい若くして受賞してたと思う

    Amazonのレビュー見たら賛否両論の綿矢りさと違って好評価が多めだったからどんなもんなんだろ、と興味を惹かれて購入

    あらすじは、
    病的に負けず嫌いな兄弟の喧嘩がどんどんどんどんエスカレートして行き、
    執拗な嫌がらせ合いの繰り返しの末、
    結局はとんでもないことに……

    という感じ

    面白かったし、未成年でこんなん書ける奴おるんやと嫉妬してしまった

    オススメです






    37以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/23(火) 12:33:15.778 ID:j7F3mdiOe.net
    『星か獣になる季節』 最果タヒ
    星か獣になる季節

    ヴィレヴァンで目に止まって立ち読みしてみたら好みの文体だったので買ってみましたの巻

    元が詩人の人だってオビに書いてあったし、そもそも横書きの本だったから話の構成とかどうなん? って身構えてたけどなかなか面白かった

    地下アイドルの“きみ”、イケメンの“あいつ”、冴えない“ぼく”、
    ギリギリを生きる魂たちが織りなすダークでポップな純度300%の青春小説!!
    (Amazonよりコピペ)

    いかにもサブカルって感じが好きな人にオススメ






    38以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/23(火) 12:34:28.623 ID:j7F3mdiOe.net
    書き溜め尽きたんで寝ます
    インフルエンザつらい
    みなさんも気をつけて予防はしっかり!






    39以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/23(火) 12:48:21.573 ID:VidbUwCw0.net
    読書好きのJKとか珍しい
    またスレ立ててくれ







    1以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 19:13:21.987 ID:2WlDHE3Pe.net
    前スレの>>41が「また立てて」って言ってくれたから立ててみた

    読んでる小説の偏りが激しい
    好きな作家の本は何冊も出す
    あんま面白くなかったやつは酷評するかもしれない

    一応気を付けるけどネタバレ嫌な人は見ない方がいい

    自己満スレだけど淡々と上げていきます

    書き溜めあるけど、まだインフル直ってないから辛くなったら寝る






    2以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 19:13:53.223 ID:FsAc4zYAa.net
    この前の奴か






    3以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 19:15:41.319 ID:8qpKv07l0.net
    初見






    4以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 19:16:46.317 ID:2WlDHE3Pe.net
    『女王はかえらない』 降田天
    女王はかえらない (「このミス」大賞シリーズ)

    第十三回このミス大賞作
    そこそこ話題になったみたいです
    私は文庫になるまで存在自体を知らなかったけど

    気が強くてワガママな美少女・マキの天下で、
    皆がマキの言いなりになっていた四年一組
    スクールカーストの頂点に立っていたマキだが、
    東京から転校してきた、
    ともするとマキより美しい転校生・エリカの出現により、
    クラス内の派閥は大きく二つに分かれることになる
    激しい権力争いの渦中でさまざまないざこざが起こるが、
    夏祭りの夜、ついに決定的な事件が起こる――。

    第一部『子供たち』は「ぼく」の視点
    第二部『先生』は先生の視点
    第三部『真相』はネタバレだから書きません

    第一部の権力闘争については
    「いくらなんでもこんな小四いないでしょ」
    と思いつつも、楽しく読めた
    だけどいちいち登場人物にイライラさせられていた

    特に、
    マキとエリカを仲裁しようとするものの、
    あまりにもおどおどしているメグが個人的に気に入らなかった
    私まで「いい子ぶりっ子やめろ」と言いたくなった

    だけどその理由めいたものが後から明かされ、
    なるほど、ふーん、それならわからんでもない、といった感じ

    また、人気者の男子・テツも、
    いじめに気づいているのかいないのかようわからんし、
    こいつはほんとにいい奴なのか?
    と疑りながら読んでいた

    でもエリカのあのシーンでは
    「よくやった!」
    と思った

    そして私はハキハキしていてたくましい、
    テツに一途なマキ推しだったので、
    エリカ優勢の時はイライラしながら読んでました


    トリックは概ね納得したけど、
    第一部の語り手「ぼく」が実は××だった
    これだけは納得いかない

    理由にも無理があるし、悪い意味で誰も予想できないよ、と思いました

    そして後味が悪い
    「えっ、これでいいの? これが解決なの?」
    と言いたくなる

    でも第一部は面白い
    このミス大賞作でもあるので読んでみてはいかがでしょうか






    5以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 19:17:02.675 ID:2WlDHE3Pe.net
    つづき

    そして第二部異様につまらん
    あと語り手の教師の性格が受け付けない
    生徒に説教するシーンでは「お前が言うか?」と言いたくなる

    そして第三部『真相』
    ミステリ読みなれてないから、
    私の予想はせいぜい三割くらいしか当たってなくて
    「へ〜そういうことだったの」
    とは思った

    でもいたるところのレビューを見ると
    「予想に難くない」
    「ミステリのテンプレ」
    と言われてる






    8以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 19:20:31.360 ID:2WlDHE3Pe.net
    『十字架』 重松清
    十字架 (講談社文庫)

    大津いじめ自殺のニュースを見て、
    何とも言えない気持ちを抱えていた時分に本屋でたまたま見つけた本

    買ったその日に一気読みしたけど、
    考えさせられる本でした

    いじめを苦に自殺したあいつの遺書には、僕の名前が書かれていた。
    あいつは僕のことを「親友」と呼んでくれた。
    でも僕は、クラスのいじめをただ黙って見ていただけだったのだ。
    あいつはどんな思いで命を絶ったのだろう。
    そして、のこされた家族は、僕のことをゆるしてくれるだろうか。
    (Amazonよりコピペ)

    私の通ってる学校は幸い大きないじめとかはないし、
    先生方もすごい気を配ってくれてるけど、
    もし目の前でいじめが起こったら私にその人を助けてあげることができるんだろうか?
    って考えると正直答えられない

    「ただいじめを見ていただけだった」
    つまりは他のクラスメイトと立場はあんまり変わらないのに、
    遺書に名前が書かれてたってだけでいじめられっ子の父親から辛く当たられたり、
    長いあいだその事実に縛られる主人公の姿を見ていたら
    いやいやいや理不尽でしょ、主人公そんな悪くないじゃん
    って思っちゃってる自分がいた

    って言うのも、私が中学生の時に不登校になっちゃった女の子がいて、
    先生が言うには「私に嫌がらせをされた」らしい
    でも私自身はまったく嫌がらせしたつもりなかったからめっちゃ戸惑った
    という経験があるからかもしれない

    でもそれからは人と接する時に傷つけないよう注意を払うようになりました

    私情を思いっきり挟んじゃってごめん

    ともかく、
    自分が予想もしなかったところで「加害者」あるいは「被害者」になってしまうかもしれないということ
    そんな人たちはどう生きるのか
    そんなことを描いた作品だったんだと思います

    ぜひ一度は読んで欲しい作品
    ただ、これを読むと気分が暗くなるというか沈むからもう読みたくはない






    16以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 19:27:40.638 ID:Kt+YwGeKM.net
    重松清を十字架で敬遠してるなら勿体無いな
    他は大抵ジュブナイル臭くて読みやすいぞ






    22以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 19:32:10.920 ID:Kt+YwGeKM.net
    >>16
    と思ったけど訂正
    ジュブナイル向けに推薦されてるのが多いってだけで十字架みたいのも多いわこの人www






    25以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 19:34:42.948 ID:2WlDHE3Pe.net
    >>22

    重松清『きみの友だち』とか『ナイフ(だっけ)』とか好きだよ!

    疾走は絶対読みません
    疾走(上)<疾走> (角川文庫)






    27以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 19:36:58.642 ID:h6zgwhzm0.net
    >>25
    流星ワゴンとか軽い感じでよかった
    疾走はまあ登場人物が皆が皆悲惨な感じではあるが、
    ちゃんと救いがあるし読後感は悪くない
    読んでる間が辛いだけ






    28以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 19:39:20.793 ID:2WlDHE3Pe.net
    >>27

    流星ワゴン、弟と父親がドラマで見てたなぁ
    ドラマって途中から見てもイミフだから私は見なかったけどw

    疾走ずっとバッドエンドだと思ってた……
    立ち読みしたら思いっきりエロいいじめのシーンで
    「こりゃ無理だ」
    と思ってやめた気がする






    33以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 19:44:57.353 ID:Kt+YwGeKM.net
    >>28
    疾走は最後に一瞬重松節ってだけで思いっきりバッドエンドだな






    36以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 19:49:18.870 ID:h6zgwhzm0.net
    >>33
    えぇ、アレバッドエンドて...
    アルマゲドンもバッドエンドって言ってるようなもんじゃん






    43以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 19:54:16.147 ID:Kt+YwGeKM.net
    >>36
    いやーあれはバッドエンドだろ
    アルマゲドンはどっちとも言えない






    20以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 19:31:00.766 ID:h6zgwhzm0.net
    そうだよな疾走とか読みやすいわな






    23以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 19:32:44.390 ID:Kt+YwGeKM.net
    >>20
    あれは鬱になったわ






    10以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 19:22:12.130 ID:Kt+YwGeKM.net
    個人的にはあらすじはコピペ多くなるから短めで
    感想見せるようにするといいと思う






    12以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 19:24:06.429 ID:2WlDHE3Pe.net
    >>10
    あらすじいらないかな?
    参考にします!






    14以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 19:25:59.039 ID:Kt+YwGeKM.net
    >>12
    三行しか読めないので有名なVIPだと人来ないと思うぞ
    俺はどれも読んでるからあらすじ要らんってのも少しある






    13以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 19:25:53.050 ID:2WlDHE3Pe.net
    『ふがいない僕は空を見た』 窪美澄
    ふがいない僕は空を見た

    装丁がめちゃくちゃ綺麗で、題名も素晴らしいと思ったから即買いだった
    ……と言いたいところだけど、本屋の棚から抜き取って見た帯に
    「R-18文学賞受賞!」
    とか書いてあったから会計に持っていくのをちょっとだけためらいました

    五つくらいの短編が入ってて、ある短編の脇役がある短編では主役に……
    てな感じで一人ひとりを掘り下げて読むことができる

    一番最初の話は不妊の主婦とコスプレセクロスする高校生男子の話でくそエロいんだけど、
    「あー俺何やってんだろうな」
    みたいな倦怠感? 的な描写が好みだったので普通に読めた

    どれも生きづらさを感じる人々を描いた作品だけど、
    そんな中で私が一番好きな短編は『セイタカアワダチソウの空』

    一度貧困な家庭に生まれたら這い上がるのは難しい、
    っていうか自分の生まれる環境なんて選べない
    だけどその負のサイクルから逃れるということ

    大人って勝手だよなぁ 他人が羨ましいなぁ
    そう思ってる人にはぜひ読んで欲しい

    ただ友達に貸したら
    「エロ過ぎて共感も感動もできなかった」
    って言われたから人によりけりなのかもしれない






    17以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 19:29:00.081 ID:2WlDHE3Pe.net
    『少女』 湊かなえ
    少女 (双葉文庫)

    湊かなえはまあまあ読んでるけどこれが一番好きかな
    理由は何でだろう よくわからない

    二、三年前に読んだからうろ覚えなんだけど、
    ちょっと冷めたところのある由紀に感情移入して読んでた覚えがある

    一生懸命いい人に見られようとしてから回ってる敦子と、辛い現実を俯瞰で見つめることで平静を保ってる由紀

    この二人がほんとにわかりあえたシーンが好きだった

    しかしハッピーエンドでは終わらない、一筋縄ではいかない結末が用意されてるのもこの小説の特徴

    告白読んで面白いと思った人は読んでみていいんじゃないかな






    19以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 19:29:51.552 ID:WJmCX0u/0.net
    なかなか良い感じだ






    24以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 19:33:00.369 ID:2WlDHE3Pe.net
    『ダックスフントのワープ』 藤原伊織
    ダックスフントのワープ (文春文庫)

    結局何が言いたいのかよくわかんなかったけど、印象には残ってるし割と好きではある作品

    大人になって経験積んでもう一回読み直したらまた何か発見があるかもしれない

    大学の心理学科に通う「僕」は、
    ひょんなことから自閉的な少女・下路マリの家庭教師を引き受けることになる。
    「僕」は彼女の心の病を治すため、
    異空間にワープしたダックスフントの物語を話し始める。
    彼女は徐々にそのストーリーに興味を持ち、
    日々の対話を経て症状は快方に向かっていったが……。
    (Amazonよりコピペ)

    あらすじとしてはこんな感じだけど、
    話が寓話的すぎて特に私が説明できるようなことはない

    ただ、なぜダックスフントが異空間にワープしたのかだけ説明しておきます

    スケボーに乗っていたダックスフントは自分で制御できないほどの速さで坂を駆け下りていき、
    その先に大好きな女の子の姿を見ます
    「ぶつかりたくない、ワープしたい!」
    的なことを考えてたらほんとにワープしてしまいました、
    というところから話は始まる

    「どうしてワープできたの?」と訊くマリに対して、
    “僕”は「それは女の子が大好きだったからさ」と答える

    何やら哲学的な話
    読んだことある人いたら解釈知りたいです






    30以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 19:40:55.689 ID:Kt+YwGeKM.net
    >>24
    これは正直いかにも女が書いた雰囲気小説だなと思って飛ばし読みしたわwwww
    意味不明だった






    26以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 19:36:18.315 ID:2WlDHE3Pe.net
    『六番目の小夜子』 恩田陸
    六番目の小夜子(新潮文庫)

    冒頭が面白すぎて引き込まれるようにして読み始めて、
    中盤までは引き続き面白かったんだけど、
    後半が正直意味不明だったし尻すぼみだった印象の本

    この話の根幹にあったのは「なぜ小夜子というゲームが続けられているのか」
    みたいなことだったと思うんだけど、
    私には最後まで読んでもよくわからなかった
    もしかすると私の読解力がないからかもしれない
    それか後半あんまり面白くなくてサーッと読んでたせいかもしれない

    なんかけなしてるみたいになったけど途中までは引き込まれる
    人によっては最後まで面白いだろうし
    一読の価値あり






    29以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 19:39:39.547 ID:2WlDHE3Pe.net
    『イキルキス』 舞城王太郎
    イキルキス (講談社ノベルス)

    舞城にハマり始めてから三冊目くらいにこれを読み、
    「好きかな……?」が「好きだ!」という確信に変わった一冊

    文庫版は『アンフーアンフー』『無駄口を数える。』の二編を書き下ろし追加して、
    他は『イキルキス』『鼻クソご飯』『パッキャラ魔道』
    と、計五つの短編から成っている

    表題作の『イキルキス』は、
    死を招く「キス」と生きる「キス」を巡る、という謎な話

    主人公が今まで嫌いだと思ってた女子のことを「あ、好きだわ!」と自覚するまでの心の動きが舞城の文体によって効果的に描かれている

    ただ、この短編が結局何を言いたかったのかは正直私にはわからない

    意味がよくわかんなかった『アンフーアンフー』以外は全部好きだけど、
    私が一番気に入ってるのは『パッキャラ魔道』

    交通事故をきっかけに家族が少しずつ分裂していき、
    落ちるとこまで落ちるのを主人公の目線からある意味淡々と描いた家族モノ

    「怖いし痛いし理不尽な暴力にむかつくし悲しいし
    ウチの父親もろくなもんじゃないよと思って残念でばかばかしいし人って判らない。
    人間って何なの?」

    という主人公の気持ちを置き去りに、
    大人は子供のことを省みているようで結局自分のことしか考えていない。
    大人って勝手ですよね
    大人に振り回された子供はどのように成長し、そしてどんな「大人」になるのか。

    エンタメ書いてる舞城も好きだけど、私は純文書いてる舞城の方が好きだな

    万人受けするかっていうとどうだろ? って感じだけど、
    私はすごく気に入ってる短編集です






    31以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 19:43:35.956 ID:Kt+YwGeKM.net
    >>29
    これ途中で読むのやめた
    個人的にこの人はエンタメ小説がまだマシなだけで短編なんか書く実力に達してないと思う
    好きみたいだけど酷評ですまん
    まあ好みの問題だと思う






    34以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 19:45:42.887 ID:2WlDHE3Pe.net
    >>31
    舞城王太郎ってエンタメが好きって人と純文学が好きって人、
    短編が好きな人長編が好きな人で評価分かれますよね

    好きな作家って誰?






    35以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 19:48:56.989 ID:Kt+YwGeKM.net
    >>34
    筒井康隆とかかな?
    旅のラゴスとか愛の左側を読んでから他の作品読むと汚くてビビるからおすすめ
    旅のラゴス (新潮文庫)






    39以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 19:51:20.581 ID:2WlDHE3Pe.net
    >>35
    旅のラゴスって筒井康隆だったんだ……w
    旅のラゴスおもしろい?
    気になってる






    45以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 19:55:51.063 ID:Kt+YwGeKM.net
    >>39
    旅のラゴスは最高に面白いけどあれを筒井康隆の作風と勘違いしないほうがいい
    俺は旅のラゴス読むと本読むモチベーションが湧く






    47以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 19:58:22.619 ID:h6zgwhzm0.net
    >>39
    旅のラゴスは筒井らしくない小説だが面白い
    絶対に読んだ方が良いとオススメしておく
    近い雰囲気は 残像に口紅を とか 敵 とかにもあるので気に入ったらそっちも
    つついはSFやコメディ、風刺の入った馬鹿騒ぎのような小説と、上述のような静謐なものと幅が広いのが読んでて飽きない






    37以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 19:49:56.941 ID:C4D9Nz7p0.net
    『ダックスフントのワープ』は中学生の頃に読んで「春樹の亜流?」と思った覚えがある
    あのひんやりした雰囲気は『テロリストのパラソル』にも引き継がれてると思う
    いま読んだらどういう感想を抱くだろう
    テロリストのパラソル 角川文庫






    41以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 19:52:03.538 ID:2WlDHE3Pe.net
    >>37
    テロリストのパラソルも有名みたいだから気にはなってた
    面白いの?






    46以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 19:57:37.604 ID:C4D9Nz7p0.net
    >>41
    よくできた和製ハードボイルド
    学生運動の記憶を引きずった主人公の造形とか、その頃に付き合ってた女とクリソツの娘と寝る展開がイヤだったりして個人的には好きじゃない






    50以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 20:01:42.959 ID:2WlDHE3Pe.net
    >>45 >>46 >>47
    旅のラゴスずっと迷ってたけどこれを機に読んでみる気になった!

    テロリストのパラソルに関しては……なんというか、ダックスフントのワープもそうだったけど、
    作者は鬱展開が好きなのかな?






    53以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 20:03:58.236 ID:C4D9Nz7p0.net
    >>50
    まあハードボイルドやからね






    32以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 19:44:26.008 ID:2WlDHE3Pe.net
    『すいかの匂い』 江國香織
    すいかの匂い (新潮文庫)

    中学受験の国語の文章題に出てきた文章で
    「きれいだなー、全編読みたい」
    って調べてみたらこの短編集に入ってる話の一つだったので購入

    小学生に読ませる文章だから『西の魔女が死んだ』的な雰囲気の話がまとめられてる本なのかな?
    とか思ってたら見事に予想を裏切られました

    何と言っていいのか説明し難く……
    全部主人公は子供なんだけど、どの短編も静かな狂気に満ちている
    子供ならではのちっぽけな狂気
    夏をテーマにしたこの短編集は、まるで蜃気楼みたいにあやふやで、
    でも確かにあった子供時代を思い出させてくれる

    その発送の斬新さに私が強烈に覚えてるのは、
    蝉の
    「シワシワシワシワシンシワ」
    っていう鳴き声が
    「死ね死ね死ね死ね死ね死ね」
    に聞こえる少女の話

    確実に狂ってます

    説明しにくいからもうここら辺でやめとく
    不思議だけどそれが何故か心地いい、
    みたいな感覚を味わいたい人はぜひ
    文章も透明感があってきれいです






    38以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 19:50:10.999 ID:2WlDHE3Pe.net
    『終末のフール』 伊坂幸太郎
    終末のフール (集英社文庫)

    本屋で色々と物色していたある日、
    タイトルが気になってふと手に取ってあらすじを見ると
    「これ私がいつか書こうと思ってた題材やん!!」
    と思って悔しさとともに買った作品
    伊坂作品では初読の本

    八年後に小惑星が衝突し、地球は滅亡する。
    そう予告されてから五年が過ぎた仙台北部の団地「ヒルズタウン」の住民たちを主人公にしたオムニバス

    というコンセプトの短編集

    全部通して読んでみての感想ですが、
    泣いたし、感動したし、
    他の作品も読んでみたいと思いました

    特に気に入った短編が『籠城のビール』

    遠慮無用な報道のせいで妹を失った兄弟が、
    元報道マンの家に復讐をしに行く話

    あんまり言うとネタバレになるからろくな情報開示ができないんだけど、
    結末がすごく良かった

    他の短編ももちろん良かったし、
    さすがは人気作家、上手いなぁという感じ

    他の伊坂作品とはまたテイストが違います
    オススメ






    58以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 20:12:10.146 ID:x7ygAXl90.net
    伊坂幸太郎繋がりで終末のフール良かったのなら俺は死神の精度をオススメしたい
    死神の精度 (文春文庫)

    つか俺なんかは作者でおっかけて色んな作家のオムニバス的な短編集から他の作家に派生って感じで本探すから1がどうやって本探してるか気になる






    61以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 20:16:56.946 ID:2WlDHE3Pe.net
    >>58
    死神の精度は読んだことないや!
    伊坂幸太郎はどれも面白そうだから、逆にどれから読んだらいいのかわかんないんだよね

    私も作者でおっかけるタイプ
    「この作者が好きならこれも読んどけ」
    からどんどん飛んでいったりとか
    何かの原作を読んでみたりとか
    あとは本屋に二、三時間滞在w






    70以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 20:26:09.153 ID:x7ygAXl90.net
    >>61
    死神の精度是非!
    伊坂作品は登場人物が他の作品でもよく出てくるから追っかけると楽しいよ

    俺も久々に本探して読むか






    74以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 20:29:09.014 ID:Kt+YwGeKM.net
    >>70
    個人的に伊坂作品に限らず作品単位で区切りつけないで続編匂わしたり世界観共有したりするの嫌い






    44以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 19:55:18.443 ID:2WlDHE3Pe.net
    『犬と鴉』 田中慎弥
    犬と鴉 (講談社文庫)

    『共喰い』で獲得した芥川賞を
    「もらっといてやる」
    と発言したことで物議を醸した田中さんの短編集

    最初は『共喰い』を買おうとしたけど、
    あらすじにイマイチ惹かれなかったので
    結果こちらを買うことに

    どれも何とも言えず暗い話で、
    表題作以外にも『血脈』『聖書の煙草』の二編が入ってるけど、
    『血脈』は何となく私に合わなかったし、
    『聖書の煙草』も狭い世界で鬱々としすぎで、
    (狭い世界で鬱々としてるのは三編ともなんだけど)
    結果的にようわからんけど何かちょっと好きかも、
    と思えたのは『犬と鴉』だった

    戦争へ行った父、父を追って戻らない母、取り残された息子。
    終戦を迎え、黒い犬が人々を牙にかけていく。
    生還し古い図書館に篭城して悪逆の限りを尽くす父と対峙するため、
    息子は丘の上の図書館へ通い続ける。
    ――これだけじゃ全く意味がわからん

    『犬と鴉』も『ダックスフントのワープ』と同じくかなり寓話的で、
    だからところどころ意味不明というか、
    何のメタファーなのかがイマイチ伝わりづらい部分がある

    でも暗い鬱屈した雰囲気が、
    この『犬と鴉』に関しては好みだったのでとりあえず紹介してみました

    これ読んだことある人いたら感想聞きたい






    48以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 19:59:11.216 ID:2WlDHE3Pe.net
    『NO.6』 あさのあつこ
    NO.6〔ナンバーシックス〕 #1 (講談社文庫)

    ホモだという前評判に釣られて買ったけど、
    あまりにホモホモしいので戸惑ってしまった
    この作品男の人で好きな人いるのかな?
    とか思っちゃうほど

    ヒロイン・沙布が主人公に執拗にセクロスを迫る場面がちょっと受け付けなかったし、
    あまりにホモホモしい描写にはこっちが恥ずかしくなっちゃうくらいだったけど、
    何だかんだ面白かったからシリーズは読破しました

    冒険小説が読みたい、
    (多少ホモでも大丈夫!)
    という人は試しに一巻を読んでみては

    一冊一冊が薄いので手も伸ばしやすいかと思う
    あとアニメ化してるから、TSUTAYAで借りてくるのもまた一つでしょう

    ちなみに私はイヌカシがお気に入りです






    55以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 20:04:53.873 ID:2WlDHE3Pe.net
    『星の王子さま』 サン=テグジュペリ 河野万里子訳
    星の王子さま (新潮文庫)

    兼ねてから気になっていて、
    ついに読んでみた!
    ……けど、期待していたほどの感動は得られなかった本でした

    「仕事ばかりに気を取られて本当に大切なものを見失ってはいけない」
    とか
    「大好きな人には素直に気持ちを伝えること」
    だとか、
    言いたいことはわかるけど、
    なんか画一的な感じがしてそこまで感動するに至らなかった感がある

    ただ、キツネのこのセリフだけは大好きですごく心に残ってる

    「もしきみがぼくを飼いならしてくれたら、ぼくの毎日は太陽にあたったように、光り輝くよ。
    (中略)
    それに、見てごらんよ。あそこにほら、麦畑が見えるだろう?
    ぼくはパンを食べない。麦なんて、ぼくにとっては意味のないものさ。
    麦畑は、ぼくの心に何も言ってこない。それはすごく悲しいことだよね。
    だけど、きみは金色の髪をしているじゃない。
    だから、きみがぼくを飼いならしてくれたら、すばらしいことになるんだよ。
    麦は、金色だもの、きみのことを思い出させるよ。
    そしてぼくは、麦畑を渡る風の音まで好きになるんだ……」

    大人になって読み返したら、キツネのセリフ以外の良さもわかるかもしれない






    57以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 20:08:56.832 ID:2WlDHE3Pe.net
    『オーダーメイド殺人クラブ』 辻村深月
    オーダーメイド殺人クラブ (集英社文庫)

    クラスの中でもリア充グループに属する主人公・アンは、
    「私を殺してくれない?」
    と、イケてないグループに属する男子・中川に頼む
    いかに人の記憶に残る、猟奇的な、でも綺麗な殺し方をするのか
    いつまでも語り継がれる被害者と「少年A」になるために、
    アンと中川は特別な計画を進めていく……

    というあらすじを書店で読み、
    「うわー、いかにもな感じだな」
    と思って買うのを止めたけど、
    結局好奇心に負けて買ってみた本

    分厚い本だったけど、読みやすい文体だったのですぐ読めちゃいました
    感想としては特にない……というか、可も不可もなく、という感じです
    (偉そうですみません)

    同作者の『ぼくのメジャースプーン』がすっごく良かったから、
    今回もそういう感動を得られる!
    と思っちゃって読んだのもダメだったかもしれない

    でも終わり方が爽やか、
    というか甘酸っぱくて可愛かったので
    それなりに気に入ってはいます






    79以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 20:34:01.568 ID:ijENCV0P0.net
    メジャースプーン読んだなら名前探しの放課後を読もう
    名前探しの放課後(上) (講談社文庫)






    83以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 20:37:53.551 ID:2WlDHE3Pe.net
    >>79
    それ読もうと思って本屋探したら漫画版しかなくてショックだったw






    60以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 20:12:55.080 ID:2WlDHE3Pe.net
    『マリアビートル』 伊坂幸太郎
    マリアビートル (角川文庫)

    「終末のフールにめっちゃ感動したんだー」
    ということを熱弁していたら、
    「伊坂幸太郎ならこれもオススメだよ」
    と伊坂作品大好きな友達に薦められて買った作品

    すごい面白かったです

    先に読んでた成田良悟の『BACCANO!』も殺し屋が列車の中でわちゃわちゃする話だったから
    「似てるなー」
    と思ったけど、
    そもそも、
    電車という閉鎖空間の中で何らかの事件が起こる、
    って結構テンプレだったりするのかな?

    この人の作品の魅力って、やっぱりキャラ造形っていう部分も大きいのかな
    巷では殺し屋の蜜柑と檸檬が人気らしいけど、
    私は「王子」が一番お気に入りだったなぁ
    (蜜柑と檸檬も好きだけど)

    だからAmazonのレビューで
    「王子がとにかく嫌なヤツ」
    「王子が胸糞悪い」
    って言われてるのを見た時はちょっと戸惑った

    『グラスホッパー』も実写化したし、これもいつかするんじゃないかと思ってる
    でも王子のキャスティングに失敗しないでほしい
    ちょっと昔だったら適任だったであろう神木くん大きくなっちゃったし、
    キャスティング難しいだろうけどね

    ちなみにマリビの後に『グラスホッパー』を読んだけど、
    マリビが面白すぎてちょっと拍子抜けだったな、というのが正直なところでした
    でも実写版「蝉」役の山田涼介くんめっちゃかっこよかったです(関係ない)

    『グラスホッパー』→『マリアビートル』
    って読めば楽しく読めると思う
    群像劇+アクションが好きな人にはオススメの二冊!






    63以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 20:20:04.757 ID:2WlDHE3Pe.net
    『卵の緒』 瀬尾まい子
    卵の緒 坊っちゃん文学賞

    これも中学受験の文章題に出てきてから興味を持って、
    「これの続き読みたい」
    って言ったら父親が買ってきてくれた本

    二編の中編が入ってて、どちらの主人公も片親という境遇です
    というのも、著者の瀬尾まいこ自身が小さい頃片親の家庭で育ったらしい

    表題作の『卵の緒』は、
    普通とは違う、
    だけれども自分のことを深く愛してくれる母親と主人公との心の交流を描いている
    文章は柔らかくて、けれどもユーモアがあって、
    優しい雰囲気に包まれているため読みやすい
    自分も子供が生まれたらこんなふうに愛してあげたいなと思わされた(気が早い)

    次に書き下ろしの『7's blood』
    これは七子と七生っていう姉弟の話だったから、
    ある程度感情移入ができた
    というかショタが健気でかわいすぎて……
    胸が苦しくなるような切ないラストには思わず
    「なんでだよ!」
    と叫びなくなってしまった
    でもやっぱどうにもならない事情ってあるよね
    うちの弟はこんなに健気じゃないけど、
    家族って大事だなあとかいう当たり前のことに改めて気づかせてくれる作品

    特に七生が七子に秘密でケーキを用意してたエピソードとか、
    二人で夜中に町を散歩するエピソードがお気に入り

    今も目の前の本棚にあるから読もうと思えば読めるけど、
    読んだら確実に切なくなるので読めずにいる

    オススメです






    64以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 20:20:20.480 ID:3pcZG0240.net
    これは良スレ
    海外文学は読まないの?






    66以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 20:23:16.231 ID:2WlDHE3Pe.net
    >>64
    海外文学苦手なんです……
    ライ麦、ナインストーリーズ、フラニーとズーイ、地下室の手記
    どれも文体がなんか受け付けなくて途中で挫折……

    こないだ買ったエミリー・ダーンの『燃える家の少女』ってやつは面白かったけど






    75以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 20:30:04.787 ID:3pcZG0240.net
    >>66
    サリンジャーやドストエフスキーは、
    もともと文体が特殊な作家に入るからね・・
    ドストエフスキーなら、小笠原豊樹の訳した『しいたげられた人々』はどう?
    同じ訳者ならナボコフとかもいい、この人はべつの名義で詩を出版したりしてるから






    81以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 20:35:04.549 ID:2WlDHE3Pe.net
    >>75
    うぉー、ありがと!
    学校の先生とかにも
    「本気で小説家目指すんなら海外文学も読んでみれば?」
    ってよく言われるから読まなきゃなとは思ってたの

    本屋で見つけたら買ってみます!






    85以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 20:38:31.269 ID:3pcZG0240.net
    >>81
    お、作家目指してんのか
    ぜひとも夢をかなえてほしい、本を読んでる若い人ってだけで応援したくなるわ






    68以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 20:25:08.223 ID:2WlDHE3Pe.net
    『熊の場所』 舞城王太郎
    熊の場所 (講談社文庫)

    舞城初読み本

    2chで
    「『向日葵の咲かない夏』みたいな小説が好きならこの本もオススメ」
    って書き込みを見つけて立ち読みしてみたら、
    文体があまりにも奇抜すぎて
    なんじゃこの本はとおもいながら会計まで持ってった思い出

    『熊の場所』『バット男』『ピコーン!』
    の三編から成る短編集

    表題作『熊の場所』は、
    「恐怖」を克服しようと思ったら、
    すぐにその恐怖の原点まで戻らなきゃいけない
    っていうテーマの話? なのかな?
    途中まではかなり面白く読んでたんだけど、
    結末があっけなくてよくわかんなかった
    でもショタ同士の交流がかなり良かったです

    『バット男』は、
    強い人>>>>弱い人……っていうふうにピラミッド型カーストを作っていくと、
    必ず「最弱者」のポジションに位置する者は現れるわけで、
    そういう人間はただされるがまま虐げられることしかできない
    「頼むよバット男。頼むからバット使ってくれって真剣に。(うろ覚え)」
    とのたまう主人公の発言からは、
    もし最弱者になろうとも抗うことはできるんだということを証明して欲しい、
    という願望が現れていると私は勝手に思っている

    そして『ピコーン!』
    主人公は恋人で暴走族の哲也と一緒にのらりくらりと日々を過ごしてたけど、
    このままじゃあかんと思って社会復帰を決意する
    その社会復帰も軌道に乗ってきて
    「よっしゃ! 行けるかも!?」
    と思っていた矢先に、哲也が……

    話の流れが『蛇とピアス』に少しだけ似てると思った
    でも私はこっちの方が断然好き
    文章のスピード感がすさまじく、切なくも清々しいラストで締めくくられる

    薄い本だしすぐ読めちゃうと思います
    舞城の純文学
    オススメ!






    72以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 20:28:15.194 ID:WJmCX0u/0.net
    やっぱ道尾秀介の良さが分かってんのはよく読んでると個人的に思う






    76以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 20:31:12.454 ID:2WlDHE3Pe.net
    >>72
    ありがとう!
    でも私の同級生でも、『向日葵の咲かない夏』は、不気味だけど面白かったって言う人多い






    73以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 20:28:33.985 ID:2WlDHE3Pe.net
    『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』 桜庭一樹
    砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない 角川文庫

    題名と装丁が綺麗だったので購入

    キャラ造形と話の展開がラノベ・アニメっぽくて、
    そして地の文が言い方悪いけど気取った感じがして
    「うーん」
    って思ったけど、
    なんやかんやそこそこ気に入ってる一冊

    この小説のテーマが気に入ったからこそ、
    私はこの本をある意味「俗っぽい」と思いつつも好きなんだと思う

    そのテーマっていうのが
    「子供の無力さ」
    なんじゃないかな

    そういうテーマをはらんでる作品として、今まで挙げてきた
    『イキルキス』収録の『パッキャラ魔道』、
    『ふがいない僕は空を見た』収録の『セイタカアワダチソウの空』
    にも共通してると思う

    父親から執拗な虐待を受けるけれどもそれに甘んじる藻屑が、
    もしも少女ではなく大人だったらまた結末は変わっていたのではないか

    本来ならば庇護されるべき対象の「子供」だけど、
    実際問題大人の都合に振り回されて被害を被るのはありふれた話で
    そんな子供の無力さを、
    色んな人に受け入れやすいように描いたのがこの作品なのかもしれない

    百合が好きな友達に貸したらいたく気に入ってました
    なので百合が好きな人には特にオススメです
    タイトルが気になったという人も買ってみていいんじゃないかと
    薄いんですぐ読めます






    84以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 20:38:06.208 ID:h6zgwhzm0.net
    >>73
    そりゃ元々ラノベレーベルから出てたれっきとしたラノベだからね
    富士見ミステリだったかな
    一般レーベルへの転向にともないそっちから再版されている
    桜庭は私の男、ファミリーポートレートあたりがオススメ
    少女七竃辺りもなんとも地の文がキザったらしいがちゃんと理由のあるもののように思うのでオススメしておく
    最近のは分からない






    88以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 20:41:51.168 ID:2WlDHE3Pe.net
    >>84
    え、ラノベだったんですか!?
    知らなかった……
    でも考えてみれば、確か『GOSICK』とかの作者も桜庭さんでしたよね?
    本屋で見かけたら手に取ってみます!






    92以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 20:47:10.825 ID:h6zgwhzm0.net
    >>88
    砂糖菓子、赤×ピンク、少女には向かない職業、推定少女、ゴシックあたりはラノベ
    その頃の作品なら少女には〜とブルースカイがよかったかなぁ






    78以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 20:32:12.256 ID:2WlDHE3Pe.net
    『夏と花火と私の死体』 乙一
    夏と花火と私の死体 (集英社文庫)

    九歳の夏休みに殺してしまった少女・五月の死体を隠そうと奮闘する兄妹の様子を、
    「死体」の視点から描く異色のミステリ

    これを十七歳で書いたって言うのはすごすぎる
    素直に面白かったです

    「死体」目線だから語り口は無機質で、
    それも不思議な世界観を構築するのに一役買っている
    死体の隠し場所がばれそうになるとこっちまではらはらして、
    とにかく夢中で読み終わりました

    ラストにはぞくりとさせられる
    というか、「そうくるか!」という感情が強い
    でも綺麗にまとまってて、
    好みの結末

    書き下ろし短編『優子』も良かった
    夏と花火ととは打って違って静かな、切ない話
    っていうか乙一なんでも書けるんだなと思いました(小並)

    有名作品なんで特にこれ以上私が言うことはありません
    面白いです






    80以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 20:34:21.821 ID:c6tNS3RX0.net
    >>78
    死体の視点ってどういうことだ
    意識があるとかゾンビかなにか?






    82以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 20:36:51.554 ID:2WlDHE3Pe.net
    >>80

    ゾンビではない、言いにくいんだけど……
    「死体」
    本当に「死体視点」としか言いようがないんだよね
    こんな手法使った作家乙一以外にいるのかな?
    いたら勉強不足ですみません

    わりと薄いし、興味を持ったなら読んでみたらいいと思うよ!






    96以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 20:53:17.859 ID:3pcZG0240.net
    >死体視点
    本棚漁ってたら流れ終わってた件
    死体(霊魂)を語り手に選んだ小説は、(必然的に)実験的なものが多くて興味深い
    ・SF寄りの作家だが、トマス・ディッシュのビジネスマン
    ・ジョイスと同じ時代のフラン・オブライエン、第三の警官
    ・有名どころで、ヴォネガットのガラパゴスの箱舟
    ネタバレを含むので、興味があったらあらすじを調べてみるといい
    あと春樹の文体が好みなら、初期にかなり影響受けたヴォネガットは読んでみるといいかも(猫のゆりかご、スローターハウス5あたりから)






    98以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 20:56:50.044 ID:2WlDHE3Pe.net
    >>96

    わざわざ本棚漁ってくれたんだwありがたい
    やっぱり死体もしくは幽霊視点の小説って存在するんですね!
    一通り感想貼り終わったらAmazonで調べてみようと思いますw

    あともう一つ質問!
    『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』って面白いですか?






    100以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 20:59:21.142 ID:h6zgwhzm0.net
    >>98
    SF好きなら作者まるごとハズレなし






    104以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 21:03:09.491 ID:3pcZG0240.net
    >>98
    気取って三つ挙げたが、まあこの中だとヴォネガットだけ読めばいい
    ひとくくりにしてはいけないが、ディッシュもオブライエンも別の理由できわめて特殊な作家
    幽霊なのに人間の子供を身ごもって、人と霊のハイブリッド・チャイルドが生まれるとか、
    自転車に乗ってるうちに自転車と人体の構成原子が少しずつ混ざり合って、自転車人間が生まれるとか、
    そういう奇想にアドレナリンを感じる人向け、決してそれだけではないけどね






    106以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 21:06:07.196 ID:2WlDHE3Pe.net
    >>104
    なにそれめっっっっっっちゃ面白そう
    読みたい
    そんな面白そうな作品海外文学であったんだ







    86以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 20:38:36.763 ID:2WlDHE3Pe.net
    『病む月』 唯川恵
    病む月 (集英社文庫)

    小学生の頃通ってた塾の本棚にあって、ヒマつぶしに読み始めた本

    短編集なんだけどどれも「女の狂気」をテーマに描かれてて、
    「こんな本小学生の目に付くとこに置くなよ」
    と、子供心に呆れてた記憶がある

    ちなみに、これは後から知ったことだけど、
    この本収録の短編『過去が届く午後』は、
    世にも奇妙な物語の原作になった話らしいです

    どれも狂気じみてるけど、特に私の印象に残ってるのは

    死んだ息子の骨を食べることで息子と一つになった気になり、
    二人でパラダイスに行こうとか言い出す頭おかしい母親の話(うろ覚え)

    と、

    周りにいる者をわけもなく不幸にさせてしまう女から家族を守るべく、
    (後ろ向きな意味で)立ち上がる女の話

    かな

    『過去が届く午後』は、少々フィクションじみてるしオチが読めちゃうけど、
    この短編集の中では一番わかりやすく怖い話だと思います

    不気味だからオススメはしないけど、
    読んだ人の感想は聞いてみたい






    91以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 20:45:12.407 ID:2WlDHE3Pe.net
    『キッドナップ・ツアー』 角田光代
    キッドナップ・ツアー

    これも入試の文章題に出てきて興味を持ったから買ってみた本の内の一つ

    甲斐性ない、だらしない、お金ない。
    3N(ナイ)父親とハルのひと夏のユウカイ旅行。
    奇妙な父と娘の関係がなんだかうらやましい、
    新進文芸作家の描く、新しい児童文学。
    (Amazonよりコピペ)

    話は主人公の女の子・ハルの視点から描かれるんだけど、
    ハルが感じてることに
    「私もこれ小さい時思ってた!」
    っていちいち共感出来ることに驚いたし、
    懐かしくてちょっと切ない、そういう気持ちになれた

    父親は母親と「ある取引」をするためにハルを誘拐した、
    ってことが作品の随所で匂わされてて、
    それはある種「近く訪れる別れの予感」と同義でもあるんだけど、
    クライマックスまでその理由は明かされなかった

    私がこの本を買った理由の一つとして、
    父親はなんでハルを誘拐したんだろう?
    ってことが文章題だけではわかんなかったから、
    っていうのがあったのに、
    「いや明記しないんかい!」
    ってことである程度モヤモヤは残った

    でも小さい頃、小さい身体でダイレクトに感じてた夏の匂いとか、
    親子の絆みたいなものに触れることができる本
    気に入ってます






    94以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 20:49:28.614 ID:2WlDHE3Pe.net
    『ひらいて』 綿矢りさ
    ひらいて

    「キュン死に♡」
    って書いてあるだけのオビが面白かったのと、
    作者買い

    モテるので男に不自由したことがなかった女子高生・愛は、
    陰鬱な雰囲気からも深い何かを感じさせる同級生・たとえのことを好きになってしまう
    ライバルなんていないだろうとたかをくくっていた愛だったが、
    なんとたとえには文通している女・美雪がいた!
    果たして……

    という小説

    病弱だけど、故にたとえから大事に扱われている美雪に対して
    「そんなんなら私だって病気になりたい」
    と思う愛の気持ちは軽率かもしれないけどとても理解できる

    また、私は愛みたいにモテるわけじゃないけど
    「ライバルなんていないでしょー」
    と思っていた相手に存外人気があった時に焦る感情も共感した

    全体を通してむちゃくちゃ身勝手で、
    倫理観もくそもない行動を繰り返す愛だけど、
    好きな人の気持ちならどんなことをしてでも手に入れたい、
    っていう気持ちは痛いほどわかった
    でも私はここまで思い切ったことはやらないしできない

    ただ、ラストが急展開過ぎてわけがわからなかった
    丸投げエンドとは言わないけれども、
    一体この後どうなったのか気になるところ

    好きな人ができたことないって人にとっては、
    主人公の身勝手さにただイライラさせられるだけの本になってしまうかもしれない
    私は楽しく読みました






    101以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 20:59:31.717 ID:2WlDHE3Pe.net
    『誘拐ラプソディー』
    誘拐ラプソディー (双葉文庫)

    「なんか既視感のあるあらすじだな。どっかで見たっけ?」
    と思ったら映画化されてました
    どうりで
    話は全然覚えてなかったから小説買ってみた

    伊達秀吉は、金ない家ない女いない、あるのは借金と前科だけのダメ人間。
    金持ちのガキ・伝助との出会いを
    「人生一発逆転のチャンス?」
    とばかりに張り切ったものの、誘拐に成功はなし。
    警察はおろか、ヤクザやチャイニーズマフィアにまで追われる羽目に。
    しかも伝助との間に友情まで芽生えてしまう――。
    (Amazonよりコピペ)

    泣けたかどうかは覚えてないけど、素直に面白かったです

    伊達が冒頭で何度も自殺しようとして結局やめるシーンはコントみたいで思わず笑ってしまった
    っていうか、話全体がコントというか、ギャグテイストで進んでいく
    結果的に映画化されたけど、それこそ邦画のシナリオみたいな感じで

    アホガキの伝助と、それを守ろうとするダメ人間伊達のコンビネーションが楽しくて、
    はらはらしながら、
    でもこの小説で人が死ぬわけない、っていう安心感も持ちながら読みました

    ラストは少し切なかったけど、
    前向きな未来が期待できるようになっている

    深いこと考えずに読める作品です






    105以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 21:03:23.855 ID:2WlDHE3Pe.net
    『下妻物語』 嶽本野ばら
    下妻物語 ヤンキーちゃんとロリータちゃん

    映画が面白かったから買ってみた
    余談だけど、中島哲也監督の映画の中では、
    『下妻物語』と『嫌われ松子の一生』が好き
    逆に言うとそれ以外は普通

    超ド田舎、田んぼだらけで、
    道端で牛のフンを踏んでしまうことも当たり前な町・茨城県下妻市が舞台
    ロリータファッションに命を掛けている桃子と、
    オラオラ系のレディース暴走族のメンバー・イチコ
    二人の奇妙な友情が織り成す青春ストーリー

    語り手の桃子は淡々としてるけれど毒舌で、読んでてクスッとしてしまう
    (実際、部活の試合の待ち時間に読みながら笑ってたら、
    他校の人に怪訝な目で見られて恥ずかしかった)

    イチコの人情者なんだけど残念なバカっぷりもかわいらしい
    桃子のダメ親父も同様、まさに「愛すべきバカ」

    そしてとにかく桃子がかわいい
    深キョン補正入ってるかもしれないけど桃子がかわいい
    物語の冒頭では父親を騙して服を買うお金を得ていた血も涙もない桃子が、
    イチコのことを段々大切な存在として認めていく過程がよかった

    また、場違いでも、時代遅れでも、
    自分が好きだと思うものをしっかり持っていて、
    それを曲げずに堂々と、独りでもしゃんと立っていられる二人がかっこいいなと思った

    映画とはここが違うんだなーとか、そういう発見も面白かったです

    映画見た後じゃ物足りないかもしれないなーと思ってたけど、全くそんなことは無かった
    映画も小説もオススメだけど、できればどっちも見てみて欲しい作品






    108以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 21:07:03.040 ID:2WlDHE3Pe.net
    『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』 入間人間
    嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん 幸せの背景は不幸<嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん> (電撃文庫)

    ずーーっと気になってて、
    でもどこの本屋も在庫切れで、
    わざわざ本屋で取り寄せてもらって買った本
    (通販は受け取りがめんどいからあまり使わない)

    期待通り面白かったです
    トリックに乙一の『GOTH』的なものを感じました
    (って言っちゃうとネタバレになるのかな)

    舞台は、小学生兄妹の失踪事件と連続殺人事件が同時に起きている田舎町。
    そこでは、8年前にも誘拐事件が起きていた。
    8年前の被害者である「みーくん」こと「僕」は、
    「まーちゃん」こと御園マユと再会を果たし、同居を始める。
    ところが、マユの自宅には、失踪したとされた小学生の兄妹がいた。
    (Wikipediaよりコピペ)

    まーちゃんはトラウマからなのか夜中に急に叫び出したりする程度には狂ってるし、
    みーくんは発言の最後に大体「嘘だけど」がひっついてくる
    つまり病的な虚言症

    そんな二人が織り成す奇妙なミステリ

    一巻が面白かった二巻三巻と一気に買ったけど、
    二巻を途中まで読んで、
    あまりの女比率の高さとまーちゃんのあざとさに辟易して途中で投げました
    (物理的な意味でなく)

    男性の人は難なくシリーズ通して読めるんだと思う

    とはいえ一巻は面白かったので、
    オススメします






    110以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 21:09:51.744 ID:ijENCV0P0.net
    みーまーいけるなら文学少女なんかもいいと思う
    “文学少女”と死にたがりの道化【ピエロ】<文学少女> (ファミ通文庫)






    114以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 21:12:21.074 ID:2WlDHE3Pe.net
    >>110

    文学少女、確かアニメ化してるよね?
    昔アニマックスかなんかで見て、
    「小説も読みたいなー」
    って思った覚えがある

    でも本屋行ってもなかなか売ってない……






    124以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 21:23:38.667 ID:h6zgwhzm0.net
    >>114
    もう最近は置いてないのか
    家にあるから送れるもんなら送りたいわ
    確かにもう七、八年はたつからラノベの回転の速さでは書店の棚にはなさそう
    Amazonにならあるでしょ






    115以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 21:12:59.855 ID:2WlDHE3Pe.net
    『秘密』 東野圭吾
    秘密 (文春文庫)

    そんなにたくさん東野圭吾を読んでるわけでもないけど、
    読んだ中ではこれが一番好きかな

    自分の中ではただ単に「泣けた」という印象しか無かったから、
    ネットでよく胸糞悪いって言われてることにビックリした覚えがある
    読んだのが小学生の時だったからあんまり意味を理解してなかったのかもしれないけど

    バスの事故で瀕死の重症を負った小学生の娘と妻
    妻は残念ながら死んでしまい、娘の方は目を覚ますが、
    その娘の身体に宿っていたのは妻の魂だった――。

    というのが大筋。

    妻は何とか娘として生きようとしてどんどん順応していくが、
    それをただ見守ることしかできない主人公

    娘の身体なので抱く事も出来ない

    そんなもやもやっとした、主人公にとっては鬱屈した日々の描写が淡々と続きます

    ……ってあらすじ書いてたら確かに胸糞悪い話だなって私にも思えてきてしまった

    ですが、
    「東野圭吾で何が好き?」
    って聞かれたら、とりあえず
    「秘密が一番かな」
    と答えることにしてます

    本当は怪笑小説とか毒笑小説の方が好きなんだけど
    あえて短編集を挙げるのもどうかなーと思うので
    あと短編集は知らない人相手に説明しづらいから会話が続かん






    118以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 21:16:08.788 ID:2WlDHE3Pe.net
    『好き好き大好き超愛してる。』 舞城王太郎
    好き好き大好き超愛してる。 (講談社文庫)

    「大学生が選ぶ○○な本第一位!(○○の部分覚えてなくてすいません)」
    ってオビに書いてあったから
    「舞城ってそんな人気あったんだ」
    と思って買った
    あとタイトルの語呂良すぎ

    でも期待してたほど面白くはなかったです
    理由を明確に説明できるわけじゃないんだけど
    『セカチュー』のパロディ、もしくはアンチテーゼって言われてるみたいだけど、
    それもあんまり感じなかった

    ただ、病気とかで人を亡くしてしまったその人に対する「愛」は、
    失われるものなのだろうか
    それとも、
    もし別の恋人を見つけたとしても、
    心のどこかで永遠に続いているものなんだろうか
    そんな疑問に物語という形で返してくれた本ではあった
    「愛してるんだよ、今ここにいる君を、ただそれだけ」
    っていうのが、舞城が伝えたかった答えなのかな?






    120以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 21:20:04.616 ID:2WlDHE3Pe.net
    『永遠の出口』 森絵都
    永遠の出口 (集英社文庫)

    入試の文章題から

    どこにでもいる普通の少女、紀子。
    小学三年から高校三年までの九年間を、七十年代、八十年代のエッセンスをちりばめて描いたベストセラー
    (Amazonよりコピペ)

    森絵都って本当にナイーブな人の心の動きを描くのが上手な人だなあと思う

    ある意味人物の描写には容赦がないので(いい意味で)
    何となく「はきはきした人なんだろうな」と思ってたけど、
    この間地元の本屋で開かれた森絵都の講演会で本人を見たらすごく優しげで、
    でもやっぱり独特のユーモアがある人でした

    七十年代、八十年代のエッセンスって書かれてるけど、
    あんまり古く感じなかった
    『六番目の小夜子』なんかは結構「古いなー」って思っちゃったんだけどな

    主人公のエピソードと、それに伴う感情の動きにいちいち共感して、
    「わかるわかるー」
    と思いながら読み進めた

    森絵都のいいところは、
    人間に過度な期待をしていないところだと思う
    それでいて、「そのまま」を肯定している
    それは前スレで紹介た『カラフル』『ラン』にも通づる部分がある

    好きな作家の一人です






    121以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 21:20:16.290 ID:Y0m6zynOd.net
    年取ると一気読みする体力も時間も減っていくから
    若い人が羨ましくなるなぁ
    もっと学生時代に本読んどけばよかったわ






    128以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 21:29:29.894 ID:2WlDHE3Pe.net
    『蛇にピアス』 金原ひとみ
    蛇にピアス (集英社文庫)

    エロいしグロいしようわからん
    アングラすぎて私には合わなかった
    てか怖い
    でもそれなりに面白かった
    何故だ
    たまにふとぱらぱらページを捲ってしまう
    こういう小説って一種の中毒性があるのかな?
    でも芥川賞はないでしょー
    オススメはしない






    136以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 21:37:45.291 ID:h6zgwhzm0.net
    >>128
    芥川ってよく分からんよな
    でも山田詠美のベッドタイムアイズとかも、彼氏のあそこをスプーンでくりぬいて食べたい云々とかそんな内容ばっかでさ
    ストーリーがどうこうももちろんあるけどその表現やらなんやら色々あるんじゃない
    蛇にピアス読んでないけど






    142以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 21:41:53.703 ID:2WlDHE3Pe.net
    >>136
    きっしょ
    そのあらすじだけでもう読みたくないw
    又吉の火花とかも、賞獲るほどの出来だったのか気になる
    文庫になるまで読まないけどw






    172以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 21:55:59.889 ID:SbhC+9bz0.net
    火花おもろかったよ
    最近の芥川賞作品と比べても上の方






    177以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 22:00:18.616 ID:6+YCZDm90.net
    >>172
    苦役列車、乳と卵、ポトスライムの舟、ひとり日和のほうが面白かった






    181以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 22:03:31.291 ID:SbhC+9bz0.net
    >>177
    乳と卵は面白いけどそれ結構前だろ
    苦役列車はつまんなかった
    同時受賞のきことわの方が好き






    188以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 22:11:33.274 ID:6+YCZDm90.net
    >>181
    いまや某賞の選考側だしね
    きことわは響かなかった

    多分どころか間違いなく趣味が合わないねww






    135以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 21:36:36.677 ID:2WlDHE3Pe.net
    『僕の明日を照らして』 瀬尾まい子
    僕の明日を照らして (ちくま文庫)

    さっと立ち読みしてショタ主人公がかわいかったから購入

    中学2年生の隼太は、この春に名字が変わった。
    シングルマザーだった母が、町で人気の歯医者と結婚したのだ。
    すごく嬉しかった。なのに……。
    優ちゃんはときどきキレて隼太を殴る。母さんは気づかない。
    隼太が、優ちゃんの抗議をものともせず全力で隠しているからだ。
    この孤独な闘いから隼太が得たものはなにか。
    友だち、淡い初恋、そしてこの家族に、選択の時が迫る。
    (Amazonよりコピペ)

    それなりに面白かったけど、なんだか全体的にリアリティを感じられなかった本

    とくに主人公の隼太のキャラ造形に「作られたもの感」を感じてしまった

    余談だが瀬尾まいこは小学校教師らしい(知ってるか)






    143以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 21:43:11.460 ID:2WlDHE3Pe.net
    『王妃の帰還』 柚木麻子
    王妃の帰還

    女子中学生もしくは女子高生が主人公の小説を探してたらこれに行き着いた

    私立女子校中等部二年生の範子は、地味ながらも気の合う仲間と平和に過ごしていた。
    ところが、
    公開裁判の末にクラスのトップから陥落した滝沢さん(=王妃)を迎え入れると、グループの調和は崩壊!
    範子たちは穏やかな日常を取り戻すために、ある計画を企てるが……。
    (Amazonよりコピペ)

    読み終えた時に幸せな気持ちになれる本だった

    「姫グループ」とか「ゴスグループ」とかカテゴリ分けしてるのも、
    最初は「幼稚だなぁ」と思ったけど、
    よく良く考えてみると、
    女子高生じゃなく女子中学生の話だから当たり前なのかもしれないと思ったり
    個人的に、あの頃は今よりももっと未熟で、もっとカーストに敏感だったように思う

    わがままだった王妃と主人公との間に少しずつ芽生える友情にはほっこりさせられる

    王妃を元の地位に戻そうとあの手この手で頑張るけど、
    そうはさせないとばかりに問題が次々起こるので読んでて退屈しない

    「最後どうなるんだろう」
    と思いながら読んでたけど、
    このラストに納得しない人はあんまりいないと思う

    女子中学生現役の人にオススメ






    147以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 21:45:01.310 ID:tq8nT/hs0.net
    後で読もうと思ってそのまま忘れてた本を俺に思い出させてくれるスレ

    そういや何となく>>1は佐藤多佳子とか合いそうと思ったけどどうなんだろう






    158以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 21:50:53.771 ID:2WlDHE3Pe.net
    >>147
    初めて聞いた名前です!
    例えばどんな本がオススメですか?






    174以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 21:58:43.066 ID:tq8nT/hs0.net
    >>158
    『しゃべれどもしゃべれども』の人と言えばもしかしたら聞いたことあるかもしれない
    で、それももちろんオススメなんだけど、ちょっとぬっくい系過ぎて>>1の趣味ではないかも
    ということで『黄色い目の魚』か『サマータイム』をオススメする
    黄色い目の魚 (新潮文庫)
    サマータイム (新潮文庫)

    どちらも若い人向け、そう大きな事件は起こらないにも関わらず心理の動きとかが巧みで、なんだかヒリヒリするような感動がある
    ……といってもこれは個人的な感想。後はすまないけどググったり立ち読みしたりで前調べ願う






    182以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 22:03:48.384 ID:2WlDHE3Pe.net
    >>174
    『黄色い目の魚』と『サマータイム』は聞いたことある!
    傾向的には好きそう
    わざわざ長文で教えてくれてありがとう
    参考にする!






    152以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 21:46:23.349 ID:ijENCV0P0.net
    八日目の蝉をオススメしてそっとスレを閉じる
    八日目の蝉 (中公文庫)






    160以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 21:51:38.435 ID:s5Ue03Wqp.net
    恩田陸に関しては理解するというより雰囲気を楽しむものだと思ってる 俺はね






    161以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 21:52:02.442 ID:2WlDHE3Pe.net
    『スクールアタック・シンドローム』 舞城王太郎
    スクールアタック・シンドローム (新潮文庫)

    Amazonにも売ってないのに何故かヴィレヴァンに売ってた
    『スクールアタック・シンドローム』
    『我が家のトトロ』
    『ソマリア、サッチ・ア・スウィートハート』
    の三編からなる短編集

    表題作『スクールアタック・シンドローム』のテーマはただ一つ
    「暴力は伝染する」
    『熊の場所』収録の『バット男』に通づる部分があるかもしれない

    あらすじはこう
    崇史は、俺が十五ん時の子供だ。今は別々に暮らしている。
    奴がノートに殺害計画を記していると聞いた俺は、崇史に会いに中学校を訪れた。
    恐るべき学校襲撃事件から始まった暴力の伝染――。ついにその波は、ここまでおし寄せてきたのだ。
    (Amazonよりコピペ)

    主人公は物語の中でこうのたまう

    「部屋も人生もゆっくり悪くなるからどこまで酷くなってるんだか判断がつきにくい。 」

    舞城の文章ってたまに鋭い本質を突いてくるから侮れない

    『我が家のトトロ』はストーリーも説明し難いし何が言いたかったのかよくわからなかったけど、

    「誰だって思うだろう。戦争のない世界。汚職のない政治。薄れない愛情。いつか叶う恋。馬鹿馬鹿しいけど、そういうものってやっぱりホントは皆欲しいのだ。」

    ここの部分にはいたく共感した
    ちょっとクサいのがいい

    そして書き下ろし短編『ソマリア、サッチ・ア・スウィートハート』
    初めて読んだ時はあまりのグロさとあまりの変態さ加減に辟易したけど、
    謎の中毒性がある
    記憶消して、もう一回あの衝撃を味わってみたい

    何が言いたかったのかはよくわかんなかったけど、
    ラストには謎の感動があった
    あまりにもグロイから舞城入門としては薦めない






    164以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 21:54:05.353 ID:L48w566R0.net
    わし読書後乾燥書いてるけど>>1の書いてるレベルと段違いで幼稚すぎて泣けるわ
    こんな文章書けるようになりたい






    178以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 22:00:46.982 ID:2WlDHE3Pe.net
    >>164
    私の感想なんてぜんぜん稚拙だと思うけど……
    そう言ってもらえるとすごく嬉しい!
    正直読みにくいとか言われてたら心折れてた






    167以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 21:54:40.816 ID:JArsHaDZ0.net
    今時小説家目指すのもどうかと思うけどな
    これからどんどん厳しくなるだろし






    173以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 21:56:58.008 ID:2WlDHE3Pe.net
    >>167
    それはめっちゃある
    でもやってみたいことたくさんあるし、とりあえずいい大学行っとけば手に職はつけられるかな、と
    運良く小説家になれたらラッキー! 的な
    だから三年生になったら猛勉強ですね






    170以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 21:55:40.128 ID:ZtAreTRz0.net
    これはJKのフリしたおっさん






    180以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 22:02:16.951 ID:2WlDHE3Pe.net
    『きみの友だち』 重松清
    きみの友だち

    これも入試の文章題に出てきて気になったから買ったんだったなあ

    人それぞれの物語がちりばめられた、「友だち」のほんとうの意味をさがす連作長編

    エピソードのいちいちにボロボロ泣きながら読んでた覚えがある
    さすがビッグネーム重松清

    色んな主人公がいて、色んな友だちがいて、色んな付き合い方がある
    ほんとうの「友だち」って何だろう?
    っていうのがわかんなくなったときに、この本を読むといいかもしれない

    この中で私が一番好きなのは「ぐりこ」
    小学生の頃は誰よりも親友だと思っていた友達が、
    中学、高校になるにつれて、
    デキない自分と距離が生まれ明るい世界に離れていってしまう切なさに苦しむ男の子の話

    「ぐりこの『ぱいなつぷる』『ちよこれいと』で進める人も居れば『ぐりこ』でしか進めない人もいる。
    何度も『ぐりこ』を繰り返して進んでいけばいい」

    という結論がとても好き
    特に学生の人にオススメしたい小説






    186以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 22:07:33.441 ID:2WlDHE3Pe.net
    『スターティング・オーヴァー』 三秋縋
    スターティング・オーヴァー<スターティング・オーヴァー> (メディアワークス文庫)

    2chにいる人なら大体が知っているであろう「げんふうけい」さんの初商業本です
    スレの時点で好きだったので迷わず購入

    この物語を考えたっていうのが素直にすごい
    好きだったから買った訳で、当然面白かったです

    ただ、ネットで読んだ時の感動が大きすぎて、書籍版の時はそれなりだったかもしれない

    『三日間の幸福』とかも好きなんだけど、
    何だか作品がワンパターンになってきてしまっている気がする
    その中でも一番お気に入りなのはやっぱり『スターティング・オーヴァー』なんだけど

    でも、応援してます
    ネットで才能拾われて作家デビューとか超羨ましいです






    187以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 22:09:59.436 ID:QOx9sjmc0.net
    伊坂好きなら大学上がる前に「砂漠」は読んどいた方が良い
    これは大学の青春物語
    砂漠

    あと前スレで住野よる微妙って言ってたから住野の2作目読んでみて
    俺も途中までしか読んでないけど冒頭の先生が素敵過ぎて今読んでる
    これはかしこい純粋な小学生の物語
    また、同じ夢を見ていた

    あとは山田詠美の「明日死ぬかもしれない自分、そしてあなたたち」も個人的に良かったから読んでほしい
    これは家族の崩壊と再生
    明日死ぬかもしれない自分、そしてあなたたち (幻冬舎文庫)






    190以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 22:13:51.257 ID:2WlDHE3Pe.net
    >>187

    『砂漠』って青春モノだったんだ……

    住野よるの二作目、こないだ立ち読みしてみたら、
    確かに良さげだった
    でもなんかそれが悔しくて、最低だけど駄作であって欲しかったというか、
    妙な意地が邪魔して買えなかったw
    でも決心ついた 読んでみます

    明日死ぬかも〜
    はもともと気になってた本でした!
    エッセイかな、と思ってたけどw






    195以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 22:21:08.291 ID:JArsHaDZ0.net
    砂漠は正直途中で飽きるよ
    伊坂にしちゃああかんやつだな
    マリアビートルはどんどん読めたが
    やっぱりどんどん読めるやつが面白いってことなんだわな
    東野も容疑者xは飽きるがさまよう刃はどんどん読めるしね






    198以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 22:23:11.215 ID:2WlDHE3Pe.net
    >>195
    どんどん読めるやつが面白い、っていうのめっちゃ共感する
    それこそ真理だと思う






    191以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 22:14:57.197 ID:2WlDHE3Pe.net
    『復讐プランナー』 あさのあつこ
    復讐プランナー (14歳の世渡り術)

    題名とあらすじに惹かれて買ったけど特に面白いってわけじゃなかった本

    中学校に入ってまもなく、突然いじめられる日々がはじまった雄哉と章司。
    怒りと悔しさに立ちすくむ二人の前に、
    「復讐計画を考えるんだ」
    と誘う不思議な先輩が現れた――。
    あさのあつこが贈る、生き抜くための青春小説。

    なんか解決方法があっさりしすぎてて、現実味がなかった
    『NO.6』もそうだったけど、キャラクターがいかにも「キャラクターです」って感じがする
    でも、ファンタジーである分『NO.6』の方が良かった

    バッテリーも読んでみようかどうか迷ってるけどスポ根そんな好きじゃないんだよな






    193以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 22:18:25.924 ID:2WlDHE3Pe.net
    『かわいそうだね?』 綿矢りさ
    かわいそうだね?

    休職中の元彼女を居候させる、許せないなら別れてくれ
    などととんでもないことを言い出す彼氏
    仕事中も居候中のアキヨと彼氏の関係に思いを巡らせてしまい落ち着かない主人公
    という構図を描いた表題作と、『亜美ちゃんは美人』の二編を収録した作品

    表題作は途中まではアキヨと彼氏にただただイライラさせられたけど、
    後半につれヒートアップ、加速していく展開には笑うしかなかったです(いい意味で)

    From アキヨ
    〈今日イケアでバスマット見てきた♪
    超かわいいのあったにょ
    買っちゃったからお風呂かトイレに置いてもいい??
    おねが〜い♡〉

    From 樹里恵
    〈隆大、ひさしぶり。
    ようやく9月だけれど、まだ暑いね。
    夏バテしてませんか。
    出勤する前に空を見上げたら、秋晴れの空にいわし雲が浮かんでた。
    すごくきれいで、ちょっと励まされたかも!
    写真撮ったから、送ります。〉

    このメールの文面の温度差に何故か笑いがこみ上げてきてしまったのは私だけだろうか
    彼氏にいわし雲て

    一方『亜美ちゃんは美人』はちょっとしんみりしちゃう短編

    どっちも面白いです






    200以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 22:25:12.603 ID:2WlDHE3Pe.net
    『九十九十九』 舞城王太郎
    九十九十九 (講談社文庫)

    清涼院流水の小説に出てくる探偵を主人公に舞城が書いたメタ小説
    清涼院流水の小説を読んだことは無い

    あまりの美しさに、素顔を見せるだけで相手を失神させてしまう僕は加藤家の養子となり、
    九十九十九(ツクモジュウク)と名づけられた。
    九十九十九は日本探偵倶楽部(JDC)に所属する探偵神でもある。
    聖書、創世記、ヨハネの黙示録の見立て連続殺人事件に探偵神の僕は挑む。
    清涼院流水作品の人気キャラクターが舞城ワールドで大活躍!
    (Amazonよりコピペ)

    このあらすじがもはや意味不明
    「なんじゃこの展開は!?」
    と思いつつもあれよあれよと事件が起こるのでそれに流されるしかない

    舞城なのでやはりエログロ

    主人公「九十九十九」の推理はめちゃくちゃで、
    起こる事件もめちゃくちゃで、
    ついでに登場人物も全員めちゃくちゃだけど、
    舞城はこれをギャグのつもりで書いてるのかどうなのか、
    笑える表現が随所に出てくるので比較的楽しく読み切れた

    かなり分厚く、めちゃくちゃな話にうんざりして途中でやめる人もいるだろうが、
    それを乗り越えてたどり着くラストには、
    少なくとも私は
    「そういうことだったのか!」
    と膝を打ってしまった
    だから「美しすぎる」九十九十九は「素顔を見せるだけで」相手を失神させてしまうのか、と

    これは最後まで読まないと真相を知った時の爽快感は味わえない

    とはいえ相当特殊な小説なので、
    舞城初読みの人にはオススメしない






    202以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 22:27:48.362 ID:2WlDHE3Pe.net
    書き溜め尽きました!
    やり切った感
    前スレ全然伸びなくて
    「こんなもんかー」
    と思ってたけど予想外にレスもらえて嬉しかったです
    なんかインフル回復してきたっぽいんで録画してたアメトーーク見ます
    残ったスレは本の話とかするのに使ってください
    たまに覗きます
    荒れてたらかなC






    204以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 22:30:34.399 ID:3pcZG0240.net
    インフルならはよ寝て療養しろww







    208以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 22:33:24.735 ID:6+YCZDm90.net
    三島が、書くためには頭寒足熱の逆をしろと言ってたような気もするが…
    お大事に






    209以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 22:34:00.862 ID:h6zgwhzm0.net
    お疲れ様
    久々になにか本を読もうと思ったわ
    とりあえずは詰んでる光圀伝からかなぁ






    213以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 22:36:04.540 ID:ZtAreTRz0.net
    JKにこんな暇があるとは思えない
    ニートでももうちょっと忙しいぞ






    214以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 22:38:49.555 ID:x6zNWpNt0.net
    部活やってなきゃ週に3冊くらいは読めるだろ






    216以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/02/26(金) 22:41:39.122 ID:3pcZG0240.net
    一時期ニートしてたが何かしてる方が読書はかどるのは有名な話



    http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1456481601/
    http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1456193857/
    永い言い訳
    永い言い訳
    posted with amazlet at 16.02.27
    西川 美和
    文藝春秋
    売り上げランキング: 5,667
    • 「JKが読んだ小説の感想を淡々と上げていく」をTwitterに投稿する
    • 「JKが読んだ小説の感想を淡々と上げていく」をいいね!する
    この記事へのコメント
    1. Posted by 以下、金ぴか名無しさんがお送りします。   2016年02月28日 09:07
    古典読めや
    2. Posted by 以下、金ぴか名無しさんがお送りします。   2016年02月28日 09:12
    自己顕示欲強すぎてきもいなぁ
    3. Posted by 以下、金ぴか名無しさんがお送りします。   2016年02月28日 09:14
    やっぱ読む種類はともかく
    読書量って大事なんだなぁ…

    1がガチでJKなのかはともかく
    読みやすかった気がする。
    4. Posted by 以下、金ぴか名無しさんがお送りします。   2016年02月28日 09:15
    こんなところで佐藤多佳子の名を見るとは!嬉しいな
    大体まとめ内に書いてある通りだけども黄色い目の魚オススメ
    5. Posted by 以下、金ぴか名無しさんがお送りします。   2016年02月28日 09:26
    次年度から大学生だけれど本読んでる女子高生少なかったなあ。この1とは友達になりたい。まあ古典も少しは読んでほしいけれど。
    6. Posted by 以下、金ぴか名無しさんがお送りします。   2016年02月28日 09:27
    今時のJKってセカチューのドラマ版見てるもんなの?
    あれやってたの26の自分が中学生の頃だけど…
    7. Posted by 以下、金ぴか名無しさんがお送りします。   2016年02月28日 09:29
    村上龍とかそのうち読みそう
    インザミソスープが読みやすくておすすめ
    8. Posted by 以下、金ぴか名無しさんがお送りします。   2016年02月28日 09:35
    部活の練習する時間を読書に回せばこれくらい読めるか
    でもこれだけ読んでると周りがバカに見えるだろうな
    9. Posted by 以下、金ぴか名無しさんがお送りします。   2016年02月28日 09:38
    さすがに読んでる本と感想にジェネレーションギャップを感じる…
    エンタメ性の少ない古典も読んでほしいな
    10. Posted by 以下、金ぴか名無しさんがお送りします。   2016年02月28日 09:38
    古典やもうちょっと古いのも面白いから読んでもらいたいね
    ここまで最近の読んでるなら
    11. Posted by 以下、金ぴか名無しさんがお送りします。   2016年02月28日 09:38
    なぜ既読のBACCANOを挙げない
    12. Posted by 以下、金ぴか名無しさんがお送りします。   2016年02月28日 09:50
    物書き目指すなら古典SF読めばいいのに
    アイデアの宝庫やで
    13. Posted by 以下、金ぴか名無しさんがお送りします。   2016年02月28日 10:20
    ショタコンきめえ
    14. Posted by 以下、金ぴか名無しさんがお送りします。   2016年02月28日 10:30
    時代劇とか歴史物とか洋物とかSFっちくな物とか古典や明治や大正文学、文学作品と呼ばれる物が好きなので、>>1ちゃんが挙げてるのどれも読まないタイプだ。年齢近いけど。ピンと来るのは無かったな。
    家さんになりたいなら古典と近代文学読まなきゃ、後はドキュメント。セカチューは夏休みにドラマの再放送やりまくってるから今の子はよく知ってるよ
    15. Posted by 以下、金ぴか名無しさんがお送りします。   2016年02月28日 10:36
    ラノベなら佐藤ケイを勧めたい
    細かいところまで下調べしつつ、ウンチクシーンも面白く読ませる技量は凄い
    16. Posted by 以下、金ぴか名無しさんがお送りします。   2016年02月28日 10:43
    なんか厨二病ぽい
    17. Posted by 以下、金ぴか名無しさんがお送りします。   2016年02月28日 10:59
    ええんやで
    18. Posted by 以下、金ぴか名無しさんがお送りします。   2016年02月28日 11:12
    同じ本読んでても感じることはやっぱ違うね!
    ダレンシャンなんて終盤読むの苦痛やったわ…
    挙げられてるのいくつか読んでみようと思います
    19. Posted by 以下、金ぴか名無しさんがお送りします。   2016年02月28日 12:29
    一発目に批判持ってくるってどうなの?と思ったら>>190読んで納得した
    やっぱ住野よる嫌いだったんだなw
    こういう統一性のない濫読してる人って、どうやって本選んでるんだろう?
    20. Posted by 以下、金ぴか名無しさんがお送りします。   2016年02月28日 12:33
    文学少女は高校の頃読んでたけど結構面白かったわ
    21. Posted by 以下、金ぴか名無しさんがお送りします。   2016年02月28日 12:40
    ※19
    表紙とかあらすじで選んでると推測
    22. Posted by 以下、金ぴか名無しさんがお送りします。   2016年02月28日 12:44
    JKって言っとけば釣りられて見に来るやついるからな
    23. Posted by 以下、金ぴか名無しさんがお送りします。   2016年02月28日 13:59
    僕のメジャースプーンはほんま神やな。
    読んだ人みんな面白いって言ってる。ワイも大好きや…
    24. Posted by 以下、金ぴか名無しさんがお送りします。   2016年02月28日 15:30
    他人の本の趣味とか選び方を批判してる人って何なの?大人気ない。

    あ、ちなみに桜庭一樹と平山夢明が好きです。
    25. Posted by 以下、金ぴか名無しさんがお送りします。   2016年02月28日 16:10
    淡々としてないし浅いし
    26. Posted by 以下、金ぴか名無しさんがお送りします。   2016年02月28日 18:52
    うーんこのサブカル糞女臭
    27. Posted by 以下、金ぴか名無しさんがお送りします。   2016年02月28日 19:23
    俺はもう自称JKはみんなおっさんに見える症候群
    28. Posted by 以下、金ぴか名無しさんがお送りします。   2016年02月28日 20:53
    SFとか古典を推薦する奴は腐るほど居て見飽きた
    結局挙げられる作者はカブりまくりだからね
    現代小説は少ないから眺めてて面白かった
    29. Posted by 以下、金ぴか名無しさんがお送りします。   2016年02月28日 22:14
    全く趣味かぶらなくて笑える
    俺はjkになれない………
    30. Posted by 以下、金ぴか名無しさんがお送りします。   2016年02月28日 22:20
    ※28
    本当に小説好きなら結局古い名作も読もうってなるもんよ、あくまでもそういう人が多いという話でね
    別に現代作家ばかり読むのも構わないけど
    31. Posted by 以下、金ぴか名無しさんがお送りします。   2016年02月28日 22:25
    なるほど住野よるってなろう出身なのか。それじゃ・・・まァ・・・・・・・・・・・
    32. Posted by 以下、金ぴか名無しさんがお送りします。   2016年02月28日 23:02
    メジャースプーンいいよね…
    ぜひ名前探し読んでほしいw
    33. Posted by 以下、金ぴか名無しさんがお送りします。   2016年02月29日 02:34
    ホモショタにつられてとか
    女キャラが多いと読めないとかただの腐女子では
    将来同人BL作家になりそう
    34. Posted by 以下、金ぴか名無しさんがお送りします。   2016年02月29日 05:39
    ろりこんは当たり前で
    ショタコンはキモがられる社会
    35. Posted by 以下、金ぴか名無しさんがお送りします。   2016年02月29日 10:03
    “どんな“と聞かれて身長を即答するあたりやはりおっさんか
    36. Posted by 以下、金ぴか名無しさんがお送りします。   2016年03月01日 15:27
    「秘密」は映画しか見てないけど、
    娘の魂がどうなったのか最後まで気にかけもしない主人公に吐き気を覚えた。
    37. Posted by 以下、金ぴか名無しさんがお送りします。   2016年03月02日 19:37
    わたしもJKで、スレタイを見てこのサイトを開きました。
    わたしと読書傾向が非常に似ていてびっくりしました。書いてある本の8割はもう既に読んだ本か、気になっていた本です。
    ぜひここに書いてあった本を読んでみたいと思います。またスレたててほしいです。
    名前:
      情報を記憶:
    コメント:
     
    ※連投、荒らし、宣伝、不適切と判断されたコメントはNGの対象になります
      当サイトについて
      記事検索
      アーカイブ
      スポンサードリンク