【ダリフラ】 ゼロツー「入れ替え? ボクは嫌だよ」
    2018年05月27日 コメント(5) 長編創作・SS 
    ece1e04a
    1以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/20(日) 22:41:05.61 ID:o928Sayyo
    ナナ「ええ、だからこうやって希望者を募っているの」

    ハチ「誰か、やっても良いという者はいないか?」


    イチゴ「あの……前にやったのと同じ実験、ですよね?」


    ナナ「いいえ、違うわ」

    ハチ「前回の実験では、ステイメンとピスティルの組み合わせを変えただろう」

    ナナ「でも、今回は組み合わせはそのままで、位置だけ変える――」

    ハチ「――ポジションチェンジだ」


    一同「……」







    2以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/20(日) 22:44:18.91 ID:o928Sayyo
    ゴロー「あの……つまり、どういう事ですか?」


    ナナ「今は、ピスティルが前席、ステイメンが後部席に座ってるわよね」

    ハチ「今回の実験では、その逆――」

    ナナ「――ステイメンが前席、ピスティルが後部席に座って貰うわ」


    一同「……?」


    ナナ「……なんだか、ピンと来てないみたいね」

    ハチ「無理もない。だが、博士の指示には従わなければ」


    一同「……」






    3以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/20(日) 22:47:19.34 ID:o928Sayyo
    ミク「はーい! ってことは、私達女子が男子のお尻を見るって事ですか?」


    ナナ「そうね……そうなるわ」

    ハチ「あくまでも、これは実験だ。強制はしないようにと言われている」


    ゼロツー「……ダーリンのお尻をまじまじ眺められるのかぁ」ニンマリ

    ヒロ「ぜ、ゼロツー!? 何言ってるんだ!?」

    ゼロツー「だってさ、不公平だと思わない?」


    一同「不公平?」


    ゼロツー「ボク達女子だけ、一方的にジロジロ見られ続けるなんてさ」


    一同「……」






    5以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/20(日) 22:51:32.54 ID:o928Sayyo
    イクノ「それは……確かに、そうかも」

    イチゴ「い、イクノ?」

    イクノ「ゼロツーの言う通り、フェアじゃない部分もあると思うわ」

    女子達「……」


    ナナ「どう? 無理なようなら、博士には伝えておくわ」

    ハチ「女子は乗り気なようだが……男子はどうだ?」


    男子達「……」


    ゾロメ「……俺、やっても良いですよ」


    一同「……ゾロメ?」






    6以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/20(日) 22:55:31.56 ID:o928Sayyo
    ミク「な、何よアンタ……そんなにミクにお尻を見せたいわけ……!?」

    ゾロメ「ば、バッカちげーよ! そんなんじゃねえっつーの!」

    ミク「な、なら……なんでよ」

    ゾロメ「……」


    ゾロメ「その……痛みは、前席の奴が引き受けるんですよね?」


    ナナ「ええ、そうなるわ」


    ゾロメ「俺、あの……うまく言えねーんだけど」

    ゾロメ「こんな奴でも俺のパートナーだし、その……」

    ゾロメ「……痛がってる姿は、もう、見たくないっていうか……です」


    一同「……」


    ミク「ちょ……ちょっと……何言ってるのよ……?///」






    7以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/20(日) 23:00:28.34 ID:o928Sayyo
    ゼロツー「良いなぁー、ミクってパートナーに大切にされてて」

    ミク「ぜっ、ゼロツーまで何言ってるの!///」

    ゼロツー「あっ、赤くなった」

    ミク「なってない!///」


    ゴロー「……だけど、確かにゾロメの言う通りかもしれない」

    ミツル「ええ……僕達にも、出来る事があるのだったら……」

    ヒロ「上手くいくかはわからないけど……試してみる価値はある」


    フトシ「そうだよ! 俺、もうココロちゃんの痛がる姿は見たくないよ!」


    イクノ「……ねえ、今のパートナーは私なんだけど?」


    フトシ「うん。だから、俺は実験には参加しないよ」


    一同「……」






    8以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/20(日) 23:04:58.77 ID:o928Sayyo
    ゼロツー「面白そうだから、ボクはやってみても良いよ!」

    ヒロ「俺も、ゼロツーと同じ気持ち……じゃないけど、やります」

    ゼロツー「おっ、さっすがダーリン! 話がわかるぅー!」

    ヒロ「……キミにだけ、痛い思いはさせられないからね」

    ゼロツー「……」

    ヒロ「? どうしたの、ゼロツー?」

    ゼロツー「――ダァーリンッ♪」

    ぎゅっ!

    ヒロ「う、うわっ!?」

    ゼロツー「ダーリン♪ ダーリン♪ ダーリンっ♪」


    一同「……」






    9以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/20(日) 23:09:15.40 ID:o928Sayyo
    ミク「……ミクは、やらなくてもいいです」

    ゾロメ「あぁ!? お前、俺の話聞いてたのか!?」

    ミク「聞いてたわよ、うっさいわね!」

    ゾロメ「だったら良いじゃねーか! やるぞ!」

    ミク「やーらーなーいーって言ってるでしょ!」

    ゾロメ「なんでだよ!」

    ミク「そ、それは……その……///」


    ミク「アンタが、そんな風に思ってくれてたとか……その……///」

    ミク「だったら、ミクもその分頑張らなきゃって思えたし、あの……///」

    ミク「……とっ、とにかく! アンタは操縦に専念してれば良いの!///」

    ミク「わかった!?///」


    ゾロメ「意味わかんねえよ!」


    一同「……わかれよ」






    10以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/20(日) 23:13:57.63 ID:o928Sayyo
    イチゴ「……まぁ、ミクの言う通りかもしれないわね」

    ゴロー「イチゴ?」

    イチゴ「私も頑張るから、ゴローも操縦頑張れってこと」

    ゴロー「良いのか?」

    イチゴ「そもそも、操縦の練習なんかしたことないしね」

    ゴロー「ま、俺たちは今のやり方が一番合ってるだろうしな」

    イチゴ「そういう事。さすがゴロー、わかってるじゃない」

    ゴロー「お前の尻を眺めるのも悪くない、ってこった」

    イチゴ「……ゴロー?」

    ゴロー「じょ、冗談だよ、冗談! マジになるなって!」


    一同「……」






    11以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/20(日) 23:18:46.22 ID:o928Sayyo
    ミツル「ココロさん……僕達は、やってみませんか?」

    ココロ「み、ミツルくん……///」

    ミツル「その方が、その……お互いの気持ちを理解しあえると思うんです」

    ココロ「はうぅ……///」

    ミツル「もし失敗しても、この経験は今後必ず活きるはずです」

    ココロ「経験を……今後に活かす……?」

    ミツル「はい……そうは、思いませんか?」

    ココロ「……」


    ナナ「……話はまとまったみたいね」

    ハチ「実験に参加するのは、二組か」


    ココロ「――あっ、あのっ! 実験にあたって、その、試して欲しい事が!」

    ココロ「それが出来るなら、えっと……色んなデータが取れると思うんです!」


    一同「……?」






    12以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/20(日) 23:22:54.88 ID:o928Sayyo
      ・  ・  ・

    ナナ『――二人共、配置にはついた?』


    ヒロ「はい!」

    ゼロツー「うん、ボクは問題ないよ。ダーリンは?」

    ヒロ「ちょっと……落ち着かないかな、はは」

    ゼロツー「大丈夫だよ、ダーリン。すぐに慣れるから♪」

    ヒロ「……そうかなぁ」

    …ぷりんっ♪


    ゼロツー「……ダーリンのお尻」ボソッ


    ヒロ「? ゼロツー?」

    ゼロツー「う、ううんっ! 何でも無い! 何でも!」

    ヒロ「……?」






    13以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/20(日) 23:25:42.96 ID:o928Sayyo
      ・  ・  ・

    ハチ『――二人共、配置についたか』


    ココロ「はいっ!」

    ミツル「待ってくださいよ! おかしいですよ、こんなの!」


    ハチ『何がだ』


    ミツル「どうして、僕は仰向けの体勢なんですか!?」

    ミツル「普通は、うつ伏せでお尻を向けるだけでしょう!?」

    ミツル「操縦桿も、真ん中に一本あるだけだし!」


    ハチ『問題は無いようだな』


    ココロ「はいっ! ありません! 何にも問題ないです!」

    ミツル「ココロさん!? あの、ココロさん!?」






    14以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/20(日) 23:30:10.27 ID:ho2RcYQM0
    本性現したわね






    15以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/20(日) 23:30:14.29 ID:o928Sayyo
    ココロ「? どうしたの、ミツルくん?」

    ミツル「どうしたの、じゃないですよ! 何故、この体勢で!?」

    ココロ「……」

    ミツル「な、何か言ってくださいよ……!?」

    ココロ「……」

    ミツル「仰向けでも、モニターが邪魔で顔が見えないんですから、その……」

    ココロ「……えっ? 何か言った?」

    ミツル「き、聞いてなかったんですか?」

    ココロ「ご、ごめんね……」


    ココロ「あまりの良い眺めに、意識が飛びそうになっちゃって」


    ミツル「……!?」






    16以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/20(日) 23:35:55.82 ID:o928Sayyo
      ・  ・  ・

    ナナ「……ポジティブパルス、ネガティブパルスが共に増大しています」


    博士「ふむ……326と556は起動までいくかも知れんな」


    ハチ「ですが……あの様子では」

    ナナ「それに……いつの間にあんなスーツを?」


    博士「研究者とは、いついかなる時も探求する心を忘れんもんじゃ」

    博士「奴ら……コード556も中々の研究心を持っておる」


    ナナ・ハチ「……」


    博士「なんじゃ、その目は?」

    博士「……まあ、あの台詞を言うのが正解かもしれんな」


    博士「――こんな事もあろうかと!」






    17以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/20(日) 23:44:45.30 ID:o928Sayyo
    博士「しかし……それに比べて、あのじゃじゃ馬め」

    博士「今にも我を忘れそうではないか」

    ナナ・ハチ「……」


    ゼロツー『だ……ダーリン……はぁ……はぁ……!』

    ヒロ『ど、どうしたんだゼロツー? 息が荒いけど……』

    ゼロツー『ぷりぷり……ぷりんぷりんしてるんだ……!』

    ヒロ『……は?』


    ナナ「……ゼロツーのポジティブパルス……振り切れそうです」

    ハチ「超ポジティブ……ということか」

    博士「お前さんら、ああいうのを何と言うか知らんのか?」

    ナナ・ハチ「は?」


    ゼロツー『ダーリン、めっちゃ、プリンケツ!』

    ヒロ『ゼロツー!? や、やめっ……何を――』


    博士「――ありゃ、阿呆と言うんじゃ」






    18以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/20(日) 23:52:25.61 ID:o928Sayyo
      ・  ・  ・

    ゼロツー「ダーァリンっ♪ 良いよね? 良いよね?」

    ヒロ「何!? こっちから見えないから……なっ、何をする気!?」

    ゼロツー「何って……そんなの決まってるじゃないか」ニンマリ

    ヒロ「決まってるの!?」

    ゼロツー「……んっふっふ! ちょっと強引にいこうかなぁー」ニンマリ

    ヒロ「怖い怖い怖い怖い! 強引って!?」

    ぷりぷりんっ♪

    ゼロツー「暴れるとお尻がぷりぷり……が、我慢できない!」


    ヒロ「や、やめ――」


    ゼロツー「ダーリンは、ボクのダーリンだ」

    ゼロツー「つまり、ダーリンのお尻もボクのものだ」


    ヒロ「――い、いやああああっ!」






    19以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/20(日) 23:59:02.65 ID:o928Sayyo
      ・  ・  ・

    ミツル「こ、こんな僕を見て……感想がそれですか!?」

    ココロ「うん、そうだよ?」

    ミツル「あっ、貴女はどうかしている!」

    ココロ「……そんな……ひどい」

    ミツル「あっ、す、すみません!……言い過ぎました」

    ココロ「……ううん、良いの……でもね?」

    がしっ!

    ミツル「うんんっ!? 急に操縦桿を握らな――」


    ココロ「ミツルくんも、これからどうかなっちゃんだよ?」

    ぐいんぐいんっ!


    ミツル「うああっ!? や、やめてくださ……っ!」ビクンッ!

    ミツル「あ……ひっ……!」ビクンッ!

    ミツル「ヒロ――ッ!」ビクーンッ!






    20以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/21(月) 00:06:06.39 ID:eLv5E9jAo
      ・  ・  ・

    ナナ「――結論から言うわ」

    ハチ「今回の実験は失敗だった」


    ゼロツー「えーっ? あんなに楽しかったのに?」

    ココロ「は、はいっ! 実験、続けるべきだと思います!」


    ナナ「……あのね、貴女達。楽しければ良いってものじゃないの」

    ハチ「二人はこう言っているが……お前たちはどうだ?」


    ヒロ「お尻のほっぺたが取れそうです」

    ミツル「実験後、物凄く怒られるので二度とゴメンですね」


    ハチ「……だ、そうだ」


    ゼロツー・ココロ「……」






    21以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/21(月) 00:12:08.27 ID:eLv5E9jAo
    ゼロツー「ダーリン、ボクは楽しかったよ?」

    ヒロ「うん。だけどゼロツー、俺のお尻は真っ赤だよ」

    ゼロツー「へへへ、ボクのツノとお揃いだね♪」ニコッ

    ヒロ「うん。だけどゼロツー、笑い事じゃないんだ」

    ゼロツー「ダーリン、実験じゃなくてもお尻揉んでいい?」

    ヒロ「ゼロツー? 話聞いてる? ゼロツー?」


    ココロ「ミツルくん、私、怒ってないよ?」ニコニコ

    ミツル「嘘ですね」

    ココロ「本当に怒ってないよ? ミツルくん」ニコニコ

    ミツル「……すみませんでした」

    ココロ「ねえ、どうして謝るの? ミツルくん」ニコニコ

    ミツル「それは……あの……」

    ココロ「わからないのに謝ってたの? ふふっ、それって変だよね?」ニコニコ

    ココロ「わからないのに怒られて、そんなの、納得出来るわけないよね?」ニコニコ

    ミツル「……ひっ!?」


    ナナ・ハチ「……」






    22以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/21(月) 00:18:13.12 ID:eLv5E9jAo
    ゼロツー「ねえ、良いでしょダーリン」

    ヒロ「駄目だってば! わかってくれよ!」

    ゼロツー「なんで?」

    ヒロ「お尻が取れそうなんだって!」

    ゼロツー「それじゃあ、ボクのお尻を半分あげるよ。それで解決だね♪」

    ヒロ「何言ってるんだ!?」

    ゼロツー「ダーァリンッ♪」


    ココロ「ねえ、どうして怖がってるの? ねえ、ミツルくん」ニコニコ

    ミツル「す……すみません」

    ココロ「どうしてって聞いてるんだよ? ねえ、ねえ?」ニコニコ

    ミツル「あ……ひ……ヒロ――ッ! ヒロ――ッ!」

    ココロ「……ミツルくん?」



    ナナ・ハチ「……」






    23以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/21(月) 00:26:16.80 ID:eLv5E9jAo
    ナナ「……やっぱり、今までの配置には意味があったのね」

    ハチ「ああ。やはり、パパの言うことに間違いはないな」

    ナナ「ええ。あの四人を見てると、本当にそう思うわ」

    ハチ「……彼らが特殊なだけな気もするが」


    ゼロツー「大人しくしなよ、ダーリン」ニンマリ

    ココロ「大人しくして、ミツルくん」ニコニコ


    ナナ「……今回の実験は、刺激が強すぎたみたいね」

    ハチ「他の子供達に影響が出ないよう、気をつけねば」

    ナナ・ハチ「二度と……悲しみを繰り返さないために」


    ヒロ・ミツル「あっ……いっ……!」


    ヒロ・ミツル「イヤアアアアアアアアアッ!!?」



    おわり






    25以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/21(月) 02:18:24.50 ID:qFOX5IysO

    いやあゾロメとミクは良いパートナーですね(他の奴等から目をそらしつつ)






    26以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/21(月) 03:22:40.59 ID:suY1WOLeo

    探求してはいけない世界ってあるんだね……とりあえずフトシくんはもう少し本心を隠してください






    27以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/21(月) 10:16:35.66 ID:w2cqpq8DO
    フトシの代わりにミツルにノルマが...!



    プリンケツ体操
    プリンケツ体操
    posted with amazlet at 18.05.22
    プリンケツ☆けいこ
    マガジンハウス
    売り上げランキング: 695,305
    • 「【ダリフラ】 ゼロツー「入れ替え? ボクは嫌だよ」」をTwitterに投稿する
    • 「【ダリフラ】 ゼロツー「入れ替え? ボクは嫌だよ」」をいいね!する
    この記事へのコメント
    1. Posted by 以下、金ぴか名無しさんがお送りします。   2018年05月27日 03:41 ID:W11qWH3r0
    こういうまとめ苦手
    2. Posted by 以下、金ぴか名無しさんがお送りします。   2018年05月27日 07:51 ID:8nqQLpeU0
    SSの割合が多くて鬱陶しくなってきた
    3. Posted by 以下、金ぴか名無しさんがお送りします。   2018年05月27日 08:43 ID:m0DKvIBL0
    むしろ増やしてくれ
    見たくないのは見なければ良いんじゃない?阿保なの⁇
    4. Posted by 以下、金ぴか名無しさんがお送りします。   2018年05月27日 09:00 ID:8nqQLpeU0
    SSまとめは専用のまとめサイトで読んでるしなー

    このままじんわりとSSまとめサイトに変わったりしないよね?
    5. Posted by 以下、金ぴか名無しさんがお送りします。   2018年05月27日 14:16 ID:h63sQD1M0
    SSで有名なサイトなのに何言ってんだこいつは…
    名前:
      情報を記憶:
    コメント:
     
    ※連投、荒らし、宣伝、不適切と判断されたコメントはNGの対象になります
      当サイトについて
      記事検索
      アーカイブ
      スポンサードリンク