【アイマス】 美希「最高のおにぎりの食べ方」
    2018年05月17日 コメント(1) 長編創作・SS 
    nhz25
    1 ◆pvi4t7el1QeD :2018/05/15(火) 19:02:46.94 ID:zkE8cO2g0

    美希「おいしいの〜♪」モグモグ

    貴音「そんなに美味なのですか、そのおにぎりは」

    美希「あげないからね!」

    貴音「ふふ......それは残念です」

    美希「はむっ......う〜ん、このおかかがいい感じにきいてるの!」モグモグ

    貴音「それにしても美希は本当においしそうに食べますね」







    1 ◆pvi4t7el1QeD :2018/05/15(火) 19:02:46.94 ID:zkE8cO2g0
    美希「うん。おにぎりはおいしいもん」

    美希「貴音もラーメン食べるときそうなるでしょ?」

    貴音「そうですね。つまりわたくしにとっての、らあめんのようなものだと......」

    美希「そうなの。どうせ今日もラーメン食べてきたんでしょ?」

    貴音「なぜわかったのですか」

    美希「いやラーメン食べない貴音なんて一年の中でも珍しいじゃん」

    貴音「......」

    美希「貴音、今日いっしょにレッスンだよね?」

    貴音「ええ、それに響も加わって三人です」

    美希「響はどこ......? 前科があるから見張ってないとだめなの!」

    貴音「レッスンの前に帰ってくるはずです、大丈夫ですよ。ああ見えて響はしっかりしていますから」

    美希「美希もわかってるよ...... でも怒られるのはミキなの」

    貴音「あれは美希も悪かったと思いますが......」

    美希「うるさいよ! 貴音も律子に怒られてみればわかるの!」

    貴音「律子嬢が恐ろしいのは知っております。わたくしもこの前らあめんを五食続けたときに受けたお説教は......もう......」

    美希「あぁ...... 貴音が二日くらいラーメン食べてないと思ってたら律子に怒られてたからだったんだ」

    貴音「律子嬢はわたくしの健康を考えてくれていたのです...... 無碍にはできません」

    美希「いや......普通に律子が怖かっただけでしょ」

    貴音「......」







    6 ◆pvi4t7el1QeD :2018/05/15(火) 19:30:17.02 ID:zkE8cO2g0

    美希「うーん♪」モグモグ

    貴音「それにしても今日は具が入っているのですね」

    美希「うん! 今日はお母さんが作ってくれたんだ!」モグモグ

    美希「お母さんね、いつもめんどくさがって中身を入れてくれないんだけど」

    美希「今日はお姉ちゃんのテストとかで美希にも具入りを作ってくれたの!」

    美希「お姉ちゃん毎日テストならいいのに......」

    貴音「それは姉君が大層気の毒な想像ですね......」

    美希「そうかな? お姉ちゃんはミキのためなら喜んでくれると思うけど......」

    貴音「美希、甘えてばかりではいけませんよ?」

    美希「しってるよ、だからお母さんには普段から具入りのおにぎり作ってほしいの」

    貴音「自分で作ってみたりしてはどうです? 自分の好きな味にできるのですよ」

    美希「えぇ〜、自分のためにおにぎり作りだしちゃったら本末転倒なの......」モグモグ

    貴音「美希...... 精進するのです......」








    8 ◆pvi4t7el1QeD :2018/05/15(火) 19:35:47.52 ID:zkE8cO2g0

    美希「ん〜♪」モグモグ

    美希「......あ」ゴクン

    美希「終わっちゃった......」

    貴音「残りは......一つですね」

    貴音「時に美希、おにぎりの具はなにが好きなのでしたでしょうか」

    美希「ミキ、梅干し以外ならなんでも好きだよ」

    貴音「なんと......梅干しが苦手ですか......」

    美希「うん......梅干し食べただけで、顔がね......みょーんってなっちゃうからイヤ!」

    貴音「そうなのですか......みょおん......」








    9 ◆pvi4t7el1QeD :2018/05/15(火) 19:39:30.46 ID:zkE8cO2g0

    美希「貴音、屋上いかない? おひさまぽかぽかできっと気持ちいいよ」

    貴音「まこと良き考えです。自然の光を体一杯に浴びましょう」

    美希「そうなの、よくわかんないけど......」

    貴音「早速行きましょうか!」

    美希「うん! ......あ、まっておにぎり食べながらいくの」

    美希「......」ペリペリ

    美希「......やっぱりおにぎりはアルミホイルで包まれてこそ! って思わない、貴音?」

    貴音「あるみほいる......ですか......」

    美希「うん! ......そういえば貴音がおにぎり食べてるとこなんてあんまり見たことないね」

    貴音「わたくしにとっては一番なじみ深いのは......竹の葉......でしょうか......」

    美希「......た、竹!?」

    貴音「はい。......四条の家にいた時にじいやに貰ったおにぎりは竹で包まれていましたから......」

    貴音「ふふ...... 久しぶりにあのおにぎりをまた食べたいものですね......」

    美希「いこーよ! 美希も竹の葉おにぎりとっても気になるの!」

    貴音「わたくしの目的を達成するまではなりません」

    美希「むー」

    貴音「ですがもし、わたくしがとっぷあいどるとなった暁には......」

    貴音「みなを古都に招待いたしましょう」

    美希「そ、それって......」

    貴音「ええ、竹の葉おにぎりをふるまいましょう!」

    美希「......それ貴音が?」

    貴音「いえ? じいやがですが......」

    美希「貴音も精進しなきゃダメだね〜」

    貴音「なっ!? 美希はじいやのおにぎりが食べたいのでは......」

    美希「貴音が作れるならそれでもいいの......あふぅ」








    10 ◆pvi4t7el1QeD :2018/05/15(火) 19:44:36.13 ID:zkE8cO2g0

    美希「最後のおにぎり......」アムッ

    貴音「ふふ......存分に味わい......」

    美希「......」モグモ...

    貴音「......美希?」

    美希「〜〜〜っ♡」ヘニョーン

    貴音「め、面妖な......なんなのですか、その顔は」

    美希「な、なんなのこれ......おいしすぎるの♡」

    貴音「美味すぎる......と?」

    美希「お、お母さん天才なの...... ミキの人生の中でもこれは......」

    美希「ん〜♡」モグモグ

    貴音「......」ゴクリ

    貴音「あ、あの......美希......」

    美希「ぜったいあげないからね!」

    貴音「そ、そんな...... そのような顔を見せられては......」

    貴音「どうか、どうか...... 後生です、美希......」

    美希「はぁ〜♡」アムッ

    貴音「......美希?」

    美希「いやこれほんとおいしすぎなの。どうやって作ったのお母さん......」モグモグ

    貴音「なぁ!?」

    美希「......ん? あ貴音、悪いけどあげられないの。このおにぎりは流石の貴音でも...... 多分ハニーにもあげられないかも」

    貴音「うぅ...... でしたらそのような顔で食べないでください...... とても気になり
    美希「♪」アムッ

    貴音「ああ!?」

    美希「さいこーなの〜♡」

    貴音「............いけず」

    美希「あ、そうだ! 屋上でこのおにぎりを食べたら...... どうなっちゃうんだろう!?」

    貴音「............いけず」

    美希「いこ、貴音! ミキにはこのおにぎりを追及するぎむがあるの!」

    貴音「............食べられもしないのについて行って、その上目の前で完食されるのを見ていろと?」

    美希「ぶつぶつ言ってないでいくよ、貴音!」

    貴音「............いけず......」








    11 ◆pvi4t7el1QeD :2018/05/15(火) 19:47:44.69 ID:zkE8cO2g0

    貴音「......いけずですわたくしがなぜ美希の美味おにぎりが......びにぎりが、完璧おにぎりに......完璧びにぎりになる様を」ブツブツ

    美希「ちょっと貴音、ミキのおにぎりがまずくなっちゃうの! つべこべ言わずにきて!」

    貴音「............いけず」

    美希「そのいけずいけず言うのもやめるの。ミキにはきかないよ」

    貴音「......」

    美希「さて、いっくの〜♪」ガチャ

    バタン

    貴音「............いけ
    ガチャ

    美希「......なにしてるの?」

    貴音「......いえ、なにも?」

    美希「ふーん...... なんか今日貴音へんだね」

    バタン

    貴音「...いけず!」

    ガチャ








    12 ◆pvi4t7el1QeD :2018/05/15(火) 19:50:44.52 ID:zkE8cO2g0

    バタン

    美希「みてみて! もうこのステップマスターしたんだよ!」タンタンタンタタ

    「あーはいはい。もう、こんなとこで踊らないの! おにぎり片手にほんと器用なもんだわ......」

    貴音「おや、ご機嫌いかかがでしょうか......律子嬢」

    律子「あら貴音、私は大丈夫よ」

    貴音「そうですか、それはそれは」

    律子「それより、あんたは大丈夫なの〜? 今日もお昼ラーメン食べてきたんじゃ...... まっさかね〜、あはは......は...は」

    貴音「そ、そ、そっそそそんなことはありませんにきまっていますので......で......です」

    律子「......」

    貴音「......な、なにか?」

    美希「貴音は今日もラーメン食べてたよ、律子」

    貴音「み、美希!! あなたというものは! わたくしにびにぎりを見せびらかすのでは飽き足らずっ......!!」

    貴音「律子嬢にわたくしを売ったのですか!? もう少しで昼食にらあめんを食べたことはおくびにも出さずにいれたものを!」

    律子「......」

    貴音「あなたのせいですよ! 美希!!」

    律子「律子さん、ね...... それとそれは自白と考えていいのかしら、貴音?」

    貴音「はっ...... り、律子嬢、美希の言葉は気にしないようお願いいたします」

    律子「......」

    美希「......」

    貴音「ふたりとも......なにか?」

    律子「......まぁ説教の後は控えてたみたいだし、最近も一日一食くらいにしてるみたいだし......」

    貴音「そ、そうでしょうそうでしょう!! わたくしは必死に努力しているのです!」

    律子「健康には気を付けるのよ!」

    貴音「わかっております」

    律子「......」ジロ

    貴音「......う............精進いたします」

    律子「よろしい......美希、あんたもよ」

    美希「......え? ミキ?」

    律子「あんたもおにぎりばっか食べてるでしょ? それにあんたのご両親甘いからね...... ちゃんと野菜もとるのよ?」

    美希「律子......」

    美希「うん! 分かったの! ありがとね、律子!」

    律子「......あと『さん』をつけなさい......」

    美希「はーい!!」

    律子「返事はいいんだから......」

    貴音「まったく......美希は仕方ありませんね......」

    律子「......」

    律子「......貴音、あんた劇の演技とかは大丈夫なんでしょうね?」

    貴音「演技......ですか? 日々精進しておりますし、この前はプロデューサーにも褒めていただきましたが......」

    律子「ならいいわ......」








    13 ◆pvi4t7el1QeD :2018/05/15(火) 19:54:07.53 ID:zkE8cO2g0

    美希「でねでね、ここのかかとがこうなったほうがミキ的にはいいかなって」タンタンタタタン

    律子「なるほど、美希のも確かにかっこいいわね......じゃなくて! ここで踊らないの! おにぎりも落としちゃうわよ!」

    美希「え? ......あ、あぶないとこだったの!!」

    律子「まったく......」

    美希「律子! ミキたち屋上で日向ぼっこするんだけど、律子も来ない?」

    貴音「それとびにぎりを食べるつもりです。一人で」ボソッ

    律子「あんたいい加減に『さん』つけなさいよ......それn

    真「うわぁぁぁぁぁぁ!!!」ガチャ

    律子「ま、真!? 危ないわよいきなり!!」

    真「ご、ごめん律子!! で、でも......

    雪歩「待ってよ真ちゃーん!」

    真「......っ!! と、とにかくごめんよ律子、また今度謝るからっ!!」ダッ

    雪歩「待ってってば〜!」ダッ

    律子「......何だったの今のは......」バタン

    美希「あの二人が追いかけあってるのはいつものことなの」

    貴音「それにしても萩原雪歩の方から邪悪な気配を感じましたが......」

    律子「と、とにかく...... 私もうすぐあずささんと、打合せしなきゃダメなのよ。」

    貴音「それであずさは真剣に書類を読んでいたのですね......」

    美希「そうだったっけ?」

    貴音「ええ、だからあまりうるさくしては悪いと思い外に出てきたのです」

    美希「うるさかったの貴音だったけどね」パク

    貴音「......」








    14 ◆pvi4t7el1QeD :2018/05/15(火) 20:00:49.94 ID:zkE8cO2g0

    美希「うんん〜♡」ヘニョーン

    律子「ふっふふ...... 何よその顔......」

    美希「え? このおにぎりおいしすぎるんだよ!」

    律子「どんだけおいしいのよ......」

    貴音「天にも昇るような味に違いありません......」

    美希「ミキ、そんなに変な顔してたかな?」

    律子「いや変ではないけど...... そんな顔しておにぎり食べる人みたことないから...... ふふ」

    美希「そ、それってかわいいの......?」

    律子「......ええ、あんたはいつもかわいいから自信持ちなさい」

    美希「へ、へぇー、そっか......///」

    美希「えへへ、それならいいの! じゃあミキたちもういくね!」

    貴音「律子嬢、ではまた」

    律子「ええ! あんたたち、また昼寝とかしてレッスンすっぽかすんじゃないわよ〜!」

    美希「わかってるの...... 律子のお説教はもうこりごりだもん」

    貴音「そういえば美希、そのおにぎりの具は何なのですか?」

    美希「昆布だよ! こんなにおいしい昆布おにぎりミキ食べたことも、見たことも............それに......

    律子「昆布おにぎり、ね......」ガチャ

    律子(『美希のおいしい昆布おにぎり』とかでグッズ化とか、どうかしら......)








    15 ◆pvi4t7el1QeD :2018/05/15(火) 20:04:44.04 ID:zkE8cO2g0

    ガチャ

    美希「とうちゃーく!」

    貴音「......」

    美希「うーん......」ノビノビ

    貴音「まこと、気持ちがよいですね」

    美希「うん〜、ぽかぽかなの〜、寝ちゃいそうなの〜」

    貴音「そうですか...... はっ!?」

    貴音(ここで美希が寝たらは、わたくしが少しくらいびにぎりを食べてしまってもばれないのでは......!?)

    美希「ん〜......
    貴音「美希......」

    貴音「もしよければ、しばしの間わたくしの膝の上で寝てみてはいかがでしょう?」

    美希「え? 貴音の膝枕でおひるね??」

    美希「......」

    貴音「はい、どうでしょうか。わたくしが起こして差し上げますゆえ、寝過ごす心配もありません」

    美希「......」

    貴音「あの、美希?」

    美希「貴音......」

    貴音「は、はい」

    美希「ミキ、こんなに貴音が友達でいてくれてよかったって思ったことないの!」

    貴音「多少わたくしの今までの評価について疑問がありますが、まあよいでしょう」

    貴音「では」スッ

    貴音「どうぞ」

    美希「わーい! あぁこれは天にも昇るような......」スピー

    貴音「ふふ......」ナデナデ








    16 ◆pvi4t7el1QeD :2018/05/15(火) 20:07:48.19 ID:zkE8cO2g0

    美希「くぅくぅ......」

    貴音「さて...... それにしても......」

    貴音「本当に気持ちの良い春陽ですね、わたくしも思わず眠ってしまいそうです」

    貴音「ふふ...... 美希は安心しておにぎりを横に置いている始末......」

    貴音「これは最大にして最高の好機......!」

    貴音「......」ゴクリ

    貴音「びにぎり...殿...... 初のご対面ですね......」

    貴音「すこしばかりいただくことを......」


    びゅううぅぅぅ


    貴音「風が出てきましたか。暖かな陽ざしのおかげで寒くはありませんが、少し冷ややかな......」

    美希「ううぅ」ブルッ

    貴音「......」

    貴音「びにぎり殿。初対面で大変恐縮ではありますが、いただくのはまたの機会に......」

    貴音「わたくしの友が寒がっているので......」

    貴音「再びお会いできることを心より願います、では」

    貴音「よいしょ」

    貴音「まったく、美希は手がかかって困ります......」ギュッ

    美希「んう......」

    貴音「ふふっ」ナデナデ

    美希「......ぁか、ね......」

    貴音「......何でしょうか」

    美希「......ぽか...ぽか」

    貴音「そうですね...... 風ももう止んできました」

    貴音「しかし春の陽気も暖かいですが、美希も負けず劣らず温かいですね......」

    貴音「少しの間、暖を取ることを許してください」ギュー

    美希「んぅ......」

    貴音「......」

    貴音「わたくし、も......少し......瞼がおも......く......」

    貴音「......」コクッ...コクッ...

    貴音「......すぅ......すぅ」

    美希「......くう...くう」








    17 ◆pvi4t7el1QeD :2018/05/15(火) 20:10:10.69 ID:zkE8cO2g0






    美希「んうっ!」パチッ

    美希「......」ポケー

    貴音「......すぅ...」ギュー

    美希「貴音......? あったかいの......」

    美希「ねてる途中で寒かったのに、あっためてくれたのは貴音だったんだね......」

    美希「......」

    美希「ありがとう、貴音」ナデナデ

    貴音「み......き......」

    美希「ふふっ...... なあに?」

    貴音「び......にぎ、り......どの......」

    美希「ぷぷ、なにびにぎり殿って......」

    美希「時間だいじょうぶだよね?」チラ

    美希「......うん、あんまりたってないの」

    美希「......♪」ナデナデ

    貴音「......すぅ」








    18 ◆pvi4t7el1QeD :2018/05/15(火) 20:15:24.23 ID:zkE8cO2g0

    貴音「む」パチ

    美希「ん...... 起きた、貴音?」ナデナデ

    貴音「......なんでわたくしはなでられているのでしょうか」

    美希「あ......ごめんつい......」

    貴音「......」ポケー

    貴音「いぇ、そのままでかまいません」

    美希「......」ナデナデ

    貴音「ん......♪」

    美希(貴音寝ぼけてるの...... この貴音見るの久しぶりだな......)ナデナデ

    美希(前は...... 確か響と貴音の三人で響の家でお泊りした時だっけ)ナデ...

    美希(楽しかったなー......)

    美希「......♪」ナデナデ

    貴音「......」ポケー

    美希「......」ナデナデ

    貴音「......ん?」

    美希「......」ナデナデ

    貴音「......//」

    貴音「あ、あの......美希」

    美希「うん?」ナデナデ

    貴音「も、もう大丈夫ですから......///」

    美希「そー?」

    貴音「ありがとうございます//」

    美希「ふふっ、いーえ!」








    19 ◆pvi4t7el1QeD :2018/05/15(火) 20:19:21.97 ID:zkE8cO2g0

    貴音「いつの間にかわたくしも眠っていたようです......」

    美希「そうみたいだね、珍しいの」

    貴音「申し訳ありません...... わたくしが美希を起こすと約束したのに......」

    美希「いいの。美希は気持ちよく寝れたし、時間も全然余裕あるし」

    貴音「ですが......」

    美希「......貴音ミキのぎゅってしてくれたでしょ? あのおかげでミキ暖かかったんだよ?」

    貴音「そうですか......」

    美希「ありがとね。貴音」

    貴音「......どういたしまして、美希」

    美希「♪」ボフッ

    美希「それにしても貴音の膝枕の気持ちよさはさいこうなの......」

    貴音「そうでしょうか?」

    美希「ん〜♪」

    貴音「ふふ......」ナデナデ

    美希「〜♪」

    美希「......っは!? ここでおにぎり食べたら......!?」

    美希「これは凄いことになるの...... あれ? おにぎりは......?」

    貴音「ここですよ、美希」

    美希「ありがと貴音...... なんで貴音が持ってるの?」

    貴音「............美希が潰してしまいそうだったので」

    美希「そうだったんだ......」

    美希「ごめんね貴音...... ミキ貴音が食べるつもりだったんじゃないかって疑っちゃった......」

    貴音「う...... い、いえ、いいのですよ。人はみな間違いをするものですから」

    美希「貴音...... うんっ!」

    貴音(胸がいたいです......)








    20 ◆pvi4t7el1QeD :2018/05/15(火) 20:22:21.10 ID:zkE8cO2g0

    美希「そ、それじゃあ......」

    美希「......いただきます!」パクッ

    貴音「......」

    美希「......」モグモグ

    貴音「......ど、どうですか?」

    美希「し、幸せなの〜......」ヘニョーーーン

    貴音「......面妖な」

    貴音「こころなしか美希の顔がとろけているように見えます」

    美希「ん〜♡」パク

    貴音「......」ナデナデ

    美希「んぅ♡」パク

    貴音「......ふふ」ナデナデ

    美希「な、なに?」モグモグ

    貴音「いえ、まこと幸せそうな顔をしていたものですから」

    美希「貴音に撫でてもらいながら食べると、ほんとに昇天するくらい幸せなの。やばいの」ゴクン

    貴音「それは光栄ですね......」ナデナデ

    美希「......」

    美希「......」スクッ

    貴音「......どうしました?」

    美希「もうミキごちそうさまなの」

    貴音「ですがまだ残っているようですが......」

    美希「うん。これはね......」

    美希「貴音、食べて?」

    貴音「へ?」








    21 ◆pvi4t7el1QeD :2018/05/15(火) 20:24:32.08 ID:zkE8cO2g0

    貴音「美希...... なんと?」

    美希「だから、食べていいよ」

    貴音「な、なぜです......? あんなにここで食べるのを楽しみにしていたではありませんか!」

    美希「うん。でももうミキは味わえたし、もういいの。それより......」

    美希「ミキね。貴音に食べてもらって、貴音にでどれだけおいしいか知ってほしいの。貴音も食べたがってたでしょ?」

    貴音「美希......」

    美希「それに...... 貴音とおにぎりの味のことでも、もっと話したいし......」

    貴音「......」

    美希「だめ...かな?」

    貴音「............実はわたくしも先ほどから我慢するのが辛くて......」

    美希「......!!」

    貴音「貰い受けてもよろしいでしょうか?」

    美希「うんっ......うん! 待ってね、いま出すから......」ペリペリ

    貴音「......ふふ」








    22 ◆pvi4t7el1QeD :2018/05/15(火) 20:29:40.64 ID:zkE8cO2g0

    美希「はい! 貴音!」アーン

    貴音「ありがとうございます、美希。ですがびにぎり殿を完璧びにぎり殿にするために......」

    貴音「ここを借りてもよろしいでしょうか?」ボフッ

    美希「......え?」

    貴音「やはり膝枕は不可欠だと思うのです」

    美希「......ふふ 貴音、なんかちょっと小さい子みたいだね///」

    貴音「すみません」

    美希「いいよ...... ほら......」ナデナデ

    貴音「これだけでも格別の多幸感ですが......」

    美希「はい」アーン

    貴音「......意外に早く対面すること叶いましたね、びにぎり殿......」

    貴音「では......」パク

    貴音「......」モグモグ

    貴音「......」ポロポロ

    貴音「こ、こんなにおいしいおにぎりは初めて食べました......」ゴクン

    美希「わかるの、泣く人がいるのもわかるくらい完璧おにぎりなの!」

    貴音「......ありがとうございます。こんなに美味なものを分けてくださり......」

    美希「どう!? おいしいでしょ、ヤバいでしょ??」

    貴音「はい、やばいです」

    美希「やっぱりあげてよかったの...... ミキだけしか知らなかったら貴音がどんな反応するかわかんなかったし」

    美希「......ミキもうれしくなっちゃたし」

    貴音「そうですね...... ではぜひ! 今度はいっしょに二十郎へ............美希ならば......必ずや..................

    美希「え......? それ生すかの時に亜美と真美といってたやつでしょ? ミキは他のところがいいなぁ............でも.............











    23 ◆pvi4t7el1QeD :2018/05/15(火) 20:33:18.83 ID:zkE8cO2g0



    おしまい


    ちなみに題名の意味は 
    The way to eat the best onigiri ではなく
    The best way to eat onigiris でお願いします。








    26以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/16(水) 00:28:59.38 ID:i8BAFLtio
    みきたかええやん



    • 「【アイマス】 美希「最高のおにぎりの食べ方」」をTwitterに投稿する
    • 「【アイマス】 美希「最高のおにぎりの食べ方」」をいいね!する
    この記事へのコメント
    1. Posted by 以下、金ぴか名無しさんがお送りします。   2018年05月17日 13:18 ID:aLJ.3Gvm0
    寿司の方が美味いぞ
    名前:
      情報を記憶:
    コメント:
     
    ※連投、荒らし、宣伝、不適切と判断されたコメントはNGの対象になります
      当サイトについて
      記事検索
      アーカイブ
      スポンサードリンク