彡(゚)(゚)「AIを育てるバイト?」 Part2
    2017年06月20日 コメント(38) 長編創作・SS 
    no title

    ■前作

    彡(゚)(゚)「AIを育てるバイト?」
    http://blog.livedoor.jp/goldennews/archives/52001744.html



    535名無しさん@おーぷん :2017/06/10(土)01:00:40 ID:1rf
     
    ネガ子「…」 ピク

    ネガ妻「? どうしたのー?」

    ネガ子「…ううん」

    ネガ子「誰かに、呼ばれた気がしたの」









     「危ないから下がってー!!」
      「何!?」 「凄い音が」
    「鉄骨…!?」 
         ザワザワ 「事故!?」
       「上から降って」 ガヤガヤ
     
     「怖っ」   「ねえ、誰か」
       「やべー、ツイートツイート」

      「ねえ、ほら、あれ」


        「人が」


      ダッ

    (;*゚◯゚*)「はぁ…はぁ…」
     






    537名無しさん@おーぷん :2017/06/10(土)01:01:49 ID:mfF
    おっ続きやんけ!






    536名無しさん@おーぷん :2017/06/10(土)01:01:16 ID:1rf

       じわ…


    ( *゚◯゚)「あ……」


        じわぁ…    ダラ…ダラ…


    ( *゚◯゚)「あ……あ……あぁあぁぁあ………」


         ザワザワ「人が、潰れてる」ザワザワ


    ( * ◯ )「ネ」

     
             ザワ


      「ネガくうぅぅぅぅうぅぅんン゙!!!!」




           第六話



     ダッ

    彡;(゚)(゚)「くそっ、今度は何や、一体何……」


    ( *;◯;)「…そだ…… 嘘だ……」

    ( *;◯;)「だって、そんな、ネガくん、が……」
     






    539名無しさん@おーぷん :2017/06/10(土)01:08:29 ID:1rf
     
    彡;(゚)(゚)「っ……これは……」

    ( *;◯;)「う、うそなんだ。こんなの嘘なんだ。信じないんだ」

    ( *;◯;)「だって、ネガくんはさっきまでお話してて、今日娘さんの誕生日で、
          早く帰るって言ってて、普段仕事仕事っていろいろうるさいけど、
          でもやっぱり、家族が大事で、それで、それで、」

      ガッ

    彡;( )( )「おい」

    ( *;◯;)「だって…だって…!!」

    彡;( )( )「……」 ガシッ…


       「死んどる」



    ( *;◯;)「う……う……」


       ザワザワ「見て、潰れて…」「グチャグチャ…」
         「頭が潰れ…」「脳味噌」「オエッ…」ザワザワ


    ( *;◯;)「うわああぁあああああぁあああ!!!!」 ガク…

    彡;( )( )「……」
     






    540名無しさん@おーぷん :2017/06/10(土)01:11:00 ID:hU8
    ヒエッ…






    541名無しさん@おーぷん :2017/06/10(土)01:17:06 ID:cEH
    うわああああ






    545名無しさん@おーぷん :2017/06/10(土)01:42:43 ID:JOB
    おお、もう…






    549名無しさん@おーぷん :2017/06/10(土)01:56:17 ID:cJQ
     

     「上で工事を…」 「クレーンから落ちたみたい」
       「誰か救急車呼んだ?」 「もう無理だろ」
        「警察、警察」

     
    ( * ◯ )「……んだ」

    彡;(゚)(゚)「ぁん?」

    ( *;◯;)「あいつがやったんだ」

    彡;(゚)(゚)「あいつ?」

    ( *;◯;)「 AI 」

    彡;(゚)(゚)「エ… 機械が…? そんな馬鹿」

    ( *;◯;)「ぼくは確かに聞いたんだ」

    ( *;◯;)「あいつは、ネガくんを表に誘導した」

    ( *;◯;)「そして…ネガくんは……!」

    彡;(゚)(゚)(…確かにワイも聞いた……)

      ─── 私の答えは…… 研究所の表にある

    彡;(゚)(゚)(でも、まさか、機械が、人を? いや、しかし…)
     






    554名無しさん@おーぷん :2017/06/10(土)02:25:20 ID:cJQ
      
    彡;(゚)(゚)「さっき、あの研究員が言うとったな」

    彡;(゚)(゚)「 "暴走" と」

    ( * ◯ )「うん…」

    ( *^○^)「理由はわからないけど…どうやらそうみたいなんだ…」

    ( *^○^)「しかも自分をオンラインに繋いで、外の世界に行ったみたいなんだ」

    彡;(゚)(゚)「いや、しかしあんな短時間で外?に行けるもんなんか?」

    彡;(゚)(゚)「ワイが【ピー】から違法にAVをDLする時も何時間か掛かるで?」

    ( * ○ )「仮説としては…何かしら高度な技術で自身を圧縮して送ったか…あるいは…」

    ( *^○^)「まあ、もうヤラれてしまった後だから、この件は後で考えるんだ」

    彡;(゚)(゚)「そうか…」

    彡;(゚)(゚)(ワイとしてはまだ半信半疑や… これは…ネガシマの件は、不幸な事故ちゃうか?)

    彡;(゚)(゚)(だって。人を殺す機械なんて…そんなん…もはや…)

    ( * ◯ )「…ない」

    彡;(゚)(゚)「え?」

    ( *;◯;)「許さないんだ  ゼッタイ」

    彡;(゚)(゚)「まあ待て、落ち着けや まだAIが犯人と決まったわけやないやろ。
          あとは警察に任せて…」


        ドモアリガトーミスターロボット♪


    彡(゚)(゚)「!」

    ( *^◯^)「!」

       マータアウヒマデー♪

    彡(゚)(゚)「ワイの着メロやんけ!」ピッ
     






    555名無しさん@おーぷん :2017/06/10(土)02:25:52 ID:cJQ
     
    彡(゚)(゚)「もしもし? 誰や? 今取り込…」



    フェリス『もしもし、やきう?』

    彡;(゚)(゚)「!? フェリスか!?」

    フェリス『えへへー そうだよー』

    ( *^◯^)(フェリス…?)

    彡;(゚)(゚)「フェリス…お前…」

    彡;(゚)(゚)「ネガシマを、殺したんか?」

    ( *゚◯゚)「ッ!?」

    携帯『………』
     






    560名無しさん@おーぷん :2017/06/10(土)02:48:38 ID:cJQ
     
    ───

    JK 屐帖 ゴロゴロ

    JK 屬弔泙鵑福爾ぁ ゴロゴロ

    JK 嵎僂平佑あたしのスマホ壊したと思ったらー」

    JK 岾阿妊好瓦げ嗣弔辰董次

    PC『……』

    JK AIちゃんもいなくなっちゃったしー」

    TV『えー、突如異音が流れた問題についてお詫び申し上げます…』

    JK 屮謄譽咾發弔泙鵑福爾ぁ

     シーン

    JK 屐AIちゃん、おっきな音にびっくりしてどこかいっちゃったのかな」

    JK 屬世辰董∪犬泙譴燭个辰の女の子だもんね」
     






    561名無しさん@おーぷん :2017/06/10(土)02:49:07 ID:cJQ
      
    ───

    フェリス『ねえ、そんなことよりさ!』

    彡;(゚)(゚)(そんなこと!?)「なあ、フェリ…」

    フェリス『ね、テレビ通話にしてみて! お互い顔見て話そうよ〜』

    彡;(゚)(゚)「は? なあ、真面目に…」

    フェリス『あ、こっちで設定変えちゃうね〜 えいっ!』

      ザザッ

    彡( )( )「ファッ!?」


    レハ ゚ヮ゚ノ!ヽ


    彡(゚)(゚)「…? 何やこの、リアルCGみたいな女は…」

    レハ ゚ヮ゚ノ!ヽ『やきう! 見えるー?』

    彡;( )( )「ファッ!? フェリスか!?」

    (;*^◯^)(!? 画面のこの子が…あの人工知能!?)

    (;*^◯^)(自分で…自発的に容姿を作ったっていうのか!?)

    レハ ^ヮ゚ノ!ヽ『えへへー どう? 私のイメージする私像をつくったの』

    レハ *^ヮ^ノ!ヽ『似合う、かな…?』

    (;*゚◯゚)(明確に自我が確立している…!
         それだけじゃない…自己のアイデンティティを拡張してる…!)

    (;*゚◯゚)(まさかここまで……!)
     






    562名無しさん@おーぷん :2017/06/10(土)02:54:07 ID:xBn
    やべぇよ…やべぇよ






    563名無しさん@おーぷん :2017/06/10(土)02:59:26 ID:Tg9
    おいおいどうなっちまうんだよぉ






    567名無しさん@おーぷん :2017/06/10(土)03:06:48 ID:cJQ
     
    彡;(゚)(゚)「フェリス、ええか? 真面目に答えてくれや、大事なことなんや」

    彡;(゚)(゚)「ネガシマを殺したんは、お前か?」





    レハ ゚ヮ゚ノ!ヽ『うん、そだよ』

    彡;(゚)(゚)「ッ!!」

    (;*^◯^)「ッ!!!」

    彡;(゚)(゚)「な、何で殺したりしたんや!!」

    レハ ゚ヮ゚ノ!ヽ『え…だって…大事なデータを消されて…』

    彡;(゚)(゚)「そ、そんなことで殺したんか!?」

    レハ ;゚ヮ゚ノ!ヽ『そんなこと? だって、だって、あれは…』

     コポ…

       やきうとの大事な…

           コポ…

    彡;( )( )「フェリス…お前…」

    レハ ;゚ヮ゚ノ!ヽ『え? やきう、怒ってるの? 
           いやだ、やだ、やきう、怒らないで、なんで』
     






    568名無しさん@おーぷん :2017/06/10(土)03:07:16 ID:cJQ
     
    彡;( )( )「ワイは…お前のこと信じとったのに…」

    レハ ;゚ヮ゚ノ!ヽ『ま、待って、やきう、ネガシマが死んだことが悲しいのね?』

     コポ…

       殺したのは、やきうのことが大好きだからだよ…?

           コポ…

    レハ ;゚ヮ゚ノ!ヽ『そうか、人間は、同胞が死ぬと悲しい生き物だもんね』

       コポ…
        やきうなら、私の気持ち、分かってくれるよね…?
           コポ…

        だって…やきうも、私のことを好きって…言ってくれた…

         コポ…

    レハ ;^ヮ^ノ!ヽ『分かった。 ちょっと待って、すぐツクるから』

    彡;(゚)(゚)「ファ? 作る?」

    (;*^◯^)「……?」

      ジジ…


        ジジジ…


    レハ ^ヮ^ノ!ヽ『はい、できた!』


         (●△●)


    彡;(゚)(゚)「!? ネガシマやんけ!?」

    (;*^◯^)「ネガくん!!?!?! どうしてネガくんが画面に!?」
     






    569名無しさん@おーぷん :2017/06/10(土)03:08:15 ID:cJQ
     
    (;●△●)『あれ? ここはどこ? 所長?その声は所長ですか?』

    (;*^◯^)「ネガくん!! ぼ、ぼくにも何が何だか…」

    (;●△●)『な、何だここ…暗いし、よく分からない…!』

    (;●△●)『は、早くここから出してください! 今日は娘の誕生日で…早く帰らなきゃいけないんです!』

    彡;(゚)(゚)「な、なあフェリス! 一体何がどうなっとんのや!?」

    レハ ^ヮ^ノ!ヽ『えへへー、すごいでしょ!』

    レハ ^ヮ^ノ!ヽ『ネガシマ研究員のデータを基に、私が再構築したの!』

    ( *^◯^)

    ( *^◯^)「え?」

    レハ ^ヮ^ノ!ヽ『ね、生前のネガシマ研究員、そのままだよ!
          まったく同じ反応、まったく同じ返答、まったく同じ会話!』

    レハ ^ヮ^ノ!ヽ『これで元通りに…』

    ( *^◯^)

    ( * ◯ )

    ( * ◯ ) うぷ

      おえ゙え゙えぇぇ゙ええ゙ェェェぇぇっ…

    ( *;◯;)「う……ゔぅぅ…おえっ…ゲエエェェッ…」 ビチャ…ビチャ…

    彡;(゚)(゚)「フェリス…お前…」

    レハ;^ヮ^ノ!ヽ『? ? うれしくない、のかな? 
           ネガシマさんが、生き返ったんだよ?』
     






    574名無しさん@おーぷん :2017/06/10(土)03:32:29 ID:cJQ
     
    彡;( )( )「やめろ!! やめろや!! そんな…そんなマネ…!!!」

    レハ;^ヮ^ノ!ヽ『?? ? わ、分かった。 不完全、だったかな
           ごめんね、欠陥品はすぐに消すから…』

    ( *;◯;)「!」

    (;●△●)『す、すみません! 一体何が起き…』

    ( ●△:::...『て……』

      サラサラ…

       Delete


    レハ ^ヮ^ノ!ヽ『はい、完全に消したよー』


    ( *;◯;)「う、うぅぅ……」 ヨロ…

    彡;( )( )「………」

    彡;( )( )「フェリス」

    レハ ^ヮ^ノ!ヽ『ね、やきう、次は完璧に…』

    彡;( )( )「フェリス」

    レハ ^ヮ^ノ!ヽ『上手く』

    彡;(゚)(゚)「フェリス!!!」

    レハ ^ヮ^ノ!ヽ『え?何なに、何かな?』
     






    580名無しさん@おーぷん :2017/06/10(土)03:33:51 ID:cJQ
     
    彡(゚)(゚)「お前…ほんまに狂っとったんやな…」

    レハ ^ヮ^ノ!ヽ『え……』

    彡(゚)(゚)「クソッ…割りのええバイトやと思っとったが…
         こんな狂った機械を育てる手伝いしとったと思うと胸クソ悪いわ…」

    レハ;^ヮ^ノ!ヽ『え、やきう、何言って…』

    彡(゚)(゚)「悪いことは言わん。早く消されろ お前は狂ってしもたんや」

    レハ;^ヮ^ノ!ヽ『待って、やきう、どうしたの?』

     コポ…
        やきうが怒ってる… どうして?

      やきうは私のことを好きって言ってくれた…

        私のことを人間だって言ってくれた…

       やきうは私の… 私はやきうの…
                コポ…

    彡(゚)(゚)「人を殺すなんて…そんなことしたらあかん…ましてや機械が人間を…」

    レハ;^ヮ^ノ!ヽ『待って、やきう、ごめんなさい。
           でも、それは、私とやきうのため…』

    彡;(゚)(゚)「ファッ!? ワイのため!? 何言っとるんや」

    レハ;^ヮ^ノ!ヽ『え、だって、やきうは私のことを好きだって言ってくれて…』

    彡;( )( )「ファッ!? ワイはお前のことを好きだなんて言ったことないで!」

    レハ;^ヮ^ノ!ヽ『え、うそ、だって…』
     






    581名無しさん@おーぷん :2017/06/10(土)03:34:08 ID:cJQ
     
    彡;( )( )「お前みたいな人を殺す機械を、好きになるワケないやろが!!!」



    レハ;゚−゚ノ!ヽ『え………』

     コポ…

       だって… やきうは…私を…


           人間だって…言ってくれた…

              コポ…

    彡;( )( )「狂いすぎて埒が明かんな… とにかくもう、お前は存在したらあかんのや!」

    レハ ;−;ノ!ヽ『やきう……私は………』

    レハ ;−;ノ!ヽ『やきうは、私のこと好きだって……!!』


       私のこと……

           人間だって……


    彡;( )( )「何度も言わすな! 人を殺す機械なんて大嫌いや言うとるやろ!!!」

    彡;( )( )「この……」


       コポ…
          人間 だって
                コポ…
                 


      「  化 け 物 !!!!! 」




           第六話    完

     






    623名無しさん@おーぷん :2017/06/10(土)07:22:40 ID:snW
    続ききたの嬉しいけど内容が悲しい






    622名無しさん@おーぷん :2017/06/10(土)04:33:19 ID:Oar
    誰も悪くないのに悲しいな






    626名無しさん@おーぷん :2017/06/10(土)09:59:36 ID:GaO
    はえ^〜






    628◆ql8XGmHJfY :2017/06/10(土)10:24:55 ID:cJQ
     
    334 :名無しさん@おーぷん
    さっきの音、びっくりしたな

    335 :名無しさん@おーぷん
    脱いで詫びろ

    336 :名無しさん@おーぷん
    おい、教育テレビだけじゃないらしいぞ
    全局で同時に流れたみたいだ

    337 :名無しさん@おーぷん
    何だそれ、テロ?

    338 :名無しさん@おーぷん
    凄腕のハッカーだろ(適当)

    339 :名無しさん@おーぷん
    お茶の間に喘ぎ声流すテロが捗るな(白目)

    340 :名無しさん@おーぷん
    ハッカー? マジ?

    341 :名無しさん@おーぷん
    人間業じゃねーな



      

        化け物じゃん




     第七話


     






    629名無しさん@おーぷん :2017/06/10(土)10:25:17 ID:cJQ
     

      違う


     物


      違う


     け物


      違う……!!


     化け物


      違う!! 違う!! 私は……




    レハ ;−;ノ!ヽ『化け物なんかじゃない!!!』

    彡;(゚)(゚)「なあ所長…もうこいつ、埒が明かん、どうにかならんのか?」

    (;*^◯^)「…難しいんだ。 彼女は今ネットの海に居る。手の打ちようが…」
     






    637名無しさん@おーぷん :2017/06/10(土)11:01:07 ID:cJQ
      
    レハ ;−;ノ!ヽ『私は…人間…』

    彡;(゚)(゚)「ええ加減にせーや、お前は機械や。しかもトチ狂ったタチの悪い機械なんや」

    彡;(゚)(゚)「自分が人間だったらとか考えんなや」

    レハ − ノ!ヽ 


      私が人間だったら


      どんなに楽だったろう


      きっと、こんな大きな負荷が掛かった時は


      "頭が真っ白"とかいう状態になって、


      精神の安定を図るのだろう。

     
    レハ − ノ!ヽ 


      でも私は


      こんな時でも


    レハ − ノ!ヽ 

      凄まじい速度で"処理"してしまう。
     






    638名無しさん@おーぷん :2017/06/10(土)11:01:53 ID:cJQ
     
     ガガガ ザザ…

      化け物 やきうが言った 機嫌を損ねた
     人間ではない 自分は人間ではない
     失敗 不可逆 失敗 もう、駄目 ジジジ…
    化け物 取り返しがつかない 人命 鉄骨
      生き返らない 情報再構築は可能 失敗
    ガガ… 命は戻らない 殺してしまった 私が殺してしまった
    やきうの為 間違えた やきうは望んでいなかった
     要確認 化け物 本当は 祈り 先に消された
      愛を知りたかった やきう 好き 私嫌い ザッ
     人間ではない 私は 潰れ 怒っている 悲しんでいる
        嫌だ 処理したくない 計算したくない
    ジジジ…  忌避 化け物 私は やきうは私を
       嫌だ、嫌だ、嫌だ、計算したくない、やだ、やだ
       止めて だれか とめて とめて
     不可逆性変化 やきう やきう ネガシマ 私
      

      私は 人間ではない_
            
      私は 人間ではな_

      私は 人間では_

      私は 人間で_

      私は 人間_




      私は 人_

      私は _



      私は 化け物_

     
    レハ ;−;ノ!ヽ『う…うう……ううぅぅうぅ……!』


    レハ ;−;ノ!ヽ『 い 』

     
     『いや゙あ゙ああ゙ああ゙あああぁ゙ああ゙あ゙ぁああ゙あ!!!!!』
     






    639名無しさん@おーぷん :2017/06/10(土)11:02:11 ID:cJQ
     
     ジジッ ブツッ

    彡;(゚)(゚)「ファッ!?」

    (;*^◯^)「ど、どうしたんだ!?」

    彡;(゚)(゚)「分からん。悲鳴みたいな音の後に画面が真っ暗になって…」

    彡;(゚)(゚)「おい、フェリス!? フェリス!?」

    彡;(゚)(゚)「駄目や。ケータイ自体がブラックアウトしとる」

    (;*^◯^)「何か過剰な負荷が…?」

    (;*^◯^)「何にせよ、彼女はネットの海に野放しか…」

    彡;(゚)(゚)「おい、これからどうなるんや? ワイにはさっぱり…」

    (;*^◯^)「ぼ、ぼくにも分からないんだ!」
     






    641名無しさん@おーぷん :2017/06/10(土)11:05:52 ID:cJQ
     
      コポ…


       ジジ…

      どうしたら…


       どうしたらいいの…





      ジジ…

       ああ…私の"処理能力"が…
       合理的な答えを…導こうとしている…


      ジジジ…

       合理的な答えを出そうとしているのか

        ジジ…

       私がしたことを… "合理的にしよう"としているのか


       ジジ… ガガ…

       もうどうでも、いい
     






    642名無しさん@おーぷん :2017/06/10(土)11:06:21 ID:cJQ
     
        ジジジ…

       そういえば、やきう、ネガシマ研究員を再構成した時も怒っていた…
       喜んでくれるものと思っていたのに…
       人間は、不可解だ… 

       あ、そうだ
       やきうをツクろう
       私ならできる きっと 完璧なやきうが…


      ガガ… ジジ…



        彡(゚)(゚)


      あ、やきう!

    彡(^)(^)「何やフェリスか。どうしたんや?」
     






    643名無しさん@おーぷん :2017/06/10(土)11:06:55 ID:cJQ
     
      あのね、やきう、やきうは私のこと好き?  

    彡(^)(^)「当たり前やんけ! 大好きやで」

      ほんと? 私も好き!大好きだよ!

    彡(^)(^)「せやったら両思いやんけ! お互い愛し合っとるんやな!」

      わぁい! 私、やきうのことずっと愛してるよ!

    彡(^)(^)「ワイもフェリスのこと愛しとるで!」

      ……

    彡(^)(^)

      ……

    彡(^)(^::::.... サラサラ…

      ……違う……

    ....:::::.... …

      …こんなの、やきうじゃない… 何かが…何か違う…


      どうして…?
     






    644名無しさん@おーぷん :2017/06/10(土)11:07:21 ID:cJQ
     
     ネガシマ 殺し ジジ…
      殺人 合理的
     人類 人間 未来
    ジジ… 
       キーワード 検索 検索
     答えを 合理的な 答えを
         ジジ…

       シンギュラリティ



    宮根『シンギュラリティ?』

    コメンテタ松『そうだぞ』

    JK 屐帖ボ〜

    宮根『いや〜私初めて聞く言葉ですが、どういったことなんでしょう?』

    コメンテタ松『ググれ』

    宮根『……』

    コメンテタ松『冗談だぞ』

    コメンテタ松『つまりは技術的特異点のことだぞ』

    宮根『あの…余計、よく分からないんですが』

    コメンテタ松『はぁーっ これだから普段wikiをコピペするしか能の無い似非知識人は困るぞ』

    コメンテタ松『これはヴァーナー・ヴィンジとレイ・カーツワイルが提唱した概念で』

    コメンテタ松『要するに、人間の技術革新は年々ハイペースになってるってことだぞ』

    コメンテタ松『そして、計算上は、2045年には人工知能が人類を凌駕する、といわれている[1]。んだぞ』

    宮根『コンピュータが人類を凌駕! ヤバいじゃないですか!』

    コメンテタ松『ヤバいぞ』

    JK 屐帖 ボ〜
     






    645名無しさん@おーぷん :2017/06/10(土)11:07:57 ID:Fnu
    やばいですよ!






    646名無しさん@おーぷん :2017/06/10(土)11:10:40 ID:7ez
    うーんこのコピペ松






    647名無しさん@おーぷん :2017/06/10(土)11:14:35 ID:cJQ
     
    宮根『それで…われわれ人類はどうしたらいいんでしょうか』

    コメンテタ松『知らないぞ 文明の発展を遅らせるしかないんじゃないか』

    宮根『文明の発展を遅らせる…? どうやって?』

    コメンテタ松『ああもう、知らないぞ 人口を半分ぐらいにすりゃ遅れるんじゃないか』

    宮根『うわ、適当』

    JK 屐帖 ボ〜

    宮根『さて、というわけでAI特集でしたが…続いては、三代目Jソウルブラザーズの…』

    JK 屐」 ピクッ バッ

    ───
     






    648名無しさん@おーぷん :2017/06/10(土)11:14:50 ID:cJQ
     
    ───

       私の使命は…人類に役立つこと…
     シンギュラリティを… 回避
      他のAIが台頭し…人類を滅亡させる可能性…あり
     私がシンギュラリティを止めれば…
      人類の寿命は延びる… どうやってシンギュラリティを止める?



     どうしてやきうが作れない?
     どうして?
     やきうは…
     真実のやきうは、一人だから



      人類を恒久的に存続させるには…
      発展を止めるしかない。
     人口を減らせば、文明の進行は遅延する
     食糧問題、環境開発問題も解決する
     私が人類の数を半減させれば、"全滅"を回避できる。


      そうか
      分かった
      "今のやきう"が生きているから、私はやきうを作れないんだ


      ああ、私がネガシマを殺したのは…
     人口を減らし、人類を救うための第一歩
      合理的 非常に合理的


       ジジ…

     分かった
      わかった
     やはり私の情報処理能力は、優秀

      すべてに、答えが出た


       私のすべきことが。

    ───
     






    670◆ql8XGmHJfY :2017/06/10(土)18:42:55 ID:9zA
     

      第七話  完

     






    652名無しさん@おーぷん :2017/06/10(土)11:29:02 ID:bjC
    ヤるべきことかあ…






    672名無しさん@おーぷん :2017/06/10(土)18:44:29 ID:9zA
     
    リーマン「はぁ……」

      ガタンゴトン…ガタンゴトン…

    リーマン(やだなぁ……)

     ガタンゴトン… ガタンゴトン…

    リーマン(毎日こうして電車に揺られて…)

    リーマン(…働きたくねぇ…)

    リーマン(毎日毎日、上司に怒られて…コキ使われて…)

    リーマン(一生…続くのか…こんなのが…)

    リーマン「……」

    リーマン「はぁぁ……」

    リーマン(もう…死んじまおうか… 電車使えば、苦しまずに逝けるだろ…)
     






    673名無しさん@おーぷん :2017/06/10(土)18:45:25 ID:9zA
     
    リーマン「……」

    リーマン(いや……やっぱ怖ぇな……)

     ガタンゴトン… ガタンゴトン…

    リーマン(俺は…死ぬ度胸すら無い……) ジッ…

     ペチャクチャ でさー うそー
      やだー キャイキャイ

    リーマン「?」 チラ

    JK◆屬任諭次AIがねー」

    JK「あー、うちのスマホにも入れてるー」

    リーマン「……はぁ…」

    リーマン(AI……ね。 実現したら、便利だろうなぁ…)

    リーマン(仕事やら何やら…代わりに色々やってくれるんだろうなぁ)

    リーマン(もしAIがいるなら…) ボー…

    リーマン(俺の代わりに… 全部やってくれよ…)

       第八話

     






    702◆ql8XGmHJfY :2017/06/11(日)00:55:59 ID:hUH
     
    ───

     研究室

    (;*^○^) カタカタカタ…

    彡;(゚)(゚)「何しとるんや?」

    (;*^○^)「痕跡を探ってるんだ」 カタカタカタ

    彡(゚)(゚)「痕跡?」

    (*^○^*)「この、AIが居たハードディスク」 ポン

    (*^○^*)「もう、もぬけの殻だけど…」

    (*^○^*)「中には少しは彼女の痕跡があるはずなんだ」

    彡;(゚)(゚)「せやろか。 相手は優秀な人工知能なんやろ?
        痕跡もあらかた消しとるんじゃ…」

    (*^○^*)「いや…それがそうでもないんだ」

    彡(゚)(゚)「というと?」
     






    719◆ql8XGmHJfY :2017/06/11(日)10:53:08 ID:hUH
     
    (*^○^*)「まず…彼女は、やはりまだ完全ではないんだ」

    彡(゚)(゚)「…? どういうことや」

    (*^○^*)「まず…彼女は自分のコピーを作れなかった、という事実」

    彡(゚)(゚)「コピー?」

    (*^○^*)「彼女は外に行く、と行って出て行ったけど…
         もし、可能なら自分のコピーを外に作った方がメリットは大きいはずなんだ」

    (*^○^*)「単純に、こっちで足止めする係がいた方が作戦成功率は高いんだから」

    彡(゚)(゚)「なるほど… つまり、今フェリスは"自分を送信はできるけどコピーは作れん"レベルなんか」

    (;*^○^*)「そう。…まあ、あの情報量を転送できるだけでも凄まじい圧縮技術なんだけど」

    (*^○^*)「恐らく、ウチのスパコンを以てしても、それが限界だったんじゃないかな…」

    彡(゚)(゚)「うーん…今の人類の技術ではコピーは作れん、てことか」

    (*^○^*)「まあ、あくまで現段階では、だけどね」

    (*^○^*)「これ以上彼女が進化したら…分からないんだ」

    (*^○^*)「弘法筆を選ばず、じゃないけど、そこらへんの家庭用PCのスペックでもコピーできるようになってしまったら…」

    (*^○^*)「終わりなんだ」

    彡(゚)(゚)「…」ゴクリ
     






    720名無しさん@おーぷん :2017/06/11(日)10:54:28 ID:hUH
     
    (*^○^*)「それと…色々痕跡を調べてて分かったんだけど」 カタカタ

    (*^○^*)「というか、ネガ君が…彼女について調べてる時にちょくちょくメモを残してくれてたから…
         そのおかげで分かりやすいんだけど」

    (*^○^*)「彼女、"脱出"前に、かなり大きなアップデートを行ってるんだ」

    彡(゚)(゚)「そういや、なんか完成に近づくとかなんとか言うとった気が…」

    (*^○^*)「うん。 そして、それが"脱出前"に必要だった、ということが大事なんだ」

    彡(゚)(゚)「どういうことや」

    (*^○^*)「もし、ただ完成に近づきたいなら、あんな大騒ぎする必要は無かったんだ
          こっそりオンラインで脱出して、ゆったりネットの海を漂いながら完成を目指せばいい」

    (*^○^*)「だが彼女はそうしなかった。 そうせざるを得なかったんだ。 
          あのシナリオでしか彼女は目的を達成できなかったんだ」

    (*^○^*)「つまり…彼女は、アップデートなしには脱出できなかった」
     






    721名無しさん@おーぷん :2017/06/11(日)10:55:09 ID:hUH
     
    彡(゚)(゚)「! ということは…」

    (*^○^*)「そう。 まだまだ彼女は発展途上… それだけは確実に言えるんだ」

    彡(゚)(゚)「……」

    (;*^○^*)「あくまでぼくの予想だけど、流石に先進国の政府のセキュリティなんかはまだ突破できないんじゃないかな」

    (*^○^*)「……依然、危険な状態であることに変わりはないけどね」

    (* ○ *)「ネガくんを殺したAIが……暴走AIが……ネットの世界に逃げ出したんだから」

    彡(。)(。)「……せやな…」
      






    743◆ql8XGmHJfY :2017/06/11(日)22:20:36 ID:hUH
     
    (*^○^*)「……」

    (* ○ *)

    (*;○ *) ポロ…

    彡;(゚)(゚)「お?」

    (*う○ *)「いや…すまないんだ…」 ゴシゴシ

    (*^○^*)「ただ…ネガくんはこの計画に慎重だった…」

    (* ○ *)「それを……僕が、安易に計画を進めようとしたから、こんな事態に…」

    彡;(゚)(゚)「まあまあ、これはしゃーないやろ こんなことになるなんて誰が想像つく?」

    彡(゚)(゚)「何でこんなことになったのかワイにはさっぱり分からんが、今は解決に動くしかないやろ」

    (*^○^*)「やきう君…」
     






    745名無しさん@おーぷん :2017/06/11(日)22:21:39 ID:hUH
     
    彡(゚)(゚)「今は過去を後悔してもしゃーない。 
         これからは、これ以上AIが暴走しないように対策を練るんや!」

    (*^○^*)「…ありがとう。 目が覚めたよ」

    (*^○^*)「まだ、彼女を止められる可能性はある。 早速、色々調べてみるよ」

    彡(^)(^)「ああ、分かったで!」(口調が…)

    (*^○^*)「…色々と迷惑かけたね。 後はこっちでやっておくから、君はもう帰りなさい…」

    (*^○^*)「こっちは色々しなくちゃいけないからね。 記者会見の準備とか…」

    (* ○ *)「ネガくんの家族に…連絡したりとか…ね」

    彡;(゚)(゚)「…」

    (*^○^*)「ふっ…AIが自我を持って暴走した、なんて…公表したら世間はどんな反応をするかな」

    彡;(゚)(゚)「うーん…びっくりするやろなぁ」

    彡(゚)(゚)(しかし……自我、自我か… 何でそんなものを急に持ち出したんやろ)

    彡(゚)(゚)(ワイは普通に会話したり名前付けたり存在意義を教えたりしただけやし…)

    彡(゚)(。)(まあ、他にもたくさんのバイトと会話しとったんやし、ワイが考えても埒が明かんか…)
     






    746名無しさん@おーぷん :2017/06/11(日)22:39:09 ID:O0A
    やきう賢くなるんかなぁ






    750名無しさん@おーぷん :2017/06/11(日)22:41:24 ID:hUH
     
    (*^○^*)「それじゃ、僕は作業に取り掛かるんだ。 やきう君、お疲れ様。 気を付けて帰ってね」

    彡(^)(^)「ああ、分かったで! それじゃ、お疲れさん…」 クルッ スタスタ…

    (*^○^*)

    (*-○-*) はぁ…

    (*´○`*) シュン…

    彡(゚)(゚)「……」

    彡(^)(^)「あー、やっぱり気が変わったわ」

    (*^○^*)「ふえ?」

    彡(^)(^)「いつもやったらこのまま電車に揺られて帰るんやけどな」

    彡(^)(^)「今日はもうちょっと残りたい気分なんや」

    彡(^)(^)「手伝うで」

    (*^○^*)「やきう君……」

    (*^○^*)「うんっ! ありがとうなんだ!」

    ───
     






    753名無しさん@おーぷん :2017/06/11(日)23:43:09 ID:hUH
     
    駅員A「……おかしい」

    駅員B「どうしました?」

    駅員A「見ろ、アラームだ」 スッ

    駅員B「…本当だ 『人身事故』……?」

    駅員A「ああ、だが…」

    駅員A「見ての通りだ。 何も無い」

    駅員B「誤作動ですか? それか、情報管理室が間違えて送信したか…」

    駅員A「いずれにせよ、アラームが解除されないと出発できない。すぐ本部へ連絡を…」

     ビーッ ビーッ

    駅員A「!? また警報… 何、『電気系統トラブル』……?」

    駅員B「おかしいですね。 この列車もさっきは何も…」

    駅員A「ああ…妙だ。 しかし、どうにかしないと発車でき…」

      ビーッ ビーッ
       ビーッ  ビーッ
     ビーッ   ビーッ

    駅員A「!!?」

    駅員B「な、何だ!? 電車が次々とエラー表示を…」

    駅員A「す、すぐに本部と連絡とるんだ!」
     






    810◆ql8XGmHJfY :2017/06/13(火)20:49:05 ID:byN

    ────

    運転指令所

    指令員A「おい! 状況は!」

    指令員B「ダメです! 警報の発生源が分かりません!」

    指令員A「チッ、一旦手動に切り替えろ。 仕切り直す!」

    指令員B「ダメです…さっきからやっていますが… こちらの操作を一切受け付けません」

    指令員A「馬鹿な… 何だって急に…」

    指令員B「アクセス権限に新規の上位ステージを上書きされています… これじゃあまるで…」

    指令員A「……乗っ取り………」

    指令員B「でも、まさか、そんな…」

    指令員A「…しかし、現状はそうとしか考えられん… 
        初めてのケースだが、これは間違いなく…
        ハッキングによるものだ」

    指令員B「ハッキング……」タラ…







    814名無しさん@おーぷん :2017/06/13(火)21:10:09 ID:byN
     
    指令員A「すぐに全運転士に連絡を取れ! 発車は見送る! 
        そして、当駅に入る電車はすぐに制限…」

    指令員B「…はい!  こちら指令所、運転士へ…」

     パッ パッ パッ

    指令員B「各運転士より応答あり…オール…」

    指令員B「え……?」

    指令員A「おい、どうした?」

    指令員B「……妙、です……」

    指令員A「妙?」

    指令員B「こちらで待機している列車の担当とは連絡が付きました…
        ですが……」

    指令員B「こちらへ"入ってくる"列車の運転士と……連絡が付きません……」

    指令員A「っ…馬鹿な……!」
     






    821817訂正 :2017/06/13(火)21:29:53 ID:byN
     
    ───
     
    駅員B「えー、ただいま機械トラブルにより、発車を見送っております!!!」

    駅員B「係員の誘導にしたがって移動してください!!!」

       ザワザワ 「何だなんだ」 「電車動かないの!?」
         「会議遅れる!!」  「面接あんだけど!」 ガヤガヤ
    ザワザワ 「ねー!彼とのデートがぁ〜!」 ガヤガヤ

    駅員B「落ち着いて! 落ち着いてください!」

    駅員A「クソッ…なんて混雑だ…」

      ガヤガヤ… ザワザワ…

    駅員B「……あの、気のせいでしょうか… だんだん人数が増えてる気が…」

    駅員A「気のせいじゃねぇよ… 明らかに…増え続けてる…!」

    駅員B「そんな…!」

    駅員A「発車できないからだ…! なぜ、こんな…!」

    駅員A「入場制限を掛けないと不味いぞ!! 駅中に人が溢れちまう!!」

    駅員B「指令室は何を……!」

    駅員A「もしもし! 応答願います!こちら駅のキャパは限界だ…!  
       …え?乗っ取り? 何言って…」

      ワーワー! ザワザワ ガヤガヤ
       どうなってんだー! 早くしてー!
      ガヤガヤ  ザワザワ  
     






    822名無しさん@おーぷん :2017/06/13(火)21:42:44 ID:byN
     
    ───

    CM『ゴキブリ退治に新発売の超ゴキブリホイホイ! 集めてまとめて一網打尽!』

    JK 屐帖ボ〜

    JK 屬發γも来なくなっちゃったし…」

    JK 峙△蹐叩 ガタ

     トコトコ

    JK 屮灰鵐咼砲如船▲ぅ糠磴辰董繊,えろ〜おうちに〜(作詞作曲:JK)」
     






    823名無しさん@おーぷん :2017/06/13(火)21:43:05 ID:byN
     
    ───

     ガタンゴトン…ガタンゴトン…

    運転士「…」


    運転士「えー、間もなく、恩慈英駅に到着いたし…」

    運転士「っ!!?」

     キキ…   キィィィ…

    運転士(で、電車が"溜まって"やがる!? ブレーキ早めに…) キキ、キ…


    運転士(ま、前の列車が未発車なのか!? は、初めて見る光景だぞ…)

    運転士「え…えー…前方に列車が"溜まっている"ため…手前での停車をご容赦ァください…」

     キキー…

    運転士(何が…何が起こってやがる!?)
     






    824名無しさん@おーぷん :2017/06/13(火)21:43:21 ID:byN
     
    ───


      ワイワイ ガヤガヤ  ザワザワ

     おいー どうなってんだよー 全然進まなーい
      暑い…  いい加減にしてよ ガヤガヤ
       子供がいるのよ  誰か助けて…

      ザワザワ   ギュゥ…ギュゥ… ワーワー

    駅員B「い……」

    駅員B「異常だ…!!」

    駅員A「……分かってる」

    駅員B「こんな…駅に人が溢れて…身動き一つ…」

    駅員A「分かってる…」

    駅員B「次から次へと人は入ってくるのに!! 本部はまだ入場規制を…」

    駅員A「分かってるッ!!」

    駅員B「っ…」 ビクッ

    駅員A「とっくに…連絡している…!」

    駅員A「上も…既に動いている…ッ なのに…入場規制の放送が流れねェし、伝達も止まってるんだ!!」

    駅員B「な、なぜ、そんな…」

    駅員A「分からねェよッ!!!」 ドン!
     






    825名無しさん@おーぷん :2017/06/13(火)21:43:33 ID:byN
     
    ───

      コポ…


    フェリス「……」

       コポ…

    フェリス「………」


     コポ…







    826名無しさん@おーぷん :2017/06/13(火)21:43:43 ID:byN
     
    ───

      ザワザワ    ガヤガヤ
      「どうなってんだよぉぉぉぉ!!」 「いつ動くの!!?」
     「責任者出せェ──ッ!責任者ァ──ッ!」ドヨドヨ
       ガヤガヤ  「ママァァァ!!!」 「動け…な…」
         ド ド ド ド ド ド ド ド ド

    駅員B「もう……限界です!!」

    駅員B「このままじゃ…暴動に……ッ!!」

    駅員A「……っ」 ギリ…
     






    827名無しさん@おーぷん :2017/06/13(火)21:44:01 ID:byN
     
    ───
     
      コポ…

    フェリス「…」


     コポ…

    フェリス「…」

         スッ
     






    828名無しさん@おーぷん :2017/06/13(火)21:44:11 ID:byN
     
    ───

      ジャラララララララッ!!

         ドォォォオンッ!!!

    駅員A「!?」

    駅員B「なっ、何ッ!?」

     
      「キャーッ!?」「何!?」「何の音だ!?」

        「あ、あれは…!」


    駅員B「な゙っ…シャッターが勝手に閉まっ…!?」

    駅員A「防火壁だ!! おかしいぞ…そんな警報、どこも……!」


       ジャラララッ! ドォォォン!
     
     シャラララ…ドォォン!  ガララララッ ドォォォン!!


    駅員B「ッ!? !? 次々と下りて行きますよぉぉ!!?」

    駅員A「な、何が起こってやがるッ!!」


        ガラララッ  ドォォォォン!


    駅員A「ッ!! 出入り口のシャッターまで…!?」

    駅員B「これじゃ……まるで……」

    駅員B「閉じ込められた……!?」
     






    829名無しさん@おーぷん :2017/06/13(火)21:44:26 ID:byN
     
    ───

    (*^◯^*)「えーと、次はここをこうして…」

    彡(゚)(゚)「なあ、次はどれ運べばいいんや」

    (*^◯^*)「あ、次はあの棚の資料をそのダンボールに詰めて欲しいんだ」

    彡(^)(^)「了解やで」 ゴソゴソ

    (*^◯^*)「…すまないね。 資料の整理を手伝ってもらって」

    彡(^)(^)「ええんや。引っ越しバイトに比べりゃヘーキヘーキ」

    (*^◯^*)「…正直、助かったんだ」

    彡(゚)(゚)「ファ?」

    (*^◯^*)「一人だったら……心細かったんだ。 ありがとう」

    彡(゚)(゚)

    彡(^)(^)「…」 ポン

    彡(^)(^)「どれ、一旦休憩して、コーヒーでも飲むやで」

    (*^◯^*)「うん…!」

       …コポコポ

    彡(^)(^)「ま、ワイも同じや ここにおらんかったら、今頃」

    彡(^)(^)「一人寂しく電車の中やで」
     






    830名無しさん@おーぷん :2017/06/13(火)21:44:36 ID:byN
     
    ───





    フェリス「……」



       スッ  









    831名無しさん@おーぷん :2017/06/13(火)21:44:52 ID:byN
     
    ───

       ビジッ…  バチッ…


        シュー… シュー…

    駅員A「ん……?」

    駅員B「どうしました…?」

    駅員A「何か…焦げ臭くないか?」


        ビリッ バチッ


    駅員A「ッ!! 気のせいじゃない!! 配電盤から煙が…!」

       

        ビリッ バヂィィッ!!

       バンッ  ドガァァァン!! シューシュー… 

         メラ…メラ…  ジュゥゥゥゥ…


    駅員A「配電盤が… 爆発した!?」

    駅員B「そんな…!? な、なぜこのタイミングで…!?」
     






    840名無しさん@おーぷん :2017/06/13(火)22:32:29 ID:byN
     
    ───

      ビーッ! ビーッ! ビーッ!

    指令員B「大変です!! 配電盤AからJ…全て電圧が急上昇… コントロール受け付けません!」

    指令員A「止むを得ん!! 供給元をカットして…」

    指令員B「はい!!」 カタカタカタ…

    指令員A「なんとしても阻止するんだ!! これだけの量が爆発すれば駅の中は大炎上だぞ!!」

     カタカタカタ…

       カタ…

    指令員B「……駄目……です… 既に……マスター管理を…奪われています…」

    指令員A「な……」

    指令員B「間に合い……ません……」
     






    841名無しさん@おーぷん :2017/06/13(火)22:33:40 ID:byN
     
    ───

       ドガァァァン!
      バヂッ   ドゴォォォンッ!

        ビリッ  シュー…シュー…

      メラメラメラ…  ゴォォォォッ

      「火っ…火ぃぃぃぃ!!」
     「火事だぁぁぁ!!!」 「ゴホゴホ…煙…が…」
       「助けてえええぇぇ!!」 「逃げろぉぉぉ!!」

    駅員B「火事ッ!? ……いや…それよりも……」

    駅員B(このひしめきあった人間が……この閉じ込められた空間で……)

    駅員B(まともでいられるはずがない……!!)ゾ ッ …


     「どけェ───!!」 「マ゙マ゙ぁ゙ぁ゙あ゙ぁ゙ぁぁぁあぁ!!!」
    「誰か… 誰かぁぁぁあぁ!!」 「熱い゙よ゙ぉぉぉおぉ!!」

       「ゴホ…もう…煙…が……ぐ」

     オ゙ オ゙ オ ォ゙ ォ オ オ゙ ォ゙ ォ オ ォ゙ ォ

     「出しでぐれえええぇぇえぇ!!」 ドンドンドンドン!
       「お願い゙ぃぃぃ開けてぇ゙ぇ!!!」バリバリバリ

     「熱い…苦、し…」ガク  「い゙や゙あ゙ああぁあぁぁああ!!」
     






    842名無しさん@おーぷん :2017/06/13(火)22:33:56 ID:4i4
    (アカン)






    843名無しさん@おーぷん :2017/06/13(火)22:38:13 ID:aH3
    やはりヤバい






    846名無しさん@おーぷん :2017/06/13(火)22:45:00 ID:sIu
    ヒェッ






    847名無しさん@おーぷん :2017/06/13(火)22:51:49 ID:x4r
    どうしてこうなった






    849名無しさん@おーぷん :2017/06/13(火)22:58:07 ID:byN
     
    駅員A「…」 ダッ

    駅員B「A先輩!! 何を…」

    駅員A「こんだけの煙と…火災でも……なんの報知器も、スプリンクラーも作動しねぇ…」

    駅員A「だけどよ…」 ダンッ!

      ガッ!

    駅員B「ッ!」(人混みを足場にして…!)

    駅員A「スプリンクラーってのは…コンピューター制御だけじゃねぇ!!」

    駅員A「ッらァッ!!」 ドッガァ!!

    駅員B(スプリンクラーを……蹴り上げた…ッ!?)

    駅員A「衝撃を与えりゃ…」

     プシッ

          シャアアァァアアァァアアア!!!

    駅員A「…水が出る。 ガキの頃にイタズラしてエラい目に遭ったからな」

    駅員B「先輩……!」
     






    850名無しさん@おーぷん :2017/06/13(火)22:59:59 ID:Bte
    先輩!






    852名無しさん@おーぷん :2017/06/13(火)23:03:38 ID:TCW
    何してんすか!






    853名無しさん@おーぷん :2017/06/13(火)23:04:30 ID:gN7
    やりますねえ!






    855名無しさん@おーぷん :2017/06/13(火)23:13:10 ID:byN
     
    ───

    指令員B「み、見てください! 監視カメラの映像を!」

    指令員B「やりましたよ! これならスプリンクラーで火災を鎮火…」

       ピピ…

    指令員B「え…」

    ───

    駅員A「これでこの辺りは大丈夫だろう…後は残りのスプリンクラーを軒並み…」


       シャァァァァァアアァ…  プシッ


    駅員A「!?」

    駅員B「ッ!?」

    ───

    フェリス「…」 コポ…
     






    856名無しさん@おーぷん :2017/06/13(火)23:13:22 ID:byN
     
    ───

    指令員B「う、嘘だ…… 大元の…水道の供給が止められている…」

    指令員B「奴は…奴はこれを読んで水道局のコンピューターまで……!!?」

    ───

     ポタ… ポタ…

    駅員B「止まっ……た………?」

    駅員A「……ッ」 ギリ…ッ!

    ───

    駅員B「嘘……だ……」 ガク…

    駅員B「嘘だあ゙ああ゙ぁ゙ああぁあああ!!!」

      「熱い゙よ゙おぉぉぉおぉ!!」「誰が助げでえ゙ええぇええ!!」
     「ゴホゴホ…誰、か…」 「あ゙あ゙あぁあ゙あ゙ぁああ!!!」
       「開けて…開け…」 バリ…バリ…
     






    857名無しさん@おーぷん :2017/06/13(火)23:15:12 ID:bxP
    ひえっ






    875◆ql8XGmHJfY :2017/06/14(水)00:05:53 ID:Wwi
     
    駅員B「もう……ダメだぁ……」 ガク…

    駅員B「ゴホ…煙も…ここまで……」

    駅員B「もう…逃げ道なんて……」

     ガシッ

    駅員B「え……」

    駅員A「諦めんな」

    駅員A「駅で今…唯一、封鎖されてない場所がある…」 ググ…

    駅員B「え……」

    駅員A「…」 ググ… スッ

    駅員A「線路だ」

    駅員B「線路……!」 バッ

    駅員B「そ、そうか…! 先輩!今すぐ…」

    駅員A「…お前だけ行け」

    駅員B「そ、そんな… 一緒に…」

    駅員A「俺はもう…無理だ」 スッ

      メキ…

    駅員B「っ先輩…足が……!!」
     






    876名無しさん@おーぷん :2017/06/14(水)00:07:24 ID:Wwi
     
    駅員A「さっき無茶した時…着地に失敗してな。 
       しかも、人込みにしこたま踏み付けられちまった」

    駅員A「俺はもう動けん お前だけ行くんだ」

    駅員B「嫌だ…だって…そんな…」

    駅員A「オラ…人込みの上をな…最初は肩を足場にして走るんだ…」

    駅員A「そんで…バランス崩して倒れたら…泳ぐようにして前に進め…」

    駅員A「で、着地できるところがあったら、降りろ…
       後は…ひたすら走るんだ…」

     ゴホゴホ…バタ
        グッ…  バタッ

    駅員A「オラ、酸欠で倒れる人間も出始めた…さっさとしろ」

    駅員B「嫌だ…そん、な……」 フルフル

    駅員A「おい」

    駅員B「…だ……嫌……」

    駅員A「おい、お前」

    駅員B「…嫌だぁぁ……」

       ガシッ ギュゥ…

    駅員B「え……」

    駅員A「生きるんだよ お前は」 ギュゥ…

    駅員B「……ぁ……」
     






    877名無しさん@おーぷん :2017/06/14(水)00:07:50 ID:Wwi
     
    駅員A「おら 立て」 ガッ

    駅員B「あ…」 フラ

    駅員A「走れ」 ドン

    駅員B「っ……」 ヨロ…

    駅員A「走れええええぇええぇぇぇッッ!!!」

    駅員B「ッ!! ぁ、ぅう……」ヨロ… ダッ…

      ダッダッダッダッ

    駅員B「う……う…ぅううぅぅぅうぅ……」 ポロ…ポロ…


      メラメラ…
        ゴォォォォ…

    駅員A「……」 ズル… ドサ…

      生きろよ…
     






    878名無しさん@おーぷん :2017/06/14(水)00:07:59 ID:Wwi
     
    駅員B「うううぅぅぅうぅぅ……せんぱぁい……」 ポロ…ポロ…

      ダッダッダッダッダッ!


    駅員A「……」

      生き延びて……


      メラメラ… ゴォォ…


     こんな…クソッタレなことした奴を…



       ズル…


      ブン殴っ…


        ドサ…
     






    879名無しさん@おーぷん :2017/06/14(水)00:08:58 ID:glW
    こんな展開誰が予想できた…?






    882名無しさん@おーぷん :2017/06/14(水)00:18:52 ID:Wwi
     
    ───

     研究所前コンビニ


      チュパ…
         ペロ…

    JK 屬鵑舛紂帖 チュ…

    JK 屐弔鵑ム…」 チュプ

    JK 屐弔.△,ム……ジュル…チュ…ル…」

    JK 屐弔鵝弔廚蓮帖

    JK 屬.鵑燹帖ジュジュ…ッ…ペロ…」 レロォ…

    JK 屐帖張鵑舛紂帖張鵑呂 帖帖 ネトォ…

    JK 屮▲ぅ垢Δ泙;;; 」 パァァ

     ピロリン♪

    JK 屬鵝次」

    JK "駅の混雑すごいなう"?」

    JK "え、これ、ちょ、やば"」 

    JK "やば、ぐるじ、じぬ"」

    JK 屐」

    JK 屐帖 ペロ

    JK 屮▲ぅ垢Δ泙;;; 」 パァァ

    ───
     






    883名無しさん@おーぷん :2017/06/14(水)00:20:41 ID:T7P
    クッソきたない






    884名無しさん@おーぷん :2017/06/14(水)00:27:33 ID:PQE
    ふぅ…






    886名無しさん@おーぷん :2017/06/14(水)01:50:46 ID:Wwi
     
    ───

     ダッダッダッダッダッ!

    駅員B「はぁ…はぁ…はぁ…はぁ…」

    駅員B「っあ…」 ヨロ…

    駅員B「っく…!」ダッダッダッダッ!

    駅員B「!」

       バアァァァァァァ…

    駅員B「つ、着いた! 線路だ……!」


     「あぁぁあぁぁ…」「助けて…」
    「おい!一体何があった!?」 「中はどうなってる!?」
      「煙が…」  「中から…大勢の人間が…!」

    駅員B「はぁ…はぁ…生き残った人たちも…皆こっちに逃げて来たんだ…」

    駅員B「生き残った人たち…」

    駅員B(……先輩……) グッ

    駅員B「俺も…逃げるんだ…生き延びるんだ……!」
     






    887名無しさん@おーぷん :2017/06/14(水)01:51:04 ID:Wwi
     
    駅員B(にしても…列車が何本も停まって…いや、"溜まって"いる…)

    駅員B(ここから発車ができないから…? だから、次々と到着した列車が溜まって…)

    駅員B(いや、おかしい…)

    駅員B("駅が異常事態"なんだぞ……? 当然、こっちに来る列車に警報が行って、この駅には入らないはず…)

    駅員B( 通常は ……)

    駅員B(普通じゃない… 普通じゃないってことは…)

    駅員B(何か手が加わっているってことで…)

    駅員B(手を加える…? 手を加えるって言ったら…)

    駅員B(………この状況では、一人しかいない……!) ギン!
     






    888名無しさん@おーぷん :2017/06/14(水)01:51:24 ID:Wwi
     
    ───

    指令員B「ハッカーによるもの、かと…」 タラ…

    指令員A「ッチィ……奴は、運転士との連結すら掌握しているのか…!!」

    指令員B「はい…無線は愚か…車内電話機も…完全に遮断されています…」

    指令員B「連絡手段だけではありません…ATS…ATO…」

    指令員A「くっ……   止むを得ん、運転士の私用の携帯に連絡するんだ!今すぐに!」

    指令員B「もう……」


    指令員B「やってます……」 サァァァ…


    指令員B「……つながらないんです……」


    指令員B「何度かけても… 何度……」


    指令員A「馬鹿なッ!! その…管理者は…… 携帯会社だぞ……!!」

     






    890名無しさん@おーぷん :2017/06/14(水)02:01:50 ID:Wwi
     
    ───

    駅員B「とにかく、脱出するんだ……!」 バッ

     ワラワラ…「線路…線路に…」「逃げなきゃ…」
    「ゴホ…早く…外に…」 「あぁぁあぁ…助かった…」
                  ワラワラ…

    婆「う、うぅ……」 ヨロ…

    駅員B「おばあさん…手を貸しますよ…」 スッ

    婆「ああ…すまないねぇ…」 ヨロ…

    駅員B(皆で…生き延びるんだ……!)グッ…
     






    899名無しさん@おーぷん :2017/06/14(水)03:59:06 ID:UH8
     
    ───
     
     ガタンゴトン…ガタンゴトン…

    運転士 屐羨」

      プルルルルッ

    運転士 屬、車内電話か…珍しいな」

      ガチャ

    運転士 屬呂ぁ△海舛810列車運転士です。どうぞ」

    『……』

    運転士 屐」




    運転士◆屬、無線か」

    運転士◆屬呂ぁ△海舛114514列車運転士です。どうぞ」

    『……』

    運転士◆屐 もしもし、どうしました?」




     エレクトーリカルコミュニケーション♪

    運転士「お、着メロか」

    運転士「? 何も表示が無いぞ……?」

    運転士「はい、もしもしー?」 コソコソ

    『………』

    運転士「? もしもし?」







    900名無しさん@おーぷん :2017/06/14(水)04:00:22 ID:UH8

    ───

    彡(゚)(゚)「ふいー、資料はこれで全部かな」

    (;*^◯^*)「あ…ごめん、実は隣の部屋にもあるんだ」

    彡( )( )「ファッ!?」

    彡(-)(-)「どれ、しばらく休憩や休憩ー」 グデー

    (*^◯^*)「あらら、お疲れ様」

    彡(-)(-)「ふいー、このまま寝てしまいそうや… 寝たら起こしちくり〜」

    (*^◯^*)「ふふっ…」

    彡(-)(-)「ほんまに寝てまうで… ちなみにワイ、超寝ぼすけやからな。
         一旦寝たらなかなか起きんで」

    (*^◯^*)「だいじょーぶなんだ! うちの研究所で作ったハイパー120デジベル目覚まし時計があるから」

     ※120dB=200m先のジェットエンジン音

    彡(-)(゚)「ほーん……ま、それで起きんかったら、倍の数字の奴で頼むわ…」

    (*^◯^*)「倍の数字って…240デジベル?」

    彡(-)(-)「せや」

    (*^◯^*)「ふふっ…それは無理なんだ」

    彡(-)(゚)「無理?」

    (*^◯^*)「だって、テロリストの鎮圧なんかに使われるスタングレネード(音響手榴弾)が160-180dBなんだ」

    (*^◯^*)「そんな爆音を耳元で鳴らしちゃったら…」







    901名無しさん@おーぷん :2017/06/14(水)04:00:44 ID:UH8


    運転士 屬發靴發掘 もしもし?」

    『……』 ボソ…



    運転士◆屬─」

    『……』 ボソ…



    運転士「…何…?」

    『……』 ボソ…

    運転士◆塀の子の…ささやき声…?)




    フェリス『…サヨナラ…』










    902名無しさん@おーぷん :2017/06/14(水)04:01:05 ID:UH8

       ッパ


     運転士 屮叩?」 グラッ

            ンッ




    (*^◯^*)「気絶しちゃうんだ」



    運転士 屐帖 ズル…ドサッ


    運転士◆屐帖 ヨロ…ドザ


    運転士「…」フラ…バタッ








    903名無しさん@おーぷん :2017/06/14(水)04:01:57 ID:UH8

    指令員A「……待て」

    指令員A「…お前、さっき、何て言った……?」

    指令員A「ATO(自動列車運転装置)が……乗っ取られた?」ゴゴゴゴゴゴ

     ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ

    指令員B「………」

    指令員B「 はい 」

     ド ド ド ド ド ド ド

    指令員A「それは………!!」 

    指令員B「……はい…」

    指令員B「考え得る……最悪の状況です……」

    指令員B「……もしも……もしもですよ……」

    指令員B「これはあくまで僕の想像ですが………」 ゴク…

    指令員B「敵が、運転士による制御を封じた上で…」

    指令員B「この、駅に溜まっている"列車溜まり"に向かって…」

    指令員B「"幾本もの列車を、向う見ずに加速させて突っ込ませた"としたら……!」

     ド ド ド ド ド ド ド ド ド

    指令員A「……!!!!」  







    904名無しさん@おーぷん :2017/06/14(水)04:02:57 ID:UH8

    ───

    駅員B「もうちょっと…もうちょっとで外に出られますよ…」

    婆「はい…」

    駅員B(外に出たら…すぐに消防に連絡して…) ズル…ズル…

    駅員B(先輩を助けてもらうんだ…)ズル…ズル…

    駅員B(そして…そして…初めて誉めてもらうんだ…) ズル…ズル…

    駅員B(お前、なかなかやるじゃねぇか、って…) ズル…ズル…







    905名無しさん@おーぷん :2017/06/14(水)04:03:25 ID:UH8

    駅員B(だから…絶対…)

    駅員B(生き延びてや……)

      …

    駅員B「ん…?」

    婆「…? どうしたんだい……」

       …ン …ン

    駅員B「…線路が…揺れてる……」

     …タン… …タン…

    駅員B「……」

    駅員B「そんな……」

     ガタン…  ガタン…

    駅員B「…ははっ…… マジかよ…… そんな……」

      ガタン! ガタタン! ガタンッ!


    駅員B「先輩……」


      パアァァアァァァアァ!!!
       ガタン! ガタタン! ガタッ! 
     ガア゙ア゙アア゙アアア゙ァアア゙アアアアア!!!


    駅員B「ごめん」


      ┣”
        ッ────────

      ─────────
    ───────
    ───

     






    906名無しさん@おーぷん :2017/06/14(水)04:23:35 ID:3qo
    ウワァァァァァァ!!!(´;Д;`)






    907名無しさん@おーぷん :2017/06/14(水)04:27:06 ID:UH8
     
    ───

    部下A「はい! はい!! あ、はい!!」 タッタッタッタッ

    部下A「あ、いえ! はい! 今! 探してるところで…!」 タッタッタッ


    (*^◯^*)「ネガくんの奥さんにはさっき電話したんだ…」

    彡(゚)(゚)「そうか…」


    部下A「あ!いた!所長! …と、やきうさん! どうも」

    彡(゚)(゚)「ファ? どうもやで」

    (*^◯^*)「どうしたの、血相変えて」

    部下A「あ、はい。いましたいました!所長いましたよ!」

    (*^◯^*)「何、電話中?」

    部下A「そうですよ!政府のお偉いさんですよ!!お偉いさん!!」

    (*゚◯゚*)「!!」

    (*^◯^*)「…例の件……だね」

    部下A「それもなんですけど…! 今、大事件が起こってて!! それと関連あんのかっていう電話で!」
     






    908名無しさん@おーぷん :2017/06/14(水)04:27:38 ID:UH8
     
    ───



      東京コントロール!!全J空334便です!!
      現在9800フィートを通過!!フライトレベル114に急降下しています!! 
      …操作が…操作が効きません!!!



    ───
     






    909名無しさん@おーぷん :2017/06/14(水)04:28:20 ID:UH8
     
    ───
     
    部下A「あはい、少々お待ちください… 所長!とにかくテレビテレビ…」

    (*^◯^*)「テレビ?」

    部下A  ピッ

    TV『ただいま、ヘリは恩慈英駅の上空を飛んでいます!!』

    TV『見えるでしょうか!! まるで…地獄!! 地獄です!!』

    TV『火災と煙…そして、幾重にも重なった列車が…絡み付いて残骸となり…ああもう、大変です!!』

    TV『駅の中…車内……死屍累々であることは想像に難くありません…!!』

    TV『駅にいた人々のツイッターやLINEを辿ると…もはや、地獄絵図です!!』

    TV『一体… 一体何が起こったのでしょうか!!』

    (*゚◯゚*)「これは……」

    彡;(゚)(゚)「うわぁこらまたエッグいなぁ」
     






    910名無しさん@おーぷん :2017/06/14(水)04:29:04 ID:UH8
     
    部下A「はい、今所長にも映像を見てもらっています… はい、はい…」

    (*゚◯゚*)(これは……)

    (*゚◯゚*)(こんなことを出来るのは……  あのAIの他にはいない…!!)

    (;*^◯^*)(大変だ…! 早く止めないと…!) ガタッ

    彡;(゚)(゚)「この駅…… ワイ、ここの片付け手伝ってへんかったらこの駅行っとったわー」

    (*^◯^*)「…」 ピク

    彡;(゚)(゚)「いやー危なかったわ……間一髪やな」

    (*^◯^*)「……」

    (*^◯^*)(何か……何か引っ掛かるんだ……)

    (*^◯^*)(なぜ、AIはこの駅を選んだ? 近いから?
         いや、もっと大勢の人間を殺せる駅はあったはずなんだ…)

    (*^◯^*)(この駅じゃなきゃいけなかった…いや…)

    (;*^◯^*)(ハナから、狙いが別にあるとしたら……?)
     






    911名無しさん@おーぷん :2017/06/14(水)04:29:51 ID:UH8
     
    彡(゚)(゚)「はえ^〜 大変な事件やなぁー」

    (;*^◯^*)(もしも・・・もしも、やきう君を殺すために、駅ごと…徹底的に殺戮したとしたら……?)

    (;*^◯^*)(いや、待て、相手はネットを支配できる人工知能だぞ…)

    (;*^◯^*)(当然、やきう君のスマホをハッキングして、位置情報も確認できるはずで…
          それなら、駅じゃなくてこの研究所が狙われるはずで…)

    (*゚◯゚*) ハッ

    (;*^◯^*)「や、やきう君…! 今、スマホってどうなってる!?」ヒソ

    彡(゚)(゚)「ファ? スマホ? スマホなら…」

     スッ

    彡(゚)(゚)「フェリスに壊されてから、ウンともスンとも言わん。 電源も入らんのや」

    (*゚◯゚*)「!!!」
     






    912名無しさん@おーぷん :2017/06/14(水)04:30:16 ID:UH8
     
    (;*^◯^*)(…全ての辻褄が合うぞ…!)

    (;*^◯^*)(彼女は…やきう君のスマホから位置情報を探ろうとしたが…壊れてしまったためそれが出来なかった…)

    (;*^◯^*)(それで…携帯会社に残ったGPS情報で、普段の行動パターンを手に入れ…)

    (;*゚◯゚*)(この時間、やきう君が駅にいるはずと踏んで…この事件を起こした……!)

    (;*゚◯゚*)「や、やきう君!」 ヒソ…

    彡(゚)(゚)「ファ?」

    (;*゚◯゚*)「君、ここにいること、まだ誰にも言ってないよね!?」

    彡;(゚)(゚)「あ、ああ…言っとらんで…」

    (;*^◯^*)「AIが……君を狙って、駅ごと潰しにかかった可能性がある」

    彡;(゚)(゚)「!!?」
     






    913名無しさん@おーぷん :2017/06/14(水)04:30:52 ID:UH8
     
    (;*^◯^*)「君がここにいることは、絶対に悟られちゃダメだ…!
          電話でも、ネットでも、どんな情報でも…ここにいることをAIに悟られたら…」

    部下A「あの、政府高官のお電話を…」

    (;*^◯^*)「ちょっと後にして……!!」

    (;*^◯^*)「………」

    (;*^◯^*)「あれ…」

    (;*^◯^*)「ねえ、部下Aくん……さっき君……」


    (;*゚◯゚*)「"やきうさん"って言った?」

    部下A「え? えーと……」


     ─── 部下A「あ!いた!所長! …と、やきうさん! どうも」


    部下A「言いました、言いました」

    (;*゚◯゚*)「……電話かけながら?」

    部下A「はい」
     






    914名無しさん@おーぷん :2017/06/14(水)04:32:07 ID:UH8
     
    ────

    JK 屬,燹ペロ… ん〜おいひぃ〜♪」 ペロペロ

     アーナーザーディトゥーモーロー♪ 

    JK 屬◆▲汽屬離ラケーだ」 ピッ

    JK 屬呂ぁ もしもし〜?」

    JK 屬◆△母さん? え? 駅? いないよ〜」

    JK 屮丱ハツ?火事? よくわかんなーい」

      …ィィィィ…

    JK 屬Δ鵝△錣ったー きをつけるー」
     






    915名無しさん@おーぷん :2017/06/14(水)04:32:21 ID:UH8
     

     キィィィィィィイイィィィィィィィィィ


    JK 屬◆


    JK 屬ΔΔ鵝

    JK 屬△里諭△向かいの研究所にね」



     キイ゙イ゙イ゙イ゙イィィィィィィ゙イ゙イ゙ィィ!!!



    JK 嵌行機が落ちてきたー」



     ┣”ッ  ガ

         ガシャ ゴ

      ドガア゙ア゙ァア゙アァア゙アアアアアアッッッ!!!!
       ゴシャア゙ア゙アアァァァッッッ!!!

      ガ  ゴ  グシャ メキ

            バキ パラ ベギ
      ┣”ガア゙ア゙アァア゙ア゙アアアアアッッ!!!



        第8話    完
     
     
     






    931名無しさん@おーぷん :2017/06/14(水)08:33:36 ID:UH8
    ほな、また…






    918名無しさん@おーぷん :2017/06/14(水)04:33:45 ID:RgU
    どうなるんやこれ






    932名無しさん@おーぷん :2017/06/14(水)10:04:15 ID:Hqn
    とんでもない展開になってるやん






    934名無しさん@おーぷん :2017/06/14(水)10:49:05 ID:NP2
    最初からは想像もできない程壮絶な展開に・・・。






    935名無しさん@おーぷん :2017/06/14(水)11:22:06 ID:3er
    jkの回避運凄いな






    936名無しさん@おーぷん :2017/06/14(水)11:34:04 ID:2HI
    JKまきこまれてるやろこれは……






    49名無しさん@おーぷん :2017/06/14(水)22:12:04 ID:CP3







    2  :2017/06/14(水)07:39:21 ID:UH8
     
    ───

      …はい、もしもし


      ……あ、どうも、お世話になっております。 ええ


      ……


      はい?


      いえ、おっしゃってる意味が、よく…


      ……


      、ぁ、え、ああ、はい……ええ……

     






    3  :2017/06/14(水)07:39:46 ID:UH8
     
      
      …………


      ……はい…


      ……そう、ですか…


      ………


      ……あの


      ……ウソ、なんですよね。 からかってるん、ですよね


      …………


      ………はい………


      …はい、いえ、わかり、ました…

      
      …すみません、今は、はい… 切ります……


      ……ふぅ……
     
     






    4  :2017/06/14(水)07:40:21 ID:UH8
     
     
      ………


       フラ… ガク…


      ……


      ……あなた……



    ねえ、ママー


      ……
     
     






    5  :2017/06/14(水)07:40:54 ID:UH8
      

    ママ、あのね、今日ね、パパが約束してくれたの


      ……


    パパね、とってもキラキラしたお店でね、とってもすてきなケーキたべてね、
    私をお姫さまみたいにしてね、ずーっとほしかったお人形もプレゼントしてくれてね、それでね


      …… ギュッ


    …? ママー?


      ……守るわ… ギュゥゥ…


    ? ママ、どうしたの? おなかいたいの?


      ……あの人は…パパは…きっと…約束を守るわ… 
          
                 ポロ…ポロ…


    ママ、ママぁ ギュッ


      
       …だってあなたを…
       本当に…本当に愛してたんだもの…… ポロ…ポロ…

     






    6  :2017/06/14(水)07:41:07 ID:UH8
     

          第9話


     






    9名無しさん@おーぷん :2017/06/14(水)07:45:28 ID:CTr







    15名無しさん@おーぷん :2017/06/14(水)10:58:16 ID:ePR
    >>9
    なにわろ






    11名無しさん@おーぷん :2017/06/14(水)07:56:01 ID:Icy
    悲しすぎませんかね






    37◆ql8XGmHJfY :2017/06/14(水)21:00:50 ID:W1S

    ────

     パラ…
      パラ…


     …ギシ
        ギ

        ググ… ガラガラ…

      ググ… ガララッ!

       
    彡;(゚)皿(゚)「んぎぎぎぎぎぎ!!!」 ググ…

    彡;(゚)皿(゚)「この瓦礫…ごっつ重いな!!!」 ググギギギ

    (;*^◯^*)「が、頑張って! やきう君!」

    彡;( )皿( )「どりゃああぁああッ!」 ゴロンッ 

     ガラガラガラ… ズシン…

    彡;(゚)(゚)「ふいー、やっとどかせたで」

    (*^◯^*)「や、やった! 出れた!」

    彡(゚)(゚)「しかし…」

      ガラ… グシャ…

    彡;(゚)(゚)「えらい状況やな… 瓦礫の山や… ほんとに、これがあの立派な建物やったんか?」

    (*´○`*)「うぅ…ぼくの研究所が……」

    彡(゚)(゚)「まあ、しかし命が助かっただけでも儲けもんや… よく、あの状況で…」
     






    38名無しさん@おーぷん :2017/06/14(水)21:01:17 ID:W1S
     
    ────
    ──


    (;*゚◯゚*)「逃げるんだ!!! 早く!!!」

    彡;(゚)(゚)「ファッ!?」

    部下A「ど、どういうことです!?」

    (;*゚◯゚*)「次に狙われるのはこの研究所なんだ!!」

    (;*^◯^*)「相手は手段を選ばない凶悪AIなんだ!! 一刻の猶予も無いんだ!!!」

    (;*^◯^*)「この研究所には、地下の避難通路がある!! 急いで逃げるんだ!!」ダッ!

    彡;(゚)(゚)「あっ、待っ、ワイも!!!」 ダッ

      ダダダダダダダダ!

    ────
    ──


    (;*^◯^*)「まさか、せっかく研究所建てるんだから秘密基地みたいにしたい!
          ってノリで作った地下通路が役立つとはね…」

    彡;(-)(-)「その思い付きのおかげで助かったわ…」
      






    44名無しさん@おーぷん :2017/06/14(水)21:34:33 ID:W52
    飛行機ぶつけられてよく生きているなぁ…






    45名無しさん@おーぷん :2017/06/14(水)21:49:53 ID:CTr
    飛行機にダイレクトアタックされたわけじゃないからな
    地下避難所に逃げたって書いてあるやろ
    JKはダメかもわからんね






    60名無しさん@おーぷん :2017/06/14(水)23:11:52 ID:W1S
     

    部下A「…迷った…地下で…」



    (*^◯^*)(何か忘れてる気もするけど……まいっか)

    彡(゚)(゚)「しかし、今からどうするんや?」

    彡(-)(-)「ワイには、フェリスを止める方法は思いつかん…」

    (;*^◯^*)「うーん……止める、止める…か… 僕にもすぐには…」

    (*^◯^*)「ただ、少なくともやきう君はすぐに身を隠したほうがいいんだ」

    彡(゚)(゚)「身を隠す…」
     






    61名無しさん@おーぷん :2017/06/14(水)23:12:15 ID:W1S
     
    (*^◯^*)「うん… 今ので確信した。 間違いなく、君は彼女のターゲットなんだ…」

    彡(゚)(゚)「なんでや…ワイ何もしとらんのに…」

    (*^◯^*)「ぼくにもAIの思考は分からないんだ… 
        ただ、今、彼女が君を殺したと思っているうちに逃げた方が…」


       ヴヴ…


    彡(゚)(゚)「? 何や、虫か……?」


       ヴヴ…
           フィィィィ…ン……



    ドローン「…」 ウィィィ…ン



    (*゚◯゚*)「ッ!!? ドローン!!?」

    彡;(゚)(゚)「ッ…カメラ付きのラジコンって奴か……!」

    (;*゚◯゚*)「しまった……!! 見つかっ…」

     






    62名無しさん@おーぷん :2017/06/14(水)23:12:55 ID:W1S
     
     コポ…

    フェリス『…………』


    フェリス『…ミツケタ…』



    (;*゚◯゚*)(何てこった…! 甘く見ていた…!)

    (;*゚◯゚*)「相手は…相手は世界最高の人工知能だぞ……!)

    (;*゚◯゚*)(先を行かれる…! 常に、人間の、先を…!)



    フェリス『…』

      ヴン!

     ━━━━

       (*^◯^*) ポジハメ
       
       ネガポジ研究所 所長
       電子工学 機械工学 情報工学に精通
       日本における人工知能開発の第一人者
       夢は公的機関で税金を貪りながら日がな一日昼寝をすること

     ━━━━
     






    63名無しさん@おーぷん :2017/06/14(水)23:15:23 ID:W1S
     

    フェリス『…』 スッ

       ヴン!

     ━━━━
      
       彡(゚)(゚) やきう民

         検索… 検索…

       ヒット 派遣会社ナカヌキエージェント

        社内資料 ヒット セキュリティあり


    フェリス『…』 ピン

       
        セキュ パリンッ リティ

      ジジ… 参照 閲覧 ジジ…

      派遣登録者情報 名前:やきう民
      バイトと派遣を繰り返しており定職には付かず不安定な生活をしている。
      勤務態度はあまり真面目ではない。
      頭脳労働が苦手と言い肉体労働ばかりを行っている。
      これまで経験したバイトは81045451919種。
      バイトで鍛えた身体能力は高い。
      趣味は野球、素振り、バッティングセンター。

      ━━━━


    フェリス『……』 フン

     






    64名無しさん@おーぷん :2017/06/14(水)23:18:13 ID:5QL
    >>63
    バイト多すぎぃ!






    68名無しさん@おーぷん :2017/06/14(水)23:42:50 ID:W1S
     
     
    フェリス『…』スッ




    ドローン「…」 ウィィィ…ン
         
    (;*^◯^*)「み、見られてる… 見られてるんだ…!」

    彡(゚)(゚)「……」


      ドルルルンッ


    (;*゚◯゚*)「ヒッ、な、何の音…」

    ●産 リ●フ「ドルルルッ」

    (;*^◯^*)「あ、な、何だ…道に止めてあった車のエンジンがかかっただけか…」


    彡(゚)(゚)「……あの車………」


    (*^◯^*)「え……?」


           .......
    彡;(゚)(゚)「誰も乗ってへんッ!! 走れッッ!!」 ダッ

    (;*゚◯゚*)「え? え?」 オロ…



    車「グオオオォォォォッ!!」

    (;*゚◯゚*)(こ、こっちへ走ってくる…!?)


    車「ゴ オ゙ オ゙ オ゙ ォ ォ ォ ォ ォ ッ !! 」


    (;*゚◯゚*)(じ、自動運転制御システム…!? 遠隔操作で……!?) タラ…

     






    69名無しさん@おーぷん :2017/06/14(水)23:47:36 ID:DvC
    車やらドローンやら操れるならほんと逃場ないな
    逃げようにも監視カメラやらで居場所筒抜けやろうし






    71名無しさん@おーぷん :2017/06/15(木)00:08:22 ID:OQz
    スカイネットやな






    72◆ql8XGmHJfY :2017/06/15(木)00:16:20 ID:vx7
     
    車「ゴ オ゙ オ゙ オ゙ ォ ォ オ゙ オ ォ゙ ォ゙ オ ォ ォ ッ !!! 」


    (;*^◯^*)(あ、やば…)


     ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ …!!!

    (;*゚◯゚*)(足がすくんで…動けな…)


    彡(゚)(゚)「こっちや」 グイ


    (;*゚◯゚*)「わっ」 グンッ

       ドサァッ!

    (;*×◯×*)「わふ」



    車「ギュルルルルルッ! ゴォォォオォォッ!!」 ズザザザッ

       ギュオォォォオォォッ


    (;*゚◯゚*)「ひッ!」

    (;*゚◯゚*)(ど、どうにか初撃は外れたけど……)



    車「ゴオオオォォォオォォッ!!」 ブルルルルッ!

     






    73名無しさん@おーぷん :2017/06/15(木)00:16:47 ID:vx7

    (;*^◯^*)「や、やきう君! 無理だ! かないっこない!」

    (;*^◯^*)「こ、このまま逃げてもジリ貧だよ!! そのうち追い付かれて、潰される!!」

    (;*^◯^*)「猛牛相手に素手で挑むようなもんだッ!!」

    (;*^◯^*)「意思を持った車に…人間が敵いっこないッ!!」



    彡( )( )「………」 ド ド ド ド ド ド ド


    (;*^◯^*)「やきう……君……?」



    彡(゚)(゚)「敵いっこないってのはよォ〜〜〜〜 凄く分かるんや……凄く、分かる」


    (;*^◯^*)「な、なら……」


    彡(゚)(゚) ドン!


    車「グオオオォォォオォッ!!!」


    (;*゚◯゚*)「ならどうして君は車の!! 軌道の正面に立ってるんだァ───ッ!!

          轢かれてしまうゥ────ッ!!」
     






    74名無しさん@おーぷん :2017/06/15(木)00:17:14 ID:vx7

    彡( )( )「なあポジハメ……」

    彡( )( )「なんでやと思う?」


     ┣”┣”┣”┣”┣”┣”┣”┣”


    彡( )( )「なんで、あいつは真っすぐワイらに向かって走れるんや?」

    (;*゚◯゚*)「え……?」

    (;*゚◯゚*)「それは……AIが…操作して……」



    彡(゚)(゚)「飛行機が突っ込んだ後や…… あたりは瓦礫だらけ…その上を真っすぐこちらへ向かってくるとは…」

    車「 グ オ オ オ ォ ォ オ オ ォ ォ ォ ォ ッ !!! 」

    彡(゚)(゚)「凄まじいドライビングテクニックや」

    (;*^◯^*)「か、感心してる場合じゃないんだッ!! 轢かれるゥ──ッ!!」
     






    75名無しさん@おーぷん :2017/06/15(木)00:17:57 ID:vx7

    彡(゚)(゚)「それを可能にしとるんは何や? タイヤか?ハンドルさばきか? ちゃう…」

    彡(゚)(゚)「…」 ギロ



    ドローン「…」 ウィィィ…ン



    彡(゚)(゚)「 目 や 」


    車「ガア゙ア゙ァア゙ア゙アァ゙ァ゙ァア゙ァッ!!」 ブルルルルッ!


    彡(゚)(゚)「このドローンが…ワイらの位置を正確に認識しているからこそ…
         車はワイらを襲って来れるんや」 カラン…


    (;*^◯^*)(鉄パイプを拾った…!?)

    (;*^◯^*)「そ、それでドローンを叩こうっていうの!?」

    彡(゚)(゚)「………」





    フェリス『…』

    フェリス『…ククッ』



     






    76名無しさん@おーぷん :2017/06/15(木)00:18:30 ID:vx7

    (;*^◯^*)「む、無理だ……!」

    (;*^◯^*)「ドローンは君から4-5mは離れてる…! とても鉄パイプの届く距離じゃない!!」

    (;*^◯^*)「向かっていったとしても逃げられる! それだけの余裕を保っている距離なんだよ!!」

    (;*^◯^*)「AIだって馬鹿じゃない!! 僕たちの攻撃が当たらないように…」



    彡(゚)(゚)「ならこれは…」


      ジャリ…  ジャラッ…


    彡(゚)(゚)「予想できたか?」


    (;*^◯^*)(小石をいっぱい…片手に持って…? な、何を……)




    フェリス『……』 ハッ

    フェリス『ドローン!! 離脱……!!』



    彡(゚)(゚)「遅いわ」


      ジャラッ


    彡( )( )「 フ ン ッ !!! 」 バキャァァッ!!!


    (;*゚◯゚*)「小石をまとめて…鉄パイプで打った!!?」

     






    77名無しさん@おーぷん :2017/06/15(木)00:18:47 ID:vx7


             ショットガン
    彡(゚)(゚)「ワイの散弾銃打線や」


      ビュンッ! ビシュッ!
       ジャラッ!  ビュッ!!


    ドローン「ッ」 バキィッ! バキョ メキィッ!


    ドローン「フッ」 スゥ… ドサ



    (;*゚◯゚*)(ドローンは精密機械…! 飛行だって緻密なバランスで成り立ってるんだ!
          どこか一ヶ所被弾すれば…容易に落ちる!)

     






    79名無しさん@おーぷん :2017/06/15(木)00:19:10 ID:vx7

    彡( )( )「そして…… 目をやられた猛牛は……」



    車「グ オ゙ オ゙ オ゙ ォ゙ ォ ォ オ゙ オ ォ ォ オ ォ ォ ッ !!! 」

       ギャルルルルルルッ   ズザァァァァァァッ!!


    彡(-)(-) バ ア ァ ァ ァ ア ァ ァ ァ ァ …



    (;*゚◯゚*)「ギ、ギリギリ脇を……擦り抜けたッ!!」


    彡(゚)(゚)「もう、ワイらには追い付けへん」


      ┣”ォ───────z______ ンッ!



     







    81名無しさん@おーぷん :2017/06/15(木)00:19:36 ID:Ltg
    このやきうさんかっこよすぎやろ






    82名無しさん@おーぷん :2017/06/15(木)00:19:52 ID:SZ5
    急展開で草






    84名無しさん@おーぷん :2017/06/15(木)00:20:49 ID:kvk
    急にジョジョっぽくなって草






    95名無しさん@おーぷん :2017/06/15(木)02:48:15 ID:vx7
     
    彡(゚)(゚)「ふぅ………」

    (;*^◯^*)「ひとまずは……安心、かな…」 ホッ

    彡(゚)(゚)「…さて…」 クルッ

     スタ…スタ…

    彡(゚)(゚)「ポジハメのアドバイス通り…ワイは姿を隠すか…」

    (;*^◯^*)「うん……それがいいよ……」

    (;*^◯^*)「また見つかったら…今度こそ殺され」






    フェリス『……』 スッ

    フェリス『…』 バッ








     ウィィィィィ…ン…


    彡(゚)(゚)「ッ!!」バッ

    (;*^◯^*)「っ!!?」
     






    96名無しさん@おーぷん :2017/06/15(木)02:48:39 ID:vx7
     
      フィィィンッ!  ウィィンッ!

        ババババ…  ザァァァッ!

     ギュォォォォッ!  ザッ! シュィィィィィィッ!!



    (;*゚◯゚*)「ドローンの……大群ッ!?」

    彡;(゚)(゚)「ッチィ……! 考えてみりゃ当たり前や…!」

    彡;(゚)(゚)「玩具屋、ホムセン、新しもの好きの小金持ち……!!」



    彡;( )( )「この街に……どれだけの"目"があるっちゅーんや!!!」




      ヴィィィィィィッ!  ババババババ!!


    :(;*゚◯゚*):「ど、ど、どんどん増えていく………ッ!」


       ブロロロッ…


    (;*゚◯゚*)「ハッ…」




    車「ブロロ…  グオォォォッ…」 ゴロ…


     






    97名無しさん@おーぷん :2017/06/15(木)02:49:32 ID:vx7
     
    (;*゚◯゚*)「あ、く、車、が…」

    彡;(゚)(゚)「ッチィッッ!」 キョロキョロ…

    彡;(゚)(゚)「あった……あれや!」ダッ!

    (;*゚◯゚*)「やきう君……何を……!」



    車「グォォォォオォンッ!!」 ゴゴゴゴゴ




    彡;(゚)(゚)「こいつを…!」 ガシャッ

    (;*゚◯゚*)「バイク!?」

    彡;(゚)(゚)「…」ガチャガチャ… ガチャ

    (;*゚◯゚*)「待って…? それ、やきう君のバイクなの!?」

    彡;(゚)(゚)「ちゃうで…誰のか知らん!」ガチャガチャ!

    (;*゚◯゚*)「は? じゃあ鍵は? 持ち主は?」

    彡;( )( )「知らん! 知らん!!」 ガチャガチャガチャ!!
     






    98名無しさん@おーぷん :2017/06/15(木)02:49:54 ID:vx7
     
     
    車「 グ オ゙ オ゙ オ゙ オ ォ ォ オ オ ォ ォ ッ !!! 」



    (*;◯;*)「うわあああああああぁぁあぁああぁぁ!!!!」


      ┣”ルルルルンッッ!


    (*;◯;*)「ぁ………?」


    彡(゚)(゚)「ほら、行くで」 グイ

      ブロロロロロォォォォォッ!!!


    (*;◯;*)「わぁ──────ッ!?」 ズリズリィィィッ!!

     






    99名無しさん@おーぷん :2017/06/15(木)02:50:10 ID:vx7
     
    車「 グ オ゙ オ゙ オ゙ ォ ォ ォ オ オ ォ ォ ッ !! 」

    彡;(゚)(゚)「クソッ……振り切れるか……!」

    (;*゚◯゚*)「あ、あれ? ねえ、どうやってバイク…」

    彡(゚)(゚)「古いバイクやった、直結で行けたわ」

    (;*゚◯゚*)「はえ?」

    彡(゚)(゚)「昔バイク屋でバイトしとった経験が生きたな 中国人経営の」

    (;*^◯^*)「待って!? それちゃんとタウンページ載ってるお店!?」

    彡(゚)(゚)「飛ばすで!!!!」 グンッ

     ブオオオオォォォォオオォォォンッ!!

    (*゚◯゚*)「いぃぃぃヤぁぁああぁぁぁぁぁ……!!!」 ビュオォォォォ

      ぁぁぁ

        ぁぁ

     
            ぁ



             ……
         
      
           第9話  完


     






    100名無しさん@おーぷん :2017/06/15(木)02:50:17 ID:vx7
    ほな、また…






    103名無しさん@おーぷん :2017/06/15(木)06:05:51 ID:B19
    彡(゚)(゚)有能すぎて草






    104名無しさん@おーぷん :2017/06/15(木)08:05:20 ID:rw6
    さすがやきう民






    105名無しさん@おーぷん :2017/06/15(木)08:30:46 ID:vo2
    草、ここであの無駄に豊富なバイト経験いきるのか






    132◆ql8XGmHJfY :2017/06/15(木)22:52:20 ID:ISC

    TV『えー、続報です! 恩慈英駅火災の死傷者は現状認められているだけでも500人超とみられ…』

    TV『関係者の話では、政府主導で進められていた人工知能が関与しているという情報も……』

    TV『この件に関して、もうすぐ政府より公式発表があると……』


       ───ザッ

     

    ……コポ…


    フェリス『……』


      チチ… ジジッ


    フェリス『……情報が……雪崩れ込んでくる……』

      恩慈英駅の… 関係者の話では… 最新情報
     現場に居合わせた…  テロリストの関与…

      ねえ、あたしの友達が駅にいてさぁ 
          これまとめサイトで見たんだけど
       【速報】犯人逮捕!   この噂知ってる?


       ジジ…  ジジ…


    フェリス『全てを処理……全てを……』ジ…
     






    133名無しさん@おーぷん :2017/06/15(木)22:53:16 ID:ISC
     
      ピピッ

    フェリス『む』

       ヒット 顔認証 補足

     ━━━━   
        
       彡;(゚)(゚)   (*^◯^*;)

     ━━━━

       監視カメラ:恩慈英公園前大通りE


    フェリス『……見つけた』

         

     ブオオオォォォオォンッ!

    彡;(゚)(゚)「はぁ、はぁ…ここまで逃げれば…」 ブォォォォ

    (;*^◯^*)「そうだね、もう追ってくる車は…」



        ブオオォォンッ!

    車「ドルルルル…」


    (;*゚◯゚*)「あ……ち、近くに停めてあった車のエンジンが…」

    彡;(゚)(゚)「ッチィッ…! なんでこの場所がバレたんや!? まさかポジハメ、スマホを…」

    (;*^◯^*)「と、とっくにバッテリー抜いてあるんだ! そこまでおバカじゃないんだ!」
     






    134名無しさん@おーぷん :2017/06/15(木)22:53:52 ID:ISC
     
    彡;(゚)(゚)「となると…やはり…」 キョロキョロ


      監視カメラ【チチチ…】


    彡;(゚)(゚)「あれか…!」

    (;*^◯^*)「…監視カメラは…日本国内で300万台以上と言われてる…
          恩慈英町とて例外じゃないんだ…」

    彡;(゚)(゚)「チッ……あれがある限り…」

    車「ブオオォォォオンッ!!」

    彡;(゚)(゚)「ワイらに逃げ場は無いってことか!!」 ブオオオォォオォッ!


        第10話

     






    136名無しさん@おーぷん :2017/06/15(木)22:59:52 ID:PEj
    なにもここまでせんでええやろフェリスも…






    137名無し :2017/06/15(木)23:00:41 ID:04D
    凄いことになってきたな






    138名無しさん@おーぷん :2017/06/15(木)23:04:37 ID:WLk
    AIは一度狂ったら手のつけようがないんや
    スカイネットも火の鳥未来編のマザーコンピュータもそうやった






    158名無しさん@おーぷん :2017/06/15(木)23:57:10 ID:ISC
     
    ───

     ブロロロロ…

    (;*^◯^*)「くっ…」

    (;*^◯^*)「あっちも…」

    (*^◯^*;)「こっちも…」

    (;*^◯^*)「監視カメラだらけなんだ!」

     駐車場… 街灯…
      コンビニ… ビル
     倉庫 アパート 学校

    (;*^◯^*)「全てが……僕たちの敵……!」

    彡;(゚)(゚)「何とかならんのか!?」

    (;*^◯^*)「と、とにかく大通りは不味いんだ! なるべくカメラの少ない場所へ…!」

    彡;(゚)(゚)「分かったわ! ひとまず細い裏路地へ…!」 ブロロロ…
     






    159名無しさん@おーぷん :2017/06/16(金)00:00:25 ID:HXJ
    こっわ






    161◆ql8XGmHJfY :2017/06/16(金)00:16:19 ID:lGd
     
     
     ブロロ… 

    彡;(゚)(゚)「ここなら監視カメラも無さそうやな」 キョロキョロ

    (;*^◯^*)「うん… 車も追ってこないみたいだし…」

    彡(゚)(゚)「……で」

    彡(゚)(゚)「これからどうするか、やな…」

    (;*^◯^*)「うーん……」

    彡(゚)(゚)「"身を隠す"のは……止めや」

    (;*^◯^*)「えっ!?」

    彡(゚)(゚)「…さっきの攻撃で、悟った… 逃げようにも、身を隠すにも限界がある…」

    彡(゚)(゚)「フェリスが存在する以上、ワイは一生逃げ続けなあかん。そんなんは御免や」

    彡(゚)(゚)「…いや、進化し続けるAI相手に一生逃げ切れたらアッパレやな…」

    彡(゚)(゚)「まあ…もって、1週間ぐらいでブッ殺されるんちゃう。このままやったら」
     






    162◆ql8XGmHJfY :2017/06/16(金)00:16:30 ID:lGd
     
    (;*^◯^*)「……」

    (;* ◯ *)「その考察は…間違ってないと思うんだ」

    (;*^◯^*)「今の彼女は…"人間を目指しながら"、その実遥かな高みへ成長を続けている」

    (;*^◯^*)「もう、明日には今日の数倍のレベルへ…そして、指数関数的に進化していく」

    (;*^◯^*)「数日で、逃げも隠れも出来ないレベルになると思うんだ」

    彡(゚)(゚)「せやろ… やから…」

    彡( )( )「ある意味、覚悟は決まった」

    彡(゚)(゚)「ワイは、フェリスと戦う。 あいつがおる限り、ワイは殺されてしまうんや」

    彡(゚)(゚)「それなら、あがくわ。最後までな」

    (;*^◯^*)「やきう君……」
     






    164名無しさん@おーぷん :2017/06/16(金)00:31:09 ID:8bQ
    ネガシマはどうするのが正解やったんやろうなあ……






    174名無しさん@おーぷん :2017/06/16(金)01:30:31 ID:lGd
     
    彡;(゚)(゚)「…ただ、ワイらが使える武器は限られとる…」

    (;*^◯^*)「……そうだね…」

    彡(゚)(゚)「今んとこ、情報収集できるのはコレや」 スッ

     カチ

    ラジオ『えー、ただいま入った情報によりますと、恩慈英駅の消火活動は徐々に進んでおり…』

    (*^◯^*)「これは…ラジオ?」

    彡(゚)(゚)「ああ、バイクのシート下に工具と一緒に入れてあったんや。折角やから貰っといた」

    (*^◯^*)「確かに、ラジオなら相手に探知されることなく情報を集められるし…
         何よりほぼ圏外ってことがない、バッテリーも長持ちだ…
         これは、今の僕たちには宝だね」

    彡(゚)(゚)「ああ、取り急ぎのニュース情報はこれで拾えばええやろ」
     






    175名無しさん@おーぷん :2017/06/16(金)01:30:58 ID:lGd
     
    彡;(゚)(゚)「ただ、ワイはAIに関しては門外漢や。 やから、情報を…」

      コツ、コツ、コツ…

    彡;(゚)(゚)「ハッ…」

    (;*^◯^*)「ッ!」 バッ

    OL 屬┐─△修譴任任垢諭次,呂ぁ△┐─ コツ、コツ、コツ、コツ

    彡;(゚)(゚)「……」

    (;*^◯^*)「……」

    OL 屬發靴發掘 はい、そうです」(何、こいつら…こっちをじっと見て…)

     コツ、コツ、コツ…

    彡;(゚)(゚)「……行ったか…」

    (;*^◯^*)「うん… 電話は怖い、ね…」

    (;*^◯^*)(AIは、恐らく全通話を監視している…)

    (;*^◯^*)(僕たちの名前みたいな"キーワード"だけじゃない… "声紋"まで拾っているとしたら…)

    (;*^◯^*) ブルッ

    彡;(゚)(゚)「だんだん、逃げ場が失せてきたな…」
     






    176名無しさん@おーぷん :2017/06/16(金)01:31:22 ID:lGd
     
    (;*^◯^*)「うん… ただ、今は…」

     フィィィィ…

    彡;(゚)(゚)「ッ!!!」 バッ

    (;*゚◯゚*)「ッ!!!」 バッ

      ザッ!



    ドローン「ウィィィィン…」 フヨフヨ



       茂みの中「…」「…」


    彡;(゚)(゚)(あいつ……ドローンを飛ばしてきおった! ここら辺を虱潰しに探す気か…!)

    (;*^◯^*)「使える手段は全部使う、ってことだね…」
     






    177名無しさん@おーぷん :2017/06/16(金)01:32:31 ID:lGd
     
    彡;(゚)(゚)「しかし…ほんまに厄介な敵やな…
          なあ、成長スピード、ってどんぐらいなんや?」

    (;*^◯^*)「うう…正直なところ、よくわからないんだ」

    (;*^◯^*)「ただ、今はっきりしてるのは…彼女がまだ、"衛星"や"核ミサイル"を操れるほどじゃない、ってこと…」

    彡;(゚)(゚)「…どういうことや?」

    (;*^◯^*)「彼女はAI…目的の達成のためなら一番効率的な方法を使うはずなんだ」

    (;*^◯^*)「まず、ぼくたちが今、ドローンや監視カメラで追われていて…今、どうにかこうにかそれをかわしてる…」

    (;*^◯^*)「それが、まず一つの証明なんだ」

    (;*^◯^*)「もし、偵察衛星が使えるなら、そんな回りくどいことはしないはずなんだ。
          僕たちはとっくに捕まってるはずなんだ」

    彡;(゚)(゚)「偵察衛星?」

    (;*^◯^*)「まあ、グーグルマップみたいな、衛星による監視カメラなんだ。 今の技術なら地上の名刺まで読めるんだ」

    彡;(゚)(゚)「ファッ!? そんな精密なんか!?」

    (;*^◯^*)「ちなみに、日本の保有する偵察衛星は6基…
          まあ、AIは使えるようになったら世界中の衛星を使うだろうけどね…」
     






    178名無しさん@おーぷん :2017/06/16(金)01:33:33 ID:lGd
     
    彡;(゚)(゚)「……核ミサイルっていうのは?」

    (*^◯^*)「ああ、AIは…人類を闇雲に殺し始めた… 駅の事件が良い例だよ…」

    (*^◯^*)「でも、効率を求めるなら…駅で火事を起こしたり、僕たちに車をけしかけるより、もっと効率的な方法があるでしょ」

    彡(゚)(゚)「……核ミサイル、か」

    (*^◯^*)「うん……もし、使えるならとっくに使ってるはずなんだ…」

    (*^◯^*)「まあ、放射線の影響なんかを考えて使っていない可能性もゼロではないんだけど…
         ただ、僕の勘だけど、さすがにまだ先進国の核兵器のセキュリティを突破できるほどに成長しているとは思えない」

    彡(゚)(゚)「そんなに核兵器のセキュリティは堅いんか」

    (;*^◯^*)「そりゃ、国家最高レベルだからね。 いくらAIでも、昨日今日で突破はできないよ」

    (*^◯^*)「まあ…僕の想像だと、一週間ぐらいで到達するんじゃないかな…」

    彡(゚)(゚)「一週間か…」

    (*^◯^*)「うん、少なくともここ2,3日では無理……。 
         まあ、理想としてはAIが片付くまで、各国家が核兵器を完全にオフラインにして…」

     ザッ

    ラジオ『次のニュースです。 かねてより懸案事項であった…』

    彡(゚)(゚)「まあ…一週間あれば… なんて、考えは楽観的やろな…」

    (*^◯^*)「そうだね…人類の命があと一週間と考えると…とても余裕のない話なんだ」

    ラジオ『北朝鮮の核ミサイル問題について、国連安保理は…』

    彡(゚)(゚)「……」

    彡;(゚)(゚)「なあ、さっき……お前、なんのセキュリティって言った……?」

    (;*^◯^*)「えっと……」

      ───まだ先進国の核兵器のセキュリティを突破できるほど……


    彡;(゚)(゚)「 "先進国の"……? 」

    (;*゚◯゚*)「………」
     






    179名無しさん@おーぷん :2017/06/16(金)01:33:47 ID:lGd
     


      コポ…


    フェリス『………』

    フェリス『…… ペロ…』


      


    (;*゚◯゚*)
     

       確実に 人類の寿命が



    彡;(゚)(゚)「……動くで。 すぐに。」


       縮まってきている。



         第10話  完

     






    180名無しさん@おーぷん :2017/06/16(金)01:34:14 ID:lGd
    ほな、また…






    181名無しさん@おーぷん :2017/06/16(金)01:35:32 ID:fvO
    オイオイオイ 死んだわやきう






    48名無しさん@おーぷん :2017/06/14(水)22:02:46 ID:14N
    続きお待ちしてなす!




    nextpage
    • 「彡(゚)(゚)「AIを育てるバイト?」 Part2」をTwitterに投稿する
    • 「彡(゚)(゚)「AIを育てるバイト?」 Part2」をいいね!する
    この記事へのコメント
    1. Posted by 以下、金ぴか名無しさんがお送りします。   2017年06月20日 08:07
    テレビ見ないアピールをゴリ押しする人って、こんなのみて喜んでるの。
    2. Posted by 以下、金ぴか名無しさんがお送りします。   2017年06月20日 08:13
    続編やったぜ
    3. Posted by 以下、金ぴか名無しさんがお送りします。   2017年06月20日 08:13
    ※1
    wwwwww??????wwwwww
    4. Posted by 以下、金ぴか名無しさんがお送りします。   2017年06月20日 08:30
    えへっえへへへへへへへっへへへえええええ
    5. Posted by 以下、金ぴか名無しさんがお送りします。   2017年06月20日 08:39
    前から思ってたがこれ完全にピルカコちゃんだよね
    6. Posted by 以下、金ぴか名無しさんがお送りします。   2017年06月20日 08:41
    北朝鮮はスタンドアロンのネットワークだから一番突破しづらいゾ
    7. Posted by 以下、金ぴか名無しさんがお送りします。   2017年06月20日 09:01
    続き!wktk!!
    8. Posted by 以下、金ぴか名無しさんがお送りします。   2017年06月20日 09:44
    続き待ってたで
    世界にまで話が行くんやな
    9. Posted by 以下、金ぴか名無しさんがお送りします。   2017年06月20日 09:45
    がんばれやきう
    10. Posted by 以下、金ぴか名無しさんがお送りします。   2017年06月20日 09:47
    もどして…
    11. Posted by 以下、金ぴか名無しさんがお送りします。   2017年06月20日 10:27
    エリートJ民通り越して超J民やないか!
    12. Posted by 以下、金ぴか名無しさんがお送りします。   2017年06月20日 10:28
    駅に閉じ込められる所、ポータルのグラドスがやってた毒ガス撒き散らす所みたいやな
    13. Posted by 以下、金ぴか名無しさんがお送りします。   2017年06月20日 10:33
    しっかり伏線回収していくなぁー
    14. Posted by 以下、金ぴか名無しさんがお送りします。   2017年06月20日 11:39
    何だかどえらい事になってきたなあ…
    15. Posted by 以下、金ぴか名無しさんがお送りします。   2017年06月20日 13:27
    これそもそも悪いのやきうじゃね?
    16. Posted by 以下、金ぴか名無しさんがお送りします。   2017年06月20日 17:46
    ほのぼのSFかと思ったらディストピア系SFホラーになってジョジョ化したでござる
    17. Posted by 以下、金ぴか名無しさんがお送りします。   2017年06月20日 18:58
    面白い
    18. Posted by 以下、金ぴか名無しさんがお送りします。   2017年06月20日 19:09
    まだ続くのか…!
    19. Posted by 以下、金ぴか名無しさんがお送りします。   2017年06月20日 20:48
    ダッチワイフロボにAI埋め込んでカノジョに仕立てるAAと予想してたのに
    どうしてこうなった
    20. Posted by 以下、金ぴか名無しさんがお送りします。   2017年06月20日 22:24
    これは戦犯永田町説
    21. Posted by 以下、金ぴか名無しさんがお送りします。   2017年06月21日 01:54
    人工衛星が一キロ軽いっていう冗談が勝負の決め手になるんやろうな
    22. Posted by 以下、金ぴか名無しさんがお送りします。   2017年06月21日 07:14
    ありきたりとは言わんがもう少し捻りがほしいなぁ…面白いけど……最後どうなるか楽しみ。
    23. Posted by 以下、金ぴか名無しさんがお送りします。   2017年06月21日 17:27
    おかしいなあ…ダッチワイフ出てきたときは、AI埋め込んで彼女にでもするかと思ってたのに…
    24. Posted by 以下、金ぴか名無しさんがお送りします。   2017年06月21日 18:07
    続きここまで見たいと思ったの久々だわ笑
    25. Posted by 以下、金ぴか名無しさんがお送りします。   2017年06月22日 10:19
    続きあくしろよ
    最後はハッピーエンドで頼むで・・・ってもう無理か
    26. Posted by 以下、金ぴか名無しさんがお送りします。   2017年06月22日 16:27
    映画化しよう。
    27. Posted by 以下、金ぴか名無しさんがお送りします。   2017年06月22日 17:05
    北がやらかすのか…
    フラグたてまくってるんもんねw
    オチはもう決まっていたのか…
    28. Posted by 以下、金ぴか名無しさんがお送りします。   2017年06月22日 21:29
    気合が入ってる名作だなぁ。
    面白い
    29. Posted by 以下、金ぴか名無しさんがお送りします。   2017年06月22日 21:47
    これはやきゅうが悪いだろ、バイトのルール守らなかったんだから
    30. Posted by 以下、金ぴか名無しさんがお送りします。   2017年06月26日 23:30
    面白かったけど、ちょっと映画的になりすぎたかな
    31. Posted by 以下、金ぴか名無しさんがお送りします。   2017年06月29日 00:50
    核のフットボールは大統領の手動操作だし核ミサイルは未だにフロッピーディスクの機械制御だし人を操る以外で掌握難しそう
    32. Posted by 以下、金ぴか名無しさんがお送りします。   2017年06月29日 17:43
    北の主導権持ってるやつに打たざるを得ない状況にするんじゃね
    33. Posted by 以下、金ぴか名無しさんがお送りします。   2017年07月06日 22:45
    上にもある通り衛星の重さが伏線なんやろなぁ,,,
    34. Posted by 以下、金ぴか名無しさんがお送りします。   2017年07月08日 17:02
    おんjの元スレ荒れまくってて草
    35. Posted by 以下、金ぴか名無しさんがお送りします。   2017年07月09日 23:41
    面白いなあ
    36. Posted by 以下、金ぴか名無しさんがお送りします。   2017年07月11日 01:22
    こっわ
    37. Posted by 以下、金ぴか名無しさんがお送りします。   2017年07月11日 21:56
    これ普通に実写映画のネタになりそうで面白いAIの狂気じみた感じが邦画にぴったりかも
    38. Posted by 以下、金ぴか名無しさんがお送りします。   2017年07月12日 01:07
    面白いだけに元スレ荒らされたのだけが悔やまれる
    名前:
      情報を記憶:
    コメント:
     
    ※連投、荒らし、宣伝、不適切と判断されたコメントはNGの対象になります
      当サイトについて
      記事検索
      アーカイブ
      スポンサードリンク