【ガルパン】 河嶋桃「西住!お前がどこかに転校しろ!!」 西住みほ「……え?」
    2017年12月22日 コメント(9) 長編創作・SS 
    a8b7fb67
    1以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/12/20(水) 19:30:19.81 ID:1v1aLXDJo
    学園艦

    みほ「行っちゃいましたね、愛里寿ちゃん」

    桃「他の高校に入学するとはどういうことだぁー!!」

    杏「西住ちゃんとは永遠のライバルでいたいってことだね」

    柚子「残念だけど仕方ないよね」

    桃「仕方なくない!!」

    桃「――西住!! お前がどこかに転校しろ!!!」

    みほ「えぇー!?」

    みほ「……え?」

    杏「河嶋」

    桃「なんですか?」

    柚子「それは言い過ぎだよ、桃ちゃん」

    桃「う……。そうだな……。すまない、西住。今のは言い過ぎた」

    みほ「いえ、気にしてませんから、大丈夫です」

    みほ「……」







    2以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/12/20(水) 19:33:43.92 ID:1v1aLXDJo
    みほの部屋

    みほ「ただいまー」ガチャ

    みほ「よいしょっと」

    みほ「洗濯しなきゃ」

    『お前がどこかに転校しろ!!』

    みほ「……」

    みほ「あ、ごはん、作らないと」

    『お前がどこかに転校しろ!!』

    みほ「……」

    みほ「明日の授業の準備しておこう」

    『お前がどこかに転校しろ!!』

    みほ「……」

    みほ「お風呂、入らなきゃ」

    『お前がどこかに転校しろ!!』

    みほ「……」






    3以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/12/20(水) 19:38:59.76 ID:1v1aLXDJo
    翌日 大洗女子学園

    沙織「あっれー。みぽりん、まだ来ないね」

    華「そうですね。何かあったのでしょうか」

    ねこにゃー「ネトゲを朝までやってて、寝落ちしてるとか……」

    沙織「猫田さんじゃないんだから」

    華「電話してみましょう」ピッ

    沙織「風邪ひいたのかなぁ。もし風邪ならおかゆぐらいは作りにいってあげないと」

    ねこにゃー「おかゆ、作れるの? すごい、女子力。ボクには無理……」

    沙織「猫田さんだってできるってー。おかゆのコツは、愛情っ! だからね!」

    ねこにゃー「そうなの……?」

    華「んー……」

    沙織「みぽりん、出ないの?」

    華「はい。益々、心配になってきました」

    ねこにゃー「戦車道の授業、どうしよう。西住さんがいないと始められないような……」

    沙織「そうだよね。まぁ、始業まであと10分あるし、もうちょっと待ってみようよ」






    4以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/12/20(水) 19:43:15.78 ID:i6J6YumU0
    ポンコツ桃ちゃんのほうこそどっか行ってくれませんかねぇ?








    6以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/12/20(水) 19:59:34.24 ID:Y/YjaoiTO
    >>4
    まあこの時のしっぺ返しが最終章でのあれになったと思えば…






    5以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/12/20(水) 19:45:15.37 ID:1v1aLXDJo
    戦車倉庫

    梓「えぇー!? 西住先輩、欠席してるんですか!?」

    優季「そんなぁ。西住先輩がいないと誰が指揮してくれるんですかぁ」

    あゆみ「風邪ですか?」

    桂利奈「深夜アニメで面白いの始まったからですか!?」

    あや「お腹痛くなる日とか?」

    紗希「生々しい」

    沙織「いやいや、そういうのじゃないと思うんだけど」

    優花里「そうです! たとえ西住殿は体調不良でも隊長を務めてくれていましたから!!」

    麻子「秋山さんは西住さんの体調管理までしていたのか」

    華「すごいですね」

    あや「逆にこわくない?」

    優季「こわいかもぉ」

    優花里「えぇぇ!? 何故!?」

    沙織「と、とにかく、今日の戦車道はみぽりん抜きでやるよー。ほら、準備して、じゅんびっ」






    7以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/12/20(水) 20:04:00.77 ID:1v1aLXDJo
    カエサル「ふむ。将を欠くことは、隊にとって大きな痛手だな」

    おりょう「うむ。長とは存在だけで兵の士気をあげることができるぜよ」

    左衛門佐「桶狭間も織田信長が先陣を切らなければ大敗していたはず」

    エルヴィン「日露戦争も士気が結果に大きく左右されたと言われているな」

    左衛門佐「それなら富士川の戦いも中々」

    カエサル「トレビアの戦いではローマ軍が冷たい川を渡ったことで士気が低下し、負けたとか」

    おりょう「第二次長洲征伐ぜよ」

    カエサル・エルヴィン・左衛門佐「「それだ!!」」

    ナカジマ「まぁ、要するに西住さん抜きだと授業にならないってことだよね」

    ツチヤ「西住さんの寮には行ってみたの?」

    沙織「そこまでは……」

    みどり子「心配なのはわかるけど、授業を抜け出してまで様子を見に行くのは感心しないわね」

    ホシノ「西住さんがもし重度の病に倒れていたらどうするの?」

    スズキ「そうだそうだ」

    みどり子「わ、私だって授業がなければ西住さんの寮まで走っていってるわよ!!」






    9以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/12/20(水) 20:13:06.42 ID:1v1aLXDJo
    モヨ子「心配だね」

    希美「そど子は友情よりも授業をとる悪魔だった……」

    みどり子「うるさいわね!! 風紀委員として授業はサボれないでしょ!!」

    麻子「そど子は悪魔か」

    みどり子「もー!! なら、今からいくわよ!! 見てなさい!! 私だって、授業をサボるぐらいわけないんだから!!」

    ナカジマ「まぁまぁ、園さん。落ち着いて」

    桃「欠席の理由は不明なのか」

    優花里「はい。私たちも何回か連絡を試みているのですが……」

    桃「何をしているんだ、全く。あいつはこれからも隊長として大洗を引っ張っていくんだぞ」

    杏「はむっ……」モグモグ

    桃「私が西住のところへ行ってくる」

    柚子「今からぁ?」

    桃「私も心配だからな。あの西住が連絡すらよこさないのも気になる」

    柚子「そうだけど……」

    典子「河嶋先輩に任せて大丈夫だろうか……」






    10以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/12/20(水) 20:19:28.40 ID:1v1aLXDJo
    あけび「逆に病気が悪化しそう……」

    妙子「あぁ……ありえそう……不安……」

    忍「ここは私たちが!」

    桃「なんだとお前ら!! 私が見に行くだけなのに何がそんなに不安にさせる!!」

    梓「なんだか私も不安になってきました!! 私が西住先輩のお見舞いにいきます!!」

    優季「あぁ〜、梓だけずるーい。私もいきたぁい」

    あゆみ「だったら私も!」

    桂利奈「はいはいはーい!! 西住先輩のお見舞いにいきたいでーす!!」

    あや「紗希ちゃんも行きたいってまーす!!」

    桃「お前らは今から戦車道の授業だろう!! 来年度もそれから復活が噂されている無限軌道杯とやらにもお前らたちは出場するんだぞ!!」

    ナカジマ「むげんきどうはい?」

    優花里「二十年前に中止になった戦車道連盟主催の大会なんですが、今年から復活するとかしないとか」

    ナカジマ「へー」

    桃「西住のことは副隊長である私にまかせろ!! お前たちは練習だ!! いいな!!」

    沙織「は、はい。みぽりんのことお願いしますね」






    11以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/12/20(水) 20:25:17.96 ID:1v1aLXDJo
    カエサル「この胸騒ぎはなんだ……」

    おりょう「風が止んだぜよ……」

    左衛門佐「河嶋先輩が向かうのは鬼門の方角でござる」

    エルヴィン「それは西住先輩の寮の方角ってだけじゃないか」

    桃「ごちゃごちゃ言うな!! うるさいぞ!!」

    ぴよたん「西住隊長、死んでないかな」

    ももがー「復活呪文、間違えないようにするぞな」

    杏「かわしまぁ」

    桃「はい」

    杏「ま、がんばってねぇ。何かあったらすぐに相談することー」

    桃「はっ。では、行ってまいります。あんこうチーム、今日の授業はお前たちが指揮をとるように」

    沙織「わかりました!」

    優花里「了解です!! 西住殿の代わりとまではいかないですが、精一杯頑張ります!!」

    華「お気をつけて」

    麻子「たのむぞー」






    12以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/12/20(水) 20:39:02.47 ID:1v1aLXDJo
    典子「本当に大丈夫でしょうか。私たちも西住隊長のところへいったほうが」

    杏「まぁまぁ。大人数で押しかけても西住ちゃんが困るだろうから、いいんじゃない?」

    妙子「それなら会長が言ってくれた方がまだ安心できます」

    あけび「河嶋先輩は……」

    忍「うん……」

    柚子「えっと、ああ見えて桃ちゃんは面倒見がすごい良いから、大丈夫、大丈夫」

    忍「それは分かりますが、けど、何か余計な一言を言ってしまうこともありそうで……」

    妙子「わかる」

    あや「忍ちゃんの気持ち、すっごくわかるよー」

    優季「うん、そうだよねぇ」

    柚子(一年生たちの信頼度、もう少しあげてよぉ、桃ちゃん……)

    杏「とにかく、西住ちゃんは河嶋に任せて、私たちは戦車にのろー!」

    ナカジマ「臨時の隊長は誰にします?」

    エルヴィン「そんなの決まっている。グデーリアンだ」

    優花里「わ、わたしですかぁ!? いえいえ!! そんな!! 滅相もありません!!」






    13以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/12/20(水) 20:44:20.03 ID:1v1aLXDJo
    みほの寮

    桃「よし。ここだな」

    桃「……」ピンポーン

    桃「……」

    桃「西住、いるか? 皆、お前のことを心配しているぞ。何かあったのか?」

    桃「……」

    桃「ええい! 西住、入るからな!! 我々、生徒会はこういうときのために寮の合鍵を持っている!!」

    桃「……」

    桃「入るぞ!! 悪く思うな!!」ガチャガチャ

    桃「にしず――」

    みほ「……」

    桃「はぁ……。よかった」

    桃「おい、西住!! 何をしている!! お前は大洗女子学園の隊長なんだぞ!! しっかりしろ!!」

    みほ「……」

    桃「立て!! 西住!! 皆、お前のことを待っているんだ!! ほら!!」グイッ






    14以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/12/20(水) 20:49:43.20 ID:1v1aLXDJo
    みほ「……いま、いいところなんです」

    桃「な、なに?」

    『やってやるやってるやーってやるぜー』

    桃「なんだこれは……」

    みほ「ぼこのてれびしりーず、そのDVDです。いま、ぜんわとおしてみているんです。あと11わでおわりますから」

    桃「そんなことは授業が終わってからしろ!! 今は戦車道が優先だ!!」

    みほ「……」

    桃「西住!! おい!!」

    みほ「やってやるやってやるやーってやるぜー……」

    桃「……!?」

    みほ「いーやなあーいつをぼーこぼこにー……ふふっ……」

    桃「西住……? な、なにかあったんだな? よ、よし、わかった。私でよければ相談に乗る。話してくれ」

    みほ「……」

    桃「西住? きいているか?」

    みほ「すみません。ひとりにしてください」






    15以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/12/20(水) 20:53:43.25 ID:BkoMZwWDO
    いやなアイツって誰のこと?(すっとぼけ)






    16以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/12/20(水) 20:56:57.01 ID:hrwDVHiyO
    しゃーない、さすがに俺もあのシーンだけは桃ちゃんを海に突き落としてもええんちゃうかと思ったわ






    17以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/12/20(水) 20:57:54.34 ID:1v1aLXDJo
    バタンッ

    桃(勢いに負けて、外に出てしまった)

    桃「……に、西住ー!! 必ず、明日は授業にでるようになー!! いいなー!!」

    桃「……」

    桃(しかし、なんだあの西住は……。見たことがないほど憔悴していたが……)

    桃(あんな顔の西住を見るのは、我々が戦車道に無理矢理引き込もうとしたとき以来だな)

    桃(あのときは本当に悪いことをした……。きっと西住にとって相当ショックだったに違いない)

    桃(今の西住を見る限り、あのときと同等のショックな出来事があったんだろうな)

    桃(一体、なんだ。島田が去ってしまったことか? いや、西住は納得していたようにも見えるし、それ以外か……?)

    桃「西住をこれほどまでに落ち込ませる原因……」

    桃「……」

    ――西住!お前がどこかに転校しろ!!

    桃「……」

    桃「はっ……!?」

    桃「西住!! 昨日のことは謝る!! すまない!! 機嫌を直してくれ!! 頼む!!」ドンドンッ!!!






    18以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/12/20(水) 21:07:49.35 ID:1v1aLXDJo
    桃「西住ー!! 聞こえているんだろ!! 頼むから何か返事をくれー!!」

    桃「あれはその、勢いで言ってしまっただけなんだ!! 本心じゃない!! 冗談だ!!」

    桃「いや、冗談でも言っていいことを悪いことがあるな。あれは、悪いほうだった。認める。認める!!」

    桃「全て私が悪かった!! 大洗最大の功労者に対して、私は最大の失言をしてしまった!!」

    桃「本当にすまない!! あ、謝って済む問題でないことも分かっている!! 西住!! お前の要求にはなんでも答える!!」

    桃「お前が望むなら私が……学園を去っても良い……!!」

    桃「ダメだ!! 私は卒業するから意味がないか……。そ、そうだ!! だったら、中途退学でもしてやろう!!!」

    桃「私が大洗から去っても問題は……すこしぐらいあってほしいが……お前はこれからの大洗になくてはならない存在なんだ!!」

    桃「転校なんてしてほしいと誰が思う!?」

    桃「西住!! だから、許してくれ!! お願いだ!!」

    桃「はぁ……はぁ……」

    桃「……」

    『やってやるやってやるやってやるぜー♪ いーやなあーいつをぼーこぼこにー♪』

    桃「ひっ……」

    桃「う……うわぁぁぁん……!!」ダダダッ






    19以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/12/20(水) 21:14:04.08 ID:1v1aLXDJo
    桃「うっ……ぐすっ……どうしよう……これでは……会長や柚子ちゃんにあわせるかおがないよぉ……」

    桃「それどころか……」


    梓『はぁ? どうしてくれるんですか?』

    優季『ほんと、河嶋先輩って無能ですよねぇ。うふふ』

    あや『河嶋先輩が転校しちゃえばいいのに』

    あゆみ『ホントだよね』

    桂利奈『河嶋先輩だけ大洗に戻ってこなきゃよかったのに』

    紗希『消えてください』

    忍『幻滅しました』

    妙子『バレー部、復活でいいですよね?』

    あけび『河嶋先輩を的にしてスパイクの練習とか考えたんですけど』


    桃「あぁぁ……!! どうしよう……!! どうしたら……!!」

    桃「なにか……なにか手をかんがえないと……私は……学園にもどれない……」

    桃「そ、そうだ!! ボコだ……! 西住にボコシリーズのグッズをプレゼントすれば……!!」






    20以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/12/20(水) 21:21:09.27 ID:1v1aLXDJo
    大洗女子学園 ヘッツァー車内

    優花里『ウサギさんチームはレオポンチームと連携をとりつつ、アヒルさんチームを狙ってください!!』

    梓『了解です! 秋山隊長!!』

    ナカジマ『おっけー、秋山たいちょー』

    典子『そう簡単にアヒルさんチームに当てられないってところを秋山隊長にみせてやれー!!』

    妙子・あけび・忍『『おぉー!!!』』

    優花里『隊長って呼ばれるの、なんだか恥ずかしいです……』

    柚子「桃ちゃん、戻ってきませんね……」

    杏「なーにしてんだろーねー」

    柚子「やっぱり、昨日のアレかなぁ」

    杏「どうだろうねー」

    柚子「杏? 心配じゃないの?」

    杏「べっつにぃ」

    優花里『カメさんチーム! あんこうについてきてください!』

    杏「はいよぉ、あきやまたいちょー」






    21以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/12/20(水) 21:26:29.31 ID:1v1aLXDJo
    優花里「本日はここまでにします!!」

    「「ありがとうございました!!」」

    沙織「結局、河嶋先輩は戻ってこないし、みぽりんからは連絡もないし……」

    華「もしや……!」

    優花里「な、なんですか、五十鈴殿」

    華「みほさんの部屋に入った者は皆、出られなくなっているとしたら……」

    麻子「怖い話なら私が家に帰ってからしてくれ」

    沙織「今のでダメなの?」

    杏「あながち五十鈴ちゃんの予想、間違ってないかもねぇ」

    沙織「そんなわけ……」

    ねこにゃー「西住さんの部屋がソウみたいになってるのかな……」

    ぴよたん「密室脱出ゲーになってるのかなぁ?」

    ももがー「机の裏にハンガーが隠してあったりするかも」

    杏「どうする?って聞くまでもないかぁ」

    沙織「みぽりんのところ、行ってきます」






    22以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/12/20(水) 21:34:59.30 ID:1v1aLXDJo


    麻子「買い込んだな、沙織」

    沙織「これだけ食材があればどんな病気にでも対応できるからね!」

    華「わたくし、先ほどからお腹の調子がよくないのですが……」グゥ〜

    優花里「それは空腹なだけではないでしょうか」

    杏「みんな、やっぱり西住ちゃんのところに行きたかったんだねぇ」

    柚子「かといって大所帯で行くのも迷惑よねぇ」

    梓「西住先輩の体調を考慮したら、これぐらいの人数でないとダメですよね!」

    典子「うんうん。バレー部の熱気で西住隊長の風邪を吹き飛ばすぞー!!」

    妙子「燃えてきました! キャプテン!!」

    あけび「私も微力ながらお手伝いします!」

    カエサル「ふっ。風邪にはやはり、この古代ローマで使われていた薬草を……」

    おりょう「それ使えるぜよ?」

    みどり子「結局、みんなで来ちゃってない?」

    ナカジマ「西住さん、困りそう」






    23以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/12/20(水) 21:40:27.08 ID:1v1aLXDJo
    桂利奈「だって、心配なんです!!」

    紗希「……」コクッ

    スズキ「ま、仕方ないか」

    ホシノ「部屋に入るのは各チームのリーダーだけにしておけばオッケーじゃない?」

    ツチヤ「根拠ないけどねー」

    「にしずみ!! これでどうだ!! 一度でいいから、見てほしい!! お前のために買ってきた!!!」

    モヨ子「この声……」

    希美「あそこ。西住さんの部屋の前」

    優季「誰かいるのぉ?」

    あゆみ「だれだれー?」

    杏「しっ」

    優花里「(あれは……河嶋殿……)」

    麻子「(大量のボコグッズが見える)」

    華「(わたくしにも見えます)」

    桃「西住!! これでは足りないか!? ボコミュージアムのグッズの9割……は言い過ぎか……6割……でもないか……2割ぐらいは買い占めてきた!! この中にお前の好きなボコはあるか!? あるだろう!? あってくれ!!」






    24以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/12/20(水) 21:46:52.53 ID:1v1aLXDJo
    柚子「(あれをわざわざ……!?)」

    沙織「(ボコミュージアムって学園艦の外に行かないとダメだよね?)」

    麻子「(だから授業が終わるまでには帰ってこれなかったんだろう)」

    柚子「(だとしても短時間で行くには結構距離があるような……)」

    杏「……」


    桃「西住!! お前の好みがわからない上に、私にはボコの知識がない!! だから様々なグッズを買い揃えることしかできなかった!!」

    桃「これで昨日の失言は許してもらえないだろうか!! そして!! もう一度、大洗女子学園戦車道の隊長を務めてくれないだろうか!!」

    桃「頼む!! いや、お願いします!!」


    柚子「桃ちゃん……」

    梓「い、一体何があったんだろう……」

    典子「あの西住隊長を激怒させたみたいだけど」

    忍「どうしたら西住隊長って怒るんですか?」

    麻子「わからん」

    優花里「そもそも河嶋殿があそこまでしなければならないほど、西住殿が立腹しているというのが信じられませんが」






    25以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/12/20(水) 21:55:13.61 ID:1v1aLXDJo
    カエサル「気にするところは別にあるぞ」

    左衛門佐「え? どこ?」

    カエサル「河嶋先輩は「もう一度、大洗女子学園戦車道の隊長を務めてくれないだろうか」と発言した。それはつまり、今現在西住隊長は隊長の座から退いているということだ」

    おりょう「おぉ……」

    エルヴィン「確かにな。先輩は西住隊長を怒らせた上に「隊長をやめる」と言わせてしまったのか」

    梓「そ、そんなの困ります!」

    あゆみ「西住先輩がいないと私たち戦えません!」

    ナカジマ「うーん……変だな……」

    ホシノ「何が?」

    ナカジマ「いや、河嶋さんが西住さんを怒らせることはありえなくもないけど、あそこまでしている人を無視するかなって思って」

    スズキ「それだけのことをやらかした可能性は?」

    ナカジマ「だったら擁護はできないなぁ。でも、私が知ってる西住さんはそこまで酷くはないかな」

    梓「私もそう思います。河嶋先輩だってあんなに反省してるし、西住先輩が何も言わないのはおかしいです」

    みどり子「反省してるのは一目でわかるわねぇ。行き過ぎると、次は西住さんが悪くみえてくるわ」

    杏「そうだねぇ……。だから、相談しろっていったのに」






    26以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/12/20(水) 22:00:47.81 ID:1v1aLXDJo
    優花里「どうしましょうか?」

    華「ここはわたくしたちも――」

    杏「待った」

    華「はい?」

    杏「今日のところは帰ろっか」

    沙織「ど、どうしてですか!?」

    杏「とりあえず、我らが副隊長に任せてもいいんじゃない?」

    柚子「……そうですね。みんな、今日はもう帰ろう」

    梓「でも!」

    桂利奈「西住先輩のこと心配です!」

    あや「紗希も帰りたくないっていってまーす」

    紗希「……」

    杏「いいから、いいから」

    華「いいのでしょうか……」

    優花里「私は放置していい問題ではないような気がするのですが……」






    27以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/12/20(水) 22:08:26.88 ID:1v1aLXDJo
    桃「はぁ……はぁ……」

    桃「分かった。明日までにまとまった金を用意して、ボコミュージアムにあるグッズ全てを買い占めてくる!! それでいいか!!」

    桃「全てを購入するには、資金が足りないかもしれないが……そのときは……その……」

    桃「は、働いてなんとか……私が卒業するまでに……買い揃える……だから……」

    桃「西住!! もう一度!! 話をさせてくれ!! でなければ、私は……!! 私は……!!」

    桃「もう……大洗にはいられなくなってしまう……」

    桃「おまえを……傷つけ……追い詰め……こんな状態にしてしまった張本人が……大洗に居られるわけがない……」

    桃「許してくれなくてもいい……ただ……わたしのはなしを……きいて……」

    桃「……っ」

    桃(ダメだ……。泣くな……。私はまだ甘えている……。今からいけば、間に合うか……)

    桃「やはり今から行ってくる!! 少しでも多くのグッズをここに置いて行く!!」

    桃「気が向いたらでいい!! 西住!! 玄関前にあるボコグッズに目を通しておいてほしい!!」

    桃「……」

    桃「行ってくる!!」ダダダッ

    桃(なんでもしてやる……!! 私はそれだけ取り返しのつかないことをしてしまったんだ!!)






    28以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/12/20(水) 22:13:14.52 ID:1v1aLXDJo
    ボコミュージアム

    桃「そこで待っていてくれ!!」

    「はい」

    桃(そう何度も緊急用の船も使えない。今日はこれで終わりだ。これで西住が何も反応してくれなかったら……)

    桃「余計なことは考えるな!! やるしかないんだ!!」

    桃「大洗をもうなくならないようにするんだ!!」

    桃(手持ちの金でどうにかなるか……?)

    桃「ん?」

    愛里寿「しあわせ……」ギュゥゥ

    桃「お前は島田……」

    愛里寿「河嶋さん? どうしてここに?」

    桃「お前こそ、何をしている?」

    愛里寿「ボコグッズ、買いに」

    桃「もしや……その後ろの段ボールの山は……?」

    愛里寿「今日の入荷分を買った。いつもより少しだけ少なかったけど、満足している」






    29以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/12/20(水) 22:16:31.90 ID:1v1aLXDJo
    桃「今日の入荷分……?」

    愛里寿「私の日課だ」

    桃「全部、買ったのか?」

    愛里寿「うん」

    桃「一つ残らずか!?」

    愛里寿「うん」

    桃「お金はどうした!?」

    愛里寿「カードがあるから」スッ

    桃「黒いクレジットカード……!? 戦車も買えるという伝説の……!?」

    愛里寿「残念ながら戦車は買えなかった」

    桃「あぁ……おわりだぁ……」

    愛里寿「ん?」

    桃「もう……おしまいだぁ……あぁぁ……うわぁぁぁぁん……」

    愛里寿「え? ど、どうしたの? あ、えっと、ほら、ボコ。オイラ、ボコだぜっ」

    桃「うわぁぁぁぁん……!!」






    32以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/12/20(水) 22:29:41.36 ID:i6J6YumU0
    慌てふためく桃ちゃんかわいい






    30以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/12/20(水) 22:22:39.05 ID:1v1aLXDJo
    桃「……」

    愛里寿「はい。ジュース、買ってきた」

    桃「すまない……格好の悪いところをみせてしまった……」

    愛里寿「誰にだってそういうときはあると思う」

    桃(年下に慰められている私って……)

    愛里寿「……」ゴクッゴクッ

    桃「……聞かないのか」

    愛里寿「何を?」

    桃「私が、泣き出した理由だ」

    愛里寿「無理に話すことはない。私は年下だし、貴方の悩みに助言できるだけの経験もない」

    桃「……」

    愛里寿「下手なことをいって、事態をより混乱させることもある。だから、こうして隣にいる」

    愛里寿「私は落ち込んだとき、誰かが傍にいてくれるだけで安心できる。故に私もこうしている」

    桃「お前……本当に隊長なんだな……」

    愛里寿「よくわからないが」






    33以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/12/20(水) 22:32:29.05 ID:1v1aLXDJo
    桃「私は西住に言ってはならないことを、言ってしまった」

    愛里寿「……」

    桃「島田、お前が大洗に転校することをやめて、私は焦った。より大洗が強くなるチャンスだったのに……と」

    桃「それでつい口にでてしまった。お前がどこかに転校しろ、と」

    愛里寿「……」

    桃「西住は黒森峰から大洗に転校してきた。戦車道をやめたくて、大洗にきたんだ」

    桃「それを知っていて、私たちは西住を戦車道に引きずり込んだ。嫌がっているのも分かっていた。それでも戦車に乗せた。私たちの故郷を、思い出を守るために」

    愛里寿「知らない場所なのに西住さんはあんなに必死なっていたのか」

    桃「そうだ!! 西住にとって大洗は縁も所縁もない場所だ!! 見捨てたっていいはずだった!! 無視されてもこちらは文句など言えるはずがなかった!!」

    桃「けど、西住は隊長として、やってくれたんだ。大切な友達と、もう一つの故郷だから、と。大きなプレッシャーもあったはずなのに」

    愛里寿「大学選抜のチームに無かったモノはそれかもしれないな」

    桃「なのに……私は言ってしまったんだ……もうひとつの故郷からも……でていけと……」

    愛里寿「……」

    桃「わたしは……わたしは……」

    愛里寿「酷すぎる」






    34以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/12/20(水) 22:34:30.22 ID:BkoMZwWDO
    ですよねー






    35以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/12/20(水) 22:37:25.08 ID:1v1aLXDJo
    桃「わ、わかってる。だから、こうして――」

    愛里寿「貴方も酷いが、西住さんも酷い」

    桃「え……」

    愛里寿「貴方が本気でそう言ってないなんて分かっているはずだ。だから、謝罪があるまでは怒っていてもいい。しかし、謝罪はきちんと受け止めなければならない」

    愛里寿「でなければ、次は貴方が壊れる」

    桃「しまだ……?」

    愛里寿「行こう」

    桃「ど、どこへだ?」

    愛里寿「西住さんのところだ」

    桃「え……」

    愛里寿「河嶋さんが追い込まれていることを知ってもらわないといけない」

    桃「いや、まて。悪いのは……」

    愛里寿「十分に反省している。私なら、もう許している」

    桃「し……まだ……」

    愛里寿「私は西住さんを叱る」






    37以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/12/20(水) 22:42:48.75 ID:1v1aLXDJo
    大洗学園艦 寮

    桃「島田……あの……ほんとうに……?」

    愛里寿「……」

    桃「悪いのは私で、西住に非はこれっぽっちもないぞ?」

    愛里寿「……」

    桃「島田……」

    愛里寿「西住さんの部屋の前にボコグッズを置いたって言ってたけど……」

    桃「え? ああ、そうだが?」

    愛里寿「では、誰かが回収したか」

    桃「なに? あ……ない……。西住か……?」

    愛里寿「よし」ピンポーン

    桃「しまだっ!? そんな急に……!?」

    愛里寿「……西住さん、いるのはわかっている。出てきてほしい」

    みほ『ありす……ちゃん……?』

    愛里寿「うん」






    38以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/12/20(水) 22:45:10.63 ID:1v1aLXDJo
    みほの部屋

    みほ「どうぞ……」

    愛里寿「お邪魔します」

    桃「……」

    みほ「あ、どうぞ」

    桃「あ、ああ……お邪魔する……」

    みほ「……」

    愛里寿「みほさん」

    みほ「は、はい」

    愛里寿「何か言うことは」

    みほ「へ?」

    愛里寿「……」

    みほ「えっと……?」

    桃「やめてくれ、島田」

    愛里寿「やめない」






    39以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/12/20(水) 22:49:37.25 ID:1v1aLXDJo
    桃「しかしだな……」

    愛里寿「河嶋さんはとても反省している。失言の内容はあまりにも酷いし、擁護できるものでもない」

    愛里寿「人として最低の部類だし、このまま大洗を追放されても仕方ないと思う」

    桃「うぅ……」

    愛里寿「でも、反省し、謝った。それは認めてあげるべき」

    みほ「……」

    桃「しまだ……」

    愛里寿「みほさんっ」

    みほ「えっと……あの……もしかして……昨日の転校しろって……発言のことですか……?」

    桃「そ、そうだ……」

    みほ「あの……ええと……特に気にしては……」

    愛里寿「嘘だ。だったらどうして無断で欠席した?」

    みほ「そのことは明日、みんなに謝った上で説明しようと思ってたんだけど」

    桃「な、なに?」

    みほ「実は……お姉ちゃんが遠いところにいくことになったみたいで……それで……ちょっとショックで……ボコのDVDを全話みて、気分を落ち着かせようとおもったんですけど……」






    40以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/12/20(水) 22:53:03.81 ID:1v1aLXDJo
    愛里寿「まほさんが?」

    みほ「留学することになったって、昨日の夜、連絡をもらって」

    みほ「もうしばらくは会えないなぁって思うと、寂しくなっちゃって……」

    愛里寿「それでボコに元気をもらおうと?」

    みほ「う、うん」

    愛里寿「……わかるっ」

    みほ「だよねっ!」

    桃「わからん!!」

    みほ「えぇ!?」

    愛里寿「何故だ!?」

    桃「西住!! 怒っていたんじゃないのか!?」

    みほ「お、怒ってません!」

    桃「気にしていたんじゃないのか!?」

    みほ「確かにちょっとだけショックでしたけど、そのあとのお姉ちゃんからの連絡のほうがショックで……」

    桃「……だったら、今日のわたしはなにをしていたんだぁ……」






    41以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/12/20(水) 22:58:55.03 ID:1v1aLXDJo
    みほ「ごめんなさい。午前中、みなさんが心配して電話をかけてきてくれているのはわかっていたんですけど……どうしても、話すと泣いてしまいそうだったので……」

    桃「気持ちはわかるが、メールなりなんなり、説明してくれ……」

    みほ「本当にすみません。反省します」

    桃「はぁ……ぁぁ……」

    みほ「あのぉ……」

    桃「うわぁぁぁん!!」

    みほ「えぇぇ!? か、河嶋先輩!?」

    愛里寿「あぁ……またか……」

    桃「うわぁぁぁん」

    みほ「あぁ、ど、どうしよう……」

    愛里寿「みほさん。ボコだ。ボコの後ろに隠れよう」

    みほ「あ、うん! ボコボコ作戦です!」

    愛里寿「よう! オイラ、ボコだぜっ!」

    みほ「ボコがきたから安心だぜっ!」

    桃「うわぁぁぁん!!!」






    42以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/12/20(水) 23:03:55.30 ID:1v1aLXDJo
    桃「ひっく……えぐっ……うぅ……」

    みほ「すみません……」

    桃「いい……んだ……もとはと……いえば……わたしが……わるくて……」

    みほ「いえ……」

    愛里寿「ボコだぜっ」ヒョコッ

    桃「しまだ……もういいから……」

    愛里寿「そうか」

    桃「う……くっ……それで……?」

    みほ「は、はい?」

    桃「おま、えの……きもちの……せい、りは……ついたのか……?」

    みほ「あ、はい。寂しいですけど、河嶋先輩も含めて、みなさんがいるので」

    みほ「さっき、お姉ちゃんから電話がきて怒られました。遠くの私より、近くの者を頼れって」

    桃「に、しずみ……」

    みほ「河嶋先輩。大変、ご迷惑をおかけしました。私、これからも隊長、がんばります!」

    桃「すま、ない……ありがとう……にしずみ……」






    43以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/12/20(水) 23:08:58.30 ID:1v1aLXDJo
    桃「いちじは……どうなるかと……ふあんで……ふあんで……」

    みほ「そんなにですか……。私、酷いことを……」

    桃「また……さいあく……おおあらいが……はいこうになってしまうかもしれないって……」

    桃「そうなったらわたしの……せいで……」

    愛里寿「まずい」

    桃「わたし……の……うぐっ……」

    みほ「やってやるやってやるやーってやるぜー!」

    愛里寿「いーやなあーいつをぼーこぼこにー!」

    桃「うぅ……」

    みほ「これじゃないみたい!」

    愛里寿「わかった。あのボコパジャマは?」

    みほ「これ!」バッ

    愛里寿「ありがとう」ゴソゴソ

    愛里寿「――オイラ、ボコだぜっ!」

    桃「……ありがとう……かわいい……ぐすっ……」






    44以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/12/20(水) 23:11:24.36 ID:1v1aLXDJo
    みほ「今日は泊まっていってください。愛里寿ちゃんも」

    愛里寿「うんっ」

    桃「すまない……後輩たちにわたしは……」

    みほ「いえいえ! そんなの関係ないですか!」

    愛里寿「河嶋さんは真ん中にして、三人で寝よう」

    みほ「狭いような」

    愛里寿「なんとかなる」

    桃「わ、私は床でいい!」

    みほ「そんなことできません」

    愛里寿「うん」

    桃「だ、だが……」

    みほ「ほら、こっちに」

    愛里寿「河嶋さん」

    桃「……それじゃあ、お言葉にあまえて」

    みほ「電気、消しますね」






    46以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/12/20(水) 23:14:50.48 ID:1v1aLXDJo
    桃「うぅん……」

    みほ「やっぱり狭かったね」

    愛里寿「みほさん、落ちない?」

    みほ「それは大丈夫」

    桃(今日散々な日だったな……。明日、会長や柚子ちゃんにどう説明しよう……)

    桃「ああ、そういえば西住? 玄関先に置いたボコグッズはどうした?」

    みほ「はい? なんのことですか?」

    桃「え?」

    みほ「私、今日は愛里寿ちゃんに呼ばれるまでドアの外には出ていませんけど」

    桃「バカな……」

    愛里寿「きっと疲れていたんだろう」

    みほ「河嶋先輩。今はゆっくり休んでください」

    桃「私は正気だ!!!」

    愛里寿「よしよし」ナデナデ

    桃「頭をなでるなー!!!!」






    47以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/12/20(水) 23:19:23.24 ID:1v1aLXDJo
    大洗女子学園 生徒会室

    杏「そっか。ごめんねぇ」

    まほ『いや、構わない。まさかそんな事態になっているとは思わなかった。こちらも連絡をくれたことに感謝している』

    杏「こっちもお姉さんに連絡してみてよかったよ」

    まほ『しかし、どうして河嶋さんの失言が直接の原因でないと?』

    杏「誰かが言ってたんだよね。自分の知ってる隊長は、謝っている人を無視しないんじゃないかって」

    まほ『それで私に聞いたわけか』

    杏「お姉さんなら何か知ってるだろうって思ったしね。けど、留学とはねぇ」

    まほ『その誰かとは、自分のことか?』

    杏「さぁ、どうだろうねぇ」

    まほ『ふっ……』

    杏「夜分遅くにごめんね」

    まほ『また何かあれば連絡をくれ。できる限りのことはする』

    杏「どうして?」

    まほ『そこがみほの居場所だから』






    48以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/12/20(水) 23:23:41.99 ID:1v1aLXDJo
    翌日

    愛里寿「それじゃあ、私はここで」

    桃「すまない、島田。多大な迷惑をかけてしまった」

    みほ「ごめんね」

    愛里寿「いいんだ。それじゃあ、次は無限軌道杯で」

    みほ「え?」

    桃「――行ってしまったな」

    みほ「はいっ」

    桃「我々も登校するか」

    みほ「そうですね」

    桃「あ、改めて、西住」

    みほ「はい?」

    桃「お前には本当に、本当に心から……」

    みほ「言わなくてもいいですよ。もう河嶋先輩からは何度も聞きましたから。十分に伝わっています」

    桃「……ありがとう」






    49以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/12/20(水) 23:26:02.09 ID:1v1aLXDJo
    大洗女子学園

    優花里「にしずみどのー!!!」ギュゥゥ

    みほ「わわっ!」

    優花里「心配したんですよぉ!?」

    みほ「ごめんなさい」

    沙織「みっぽりーん!!!」ギュゥゥ

    みほ「きゃぁ!?」

    沙織「わたしだって心配したんだからぁ!!」

    みほ「ごめんね!」

    華「みほさん。連絡はください」

    みほ「はい、すみません」

    麻子「家族と離れるんだ。寂しいと思っても仕方ない」

    みほ「麻子さん……」

    麻子「だが、無断欠席は重罪だ」

    沙織「常習犯の麻子が言わないでっ」






    50以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/12/20(水) 23:30:16.77 ID:1v1aLXDJo
    梓「西住せんぱーい!!!」

    優季「わぁい! 西住せんぱいだぁ!」

    典子「体は大丈夫ですかー!!!」

    カエサル「もう動けるのか!?」

    みどり子「何があったのか説明してよね!!」

    ナカジマ「それは知りたいよねぇ」

    ねこにゃー「ボクもききたいなぁ」

    みほ「はいっ。実は――」


    柚子「よかったぁ」

    杏「結局、河嶋の早とちりだったわけだな」

    桃「違います。あれでいいんです。私の失言は責められて当然ですから」

    杏「そう?」

    桃「それにしても私が購入した大量のボコグッズ……どこにいったんだ……」

    柚子「ふふっ」

    桃「何故、笑う?」






    51以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/12/20(水) 23:36:06.40 ID:1v1aLXDJo
    島田家

    千代「……もしもし、愛里寿?」

    愛里寿『はい、お母様』

    千代「この大量のボコグッズは?」

    愛里寿『部屋に置けない分をお送りしました』

    千代「そう……。それはいいとして、大洗の学園艦から直送のものもあるけれど」

    愛里寿『大洗の会長から買い取ったものです。連絡があったので買い取ってほしいと』

    千代「どうして買い取ったの?」

    愛里寿『金欠で可哀想な子がいるから救ってほしいと言われました』

    千代「それは貴女が救わなければならない人だった?」

    愛里寿『はい』

    千代「なら、結構。また連絡するわ、愛里寿」

    愛里寿『はい』

    千代「……さて」

    千代「どこに飾ろうかしら」






    52以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/12/20(水) 23:42:12.81 ID:1v1aLXDJo
    大洗女子学園 生徒会室

    柚子「島田さんのところにお礼の品を送っておきますね」

    杏「うん。よろしくぅ。たっかい買い物してくれたし、良い物おくっておいてねぇ。私のポケットマネーで」

    柚子「どうしようかなぁ……」

    杏「さぁて、そろそろ仕事するかぁー」

    みほ「仕事!?」

    沙織「するんですか!?」

    杏「するよぉー。生徒会選挙も控えてるしなぁ」

    柚子「忙しくなりますねー」

    桃「会長!! 次期会長候補が見つかりません!! 誰も手を挙げてくれません!!」

    杏「ま、だろうねぇ。なら、私としてはぁ……西住ちゃん……」

    みほ「わたしですかぁ!?」

    杏「ま、選挙次第だねぇ。とはいえ、隊長と会長を両方やるのも酷かぁ。私としても西住ちゃん以外がいいかな」

    華「あのぉ。わたくしでよければ……」

    優花里「だったら、私も補佐として立候補します」






    53以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/12/20(水) 23:48:06.83 ID:1v1aLXDJo
    数ヶ月後 大洗女子学園 生徒会室

    杏「いやぁ、悪いねぇ。河嶋のために」

    桃「誠にすまない!!」

    優花里「いえいえ。何を仰います」

    沙織「そうですよぉ。無限軌道杯に河嶋先輩が隊長として出場して、AO入試で合格しましょう! うん!」

    華「わたくしたち、がんばります」

    麻子「任せてくれ」

    桃「ありがとう……」

    みほ「河嶋先輩」

    桃「西住……。あんなことがあったのに……わたしを……その……」

    みほ「河嶋先輩。今はもう貴方が隊長です。しっかり、みんなを導いてあげてください」

    桃「わ、わたしが……た、いちょう……!!」

    みほ「はい」

    桃「あ、ああ。やるぞ……!! みんなが私のためにやってくれるのなら……!!」

    みほ「……それじゃあ、軽く練習しておきましょうか」






    54以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/12/20(水) 23:51:59.22 ID:1v1aLXDJo
    みほ「この戦況ならどういう指示を出しますか?」

    桃「ええとだな……。まず全車輌で……」

    みほ「ここを見てください」バンッ

    桃「ひっ」ビクッ

    みほ「川があります。ここへ回り込めば相手の背後につけます」

    桃「そ、そうか。で、では、そこへ全車輌をいどう……」

    みほ「ここに敵車輌がいます」バンッ!!!

    桃「ひぃ」ビクッ

    みほ「相手がこちらの動きに気が付いたらどうするんですか?」

    桃「そ、それなら……アヒルさんチームを偵察に……?」

    みほ「一輌だけですか?」

    桃「あ、ああ!! れ、れおぽんちーむもていさつにだそう!!」

    みほ「はい。良い作戦だと思います」ニッコリ


    沙織「みぽりん、こわくない?」

    優花里「こわいですね」






    55以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/12/20(水) 23:58:06.79 ID:1v1aLXDJo
    みほ「――今の作戦では敵に見つかってしまう確率が上がってしまいますけど」

    桃「で、でも……」

    みほ「……はい?」

    桃「あ、ああ、そうだな……これは悪手だ……」

    みほ「ですよね」


    柚子「桃ちゃん……」

    杏「西住ちゃん、やっぱり思うところはあったんだろうねぇ」

    沙織「ま、まぁ、転校しろ!はねぇ」

    麻子「西住さんにとっては一番言われたくない言葉だろうしな」

    華「アクティブなみほさんも素敵ですわ」

    優花里「河嶋殿……今は耐えてください……」


    みほ「では、このときに狙われたらどうするつもりなんですか? どう逃げるんですか?」

    桃「ええと……あの……」

    みほ「迷わないでください、河嶋隊長」

    桃「う……ごめんなさぁい……もう……ゆるしてぇぇ……」


    おしまい。



     コメント一覧 (9)

      • 1. 金ぴか名無しさん
      • 2017年12月22日 05:57
      • きめぇ
      • 2. 金ぴか名無しさん
      • 2017年12月22日 06:56
      • 良かった
      • 3. 金ぴか名無しさん
      • 2017年12月22日 07:19
      • ガルパンは粗筋しか知らないけど面白かった。
      • 4. 金ぴか名無しさん
      • 2017年12月22日 09:35
      • クソザコメンタルメガネTV版の頃からきらい
      • 5. 金ぴか名無しさん
      • 2017年12月22日 11:30
      • >桃「あ、ああ!! れ、れおぽんちーむもていさつにだそう!!」
        卑猥な単語が見えたから寝足りないのかもしれん
      • 6. 金ぴか名無しさん
      • 2017年12月22日 12:24
      • 杏のコネで生徒会入っただけでクソ無能だよな
      • 7. 金ぴか名無しさん
      • 2017年12月22日 15:53
      • 致命的なところで口が滑るタイプよね桃ちゃん
        ベローチェのって偵察だけしてろ
      • 8. 金ぴか名無しさん
      • 2017年12月23日 01:40
      • このSSも甘い西住殿だなあ
      • 9. 金ぴか名無しさん
      • 2017年12月23日 02:07
      • 桃ちゃん可愛い!チンチン舐めてあげたい!
    コメントフォーム
    記事の評価
    • リセット
    • リセット

    ※連投、荒らし、宣伝、不適切と判断されたコメントは「非公開、規制」の対象になります
      当サイトについて
      記事検索
      アーカイブ
      スポンサードリンク