ペンギン「知らなかったのか? ……ペンギンは剣より強いんだぜ」
    2018年06月18日 コメント(12) 長編創作・SS 
    ISHI_hansamupen_TP_V
    1以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/17(日) 16:08:20.77 ID:mXL/vBYN0
    ヒュゥゥゥゥ…


    ペタッ… ペタッ… ペタッ…

    ペンギン「やれやれ、やっと町に着いたか……」

    ペンギン「どれ、冷たい氷水でも飲むとしよう……」



    ペタッ… ペタッ… ペタッ… ペタッ… ペタッ…







    2以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/17(日) 16:10:09.71 ID:mXL/vBYN0
    ―酒場―

    ペンギン「……」

    店主「ペンギンの客が来るなんてのははじめてだ……ご注文は?」

    ペンギン「氷水を」

    店主「……」ビキッ

    店主「お客さん、冷やかしですかい?」

    ペンギン「冷やかしじゃない。お冷やをくれ」

    店主「ふざけんなッ! うちは酒場なんだ! 酒飲まねえなら出てけッ!」

    ペンギン「……」






    3以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/17(日) 16:13:47.66 ID:mXL/vBYN0
    女記者「だったら、こういうのはどう?」

    店主「!」

    女記者「この店で一番高いお酒をちょうだい。あとついでに氷水も」

    店主「そんならかまいませんが……」

    店主「どうぞ」スッ

    女記者「どうも〜」グビグビ

    女記者「ぷはっ、おいしい!」

    女記者「はい、ペンギンさん。氷水(これ)は私からのおごりよ」スッ

    ペンギン「……ありがとう」ゴクゴク

    ペンギン「うまい」

    ペンギン「おかげで、人心地がついたよ」

    女記者「ふふっ、それはよかった!」






    4以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/17(日) 16:15:07.91 ID:mXL/vBYN0
    女記者「じゃあ、今度は私の頼みを聞いてくれる?」

    ペンギン「もちろんだ」

    女記者「それじゃ……」

    女記者「私、旅をしながらスクープを探してるフリーのジャーナリストなんだけど」ペチャクチャ

    女記者「しゃべるペンギンなんて見るの初めてなの! もうワクワクが止まらないわ!」ペチャクチャ

    女記者「このチャンスにみっちりきっちり取材させてもらうから、覚悟してちょうだいね!」ペチャクチャ

    ペンギン「!」ギョッ






    5以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/17(日) 16:16:46.28 ID:mXL/vBYN0
    女記者「ご出身は?」

    ペンギン「な、南極だ」

    女記者「どうしてこの町に?」

    ペンギン「あてのない旅の途中、たどり着いた」

    女記者「なぜ旅を?」

    ペンギン「ペンギンは飛べない……」

    女記者「?」






    6以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/17(日) 16:18:59.74 ID:mXL/vBYN0
    ペンギン「南極の外に出られるようなペンギンはごくわずかだ」

    ペンギン「俺の仲間のうち、ほとんどは南極で一生を終える」

    ペンギン「だから俺は、南極から出られない仲間の分まで、外の世界を見聞しようと思ったんだ」

    女記者「なるほどなるほどぉ〜」

    女記者「それで……」

    ペンギン「ま、まだあるのか」

    女記者「当然! こんなチャンスめったにないもの!」






    7以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/17(日) 16:21:17.66 ID:mXL/vBYN0
    バタンッ!

    「おっ、すいてるぜ!」 「ついてるゥ!」 「とっとと酒と肉持ってこいやぁ!」

    ゾロゾロゾロ…



    店主「ゲ、きやがった……」

    ペンギン「……」

    女記者「なんなのあいつら?」

    店主「この町の鼻つまみ集団ですよ」

    店主「普段は町外れにたむろしてて、時折こうやって町に出てきて、タダで飲み食いするんでさ」

    女記者「悪い上にどうしようもない奴らね」

    店主「特に……」






    8以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/17(日) 16:24:03.89 ID:mXL/vBYN0
    ワイワイ… ガヤガヤ…

    大男「ガッハッハ、今日は飲むぞぉ!」

    剣士「お前はいつも飲んでるだろうが」



    店主「あの二人がヤバイ」

    店主「ウワサじゃ元傭兵かなんからしくて、恐ろしく腕が立つんでさ」

    店主「間違っても取材するようなことしないで下さいよ」

    女記者「分かってるわよ! 今の私はペンギンさんに夢中だし!」

    ペンギン「夢中になられても困るんだが……」






    9以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/17(日) 16:26:56.65 ID:mXL/vBYN0
    手下「――お?」

    手下「よそ者の匂いがすると思ったら、こんなとこにいやがった! しかも二匹も!」

    店主「お客さん、勘弁して下さいよぉ〜」

    手下「うるせえ!」

    店主「ひっ!」

    手下「女と……ペンギン? どういう組み合わせだ、こりゃ?」

    女記者「……」

    ペンギン「……」






    10以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/17(日) 16:28:44.57 ID:mXL/vBYN0
    手下「おい姉ちゃん、なかなか美人じゃねえか。俺と――」

    女記者「……!」

    ペンギン「よせ」

    手下「!」

    手下「なんだぁ!? このペンギン喋りやがるのかよ! おっもしれえや!」

    ペンギン「……」

    手下「おい、ペンギンってのは『ペンペン』って鳴くんだろ!? 鳴いてみせろよ!」

    ペンギン「……」






    11以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/17(日) 16:30:47.40 ID:mXL/vBYN0
    ペンギン「ペンペ〜ン、ペンペ〜ン」パタパタ

    女記者「!」

    手下「……ぷっ」

    手下「ギャハハハハッ! ホントにペンペンって鳴くのかよ!」



    大男「おい、そんな奴らほっとけ! とっととこっち来て飲もうぜ!」

    剣士「……」



    手下「へい! あ〜、面白かった!」






    12以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/17(日) 16:32:48.75 ID:mXL/vBYN0
    女記者「ありがとう、ペンギンさん……」

    女記者「あんな鳴き声出すなんて、プライドにさわったでしょうに」

    ペンギン「別に気にしちゃいないぜ」

    ペンギン「降りかかる火の粉を安全に振り払えるなら、それに越したことはないさ」

    ペンギン「俺は暑がりだからな……」

    女記者「ペンギンさん……」






    13以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/17(日) 16:34:34.79 ID:mXL/vBYN0
    ザワザワ… ガヤガヤ…

    「そろそろ出るか!」 「おう、小便したくなっちまった!」 「飲んだ飲んだ〜!」

    バタンッ!



    店主「ふぅ、やっと出ていきやがった! 町の厄病神どもめ……」

    女記者「じゃ、私たちも静かに飲み直しましょっか! ペンギンさん!」

    ペンギン「ああ」






    14以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/17(日) 16:37:17.30 ID:mXL/vBYN0
    ……

    女記者「ふむふむ、なるほど……」カリカリ

    ペンギン(取材はまだ終わらないのか……)

    ペンギン(ま、付き合っちまってる俺も俺だが……)



    キャーッ!!!



    店主「なんだぁ!?」

    女記者「悲鳴!? 外からだわ!」

    ペンギン「……」






    15以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/17(日) 16:40:42.82 ID:mXL/vBYN0
    ―町―

    ヒューヒュー! ピーピー!

    「いいぞーっ!」 「やっちまえーっ!」 「脱がせ脱がせ!」

    手下「そうあわてんなって!」

    町娘「お、お願い……やめて……」

    中年「お願いします! 娘には手を……!」

    手下「うるせえ!」

    ドゴッ!

    中年「ぐぎゃ!」ドサッ


    大男「ガッハッハ! とっとと済ませちまえよ!」

    剣士「……」



    町民A「またあいつらか……」

    町民B「どうしようもねえよ。逆らったらこっちが殺されちまう……」






    16以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/17(日) 16:43:29.82 ID:mXL/vBYN0
    女記者「なんてひどいことを……!」

    ペンギン「……」

    女記者(白昼堂々、若い女の子が大勢の男に……!)

    女記者(目の前でこんな非道が行われてるというのに、私は見てるだけしかできないの!?)

    女記者(いえ、私はジャーナリスト! 出来ることはあるはず! ペンは剣より強いんだから!)

    女記者「待ちなさい!」ダッ

    ペンギン「! ……おい!」






    17以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/17(日) 16:45:54.64 ID:mXL/vBYN0
    手下「なんだ、さっきのよそ者じゃねえか」

    女記者「その女性から手をはなしなさい!」

    手下「あぁ?」

    女記者「でないと……私はあなたたちを記事にして告発するわ!」

    手下「は? 記事ィ?」

    女記者「そしたら、たちまち兵士たちがやってきて、あなたたちを討伐するわよ!」

    手下「なんだと!?」

    女記者「おっと、私に手を出さない方がいいわよ!」

    女記者「私がある場所に戻らなきゃ、知り合いの兵隊がこの町にやってくる手はずになってるから!」

    手下「なに!?」

    ザワザワ… ドヨドヨ…

    「あいつ、新聞記者か!」 「やべえ……!」 「ど、どうするよ!?」

    女記者(よし、ハッタリがきいてる! ジャーナリストだって暴力に勝てるんだから!)






    18以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/17(日) 16:47:29.62 ID:mXL/vBYN0
    剣士「大したものだ。武器も使わず、こいつらを怯ませるとは」ザッ…

    女記者「!」

    剣士「ペンは剣よりも強し、というわけか」

    女記者「そ、そういうことよ!」

    剣士「だが――」ヒュッ



    ズバァッ!






    19以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/17(日) 16:50:29.87 ID:mXL/vBYN0
    剣士「俺はそうは思わん」

    女記者「……ひっ!」ハラ…

    女記者(私の服一枚だけ斬った……!)

    剣士「たとえペンの力で俺たちが記事にされて、大勢の兵士たちが押し寄せてきたところで」

    剣士「そいつら全員皆殺しにしてしまえば済む話だからな」

    女記者「……!」ゾクッ

    剣士「覚えておけ」

    剣士「剣はペンよりも強いんだ」チャキッ

    女記者(ダメだわ……斬られる!)






    20以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/17(日) 16:52:06.70 ID:mXL/vBYN0
    ペンギン「……」バッ

    剣士「!」

    バチィンッ!

    剣士「……!」ビリビリ…

    ペンギン「やめとけ」

    剣士「なんだ、お前は?」

    ペンギン「見ての通り、ペンギンだ」

    女記者(ペンギンさん、どうして……?)

    剣士(今の一撃は羽によるものか……恐ろしく重かった……)






    21以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/17(日) 16:54:10.21 ID:mXL/vBYN0
    剣士「なぜ、この女を助けた? 昔からの知り合いというわけではなさそうだが」

    ペンギン「彼女には氷水をご馳走になった……」

    剣士「なるほど……恩返しというわけか」

    手下「クソペンギンが! ……どけっ!」ブオッ

    町娘「きゃっ!」ドサッ

    手下「剣士さん、そんな鳥はあなたが相手するまでもありませんよ! 俺で十分だ!」

    手下「おいペンギン、さっきみたいにペンペン鳴いてみせ――」

    ドゴォッ!!!






    22以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/17(日) 16:56:13.10 ID:mXL/vBYN0
    手下「あ、う……」ピクピク…



    ザワザワ…

    剣士「ほう……」

    大男「あの野郎、ナメたマネしやがって! ――やっちまえ!」

    「よくも仲間を!」 「許さねえ!」 「串刺しにして焼き鳥にしてやる!」



    ペンギン「俺は暑がりで火の粉は苦手なんだが……そうもいってられないようだ」






    23以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/17(日) 16:58:18.70 ID:mXL/vBYN0
    ペンギン「ぬんっ!」

    バチィンッ!

    「ぶげっ!」

    ペンギン「はっ! だああっ!」

    ドカッ! バキッ! ドゴォッ!

    「ぐぎゃっ!」 「うげえっ!」 「ぎゃはぁっ!」



    女記者(す、すごい……! 荒くれ者たちを次々と……!)






    24以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/17(日) 17:00:58.68 ID:mXL/vBYN0
    ヒュゥゥゥゥゥ…


    ペンギン「あとはお前たちだけだな」

    剣士「……」

    大男「ずいぶんと腕が立つペンギンじゃねえか! おもしれえ……!」ニヤッ

    大男「見ろ、この筋肉!」ムキムキッ

    大男「いっとくが、俺は素手で人間の頭を潰したこともあるんだ!」

    大男「てめえもブッ潰してやらぁ!」ガシッ

    ペンギン「!」



    女記者「ああっ、捕まっちゃった!」






    25以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/17(日) 17:03:32.08 ID:mXL/vBYN0
    大男「ガッハッハ、このままペシャンコに――」グググ…

    大男「……」グググ…

    大男「!?」ググ…

    ペンギン「こんなもんか?」グググ…

    大男「な、なんだこの硬さは……!?」

    ペンギン「こんな力じゃ、南極で鍛え、凍てついた氷のようになった俺の体には通用しないぜ」

    大男「ぐうう……!?」






    26以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/17(日) 17:05:45.47 ID:mXL/vBYN0
    ペンギン「それにこんな力じゃ、南極から他の大陸まで泳ぎ切るなど到底不可能だ」

    ペンギン「南極に生まれなくてよかったな」

    大男(パワーで俺が……負ける!?)グググ…

    ペンギン「ぬあっ!」ブオンッ

    大男「うおおおおっ!?」グルグルグルッ

    ドゴォンッ!!!

    大男「……」ピクピク…



    剣士「大男を力比べで投げ飛ばすとは……やはり、只者ではなかったか」






    28以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/17(日) 17:09:46.37 ID:mXL/vBYN0
    剣士「ぜひお前を斬ってみたい……こんな気分は傭兵をしていた頃以来だよ」

    ペンギン「……」

    剣士「俺はこれまで99人斬ってきたが……100人目はお前で決まりだ」チャキッ

    ペンギン「残念だが、それは絶対に不可能だな」

    剣士「なぜだ?」

    ペンギン「なぜなら……」

    ペンギン「ペンギンは一羽二羽で数えるからだ」

    剣士「……!」ピクッ



    クスクス… ハハハ…

    女記者「ぷぷっ……」






    29以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/17(日) 17:13:30.81 ID:mXL/vBYN0
    剣士「ペンギン風情がぁぁぁっ!!!」シュバッ

    ザシュッ!

    ペンギン「!」ブシュッ…



    女記者「ああっ!」

    女記者(あの剣、なんて切れ味なの!)






    30以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/17(日) 17:15:53.38 ID:mXL/vBYN0
    ペンギン「……」ダラ…

    剣士「ククク、見たか! 剣はどんなに鍛えられた肉でも切り裂く!」

    剣士「ペンより強いだけじゃない……剣はあらゆる武器の中で最強なんだ!」

    ペンギン「……」

    剣士「トドメだっ!」ダンッ

    シュバッ!

    剣士「! ……消えた!?」

    ペンギン「こっちだ」フワッ

    ドゴォッ!

    剣士「ぶべっ!」



    オオッ…

    女記者「すごい! 一撃をかわしつつ、飛び蹴りを決めたわ!」






    31以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/17(日) 17:18:05.50 ID:mXL/vBYN0
    剣士(なんて……重い蹴りだ……!)ヨロヨロ…

    剣士「う、ぐ……ま、マグレだ……マグレに決まってる!」

    ペンギン「マグロは食ったことがないな」

    剣士「黙れぇ! ――ちぇいっ!」ブンッ

    ペンギン「……」バッ

    剣士「また――」

    ドガァッ!

    剣士「ぐ、ぐほっ……」

    剣士「おのれえええええええええええ!!!!!」

    シュバッ! ブンッ! シュビッ!

    ペンギン「……」バババッ



    女記者「剣士の鋭い攻撃を全てアクロバティックにかわしてる……!」






    32以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/17(日) 17:20:16.56 ID:mXL/vBYN0
    剣士「ゼェ、ゼェ、ゼェ……あ、悪夢だ……」

    剣士「この俺が! 剣士がッ! ペンギンに翻弄されるなんてあってはならない!」

    ペンギン「知らなかったのか? ……ペンギンは剣より強いんだぜ」

    剣士「ぐうっ……! うおおおおおおおおおおっ!!!」ダッ

    ペンギン「はぁっ!」バッ



    女記者「ペンギンさんが……飛んだ……!」






    33以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/17(日) 17:22:29.48 ID:mXL/vBYN0
    ペンギン「どんなに鋭い剣を持っても、心がナマクラじゃ意味がないぜ」フワッ…

    バキィッ!!!

    剣士「が、は……っ!」ドサッ…





    ワァァァッ!!!

    「すげえ!」 「あの無法者どもを一人で倒しちまった!」 「ステキ〜ッ!」


    女記者「ペンギンさん……」

    女記者「今のあなたは……どんな鳥よりも華麗に“飛んでた”わよ」ニコッ






    34以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/17(日) 17:25:42.79 ID:mXL/vBYN0
    ワアァァァ……!

    中年「娘を助けて下さって、ありがとうございます!」

    町娘「ありがとうございました……!」

    店主「まさか、あんたがこんなに強かったとは……」

    ペンギン「礼などいらん。俺は降りかかってきた火の粉を振り払っただけだ」

    ペンギン「それより、近隣に駐屯してる兵士に連絡して、奴らを捕らえさせることだ」


    ワイワイ… ガヤガヤ…


    女記者「ふふっ、旅のペンギンが一躍町のヒーローね!」

    ペンギン「よせ、褒めても何も出ないぜ」






    36以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/17(日) 17:28:35.25 ID:mXL/vBYN0
    ……

    ……

    ペンギン「……」ペタペタ…

    女記者「待って、ペンギンさん!」

    ペンギン「なんだ、まだなにか用か?」

    女記者「あなたがいなきゃ……私はあの剣士に斬られてたわね」

    ペンギン「俺は俺がやりたいようにやっただけだ。礼なんかいらないぜ」

    女記者「ええ、お礼はしないわ」

    女記者「その代わり、あなたに密着取材させて!」

    ペンギン「へ!?」






    37以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/17(日) 17:29:56.66 ID:mXL/vBYN0
    ペンギン「なんでそうなる!?」

    女記者「だってあなたについていけば、もっともっと刺激的なニュースに出会えそうなんだもの!」

    女記者「それに、氷水の件もそうだけど、私みたいなのがついてた方がなにかと便利よ!」

    ペンギン「断る……俺は一人旅がしたいんだ」ペタペタ

    女記者「ご心配なく! 私は勝手についていくだけだから!」スタスタ

    ペンギン「〜〜〜〜!」

    ペンギン「屁理屈だ!」

    女記者「屁理屈で結構!」






    38以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/17(日) 17:32:41.06 ID:mXL/vBYN0
    女記者「じゃ、取材の続きね! 初デートの場所は?」

    ペンギン「南極点だ。吹雪の中、幼馴染のメスペンギンと熱い口づけを……」

    女記者「ふむふむ」カリカリ

    ペンギン「……! 俺としたことが、つい答えてしまった!」

    女記者「うふふ、私は喋らせるのがうまいのよ」

    ペンギン(やれやれ……ペンはペンギンより強いのかもしれないな)







    〜 END 〜






    39以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/17(日) 17:33:58.40 ID:dyR4u5aAo
    ほのぼのしてるな
    おつおつ






    42以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/17(日) 19:37:03.52 ID:gQDDtb8oo
    このるろうにペンギンかっこよすぎだろ



    • 「ペンギン「知らなかったのか? ……ペンギンは剣より強いんだぜ」」をTwitterに投稿する
    • 「ペンギン「知らなかったのか? ……ペンギンは剣より強いんだぜ」」をいいね!する
    この記事へのコメント
    1. Posted by 以下、金ぴか名無しさんがお送りします。   2018年06月18日 07:47 ID:iyApxJWP0
    なんやこれいったい…
    2. Posted by 以下、金ぴか名無しさんがお送りします。   2018年06月18日 08:37 ID:t2Y.Qd2Z0
    こんな駄文を不特定多数に見せそうとする気がしれない
    3. Posted by 以下、金ぴか名無しさんがお送りします。   2018年06月18日 08:47 ID:Tx.iKrq20
    ペンギンは生臭い
    4. Posted by 以下、金ぴか名無しさんがお送りします。   2018年06月18日 09:55 ID:yllCvmOX0
    感動したわ。やっぱりペンギンは強いんだな。
    5. Posted by 以下、金ぴか名無しさんがお送りします。   2018年06月18日 10:25 ID:mqaqEE0f0
    最高
    6. Posted by 以下、金ぴか名無しさんがお送りします。   2018年06月18日 11:24 ID:BPrXZ9Li0
    かっこいい
    7. Posted by 以下、金ぴか名無しさんがお送りします。   2018年06月18日 11:30 ID:QrG.KFbP0
    糞書いてないで仕事しろ
    8. Posted by 以下、金ぴか名無しさんがお送りします。   2018年06月18日 12:15 ID:FtbztXlL0
    つまりペン←剣←ペンギン←ペンの三つ巴ってことやね
    9. Posted by 以下、金ぴか名無しさんがお送りします。   2018年06月18日 12:55 ID:eoDIutT90
    実際ペンギンは腕力すごい。
    10. Posted by 以下、金ぴか名無しさんがお送りします。   2018年06月18日 14:48 ID:55EbPPsC0
    なんJのSSもなろうと区別が付かなくなってきたな
    11. Posted by 以下、金ぴか名無しさんがお送りします。   2018年06月18日 15:21 ID:vJ6da0xj0
    ペンギンズを見習って
    12. Posted by 以下、金ぴか名無しさんがお送りします。   2018年06月21日 06:58 ID:hOSyk5zq0
    つまりペンが最強ってことか
    名前:
      情報を記憶:
    コメント:
     
    ※連投、荒らし、宣伝、不適切と判断されたコメントはNGの対象になります
      当サイトについて
      記事検索
      アーカイブ
      スポンサードリンク